ギター関連備品続々購入中・・・

リハビリの日々である。
歌もギターも唐突に上手くなったりはしないし、まあ、どう頑張ってもかつて弾けたところまで、で、それ以上にはなり得ないだろうとは思う。
しかし・・・サボって無残な思いをするのは避けたいし、まあね、聴いて頂いた皆さまには気持ち良くお帰り頂きたい、と、それくらいのことは思うのである。

チョッと前に、我が家のギター2台をメンテナンスした話を書いた。
その後・・・どうも、どちらも完璧!って感じには直ってないないな、コイツは・・・ということが分かって来ているのだが、それはそれで、それぞれの個性というか、味わい深い気もするし、2台とも愛情を持って付き合って行くってことで、リハビリでは2台を交互に使ってみたりしている。

これが、とんでもなく個性が違っていて、あらためて驚かされる。
僕の所有する愛器、YAIRIチャン、この娘は本当に可愛いのである。
弾いていて全くストレスが無く、指が滑らかに動き、(自分さえ間違えなければ)大概の曲は楽に(いや、テクニック的な限界はありますよ、当然)弾けるというか、気持ち良く扱える、まさに優れものである。
メンテナンス後、更に弾き易くなって帰って来たので、もう、本当に本当に可愛いのであるよ、YAIRIチャン。
ただね、(音量的に小さい、というのとはまた違って)“優しい”のですよ、音色もね。
そこがね・・・ヘッドウェイ君との大きな違い。

で、かーちゃん所有のヘッドウェイ君・・・ビンビン!である・・・が、チューニングがね、危ういのですよ、完治してないって言うか・・・カポなんか付けると、テキメンに怪しい音が出る。
&弾いた感触としては・・・YAIRIチャンはこう、“もしかしてオレ、上手くなったかも?”という錯覚に陥るほど弾きやすいのであるが、ヘッドウェイ君は逆・・・クセモノとでも言うのだろうか、2時間の個人練習なんかすると、指も痛いし、結構クタビレルのである。
更に申し上げれば、YAIRIチャンはどこでどう(拡声機能的機材に)繋いでも、素直で心優しい音が出るのに比べ、ヘッドウェイ君はアンプやスピーカーから出る音を作るのにも毎回苦労する。
でも、捨て難い魅力なんだなぁ、この男性的音色。

カポ無し曲とカポあり曲で、2台使い分けるのかなぁ・・・この両極端的名器2台は。
でも、2台使い分けなんて、チューニングも大変だなぁ・・・ということで、チューナーを買おうと色々調べた。
今やチューナーギターのアタマにクリップ状に挟んで使えるようなのが主流・・・しかし、高けぇよ、チューナー・・・近所の楽器屋はあまり安売りしないので、ネットで探す・・・ま、良いか、と思える値段のものを発見。
ついでに・・・OH!YAIRIブルース・ハープ(ハーモニカ)12KEYセット格安!う~む、クリックしてしまった・・・ナニィ?YAIRI弦1ダースセットも格安!?・・・クリックね、こいつも・・・
今朝になり、カポクリック・・・昔ギター弾いてた、なんて皆さん?ご存知でした?今やカポは・・・形状記憶式の時代ですよ!何ですか?アレは?カポとは思えん値段だし・・・で、私はまた・・・格安品を探して、クリッククリック・・・

始まる前から大散財、ッて感じですね、私のLIVE復活への、ほんの入口にて・・・
20061031163838.jpg
さて、このように、僕とohutariの場合には、玄関でかーちゃんの帰りを待つの図、となるのだけれども・・・実は我が家、来週にビッグ・イベントを控えている・・・夏のとーちゃん独り八丈島キャンプ、に対抗して、秋のかーちゃん独り・・・
20061031164050.jpg
wansuke「え゛っ?今なんつったよ?とーちゃんよぉ?」
スポンサーサイト

面談面談面談面談

先週のひたすら無料相談の日々があり・・・そして本日は、我が事務所にて面談の一日である。
無料とはまた、チョッと違うのだけれども・・・いや、どっちが、と言われれば無料よりはね、生活の為には無料じゃない方が良いのだけれども・・・
なんか、いつもこの辺りの話題というか苦悩というか、繰り返しの気がして来ましたね、私のブログ。
とにかく一組1~2時間の面談を、本日は午後から3組・・・そして、これからまだ、もう御一方、夜間の部・・・こちらは長年大変お世話になっている御仁であり、こちらもチョッとご無沙汰気味であったから、まあ、楽しみと言えば楽しみなので、2時間でも全然OKなんですけどね、アルコール込みだし。
いや、ナニ言いたいか?ですけどね、この職業ですね、ええ、市井法律家ですね、この不安定感ね、言いたいのは・・・何ったって、本日の4組の面談、全て今日の今日ですよ、お電話頂いたのが。
当然ながら実にあり難い事であり、事務所経営上も嬉しいことですから、ええ、にこやかに行って参りますよ、夜間の部だし、鮨かなぁ・・・
では、あとはかーちゃんヨロシク。
1030.jpg
wansuke「せいぜい気張れよ!」

>皆々さま
すみません、御一人御一人にコメントしたいけど、チョッと夜間の部が迫ってまして・・・またの機会に・・・

グリーン・カリー&レッド・カリーを作る

20061029131713
カーチャンが辛いの苦手なので、肝心の辛味を一切排除した香(辛)料のみの薬膳スープ風味。まあイイや…健康診断の為に2晩酒抜きしたご褒美に?カリーを作りながらビールを頂く。wansuke「相変わらずデタラメだな、トーチャン!ヤイ!何か落とせよ!」

朝食がわりにバリウムを頂く…

20061028153707
未だにアレしかやり様無いのかね?年一度の健康診断。身長はやや縮み、血圧は若干上昇、視力は気持ちダウン…歳相応な変化の範囲なのだろうか…wansuke「オレ様がこうして協力してやるからよォ、ホラッ!シミジミ運動しろよ!トーチャンよォ!」

悪夢・・・

あれはいつ頃だっただろうか・・・夢にうなされて起きる、それも、殆ど同じ夢で・・・という時期があった。
新婚?ではなかった気がするが、まだ若かった頃、のような気もする。

自慢じゃないが・・・といったお話を三つほど。

一つ
市井(←読め!)の法律家になる前は、市井の法律家修行中であり、その前は市井の法律家資格受験生であった。
受験は年1回のみ・・・僕はコイツに4回失敗し、5回目でクリア・・・27歳になっていた。
勉強は毎年毎年同じ周期で復習の繰り返しであったし、最後の頃は自分でも飽きて来ていたし、Band仲間含め、“え?まだ受けてたの?”状態になった頃、ようやくトンネルを抜けた感じであった。
受かった5年目も、前年・前々年と比べて特別出来が良かった実感は無く、もうやめようかな?と思っていたのだが・・・
合格体験記を書きませんか?なんて言われても、受かった!みたいな実感もあまり無く・・・受からなかった頃の思い出話のようなモノを書いた気がする。

二つ
遡ること数年・・・
大学生の僕は、音楽サークルの会長みたいなことをやっていて、その意味ではそれなりに大学構内にはいたのだと思うのだが、それ(サークルとかBandとか)以外の用事で大学に行くことは、殆ど無かった。
ん?授業は?
そうです・・・必修というか、出なきゃイケナイ講義は一応受けていたが、あとは出席を取るかどうかだけを基準に(当然ながら出欠チェックの無い講義を好んで)科目を選択し、つまりは全くと言ってイイくらい、授業を受けずに過ごしていた・・・我が父・母には本当に申し訳無いボンクラであった。
最後の最後、友達にバイト代払って論文書いて貰って提出するも、あえなく撃沈・・・なんてのもあった・・・だって、当時は論文手書きだし、友達・・・オンナ友達なのだもの・・・。

で、だ。
これらの二つ(資格受験とバカ学生)が相まって、冒頭の悪夢につながるのである。
僕がよく見た悪夢・・・“実は大学卒業出来ていない”という夢、であった。
それまでのストーリーは色々あったのだと思うのだが、夢のオチが、“卒業出来ていない”で締まるのである・・・で、時に声を出してうなされていたりした。
資格商売であるから、今となっては大学卒業しているかどうかというのは、あんまり関係無いのであるが、ナゼかこれが一時期繰り返し見る悪夢であり、本当に苦しげに起きてしまうので、かーちゃんにも迷惑を掛けた、らしい。

そして、三つ
全国に拡がる高校必修科目履修漏れ問題・・・高校生の子供を持つ身でもないし、この歳なって、今更関係無かろう、とお思いの方・・・自分の内申書って、見たことありましたか?
多分、あの頃は、自分のことがどう評価されて受験先に報告されているのか、なんて、本人は見られなかったのでは?と、記憶する。
しかし、である。
僕は見てしまったのだ・・・
完全ボンクラ学生と化するチョッと前、僕は一応“某法律資格受験団体”に所属して勉強してみようかな?なんてことを考えていたことがあって、その入口でつまずいたことがあったのだが・・・
その団体、どういうつもりか知らんが、高校時代の内申書を見せろ、というのである。
仕方なく、高校時代の担任にコンタクトを取り、内申書を出して貰った。
コイツはしかし、受験の頃と違ってオレが直接受取るのであるから、中身は見放題である・・・え???世界史「5」???って、オレ、取ってないよ、世界史???
全体に怪しげに「5」が並び、その内申書上の僕は、メッチャ優等生であった・・・

どうなんでしょ?これって・・・何だか今の報道そのまんまのような気もするのであるが・・・今のところ、騒ぎは高校止まりで、大学側は在学中の学生の過去までは調べない、と言ってくれてるみたいなので、大学生諸君は安心みたいだけど・・・本気で過去を洗い出した場合・・・アナタの人生も、大きく狂ってしまうのかも???

さすがにこの騒ぎが深層心理に響いて、再び変な悪夢にうなされる、なんてことは、無いと思うのだがね、かーちゃん・・・どうかな?オレ?

ちなみにその資格受験団体の入口のつまずきであるが・・・最終面接での試験官との会話・・・
試「内申書だと、“5”ばかりで・・・あなたは高校時代、随分優秀だったようですが、他の友人の方々は、どのような進路を、え~と、まあ、どういった大学に進まれたのですか?皆さん?」
俺「はぁ???」

真意は・・・つまり、ミンナどんなとこ行ったのか?どの程度のレベルの高校で、このような好成績だったのか?と問うているらしいのだが・・・エ~ト、困ったな・・・
だって、オレ、授業時間以外は殆ど柔道場で仲間と過ごしてたからクラスの連中のことなんて良く知らないし、部活引退後はね、彼女との活動ってのもあったワケだし・・・え~と、どこの大学どこの大学・・・どこだ?先輩たちは?・・・放課後パチンコ屋にいたりして、どこ行ったのかな?大学なのかな?・・・オレ達は休みの日にミンナで日活ロマンポルノなんか見に行ってたり・・・エロ本見つかって高校の焼却炉で燃やさせられたり・・・いや、そんなことは聞かれてないんだ!・・・最後は温泉旅館やってる同級生脅して“1人3,000円でナントかしろ!”なんつって1泊2日お座敷大宴会・・・嗚呼・・・どのような進路っつったって、どこだ?アイツ、大学行ったっけ?

ということで、“資格受験の為の団体”(思えば何の価値があるのかも良くワカラン団体・・・)にすら、入れて貰えなかった程のボンクラ振りでしたとさ。

さ、今日も犬はかーちゃん担当ね。
1027.jpg

まだ引っ張るか!?hanna嬢を探せ!

20061026163349
先日の三回忌に続き、義父の命日。夜はカーチャンの実家に寄ってお線香でも、と思っていたが、来なくて良い、と義母に断わられる。ま、詳細はカーチャンのコメントに任せ…トーチャンは午後から某所にカンヅメで無料法律相談会。皆さま、コメントをクリック!

忙しい・・・

と言っても、景気良かった頃のように、アッチに呼ばれ、コッチ飛んで、といった感じではない。
そういう時代は、アレは本当に忙しかった。
今は・・・時間は何となく、ゆったり流れている感すらある。
え?で?どう忙しいのか?ですけど・・・

殆ど事務所にいて・・・ここ1年半ぐらいで、“忙しい”と感じるのは、ひたすら面談が続く日、ということになる。
件数が多いってことは、稼いでんだ、とーちゃん!
となれば喜ばしいワケだが、そうではないのである。
件数が多いのではない・・・1件が長いのであるよ、とにかく。
面談といっても、就職面接なんかとは違って、“人生再建のための入念なお話し合い”が多いため、まあ、平均で言って、御一人様2時間は当たり前である。
と、どうなるか・・・二組続くような、って、本日なのだけれども、4~5時間はそういったお話し合い時間を過ごす、ってことになるのです・・・ね?稼いで無さそうでしょ?

さあ、午後のお話し合い時間です。
ついでに申し上げると、夕方からは区内某所にて、区民向けの無料法律相談会でございます。
本日は、かーちゃんのコメント次第、って感じですか、犬ブログ。

あ、
>ギタリストの妻の方
ギターと歌に関しては、全然几帳面じゃないッスよ、僕は。
ある意味ご主人サンより適当、とも言えます。

>とかげさま
Beatlesも数曲あるのですが・・・日本語の方が良い?東京ビートルズ、ってのがあって、それは日本語ですね、♪キャント・バイ・ミー・ラヴも♪ツイスト・アンド・シャウトも何もかも・・・アッチでやりますか、日本語で・・・
1025.jpg
wansuke「なんだかいい加減なモンだな、とーちゃんのブログってぇのは・・・」

保護犬・里親・・・

たまにはかーちゃんのコメントにつながる話題を。
20061024153848.jpg
ご覧の通り、犬との生活は、楽しい。
20061024153954.jpg
なあ、wansuke?あの広島の犬たち・・・全部イケル(=里親が決まる)のだろうか?

しかし・・・アブレるコがいたとしても、それはそれで仕方の無いことだ、と、僕は思っている。
ああいう場合、純血種だったり、仔犬だったり、病気や怪我がなかったり、とにかく可愛らしかったり、そういうコは早々に決まっていく。
問題は、残ってしまう、そうだな、まあ、あえて言えば雑種成犬そして特に“要治療”といった犬たち。
残念だけど、“全部を救えなきゃ無意味だ”とか考えたら何も出来ないし、人気のあるコから順番に引き取られていくのは分かっていて、それでもああいう活動をしている方々には、本当に頭が下がる。
本当にケアしなければならないのは、引き取り手の見つからない犬と、そして、そういう犬だけが残ってしまったあとの、ボランティアの方々への配慮、みたいなものではなかろうか・・・残った犬は、ボランティアが引き取らなければならない、ってモンじゃない。
さて、どうすべきか・・・その、残っちゃた犬の行方次第では、更なる無力感、みたいなことにもなりかねないし・・・

本当は僕なりに思うところがあるのだけれど、この話題は、ここで中途半端に投げ出します。
かーちゃんの言う通り、保護犬ブームなんて来たら、素敵だなぁ・・・。
20061024154055.jpg
↑この中で保護犬出身じゃないのはwansukeだけ・・・って、なんだか凄いこと・・・だって、みんな普通の(っつうか、個人的には普通以上に可愛い)犬だし、保護犬だったからって何も変わらないし、そして・・・ひとつ間違えば、どの犬も、僕らの知らないところで、とっくに消えていたのだ・・・犬も、ヒトも、運命。

このBBQの帰りは、僕(まあ、誰でも、だろうけど)の大嫌いな渋滞が続き、かなりカリカリ来てしまっていた。
とーちゃん「あ゛~!ムカツクなぁ・・・ダメだな、もう・・・来年も同じとこでやるのかな?」
と、ムカツキの勢いは止まらず、僕は早くも次回もこの方面なのか!?という、将来の渋滞にまで思いを馳せてしまい、更なる苛立ちを増幅し始める始末・・・
と、そのとき・・・後部座席から、wansukeがそっと現れ、ハンドルを握る僕の左腕に、そっと顎をのせる・・・
20061024154137.jpg
wansuke「とーちゃん・・・まあ、そう苛立つなよ・・・な」
すまんのぉ、wansuke・・・君には何度も助けて貰ってるなぁ・・・
そうなのである・・・wansukeは色々とモノゴトが見えるタイプの犬で、夫婦喧嘩なんかしてると、かなりの率で“パスパスパス”っとシッポを振って現れ、仲裁に入ってくれるのである。
え?hanna?ああ、アレはね、ダメですね、何にも分かってないし、考えてない。

そんなのもこんなのも、犬と暮らしていればこそ、の出来事。
どう?飼いたくなって来たでしょ?

初リハーサル

昨日は12月3日に向け、初のスタジオ練習
他人と一緒に音を出す、ということ自体が久し振りで、ああ、コイツはやめられないかも?って感じで、実に楽しかった。
が、楽しい、とばかりは言ってられないのであり、昨日だけでは候補曲全ては練習し切れなかった・・・大丈夫なのか?大丈夫そうではあった・・・要は、僕次第ですね、チャンと出来るかどうかは・・・。

かつてのBand、親指企画時代、アグネス松本が語った名言、
「原×の唄い易いように弾く」
に次いで、昨日、ギタリストからのひと言・・・
父「あとは・・・僕さえ間違えずに出来れば、全部行けそうですね、こんな感じで」
ギ「っていうか、間違いなんて存在しなくてさ、原×が出した音に合わせるんだよ」
嗚呼・・・なんという哲学的というかJAZZYな?お言葉。
そうか、オレ、どんな音を発してもミス・トーンじゃないんだな、スゴイな、ナンダカ・・・。

新曲数曲がナントカまとまりそうなので、これでまた“誰も知らない曲”の占有率がグン!とUP↑それでは皆さま辛かろうということで、他の“誰も知らない曲”を“誰でも知ってる名曲”に入れ替えようかな、と、また悩みの種・・・でも、幸せだなぁ、僕ぁ・・・

ギタリストは今回初めてご一緒させて頂く方なので、事前に色々と候補曲をカセットで送ってあったのだが、この方、これらの僕から送られて来るテープを、ことごとくPCに落とし、それをCD化して聴いて下さっていたようで、先日苦行の末まとめて送った昔の自作曲も、また、数日前に速達で送りつけた新曲のデモ・テープも、全てCDでお持ちであった。
そして、帰り道・・・雨だったので、途中までクルマに乗せて頂くと・・・そうです、これらがCDで聴けるのですね、何だか・・・
しかも、音響効果装置により、“LIVE”風とか、“ホール”風とか、ナント“スタジアム”風にまでなってしまう!と、どうなるか?
あろうことか、個人練習時にスタジオで録った新曲デモも、昔のチープな自宅多重録音も、全てin TOKYOドーム!状態で流れて来るのであった、意味不明ながら・・・

ギ「これ、やるよ、CD。元はもう(PCに?)持ってるし」
というワケで、私は自作の数曲のデモCD、なるものを持って帰ったのであった。
20061023164952.jpg
wansuke「なんだよ?そんなのどうすんだよ?せっかく外で歌って帰って来て、キサマの歌聴かずに済んだってのによぉ!とーちゃんよぉ!」
とーちゃん「そう言いながらも良く眠れてるみたいじゃん、ワンさん」
20061023165107.jpg
hanna「あ゛~メイワクらわぁ~」

まあ、ohutari、そう仰らずに・・・初CD化?とも言えるな、一応。
コレが出来るとなると、我が家のカセット軍団も、やがてはこういう保存が可能なのか・・・聴けないけどね、大昔の学祭LIVEとかさ・・・ジュリーとかツイストとかビートルズとか・・・うへぇ~ヒドイんだろうね、今聴いたら・・・やめようぜ、かーちゃん。

オロォーサンはギターのヒトとスタジオでリハーサル

20061022115804
そう聞いたら何らか安心しちゃってロライブ中レモねぶくなって来ちゃった!お腹の調子も良くなったからゴハンも元どーりラシ、治療中は食事抜きラッタからバッチリ痩せたし…で、オロォーサンはおウチれ歌わないし、あ゛~シヤワセラワァ~オガァ~サァ~ン!!

忘れてた…12月3日LIVE時間変更!

20061021105127
お店の希望で19:00オープン19:30スタートに変更。キッチリ始めますので早めにお越し下さい!サンドイッチ半人前、結構美味。ポテトフライ、切り方大胆?デカイ!生ビール\500、確かに安いかも!?こんな感じで入口見つめてドアが開くのをお待ちしてます!!

Woody下見録

朝起きて、すぐにクローゼットに篭り、“あのうたこのうた2002曲”なんていう分厚い歌本をパラパラしながら、“大都会”“大阪で生まれた女”“あんたのバラード”ナンテのを、ヒソヒソ歌う、7時かな・・・一句。
この本、2002、は曲数であり、西暦では無い・・・毎年出る、歌詞とコード(和音)が載っている、ナンと言うか“懐メロから最新ヒットまで”というコンセプト?の、歌本で・・・1983年版、ってのが、ウチにあるヤツ。
ああ、やっぱ向かないな、こういうナンか、皆が知ってそうな曲を無理矢理メニューに加える、みたいなのは・・・

昨夜は、今度自分が出るお店だし、ホントに近所なので、お店の下見がてらHeart to Heartなる外人宣教師3人編成Bandを見に行った。
上手い!面白い!でもチョッと宣教師!(=布教活動&お客は信者多し)
いや実際、ドラムなんて、大袈裟に言えばこれまで聴いてきた中でも相当なプレイヤー且つシンガーで、近所で展開されている世界とは思えず、正直、大いに驚いてしまった。
万人受けするステージってのは、こういうことなのだな、と、大変勉強になった。
かーちゃんなんて、笑い死にしそうなくらい笑ってたし。

赤羽という、言ってしまえば“場末”の酒場であるからして・・・内装は本当にウッディだし、気さくで素敵な空間なのだけど、かつて僕らが出演していたアチコチのお店のような、例えて言えば“プロを目指してここからスタート!”みたいな空気は、そこには微塵も無い。
要は、フラッと入った常連サンなりご近所サンなりが、オッ!知ってる曲!っと思えるようなモノを提供したい、というのが、この場末における経営者のホンネなのだろう、と、そんなことを感じた。

先日マネージャーと打ち合わせした時にも、“オリジナル中心よりも、スタンダード中心が望ましい”みたいなことは言われたのだが、昨夜オーナーと話をさせて頂き、そのあたりのオーナーのお考えが、良く分かった気がした。
良く分かるとどうなるか、急にメジャーなヒット曲ばかり集めた、“オレ様生ギターでカラオケみたく歌い続けるから聴いてね!LIVE”に路線変更するのか、というと、まあ、それは無いのである。
だって、別に僕はあの店の営業Bandじゃないのですもの。
出る前から文句言ってもアレなので、この辺にしておきます。
あ、でも、誰でも知ってる曲も、たくさんやりますので、安心してください・・・いや、それが不安なのだな、誰でも知ってる=下手なのバレバレ、だもの。

ナゼかキリシタン系冊子を数冊持たされて帰宅・・・
イキナリhanna嬢のウンコがお出迎え・・・ソファーにゲロ、アッチにはwansukeのシッコ・・・う~む・・・取りあえず僕が2匹を連れ出し、かーちゃんは深夜のお掃除。
確かに、ナンだかhannaは落ち着かないというか、調子悪そうだな。
20061020115141.jpg
今朝の寝姿・・・コンパクトに丸まっていて、可愛いと言えば可愛いが、元気が無く、可哀想、とも言えるかな、ナンか縮こまっちゃってさ、hanna。
hanna嬢「あ゛~ラメラワぁ~調子ワルイわぁ~おろぉ~さん、来ないレぇ~」

一方こちらは体調万全の爺や・・・台所のかーちゃんの足元で張り込みつつ、の寝姿。
20061020115054.jpg
張り込み???そうです・・・
wansuke「やい!かーちゃん、ナンか落っことせよ、食いモン!」
彼の張り込みは、ホントにホントに粘り強いっつうか、しつっこいのであります、本犬寝ちゃうくらいに・・・

リハビリ難航中・・・

昨夜は出掛ける予定が無かったので、近所の音楽スタジオを取り、気合を入れてリハビリに専念しようと思っていたのだが、いざ電話をかけてみると、この街のスタジオは殆ど空いていない・・・
都内には無数にスタジオはあるので、若い頃なら他所の街に出向いてでもナントかするのだろうけど、今の私はそこまではなかなか・・・

で、どうするのか、である。

クローゼットに篭って、サラサラと撫ぜるようにギターを弾き、モゴモゴと呟くように歌う、という手もあるのだが、これだとまあ、チョッとしたおさらいにはなっても、本気のリハビリには程遠いものになってしまう。

次に考えられるのは・・・赤◎駅前に立ち、思いっきり歌い狂う、という手段。
これはまあしかし、やればかなりキツメのリハビリになって、それなりの効果はありそうだけど、とりあえず、地元に暮らし、地元に事務所を構えている身としては・・・
女「ねぇ、アレって・・・原×さんじゃない?△法□士の?」
男「マジィ?げっ、センセイじゃん!ナニ、あれ?」
とまあ、こういう展開はかなりの確率であり得るわけで、なかなか思い切れるものではない。

で、代用法として意外と有効なのが、カラオケBOXで歌う、という方法。
ギターの練習にはならないけれど、とにかく全曲オリジナル・キーで頑張って歌うことで、それなりの効果はあるものだ。
しかし・・・昨夜行ったのは、駅の反対側にある、全室お座敷という一風変わったカラオケBOXだったのだが・・・これまで何度も利用していて、でもそれは単純に酔って歌いに来てただけだったから、全く気にしていなかった壁にブチ当たってしまった・・・通信の演奏が、ショボイのである、異常なほどに。
ああ、とにかくシンセサイザーで全部済ませてるんだろうな、と割り切ってしまえば良いのかも知れないが、こっちはある意味、自分で弾いてるとは言え生のギターの伴奏でリハビリしている最中の身であるから、ことごとくインチキな伴奏、というものに、次第に耐えられなくなって行ってしまう・・・
かーちゃん「変な音・・・ダメだね、コイツは」
とーちゃん「ダメだね、自分でギター持って来れば良かった・・・」
そうなのだ・・・こんなことならギター持って来て、カラオケ使わずに飲んで食って歌ってれば良かったではないか・・・

しかし、ガッカリすることばかりではなかった。
誰も知らないだろう、と思われるような曲が、随分入っているようになって来たんだなぁ・・・ということがわかったのは、オドロキの大発見!・・・でも、音は安っぽいけど。
加川良さん、友部正人さん、シバさん・・・こうやって書かれても、おそらく殆どの方が“誰?ナニ歌ってるヒト?”状態だと思うのであるが、こうした方々の曲をいくつも発見・・・しかし、10代~20代にかけて熱心に聴いた、そう、それこそ血肉となるくらい聴いてきた音楽が、あのように安い音に改竄されて配信されている、というのは、良いんだか悪いんだかなぁ・・・

こちらは本日朝の寝姿。
別々の場所にいて、しかし、結構シンクロ気味で、ウツクシイ。
20061019163134.jpg   20061019163154.jpg

>よこちゃん
そうだね、人生、うまく行かないモンだね、君もチョッと、一昨日あったね、変なこと・・・書けないや、とても・・・

僕は何の為に生きているのだろう・・・

いや、チョッと、哲学的ではあるが・・・市井法律家、などと言ってみても、税務署的には単なる自営業者であるから、実に孤独で、そして、売れない時期は恐ろしいくらい静かである・・・今日ですね、それは。
開業して10年も経つと、さすがにまあ、本当に1本も電話が鳴らない、って日は、厳密には無いのかもしれないが、気分的には充分“もしかして、電話、壊れてる?”状態である。
やることが無いワケではないのだが、事務員に出来ることは事務員にやって頂く方が・・・、まあね、オレがやっちゃって、事務員ヒマ、っていうよりは、良いのだろうし・・・
いや、こういう考えがイカンのだ!やるよ、オレ!・・・しかし・・・彼女(←女性です、事務員)の方が出来る!というか、オレより有能ってのがわかるね、こういう時に、シミジミと・・・

こんな静かな日は、ナンダか自分ひとり、社会に参加していないかのような気分にすらなって来る。
オレはここにいるんだぞぉ~!”みたいな、青春雄叫びを上げたくもなる・・・ウソだけど。

あ、でも皆さん、チャンとやってますからね、仕事は!
何かあったら言って下さいね!
なんか、こんなぼやきみたいなの、書いてて良いんだろうか?オレは・・・?

「どこでもイイから、そこら辺、歩って来な!」
そう言えばよく、かーちゃんに言われてたっけなぁ・・・。
そうだな、天気も良いし、センセイは出ますか、外に。
では、出掛けます。

まだチョッと残ってるので、hanna嬢を探せ!を少々。
でも、これは探すまでも無い感じかな、いい加減。
20061018103120.jpg 20061018103145.jpg

ボトルワープ!

昨夜は有楽町JAZZを聴いた。

その店は、銀座にあるもうひとつのJAZZ屋と姉妹店だか兄弟店だかの関係にあり、どっちかで会員になれば、もう片方も自動的に会員になるという、まあ、共通会員制になっている。
会員”といっても、誰かの紹介が必要とかいうことではなくて、初めて行ってもボトルさえ入れれば会員証を発行してくれるという、要するに“一度高い金払ってボトルキープしたヒト”を指す。
会員になるとナニが良いのか?というと、これが不思議なことになっていて、この2店はとにかく“会員”“会員の連れ”“会員”で、LIVEの入場料自体に三段階的に結構な差を設けているのである。
その他、ワインを飲むにも会員価格が設定されていて、う~む・・・ボトルはとても高いけど、入れてくれれば良いことあるよ、ってな感じになっていて、常に危険な?システムなのである。

とにかく僕はその銀座の方の“会員”になってしまっているので、従って、有楽町の方に入るにも“会員”価格で入れることになるワケである・・・しかし・・・そうなのです。
銀座の会員は“銀座で高いボトルをキープしたヒト”、であるから、有楽町の店に行ってもボトルは入ってないワケで、まあ、会員価格で飲めるワインなど飲むしか無い、と、普通はそう考えますわな、酒飲みとしては。

ところが・・・お兄サンは出して来るのだ!
徒歩にして15分はあろうか、この2店間の距離・・・しかし、そこには僕のNameをブラ下げた、見慣れたボトルが・・・???

父「これ?え?オレの?だよね?え?どこから?走る?まさか?」
兄「ハイ!こちら、同じモノを・・・」
父「同じモノ?」
兄「ええ、ミリ単位ですけど、同じモノを・・・」
父「ミリ単位?Oh!量るんだ、情報共有して、アッチでここまで飲んだ、と」
兄「ええ、殆ど同じ量です」
父「じゃあ、今からオレが飲むと、今日はここまで飲んだ、と。で、次アッチ行くと減ってるんだ、オレのボトル。時空を越えちゃうわけだ?」
兄「ええ、減ります。お飲みになった分、ミリ単位で」

仕組は分かったが・・・やるな、JAZZ屋・・・って、もうLIVE中、ロックグラスをチビチビやる度に、ミリ単位、気になっちゃうじゃん!
20061017132720.jpg
さて、こちらはドライブ中のhanna嬢。
彼女は、ナゼか120%のこだわりを持って“助手席側の後ろの席のマロはワラシのマロ!”と決めているので、一年中このようなポジションでドライブしている。
そして、基本的にこの窓が開いてないと満足出来ないのであり、開いた窓から顔を出し、クチビルをビロビロと震わせてヨダレをなびかせながら走る。
この写真じゃ分からないが、窓下の部分には、彼女のヨダレ染みがイッパイ付いてしまうのである。
ツライのはかーちゃんで、hannaを見守りつつ後部座席にいるワケだが、窓全開のドライブを続けるのは・・・サブイのである、ひたすらに。
これからの時期・・・またhanna対かーちゃんの、窓開け攻防の季節がやって来る。
20061017133225.jpg
hanna嬢「おろぉ~さぁ~ん?トラックバックってナニかぁしらぁ~?」
とーちゃん「・・・言葉は知ってるよ、僕は」
hanna嬢「ろぉ~いう意味ぃ~?」
とーちゃん「説明は色々読んだことあるよ、僕は」
hanna嬢「でぇ~?トラックバックって、ナ~ニぃ???」
とーちゃん「そういうことは他所の管理人さんに聞くとイイね、hannaチャン!そう思うよ、僕は」

ナゼLIVEは決まらなかったのか???

興味無いかも知れないけれど、コイツが結構二転三転して、グッタリであった。
僕とギタリストの都合から、日程自体は大体決まっていたのだが・・・。

最初に狙っていたのは、川向こうは川口にある某店。
まだ新しく、たまにしかLIVEは入っていないし、ハコごと貸してくれるようなことがHPに書かれていたので、もう、全然問題無く希望が通るものと勝手に思っていたのだが・・・日程はOKだったが・・・意外な障壁として・・・
「ウチ、プロ仕様のPAなんですけど、専属で卓をいじれるヒトがいないもので、貸切の場合はご自分で手配して頂きたいんですよ、PAのヒト」
???そんなのありかよ!?で、あった。
要するに、ホールも機材も貸すし、飲食系スタッフも付くけれど、機械系はスタッフ連れてきてネ!というおハナシ。
「いや、プロが使う機材なんで、チョッといじれる、ぐらいの方じゃ無理だと思います」
だそうです。

そりゃないよ・・・で、しばし呆然・・・仕方ない、かつての古巣系を当たるか・・・しかし、時が流れすぎていて、オレです、で通るハナシじゃなさそうだし、今の交友関係的に考えると、渋谷荻窪高円寺だ、ってのは、ナシだろうな、やはりなぁ・・・

で、ひらめいたのが、地元の店案、であった。
そう言えばあそこ、たまに生Band入ってたっけ・・・音楽的に多少違っちゃってても、貸切ならジャンル不問だろうし・・・と考えたら、ああ、ウチのすぐ近所にあるじゃん、1軒!・・・ハナシは早かったのだ・・・12月3日、貸切ならOKです、じゃあ、近日中に打ち合わせに・・・と、一気に明るい展開であった。

その日、仕事を終えて打ち合わせに向かったワケであるが・・・どうもこう、マスターもこっちに出て来ないし、担当スタッフの口調も陰鬱であった、今思えば、だが。
担「実は・・・LIVEの予約、大丈夫は大丈夫なんですけど・・・もうすぐこのビル自体のオーナーチェンジがあるんですよぉ・・・で、それ次第では大きな音は出せなくなるかも知れなくて・・・あ、でも、ギター2本なら大丈夫だと思うんで・・・」
父「うん、ギター2本だね、OKだね、告知しちゃって良いの?」
担「う~ん・・・チョッと、オーナー変わっても続けられるかどうか確認して、電話します。大丈夫は大丈夫なんですけど、多分・・・」

ということで、12月の最初の日曜日、かな?とか、だと思う、とか、そんな中途半端な告知状況が続いたのでした。

父「で、どうなった?告知しちゃって良いの?」
担「それが・・・」
(父:ナンダ?更に更にヒドく暗い喋り方になってんな、このヒト・・・)
担「急にオーナー変わるらしくて、この店自体が続けられない感じなんですね・・・今、予約も断り始めていて・・・」
父「???何それ?え?いつまでやんの?で、え?良くわからないんだけど・・・」
担「それが・・・僕自身も・・・自分がこの先どうなるかわかってなくて・・・いや、マスターも、いつ閉店か、近日か、ナンダかわからなくって・・・」

こっちこそナンダかワカラナイ、ワケだが、このままこのヒトと喋っていても、どうも明るい未来は無さそうであった。
これがそうか、本厄の年、ってことか、流れとして・・・などと思ったりして・・・
電話を切り、速攻で別の店を当たる・・・いつだったか、まあ、近所にLIVEハウスってあるんだろうか?ないんだろうか?みたいな感じでネットかなんかで見た気がするのだ、もうひとつくらい、この街にもあったような・・・

そこからは早かった。
店の感じも良いし、マネージャーも気さくな方で、何も演ってないうちから、来年は定期的にどう?なんてとこまでハナシは弾んだ・・・チョッと恐いけど・・・これまでの流れ的に・・・もう逆転劇はいらないんだが・・・。

まあしかし、良かった良かった・・・と、気分良く帰り、かーちゃんに報告・・・
「お客さんから取って、アンタは全然出さないのか!?」
と、イキナリ怒られた・・・逆転劇ってのとも違うけど、この展開は一体ナニ?こいつも厄年と関係あるの?なんでイキナリ怒られてんだ、オレ?

12月3日(日)赤羽駅南改札東口前Woody(北区赤羽南1-6-4 Tel3598-4803)にて、18:30オープン19:00スタート、1ドリンク&名物サンドイッチ半人前付\2500、追加オーダー全品\500(よって、生ビールが一番痛い!そうです、お店的には・・・)この条件でも、結構粘って値切ってサービス付けて貰って来たんだが・・・かーちゃんの怒りはナニ???

さて、ハナシは昨日に戻りまして・・・hanna嬢を探せ!
20061016124703.jpg   20061016124731.jpg

どうでしょう?こんなコーナー、見て楽しいのは飼い主と・・・実物のhannaを知ってる方だけ、でしょうけれども。
20061016124900.jpg   20061016124923.jpg

ダブルhanna嬢!?

20061015143508
どっちか片方はhannaだなァ、じゃあ片っぽはwansuke?なワケないなァ…っていうくらいにhanna度数の高い2ショット!実は2年前にネットで彼女(って、だからどっち!?)の写真を見つけ…驚いた!いや、笑った!詳しくはオガァーサン担当でコメント!!

ドンヨリ、ネブイ、ワラシタチ

20061014134555
wansukeチャンはヒーリングが効いてグッスリ眠っています。ワラシは…もうおわかりかしラァ~そうレス…オロォーサンのLIVEが決まったのよォ~あ゛~ヤラワァ~ストレスラワァ~ストレスのせいレ、ウンチを食べたのよォ~オガァーサン、そんなに怒らないレチョォ~らい!あ゛~!!

取り急ぎLIVE告知のみにて

20061013195140
12月3日(日)赤羽駅前WoodyでLIVEをやらせて頂きます。18:30オープン、19:00スタート、1ドリンク&名物サンドイッチ半人前付\2500、追加オーダーはドリンクもフードも1品\500でございます。決まるまでには色々顛末があるのですが、そいつはまた後日。

“気”は入ったのだろうか、我が背中に・・・

入ったのだ、と思う。

昨日は犬のヒーリングの日。
20年来の友人が我が家にやって来て、wansuke達に手を当ててくれる。
僕はチャッカリその場にお邪魔して(って言っても、我が家なんだが、場所は)、
「ねぇねぇ、チョッと、僕のこのつうか背中っつうか、チョッとやって貰えない?」
などと、お願いするワケだが、とりあえずはwansuke爺やのヒーリング中であるから、普通のセンセイは仕事で走り回っているべき平日昼下がりではあるが、僕はあまり普通のセンセイじゃないので、職場放棄したまま、wansukeを眺めながら僕の番を待っていた。
20061013124206.jpg
シロ眼になっちゃってるけど、これでwansuke、かなりリラックス中。
超効き目のある温泉にシミジミ入った後、みたいな感じなのだろうか?この後は、大抵数日はグッタリ気味になる。

さて、僕の番である・・・彼女が患部に手をかざす。
友「う~ん・・・なんかぁ・・・チョッとじゃ済まない感じ・・・」
父「???悪すぎ?」
友「う~ん、そう・・・チョッとだと、途中でやめちゃうみたいな感じで・・・」
しかし、前回もこんな調子でチャッカリお邪魔して右肘の痛みを除去して頂いているので、途中でも何でも良いからお願い!っと、彼女にすがる私。

いやしかし、決して揉んだり叩いたりはしていないのであるから、この“手当て”は不思議な世界。
明らかに痛みが消えて、軽くなっている。
う~む、この感じ、どう言えば良いのでしょう?きっと、
「ホントかよぉ~?」
だと思うんだが、読んでも。
でも、ホントなのである。

さてhanna嬢は・・・ヒトに触ってもらうのが大好きなので、ヒーリングの際にカラダに触れられること自体は問題ないのだけれど、なされている行為というかその意味合いというか、そういう理解が全く出来ないタイプなので・・・どこにどう効果があるのか・・・イマイチ僕にもワカラナイ。
20061013124247.jpg
毎日毎日、お気に入りの場所で休む、チョッと足りないhanna嬢。

友「hannaちゃんは?どこをやればいいかしら?どこか悪いところは?」
父・母「アタマ!」

>よこちゃん
合宿、良いね!どこで?カラオケBOXで徹夜とか?って、それは合宿って言わないのかな?やっぱどっかで泊まるんだな、企画としては。
でもな、オレ、そういう時って酔っ払ってサッサと寝ちゃうんだよな、で、2時とかに起きちゃうんだ。
アレはね、夜が明けるまでが長くてねぇ・・・想像しただけでクタビレルな、寝不足で、ダメか?合宿。

ヘッドウェイ君、ついに・・・

無事に退院したのである、かーちゃん所有の名器ヘッドウェイ君。
奮発してピックアップ(ギターの音を拾う内蔵マイク)まで付けたので、トータルではそこそこの出費であったが、出来上がりから考えたら、安かったように思う。
そして・・・ギター兄さんである。

兄「どうぞ!」
(父:これといって弾く曲も思いつかず、本当に適当に弾いてみる)
父「直ってるねぇ!正しいね、音。鳴るね、低音」
(父:低音を確かめるように、ホワイル・マイ・ギター~を弾く。いやしかし、凄いのだ、ホントに鳴る。そこへ上司登場)
上「良いですね、このギター。ピックアップも、かなり生音に近いですね、アンプから出しても・・・Beatles、演られるんですか?今の、Beatlesですよね?」
父「ええ、チョッと、練習してます」
兄「僕も弾かせてもらって良いっすか?」
(兄:軽やかなピッキング・・・って!オイ!ブラック・バードじゃんかよ!嫌味かい!わかりましたよ!オレはね、弾けませんよ、その曲)
兄「うわぁ~!良いなぁ~!ウラヤマシイなぁ~!」
俺はオマエのテクの方がウラヤマシイってば・・・

ということで、見事に名器2台再生

20061012160824.jpg     20061012160919.jpg
本日は、暑いくらいの陽気・・・ガラスにゴーストが浮かぶ、仲の良いohutariの寝姿

携帯でご覧頂いている皆さま向けに?ちょっと短めにしてみました。
でも、日記ってこんなモンですよね、長さ。普通は。

街での昼食

普段僕は、午後の遅い時間に家で昼を食べることが多い。
そうは言っても浮草稼業ゆえ、たまには出先の慣れない街で、何か食わざるを得ない時間となることも当然ある訳だが・・・これが困る。
一応は何軒か覗いたりはするものの・・・おお、人々はこのようなラーメン屋に並び、このような庶民派グリルに列をなしてるんだなぁ、やはり、と感心したりはしてみても、自分で喰いたいものがない。
何かもう、880円とか払ってライスお替りfreeのお腹一杯の定食!なんて、入らないのである。
野菜少々、おかず少々、少々、で、200~300円分ぐらいで良いのだが・・・ンな店、ある訳ないか・・・。
俺、ジジイか?

僕が市井(←意地でも使ってやる!?)の法律家のタマゴとして修行に入った事務所は、それはそれは忙しく、入所するや所長夫人から、
「朝はチャンと食べて来なさいね、昼なんてまともに食べられないんだから」
などという、思えば働く者の人権を120%無視した宣言がなされるような職場であったから、当然ながらまともに1時間休む、なんて習慣はなくて、日によっては“東京駅の動く歩道をパンを齧りながら小走りに移動する15:30の俺”(ってイカスかも?)みたいな、チョッとその状況に酔ってしまうくらいの忙しさであった。
また、所長センセイが大変キビシイお方であったため、入所して3ヶ月ぐらいは、胃がこう、ナンて言うんでしょうか、あまり気持ち良くなくて、昼も食べたくないような緊張が続いていたりして、僕の昼食習慣は、次第にヨロシク無い方へと向かって行ったのであった。

独立後は仕事が無く、基本的には“昼に昼を食う”以外に一日の予定が全く無い日々が続くことになったが、まあ、幸いなことにそのような平穏な?日々は数ヶ月しかなく、仕事が回り始めると、忙しいとかナントか言うよりも人手が無いので一日アチコチ飛び回ってるうちに昼を食いそびれる、なんてことも多くなっていった。
ヤクザな稼業暦も10年目ともなると、こうしたリズムにもスッカリ慣れて、12時に一斉に街に繰り出す会社員の方々のように、『一日のうち“昼”に最も力の入った人生』というものからは、すっかり縁遠くなってしまっている。

今チョッと、身内がランチ狙いの飲食店をOPENすべく、準備をしているようなのだが、まあしかし、僕のようなデタラメなヒトの方が少なくて、世の中圧倒的に“ランチ何処行く?”派が多いのであろうから、早く良い場所を見つけ、リピーターがついてくれるようになったらなぁ、と、祈っている。
願わくば・・・和風チョコっとランチミニコース¥300~(4時まで)、みたいなの、希望。

昨日はやはり、連休明けでお疲れのwansuke爺。
20061011165713.jpg
wansuke爺「グゴォ・・・・・・zzzzzz」

そして、秋冬用に彼女専用コーナーを用意して貰い、スッカリお寛ぎのhanna嬢。
20061011165847.jpg
hanna嬢「おろぉ~さんなんて入れてあげないんレスからねぇ~」
とーちゃん「まあ、入れてくれなくても良いんだけどさ、ねえhanna、チョッとキミ、体臭キツイね、やはり。ハウス、臭うんだけど・・・僕のベッドの足元だし・・・」

彼女の体臭については、かーちゃんに譲ります。

贅沢だった、あの頃

>可愛いスイカの母さま
“しせい”と打って、変換して見て下さい・・・そうです!“しい”でも“しどん”でもございません!
意味?ウチの国語辞典、“しせい”で引くと沢山ある中のトップが“市井”だよ!
大丈夫?5人中5人ってオトナ?日本にいる人?本とか新聞とか読んでる?
と言ってみたものの、僕もウ~ンと若い頃、周囲がキャッチフレーズ的に“市井の法律家”とか言ってるのを聞いて、“???”と思って慌てて調べたヒトなので、ナントも・・・

>とかげさま
握手???サイン???そんなことがあったならばこんなことにはなっていないワケですよ。

>Dログ一家さま
曜日の件は、私&ギタリストの都合ゆえ、ナントも・・・っつうか、店、連絡来ないね、そう言えば・・・やるのかね、ホントに。

>もりおさま
P-Bandの件、頑張った甲斐がありましたね!今年は特集モノのミニ・イベントもやってくれてるし、“お客の声を聞く”というお店&Bandの姿勢(←この“姿勢”より先に“市井”が出てんだってば、オレの辞書には)、素晴らしいではありませんか!

さて・・・ギターの話を、それも“当人達の認識していなかった名器扱いを受けている”、といったことを連日書いたが為に、チョッと、危険な気がするのである。
ギターは鳴ります、とても良く。
しかし、弾くの私なのである、恐ろしいことに。
触ってる時間、という意味では半月前と今とではモノ凄い違いがあるが、しかし、下手だったものが急に弾けたりは、しないのである、絶対に。

週末に、昔のBand“親指企画”のテープを聴いた。
正確には、今度お願いしているギターの先輩に渡すために、昔のテープから候補曲を選んでダビングする、という苦行的作業をした、いや、耐えた、とも言える。
自宅やスタジオで多重録音した音源もあれば、LIVEのテープから選んだモノもあるのだけれど、とにかく10年~15年以上は昔の自分の歌であるから、コイツはナニやらもう、とんでもなく若い!のであった。
「どっから借りて来たんだ?この歌のお兄サンは?」
といった不気味さであった・・・そして・・・他にも発見が・・・歌、下手だ。

当時の僕はただ、自分で曲を書いて、歌いたいように歌っているだけだったんだな・・・そんなことに、今頃になって気付かされた。
アグネス松本のベース、こんなに表情豊かでメロディアスで、それでいて、
「原◎が歌い易いように弾く。それが一番大事」
なんて言ってくれてたとおり、アイツのベースは良かったんだなぁ・・・と、これもまた今更、である。
リード・ギターの増×サン、カッコ良い!コーラス、若い!そして・・・やはり、僕はギターなんてロクに弾けてないのであり、彼のギターが全て、であったのだなぁ・・・と、更に更に今更、であった。
嗚呼、ナント贅沢な時代・・・当時はそれが当たり前で、最期の頃にはやや“マンネリ”感すらあったりもしたが、とんでもないことであった。

そして、この週末にはもう1枚、「シバ LIVE 新宿発・謎の電車」というLIVEアルバムを繰り返し聴いていた。
先週書いた通り、かつて僕らが企画したLIVEにゲスト(という名のメイン)で来て頂いた“シバ”さんの、最新LIVEアルバムだ。
シバさん・・・三橋乙揶の名前で漫画家・画家としても活動しているので、“ガロ”なんか読む方には、そっちの方が有名かも知れない。
80年代には新譜のリリースが無かったのだが、僕が出会った90年代からは(詳しい事情は知らないけれども・・・)“復活”っぽい感じで、アルバムもLIVEも素晴らしいモノを聴かせてくれていた、そんな頃だった。
いやしかし、僕らも若く、恐いもの知らずだった、としか言い様が無い。
この最新LIVEアルバム、あの頃と変わらない、というよりは、更に更にカッチョ良い!シバさんが、そこにいる。
こんな凄い人をあんなギャラ?で呼んで、自分らで前座なんかやっちゃって、と、今更ながら緊張して来てしまうくらい、と言えば、少~しは伝わるだろうか?無理か・・・。
これもまた、実に贅沢な時代、であったのだなぁ・・・とシミジミ。

ブルース(彼曰:ブルーズ)嫌いじゃない方は、是非聴いてみて下さい。
あ、でも、暗い歌が嫌い、って方には、チョッとキツイかも???

連休後はいつもお疲れなので、コレは今日の画像ではないものの、きっと今頃こんなだと思います、wansuke爺。
20061010123428.jpg
そして、どんなにクタビレていても、僕が近付くとキンチョーするので、きっと今日もこんな感じだと思います、hanna嬢。
20061010123520.jpg
スンゴク強引な、ブログでした。
え?のことは、僕には期待されてないって?

親バカ丸出し、なだけではあるが…

20061009095548
hannaと違ってwansukeは何をやっても大抵ビシッとポーズが決まる。どうだろう?この“歳とったビーグルが陽を浴びて朝寝坊する”の図。老けたなァ…とも見えるが、こんな寝姿まで決まってるなァ、とも思う。wansuke爺や12歳と1ケ月

ナンレ毎回ワラシなの!?

20061008182450
皆さんコンバンワ、hannaレス。見てのとおりレス。オロォーサン、ワラシが寝ようとするとギターを抱えてついて来るんレスもの…ネェ、hanna!どう!?お父さんの歌!一緒にどうよ?これだけ聴かせたら、少しは歌えるでしょ?セーノ♪…あ゛~オガァサン~助けてェ

義父の三回忌

20061007113938
犬好きなヒトだった。2匹と対面し、hannaがベッドで添い寝をすると「2匹とはタマランネェ」…無口なヒトで、僕も無口故、2人きりになると……最期の言葉、延命の呼吸器を嫌い、苦しい息で「もうイイや」…大正生まれの江戸っ子であった。

某YAIRIチャン、無事退院す

ナニが驚いたと言って、この復調振りには驚いちゃったのである。
何だか全体にを放っている、気すらする。

昨夜、1週間の入院生活を終えた我が恋人某YAIRIチャン(←ギターですよ、念のため・・・)を迎えに出掛けた。

そう、またしてもギター兄サン登場。

兄「どうぞ!こちらへ!」
(父:昨日の上司に会釈され、ニッコリ返す。何だか次々と名器を持ち込む顔パス風になっちゃってるな、オレは・・・)
兄「こちらにお掛け下さい」
(父:Oh!この奥のほうがアレか、マーチンだのギブソンだのウン十万円コースのギター展示コーナーなのか。で、オレはそっちに連れて来られた、って意味かしら?そうか、店の入口は高校生向けに安いの置いて、なるほどなるほど、ん?ナニこの壁に飾られた楽譜・・・拓郎だのかぐや姫だの・・・そうか、奥は団塊向けの商品、ってことかな?)
兄「どうぞ!ピック、使いますか?」
(父:来たよ・・・コレ、この瞬間が一番ツライのよね、試しに弾いてみる、ってヤツね・・・)

楽器を購入したことがない方にはおわかり頂けないかも知れないが、楽器購入に際しては、大抵は“試しに弾いてみてから買う”、みたいな儀式がある。
今回は購入ではないが、お店のスタッフが見守る中、自分の好きなように弾いてみて、修理後の感触を確かめる、みたいな場面である。
これまでの成り行き上“名器を持ち込む顔パス”風に振舞っている僕であるから、ここで下手な曲は弾けない・・・“銀の雨”も弾けなければ、“チャンピオン”も弾けない。
こういう時はどうするか、であるが、無難なのは“自作の曲で最も小技の入った曲を弾く”、である・・・100%敵の知らない曲、知らないフレーズ、であるから、上手いか下手かもワカラナイ・・・なんてことはなくて、下手なモノは下手なんですけどね、どうしたって。
父「良いね!鳴るね!っつうかさ、弾き易くなってない?」
兄「そうなんっすよ!僕のタカミネ(←多分、自慢)って結構ストレスあって疲れるんっすけど、このYAIRIは全然ないっすもんね!ストレス」

ギターをケースにしまい、修理代を支払うべくレジに向かう・・・上司がやって来る。
上「コレ、弾かせて貰っても良いですか?」
父「ええ、どうぞ」
(上司:再びケースを開けて本体を取り出し、またしてもあらゆる角度から某YAIRIチャンを眺める。会計している後ろで、上司の弾く某YAIRIチャンの音色・・・)
父「コレはコレで、良いでしょ?」
上「いや、良いですね!これ、今、買えないんですよ!YAIRIのこのタイプなんて。程よく乾いてて、いや~良いですねぇ」
父「ここで買ったんだよ、10年位前だけど」
上&兄「ええっ?ウチで?ですか?」

ナゼ故に驚くのか、が全くワカラナイのであるが、良い!と仰るのだから、良いでしょう。
さて、帰ってひと晩シミジミ愛してやろう、この某YAIRIチャンを!と、雨の中早足で持ち帰ったのであるが・・・夕食後、かーちゃんが別室にこもり、僕の某YAIRIチャンでナニやら弾き続けていて、結局僕が某YAIRIチャンに触れられた頃には酔っ払っちゃっていて、ヘロヘロと愛でるだけ、であった。
今夜こそ寝かせないんだかんね、某YAIRIチャン!

注文していたブルース・シンガー“シバ”さんのLIVEアルバムが届いた。
親指企画最盛期?というのだろうか、一番良い頃に、ドキドキしながらこのシバさんに我々のテープを手渡し、強引にゲストに来て貰って、2回ほどイベントLIVEをやらせて頂いたことを思い出した。
イベント、といっても、僕らが1ステージだけ前座的に演り、その後我々も客席でシバさんのLIVEを堪能する、というだけのもので、でもまあ、2回やれた、ということは、シバさん的に1度目で懲りた、ってことはないワケで、まずますのBand、と思って頂けてたのかな?
今回、リハビリを始める前は、やはり自分の好きなプロの方にお願いして、その方のLIVEの前座的に1ステージだけやらせて貰おうかな、なんてことを考えていたのだが、実際にリハビリを始めてみると・・・恐れ多いというかあまりに失礼というか、前座になんかならないな、これじゃ・・・と気付かされた。
かーちゃんも、
「日頃皆さんにお世話になっているんだから、感謝を込めて全額キサマが負担する、ぐらいの気持ちで、全部しっかり練習して全部オマエがやるの、◎×さんを呼んで出て貰おうなんて、トンでもないハナシだ!バカ!」
と仰る・・・って、いわゆるアレ?“金貰っても聴きたくない”の少しマシなヴァージョンで“タダなら聴いてやる”みたいなレベル?今のワタシ・・・
しかし、そう覚悟すると、次々と“アレも”“コレも”と、復活宣言的に歌っておきたい曲が浮かんで来るもので、落ち着いてリストアップすると、自作だカヴァーだビートルズだ、と、ありゃまぁ、既に30~40曲は並んでしまう上に、リハビリすればするほど“こんな曲書いたなぁそう言えば”、と、思い出して来てしまう。
経験上、休憩・ご歓談を交え、40分×3ステージ、ぐらいが、まあ、少なすぎず多すぎず、聴き終えてグッタリってな感じにもならない、ハズ、なのだが、それではこんな曲数は収まりきらない。
従って、現時点で既に、何曲もカットしないと、ゲスト・コーナーも飛び入りコーナーもトイレタイムもない、休憩無しでオレの歌を聴け!というマラソンLIVEになってしまう・・・あ、削りますからね、飛び入りも休憩もお便所も大丈夫、安心して来て下さいね、皆さま。

>もりおさま
S&G、どうぞ飛び入って下され!でも君の乱数表みたいな譜面じゃサッパリ読めんので、コードだけはわかるように持って来てね、え?僕じゃないよ、弾くのも歌うのも君だよ!アレ?じゃあ良いんだ、乱数表だけでも。

問題は・・・かーちゃんの“全額キサマが負担する”発言・・・皆さん大人同士ですしね、歌はともかく、飲んで食ってタダってのもどうよ?とも思ったりして・・・難しいですね・・・今のところ、Drink&Food&LIVE全部込々御一人様3,000円パーティ・コース、でどうかな、と思っているのですが、如何でしょう?高いの?安いの?って、ナニ聴かせるんだかわからないのに、答えようもないか・・・。

次回、というものがもしもあるのなら、どなたかとセットというか対バンというか交互にというか、そんなものを企画しつつ、ゆっくり続けて行けたらな、思っております・・・が、次回の前に、今回である・・・12月の最初の日曜日の夜、ワケあって未確定&詳細未定、お店からの連絡待ち状態。

ついに、と言うべきか、の話題ゼロ、のブログ・・・
20061006123820.jpg
ま、結構良い写真かな?ってことで、お終い。

ヘッドウェイ君、入院す

先週来入院していた私の愛用ギター、某YAIRIチャンの退院が決まった。
まだ連絡が無いが、今日、我が手に戻って来るらしい。
ということで、入れ違いにヘッドウェイ君、入院。
今日は雨かも?というので、昨日の内に入院手続を済ませた。

またしてもギター兄サン登場!である。

兄「これっすか?うわぁ~!」
父「(って、ケースYAMAHAのだよ!開けてから驚けよ・・・)」
兄「うわぁ~、ヘッドウェイだ!(と、オモムロに弾き始める)」
父「鳴るでしょ?低音なんか、特に(と、自分のじゃないけど得意げ)」
兄「鳴りますね!良いっすね!凄いっすね!いやぁ・・・チョッと、上司のアコースティック担当にも見せて良いっすか?」
父「ええ、どうぞ」
(兄:他人の、っつうか、かーちゃんのヘッドウェイを抱えて、弾きながら店内を徘徊する)
上「・・・・・・・・・・・・」
(上司:しばし無言でヘッドウェイを眺める。ホールを覗き込んだり、上から見たり下から見たり横にしたりひっくり返したり、ひたすら眺めている)
父「(一抹の不安・・・)偽モノ、だったりしてさ、ハハハ(と、おどけるフリ)」

上「キ・レ・イ・・・」

上司は確かに言ったのだ。
僕にはその“キ・レ・イ”の意味はわからなかったけど、どうもコイツはやはり名器らしいのであった。

こちらは入院直前のヘッドウェイ君と、“入院”と聞いて心配そうに(?)集まって来て、ギターケースを覗き込むwansuke&hanna、の図。
20061005160308.jpg
wansuke爺「ナニ?入院?下手なトコ入ると、危ねぇかんな!気を付けろよ!」
hanna嬢「ニューインってなぁにかぁしらぁ~美味しいのかしらぁ~」
う~ん・・・hannaさん、君は入院なんかしたら、気が変になってヨダレダラダラ垂らして、下手したらそのまま帰らぬ・・・なタイプだねぇ・・・もうチョッと痩せて、健康でいないとねぇ・・・。

忘れるトコでした。
我がLIVEでございますが、日程調整自体は、ほぼ出来ているのですが、チョッと訳があり、若干未確定状態です。
ですが、12月の最初の日曜日の夜、です、ほぼ。
数日後には告知可能、のハズですので、宜しくお願いします。

>皆々さま

>もりおさま
>とかげさま
>ワハ母さま
皆さまのお陰で、というべきか、何だかこのような方向に向かってしまい、私自身、とっても不安でございます。
え~と、もりお、とかげ、ワハ母・・・3名は確保、と。

>とかげさま
黒さま(←とーちゃん憧れの左利きPaul)だけは勘弁して下さい。
あなたさまの“聴きたくないような”発言、結構グサリと鋭いです。
シャレにならず、胸にきます。
私も皆さまに来て頂きたいような恐いような、お店がレストランなので、料理に逃げたいような・・・いや、とにかく黒さまは、いけません、絶対に!

親指企画、毎月出てましたね、高円寺ペンギンハウス。
う~んと、かなり昔・・・90年代半ば~98年2月まで、だったと思いますが。

それまで色んなLIVEハウスで、あまり楽しくない思いもしてきた後、Band最後期に辿り着いたのがペンギンで、とても素晴らしい環境&スタッフに恵まれた、まあ、あのペンギン時代数年間が、最も楽しかった気がしますね、親指企画
名前だけ突飛なので、Band名だけが音楽雑誌のコラムに取り上げられたりして・・・調子に乗ってテープ送ったら無視された、なんていうショボイ思い出もあります。

あと、インチキ・プロダクションのオーデションね。
ナンか、テープ送ったら、
「残念ながら今回は採用を見送るけど、とても良かったので一度おいで」
なんていう電話が来て、3人してマンションの一室に呼び出されて、
「デビューさせてあげる。オリコンのチャートは金で買える。まず、200万円用意してね」なんていう、モノ凄い詐欺
親指企画、味はあったかも知れないが・・・オリコン云々するBandじゃないってば・・・
ひたすら“オリコンオリコン”言ってるその間“とても良かった”ハズの楽曲やら演奏やらの評価は全く会話に出ず、ひたすら200万円のお話だけでやんの。
「どう?考えてくれた?」
なんて電話攻撃もあったりして、とっても熱心だったな、あの詐欺師。

今回、古巣ペンギンハウスも考えたのですが、当時とはスタッフも変わってしまってるし、そうなるとイチからテープ送って聴いてもらってOKなら日程決めて、と、確定までの道程が長そうなのと、何より現在の我が生活圏から遠く、近所の方々に気軽に立ち寄って頂けたら、というコンセプトとかけ離れた場所になってしまうので、パス致しました。
あ、近所じゃない方も、気軽にいらして下さいね。
中に入ると・・・演奏はあんまし気軽じゃないかも知れないけど・・・

あ、日程ですね・・・今夜決まると思いますので・・・でもやはり、12月最初日曜日の夜、でしょうね、きっと。

本当はリハビリの一環として、六本木キャヴァン・クラブのアマチュア・デイへの参加を目論んでいたのですが・・・先日その参加申込に行ったところ、
店「すみません、普段は毎月やってるんですが、10~12月は色々とあって・・・」
父「Oh!色々と。Johnが生まれたり死んだり?」
店「そうなんです、Georgeが死んだりして、忙しいもので、アマ・デイはないんですよ」
と、なんだか、結構その気で申込に行っただけに、チョッと拍子抜けしてしまい、逆にこれがきっかけで、イッキに年内自主開催!になったワケなのですが、確かに年末時期って、日程誤ると、色々重なって皆さんお忙しかったりするんだろうし、ということで、最初日曜日でしょう、多分、関係無いけどJohnの命日より前に、ってことで。
20061004113935.jpg
>もりおさま
確かにね・・・気持ち良さそうだよね、爺や。
僕の遅寝早起きは、まだ続いていますが、犬の散歩タイムが夏時間から秋冬モードに切り替わったため時間が合わず、朝はひとり寂しくブラついています、そこらを。
気が張ってると起きちゃう、っていうのは症状的に全く一緒ですね、僕と、気が合うね、ワハ母とは合わないけど。
20061004114015.jpg
昨日は丸まってなかったので、これが正しく隅っこで丸まってるhanna嬢、の図。

アグネス松本を探して下さい!

当然ながら、ご覧頂いているどなたからも情報が無い。
今回は諦めるか・・・
今回は”と言っても、次回は無いかも知れないが。
しかし!
逆に、次回は不明ですが、どうやら“今回は”ありそうです、ついに!
何が?
LIVE、って言うんですか?人前でギター抱えて歌う、アレです、僕の。
ひとりだと聴くに耐えないモノになりそうなので、リードギターのお助けマンがついてくれることになりました。

ずっと一緒だったファンキーなベーシストアグネス松本がいないままの再スタート(なのか、一度キリかは不明)だし、人前でギター抱えてマトモに歌う、っていうと、8年以上ブランクあるんで不安イッパイですが、チョッと勢いある時に決めちゃおう!と思っています。
この“勢い”がクセモノで、本当に家族の諸君には迷惑かけてます・・・サッサと本番済ませないと、いつまでもリハビリばっかで・・・。

川口・・・ダメか・・・高円寺・・・遠い?渋谷・・・昔からマスター感じ良くなかったな、アノ店・・・
と、会場を幾つか当たってみたのですが・・・色々問題があって、なかなか良い場所&良い日時というのが見当たらず、どうしたものかと思案していたら・・・そうだ、あったな、あそこに!で、灯台ナントヤラ!地元赤◎で演ることになりそうです。
まだ未確定なので、日時&場所は近日掲載致します。
が、一応年内だと思います。
12月の最初の日曜日の夜、かも知れません。
是非空けておいて下さい、みなさま。

今日は朝から実にヘヴィな仕事で、とてもクタビレていたのですが、この一件でかなり復活・・・ですが、たまにはコレくらいの長さでサクリとお終い。
20061003160313.jpg
wansuke爺や、今朝の寝姿です。
どうでしょう?この、なんだかフワリと白い感じ。
僕が早起きした後は、“空いたぜ!”とばかりに堂々とベッドの真中を占領します。
20061003160624.jpg
片やhanna嬢。
堂々と、といった感じは微塵も無く、いっつも我が家の隅の隅の奥の奥(ってほど広くは無いけど)で、丸まってます。(ん?丸まってないか?コレは・・・)

何だか、らしからぬ、何の主張もない日記ですが、とりあえずLIVEやりそう、っていうだけで、結構ふわふわした気分なので、本日は以上です。
|TOP|

プロフィール

とーちゃん              下の方で遠慮がちにRanking参加中

Author:とーちゃん              下の方で遠慮がちにRanking参加中
故・wansuke爺
 「やい!とーちゃん!
  何だよ、コレ!
  こーゆー甘ったるい写真、
  いつまで使う気だよ!」
故・hanna婆
 「ヤット再会デキマシタ…」

[LIVE関連]

7月1日(土)大田原プチ・ヴィラージュ
三権分立LIVE決定!
立法・行政・司法ミュージシャンが集結!

7月9日(日)那須ロングライド
走らず唄って応援予定!?

7月10日(月)大塚Welcomeback
19時~!ダッキャン参加の3人組!

7月29日(土)大田原プチ・ヴィラージュ
久々にMOTELさんとのLIVE決定!

盛岡ツアー2017第3弾決定!
8月4日(金)盛岡ビートルズ
8月6日(日)盛岡クロスロード

毎月第4日曜日朝~昼頃
大田原日曜朝市出演中!
行ける月だけですが・・・

『K介のSongs&Dogs
   ~週末はミュージシャン』
3曲分の動画を毎週月曜日UP!
YouTubeにて続々配信中!

[CD・DVD関連]

親指企画17年振りのスタジオ録音アルバム!
『Songs&Dogs』完成!!!
DSC_0273.jpg
若き日の3人組LIVEのDVD付きです。
CD13曲+DVD16曲入り、カンパ1,000円!
DSC_0281.jpg

月別アーカイブ

寝姿を見ちゃった方々

hanna嬢「おがぁさーん、おろーさんがヘンなことやってるわぁー」

wansuke爺「じゃ、またな!」

hanna嬢「おろーさん、頑張って!」

wansuke 「おい、とーちゃん!このランキング、ちゃんと設定出来てんのかよ?」 とーちゃん 「・・・自信ナイ・・・」

FC2ブログランキング

バカ嫁hanna 「1日1回、ポチッと押してみれくらさいねぇ~」

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索