パ~ンチ!全国指名手配なのだ!

20070331172318
昔、薪を盗まれた知人が『欲しけりゃ恵んでやるから盗まないでくれよ…』と嘆いていたが…ウチの椎茸盗んだ貴方!椎茸の5、6本ばかし盗んでどうなのよ!?美味いかよ!?猿か!?イヤ、あのキレイな盗られ方は、ニンゲンに間違い無いのだ!
スポンサーサイト

ヤア!ヤア!ヤア!体重計がやって来た!

オメデタイことや、哀しいことの後に、カタログをシミジミと眺め、まあ、あまり欲しいモノ無いけど、これにしておくか、ってなカタログ・ショッピングというか頂き物GETまでの、道程というか儀式というか・・・経験者多数だと思うのだが・・・

今回は某カード会社のポイントがたまったまま、放っておくと期限切れになったりするから、それこそあんまり欲しいモノ無いんだけど・・・で、体脂肪やらBMIやらが計測出来るとかいう、健康管理機能付属の体重計を発注。

我が家には、昔ながらのこう、乗り方次第で1~2㎏はさば読めちゃうようなのしかなかったから、人間もそうだけど、犬の体重なんかはまともにはかれなかった。
で、まあ、あれば便利かな?と。

しかし、“無くても困らない”程度のモノだから?到着初日は箱から出して、そこらに置いてあっただけ・・・
20070330174638.jpg
このように、何故かwansuke爺がNEW体重計に添い寝・・・

我が家に新たにやって来た、珍しいモノって認識なのだろうか???
でもねぇ、キミの食い物んじゃないんだし・・・
添い寝ったって・・・別に意味は無いけれども、しかし、こうして無意識の内に、ナニやってもポーズやら構図やらがバッチリ決まる!のが爺やのウツクシイところ。

本日昼休みに、ようやく電池をセットし、各犬体重測定。
ジッと乗ってってくれるワケはないので、かーちゃんが抱っこして、かーちゃん分を引き算・・・ofutariともいい感じの体重なんだろうか???
日頃の犬付き合いが悪い僕は、ofutariのベスト体重など知らないので、これで良いのかどうか、イマイチわかんなかった。
わかったのは・・・hanna嬢の方が2㎏以上重いんだな、ってことだけでした・・・
20070330174817.jpg
あ、ゴメンゴメン、別に太ってるって意味じゃないですよ・・・

本日は夜の真面目なお勉強会。

20070329182047
『電子定款認証のオンライン化について』だったかな?タイトルすらおぼえられないような勉強会、センセイ的には途中で寝る自信アリ!ではあるけれども、時代にはついて行かねばならないのであるから、オンライン、カカって来なさい!なのであるよ!

昨日、ヘンなことを書いたせいだろうか???

赤羽ウッディから電話。

「4月某日に、3Band出演の形式でLIVEを企画しているんだけど、出ませんか?」

3Bandの企画なのだが、1Band穴が空いてしまったんだとか???
企画モノなので、出演者もチャージを支払う???が、多少の出演料も出るとか???
他のBandメンバー及びお客さんだけでも結構な人数になるので、ボクはあまり集客しないで、“遊びに来て歌う”みたいな感じで良いとか???
今回はまあ、“オリジナルよりはコピーで”とか???
だがしかし、他のBandはベンチャーズ系一組、ビートルズ・陽水・かぐや姫系一組で、出来ればボクはこの後者とかぶらない選曲で、だとか???
でもまあ、気軽に遊びに来て、だそうです。

う~む・・・と、回答は保留。

今、僕がやりたいと思っていることと、ここまで反対向いてる企画ってのも・・・でも、誘われるとまあ、ヒト呼ばなくてイイなら、なんて、思ったりして・・・何でも修行っすから・・・

似たような誘いでも、こないだ六本木のキャヴァン・クラブのビートルズ系アマチュアBandデーを辞退したのとは、チョイと気分が違うよな、赤羽で、日本語で、って話だから。

及び・・・あの店の他の出演者と知り合いになるってのも、悪くはない気がする・・・
20070328180607.jpg
wansuke爺「???ナニ血迷ってんだよ!バカ!」
20070328180655.jpg
hanna嬢「またナンか考え中かしらぁ???バカねぇ・・・」

ボクは一体・・・???

何やってんだ?と思うこの頃・・・

この前のLIVEの後、今度はどんなのやろうかな、という意味もあって、CDレンタル105円デーを利用して、大量の“懐かしのフォーク系CD”を聴いている。
まあ、コピー曲の候補探しということもあるが、温故知新、新たな自作曲への刺激になれば、という、淡い期待もあった。

が、しかし・・・予想はしていたが、そうそうピン!と来る曲には出逢えない・・・
いや、実は・・・むしろ・・・結構辛いかも・・・

何と言うか、結局好きなモノしか好きになれないワケで、大量に聴いていると、時代の流れがこう、カレッジ・フォークみたいなのから、少し進んで行って、で、井上陽水=“♪夢の中へ”、かぐや姫=“♪神田川”なんかがかかると、哀しいかな、実にシミジミとホッとしてしまう。
何たる名曲!と、感動すらおぼえる。

しかし・・・だったら何も、『俺たちのフォーク』2枚組×3セット!とか、『ベスト・フォーク100』CD6枚組!とか、聴いても聴かなくても・・・みたいな気が・・・

今、我が家は結構、フォーク喫茶風です、毎朝・・・
0326-085535.jpg
hanna嬢「やっぱりラメねぇ、オロォ~サン!バカじゃないかしらぁ~」

お宅の御犬様は、お風呂好きですか?

今回の上信越・長野方面の旅・・・後半ドンヨリした感じだったけど、序盤はそう悪くもなかったのだ。

金曜日は、仕事で立ち寄った某所のすぐ近くに、犬OKの温泉宿があるのを見つけておいたので、試しにそこに向かった。
古いけど、でもまあ、TV“ポチタマ”の旅犬&マツモト君も来たみたいだし、良いのかもな、うん・・・

で、その晩はまだ、こんな風に寛いだり・・・
20070326185345.jpg
こんな風に寝ぼけたり・・・
20070326185438.jpg
ニンゲンの方も、とりあえず犬OKなら良いのであって、別にすんごく良い宿!豪華な料理!なんてのを期待してたワケではないから、川魚の刺身、山菜の天ぷらなど、ひと通りは並んでいるし、うん、と、夕食などは一応納得出来ていたのであった。

しかし・・・朝食で???
料理、が、一切ないのである。
あえて料理と呼べるのは、味噌汁と白米か???
あとは・・・かまぼこ2枚のった一皿、キャベツにハム1枚が鎮座する一皿、瓶詰め佃煮3点盛一皿、海苔?あったっけ???ってな具合であり、板さんというか、人間の手の加えられたものが一切ないのである・・・これはこれで、すんごいかも・・・

しかし、朝はもうひとつ、イベントがあるのだ!
ここはなにしろポチタマ取材の宿!
露天風呂は、このように貸切で入れて・・・
20070326185702.jpg
離れにある人間の露天風呂の横には、小さな“犬用露天風呂”があるのであった!

しかし・・・どうなのだろう?
お宅の御犬様がここに来たとして、どうでしょう?
よろこんで↑この扉をくぐり、↓この湯船につかり、貴方と“ビバノン”状態になってホッとひと息、なんてことになってくれるだろうか???
ま、稀にそういう犬がいるのは僕も知ってるけどね・・・

しかしナンだ、貸切ったって、人間がハダカになっちゃったら寒くて犬の面倒なんてみてらんないし、犬なんか濡れちゃったら拭いてやんなきゃ凍えちゃうし・・・

で、ウチのofutariは、こんなモンです・・・
20070326185853.jpg
wansuke爺「がっ!やめろ!あにすんだぁ!バカヤロ!オレ様、出るよ!っつうか、入んないってばよぉ!」
20070326185958.jpg
hanna嬢「あ゛~!いやよぉ~!アシぃ?いやぁ~!手もラメらわぁ~!やめてぇ~!」

ナンだか・・・この朝から我が家の“流れ”みたいなものが、変わってしまったのか???

この旅の目的は、“ここから白馬八方尾根に向かい、仲間と合流すること”、であったから、この前泊はイントロに過ぎない・・・ま、気にしない気にしない・・・

で、気を取り直して向かった肝心の白馬は・・・土色のゲレンデと雨のお出迎え、ってのが、ここ数日のブログのクタビレ・ムードの元なのでしたとさ。

虚しきロング・ドライブ…

20070325221013
白馬は遠い。雪不足と雨で何も出来ないままの帰路となれば、尚更だ。ハンナは、クネクネ道で吐かないように、ドライブ前は一食抜き。で、可哀想だからとワンスケも付き合って一食抜き…途中の事故渋滞はトンネルの中…全員グッタリの日曜日の夜。

白馬八方尾根よ、オマエもか…

20070324144243
日本全国、こういう冬だったっていうのは、わかってはいたものの…ガックリ…山肌、黒いです。雪…無くはないけど5月?って感じ。更に現在、ゲレンデには本格的に雨が…というワケで、風呂入って酒盛りして、晩メシまでひと眠り、だな…

白馬八方尾根へ!

かれこれ・・・そうだな、17~18年ぐらいになるのかな?
それも、僕らが参加してから、であって、企画自体は恐らく30年とか、それくらい続いているんだと思う、八方尾根への旅。

昔々、池袋にあった“ドン・チャイルド”という小さな小さな酒場の仲間達が始めたらしいそのツアーは、当時はバス1台借り切って、スキー場に着いてもスキーなんかは実に適当で、よく見てると一度も滑らないヒトもいたりして、何と言っても、後にオリンピック会場になったようなそのゲレンデに、驚いたことに勝手にテント(!)を張って酒盛りしてるだけだったりして・・・
で、夜は夜で、当然と言えば当然の、飲めや歌えやのバカ騒ぎ。
東京組だけでなく、地方に戻って暮らしている方々も家族連れで集まるので、オトナから子供まで大集合の、それはそれは賑やかな宴会であった。
まだ若く、八甲田山のスキーツアーなどに熱心であったその頃のボクには、あまりにも衝撃的で面白おかしな旅であり、コイツに参加すると、翌日からの仕事に向けて、アタマを日常モードに切り替えるのが一苦労・・・そんなお祭だった。

基本的に年上の方が多いので、今はもう、みんなオジサンだし、子連れファミリーの“子”も皆大きくなって・・・この頃は往時に比べると大人しく、ナンだかシミジミとした集まりになって来てはいるけれども、しかしまあ、年に一度のイベントであるからして、犬達も洗ったばかりのキレイなカラダで参加するのであった!
20070323114240.jpg
Oh!コレは・・・入浴効果か???光り輝くhanna嬢!

本日は、コレがまた実に運良くそっち方面の仕事が重なってくれて、午後から事務所は閉店し、スキー&犬を乗っけて関越方面に出張。
滅多に無い、自営業のオイシイ旅、なのかな?
20070323114344.jpg
wansuke爺「なんだよ!?オレ様、べつに八方なんて、行きたかねぇよ・・・」
まあまあ、そう言わずにさ、付き合えよ、wanさん。

そして・・・今度の旅は、吐かずに済むのか???
20070323114436.jpg
hanna嬢「練馬までがモンライなのよ、都会の空気は・・・あ゛~おウチ出てすぐに田舎道のロライブにならないかしらぁ~」

また!是非!

そう言って、シバさんと別れた。
また、一緒に(ったって、とても一緒には演奏出来ないのですよ、お呼びして、自分らが前座で歌って、メインにシバさんにご出演頂くって意味ね・・・)LIVEやりましょう!という、いい加減なこと言ってるような、結構本気なような、オトナの会話?
いやしかし、夢ではないのであるよ。
20070322131717.jpg
東小金井北口を出て、チョイと右に曲がるとイキナリの一軒屋。
“ザ・チャンプルー海風”という、唐突にして摩訶不思議な沖縄料理の店。
店内には常設?ステージがあり、2階席もある。
小さな店なので、どこにいても、シバさんはすぐソコ。

昔からの渋いブルーズ、そして、他界した高田渡さんの曲・・・

昔々、ほんの一時期、シバさんがパンク風のバンドを従えていたことがあって、その頃の曲を、今、シバさんが独りで弾き語り・・・これもまた、年輪。
不幸なことに、当時そのバンドが残したアルバムは、その中のある1曲の途中に、石原裕次郎の“♪錆びたナイフ”を引用した箇所があったがために、廃棄焼却処分を命じられた。
昨日はLIVEであるから、弾き語りでバッチリと、その辺りもカットせずにカッコ良く決めていた。

バカではないか?と、皆が思う。
けなしたり、茶化したり、じゃないのである。
憧れ、憧憬としての“♪錆びたナイフ”であり、何故ゆえに焼却まで命じられねばならなかったのか?
実はボクは、“石原軍団”なんかはバカバカしくて好きなんだけど、こういうホントに馬鹿げた著作権紛争劇は、クダラナイし、虚しいし、哀しい。
まあしかし、事前に許可無く引用した、と言われればそれまでなんだが・・・
嗚呼・・・ウチにあるそのCD、コピーして配りたい!ってな気になって来る・・・
20070322131949.jpg
それにしても・・・シバさん、カッコ良い!
ギターも、ハモニカも・・・カッコ良い!
思わず口にした言葉・・・

「オレ、次回は500円じゃなくて、3,000円のハモニカ、買う」

こないだの六本木では、壊れたハモニカの代わりに買った新品が、壊れたハモニカと同程度の音しか出なくって・・・実はソイツは500円コースの安いヤツであり、いい歳して、肝心なトコでケチったことを、皆から散々バカにされたのであった・・・
20070322132038.jpg
wansuke爺「けッ!ば~か!」

お金のハナシで思い出したが、昨日のその店のトイレにあった、干支にちなんだ性格分析的張り紙の、我が干支=巳年には・・・

『心の奥、深くして、一生金に不自由なし。見栄とねたみ心のあるが疵なり』

なんて書いてあって、オレは酔ったアタマでは憶えきれず、2回トイレに通ってメモしてしまった。
特に“一生金に不自由なし”がイイではないか!
と、ワタシは思うワケですが、かーちゃんはズバリ!“見栄とねたみ心”が核心を突いていると頷き、激しく共感するのであった。

しかしナンですな・・・(と、自分に不利な話題は避けて・・・)
昨日はお彼岸の用事を済ませた後、午後からビール飲んだり昼寝したりLIVE行ったり・・・こういう週半ばの祝日ってのも、大切ですな。
なんでも月曜にしちまえば、連休になって、出掛けてくれて、金つかってくれて、景気回復して、って発想で、随分オカシナ月曜限定祝日が増えちゃったけど、そのせいで失われたのがこの“週半ばの祝日”或いは“飛び石”ってヤツだ。
でも、僕が今週の火・水・木にかけて感じている、真ん中休みのこの“お愉しみ感”は、きっと全国の方々も、結構感じておられるヒト、多いんじゃないかなぁ???

ところで・・・
シバさんのステージでは、“昔の仲間が死んでしまって”、みたいなハナシも出ていたけれど、今から10数年前、シバさんにゲストに来て頂いたりしていた頃の僕らの仲間、アグネス松本もまた、死んではいないにしても相変わらずの行方知れず。
「また!是非!」
とは言ってみたものの、シバさんが憶えていてくれた僕らは、今は集まれないのである。

火曜日の夜、僕は半年振りにアグネスの実家に電話した。
俺「マツモトさんのお宅でしょうか?」
?「どちらさまでしょう?」
ここまではまあ、予想通り。
俺「学生時代から、ヒデキさんと親しくさせて頂いて・・・」
?「そのような者は、身内にはおりません」
俺「え?でも・・・半年前にもお電話差し上げて・・・え~と、◎×県のマツモトさんですよね?」
?「マツモト言うても、色々おるでしょうから、違います」
俺「いや、でも、ヒデキさんと・・・」
?「マツモト違いです」

本当に間違い電話では?と思われる方もいるだろうが、この実家の電話番号は結構特徴的(3333とか、5678とか言う意味)で、間違えてかけて、同姓に当たるなんて感じの番号じゃないのだ。
この半年の間に、彼と、その実家の方々との間に、ナニがあったのか?なかったのか?
全くワカラナイけれども、僕のような“息子宛ての電話”に対しては、“一貫して拒絶する”みたいなことになっていることだけはわかった。
さて、ど~するよ、センセイ・・・
20070322132307.jpg
hanna嬢「ワラシ、会ったことある?ない?その・・・アグネスちゃん?」

ハナシは昨日の赤ポンチョに飛びますが・・・中央線沿線にお住まいの、
>もりおさま
>よこちゃん
お二人からは、前からこう、
「とーちゃん!中央線にそんなカッコしたヒト、いないよ!」
とのご指摘を頂いていた。
しかし、僕もかーちゃんも、
「いや、中央線にはいる。赤ポンチョも、ボブ・マーリーみたいなカッコしたヒトも、絶対いる」
と、根拠も脈略も何も無いけどそう主張していた関係上、昨日は結構キョロキョロと電車内を見回していた・・・赤ポンチョ・・・は、(ボクしか)いなかった。
でも、不気味に赤いカッコした男性は確認出来たし、やっぱ、中央線は赤、なのだ。
全然、ナニ言ってんだかワカリマセン・・・

久々にシバさんのLIVEへと向かう。

20070321171457
小金井まで行くので、中央線にマッチする服=赤ポンチョ!を被る。商店街で、以前「マカロニ・イタリアン!」と命名した某マスターにバッタリ。アセル…でも、今夜はこれから『中央線沿線の沖縄料理屋でブルースを聴く』のであるから、赤ポンチョでイイのである!

反省・・・

昨日はチョッと、反省したのである。

客商売と言いながら、依頼者の都合に文句つけるようなこと書いちゃったなぁ・・・と。
ワタシの事務所なんてのは、本来OPENなモノなのであるから、いつどなたがお見えになっても大丈夫なようにしておく、そのための設備や人員を確保するのがスジであって、あのようなバカ文を書くべきではなかった・・・と。

朝飯の時間までは、そう、反省していたのであった・・・

「え~と、◎▲日に振り込もうと思ったんですが~~~(振り込めなかった事情)~~~で、今、寄ります」

この電話一本でまた、僕の反省はビュ~~~っと、どっかへ飛んで行ってしまったのであった。

そして、午後の記帳・・・うっ!
先月に続き、またしても“我が事務所・僕の氏名”様からのお振込が・・・
これね・・・だから、誰なんだってば!

なんか・・・市井の法律家とかナンとかとはかけ離れた、別次元でのバトルは続く・・・

反省、というか、学習?
↓この彼女は学ばないのである・・・
本日午後、ひなたで寛ぐhanna嬢・・・
20070320192012.jpg
hanna嬢「あ゛~あづい~ゼッ!ハッ!ゼッ!ハッ!」
と、ヨダレを垂らして暑がるんだけど、日陰に移動することを知らない。

一方ベテラン爺やは、さすがに犬歴12年半のプロフェッショナル。
ひなたが暑いと判断すれば、スッと日陰のソファなどに移動して、ゆったりとお休み。
20070320192049.jpg
wansuke爺「あんだぁ?とーちゃんよぉ!ちょっかい出すんじゃねぇっての!反省しろ!バカッ!」

たまには・・・贅沢も言ってみたいのです・・・

いつものことながら、夕方になると急速にやる気が萎えて来る。

“明日、そう、明日朝からやれば間に合うだろ、これくらい”
・・・自営業であるから、それくらいの融通はオレ次第のハナシなのだ!
と、金曜日も思ったのだ。
“あとは、月曜日で何とかなるだろ”

金曜日・・・朝から面談かぶりまくり、午後あっちこっち飛び回り、で、萎えていたのだ・・・

しかし、センセイとは名ばかりの100%客商売。
明けて本日・・・電話1本で全てが変わってしまうのであった・・・

「今から行きます」

「◎時のお約束、×時にして貰ってもイイですか?」

そして、一番多いのが・・・
「近くまで来たんで、寄ってもイイですか?」→1分もせずに“ピンポ~ン!”

良いのですよ、お客さまあっての生活ですもの。

と、昔はそれで良かったんだが、最近はそうも行かない。
突如、となると、色々問題があったりもする。
一番は、個人情報保護、である。
応接セットは一応2箇所あるとはいえ、ゆったりとした大事務所と異なり、やはりハチ合せは避けたい。
特に最近は資産家も多重債務者も同業者も・・・と、様々なお客様がお見えになる当事務所としては、決して敷居を高くとかいった意味ではなく、どうかひとつ、前日までにアポをお願いしたいし、あまりご自由にアポ時間を変更して欲しくはないのだが・・・

あ、スミマセンね、こんなつまんないハナシ。
このところチョッと、ハチ合わせまくりでアタフタしちゃって、結構気疲れしてるもんで、失礼しました。
だってさ・・・現実にあるワケですよ、相続でご相談のAさんご夫妻と、債務整理でご相談のBさん親子・・・ん?住所・・・何丁目何番まで一緒???ってなことだって。

千客万来、でも、事前アポ希望&アポの時間なるべく守ってね!
と、そういう贅沢なお悩みでした。

あ~、でもしかし、ヒマほど辛いものは無いってのは、この10年、骨身にしみてわかっているのであるからして、やっぱ、イイです。
どんなにかぶろうがハチ合わせようが、皆さ~ん、いつでもウェルカムで~す!
0319.jpg
wansuke爺「ナニ勝手なことほざいてんだよ・・・」

え~と、もし次回のLIVEというものがあったなら、12月のような発狂的The Beatles特集ステージではなく、“♪なごり雪”“♪22才の別れ”“♪神田川”“♪赤ちょうちん”“♪妹”なんていう、かぐや姫特集と行きますか・・・しかし、これはアレだ、Tかげさんvs H子チャンじゃないけど、興味無いヒトにとっては確かにみんなチョッと、似てるっていうよりもこう、共通する部分はあるのかもなぁ・・・いわゆる括りとしては“四畳半フォーク”ってヤツ?
憧れましたよ、田舎の少年は、この、“東京に出てオンナと暮らす”みたいなのは。
20070319180133.jpg
hanna嬢「ナンラかまたおがしなことを言い出したわねぇ、おろぉ~さん・・・」

ゲロゲロhanna嬢、車内連続嘔吐事件

20070318172009
後部座席、ご機嫌でロライブ満喫中!と油断していると…どうもこう、クルマ乗る前に何かチョッと食べたりするとダメみたいで、ハッ!と気付いた時には既に手遅れ…グボッ…食べたモンそのまま、酸っぱい臭いが車内に充満、ウウッ、つられそう…

久し振りの山の休日…zzzzzz…

20070317175359
クレイジーな早春も一時停止?今日はお天気雨ならぬお天気雪がハラリヒラリ…散歩、読書、木工、昼酒、昼寝…本当の自分らしさ、人間らしさとは?ナンテ…普段は忘れている、TVもネットも無い静かな生活、贅沢な時間。やや哲学入ってるバカオヤジ。

♪なごり雪

今朝、洗濯物を干そうと窓の外を見ると・・・かすかに白いものがナナメに落ちるのが見えた。
雪?

昨夜、品川ぺんじゃっくで飛び入りし、“♪なごり雪”を歌った。
選曲的には全くの偶然なんだけれど、夜が明けてみれば、ナンだか実にドンピシャな感じ。

そう言えば・・・wansuke爺(あ、坊かな?ワン坊ね)が来た頃は、まだ我が街・我が土手にもたまにドサッと雪が降り、朝は真っ白な土手を大勢の、そう、まだ若かった犬たちが駆け回っていたっけ。
あんなの・・・何年に1回あるかないか?ぐらいになって行くんだろうか・・・雪、ホントに減ってるし。

そしてあの頃・・・ボクもまだ、結構土手の散歩に付き合う時間があったのか、犬絡みの詞を書いて、メンバーに曲をつけてもらって・・・ああ、あったなぁ、う~ん・・・
洗濯物を外に干すのを諦めながら、そんなことを思い出していた。

昨夜、ボクが歌う“♪なごり雪”を、客席でマスPが聴いていた。
昨夜はまあ、言ってしまえば、マスPとのデート、であった。
ああいう店で、二人で客席でそれなりに楽しく過ごせるなんて、なんだか本当に、僕らはオトナになったのかも知れない、なんてね、思ったりして・・・

「とーちゃん!今の“♪22才の別れ”!良かったよ!」
とY手嬢が声を掛けてくれた。
「うん、ちょっとジ~ンと来ちゃった、“♪22才の別れ”」
Tかげさんの胸にも響いたようだ。
うん、まあ、本当に唐突なご指名による飛び入りだったけど、そう言って頂ければ、そりゃあ、嬉しいですよ、ええ・・・って!歌ってねぇよ!その歌!
0316.jpg
昨夜、ボクは“♪なごり雪”を歌い、今朝、ほんの僅かだったけど、ベランダになごりの雪が落ちた。


♪満月

♪満月♪満月♪満月♪満月♪満月♪満月~~~

義兄がmixiでやっているブログ上で、10日の僕らの演奏が動画で見られるよ!と、かーちゃんから聞いてはいた。
しかし、僕は自分であまり良く理解出来ていない“mixi”なる世界には、基本的に近寄らないで生活しているため、どこでどうやると見られるんだろ???ぐらいの気分であった。
いや、ホントにその程度のPC系知識&能力なのです、ボク・・・。
ボクが寝姿画像を貼るが如く、多分動画というか静止画が貼ってあって、ソイツをクリックする→再生、みたいなことなのだろうと、それくらいの推理は働くけどね。
しかし、断片的に数曲聴ける内、どうやら“♪満月”だけはキッチリ1曲聴ける、と言われ、う~む、見てみたいものだ、と、思ってはいた。

で、昨夜のこと。
スイカママさんのお店(イナゴ・ダーツ・バー)が、近いうちにやめちゃうかも?っていうんで、今週は昨日で2度目のお出掛け・・・スイカママさん、義兄とはミク友らしく、
「コレだよ、コレ!」
と、カウンターのPCで、ボクにmixi指南。

Oh!コレか!コレなのか!
唸ったり、ニコニコしたり、チョッとホロッっとなりかけたりしながら・・・僕は本当に繰り返し繰り返し、“♪満月”の演奏動画を見続けた。
そこには、モノ凄いシアワセ顔のボクと、そしてマスPがいる。
7~8回は見ただろうか・・・

楽しく、シアワセな再会&共演ではあったけど、あまり美談にするつもりはない。

3人組としての活動が終わってしまった理由も、どうやら“ボクが市井の法律家として独立したから”なんて憶測もあったらしく、まあ、そのあたりの真実っていうのも、今となっては、遠く過ぎたこと・・・あ、いや、真実なんて、自分たちももう、分からない。
まあ何と言うか、長い間一緒にやっている内に、やがてナンだか目標も定まらなくなって来て、倦怠感みたなのが漂い、そこにチョッとしたヒキガネで・・・みたいなことだったんだろうな、と思う。

ただ・・・
気持ちのどこかで“終わっていない”部分があった・・・いや、これだけは、どうしても僕の中に、今もある。
それは、もはや誰も望んではいないことだろうけれども、当時、終わるなら終わるで、“ラスト”と決めたLIVEなり音源を残すなり、そういったことがナンにも出来ずに終わってしまったこと。
そして、これで“ラスト”です、と、誰にも宣言出来ないまま消えちゃったこと。
言ってみれば、“ケジメ”みたいなものが、全くつかないままだった・・・

しかし、こんなのも、もう、今さら、である。
ホントに、誰もそんなこと望んでないのである。

いいのだ。
いいのだよ、そのような過去のお話は。
クサイけどさ、肝心なのは、今と、これから、だ。

あれからボクは、長いこと“聴く側”として過ごすうちに、オリジナルを一切歌わないシンガー達をたくさん知った。
そういう音楽的人生も、アリなのか・・・
そして、そういうシンガーに、実にまた、たくさんのファンがいる、ってのも、ボクには結構なオドロキであった。

昨日書いたような経緯で、コオシ氏に助けて頂き、自分でも洋楽のコピーなんかもやってみて・・・昔を知る方々から見たらまるでトチ狂ったかのようだったろうし、そうじゃなくても下手くそだし・・・が、みっともないながらもしかし、これはこれで、とてもとても勉強になった。
自分はなんでLIVEやってんだ?みたいなこと・・・答えなんてないんだろうけど、そういうことも、色々と感じることが出来た。

で、“♪満月”である。
あの、ボクと、マスPの姿・・・
いまチョッと、アタマのなか、この辺りのことで、イッパイである。

いや、現実はそんなにカッコ良くはない。
仕事だって、家庭だって、ローンだって・・・周りのもの全て、もう、そう簡単には投げ出したり逃げ出したり、そんなこと、出来ないのである。
でも、そんな普通の生活を、投げ出しも逃げ出しもせず全て抱えたままでも、歌える歌はあるし、歌い続けることも出来る・・・あ、今、メッチャ恥ずかしいですけど・・・オジサンはその辺り、ようやくこう、言葉?字面?だけじゃなく、カラダが理解して来ている、そんな3月半ばであります。

ゴメンナサイ、自分の話ばっか・・・
ま、相手になさらず、犬のこと、スガシカオのこと、皆さんコメントありがとう。
日々、感謝感謝。
0315.jpg

アマチュア・ディに出演しませんか?

と、六本木キャヴァン・クラブからのお誘い。
日曜日の昼間に、アマBand何組かが、なんと言うかまあ、憧れのキャヴァン・クラブのステージに、ノルマ無しで立てる、ってな企画である。

忘れていた・・・
確かに、去年の9月頃にはまだ、そんな調子であった。
“そんな”とは・・・
その頃はまだ、こんな風に再び自作の歌を歌う機会を持つなんてことは、全然考えていなかったのだ。
品川の“ぺんじゃっく”というLIVEハウスで、飛び入りで“♪22才の別れ”と、たしか“♪This Boy”を歌ったのがキッカケで、もうチョッと人前で歌ってみるのもアリかな?と思い始めたのが、多分去年の9月頃だったのだろう。
でもその時点ではまだ、再びオリジナル曲を人前で、なんてトコまで考えてなくて、年中ビートルズ系コピーのLIVEに出掛けていた影響もあって・・・
“そう言えば・・・キャヴァン・クラブって、アマチュア・ディとかなんとか、HPで見たような・・・たしか、ノルマも何も負担無しだったような・・・”
と、その企画を思い出し、しかし、独りでビートルズで1ステージなんてのは、どう考えても無謀であり、
“あ!そうだ!コオシさん、ビートルズ好きだったよな、たしか”
と、こんな流れでコオシ氏にお声を掛けた、と、記憶する。
「チョッと、ホワイル・マイ~かなんか、一緒にやってみませんか?」

しかし・・・時は秋から冬へとかかっていく、ビートルズ業界最繁忙期。
10月にはJohnが生まれ、11月にはGeorgeが他界し、12月にはJohnが他界し、年末年始は年忘れ企画&正月休、2月にはGeorgeが生まれ、と、こんな調子で様々なイヴェントが続くため、
「ごめんなさい、春頃まではアマチュア・ディはお休みかも知れません」
と、現キャヴァン・クラブ店長に言われたのであった・・・そうそう、そうだったそうだった。

しかし、そこで素直に春まで待ったりしないのがワタシの性格?
一旦ナンかやろう、と思ってしまったモノを、半年先までじっとしてるってのが、出来なかったんだろうな・・・
「チョッと、ホワイル・マイ~かなんか~~~」
でご承諾頂いていたコオシ氏にとっては、ハナシ、違い過ぎなんだけれども、こっからハナシの方角はガラリと変わっちゃって、10月に入る頃には、
「赤羽あたりでLIVEやりましょう。オリジナルと、フォークと、ビートルズと・・・」
ってなことに、ナンだかそうなってったんだ、そうだったねぇ・・・。

で、そのままの流れで12月の赤羽、3月の六本木と、夢のような楽しい時間を過ごし、で、そんなところにフッと甦った、アマ・ディのお誘い・・・しかし、今の僕には、あんまり意味無いかも・・・

今、というか、次?いや、いつだかわかんないけど、やってみたいLIVE・・・それはまあ、ケジメのようなモノかな???
少なくとも・・・ビートルズのコピーを30分10曲1ステージ、ってのではないな・・・それは、違うな。
チョッと、コレ書くと長そうなんで、また明日にします。
これでも、まだ仕事中だし・・・。
20070314181421.jpg
hanna嬢「長そう、っていうか、いっつも長いわねぇ・・・おろぉ~さん・・・」

え~と、偉そうに書いてますが、ビートルズのコピー(Band)自体を否定する気は毛頭ございません。
っつうか、大好きです。
あ、あと、好きだからって・・・自分に向いてないのは、充分自覚しております。
ついでに・・・そのアマ・ディ、出る出ないの回答期限、明日だそうです。
20070314181619.jpg
hanna嬢「ナンレ早いトコ断らないのかしらぁ~???」

>皆さま

LIVEのご感想、ご意見、どうもありがとうございます。
12月、3月と、色々勉強させて頂きました。
2回やってみて、何となく見えて来たかな?え~と・・・で、まあ、これからもお勉強は続くかも知れません・・・
また機会がありましたら、是非是非お付き合い下さい。
20070314181735.jpg
hanna嬢「げっ!やっぱりナンか企んでるんラワァ~あ゛~やらわぁ~」

爪を剥がすような夢を見た・・・

と、拙作“♪サービストーク”の主人公は歌っているが、この頃僕が見る夢は・・・

前にコメントにも書いたけど、10日はマスP氏とはリハーサル無しのブッツケになりそうだということで、予習とういうか復習というか、直前にチョッと昔のテープを聴いていたら、その夜、アグネス松本と再会する夢を見た。
アグネス松本、元・親指企画のベーシストである。
これまた前から書いている通り、現在、実家のご両親も頭を抱える完全行方不明状態。

さて、六本木でのLIVEの後、そう、その日はマスP氏との9年振りの再会&競演を果たし・・・見た夢は、やはりアグネス松本との再会、であった。
なんだかこの辺り、情け無いほどにリアルというか、そのまんま、である。
それも何故だか、僕とマスPとアグネスの3人が、同じ教室で授業中、ってな夢。
このメンバーでは・・・アグネスは大学を卒業しなかったし、僕は卒業はした筈なのに殆ど授業に出ずに逃げ切ったせいでいつまで経っても“卒業出来ていない夢”にうなされ続けていたし(いや、コレがホントにうなされて叫んで起きる、みたいな繰り返し・・・)、ってな過去があったので、この“授業中”ってのは、それなりに潜在意識の投影としては、“アリ”なのかも知れない。
え~と、マスPは・・・先輩なんで、“同じ教室”ってのはオカシイのか・・・卒業したっけ?どうだったんだろ???

そして・・・昨夜はなんだか、トンデモ無い夢で目が覚めた。
いや、あの・・・

>Dログ一家さま

“♪サイクリング”はね、一見可愛らしい曲調ながらも、当時の生意気なメッセージがね、込められているんですよ。
こうね、
“野良犬を抱きしめる君は、乞食は見て見ぬふりか?”
とかさ、
“毛皮は惨くて、でも今夜の買物は焼肉セットってのは、どうよ?”
とかね。
昔っからもめるんですよ、
「犬は可愛くてゴキブリは“とーちゃん!ホラ!アッチ!ギャー!”ってのは、おかしいよ!ゴキブリは可愛くないのかよ?」
ってなあたりはさ・・・矛盾じゃねえのかよ?ってね。

この屁理屈オトコの主張として、まあ、赤◎界隈でコレを言うと大変な非難GOGO!が予想されるんだけど、
「豚は食えて、犬は食わないってのは?鳥は食べる用と飼う用と、一体何が違うの?」
みたいなのがあって、やはりココはひとつ、いつの日か(近隣の皆さま&かーちゃんにすら内緒で)“犬を食う”ってのも、必要な体験なのかも?なんてことを、チョッと思ってたりしたせいか・・・

昨夜、僕は夢の中で、犬を食った。
“犬鍋”であった。
最後は・・・何故かひと目“黒いプードル”とわかる“まんま”の肉を、食い残して終わった。
何故“プードル”?
そうそう、思い出したのだ・・・ごく最近、近所で友人に出くわし、
「このヒトんちは、プードルがいるんだよ」
と、連れの方を紹介されたりして、それがアタマに残っていたのかも知れない(って、でも、夢じゃあイキナリ食材かよ!)。

当然ながら、あまり気分のイイ夢では無かった。
寝汗をかいていた。
そして・・・僕の傍らで・・・wansuke爺が寝息をたてていた。
20070313173020.jpg
このところ、wansuke爺もhanna嬢もかーちゃんとばかり寝ていて、どちらも僕と添い寝してくれることなんて、滅多に無かったのに・・・

コレは・・・寝てた、というよりも、いてくれた、というべきなのだろう。

そう、どんなになっても僕らを愛してくれている(と、アニマル~の方に答えたらしい)wansuke爺。
“犬を食う”夢を見た罪深き僕を・・・それでもキミは・・・
20070313173131.jpg
wansuke爺「とーちゃんよぉ!夜中にオレ様を無理矢理自分のベッドに連れ去っといて、カッコつけんなよ、バ~カ!」

誰も望まないかしら???

しかしまあ、アレコレやってたら遅くなっちゃったし、切って貼るだけで楽なので(?)セットリストを・・・

1st

一本道(友部正人)
WOMAN(加奈崎芳太郎)
サービストーク
少し休もう
ACROSS THE UNIVERSE(The Beatles)
帰れない二人(井上陽水)
回舞台
長生きしようよ
約束
20070312193458.jpg
hanna嬢「wansukeチャン?あれ、リンゴよねぇ?」
wansuke爺「ヌヌヌッ!リンゴだ!」

続く・・・


休憩TIME[with マスP]

満月
一月
星のあした(シバ)
プカプカ(みなみの不演不唱)(これは・・・西岡恭蔵、というか、ザ・ディランⅡかな・・・)
あだ名暮らし
20070312193634.jpg
wansuke爺「やい!とーちゃん!アレ、喰ってイイのかヨ!?」

更に、続く・・・


2nd

出航(寺尾聰)
西武電車は恋電車
急接近
6号線
WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS(The Beatles)
STAND BY ME(これは・・・John?キング?ヴァージョン的にはJohnです)
サイクリング
バランス
最後のニュース(井上陽水)

20070312193805.jpg
wansuke爺「え?どうなんだ?かーちゃん?まだ歌ってんのかよ?早くリンゴ喰わせろよ!」


そして・・・

BLACKBIRD(The Beatles)
みんないい娘(これもまあ・・・The Beatles?)

以上、
親指企画OTTOS
2007.3.10.六本木Old Friends Barにて。


終了後、オーナーさんから、満員御礼的ひと言、
「よかったです」
に続いて、
「ひと言だけ、ひと言だけ言っておこうかな・・・」
と、主に4つ程お言葉を頂戴した。

1. 高音を出し切った後、安心するのか?次の中音域が怪しい。そこを丁寧に歌うと、グッと良くなる。(ゲゲっ!鋭い!昔から下手なんですよ、オレ、唄・・・)
2. 休憩時間が無さ過ぎ。休憩時間は出演者にとっても、お店にとっても意味がある。今回は事情もあったみたいだけど、チャンと休憩してくれないと、お店はそこで・・・(う~む・・・そこでオーダーを取りたい、と。しかし・・・結構オーダーして下さってたと思うのよね、皆様。歌っててもとにかくチーズ臭かったし・・・っていうか、オーダーしようにも手が足りない感じ?頼んでもなかなか料理が・・・ってまあ、お世話になった身としては、何も言えないが・・・)
3. オリジナル中心は曲調が偏る。有名な曲を入れることで、お客さんも楽しめるし、曲調も変わってメリハリが出る。(う~む・・・半分はコピー・・・でも、確かに誰も知らないコピー多いし、こういうスタイルのLIVEでは、やっぱ大事なんだろうな、有名曲・・・)
4. 前半は気をつけていたみたいだけど、後半から曲名の紹介があったりなかったりで、自分じゃ当たり前だろうけど、聴いてる側はアレじゃぁさ、ね!曲名はチャンと言うように!(ソレは確かにそうなのだ!前回もソレは誰に言われるでもなく反省したのだった・・・舞い上がってたのか、やはり、オレは・・・)

と、“ひと言だけ”は続く・・・

言い訳、事情、体調・・・何も申しません。
本当にシアワセな時間を有難うございました。
懲りずにまたいつか、一緒に遊んでやって下さい。

皆さん!ありがとうございました!

20070311195441
満員御礼!自分のナナメ後方にも客席という初の体験に、頭ん中かなりフワフワ状態でした。赤羽同様、店の求めるコピー曲とのギャップ等々、思うところは色々ありますが…次回、があるとしたら、目標=ブラックバード、笑われずに済むレベルか!?

皆さま!おはようございます!

20070310100417
本日六本木にて、友人知人親類縁者かき集めましての春の宴でございます。昨夜、ハモニカ不調。今朝、分解修理に挑み、見事に壊しました。これから買いに行きます。ofutari、何も知らずにシアワセです。またご迷惑おかけします。オテヤワラカニ。

花粉症なのか???

まあ、そうなのだろうけど・・・
どうも僕の場合、“都会の花粉=目に来る”、“田舎の花粉=鼻に来る”ってな感じがあって、今週なんかはLIVEの関係上ず~っと都会暮らしなので、目はチョッと痒いけど、鼻に来ない分、歌うには支障無いか・・・ナンテ安心していたのである。

来ましたよ、本日から、鼻に。
明日のことを思うと、コレは非常に困るので、かーちゃん愛用のクスリを分けて貰った。
これがまた・・・恐ろしいほど効く。
絶対カラダに悪いな、このクスリ・・・鼻、止まっちゃったもの。
そして・・・恐ろしく眠い・・・

しかし、である。
そのクスリは目にも効くみたいで、今後は目薬も必要なさそうだけど、それまでは目が痒くて辛い時には、当然ながら目薬や洗浄液なんかを使っていた。
しかし・・・どうもコレが僕の場合はノドに来ちゃうみたいで、実はココ数日、ノドの奥が痛む。
明日のためにはコイツもまたヨロシイことではないので、じゃあとりあえずノド飴、といきたいところなのだけれども、僕はこの“ノド飴”ってのが苦手・・・胃が荒れる感じ。

仕方ないのでチョコでも舐めてるか・・・と、そこはしかし、甘いもの喰うよりはこっちかな?ってんで、カカオ99%を購入。
わかってはいても・・・凄い味です、99%は。

親指企画OTTOS(Harada K介&Takamura コオシ)
LIVE in 六本木“Old Friends Bar”
TEL 03-5545-3355
2007.3.10.(土)入場料1,000円
18:30オープン/19:30スタート
http://oldfriendsbar.com/

マイケル・ジャクソン=40万円!
親指企画OTTOS=1,000円!

凄いですね、マイケルを囲む会40万円。
生マイケルに会えて、握手出来て、話せて、ツーショットで写真撮って、で、40万円。
感激しきりのマダム達のコメントは・・・
「ワタシのこと、ステキなジャケットだね、ですってぇ~!」
「これで40万円は安いわぁ!」
だって・・・。
格差社会、か・・・

あ、スミマセン。
忘れるとこでした。
どなたか教えて頂きたいのですが・・・マイケルってのはさ、どう“スター”なワケ?
今は何をしていることによる“スター”なの?
ワイドショーなんかだって、バックに流れるのは“スリラー”か“バッド”でしょ?
良くワカランのですよ、今、ナニモノなのか?
まあね、かつてスターだと今もスター、ってのも、アリなんですけどね、それも。

さて、いざ、3月10日!
070309.jpg
hanna嬢「あ゛~、またうたうのねぇ~、おろぉ~さん・・・」
wansuke爺「・・・・・・zzzzzz・・・・・・」

まあせめて、
「会えて、握手出来て、話せて、ツーショットで写真撮って、これで1,000円なら安い!」
と、そう仰って頂けるよう精進致します。

近づいている・・・

親指企画OTTOS(Harada K介&Takamura コオシ)
LIVE in 六本木“Old Friends Bar”
TEL 03-5545-3355
2007.3.10.(土)入場料1,000円
18:30オープン/19:30スタート
http://oldfriendsbar.com/

スペシャル・ゲスト:マスP(元“親指企画”リード・ギター)

あ、でも・・・マスP氏とは、メールでの連絡が、お互いにこう、数日おきにパラリッ、ハラリッ、って調子なので、このゲスト・コーナー・・・ホントに無事に済むのかは、やや不安・・・でも、楽しみではありますね、僕自身。

ナンだかもう・・・明後日なんですね・・・
2月になって急に決まっただけあって、実にあっという間に明後日になってしまった。
①ビートルズ系・・・少々
②日本のフォーク系・・・少々
③オリジナル・・・全体の半分ぐらいかな?
とまあ、これだけの情報では、何を歌うのかおわかり頂けないかとは思うが、日本のフォーク系と言っても“♪若者たち”とか“♪バラが咲いた”とか“♪白いブランコ”といった穏やかなフォークソング系統ではないし、書いてみてもマニアック過ぎると思うので・・・
ナンか、義姉の人形町cafeセサミ、“もっと上手に宣伝したらイイのに”と、他人事だとそう思うんだけど、自分のことを宣伝するってのは、ムズカシイですね。

ついつい・・・脈絡無く犬写真に移行して誤魔化しがち・・・
20070308184058.jpg
どっちも今朝の最新画像・・・気持ち良くお休みのofutari。
20070308184144.jpg
今日は午後から役所にカンヅメ状態で無料相談会。
3時間で8組の方々と面談。
全く休む間も無く喋りつづけたので、少々グッタリ気味。
ここに書いちゃいたいぐらいの“何じゃそりゃ?”的ご相談もあったけど、突飛過ぎる内容故に、わかるヒトにはわかってしまう恐れがあるので、やめときます。

>Dログ一家さま

遠方からのご来場予告、有難うございます。
お待ちしておりますので、よろしく。
翌日は六本木キャヴァン・クラブでMake Letってのも聴けます!
翌日まで東京、ってコースは・・・無いかな・・・

>とかげさま

犬ネタでほのぼのしている中、唐突なシカオ的コメント、誠に有難うございます。
自分が10年聴き続けたモノを、ご紹介して気に入って頂けた、ってのは、まあ、実に嬉しいことであります。

>H子さま

あの夜の、▽▲年前の貴女のステキなお写真・・・脳裏に焼きついて離れません。

>H子さま

確かに・・・“綺麗な何か”って感じかも。

“コメント見ない派”の方がいるとアレなんで、本編にも、もう一度。
以下、昨日のワハ母のコメントから、姪の詩をそのまま貼り付け。
20070307163540.jpg
わんすけ
            ◎本 りお
        ▽井第■小学校
わんすけはおとなの犬。
おにいちゃんがすき。
いつもおにいちゃんに
ついてくる。
わんすけはおとなしい。
わんすけはわたしの手をなめる。
わんすけはボールがすき。
耳がひらひらしている。
さわりたいな。

LIVEも迫ってることだし、何か新曲が書けたらな、というか、そもそも前回は『LIVE2006』であり、

「ってことは?2007もあんの?」

ぐらいのハナシだったので、“次”のことなど何も考えていなかったのだけれど、2月に入ってパタパタと六本木も決まり、ナンだか不定期ながらたま~に続けて行けるのかも?といった目下の状況からすると、まあ、それこそたま~には新しい曲も生まれたらイイなぁ・・・ナンテ、チョッと思ったりもしていたのだけれども・・・
こういうの読んじゃうと、大人(例えば、僕)の書く“歌詞”なんてのは、どこかしらに“計算”があったりするので、ヤラシイもんだなぁ・・・

脈絡の無さ(=“計算”が無い)、『さわりたいな。』で終わる唐突さ・・・
多分、高学年になると、多少“先生ウケ”みたいなことが読めて来て、チョッと計算まじりの詩を書く子も出て来るんだろうけど、この『わんすけ』は、イイな。
コレにこう、ほのぼのしたメロディつけて・・・って、あ、その考えが既にオトナ。
20070307163655.jpg
親指企画OTTOS(Harada K介&Takamura コオシ)
LIVE in 六本木“Old Friends Bar”
TEL 03-5545-3355
2007.3.10.(土)入場料1,000円
18:30オープン/19:30スタート
http://oldfriendsbar.com/

マニアにしかわかりませんが、クリックしてアップでご覧頂くと、このwansuke爺、チョコッと舌が出てます。
可愛いです。
20070307163752.jpg
ちなみに・・・りおちゃんは・・・hannaが好き、だそうです。

朝一番で床屋へ

9時チョイ過ぎ・・・こんな朝からやってるのかな?と、駅前の床屋を覗くと、既に満席。
“満席?”
そうなのだ。
ココはいわゆるアレです、ビジネスマン向けというのか、椅子が沢山並んでいて、そこに何と言うか“職人”が大勢いて、客が着席するや否や、チャチャっとカットし、素早く1,000円台で済むタイプの床屋。
しかし・・・ココはナンかこう、“落ちぶれ感”みたいなのが漂ってんだよな・・・
“ワタシ、自分の店、潰しました”
みたいな、絶対どっかの街で自分の店(床屋)やってて、でもダメで、諦めて閉めちゃってココに流れて来た、みたいな年季の入ったオヤジが多いんだモノ、“職人”さん達。

“LIVEも近いし、どうしたものか?”
とね、一応はそんなことも思ってはいたのだが、どうせまたスグにボサッとして来ちゃうんだし、第一オレはルックス云々で歌うワケじゃないのであるから、別にいいじゃん!ってことで、いつものようにバッサリとカット。

床「地肌、見えちゃってイイの?」

客も大勢、職人も大勢、っていうこの床屋のシステム上、単純に席空いた順に担当が決まるだけなので毎回職人が替わることになるワケであり、従って毎回毎回同じ確認がなされる。
勿論、僕は迷うことなく、

僕「ハイハイ、地肌見せちゃって下さい」

と答える。

いやぁ~!地肌ですよ、見えますよ、白いですよ、涼しいですよ、でも暖冬なんで寒くはないや・・・とまあ、サッパリ致しました。
20070306125344.jpg
脈絡無く、写真はhanna嬢のアップ特集。

昨夜は独りでスタジオに入った後、昔の曲の“思い出し切れない部分”のカクニンのため、チョッとだけ当時のLIVEのテープを聴いた。
そもそもインデックスには、そのLIVEでの演奏曲目どころか、“◎月▽日(土)ペンギンハウス”とかしか書いてなくて、それが一体199?年なのか?すらわからないようなのが多いんだけど、今はその内何本か、最近かーちゃんが聴いたテープだけは、曲目(或いはソレらしきフレーズ)が書いてあり、ある程度は検索可能。
20070306125429.jpg
う~む・・・
親指企画、結構イイ・・・
マスP(=10日のスペシャルゲスト)のギターもアグネス(=行方不明)のベースもイイ!
歌詞も悪くないし、曲もまあまあだし、アレンジも結構良く出来てる!
残念なのは・・・リードヴォーカル・・・
惜しい。
この唄のヒトさえもうチョッと上手ければ、もうチョッと安定してれば、もっとイケたんじゃないかな、コノ三人組。

その唄のヒト・・・
ああ、アレです、今朝一番で髪切ったとかいう、例のヒトです。
20070306125514.jpg
親指企画OTTOS(Harada K介&Takamura コオシ)
LIVE in 六本木“Old Friends Bar”
TEL 03-5545-3355
2007.3.10.(土)入場料1,000円
18:30オープン/19:30スタート
http://oldfriendsbar.com/
20070306125557.jpg
hanna嬢「やっぱりおろぉ~さんがラメらったのねぇ・・・」

>もりおさま

昨夜はご一緒出来ず、残念。
11日、楽しみですね!
(シャレにならんよ・・・10日、よろしくね!)

分相応

というのだろうか?

昔、親指企画の曲に“♪もう無理はしない”っていうのがあって、今から思えば、その曲を歌っていた頃はまだ20代?だったのだろうから、若年寄的タイトルな気もしないではないが、だがしかし、無理をするよりはしない方が良いのだな、と、シミジミそんなことを感じている。

昨日のコオシ氏とのリハーサル・・・やはり日本語だな、唄は・・・
今回は英語の歌が減り、そのお陰か、どの曲もそれなりに身についているというか、歌詞カード見るような見ないような感じで歌える、言ってしまえばまあ、“無理の無い曲”が多くなった気がする。
リハーサルながら、なんだか“ひと安心”って感じ。

でも・・・この数日が肝心なのだ。
この月~金を、普段通り飲んだくれて過ごすか、気休めでもイイからおさらいして過ごすか・・・誘惑は多いが・・・

ということで、本日も、
「一緒にどう?cafeセサミ!」
なんていう実に有り難いお誘いを、グッと我慢してお断りし、近所のスタジオに個人練習の予約を入れたのであった。

親指企画OTTOS(Harada K介&Takamura コオシ)
LIVE in 六本木“Old Friends Bar”
TEL 03-5545-3355
2007.3.10.(土)入場料1,000円
18:30オープン/19:30スタート
http://oldfriendsbar.com/

意気込みとは無関係に、生ヌルな午後はタマラナク眠たい・・・
20070305164101.jpg
イイナぁ~ウラヤマシイなぁ~と、そんなのどかな一枚。
“♪そんなのどかな日に”なんて自作の曲も歌ってましたね、昔々。

スペシャル・ゲストとして、元祖親指企画リードギターのマスP氏を迎えるにあたり、かーちゃんは昔のLIVEテープを色々聴いているようであった。
僕は・・・色んな曲を、思い出すような、でもハッキリとは思い出せないような・・・
でもまあ、とにかくその、ゲストコーナー、結構楽しく出来るような、そんな予感がします。
20070305164208.jpg
嗚呼しかし、それにしてもウラヤマシイ・・・

え~と・・・ここにチラシを貼るようにと、色々とアドヴァイス頂いておるところなのですが、チョッと研究を要します。
あまり無理をせず、ここはひとつ、家に戻って考えます。

仲が良いのか悪いのか…

20070304142933
“悪い”は無いだろうけれど、こういう1枚は“wansuke爺が先にいてhanna嬢が後から”が鉄則。前にも書いたが、後先が逆だと例え相手がwansukeチャンでもオロォーサンでもオガァーサンでも“ウ゛ゥ~!”っと唸って受け入れないのであった。

裏磐梯にてクロスカントリー!

20070303165514
wansuke爺は休憩&睡眠希望のご様子であったが、hanna嬢は今にも飛び出しそう。でもね…国立公園内は犬は立入禁止。ということで、ofutariはこのまま車内にて留守番。アッ!hannaッ!この直後、我慢ならない彼女はクルマからジャンプ!

渋谷公会堂改め・・・

C.C.Lemonホール・・・ナンでしょう?この気の抜けるネーミングは。
まあしかし、中は思いっ切りキレイになってましたね、渋公。
昨夜は夕方6時から夜の9時まで、このC.C.Lemonホール(面倒だし、どこのことだかワカンナイので、以下=元・渋公)にてお勉強会。
先着2,000名!と言われてたけど、先着も何も、お勉強好きのセンセイの数は・・・ゆったりとフンぞり返りながらのお勉強であった。

しかし、月・火と、日本武道館でスガシカオを堪能したボクからすると、なんとまあ、この元・渋公の小さなことよ!
いや~!かつては結構来てたのになぁ、渋公。
自分にとっての“スター”を見に来ていたハズなんだけど、ナンだかこんな小さな会場だったの?ってくらいだな。
ホントにお客さん入り切れてたの?ってな感じ。
2階の後ろの方からだって、武道館ならアリーナの真ん中あたりの距離感で、講師のセンセイも、チャンと“ニンゲン”として認識出来るし、勿論お顔も良く見える。

渋公も久し振りだったけど、そもそも“渋谷”という街自体、それも“夜の渋谷を歩く”となると、ん~と、何年振りかな?と・・・まあ、単館の映画とか、芝居のために止むを得ず渋谷に来ることはあっても、基本的にキライな街故、目的地に直行直帰ってパターンが多く、渋公方面まで歩くなんてことは、本当に久し振りであった。
最も驚いたのは・・・あの交差点、デカ画面のギラギラ広告はまあ、これは昔からと言えば昔からやっていたけど、今はアレなんですね、トラックを使った広告ってのが“流行”なんですな。
こう、上手く表現出来ないんだけれども、トラックの荷台を全面的に広告化して、内側からの照明で荷台全体をパァ~!と明るくして街をグルグル回る、って言うのかな?
それがまた、あの交差点の1回の信号待ちの間に、何台も何台も(いや、マジで5~6台は行き交ってた!)やって来るんですよ!バーゲン!とかOPEN!とかだけじゃなくて、最も多いのはJポップの新譜の宣伝。
その中でも・・・バカ街のバカ広告、って意味では似合ってはいるんだろうし、買ってくれそうな年齢層が最も集まる街ってことなんだろうけど、交差点から元・渋公まで歩く間にも何台も遭遇したのが、某ayu嬢のBEST盤の広告トラックであった。
ワタクシ、この某ayu嬢、生理的ルックス的歌声話し声的全面的に受付けないのであり、ソイツが何台ものトラックの荷台全面にデカ顔を幾つもノッケてギラギラと行き交うのであるからして、この40代男性1名は、久々にバカ街の人ごみを歩く苛立ちと相まって、
『嗚呼・・・オレはもう、二度と夜の渋谷に遊びに来てはイカンのかもなぁ・・・』
と、シミジミと自らのオジサン度数を上げてしまったのであった。

あ、遊びじゃないのだ、イカンイカン!と思い直し、その渋公改めC.C.Lemonホールへと急いだのでした。

そうそう、帰りにはアレだ、土人の出来損ないみたいなヤングな女性たち、ってのとも大量にスレ違ったし、っま、たまにはイイもんですな、夜の渋谷も。(←ウソ)
20070302120018.jpg
親指企画がまだ渋谷でLIVEをやっていた頃、ってのはどうなんだろ?
wansuke爺はいたのかな?まだかな?ってぐらいの、遠い昔のことでした・・・
20070302120120.jpg
hanna嬢の5人目の家族とは???
本当に“前の飼い主さん”なのか?
アレかな?一時ウチで預かってた“千寿”のこと?
それとも・・・もしかして、血縁説濃厚なこのお方???
20070302120215.jpg
こちら、hanna嬢でもwansuke爺でもございません。
20070302120254.jpg
こんな時でも後ろでシッカリ、
「ナンかクレ!」
って、立ち上がってんのが・・・爺や。
犬が多くて引き気味なのが、hanna嬢。

親指企画OTTOS
LIVE in 六本木“Old Friends Bar”
TEL 03-5545-3355
2007.3.10.(土)入場料1,000円
18:30オープン/19:30スタート
http://oldfriendsbar.com/

その血縁説濃厚な彼女の飼い主様のお力添えにより、試しにチラシを貼ってみますんで、よろしく。
血縁説濃厚な彼女の飼い主様、ありがとうございました。

親指企画OTTOSライブの詳細は
こちらから

(“こちら”から、って?どこよ?)
hanna嬢「あらぁ~?レンレンラメラワぁ~???」
スミマセン・・・家帰って、かーちゃんのPCでやってみますんで・・・

その後・・・どうしても上手く行かず、こ~なったらチラシを携帯で撮って、ソイツをパソコンに送って普段やってる通りに貼るか?なんてアホなことも考えましたが・・・
結局チラシの主役ってことでhanna嬢自らがコメント欄に貼り付けたら、ソッチでは上手く行ったようであります。

“こちら”=コメント、ってことで、皆さまご覧下さい。
|TOP|

プロフィール

とーちゃん              下の方で遠慮がちにRanking参加中

Author:とーちゃん              下の方で遠慮がちにRanking参加中
故・wansuke爺
 「やい!とーちゃん!
  何だよ、コレ!
  こーゆー甘ったるい写真、
  いつまで使う気だよ!」
故・hanna婆
 「ヤット再会デキマシタ…」

[LIVE関連]

9月4日(月)大塚Welcomeback
19時~!ダッキャン参加の3人組!

10月2日(月)大塚Welcomeback
19時~!

盛岡ツアー2017第4弾決定!
10月13日(金)盛岡クロスロード
10月14日(土)盛岡ビートルズ
10月15日(日)おでって盛岡
中津川べりフォークジャンボリー出場!

番外編!?日本語ビートルズ連発!
10月22日(日)ヤァ!ヤァ!ヤァ!'17
六本木ABBEYROADに登場!

11月23日(木・祝)ビートルズ大会
at大塚Welcomeback

毎月第4日曜日朝~昼頃
大田原日曜朝市出演中!
行ける月だけですが・・・

『K介のSongs&Dogs
   ~週末はミュージシャン』
3曲分の動画を毎週月曜日UP!
YouTubeにて続々配信中!

[CD・DVD関連]

親指企画17年振りのスタジオ録音アルバム!
『Songs&Dogs』完成!!!
DSC_0273.jpg
若き日の3人組LIVEのDVD付きです。
CD13曲+DVD16曲入り、カンパ1,000円!
DSC_0281.jpg

月別アーカイブ

寝姿を見ちゃった方々

hanna嬢「おがぁさーん、おろーさんがヘンなことやってるわぁー」

wansuke爺「じゃ、またな!」

hanna嬢「おろーさん、頑張って!」

wansuke 「おい、とーちゃん!このランキング、ちゃんと設定出来てんのかよ?」 とーちゃん 「・・・自信ナイ・・・」

FC2ブログランキング

バカ嫁hanna 「1日1回、ポチッと押してみれくらさいねぇ~」

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索