気まぐれに載せてみました♪

♪ウソ臭い朝に

この世の終わりみたいな 夜が明けると
お前の笑い顔みたいな ウソ臭い朝が
「ねぇアタシ、酔っ払ってただけ」
「ねぇアタシ、酔っ払ってただけ」
お前がそういうなら そういうことにしよう
酔っ払ったお前を抱くのも 気持ちイイもんだったな
「ねぇアタシ、忘れられるかな?」
「ねぇアンタ、忘れられるかな?」
しょうもない唄が 浮かんでは消える
昨夜の俺はまだ 酔い切れないまま
つまらない揉め事まで 憶えてやがる

お前が綺麗だった頃の そういう意味だろ?
昔のオトコの話が ただ したかったんだろうな
「ねぇアンタ、唄ってよ」
「ねぇアンタ、唄ってよ」
唄えと言われりゃ 俺 唄うけどよ
お前と切れた方が いい唄になるかもな
「ねぇアタシを、唄ってよ」
「ねぇアタシを、唄ってよ」
あぁ バカなんだよな
放っておいても お前 イイ女なのにさ
くだらないねだり方で 絡んだりして

言いっ放しでも またこうして 眠っちまってさ
ウソ臭い朝には お前の笑い顔
「ねぇアタシ、似合ってる?」
「ねぇアンタと、似合ってる?」
ほんの少し先の 淋しい予感隠して
二人ってのも これで案外本気で 孤独なもんだよな
「ねぇアタシ、シアワセよ」
「ねぇアタシ、シアワセよ」
終わった筈の夜を 引きずったまま
俺たちどうしてまだ くっついてんだろ?
お前のことなんて また 唄ってさ
200903281407000.jpg
果たしてこのような行為を、どこの誰が喜ぶのか?実に疑わしいのですが、稀に、
某「♪耳ざわりで~ごめんなさい、とかいう唄の、歌詞を希望」
などと、有難いお言葉を頂戴することもあるので、少しずつ載せて行こうかな、なんて・・・
                     200903271332000.jpg
忘れもしない本年3月某日。
とある事情により職業登録抹消となったのに、公然とお仕事を続けておられる某元センセイを訪ね、
「もうセンセイじゃなくなったことですし、とりあえずオモテの看板外しましょうね」
などと、そんなことを伝える超憂鬱な役を仰せつかり・・・
その帰りの電車で最初の1フレーズが浮かんだ、ヒラメキ系の曲です。

イントロも間奏もエンディングも、以前ご一緒したシバさんの、『♪死刑囚の唄』という曲のハープをそのまま拝借。
まあ、“そのまま”と言っても、シバさんみたいには吹けませんが。

以上、お読み頂いた方、申し訳ないっす。
貴方にとって、何の役にも立たない情報ってのも、世の中にはあるのだ、と、そういうことでお許し下さい。

あ、でも、コメント頂けると嬉しいかも・・・あ、でも、厳しいコメントは凹むかも・・・
スポンサーサイト

言葉を全部過去形にして

20090330222419
20090330222409
先週のLIVEで唄った2曲の新曲の内の1曲。

公務員だろうとサラ金業者だろうとヤングだろうとオッサンだろうと、
『丁寧に話そう』
として、やたらと乱発される過去形言葉をヒントにした、でもラブソングなのです。

で?
さらなる進化形の丁寧言葉なの?
ってな調子の言葉遣いが、ガソリンスタンドでお姉ちゃんスタッフが問いかける、
姉「フロントガラスの方、拭いちゃってよろしかったでしょうか?」
なる心優しいひと言。

オレはもう、“よろしかったでしょうか”ぐらいは許している。
しかし、ワカランのが“~しちゃう”“しちゃって”系列だ。

アレは何?
やっぱここ数年で浸透した、ヘンテコ丁寧語?
謙譲語なの?

いや、まだ、お姉ちゃんは許そう。
最初にショックを受けたのは、もう何年か前のこと。
今は閉店しちゃったスタンドのオジサンで、見るからに、
『ムム、このヒトはやるな(クルマに関するチョッとしたトラブルはこのヒトならナンとかしてくれそうだな)』
という気配が濃厚で、僕なんかは密かに“いぶし銀”と呼んでいた男性との会話であった。

俺「そろそろ◎万キロだし、オートマのオイルも見てもらった方がいいですかね?」
銀「えぇ~~~!?◎万キロも走っちゃったんすか!?」

こうして書くとどうってことなさそうだけど、例えて言えば高倉さんとか渡さんとかが、オレに向かって発したお言葉だと、そんな風に想像して頂けたら、と思うのです。
かなりショックでしたね、オレ、健さんファンだし。
俺『走っちゃいけなかったっすか!?』
とも言えないしさ・・・

スミマセン・・・なんか、もうこの手の話題は陳腐なんで、これで最後にします。
曲も書けたしね。

アレはオコジョ?テン?

20090329183856
20090329183850
まだこんなことやってます。

雪原を求めて尾瀬の入り口まで。
あ、高速代1000円は関係無いです、高速で行けない山奥なんで。
単に、しつこいんだな、まだ手軽に“冬”が楽しめる場所が残されているハズだ、と思い立つと、ついつい…

雪原で小動物の足跡を発見。
“野生”を取り戻したかのように、興奮気味に行方を追うと…

まだ生々しい足跡だったから、
『今朝何かが通ったんだな』
とは思ったけれど、足跡の続くその先に、小さな四つ足の動物が!

もう少し知識があれば、ナンて動物か、お伝え出来るんだろうけど…

えぇ、写真も無理です。

撮影出来たのは、謎の小動物が走り去った方に向かい、本能剥き出しで吠えまくるofutariの姿のみ。

昨日だけは会う予定じゃあなかったのだが…

20090328144232
20090328144228
今週は、何故か月曜日~木曜日まで、毎晩赤羽エリック氏と飲んでいた。

そして本日、土曜日。

夕方から、同業の先輩の自宅で開催される、かなり本格的なワイン・パーティーに呼ばれており、そこには赤エリ氏も同席するらしいので、何だかんだと今週5度目の遭遇ってことになる予定…だった。

昨日の真っ昼間、オレは、
『今週は何だか毎日バタバタしてて、髪切りたくても床屋も行けねェなァ』
などと思いながら、街中を早足で職場に戻るところであった。

オレが日頃愛用してる床屋は駅前にあり、15分ぐらいで一気にカット⇒シャンプー⇒ヒゲ剃りまでやってくれて1300円という格安店。
(難点は、スピード勝負故か完了後は首まわりや衣服の中がチクチク痒いのと、ヒゲがあんまし剃れて無いってぐらいか)

で、昨日の話ね。

足早なオレの視界に、赤エリ氏が!
何やら大通りの歩道につっ立ってるだけに見える。

俺「よぉ、どうしたの?」
赤「あ、床屋に来たんですけど、混んでて」
俺「あァ、ココね?」
赤「えぇ、1000円の」

そう、そこはオレの愛用店より更に安い、1000円の床屋の店先であった。
しかし、コッチは更なるコストダウンのためか、カットのみに専念する方針のようで、シャンプーもヒゲも構わず、切った髪はバキュームで吸い取っておしまい!で、どうにもこうにも“床屋に行ってきた感”が無さ過ぎて、オレは1回試してやめてしまった店なのであった。

俺「1000円の方なんだ?」
赤「えぇ」
俺「オレは1300円なんだ、いつも」
赤「あァ、アッチっすか」

翌日(=本日)の、同業の先輩方が集まる激レア・ワイン試飲パーティーに向け、
『ワインのことはさっぱりワカランけど、せめて髪ぐらいはさっぱりと』
と、お互い考えてることは同じようなことなんだろうけど…

にしても、1000円とか1300円とか、でもってそれだけでどこの床屋かわかり合えちゃったりして…コレが平日の昼間に30代と40代のセンセイが地元の路上で交わす会話かね…!?

あん?
私ですか?
勿論、本日午前中に済ませましたよ、1300円コースでね、たった15分で別人に。
バリカン使った超短髪っす。

ズバリ、寒いっす。

LIVEも講師も終えて

そのどちらもが、僕なのだなぁ、と。

一昨日のセットリストです。

1st(親指企画)

♪風
♪夕暮れ(曲:アグネス松本)
♪サービストーク
♪想(SOU)
♪Aの季節
♪お気に入り
♪道連れ
♪約束
♪全部泣いてる(曲:マスP)
♪美しいひと

2nd(小松さんソロ)

3rd(親指企画)

ソロ3曲
♪愛について(スガシカオ)
♪言葉を全部過去形にして(新)
♪ウソ臭い朝に(新)

赤エリ氏登場
♪なごり雪(かぐや姫)
♪22才の別れ(かぐや姫・風)
♪虫唾(詞・曲:赤羽エリック+補作詞・補作曲:原田K介)
♪バランス
♪SAY YES(チャゲ&飛鳥)

ソロ3曲
♪回舞台
♪愛について(友部正人)

4th(小松さんソロ)

200903270852002.jpg
練習していた曲から1曲削り2曲削りして、で、直前にアタマに浮かんで来て一気に書いた新曲なんかもあって、更に何曲か削って・・・ってな調子でしたが、新曲やチャレンジ曲が意外にしっくり来てた感じも。
新曲に関しては、数日前のアマチュアBandブッキングLIVEで、
『オレの曲も悪くないかも!?』
みたいなヘンな自信つけてなかったら、人前でやれてなかったかも知れないワケで、そういうのもまた“運”というのかな!?
初めて唄った友部さんの曲も、カレコレ20年以上聴いてるワケだから、その分自分自身しっくり来てるんだろうし。

と、いうことで、今回も本当に本当に有難うございました。
ご来場頂いた方々からは、毎回毎回色々と嬉しいお言葉を頂戴し、ひたすら感激致しておる次第です。

僕の知らないとこで、小松さんが赤エリ氏に、
親「H田さん、ハープ(ハモニカ)上手くなりましたねぇ」
なんて言ってくれてたそうで、ソレも感激。
去年、CD付教則本買ったかいがあった、ってモンです。

お店の音が素晴らしいためか(!?)小松親分のノリも良く、ステージも普段の(赤羽より)かなり充実していたように感じました。

赤羽のような“22時半終了縛り”も無いので、計4ステージのLIVE終了時には23時近くなってしまい、その後のセッションタイムがあまり無くなってしまったので、セッションというか、ステージに上がることを目指してご来場頂いたお客様にはチト申し訳なかったかも、ですが・・・

一気にお客様がいなくなり、結局出演者3名とマスターで話し込んだのですが、何となく・・・コレは本当に“何となく”だけれども、初めて親分とブッキングさせて頂いた頃は、
“普段来てくれてるお客さん(=オレ)の趣味にお付き合い”
って雰囲気もあったのが(いや、無かったかも知れないが、2人で話しているとそんな感じもあったのです・・・)、今回は、“対等な関係”みたいな目線で接して頂いてる気がしました・・・気のせいか?“何となく”かな?
              200903270852001.jpg
そして、昨夜は講師。

“講師”と言っても、何かを教えるスタイルではなく、DVDを活用しながら僕が要所要所を仕切って進行するスタイルで、テーマとしては『人に優しい相談員を目指して』みたいな内容。

実は僕は、既に同じ内容の研修を別のところで修了していて、その体験を元にしての“講師”抜擢なのであります。

受講者のセンセイ方には、数名のグループに分かれて貰い、グループごとに色々と話し合って頂く時間もあるのだけれど、クライマックスは・・・
そのグループ内で、“相談に来た人”の役と“相談員の先生”の役を決め、実際に擬似相談をして貰い、その他のメンバーはソレを観察して、後で、
『果たして研修の成果が上がって人に優しい相談が出来ていたのか否か』
といった感想を述べ合う、って時間。

僕はこの、大学の“ゼミ”みたいな集まりの全体の進行役なので、アッチのグループ、コッチのグループに顔を出しては、偉そうに見て回るワケなのだけれども・・・

アリャ、アッチのグループの“相談員”役は、赤エリ氏が選ばれたのか。
ムム、架空の擬似相談とは言え、“相談に来た人”役のセンセイは、赤エリ先生に対し、なかなかにスルドイ相談を投げかけている様子ではないか。
う~む、充実しそうでなによりであるな、アッチのグループは。

と、偉そうに目を細めて、コッチのグループの指導へと向かう俺。
う~む、コッチはナンだか、本気でややこしい相談始めちゃって、“擬似”なんだからさ、イイんだよ、そこまで複雑な相談じゃなくてもね・・・

と、そこからフト、赤エリ氏所属のアッチのグループに目をやると・・・
えっ???ナニナニ???赤エリ氏???

(続きはとても書けませんので、昨夜の話は以上です)

皆さまありがとうございました。

20090326173841
20090326173832
余韻にひたる時間も無く、私はこれから講師なのです。

今週は日中出掛けてる日が多く…ここまで何の準備も無しに、人前に立って良いものだろうか?ってくらい、マズイ状況です。

事前情報では、年配の大先輩の同業者も複数名お見えになるのだとか…

ということですんで、昨夜のお礼はまたあらためて、明日にでも。

大丈夫か!?赤エリ氏!?

20090325173725
20090325173719
昨夜も赤エリ氏を含むメンバーで飲んだ。

赤エリ氏とは、今日も当然ながら一緒だろうし、明日も仕事絡みの研修会(俺=講師、赤=受講者)で一緒だから、ナンだか友達みたいだ。
しかし、実際は友達ではないので、例えば僕はヤツの家は知らない。
正確には、前まで行ったことはあるが、中は見たことが無いので、どのような部屋なのかは全く知らない。

さてところで、月曜日の“まこと”さん、アソコは相変わらず焼酎が濃い。
俺「昨日(=月曜日)、酔っ払わなかった?」
赤「酔っ払いました。風呂入ろうと思ったんすけど…」
俺「え?危なくない!?あんだけ飲んだ後で」
赤「危なかったです、入らずに寝ちゃって、気付いたら部屋モクモクで」
俺「ん?モクモク?入ったまま寝たんじゃなくて?」
赤「入るつもりでわかしたまま寝ちゃって、沸騰しちゃって」
俺「は?沸騰って?温度設定とかしないの?」
赤「無いんです、旧式のだから。何度かやってるから、フタなんか、もうポコポコになってんすよ」

だそうです。

昨夜も結構飲んだけど、果たして本日無事に現れるのだろうか…

あ、本日は我が有能な事務員も半強制出席です。
パワハラ!?

スベるイチロ○氏

私はクルマで移動していたのです。
いよいよサムライのインタビューが始まった。

イ「いや~っ!気持ち良かったですね。イッちゃいそうでした・・・スンマセン」

カーナビTVから流れる、世界のイ△ローの下ネタ。
しかし、全世界的に黙殺ムード。
反応したのはオレだけだったのか?
200903211356001.jpg
さて、明日です。

明日25日(水)
板橋フォーク酒場『少年時代』
親分&親指企画LIVE

昨夜のリハーサルでは、赤羽エリック氏に“フォーク的ギタープレイ”を心掛けるよう指導。

これまでしばらく一緒にやって来たけど、昨夜ようやく気付きました。
あのヒトのストロークとかアルペジオとか(=いずれもギター奏法の種類)、基本的にヘンです。
まあ、
『ヘンです』
じゃあアレなんで、
『不思議です』
にしとくか。
                     200903211412000.jpg
でも、不思議なりに頑張ってますんで、皆さま是非お越し下さい。

あ、昨夜の恐ろしいほどのアレルギー=鼻づまりは、一夜明けて解消。

原因は、多分・・・花粉とか黄砂とかじゃなくて・・・エアコンだな、きっと。
昨夜は赤エリ氏を初めて“まこと”さんにお連れしたのだけれど、どうもアソコの暖房直撃席が良くなかったみたいで、飲んでる内に次第に鼻が完全封鎖されてしまったのであった。

まあ、鼻づまりは解消したので、おいといて・・・

久々の“まこと”さんは、やはり旨かった。
僕の行動範囲では、やはり最高峰だと思う。
その分、ほんの少し財布がアレだけども。
と言っても、“下町の料亭”だからね、そんなに掛かるワケじゃないけどさ。
そもそも、普段僕が行く店って、一人千数百円とかで飲める店だったりするから、比較してみてもどうにもなら無いのだが・・・しかし、だ・・・

赤「安いですね」

驚いたことに、赤エリ氏はそう言い放ったのだ。

赤「(別の)バンドの飲み会とかだと、必ず5,000円は使っちゃうんで・・・」
俺「まあね、今どき、飲んじゃうと、チェーン店だって使うもんな、ソレぐらい」
赤「ええ・・・で・・・ついつい電車乗り損ねちゃうと・・・漫喫とかネットカフェみたいなとこで・・・」
俺「へっ!?そんなことしてんの!?」
赤「ええ・・・アレ、凹みます、マジで」

う~む・・・そんなことしてんなら、安いわな、“まこと”さんの方が。

地獄…

20090323231003
20090323230958
赤羽エリック氏とのリハーサル。
そこまでは順調。

その後急速にして謎のアレルギー悪化。

今現在、思考力皆無。

眠いのに眠れないかも、ぐらいの辛さ。

帰って来たのはバカ親父のみ、の図。

20090322132010
20090322132005
さて、昨日のアマチュアバンドブッキングLIVEである。

知り合いチームに関しては、
『もうチョビっと自信アリ風にしてくれると、聴いてる方も安心して聴けて更にイイかもなァ』
と…コレは自分にも言えることなのであり、でもしかし、ソレにはやはり、練習するしかないのだわな、と。

次。
激しいオジサンバンドであった。
う~む…自分に欠けてるのは…このヴォーカル氏のような自己陶酔力(!?)かも知んない。
欠けててイイけどさ、別に。

バンドは上手い。
あ、残念、ヴォーカル氏、グラサン外さない方が…
(スンマセン、見たヒト以外、誰にもワカラン話題で…)

自作曲ばかりのようで、その意味では参考に。
『うーん…オレの曲も悪くないな』
とかね、結局“オレ”なのね、考えてんのは。
…ナルシストか、つまりは。

ココで、一緒に聴いていたお姉さん達の一部が退散。
こういう脈絡の無いブッキング形式の宿命だからね、お目当てのバンド以外にも付き合い続ける客は少ないワケでね…

オレはもう少し粘って…うわァ!
女子2名男子2名の高校生制服バンドが登場。
コスプレ!?
いや、この感じはホンモノだな、現役。
こういう若いコなんかのがさ、意外とイイもん持っててさ、オジサン、刺激されちゃうかも。
さぁ!
ドンと来い!女子高生!

と、見た目いかにもダメっぽいんだけど、それでも奇跡を信じようと粘りを見せてしまうオッサン。

1曲目は、メンバー紹介を盛り込みつつ、
「もっと前来て!前!前!」
と客を煽る系の自作曲(推定)。
う~む…オジサンのことはそっとしといてね。

にしても、だな、ヴォーカルのお嬢さん(パーな駄々っ子か?君は?)を筆頭に、全体的にリズム感悪し。

ココで周囲の大人の方々全員退散?
え?
「もう1曲ぐらい聴かない?」
と、オレ。
一発目が自作ってことはさ、このバカっぽい駄々っ子系オリジナルが続くかも?ってことなワケでさ、そういうの聴くとさ、また思えるじゃん、
『うーん…オレの曲も悪くないな』
とかさ…

と、ささやかな抵抗を試みたのだが、駄々っ子バンドとの比較でもって、
『コレよりイイから良し!』
なんつってもナンの自信にもならないんだわね、うん、帰るべ。

深夜、先日ピックアップを装着したばかりの高級ギターを抱えて練習スタジオへ。

そこには…

少し自作曲への自信を深め、んで、少し自己陶酔気味に練習に励む“オレ様”の姿があったとさ!?

朝から実家の畑でササッと収穫

20090321173504
20090321173459
その後、一気に職場である。

LIVEも含め、この一週間は色々ある気配なので、休みの日にやれるような細かい事務仕事などは、この際今日勝負してしまおうではないか!
ってな立派な話でもなくて、要するにオレは仕事が遅いのではないか!?と、思うのですね。

有能な事務員あってのオレ、だな、と。

なので、後はやはり、週明けに有能な事務員にお任せするってことで、本日は閉店。

時々僕らのLIVEに来てくれている、その方々のLIVEがあるらしいので、これからお出掛けなのです。

他の出演バンドについては予備知識無し。
こういう得体の知れないブッキングLIVEってのも、予想外の刺激になったりして、なかなかに楽しみだったりします。

爺「つまんねぇな、なァ、ハンナ」

20090320204348
20090320204345
20090320204343
20090320204337
嬢「(ハッ!)オローサンに見られてるわよ、ワンスケちゃん!」
ってな感じでしょうか。

朝から雨ってのも絶望的だし、その後は強風…本来は春スキーの為にあるような連休は、初日からガックリなムード。

えー、話題は昨日の夕方に戻りまして…
ここ一週間ほど楽器屋に預けてた我が高級ギター、

来週25日(水)
板橋フォーク酒場『少年時代』
親分&親指企画LIVE

に向け、ピックアップを装着してご帰還!
ギター担当のF君により、店の奥から慎重に運ばれて来る我が高級ギター。
恒例というか儀式というか、私が最も苦手とする、店内でアンプを通して試奏せざるを得ない場面に。

ま、そこはテキトーにね、以前と違って、今や店内誰も知る筈の無い曲のレパートリーは多いからね、オレ…

程なく上司もやって来て、我がギターを凝視。
俺「あ…コレはね…」
1分も弾かずに喋って誤魔化そうとする俺。
俺「あの…百瀬さんのチームによるカスタムみたいでね…」
上「え"ーっ!うわッ!え"ーっ!いや、キ、キレイっすねェ…うわァ…百瀬さんですかァ…やっぱ仕事、違いますよね、百瀬さん…いや、しかし、コレは…」
俺「あ、いやね、ソレをね、まあ3★万ぐらいらしいんだけどね、ソレを僕は1☆万円ぐらいで譲ってもらったんで…」
何をどう言い訳してるつもりなんだか…

その後はその上司氏により、
上「はァー!この~~~は~~~っすね。あァ、コレは~~~で作ってて!」
と、僕には半分ぐらいしかワカラン解説が続いたのでありました。

あ、百瀬さんはですね、
『ヘッドウェイ 百瀬』
ってな感じで検索して頂くと必ずヒットする、超有名なギター職人さんでして、引退するとかしたとか言われている伝説のお方です。

だからどう、ってことじゃなく、ギター負け(!?)しないように練習あるのみ!
なんだけど…25日当日、私は塩原温泉方面への日帰り出張が決定。

親分には、
俺「申し訳ないんスけど、“そん時”は、先に何かやってて下さい…」
とお願いしてはありますが…

赤エリ氏に、
俺「つないどいてね」
ナンつっても、5分ともたなそうだし…

♪ブラックバード、♪ア・デイ・イン・ザ・ライフ、♪ティアーズ・イン・ヘブン、♪帰れない二人、♪夜空ノムコウ

20090319233831
昨夜、小松親分の弾き語りを聴きに行ったら、かつて自分がチャレンジしたような曲が次々と登場し、ややアセった。

いずれも完コピとはまた違った、ラフな親分流アレンジだけど、どの曲も“ひと声”で聴く者を親分の世界に連れてくとこは実に“さすが!”であり、同じ日に同じ曲のバッティングなんてのだけは、避けねばならんと強く感じたのであった。

それにしても…あの人のポールは絶品だなァ…“浜松のジョン”なのに。

一部、黒光り“しない”茶色い財布に

20090318170036
またも修理だ。

黒光りだけなら“味わい”とも言えるが、とにかくもう、革自体の劣化が進行しているので、アッチを直してもまたコッチが破れ、みたいなことになって来ている。

以前書いたように、使い慣れた財布への愛着もあるけど、ま、半分は修理屋の翁さまへの興味、って感じになりつつあるな。

今回は、本体との縫い目が破けてしまっていた小銭入れの受けの部分?ガマ口?そこの革が新品化して帰還。
俺「今度はいくら?」
翁「ん?800円!」
過去最高額の修理費用。
っつっても安い!

俺「こん次はどこかなァ…ねェ?」
翁「ま、今度はコッチの革、取っ替えちまえばさ」

う~む…
コッチ=黒光りしてる本体、を指しているようだ。

確かに、直しに出す度に翁さまが見つくろった目新しい革をあてがった箇所が増えてる気もする。
気もするが、しかし、だ。
ソレはもはや、翁さまプロデュースの、全く別の財布に生まれ変わるってことじゃん!?
ナンだか凄いことになって来てるのだが、その“本体全取っ替え翁さまプロデュース財布”ってのは、一体おいくら!?

TVCM

                     200903171430001.jpg
花粉症のクスリのCMで、“漢方”で“眠くならない”ってのが流れていた。
名前も似てたから、多分、先日田舎の精神科医で貰った“覚醒(する)剤”の、効き目の弱いヤツ、ってことかな?
そこらの市販のクスリだからね、医者で処方するのに比べると、基本的にあんまし効かないことになってるからなぁ・・・
あ、僕は今のところその“覚醒(する)剤”には手を付けてませんね、普通のアレルギー用の錠剤だけで、ナンとかなってるので。

さて、昨夜は久し振りに赤羽エリック氏とリハーサル。

あのオトコも花粉症なのだが、何故か頑なに医者には行かず、市販の対症療法的ヤツで誤魔化そうとしているようで、
赤「目が痒いっすね」
とかナンとか、ず~っと言っていた。
同じ空間にいて、僕の方はまるで平気。
だからよぉ、目の痒みを抑えるとか、鼻に効くとかじゃなくて、医者でチャンとアレルギー抑えるのを貰って来た方が楽なのにねぇ・・・実は安いし。

赤エリ氏、チャゲの修行は積んで来たらしいのだが・・・
       200903171430000.jpg
3月25日(水)
板橋フォーク酒場『少年時代』
親分&親指企画LIVE

“フォーク酒場”だし、僕としては、久々に“かぐや姫”とか“風”の世界も、と思っているのだけれど、試しに一緒にやってみようとすると、赤エリ氏がその辺りの楽曲を全く知らないという事実に愕然とする。
『♪22才の別れ』も『♪なごり雪』も、基本的に“曲”自体を殆ど知らんのであった。
そうなるとしかし、コッチは初めてギターを手にした30数年前から今日まで、これらの楽曲を全然知らないギタリストってのと一緒にやったことが無いので、かなり戸惑うワケです。
しかもあのオトコはだな、ギター入門時からエレキ&ブリティッシュ・ロック派であるからして、ロックBandでギンギンのリードは弾けても、フォーク系用語で言うところの“スリーフィンガー奏法”というモノが全く出来ないのであるよ。
コレには参った、っていうよりも、笑った。

LIVE、来週です。
今、スリーフィンガー特訓中です。

マイブーム

20090316234858
こないだ『淡麗Wは美味いかも!?』みたいに書いたけど…

写真は今極私的に流行ってるビール系飲料。

プレミアムビール好きのオヤジっていう自慢話ではなくてですね、これらの各種ヱビス(ノーマル&琥珀&シルク)及びギネスはいずれも独自の破格ルート仕入れでして…で、そうやって破格プレミアムを飲んじゃうとですね、やっぱ弱いわな、旨味成分を加えて旨く感じさせるのと、そもそもが美味い贅沢ビール!ってのでは。

今シーズン二度目のチャレンジ!

20090315113206
20090315113204
20090315113154
昨日は朝から天気が悪かったので、このところ毎週続いていたクロカンを諦めて、この冬二度目のデザートバイキングに挑むことにした。

冬場の集客イヴェントなので、今月一杯でおしまいだしね。

いつものように朝食は抜いて、スタートの11時を待って会場(=近所のパン屋兼レストラン)に向かい、いざ勝負!

デザートバイキング(ドリンク付き)のみだと1600円のところ、1000円前後の食事モノとセットだとプラス1000円でOK=計約2000円と、大変お買得。
それよりも…
実はニンゲン、甘いモノばかりそうそう食い続けられるものではないのであり、こうしてサラダパスタやチーズフォンデュなどとあわせて頂く方が、ケーキ類もすすむのであります!

が…『あります!』と力んではみたものの、こんくらいで限界かなァ…
正直、オジサンが頑張って闘うようなモンでもないしね、デザートバイキングって…

良く見て頂くと、ケーキをお代わりする度に撮った、全ての写真に入ってるのが、表面のカラメルを焦がしてあるプリン。
こいつは毎年お馴染みの定番メニューであり、個人的にはコレを食いに来てると言ってもイイお気に入り。

というか、そろそろこのプリンだけ食えばイイ気もするなァ、来シーズンは、バイキング卒業かも…

「面白いクスリがあるんだけど」

20090314160440
20090314160434
医者はそう言って、イタズラっぽく笑った。

先代は、『本日も休診』という、ユーモアと人情とお色気を交えたシリーズ物の著作で知られる名医(所謂“迷医”?)であり、その著作の舞台となった山奥の診療所を継いだ息子=今、目の前で怪しげな笑みを浮かべているこの医者、である。

僕にとっては“田舎の主治医”的な感じのその医者の、本当の専門は精神科。

だから、だろうか。
実はこの診療所には『セラピー犬養成中です。苦手な方はお申し出下さい』なんて貼り紙がしてあり、実際問題先生は、今朝も通りの向こうの自宅から犬連れでやって来たし、診察室に入っても足元に大型犬が鎮座してたり、そこらをチャラチャラとチビ犬が駆け回ったりしていて、最初はかなり面食らうのだが、しかし、ソレはソレである種の“癒し”的ムードの不思議な診療所になっているのは。

が、オレは今のところ精神科のお世話にはなっておらず、別の用事で立ち寄ったついでに花粉症の薬を出してもらおうと思っていたら、このような会話が始まったのだ。

医「普通、花粉症の薬は眠くなるでしょ?」
俺「あァ、なので僕は3日に1錠とかしか飲んでないなァ」
医「うん、まあ、ソレはじゃあ、もう少し眠気も効き目も穏やかなのを出すとして、もうひとつ、面白い漢方薬をね」
俺「おォ、漢方…」
医「コレはね、眠くならなくて、逆に“カァッ!”とね、冴えて来るのね、“覚醒”だね、成分的にもある種“覚醒剤”の“覚醒”だからね」
俺「へッ!?カクセイ…!?」
医「うん。まぁ、数時間しかもたないけど、直ぐに効くから頓服だな、辛い時に頓服薬的に飲むと、こう、“スキッ!”とか“カァッ!”とかいう感じで、鼻も目も“覚醒”する“クスリ”だから、まぁ、辛い時用に持って歩くだけでもさ。ヒドイ時は二ついっぺんに飲んでイイからね、効くよォ」
俺「はぁ…(“覚醒”する“剤”かァ…)」

ということで、念のために持ち歩くだけにしては結構な量の“覚醒(する)剤”を入手したので、興味ある方はどうぞ(!?)。

しかしナンだ、もしもの時はアレかね、N☆Kニュース風に言うと、
N「警察の発表によりますと、容疑者は『“覚醒(する)剤”は六本木のライヴハウスで知り合った、亀田父風の怪しげなサングラスをした大柄の男から入手した。男からは<自分は法律の仕事をしているから大丈夫だ。この“覚醒(する)剤”も当然合法的な、漢方のクスリだ>と聞かされて手渡された。』と供述しており、警察は、その亀田父風の男の足取りを追うと同時に、事件の全容解明に全力をあげる方針だということです」
ってなことになるのだろうか!?

ところで…

精神科医であるが故に、我が医者は患者の様々な症状を、投薬のみに頼らず、精神的な面から改善させようと、毎回ユニークなアドバイスをくれる。
実は僕は、加齢とともに血圧が若干高めになりつつあるのだけれども…

医「まぁ、普通の医者なら、そろそろクスリ出してるよな、うん」
俺「そろそろクスリ?血圧の?」
医「うーん…でもまだ平気だよ。それより、リラックスだな、リラックス。ハグだよハグ!」
俺「あァ、ハグねェ…って、やっぱ女性?」
医「そう!あぁ、イイなぁ…って、呼吸を整えてね」
俺「…(女性をハグしてリラックスして呼吸整えるの!?)でも…ソレにはハグ用の女性を見つけないとさァ…」
医「だよなァ!欲しいよ、オレも!ハグ用女性!」
俺「あ…いや…あの…(コレって所謂“精神科医によるカウンセリング”ってヤツ!?)」
医「まぁね、欲しいけどさ、そういう女性見つかったら見つかったで、今度はまた別の問題が生じるからなァ」
俺「そうだよねェ、別のストレスがねェ…」
医「だから犬だね!俺なんか犬をこうして抱いて寝てるとさァ!あぁ、イイなぁ…って」
俺「そうそう!犬!(…と言いつつ、昨夜は無理矢理hanna嬢と寝ようとして、彼女にかなりのストレスが…っつうか、ナンだ、とりあえず投薬が必要になる前段階として、いかに気持ちをリラックスさせて生活するか、って話だったよな?おねぇちゃん云々って話じゃなかっただろよ!?)」

実際はもう一歩ワイ談めいた会話が、セラピー犬のうろつく診察室内に流れるのでありました。

ああ、ハイハイ、わかってますよ!

ええ、似合いませんね、僕には。
何と言うか、おねぇちゃんっぽいものね、桜はともかくとして、全体的にね。

しかし、咲いてしまったというニュースを見てしまったので、いつまでも流氷ってワケにもいかず・・・

この桜、我がブログをご覧頂く度に、4パターンに変化するというスグレモノなのです。
200902181513001.jpg
はてさて・・・

昨夜の講師役をナンとか無事に終えた私であったが、今月は実にもう一度、今度は同業者を前に、
『相談員として、人に優しい相談が出来るようになるための研修』
という、コレまたどうにもオレには似合ってない内容の勉強会の進行役を仰せつかっているのでした。
              200903051433000.jpg
自営業であるから『忙しいのは良いこと』なのだが、しかし、どうもチョッと違う気もします・・・

今日の私はとても良い人なのです。

数日前になって、この事実に気付いた時のショックったら・・・

まあ、そんな大袈裟なことではないのだが、本日、僕は午後から某無料相談の当番だったのです。
しかし・・・
200903051433002.jpg
僕はそのことを気にも留めず、夕方からの講師を引き受けていたのであります。

ってことで、午後からさっきまで無料相談。
でもって、今から講師です。
なんか、営利を追求しない素晴らしいセンセイみたいではないか!
              200903051433001.jpg
いや、あの、追求したいです、多少。
一応自営業なので・・・

と、少しオトボケで文章書いてますが、全て綿密な計画に基づく行動であり、留守中の業務については“有能な事務員”に“スルドイ業務指示書”などを残して出歩いているのだ!・・・かな?

仕事上の勉強会や研修会

20090311224556
20090311224552
これまで、どれほどの数の講義を聞いたことだろうか。
正直、講義中に寝ちゃったこともあるし、
『つまんねぇな』
と、無礼にも途中退席したことも、一度や二度ではない。

しかし…
いざ自分が人前に出る番、それも前夜となると、
『何をどの程度話せば良いか?』
『想定外の質問が出たらどうしよう』
と、一旦完成したハズのレジュメを練り直したりして…つんまんなかろうとナンだろうと、きっとこれまで聞いて来たどの講師も、直前まで色々考えていたりするモノなのだろうな、としみじみ実感する。

が、まあね、去年やらせて頂いた集まりからの再度のお誘い(=もしかして意外と好評!?)だしね、結局オレはオレだからな、ってことで、考えるってのやめて、飲んで寝るのです。

高級ギター入院へ…

20090310235618
色々悩んだのだが、今使っている、簡単に着脱出来るピックアップではなく、ちゃんとしたのを装備することを決断。

それなりに細かい手術が必要ゆえに、自力でやるのはハイリスクなので、明日から一週間ほど入院することに。

ということで、今宵は入院前のスタジオ練習。
果たしてどのような音が出るようになって退院して来るのかなァ…?

あ…画像はまだ公開しないのであります。
ってほど見た目の変わったギターでもないけどね。

ビール三昧なのだ!

20090309192314
“飲む”方ではない。

まともな買い物よりも、通販やネットオークションの方が安い、ってな現象は多々あるが、ビールも同じである。
安売りの酒屋で買うより、ネットの方が更に安い。

が、送料やらナンやらの兼ね合いから、最終的に1本単価に直した安さで勝利するためには、どうしてもまとめ買いってことになる。
ええ、24本の箱を3つまとめて!とかですね。

が、そんな、一人で72本も同じ種類のビールを飲み終わるまで、ず~っとソレだけなんて…ま、無理ですわ、色々飲みたくなりますよ、そりゃあ。

あ、先が読める!?

そうですね、その“色々”をですね、
『1本単価にすると安いから』
って理由でですね、つい…
現金で買わないってのは恐ろしいもので、気付けば各種ビール24本入りの箱が2箱ずつやら3箱ずつやら、の山になりつつありますなァ…ヤベ…

いくら『1本単価にすると安い』ったって、大丈夫かね、このムチャ買いは!?

いや…それよりショックだったのは…週末立ち寄った田舎のスーパー…こんなまとめ買いしなくても、更に安いでやんの…

イイ歳して、若干凹んでます。

でもって、まだ1本も飲んでないのね、在庫先に飲むからね…何やってんだか…

今週は講師なのです。

20090308185432
木曜日だし、まだ先だからな…と、なるべく考えないようにしていたのだが、さすがにホントに何も考えずに臨むワケにもいかないので、今朝は、
「う~む」
と唸ってレジュメを作成。

先日は男子高校生相手だったが、今回は社会〓祉士さんの集まりなので、何をどう準備しても、なかなかこちらの想定通りには行かない気も…

事前に頂いた質問事項などは、当然ながら、
「わかりません」
とは言えないしねェ…
いや、ソレはまあ何とかするとしても、やっぱ当日の質問タイムだよな、う~む…。
あんまし難しいのは巧みに話題をそらしたりしつつやり過ごす、とかね、こっちのペースにもってかないとな…って、ダメだわな、こんなんじゃあ…

新曲を書いたりしている。

20090307184536
20090307184533
20090307184531
20090307184529
20090307184527
20090307184525
20090307184522
20090307184520
20090307184515
難産である。
しかし、
『コレはコレで良いのではないか!?』
と思い始めてもいる。

昨夜、日頃は別々のビートルズ・バンドでそれぞれの“役”を担当している方々が4人集まって、各人のオリジナル曲を歌うというライヴに出掛けた。

ある意味“アマチュア”のオリジナル曲をあんなにまとめて一度に聴く機会なんて、そう多くはないので、非常に刺激になった。

四人四様、そのまんま。

『あぁ、作りかけのオレの唄も、アレはアレで良いのではないか』

勝手な話ではあるが、ナンだかず~っとそんなことを考えながら過ごしたのであった。

さて、一夜明け…てか、新宿でのライヴ鑑賞から、深夜に田舎に移動して、で、一夜明けての本日。

朝、雪歩きセットを積んで走り出したはイイが、行き先を決めていなかった…右手は吹雪で山が霞んでおり、左手の方がいくらか明るい。

左手…福島県の羽鳥湖高原方面に決める。
毎年冬に歩きに行っている『ブリティッシュ・ヒルズ』という、謎の“山奥英国空間”があり、ココがお手軽クロカンに最適なのだ…ん???
入口にペット禁止の看板!
毎年恒例だったのにィ…マナーの悪い飼い主が多かったのだろうか…禁止かよォ…

ということで、気を取り直して近くのスキー場を目指すことに。
近くにスキー場は二つ。
そもそもは歩くつもりで出て来たので、
『ガンガン滑るぜ!』
みたいな気分にはならないため、割と大きめで有名な方を避け、リフト1本しかないひなびた方のスキー場を選択。

ゲレンデが見えて来る…が、人の気配が皆無。
『廃業か!?』
とも思ったりしたが、リフトは停止してないみたいだから、やってはいるようだ。
駐車場にクルマは20台ほど…お昼時の到着であったから、土曜日のこの時間でクルマ20台ってのは寂しい。

“天栄(村名)の壁”と名付けられた急斜面も、逆サイドのなだらかな斜面も、無人に近い。
では?と覗いた食堂も殆ど無人。
大半の客はゲレンデ下方のソリ広場みたいなとこで遊んでるらしく、リフトもガラガラであった。

しかし、ココの“壁”は斜度38度。
とても突っ込んでく勇気は無いのであり、初級・中級コースを3本滑って、本日は終了。
何しろアイスバーンがひどくて、斜度は緩やかでも全く安心出来ず、3本で充分グッタリなのだ。

それにしても無人。
ゲレンデで他人を抜くとか抜かれるとか、全く無し、であった。

後は近場の温泉に立ち寄るのみ。
それにしても…ひなびた集落の味わい深い温泉宿でしたなァ。

日帰り入浴だけだと、イマイチ全体像がつかめないのが残念。

さて今週末のお天気は!?

20090306184923
20090306184920
20090306184914
このところ、『平日=雨、週末=快晴!』みたいなのが続いていて、山歩き派としては非常にラッキー。

写真は先週載せた沼原高原の別バージョン。
毎週こんな感じなので、実は平日日中もかなり赤ら顔でして…

こないだも、同業者から指摘されてしまいましたね、無料相談会の会場で。
同「センセイ、日焼け?」
俺「えぇ、まあ(あ!内心思ってやがんな!?オビャマ政権~みたいな!?)」

で!?今週末のお天気は!?

町屋モツ焼『小林』

20090305224609
実はかなりの有名店らしい。

昨夜、無料相談会の後に、センセイ5名で立ち寄った老舗。
後からネットで確認したのだが、やはり仕切っていたのは先代から引き継いだ“若夫婦”らしく、店は先代の頃から地元民に愛されて来た様子。

赤羽“米山”や十条“斎藤酒場”と同様に、変色したお品書の価格部分だけにキレイな紙が貼られてたりする場合は、
『最近値上げしたのだな』
という推定が働くワケだが、この“小林”もやはり…と言ってもまあ、モツ焼5本で450円。
モツ煮は串5本で400円。
安い。

そして、最大の特徴は“つけ麺”と“ラーメン”があること。
正直、野菜好きの僕には途中から頼むモノが無いくらいにメニューの種類は少ない、何と言うか、ある種モツ類に特化した感のある店にあって、この麺類2品は目をひく。

実はコレはコレでかなり有名な“名物”らしく…まあ、酔っ払いの〆のひと品が用意されている、と、そういうことなんだろうな。

しかし、だ。
我が一行最年少のセンセイが、いきなりの大チョンボ!
初期段階のオーダーで、
「おばちゃん!オバチャン!〇◆三つね!」

凍ったね、オレは。
そりゃあ若センセイからしたら“オバチャン”だろうけどよォ、この下町の老舗モツ焼の世界じゃあさ、“若夫婦”なんだからよォ…

振り向く若奥様の、こわばった表情…

結局、最初から最後まで、不思議な緊張感が漂う我々と若奥様。

ったくよォ、基本は、
「お姐さん!」
でしょうが!
なっとらんよ、若センセイ!

プリン体カット飲料の時代なのか!?

まだ一種類しか飲んでいないのだけれど、どうやらこのところ、各社連続して新登場しているのだな、“プリン体カット”の発泡系飲料。

そもそもは『いかにビールっぽい味か?』を競っていた発泡酒&第3のビール界。

思えば最初は不味かったよ、確かにね、発泡酒も、第3も。

しかし、そこは各メーカー必死でアレコレと開発。
やがて味は向上して来たのだけれども、“第3”が頑張れば頑張るほど、本来のビールや、その代替品ながらも“第3”より割高な発泡酒ってのが、ナンだか高級感出ちゃって売れなくなっちゃうという、メーカーにとっては悩ましい状況が続いていると聞く。

と、解説者みたいなこと書いてますが、僕はナンだか、もうイイ大人だし、
『やっぱビールが飲みたいな、うん、ホンモノの』
ってな感じで、実はあまり知らなかったのです、最近の擬似系飲料は。
200903041426000.jpg
そんなある日、フト僕の目にとまった、プリン体99%カットの発泡酒“淡麗ダブル”。
これがしかし、『発泡酒か本物ビールか』ってな比較を超えて、不思議な香りと旨みがあって、なかなか面白かった。
ワイン成分を含ませてあるようなのだが、コレがその要因らしく、本当に絶妙な香りと旨み、だと(ご意見色々あるでしょうが、僕は)感じた。

あえて申し上げれば、プレミアム・ビール系とでも言いましょうか。
まあ、ソレを強引に“ワイン成分”で上乗せしちゃう、ってとこが、単に僕特有の(!?)“バッタ好き”の性格を刺激している、ってだけなのかも知れないけど。

昨夜なんか、
『ああ、“淡麗ダブル”飲みてぇな、でも、サブイし、雪だし、買いに行くの面倒臭ぇな、イイか、冷蔵庫にある(抽選で当った超プレミアム・ビール)“至福のエビス”、アレもまあ、香りも旨みもあるからな』
みたいな、“どっちが本家なんだか?”みたいなことで、しばらく悩んでたりしてね、飲み始めるまで。
              200903041426001.jpg
ん?
ああ、肝心の“プリン体99%カット”のことは、完全にどっか行ってるのね、スッカリ。

玄関マットを探しております!

コレは実は“奇跡のマット”なのでありまして、我が家に保護犬hanna嬢がやって来るはるか昔から使っていた、犬柄のモノなのです。
しかし!
hanna嬢が来て見ると、アラ不思議!
その玄関マットに描かれた白と茶色の二色の犬は、hanna嬢そのものではありませんか!!!
              200903011239000.jpg
ってなことに気付いてしまうと、その後が大変でして・・・

実はその時点で既に、そのマットは相当古びていたのだけれど、どうにもこうにも捨てられないんだなぁ、犬飼い一家って、そういうとこあるでしょ?
あまりにも似てる→捨てられない→あ、いや、捨てるなら同じものが欲しい!みたいな?

しかしコレが、そういう時に限って、マット裏面をくまなく見ても、品番もなにも無くて同じものの新品ってのが探し様が無いんだな、う~む・・・

いや、この時代だからね、一応探しましたよ、ネットでも。
でも、“柄から探す”ってのは、かなり無理な話なんだな、ええ。

どなたか同じの持ってる方or知ってる方、中古でも買います!是非譲って下さい!

なんてね、親バカ日記でした。

あ、宣伝宣伝!

3月25日(水)
板橋フォーク酒場『少年時代』
親分&親指企画

買ったばかりのギターで練習中。
ナンだか、当たり前に弾き易く、当たり前にイイ音が出ることが、次第に当たり前になってる自分に気付いたりしてます・・・

オビャマ政権…

20090302223810
今年の流行語にならないかなァ、“オビャマ政権”。
一年、長いからなァ…

オレ的にはブームなんだが。

我が家では、
『酩酊=オビャマ政権』
みたいな使われ方ですな、僕がN川前大臣状態の時にね。

え~、今ね、半分くらい“オビャマ政権”化してるなァ、僕ァ。

あ~、この、
『オビャマ政権』
意味わからない方は、ちゃんとニュース見るように!

誤解の無いように…と前置きしつつ申し上げておくが、私は嫌いじゃなかったッス、前大臣。
大臣だったり議員だったりって意味では許せ無いけど、人間の人間臭いとこ、ああいう感じで出ちゃうのがなァ…
人間だもの…
|TOP|

プロフィール

とーちゃん              下の方で遠慮がちにRanking参加中

Author:とーちゃん              下の方で遠慮がちにRanking参加中
故・wansuke爺
 「やい!とーちゃん!
  何だよ、コレ!
  こーゆー甘ったるい写真、
  いつまで使う気だよ!」
故・hanna婆
 「ヤット再会デキマシタ…」

[LIVE関連]

10月22日(日)ヤァ!ヤァ!ヤァ!
六本木ABBEYROAD
※イベント中止となりました…。

11月7日(火)大塚Welcomeback
19時~!ダッキャン参加の3人組!

盛岡ツアー2017第5弾決定!
11月17日(金)盛岡ビートルズ
11月19日(日)盛岡クロスロード

11月23日(木・祝)ビートルズ大会
at大塚Welcomeback

毎月第4日曜日朝~昼頃
大田原日曜朝市出演中!
行ける月だけですが・・・

『K介のSongs&Dogs
   ~週末はミュージシャン』
3曲分の動画を毎週月曜日UP!
YouTubeにて続々配信中!

[CD・DVD関連]

親指企画17年振りのスタジオ録音アルバム!
『Songs&Dogs』完成!!!
DSC_0273.jpg
若き日の3人組LIVEのDVD付きです。
CD13曲+DVD16曲入り、カンパ1,000円!
DSC_0281.jpg

月別アーカイブ

寝姿を見ちゃった方々

hanna嬢「おがぁさーん、おろーさんがヘンなことやってるわぁー」

wansuke爺「じゃ、またな!」

hanna嬢「おろーさん、頑張って!」

wansuke 「おい、とーちゃん!このランキング、ちゃんと設定出来てんのかよ?」 とーちゃん 「・・・自信ナイ・・・」

FC2ブログランキング

バカ嫁hanna 「1日1回、ポチッと押してみれくらさいねぇ~」

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索