“虫刺され”

この天気で、予定していた来客の内、ひと組が延期に。
少し時間が出来たので、他に“湿布”“冷湿布”などでも検索してみた。

昨夜はナンだか患部がドンドン悪化し、“左腰やや後方部”だった腫れているエリアが、次第に“前面Vゾーン左上部”に迫って来てしまい、
『このまま腫れが“アノ”先端部分にまで及んだらどうなってしまうのか!?』
というような不安もよぎったのだが、夜中にも面倒臭がらずに取っ替え取っ替え新たな保冷剤を腰に当てながら寝たので、一夜明けて症状はいくらかマシに。
       200908250838000.jpg
で、昼間ネットで調べてみると、虫に刺された後の症状には主に2パターンあるみたいで、
A:蚊のように30分後ぐらいにピークが来て、1~2時間後には症状が緩和
B:24~48時間後にピークが来て、数日で緩和
ってのにわかれるらしく、なるほど今回の自分のは、明らかにBタイプ。

いや、言われてみればそんなの体験的には知ってる筈のことでもあるし、しかもまだ治って無いのだし・・・でも、この、ハッキリと“ワカル”ってだけで、かなり安心。
更に読んで行くと、“保冷剤や冷湿布で冷やす”のも“正解”と“ワカル”のであり、実に落ち着いてくる。

つまむと物凄い“熱さ”と“厚み”を感じていた“左腰やや後方部”も、まだ多少“熱さ”は感じるものの、腫れ上がった“厚み”は緩和して来ているのであり、まあ、ナンとか今回も無事に完治の方向へ・・・と、信じたい。
              200908250838001.jpg
ついでに勉強になったのだけど、いわゆる“温湿布”と“冷湿布”って、良く、
「最初は冷やして、後は温めて」
とか言われているけれど、実は『冷たく“感じる”ようになっているヤツ』と『温かく“感じる”ようになっているヤツ』程度の違いしかないモノも多く、従って慢性的な肩こりなんかに貼るのには、基本的には『自分が気持ちイイ方』で良いんだって。
知ってました???
スポンサーサイト

画像はとても載せられません…

20090830164329
20090830164323
8月はナンだかムシにやられた月であった。

お盆休みの時期には右尻に謎の腫れモノが三つ連なり、自分では良く見えないものの、触ったり座ったりすると、尻の肉が厚く(&熱く)なっているのがわかる、見事な腫れっぷり。

推定すると、
『その日行った露天風呂で何かのムシに食われたのかなァ』
ってことなんだろうけど、とにかく三連で腫れてる様は、ある意味お見事!?

まぁ、そいつは数日で消えて行ったから、
『ブヨとかアブとか?かなァ?』
ぐらいで騒ぎは収まった。

で、昨日だ。
夕方の犬の散歩で、腕に何かがとまった。
直ぐに気付いて払ったので被害は最小限…とは言え、腕にはプチッと、そう、蚊とは明らかに異なる“血の穴”が。
『大事にならなきゃイイなァ…』
と、早めに石鹸で洗い、キンカンを。
と、左腰に違和感が。
咄嗟に押さえると、何やら見慣れぬムシが、押されて死んでいた。

痒みが出始めたのは、夜になってから。
どうやら腕の方はナンとも無い様だが、左腰はダメだ。
真っ赤に腫れてしまっている。

今朝になり、腰は完全に“何故か左半身が太ってる人”状態に。
痒みもあるけど、触ると熱く、腰から発熱中だ。

今?
丁度ひと月前の爺や同様、患部を冷やしてるとこなので、“何故か左腰に保冷剤を貼りつけてる人”と化しております。

頑張れ!赤エリ!

20090829223114
20090829223110
本日は、女性多めの宴会に参加。

参加メンバーに、ここ最近のLIVEに連続してご出席頂いている方がおられまして、彼女によると、赤エリ氏は、こう、腑甲斐ないけど見捨てられない、みたいな存在なのだとか。

ああやって、どこか少し頼りない感じっつうのも、捨て置け無い気分にさせるものなのか…

参考にしたくても、俺はあんな風には出来ないしなァ…

金ちゃんと、“夢”の打合せ

昨夜、浅草某店でお会いしたついでに、9月14日のLIVEのことを軽く打合せた。

金子さんの弾き語りコーナーについては、ワン・ステージ分の曲数をキッチリ用意しておられる様子で、非常に楽しみである。
金「赤羽さんはやらないんですか?弾き語りステージ?」
との強気のご発言も。

『3人でやるステージで、金ちゃんが何を歌うか』
ってなことも、一応決めた。
まあ、時間的制約もあるので、あまりムリはしないことになったのですが…
              200908261414000.jpg
K「いずれ…ホントにいずれで良いのだけれど、お互いに“詞だけ”とか“曲だけ”とかを渡し合って、相手に曲付けてもらったり詞を書いてもらったり、そういうの、出来たら面白いよなぁ」
金「はぁ…そうですねぇ…」

あまりピンと来て無い様子であったが、いつか実現したら、ホントに面白いだろうなと思う。
僕が今でも唄っている“♪全部泣いてる”はマスP作曲だし、“♪夕暮れ”はアグネス松本作曲(もっと沢山あるのだけれど、とても復元不能なのもあるのです…)。
どちらも“詞だけ”をポンッと渡して、しばらくしたら想像もしてなかった曲が付いて帰って来た、という記憶がある。
そう、いくら“詞だけ”渡していると言っても、書いてる途中でどこかしらのワン・フレーズぐらいは、鼻歌程度であっても何かしらのメロディらしきモノは浮かびつつ、ってなことも多いのであり、ソイツが自分の思いつくメロディの丸っきりの範囲外、って曲になって帰って来るのは、やはり楽しいものだ。
       200908250839002.jpg
そんな日が…来るとイイよなぁ…と、書きかけの詞を眺めながら思うのであります。
ん?ナンで赤羽エリック氏に渡さないのか!???
う~む…

有力説=“ガス”説

ウンコがたまってる説、ってのも有力↓
              200908270748000.jpg
ソレだけならまあ、問題無いけどね。
いや?あるのかな?モンダイは?

一方、爺やの方はコレ↓で問題無し、とされています。
       200908270748001.jpg
どっちかと言うとwansuke爺の方がお腹が丸いんだけど、コレでも体重的にはかなり痩せ気味。
“出てる”というより“たるんでる”ってとこかな。

ひと月ほど前には随分とお騒がせしましたが、今は完全復調。
              200908271238001.jpg
僕の食事中、デザートの梨を狙ってひたすら張り込みを続ける、の図。

下方に写っちゃってるのは私の裸足でございまして、この距離で見つめられながらメシを食うってのは、なかなか大変でございます。
と言ってもまぁ、15年間こうなんだけどね。

ナンだか8月も最終コーナー、もう直ぐ9月、爺やは間もなく生誕15年を迎えようとしております。

お腹ポッコリ疑惑

コレがしかし、爺やではなくhanna嬢なのであり、その分ナゾなのです。
              200908261428000.jpg
実はこのところ、
「見た感じナンだかお腹膨らんでる?そうでもない!?」
みたいな印象があったのだけど、どうもやはり、“印象”では済まない気配も。
“単に太ってる”、ってのがベストだなぁ、要因としては。
解決も簡単だしね。

そうそう、Chrosawaさんのブログに、またもTHE BEATLESのゲームの宣伝の追加映像の紹介が。
もう、こうなって来ると、僕なんかは、
『ゲームはイイから全曲の全映像だけひたすら見せて頂けないものか?』
と、そう思うワケです。
いや、全世界的にもそういうヒトは多い気がしますが…
       200908261432000.jpg
話題は脈絡無く展開するのですが…

さあ、ついに練習です。
前回8月2日以来、最近愛用の格安高級ギターのケースを開けないまま過ごしてしまい、ナンだか少し恐い気持ちすらありますね、こんなに弾かなかったこと無かったからね、“ヤツ”がウチに来てからは。
とりあえずは個人練習再開。
『あぁ、こんな曲も好きだったっけなぁ…』
みたいなのを中心に弾き語ろうと思います。

9月14日(月)赤羽ウッディ
親指企画&弾き語り数本LIVE!
数本って…2本?いや、赤エリ氏も?

そもそもは赤羽ウッディも休憩時間は飛入りOKの店なので、今回からはフォーク酒場並みに“飛入り歓迎!”モードで行こうと思います。
皆様、是非遊びに来て下さい!
あ、勿論本編は気合入れてやりますよ、いつもの通りです!

芸能界の薬物汚染に詳しい方

なんていう呼ばれ方で、電話のコメントやら生出演やらし始めたヒトがいて、コレがしかし、一番の実績みたいにしてアナウンサーから紹介されるのが、
「ポール・マッカートニー逮捕の際に~~~」
ってエピソード。
果たしてワイドショー見てる方々に、どんだけ通じてるのかな?Paul逮捕劇云々って。

お陰で僕は昨日から、当時のPaul(を連れたその人)がクルマから降りる姿をっての、何度も何度も映像で見ることが出来て、ナンだか少し得したような気分であった。
Paul、若いです。
当時は…Paul38歳?まだ37歳かな?80年の1月だったと思うから。
当時の僕は中学生。
まだ、THE BEATLESにしたってそんなに熱心なファンではなかったけど、同級生なんかは本気で残念がってた(ってことは、チケット買ってたのかな?彼は?)のをボンヤリ思い出す。

しかしこの、“昔Paul事件で活躍したヒト”に、強引にノリPだのオシオだのの事件について語らせるものだから、ご本人もナンだか、
『参ったなぁ…』
みたいな感じで、コメントにキレが無いのが可笑しい。
まぁねぇ、コレを全部ひっくるめて“芸能界の薬物汚染”でくくろうってのが、ムリなんだろうにねぇ。
       200908210809001.jpg
さて、LIVEです!
ホントはしばらく休んで、9月末あたりで、と思っていたのだけれど、
『たまには赤羽かなぁ…(でも正直、音がなぁ…)』
などと迷いつつ店長に電話したら、9月末はお店との日程が合わず、更に金ちゃんや赤羽エリック氏との、つまりは僕(とお店)を含めた4者の都合となると、なかなか上手くまとまらなくて、二転三転の末、どんどん繰り上がって決定したのでした。

9月14日(月)
赤羽ウッディ
19:30スタートです!

今回のテーマは“弾き語り”。
金子さんはエレキしか持ってないのに、練習してるらしいです、弾き語り。
ソレがまた、“フライングV”という超カッチョイイ形のらしいので、思い切ってソレで弾き語るってのも面白いかも???
                     200908210810001.jpg
しかしナンです、普通は買いませんよ、フライングV。
今はRingo役でイイ人キャラを装ってるけど、やっぱ昔の金ちゃんって、マスPが言うように、やや暴れん坊っつうかチョイ悪いっつうか、ヤンチャ系だったのかもねぇ???

お役所仕事???

随分前に、“登記申請のオンライン化”について書いたことがある。
書いたのは確か…登記申請って、“登記申請書+添付書類各種”を法務局に提出するってのが基本なんだけど、
『これら全てをオンラインで』
っていう法◎省の当初の目標が全く達成出来ないため、この内の“登記申請書”にあたる情報のみをオンラインで送信して、その後に“添付書類各種”は法務局に持参(または郵送)するという“半ライン”ってのが考案された、っていう、やや間抜けな話題であった。
(だって…ソレって全然オンラインじゃないのだもの…)
       200908241429000.jpg
似て非なる手続きに、公証役場での“電子定款のオンライン認証”ってのがある。
こいつも本来は登記申請と同じく“Eジャパン構想”から生まれたと記憶するが、この“電子定款”の方には税法の隙間を上手く活用した不思議な免税システムが付いて来る。
従来は会社の基本ルールを定めた“定款”っていう“文書”には4万円の収入印紙(高額の領収書とかに貼る、アレです)を貼らねばならなかったのだが、“電子定款”はペーパーとしての“文書”ではないからその4万円の収入印紙は不要、ってことになっているのある。
さすがに4万円は大きいし、依頼者側もその辺はネットで調べて依頼して来る人も多いワケであるから、こちらはオンラインの登記申請と違ってまたたく間に普及し、少なくとも専門家である僕らの事務所では、大概のセンセイがその設備を備えている。
              200908241429001.jpg
で、某日。
依頼者から必要書類に印鑑を貰い(オンラインだって印鑑は必要なのですよ、コレが…)、事務所に戻ってその“定款”に“電子署名”を施して、法務省にアクセスしてオンラインで定款の認証を嘱託。
と書くと、カッコ良いね、ナンだか。
まぁ、ココまではしかし、本業であるからして、至ってスムーズ。

カッコ良いとは言い切れないのはココからである。

オンラインで“定款”を送信したセンセイに、公証役場から電話。
役「無事に受信しております。取りに来て下さい」
この電話を待って、結局のところ、従来通り行くワケなのですよ、公証役場にね。
午前中に送信したその“定款”に、公証人がアレコレ電磁的処理を施し、そいつをプリントアウトしたモノを受け取りに…と言うと凄そうにも読めるけど、結局受取るのは、さっき俺が送信したヤツに公証人さんのひと言が添えられた“紙”の“定款”。
素直な感想として、
『何のためのオンライン…???』
という疑問が浮かぶ。
しかも、その某日は担当した方の事務処理能力に問題があったのか、呼び出されて向かった役場で、ナンと待つこと50分!
さすがに、
「う~~~む…」
と唸ってしまいましたね、僕は。
オンラインで送信した文書をプリントアウトしたものを受取るのに50分も待つ、ってさぁ…
昼前に“電子署名を施して、法務省にアクセスしてオンラインで定款の認証を嘱託”した颯爽とした感じ、な~んてのは見事に吹っ飛び、ナンだかグッタリしながら公証役場を後にしたのでありました。

政権代わったら、変わるかね、こういうのも?
                     200908241429002.jpg
>ブティックテクノさま

いつもありがとうございます。
写真は頂いた水着系の服を着て、エアコン直下で涼む、の図です。
が、正確には、そこにとーちゃんが帰宅するも、100%無視し続ける、の図かな?
昼メシに帰って、で、こんだけひと回り撮影してても、完全無視です。
僕の存在って…???

夏の学校最終日!

20090823101712
7月19日(日)(=連休ど真ん中)、8月15日(土)、16日(日)(=全国的夏休み期間)と、恐らく我が業界の研修会史上(無いか!?そんな“史”は!?)最悪の日程だった4日間缶詰めのお勉強も本日が最終日!

これまで通り僕(と赤羽エリック氏)が睡魔と格闘しているであろう午後の時間帯、今日は我がマンションに大人の男女数名を集めて“ラトルズ”と“おかしなおかしな石器人”の2本立てのDVD鑑賞会が行われる予定。

どう考えてもそっち(=鑑賞会)の方が楽しそうだけどなァ…

ま、その後の囲炉裏(居酒屋“居呂利”さんではありません)宴会を目指し、いざ90分×3コマ耐久の世界へ!

って、実際体験してみりゃわかるけどさ、辛いぜェ、ホントに。

ブルーベリーを購入。

20090822194738
20090822194733
と言っても、“実”の話ではない。

田舎の街道沿いにある園芸の店に、
『ブルーベリー』
と書かれた看板が出ていて、前々から気になってはいたのだけれど、なかなか立ち寄るタイミングが無いまま過ごしていた。

今日も、
「この時間だしなァ…」
と、少し躊躇したのだが、コレを逃すと秋やら冬やらになって行ってしまいそうだったので、
「エイヤッ」
と寄ってみることに。

『小さな鉢で380円~次のシーズンには沢山食えそうなのが数千円』
ってな価格の幅にもやや驚いたが、それより何より、
『“ブルーベリー”と名のつくモノって、こんなに品種があんの!?』
ってのには、正直ビックリ!

何の予備知識も無しに寄ってしまったので、品種説明の小さな写真を頼りに、あとは、
『今現在の有り様が真っ直ぐでしっかりしてそうなヤツ』
ぐらいの基準で、380円を4鉢と、唯一名前を知っていた(確かナンとか言う有効成分が多いとかナンとか…)“ワイルドブルーベリー980円”を1鉢購入。

はてさて、来シーズン、どんなブルーベリー生活が待っているのでありましょうか?

それでも君は!?

昨夜、某会場での無料相談会を終え、あれこれ片付け作業中の僕に向かって、会計係の赤羽エリック氏が、かなり強引に、
赤「あのぉ、H田さん、コレ…」
と、その夜の交通費をくれようとするので、
俺「君はアレかね?僕が今、手一杯の状況で作業中なのを見ていて、それでも自分の用事(会計係からの交通費支給)を先に済ませようとするのかね?強引に?ナンとしても?死ぬほど大事かね?ソレ(交通費)を渡すのが?」
と、からかってしまった。
まあ、ソレは明らかにジョークであり、お互い笑って済まされる話なのだけれども、その前日に全く同じような場面を、だがしかしあまり笑えないような状況で経験したことを思い出した。
200908201432000.jpg
それはセルフ式ガソリンスタンドでのこと。
利用したことの無い方には馴染みの薄い話題かも知れないが、ここ数年のガソリンの高騰&安売り合戦の末、都会も田舎もそこらの既存の小規模なスタンドは殆ど消え去り、新しく出来るスタンドの大半は大規模なセルフ式である。
確かに安いし、慣れれば給油そのものは難しい作業では無いので、その点はあまり気にならなくなるのだが、困るのが各店マチマチの機械操作&支払方法。
『プリペイド・カードを使うだけで1ℓ◎円引き』
とか、
『3万円以上チャージするとソレを使い切るまで◆円引き』
とか、そういうカード式が殆どなのだが、
『給油前に前回利用時のレシートのバーコードを読ませると更に▲円引き』
とかいうところもあれば、
『給油を終えたら出て来るレシートみたいなの持って、別の機械に行ってソイツを読ませて現金投入しろ』
だの、
『給油終わったら建物の中まで入って行って自分の入れた機械の番号を告げてレジで現金で支払い、次回からの■円引きの券を貰う』
だの、とにかくもう、全セルフ式に共通しているのはメインの“給油作業”だけであり、クルマを止めてからのタッチパネル操作や、給油後の支払方法は、十店十色状態。
従って、初めて立ち寄るセルフ式の場合、どの店でも給油作業自体に不安は無いけれども、
『果たしてこのスタンドは、どのような“シキタリ”になっておるのか?』
という、ある種の緊張感ってのがあるワケですな、コッチには。
(そうそう、山形方面で一度経験したのは、看板に、
『カード会員様は△円引き』
って書いてあって、入ってみたら全ての機械のところにその“会員カード”なるモノが置いてあって、
『ご自由にお使い下さい』
なんつって、そのカード翳すと割引になるって方式で、コレにはさすがに笑った)。
       200908211419000.jpg
で、俺はその某セルフ式スタンドに、初めて立ち寄ったのだね、その日。
アタマの中は、基本的に、
『果たしてこのスタンドは、どのような“シキタリ”になっておるのか?』
ってな思考で一杯になった状態で運転席から出る。
でもって、タッチパネルの前に立つ。
そこにはある意味“想像通り”の、
『コッチの理解力を試してんじゃねぇのか!?』
的に難解な、初めて見る様式の説明がアレコレ表示されている。

店「お客様!当店では只今~~~~~!」
と、バカは言った。
そのバカは、いつの間にか俺の横に立ち、チラシだかパンフだかを渡すために話し掛けて来ている様子。
ソレはあからさまにマニュアル通りの営業トークであり、
『とにかく、客が来たら話しかけて、自分とこのキャンペーンに参加させろ!』
という社命に忠実なだけの、完全バカヤロ的な態度であった。
俺「あのね…僕ね…これからこの説明書きを瞬時に読んで、でもってタッチパネルをスムーズに操作して、それでようやく給油作業に入れて、っていうね…とっても大事な場面なのよね」
店「あ、いや、当店では~~~~~!!!」
俺「あのね…これからアレコレ操作して、で、いよいよ自分でガソリン入れます、ってヒトにね、どうしても聞かせなきゃいけないの?俺、聞かなきゃダメ?今はね、とにかくこの、タッチパネルをね…」
店「あ、えと、当店では~~~~~!!!」
と、バカ会話が続く…

赤エリ氏にそのスタンドの話をしたら、
赤「なるほど、ソレは僕もキレますね」
だって。
わかってんのかね、ホントに。

昨夜はその後、焼トンの“◇山”に向かった。
向かったのだが、路地に入ったところで、21時を回ってまだ、店の前に“トグロ”状態で客が待ってるが見えてしまったので、近所の“ちゅう助”に変更。

“ちゅう助”の客の間では、
「“米▽”は人気が出てしまい、初めての客ばかりに占拠されてしまっていて、昔からの常連が入れない状態が続いている。大将も“やばい”とは感じてるらしく、どうもあまり客が増えないように、今はわざと客に無愛想にして、二度と来たくなくなるように仕向けてるらしい」
なんつうウワサがある、なんて話を聞かされて、ナンだか笑ってしまった。
アノ店の無愛想は、昔からなのだけどなぁ…
              200908210811000.jpg
店主のちゅう助氏から、
助「ありがとうございます!お知り合いの方、ご紹介頂いて」
と、言われ、やや困惑。
「どこか美味しい店ないの?」
と聞かれて、確かにココをお教えした記憶はあるのだが、
『うわぁ、来ちゃったのか、ココに』
ってのが、本音であった。
やはりこの店は…不味いワケじゃないのだが、何かチョッと違ったかもな、他人に紹介するには、とかね。
おねぇちゃん系の店ばかりのビルにあるだけに、どうにもガラが悪いというか、やんちゃな感じなのかもな、客層が。
夜中に飲めるって意味では便利なんだけど、大人が落ち着いて過ごす、って感じじゃないかもなぁ…
                     200908210810000.jpg
っと、写真はですね、頂いた水着素材の着衣姿ばかり載せていたら、“更なる着替え用に”という意味でしょう、別の柄で追加で作成して下さったという、ウツクシイ新作水着でございます。
“着てると涼しい”という効果があるのか、全く嫌がらず、且つ、“掻きたいとこが掻けないので肌が荒れない”という効果は間違い無く出てまして、飼い主にも本犬達にも大変好評で、ホントに毎日着用してます。
いつもありがとうございます。

チープな贅沢

昨夜は、田舎避暑暮らし中の一家を連れ戻しにクルマを走らせ、勢い、途中のスーパーでネタを仕入れてバーベキューなどやってしまった。
ネタは、
“カンパチのカマ”半額処分品75円
“岩魚2尾パック”半額処分品225円
“殻付きホタテ(大)”150円×2ケ
“ミニかぼちゃ”98円
“さつま芋”98円
これらに自家製バナナピーマンなどが加わる。

仕入は恐ろしくチープだが、“平日なのに”って状況も相まって、気分だけはゴージャス。
ビールが美味い。
我が家の場合、都会のマンション内にも囲炉裏があったするのであり、
『ああ、だからウチは炭火焼肉店とか、海鮮炭火焼とかいった店には飲みに行かないのだなぁ』
と、今更ながら納得。
                     200907221457001.jpg
明けて本日早朝、都会へ向かう。

「近くに行くから」
と、職場に立ち寄って下さったお客様から、某島の焼酎と、某島の特産品などを頂いてしまった。
そう、昔、爺やを連れて通ってた、大好きなアノ島の、“島酒&クサヤ”ですね、ええ。
       200907071354000.jpg
さて我がマンション内にて…やりますか?クサヤの宴?
なんてね…都会のお客様はチャンとわかっていて、焼いて割いてパッケージしてあるのを下さったりもするのです。
物足りない方もいるらしいですが…やっぱ、焼きたいかな、って方がね。

学生の夏休みだから?

昨夜は近隣の二つの音楽スタジオはどっちも満員。
2店とも同じ状況で、
店「23~24時の一時間だけでしたら」
って、んなこと言われてもネェ、23時までシラフで待つってのはさぁ…

仕方ないので大人しく過ごすことにした。
大人しく=酒飲んでいつの間にか寝る、の意。
と、思うでしょ?
違うんだなぁ、コレが。

実は、9月の金ちゃんとの弾き語り勝負企画は、2日(日)の少年時代LIVE直後に(日程と会場以外は…)決まっていたので、僕は、
『ならば…ひと月半以上はあるんだし、毎週1曲書く!ってことにすると、俺の弾き語りステージは全曲新曲ってのも夢じゃないかも!』
と、恐ろしく(それこそ正に)夢のような目標を立てていたのです。
                     200908070623002.jpg
君(=誰!?)は憶えてますか?
遠い遠い、“夏”の、いや、正確には“夏休み”の、いえいえ、もっと正確に言えば“夏休みの課題”の、そう、遠い遠い想い出…
『毎日1ページずつコツコツと』
で済むモノを、何もしないで迎えた8月アタマには、
『2日で3ページなら追い付く!』
とか、更に8月も10日を過ぎると、
『まだ1日2ページで間に合う!』
とか、目標修正にばかり熱心だった頃のことを…
       200903211355001.jpg
練習スタジオに入れなかった昨夜のオレは、
『ならば』
と気持ちを切り替えて、目標から大きく遅れてしまっていてまだ1曲も完成していない新曲に取り組むことにしたのだよ、大人しくね。
『今夜2曲完成すれば追い付く!』

でもね、飲まなきゃ必ず完成する、ってモンじゃないしね、ビールぐらい飲むでしょ、普通はさ。
で、アウトである。

TVなんかつけちゃイカンのに…衆院選と酒井容疑者ネタを交互に眺めつつ、チャンネル回し回し過ごす。
ビールはやがて佐渡の酒“金鶴”に。

ってな事情により、更に修正されてしまった現時点でのこの夏の我が目標は、
『今週末にイキナリ3曲ひらめけばバッチリ間に合う!』
である。
あり得ん。

ボチボチ始動せねば!

前回のLIVEの後、時期的に“全日本夏休み期間”に突入してしまったこともあり、何となくギターに触れることはあっても、遊んでばかりであまり真剣には練習していなかった。
しかし、ナンだかここ数年で、このように“二週間以上練習スタジオに入って無い”なんてことが殆ど無かったので、昨日あたりからどことなく不安な気分になって来ている。
                     200908130750000.jpg
ということで、スタジオ空いてたら、今夜から活動再開します。

次回、既に金ちゃんとは、
『それぞれ弾き語りで勝負し、その後3人でやるようなLIVEを、9月に』
との合意が成立しているのだけれど、
『この次は赤羽かなぁ…』
と思っていたらばお店との日程調整が微妙にズレズレ状態で、
『また板橋でやらせてもらおうかなぁ…』
と、呟いてるうちに、場所も日時も定まらないまま現在に至る、ってな状況です。

怪しいのは…14日(月)、16日(水)、24日(木)あたりかな。
ま、直ぐ決まると思いますので、また宜しくお願いします。
       200908131213000.jpg
あ、全く話題変わりますが、The Beatlesがお好きな方は、Chrosawaさんのブログを是非どうぞ!
http://black.ap.teacup.com/beaglelife/
こうやってまとめてくれるのは、さすがChrosawaさん。
というよりも、やっぱ好きなんだなぁ、Chrosawaさんって。

寺尾聰氏は何故…

何故あんなにもかっこ良く、何故あんなにも可愛らしく、懐っこく、素敵なのだ!???
と、昨日もそう思ってしまった。

いや、人としての素晴らしさは勿論なんだろうけど、単に羨ましいってのも、ひとつの本音。
オレが着用すると確実にヤバそうな、白ブチのヤクザっぽいグラサンも、どんなに派手な柄シャツも、全てOKってのは、実に憧れる。
(って、そういうのが本題ではないワケだが…)

昨夜の六本木A店での久々のLIVEは、微妙な日程にもかかわらず満席。
女性多し…この不景気に…ま、消費の牽引役はやはり女性ってことね、とシミジミ思う。
俺「この時代にこんだけ金使えるのって、やっぱ女性なんだなぁ…」
ワ「男の人だってフーゾクで使ってるじゃん」
と、ワハ母氏からはナニやら根拠不明ながらもヤケに断定的お言葉が。
       200908150731000.jpg
       爺「バカダよなぁ、トーチャン…」

1ステージ45分を目処にしていたらしいのだが、結局90分×2回の長丁場に。
サービスというよりは、元不良オヤジ達が楽器持って遊んでる内に時間経つの忘れて…って雰囲気で、それもまた、かっこ良過ぎ。

あえて小さい会場で、お客さんと顔の見える付き合いをしたい、そんな気分に溢れたステージ。
始まる前や、休憩中にも客席回って、ってのも素敵だが、寺尾さんの凄いのは、アンコール終了後、出口に向かうともう既にそこに寺尾さんがいて(前回もいたし、今回もいました)、帰るファン全員と触れ合うその姿勢(実際に触れ合います、握手やらハグやら)。

昨夜も、レジで会計してたら頭の後ろから、
「よ!ありがとう!」
なんて声がして、
『ん?知り合い?誰?』
と思って振り向いたら、そこに寺尾さんがいて、でもって、その、
「よ!ありがとう!」
の相手は僕ですよ、驚くよね、ホントに。
『只今売り出し中!』
ってのならわかるけど、相手は寺尾さんですよ!寺尾聰氏。

ガキの頃からの憧れの存在なのに、こうして数年の内にほんの数回でも短い会話を交わす機会に恵まれてしまうと、ナンだかこう、一方的に“知ってるヒト”っぽい錯覚に陥りそうな…それもまたしかし、彼の人柄なんだろうなぁ…
              200908150731002.jpg
              嬢「オロォーサンにはムリね…」

オレなんか、何度も会ってる相手にだって、そういう錯覚に陥らせる気配ゼロだもんな、多分。

ナンと申しますか…

20090816102840
20090816102833
ケツが痛いっつうか、腰から下が飽きてますな、耐久研修会は。

1コマ90分を、午前中1コマ午後2コマなんだけど、やはり3コマ目はキツいらしく、受講生の中には雑誌読んだり文庫本隠し読みしたり、ってな姿も…受講生ったって、普段は“センセイ”なんだけどね、自分の職場に戻ればさ。
こういう場面では、昔の学生に戻っちゃう感じですね、センセイも。

そして…個人的にすっかり参ってしまったのが、大入りの会場を冷やすための過剰な冷房。
Tシャツの上に長袖羽織る、なんてだけじゃ、全然ダメなのだもの…

講義中、ひたすら足を温めるツボを刺激したり、さすったり揉んだりして過ごしていたら、後ろの席で見てた赤羽エリック氏に言われてしまいましたね、
「あ、H田さん、寒いんだろうなって、すぐわかりました」
なんて…

今日は完璧。
素足にサンダルを改め、革靴!そして真夏のハイソックス!
でもって、革靴の中には足裏超刺激のイボイボ中敷き入り!
勝負だ!冷房!

あ、いや、ホントのタタカイは講義の中身の修得なのだが…

あろうことか…

20090815131143
20090815131139
この土日は、朝から夕方までの研修会×2デイズ!

昔ながらの業務分野だけでも食えてた、ほんの少し前までは、
『日程悪過ぎ』
のひと言でスルーだったのだろうけど、世間(=同業者の皆さん)も僕自身も変われば変わるもので、会場となる都心の広~い会議室は、こんな日程でも大入り状態。

ジャンルは先月に引き続き“成年後見”。
90分×3コマ×計4日間=18時間をクリアしないと、お仕事自体が受けられない仕組みになっているので、雰囲気としては、
『(内容よりも!?)とにかく18時間…』
って空気もなきにしもあらず…!?

ま、早い話、取り敢えずの到達点としては…ビールっすな!夕方の!

海を見ない夏に

20090814165339
20090814165336
当ブログでは時々触れる話題ではあるが…
かつて、
『夏と言えば八丈島』
みたいな時期があり、まだ若かった2人と1匹で、夏休みの初日から最終日まで、ひたすら島でテント生活をして過ごしていた。

キャンプ場では毎年会う顔ぶれも増え、お互いに、
「今年はいつまでいるの?」
みたいな挨拶を交わしたものだ。

7月にも8月にも9月にも通う、って年もあれば、GWに出掛けた年、そして独立開業直前にひと月過ごした年…思えばその殆ど全ての記憶がwansuke爺とともにある。

ナンだか凄ぇよ、爺や。

飛行機が可哀想なのと、hanna嬢が来てからは2匹連れては行かれないのとで、もうきっと一緒に八丈島に行くってことは無いだろうけどさ、それにしても良くアチコチ付き合ってくれてるよな、落ち着かない飼い主の生活にさぁ。

爺や、来月で15歳?

今が一番似合った格好だったりするねェ、夏のリゾートがね。

1000円はバラマキではなく…

20090813194023
20090813194019
無料だとバラマキなのか?と、非常に疑問に思うワケです。

いや、どの政党を支持するとかしないとかじゃなくてね。

高速1000円にして渋滞させといて、エコカー減税だのエコ・ポイントだの言われてもなぁ…、とね。

でもって、
『高速道路無料にしたらどんだけ渋滞するかワカラン!』
ってさぁ…

1000円=安い!=“お得感”ってのが渋滞のモトであって、無料になったら単なる道路(自動車専用ではあるが)ってだけだから、やがて“お得感”なんて無くなって、渋滞も減るのでは?と私は思うのだが…

国家資格で食ってるニンゲンは、やはり現国家体制維持を望むべきなのか…?
それこそ良くワカラナイけどさ。

若い頃、次第に某集団に引き込まれて行ってしまった大学時代の後輩が、ついに幸福を実現すべく北関東某選挙区から出馬しそうな気配、ってことで、少しムズカシイこと書いてみました。

温泉宿からの招待状

芦野温泉というところから、“大人2名様日帰り入浴無料!”ってな招待ハガキを貰ったので、実家の母親を連れて行ってみた。
HPで見たら、ホントは一人1,500円もするのだとか。
日帰りだと500~1,000円前後が多い田舎では高級な部類であり、“無料”好きの俺にはたまらないハガキであった。
しかし、誘われた母親は、
母「むか~し行ったけど、随分辺ぴな山奥で、何だか汚くて(カラオケが)うるさくて…」
と、高級イメージには程遠い様子。

まぁでも、それはホントに随分と昔のことのようで、
俺「さすがにキレイになったんじゃないの!?夕方4時から無料招待みたいだから、その時間に行ってみようよ」
と、クルマを走らせる。
       200907161445000.jpg
       不本意ながら、湯上りのオレ様…
       毛がポワポワなのです。

母親の言う通りの山奥にあったその温泉施設は、やはり近年相当リニューアルしたらしく、今ではバスツアー人気No.1ってだけあって、想像以上に立派であった。
入浴チケットの自販機前に数名の家族連れ。
ん?
どうやら、通常1,500円の入浴料は、毎日16時から630円になる(実はこのパターン多いです、ここらの温泉)のだとかで、今はその1分前。
その1分が経過しないと1,500円なので、自販機の前でじっと1分待っているのだとか。
『そうか…だから招待状も16時からなのか…招待ってのは、630円×2名分ってことなのね、一応ね、3,000円分じゃなくて』
と、瞬時にくだらない計算をしてみたものの、16時から爆発的に混むって様子もないし、どのみち無料なのであるから大した問題では無いのだった。

施設内もゆったりしていて、浴衣を着ているお客さん(=宿泊客)がアチコチで思い思いに寛いでいる様子。
まあね、16時から630円なのにわざわざ15時ごろに1,500円払って入る客も少ないだろうから、この時間は宿泊のヒトが中心なのかも知れない。
肝心の温泉も、実にヨロシイ感じであった。
あえて申し上げれば、施設内全体的に“人気”⇒“俗っぽさ”ってのが漂わなくも無いが、そこさえ目をつぶれば、お湯は本当に素晴らしかった!

主な構成は、主たる内風呂42度(超つるっつる)、主たる薬湯(ピリピリ)、ミストサウナ(アチアチ)、外に出てソフトな薬湯(ピリピリせず)、ぬるめの露天風呂、と、大体5部構成なのかな?
無料っつうのが申し訳無いぐらい、堪能させて頂きました。

効能はですなぁ…いわゆる疲労回復その他、色々書かれてたけど、最後がイカしてたな。

なんでもメインの内風呂はアルカリが強いお湯なのだそうで、
『女性の陰部~~』(男湯の説明書きなのに女性限定???)
の書き出しで、
『トリコモナスやカンジタなどの菌は全く育たない成分~~』
みたいな説明が続き、コレはつまり、このお湯でスッキリ全滅って意味なのだろうけど、最後のオチが、
『和合の秘訣は芦野温泉』
って…
              200908070625000.jpg
              嬢「ジョセイノイン…???ヒケツ…???」

ま、お袋連れなんで、関係無いッスけどね。

ってことで、クーラー病に効くと書かれていたソフト薬湯にじっくり浸かり、本日はまた、エアコンのお世話になっております、独り、都会の事務所にて。

一家は田舎で避暑生活。

20090811113739
20090811113733
wansuke爺の為に、ってのが一番の理由なんだけど、しかし、人間もホントに楽。
特に夜がね、涼しいよなァ、今年が更に“特に”ってのもあるけど。

農作物で言うと、キュウリは順調なんだけどトマトが全く色づかず、カボチャ&コリンキーは未だに雄花ばかりで実にならず…
涼し過ぎってのもさ、困ることも確かにあるにはあるけどさ。

そういえば、昨夜は月曜日の夜なのに我々が現れたため、実家の母親なんかは、
「アレ???今日は???何曜日だっけ???」
と、やや驚いてたけれど、僕の方は、何の迷いも無く、
「金曜日!」
とお答えになったワハ母氏の方に驚いてしまった。
普段どういう生活しとるのかね?

そこまで曜日忘れて暮らすなんて僕には出来ないけど、でもしかしまぁ、僕も少しは休みつつ…今週・来週は独りで田舎と都会を行ったり来たりで過ごしたいかな、と。
ってんじゃあ、“休み”になんないか…

哀しみの食事…

先週末から本日の昼食までに、コンビニのおにぎりというのを随分食べた。
独りで食事する機会が多かったのと、7-11が100円セール期間中だったのとで、何となく7-11専門でおにぎりを食い続けた。

性格上、
『いくら得なのか?』
というか、
『なるべく得したい』
がために、100円セール対象品の元値の上限である150円に近いものばかり選んでしまい、そうなると当然ながらいっつも同じモノばかり食うことになる。

ってことで、飽きましたね、哀しいね、この歳で。
200908070624000.jpg
哀しいと言えば…

夜遅くに田舎で食事をするのもなかなかに飽きる、って話は前にも書いたことがあるのだが、立ち寄る店が限られてしまう要因として、
『あの店、前に一度だけ食ったけど、美味しくなかった』
ってのがある。
しかし、それなりに年月が経過することにより、
『(潰れずに営業してるってことは)もしかしたら美味くなってたりして?』
って疑問もあるワケで、時々それでもめたりもするのですね、
俺「美味くなってるかも知れないじゃん?」
ワ「あり得ない!」
ってな調子でね、某大手ハンバーガーチェーンとか、105円の回転寿司とかね。

で、ここ数日の独りで食事する機会にですね、思い切って寄ってみたのですね、その105円系の、“すしお▲ど”ってのがね、あるのよね、田舎には。
すぐ近くに更に安い“か◆ぱ寿司”ってのもあって、うちは飽きつつもそっちしか行かなかったのです、以前一度だけ寄った“すし◎んど”が全く食えたものじゃなかったから。

しかし、潰れない。
『コレはもしや???(いつの間にか美味しくなってるのでは)』
と、独りで挑んだのですが…惨敗。
アレはダメだわ。
もう、哀しい哀しい。
僕は以前、この手の怪しい寿司ネタの裏ルート本ってのを読んでしまっているので、得体の知れない“エンガワ”など見ちゃうと色々と想像が膨らむのだが、しかし、怪しくてもナンでもイイから、とりあえず最低限の味ってモノがね、やっぱ欲しいワケですよ、105円とはいえさ。
まあね、お会計ったって数百円なんだけど、いやだったもの、払うの。

しかしナンだ、その夜は独りだったから、カウンターなワケですよ、カウンターでこう、タッチパネルでオーダーするワケです、欲しいものを。
で、ヒマだから周囲(ったって、だだっ広い店内にほんの数名だけどね、客は)を見渡すワケです、自分の席の数字の書かれたネタが回ってくるのを待つ間にね。

ムムッ…同じく一人客の隣のオヤジ…ツワモノってのは、こういうヒトかも!?
その哀しい、ひたすら哀しく侘しい“す★おんど”のカウンターで、なんだか都会の粋な鮨屋にいるかのごとく、真剣に美味くねぇだろよ!?と思われる105円寿司を肴に、ビール→冷酒とすっかり寛いでいらっしゃる。
が、オーダーはタッチパネル。

何と申しましょうか、その光景…リッチなんだかプアーなんだかなぁ…
っつうか、帰りは?
代行なの?
こんな田舎の国道っぺりの“すしおん●”で独りで寛いでるからには、やっぱ代行か…って、優雅なのか?やっぱ?
              200908070626000.jpg
あ!?
俺だって、同じようなものか、他人から見たら…
誰かが俺を見ていないことを、ひたすら祈ったのでありました。

この虚しい感じはナンであろうか…

20090809133730
20090809133724
昨夜一緒に飲んでた歳上の方からは、
「ナンで?」
と言われてしまったが、逮捕状請求あたりから、どうにも虚しい気分になってしまっていた。

別にファンでもナンでも無いのに、だ。

“時代”とか“世代”とか、そういうことかなァ、80年代とか90年代とかさ、“輝き”みたいなモノ?が褪せてく感じ?良くワカランが…

流れる映像見てると、バカっぽいアイドルだった昔とはまた違って、去年あたりのインタビューは、かなりキテたというか、イッてたな、ロレツも怪しいし…と、今からすると、そう見えた。

んでタトゥーが渋いのね、足首辺りにさ、ビートルズ好きにはジョージ(のダークホース)で知られたインドのオム・マーク。
このところ僕もこのオム・マーク入りのシャツやらバッグやら愛用してるから、ひと目でわかりましたね、
「あっ!」
って、声出ちゃったもん。

『友人兼旦那の愛人に子供託して』
だの、
『実弟がヤー様で、既に逮捕済み』
だのってなスキャンダラスなネタよりも、ナンだかソレ(=タトゥーの形状)が一番印象に残ってしまったという不思議なオチだったな、僕には。

あ、写真はですね、あんま関係無くて、えーと、以前書いた“ジーンズ2本目半額セール”、こいつを無事にスルーしたと思ったら、ネットで自分と同サイズの代物を大量放出してるヒトを見つけてしまい、コレがまた殆どはいて無い状態のモノを数百円~1000円ぐらいで出てたもので…

ついついまとめ買いしてしまい、その内の白系のヤツはわざわざ染料購入してまで染めました、の図であります。

一応その、一連のオム・マークものに合う色?選んで染めたつもりなのだが…

アジアン・シャツと合わせると…うーん、本日のオレは、インドカレー屋仕様っつうか、インドのテキヤかな?どうも…

取り敢えず、のCDラック。

20090808155222
久々の木工。
ってほどの作業ではないけど、それなりの土曜大工仕事、終了。

とにかく増え続けるCD問題って、どのお宅でも共通の課題では?(いや、正確には“-R”問題だったりするけどね、増えるよなァ、CD-Rって)。

と、この数年気になっていた問題の、取り敢えずの解消に向け、作ってみた次第。

何枚収納可能かは、実際に入れてみてから考えます。

写ってるのはオーティス・レディングのLIVE盤各種。

♪デイ・トリッパーやら♪ア・ハード・デイズ・ナイトやら歌ってたりするのですよ、全く別バージョンだけど、オーティス節炸裂!

CAVEMAN

昨夜の独身+犬2匹ナイトは、結局DVD鑑賞会で過ごした。
犬は…全く興味を示さずひたすら寝てたけど、とりあえず皆、一緒に過ごしたので良しとしよう。
              200908070759000.jpg
              邦題『おかしなおかしな石器人』

この“CAVE”ってのは、あの店の名前と同じ“洞穴”って意味だろうなぁ。
Ringo主演ってことで、その存在は知っていても、よもや我が人生でこの映画を見る機会が訪れるなんて思っていなかった作品である。
が、ナンだかフッと、クリックしてしまったのですね、DVDも(一緒に写ってる)本も、新品(またはほぼ新品)なのに、安く手に入るチャンスがあったもので、ついね。

くだらないけど楽しめる、とは聞いていたが、確かに楽しかった。
セリフは全て原人語(!?)なので、何も考えずに見てれば良い、ってのも、気楽でヨロシイ。
いや、ちゃんとした正規版DVDであるから、最初にサブタイトルで日本語を選択する(ちなみに僕の持ってるバッタDVD“イマジン”のサブタイトルは韓国語…)ワケだけど、劇中一向に字幕が出て来ないので、何度か、
『アレ?設定間違ったかな?』
と思ってサブタイトルを再設定しようとするのだが、何度やっても結果は一緒で、91分の間に字幕が出るのはほんの2~3回って感じであった。
       200908070623000.jpg
内容は“ギャートルズ実写版”ってだけなんだけど、直立歩行、火、音楽、石器、なんてのをRingoチームが次々と見っけて行く展開は、大人でもそれなりに楽しめた。
この映画での共演で現夫人と出会ったというだけあって、まだRingoが若い(っつっても41歳?)ので、その若くて可愛げな姿を見てると、
『昔の映画なのだなぁ…』
と実感してしまうけど、恐竜シーンなんかは、
『’81年(28年前!)にしては良く出来てるのかも?』
と思ったりして…でもね、考えたらその頃はもう、彼女と映画に出掛けたり、男子連れ立って日活ロ◎ン□ルノなんか見に行ったりしてた時代であるから、この程度の特撮は“アリ”ではあったんだろうな、既に。
ん?
こん時は既にJohnは撃たれた後なの?ナンだか凄いなぁ、ソレは…
Ringo、こんな仕事してたのかぁ…

この映画でも充分に、
『いくらRingo好きだからって、ここまで見るかね?買うかね?』
って領域にキテしまってる気がするのだけど、この“石器人”を見てしまったがために、更なる深み(=入手可能な出演作を手当たり次第?)にはまって行きそうなのがコワイ。
大体、ワハ母氏なんかは昨夜はお出掛けしててまだ本作は見て無いワケだけども、既に、
「もっと他のも手に入らないの?」
とか言い出してるし。
200908070628000.jpg
しかし、昨夜はこの“石器人”を見終え、大女優の死のニュースに触れて、思ったのですよ、
『こうしてそれぞれが好きなことして楽しく生きるってのも人生だが、しかしナンだ、彼女、62歳ってぇと、もう、そこですなぁ、僕らももう、すぐそこ。ナンだかわからないけど、イケナイ気がして来るなぁ、こんなの見て笑ってないで、チャンとしないと…ナニをチャンとするか、ソレがモンダイなんだがなぁ…』
とね。

そう、そのバカバカしさが、別の何かに気付かせてくれるような、そんな映画でした。
ご希望の方…上映会しますかね?金子さんでも呼んでさ。

LIVEの音源を聴く♪

20090806204341
スタート:金ちゃんにメイン歌ってもらっての即席三声、悪くない。

飛び入り:皆さん楽しそう。
赤エリ氏のビートルズ“♪~~~モンキー”も盛り上がったし。
自分の新曲“♪AKB(赤羽)キャサリン”も、聴けない曲じゃあない気がする。

電車での移動中に聴けたとこまで、なんで、ナンとも言えないけど、ココまではまずまずなのでは?

あ、家庭内的にはですね、
「スガシカオはやめるかキー下げるかどっちかにしろ」
と、厳しく言われ続けてますが…

そのワハ母氏は、今夜は某LIVEハウスへお出掛けだそうで…僕は、そこの出演メンバーの1人が、同じ“オトコ”として、気持ちの上でどうしても許すことが出来ず、しばらく“ヤツ”には近付きたく無い気分。
知り合いでもナンでも無い(っつうより、こないだ初めて見ただけだったりする)のに、こうしてその姿を思い出すだけでもムシズがはしるぐらいのノーサンキュー。
なので、いつもながらヘンテコな内容が多い無料電話相談を終えた今は、晴れて独身の一夜…なんだけど、昼間殆ど一緒にいられない彼らと、近頃は何となく、
『せめて夜ぐらいは一緒に過ごしたいかな』
と、帰り方向の電車の中。

帰れば一緒にいてくれる、って感じでも無いワケだが。

尿もれhanna嬢

今頃は、検査の結果も出てる頃かな?

実はwansuke爺の痒み発熱悪寒問題と並行して、hanna嬢のオシッコ問題ってのが続いている。

コレはもう、先週の爺や騒動よりはるか前からだし、まあ、
『オシッコが近いのだな』
ぐらいのことで、そんなに深刻に捉えていなかったのだが…って、ソレじゃ爺やの痒み事件と同じか…

しかし、“近い”なんてレベルから逸脱して来てしまい、とにかく寝床というか居場所というか、
『どうもアソコをペチョペチョ舐めてるなぁ』
と思って見に行くと、決まってその場がビショ濡れ状態。

ということで、本日ワハ母氏が尿を採取し、提出済みなのだそうです。
200908031517001.jpg
爺「したきゃ“したい!”って吠えりゃイイんだよ、バカだな、オマエ」
              200908031516000.jpg
              嬢「オンナノコレスモノ…」

今朝思い出したのだけど、昔々、子供の頃、クラスにいた膀胱炎の女の子は、男子から“オシッコマン”なんてあだ名がつけられていたっけ。
子供って、他愛無いけど、ホント残酷。
でもって、バカなのね。
当時は“◎▲マン”ってなヒーローもの全盛期だからさ、何でも“マン”なのね、女の子も。
200908031517002.jpg
コチラは…駄洒落っぽいけど、すっかり“wanマン”。
もう、とにかく我がままな甘ちゃん吠えの繰り返しで、家族を振り回す爺や。
              200908031517000.jpg
              しかしこの首の裏?アタマのテッペン?
              コレは凄いねぇ、“□○マン”って感じだよな。
              何マンだか知らないけど…“トサカマン”かな?女子だけど。

目覚めの風景

今朝、ナニやら足元が温(ぬく)い、と思いながら起きた。
              200908040635000.jpg
そう言えば昨夜は、もうここのところすっかり恒例となった、

爺「オイ!誰か一緒に寝ろよ!寝ねぇんなら、せめてオレ様が寝付くまで傍で見てろよ!」

みたいな甘ちゃん癇癪持ちのwansuke爺を僕のベッドで寝かし付け、僕の方はその後、焼酎を飲みながら本を読み、で、爺やの邪魔にならないように、ベッドの空きスペースを拝借して眠ったのだった。

しかし、最初は仲良く縦に並んで眠ったとしても、やがて爺やの方は横向いちゃったりし始めるのであり、そうなると、邪魔しない為にはコッチが遠慮するしか無くなる。

そうそう、思い出して来た。
夢うつつながら、
『いかん・・・爺やに俺の足をのせたらいかんのだ、可哀想だ・・・いかん・・・』
みたいなことを考えたりしてた気がする、一晩中。

で、起きたらこんな感じです。
       200908040636000.jpg
       コレは僕の右足。

そう、左足はベッドから下にはみ出してました。

にしても・・・犬が毛だらけなのはともかく、野郎のスネなんてのは、掲載するモンじゃなかったかもね。

あ、LIVEレポで書き忘れたけど、マスPの知ってる頃の金ちゃんは金髪だったのだとか。
ヒトは成長するのだなぁ・・・まあ、金髪のまま大人になって頂いても構わんワケだが。

今日も遭遇してしまった女子高生=AKBキャサリンだって、いつかは、
「アタシ、あの頃、金髪でさぁ」
みたいな、普通の大人になるのでしょうなぁ、ほんの数年で。

色々考えました。

ご来場頂いた皆さま、本当に有難うございました。
飛入り等々、こちらも楽しませて頂きました。
200908030702001.jpg
8月2日(日)『少年時代』親指“金”画LIVE

[前半]

♪君に会いに来たんだよ(Vo.金子氏)
♪満月(Vo.金子氏)
♪道連れ
♪トランジスタラジオ(RCサクセション)
♪I’m Sorry(加奈崎芳太郎)
♪風
♪バランス
♪想(SOU)
♪Aの季節
♪全部泣いてる(Vo.金子氏)
♪約束
♪美しいひと
♪最後のニュース(井上陽水)

1曲目と2曲目は、ガツン!と金ちゃんに歌ってもらって、リハで即席三声ヴァージョンに。
そもそもの僕の唄い回しに変なクセがあるため、苦労している様子ではありましたが、金ちゃん、やっぱ上手いのね、歌。
その他の曲も、折角の三人組なんで、可能なとこは三声にチャレンジしてみました。
       200908030702002.jpg
[中休み]

今回は、ここで休憩&飛入りTIMEをタップリと。
僕は全く知らなかったので、ワハ母氏の21年振りの最新オリジナル曲発表にはさすがに驚かされました。
突如飛入りして頂いた方、入念な仕込みの上で登場頂いた方、等々、どうも有難うございました。

僕が歌ったのは…

♪愛について(スガシカオ)
♪I LOVE YOU(尾崎豊)
♪鎮静剤(加川良)
♪AKB(赤羽)キャサリン

最後のは、僕の新曲。
『ある日見かけた、突如金髪化した少女のことを歌おう』
と、難産の末に前夜(!)完成した怪作(!?)。
そもそも、前々からいつかこう、
『外人の女性名を挿入した、でも一体誰なんだかワカラナイ(例:ジュリーの♪サムライ=ジェニー~~~)曲を書きたい』
ってのもあったんだけど、それにその、金髪化少女との遭遇が相まって、収拾がつかなくて難産になっておったのでした。
で、まあ、その金髪化の彼女を僕が“キャサリン”と勝手に命名しましてですね、で、この際、身近に“赤羽エリック”ってなヒトもいることだし、いっそタイトルは“♪赤羽キャサリン”ってことで、色々イメージ膨らませて…否、膨らまなくて難産しました、ホントに。

で、出来上がったのは、金髪もジェニーも全く無関係な“大人と少女のラヴ・ソング”でして、どこにも“キャサリン”など登場せず…
『ナンだか“赤羽”ってのもなぁ…ん?“♪AKABANEキャサリン”でどうよ?』
『ん???AKABANEっつうのもアレだ、A・K・Bじゃん!』
という、オヤジギャグ的発想で、しょ~もないタイトルになってしまいました。

金「曲は悪く無いのに…ホントにそんなタイトルでイイんですか?」
なんて言ってましたが、やっぱりね、ホンモノ見ちゃうとね、強烈なのよね、AKBキャサリンさん、今日も遭遇したけどさ。

あ、お聴き頂いた方のご感想など、お寄せ頂けたらと思います。
              200908030702003.jpg
この飛入りコーナーには、金ちゃんも、赤羽エリック氏も、思い思いの曲で参戦。
赤羽エリック氏は、金ちゃんの協力を得て、念願のBEATLESのアノ曲を熱唱しておりました。
(もしかして昨日のハイライトかも!???)

[後半]

♪WOMAN(加奈崎芳太郎)
♪アウトローブルーズ(シバ)
♪息子(奥田民生)(Vo.金子氏)
♪愛について(友部正人)
♪夕暮れ(金子氏オリジナル)
♪夕暮れ
♪お気に入り
♪言葉を全部過去形にして
♪ウソ臭い朝に
♪ニュートラル(金子氏オリジナル)
♪38万キロ(友部正人)
♪なじみの女
                     200908030702004.jpg
[アンコール?]

♪My Life(加奈崎芳太郎)(Kソロ)
♪ONLY YOU(AND YOU ALONE)(Vo.金子氏)
♪PHOTOGRAPH(Vo.金子氏)

アンコールは全く用意しておらず、Ringo系の選曲はその場のリクエスト、赤羽エリック氏は恒例の(!?)タンバリン参加となりました。

まあ、アンコール兼LIVE後の余興のお時間、ってことで…
その後も皆さんにステージに上がって頂き、“フォーク酒場”の通常営業へと移行。
              200908030701000.jpg
今回の収穫…金ちゃんの自己最高体重告白!
ナンと!小3の時に記録した83㎏!

あ、いや、もっと沢山ありましたよ、収穫はね。
色々考えて当日を迎えたし、唄っている間も、終わってからも、やっぱ色々と考えました。
       200907291459000.jpg
そうそう、収穫というか、今回も客席にマスPが現れたってのはね、ホントに嬉しい出来事でした。
金ちゃんとの再会も果たせたし、赤エリ氏もナンだかお褒め頂いてたし。

そしてもしかしたら…まあ、酒の勢いってのもあるからナンだけど、もしかしたらですね、試しに一度4人組化、なんてね、結構マジでそんな話題も出ましたね、マスPはベーシストでもあるし、金ちゃんなんか、
金「だったらドラムも叩けますしね、ベースが入るなら」
なんてね、真顔でお話しておりました。
チト参ったな、てのは赤エリ氏。
何しろ自分が今弾いてるギターのフレーズのコピー元であるマスPに、横でベース弾いてもらって、って話だからね…でも、面白そうではあるでしょ?一度4人組化計画って。
200908030702005.jpg
ということで、昨夜も充実した一夜となりました。
本当に本当に感謝感謝です。

次回は全くの未定ですが、しばらく充電して、また、
『赤羽か板橋か、それが問題だ』
ってなテーマとのタタカイの後、決まり次第お知らせ致します。
              200908030702000.jpg
              是非また、宜しくお願いします。

『少年時代』でリハーサル♪

20090802091305
20090802091300
ひと晩キッチリ三人組風を装うには、やはりかなりの曲数を準備することになるワケでして…
赤羽エリック氏も金ちゃんも、
「早く集合しましょうよ」
みたいな、まぁ、ある種の不安からなのでしょうかね?
リハーサルの時間を本番以上に長く取りたいようです(って、当たり前か!?)。

ということで、今日はお店のご厚意に甘えて、午後から『少年時代』で暮らすことになったのであります。

今回はナニやら入念に“飛び入り”の打合せをしてるチームがいたり、赤エリ氏は赤エリ氏で無謀なアノ曲をどーしても歌うつもりだったり、と、本編以外もきっと楽しめる一夜となることでしょう。

勿論、本編も頑張りますよ、リハーサル、半日みっちりやって、皆さまをお待ち致しております。
宜しくお願いします。
|TOP|

プロフィール

とーちゃん              下の方で遠慮がちにRanking参加中

Author:とーちゃん              下の方で遠慮がちにRanking参加中
故・wansuke爺
 「やい!とーちゃん!
  何だよ、コレ!
  こーゆー甘ったるい写真、
  いつまで使う気だよ!」
故・hanna婆
 「ヤット再会デキマシタ…」

[LIVE関連]

12月13日(水)大塚Welcomeback
19時~!ダッキャン参加の3人組!

12月17日(日)大田原プチ・ヴィラージュ
三権分立LIVE"2017冬"
立法・司法・行政ミュージシャン集結!!

岩手ツアー2017第6弾決定!
12月22日(金)釜石アップ&ダウン・デイ
12月23日(土)盛岡クロスロード
12月24日(日)宮古カントリーズCafe

毎月第4日曜日朝~昼頃
大田原日曜朝市出演中!
行ける月だけですが・・・

『K介のSongs&Dogs
   ~週末はミュージシャン』
3曲分の動画を毎週月曜日UP!
YouTubeにて続々配信中!

[CD・DVD関連]

親指企画17年振りのスタジオ録音アルバム!
『Songs&Dogs』完成!!!
DSC_0273.jpg
若き日の3人組LIVEのDVD付きです。
CD13曲+DVD16曲入り、カンパ1,000円!
DSC_0281.jpg

月別アーカイブ

寝姿を見ちゃった方々

hanna嬢「おがぁさーん、おろーさんがヘンなことやってるわぁー」

wansuke爺「じゃ、またな!」

hanna嬢「おろーさん、頑張って!」

wansuke 「おい、とーちゃん!このランキング、ちゃんと設定出来てんのかよ?」 とーちゃん 「・・・自信ナイ・・・」

FC2ブログランキング

バカ嫁hanna 「1日1回、ポチッと押してみれくらさいねぇ~」

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索