USBメモリって!?

ビーグル仲間の(!?)黒澤さんのブログに貼られた広告に気付くまで、全く知らなかった。
ん~~~、いつ発表になったのかも知らないから、最新の情報なのかも知れないが、12月発売ってことは、やっぱりしばらく前には公表されていたのだろうなぁ・・・
       200911300844002.jpg
USBである。
何が!?
THE BEATLESが、です。
9月~10月あたりは、
「ステレオだ!」
「いや、モノラルは完全限定(後に、追加があったりするのだが・・・)だから、モノラルから先に買わなきゃ」
「オレは両方買ったけど、どっちも聴いてない」
等々と、一部のファンの間で大騒ぎだった、アノTHE BEATLESが、だ。
そのステレオ盤+画像映像その他のBOXセット内容を、全て16GBのUSBメモリに詰め込んで、ソイツがナンだかグリーン・アップル型の収納スタンドにスポッと収まり、リンゴのヘタをつまむとUSBメモリが取り出せるというですね・・・38,740円!???(輸入盤は28,383円)。

世界限定3万本だそうです。

欲しいのか?
欲しいのかなぁ、マニアって・・・。
                     200911300844004.jpg
しかし、使いもしないのに六本木C店のコースター(各メンバーの顔無しシルエット4種)を集めたり、4人分揃えて遠方の友人に送ってあげたりしているアナログ的オッサン世代としては、CDという“カタチ”すらないデータをUSBに詰め込んで『いくらです』って売られてもなぁ・・・
(いや、CDだってデータですよ、ええ、それくらいわかってますって、オッサンだって)。

“匂い”、とかね、大事な感覚だと思うけどね・・・“輸入盤LPの匂い”、ナンテのだって、結構大事じゃないのかねぇ、ニンゲン。
“輸入盤USBの匂い”、でも同じか・・・

まあなぁ、当時既に、
『パソコンに取り込む為に開封し、一度だけ再生しました』
的中古盤が大量に出回っていた(っつうか、私もそういうのを買った・・・)状況からすると、この公式USB盤にニーズがあるかどうかという以前に、既に世間じゃそうやって持ち歩かれてるワケだけどね、天下の(!?)THE BEATLESとは言え。
スポンサーサイト

チャーハン!?

20091129133237
20091129133101
いいえ。
コレまた年末LIVE向け試作品のダッチオーブン料理、“レンズ豆のスープ”。

レシピなんて、あるような無いようなモノで、途中でレシピには全く載って無い様々な香り付けをしてしまい…驚くほど簡単に超美味な一品の出来上がり。

ソーセージ、ホントは“チョリソ数本使用”とあるところを、事情によりハーブ系のヤツを刻んで投入したのも、香り付けにはピッタリはまったのかも。

濃厚複雑な香りは、このままカリー方面に移行も可能な気配だが、今回は薄塩サッパリトロリな香る豆スープ状態で調理ストップ=完成。

もう、料理はナンとかなりそうなんで、やっぱ練習だよな、原曲研究と。

温泉二昧

20091128174936
20091128174932
昨日の臭気は基礎工事の作業中のモノだったので、夕方暗くなるにつれ臭気は沈静化し、我が職場はいつもの落ち着きを取り戻した。

しかしまぁ、金曜日は移動日なので、気持ち早めに職場を後にして、クルマに荷物を積み込んで…夕方の大渋滞に突入。

それでも気持ち早めに出た分、気持ち早めに実家に到着。
その後、
『そうだ、この時間ならギリギリ間に合うかも!?』
と、まだ一度も寄ったことの無い、比較的新しめの大型日帰り温泉施設に向かった。

確かに大型。
『プールではありません』
と注意書が。
いやぁ、子供は泳ぎたいわな、デカイもの、内風呂。

さて露天。
む~ん、屋内風呂に比べるとこじんまりしてる気も…いや、ホントは小さくも無いのだろうけど、庭が広いんだな、広過ぎ。

なんつってる内に、閉館時間が迫っているらしく、人々は去ってしまい、しばし露天&広大な庭園を独り占め。
屋内に戻ると、係の男性が洗面器や椅子の片付け中であったが、せっかくだからプール大の屋内風呂もしばし独り占め。

そして本日。
先週、高速のサービスエリアで割引券を貰い、試しに独りで行ってみた温泉宿の日帰り入浴に、二週連続で行くことに。
割引期間が今週までらしいもので…

そう言えば、昔は、
『自分ちに露天風呂作ったりしたいなァ』
なんて思ったりもしたけど、色々考えると、毎週でも毎日でもどっかの温泉に通う方がはるかに安くて楽チンなんだよなァ、間違いなく。

職場の臭い(ニオイ)

いやぁ、堪らん。
“香り”でも“匂い”でも無く、“臭い”である。
正直、身体に悪いと思う。

僕の借りているのは、上が大家さんのご自宅になっているという小規模なビルの1階。
住居やオフィスに貸しているスペースも何部屋かあるのだが、いわゆる管理人とか清掃員とかはおらず、共用スペースはたまに大家さんが掃除して下さっている。
昨日がその清掃の日だったみたいなのだが、その後が辛かった。
アレは・・・多分ネズミ除けなのかなぁ・・・ビル周辺に強烈な薬剤のニオイが。
で、我がオフィスは1階である。
ドアの(多分、下方の)隙間なんて、殆ど目に見えはしないのだが、外の空気を完璧に遮断出来ているワケでは無いので、やはりこういう臭気は浸入して来てしまうらしく、PCに向ってしばらくカチャカチャやっていると、もうナンだかクラクラして来てしまい、ネズミ(多分)より先にコッチが病気になりそうであった。
       200911270904000.jpg
そして本日。
朝から大家さんが怒鳴っておられるのが聞こえた。
どうも、ビルの裏の敷地で新築工事の基礎の流し込みが始まるらしいのだが、予告的挨拶回り無しに始めちゃったのと、昨日掃除したばかりのビル周りを思い切り汚しちゃっていたのと、僕らの出入りもままならない程の位置にデッカイ車も駐車しちゃっているのと・・・等々、そのアバウトな工事業者に様々な注意をしておられるようであった。
どう見ても、我が大家さんが正しいぞ、パチパチパチ。

が、またも我がオフィスは1階である。
朝から臭い(クサイ)ったらないのだ、基礎流し込み作業中の生コン車の排気ガスが。
ウルサイのも辛いけど、やはりソレよりも空気だ。
オレはそもそも苦手なのだ、こういうモロに身体に悪そうな空気は。
先ほどからセキも出始めたし、喉も痛いし、アタマも次第におかしくなって来ている気がする。
2日連続で身体に悪そうな空気を吸い続けるのは、かなり危険。
コレは・・・閉店か、本日は。
何も、限界まで粘らなくても、我が身が大事だものなぁ・・・
              200911270743000.jpg
そうそう、“我が身”で思い出した。
昨夜は近所で小規模な研修があったのだが、その後の飲み会で講師のセンセイの正面に座って飲んでいたら、
講「実は、先日新型インフルエンザで休んじゃいましてね」
とのご発言が。
う~む・・・真正面にいる方にそう言われてもねぇ・・・
講「タミフルで、1日で治りましたけどね、ええ、もう大丈夫ですけど」
コレを聞いていた、僕の隣のセンセイ(というか、昨夜は受講生)ナンかは、
受「お!僕の身近なところでは第1号ですね、初めてですね、話では聞いても、ホントの感染(体験)者に会ったのは!」
と、やや嬉しそうにしていたが、どうもこう、“我が身”を思うとネェ、そこまでノー天気にはなれなかったなぁ、僕は・・・
                     200911271443000.jpg
あ、コレは本文(?)とは直接関係無くて、昼に我がマンションで見掛けた“ロマネスコ”なる不思議な野菜。
カリフラワーとブロッコリーのかけ合わせらしいのだけど、ナンかこう、パステルカラーの粉がパラパラして来そうでもあり(実際は硬いです、粉どころじゃ無いです)、ツブ貝を複雑怪奇に貼り合せたようでもあり、更に良く見ると、そのツブ貝は無数のチビ・ツブ貝で構成されていたり、と、見た目は食べ物でも野菜でも無さそうにも見えます。

選曲定まらず・・・

昨日は夜から面談があって、終了後はもう、何となく飲み始めるような時間じゃ無くなってたので、
『ならば』
と、飲まずに夜中の練習スタジオへ向った。

しかし、選曲は一部白紙状態のまま。
テーマとしては、12月だし、“今年の曲”みたいなことをボンヤリとイメージしてはいるのだが・・・。
200910071338002.jpg
実は金ちゃんにも伝えてあるのだけど、宴会TIMEとオマケのスペシャル・ステージの時間も考慮して、全体的にはやや曲数を絞り気味にしようと思っているので、その分なかなかに悩ましいのである。

“今年の”というのは“今年書いた”だけではなくて、“今年カヴァーした”も含むのであり、コレがまた自分としては結構気に入ってる曲が多く、絞り切れないので今はあまり考えずに片っ端から唄ってみている。
ん?ナンか、昨日書いてたのと随分矛盾するような・・・

でもね、ちゃんと聴きますよ、原曲もね、来週は赤羽エリック氏と某Bandの“原曲研究会”を開催することになってますしね。
       200911260818000.jpg
12月22日(火・祝前)
板橋フォーク酒場『少年時代』
親指金画 大忘年会LIVE
料理持ち込み自由、飲み放題コースあり
              200911220920000.jpg
え~と、オマケのスペシャルでシークレットなLIVEですが、まぁね、金ちゃん含めて僕ら3人組がいて、で、今回は、
『店主Paul井上さんが年内一杯で帰郷しちゃう』
ってタイミングですからね、大体想像はつきますかね、“記念に4人組で”となればね、
『ステージ中央に立ってGeorge役に徹する赤エリ氏の姿』
とかですね、ええ、一応まだ“シークレット”とは言えね・・・ナンか、自分よりもその“George役に徹する赤エリ氏”を想像すると、コッチが緊張して来ます。
                     200911220921002.jpg
シャレで済ませたいけど、“弾き語り”や“誰かと2~3人でセッションで”っていうのとはまた違って、ピッタリ“4人組”となると、コーラス・パートまで含め、お聴きになる側の見る目が俄然厳しくなりそうな予感もしますし・・・。
なので、“原曲研究会”は必須。

11月はGeorgeの季節

昨夜は六本木C店で、栄ちゃんのGeorgeメモリアル・イヴェントを鑑賞。
やはりGeorgeの楽曲は素晴らしいなぁ、と、今更ながらしみじみ思う。

しかしまぁ、どんなに憧れてもどうなるものでも無いのであり、僕は僕の唄を唄うのみ。
       200911251421000.jpg
12月22日(火)
板橋フォーク酒場『少年時代』
親指金画 大忘年会LIVE
料理持ち込み自由、飲み放題コースあり
                     200911251420000.jpg
料理のことばかり考えてないで、練習練習!
しかしその前に・・・カヴァー曲は今一度原曲をしっかり研究しようと思う。
当たり前のことではあるけれど、そこからキッチリやり直す、って、普段あまりやってなかったりするし。

山を歩いて。

実はここ数年は冬~春の雪山歩きしかしておらず、この連休の茶臼岳登山で、
『ああ、俺は長いこと“歩いて下る”ってのをやってなかったのだな』
という事実に気付かされた。

スキーの裏にシール(滑り止め)を貼って登り、剥がして滑り降りる。
スキーを担いでスノーシュー(西洋カンジキ)で登り、スノーシューを担いでスキーで滑り降りる。
基本的に、この2パターンのみなので、雪山の場合、帰りは殆ど歩かないで済んじゃうのである。
       200911101122001.jpg
で、まだ滑れないスニーカー登山の茶臼岳。
足元はとにかく大小の岩だらけ。
従って、大岩を蹴って登り、小岩を転がして下ることになるのだが、
『こんなに皆で岩を転がしてたら、やがて山の上には小岩は無くなっちゃうのでは!?』
ってぐらい、全面的に岩だらけであった。
コレがまた、歩き難いったら無いのだ。
まぁ、“粗めの砂利道の急な下り坂”、コイツを延々と下り続けると、そう想像して頂きたい。
勢いがついて来ると、小走りになったりもするのだ、岩山のテッペン附近で。
正直、恐かったです。
                     200911181427000.jpg
でもね、単純なものでね、春~秋の佐渡島にいると、
『嗚呼、海はイイなぁ、海の近くに住みたいなぁ』
と思い、初冬の山に登れば、
『嗚呼、山はイイなぁ、今年も沢山登りたいなぁ』
とね、思ってしまうのですね、贅沢な遊びです、どっちも。

冬枯れた湿原を行く。

20091123172201
20091123172158
20091123172155
快晴だったので、連休初日に雨で取り止めた湿原散策へと出掛けた。
幹線道路から山の上の湿原までの山道は、冬場はほんの入口までしか除雪が入らないエリアなのだが、ソレが魅力でもあり、今年も春の残雪の頃にクロカン登山にやって来て、結局爺やも自力で湿原入口の駐車場まで登り切ったことを思い出す。

勿論今日はクルマ。
それにしても、わかってるとは言え、湿原入口まで延々と登るだけの道であり、
『コレを登り切るとは…凄ェな、爺や』
と、改めて感心してしまった。

湿原は皇室御用達で有名なのだけど、この季節はもう、高山植物なんかを見て回る陽気では無く、冬枯れた木道をひたすら歩くのみ。

いや、実際は“のみ”でも無くて、駐車場からその木道に入るまでの道のりが泥濘だらけで、hanna嬢はへっちゃらでもwansuke爺は手足胸元泥まみれに。

ソレが原因で、戻りは濡れたジャケットなどが冷たくなってしまい、疲れと寒さでやる気の失せた爺やを専用バッグで抱えて歩くことに。

11㎏加算された荷重に耐え、急な坂を登り、泥濘の細道を駐車場まで。
キツい坂だったけど、昨日の登山のお陰か?そんなに辛くは感じ無かった。

布製のバッグに収まり、プルプル震えながらも、僕の胸の温もりと揺れにまかせて、やがて眠りそうな息づかいに変わって行く爺やが、ただただいとおしく、
『オレは忘れないだろうなァ、この感じ…』
そんなことを考えながら、高原の冷たい空気を吸い込んで、黙々と駐車場までの泥道を歩いたのでありました。

那須・茶臼岳山頂へ。

20091122184523
20091122184521
20091122184519
20091122184517
20091122184515
20091122184512
昨日とは逆に、下界はドンヨリしていたが、山頂はキレイに見えていたので、取り敢えずロープウェイの駅まで行ってみることに。

“キレイに”と言うのはしかし、前か後ろに“白く”がつくワケだが…

実は那須のロープウェイは犬もOKなのだが、観光でロープウェイに乗るだけのファミリーと違い、山頂駅から先の本当のテッペンを目指しているのであるからして、さすがに犬達はクルマで留守番に。

昨夜遅くまで独りで飲み続けていたため、ややアルコールが抜け切っていなかったのだが、山頂に向かって歩き出したらもう、そんな気分はフッ飛んだ。
寒(サブ)いのだ。

ロープウェイを降りてすぐに、何となく山頂方向に歩き始めたくなるような造り(?)になっているので、観光ついでに仲良く登り始めちゃうアベックや家族連れもチラホラいるようだが、正直今日はキツそう。
風強いし、昨夜の雪が残ってるし…と、他人のこと心配している場合では無く、かなり本気の登山モードに切り替えて、帽子と手袋を装着。

現実問題痛いぐらいに“サブい”のと、結構勾配のある岩山登りなので、いわゆる“手で登る”箇所もあって、手袋は必需品。

天候は、登れば登っただけ晴れ、みたいな感じで、その意味では実に爽快。
が、しかし、道のりはキツかったァ…

キツかったがしかし、犬達は歩いていないのであるからして、クルマに戻った後は、どこかで散歩タイムを取らねばならない。
結局、駐車場からの下山途中にある“自然研究路”なる遊歩道に立ち寄った。

ココは一度、真冬のクロカンで途中まで歩いた事があったのだが、雪に埋もれるとコースがわからなくなる山道で、
『一度は雪の無い季節にコースを確認しておかねば』
と思っていたので、先の登山&下山で脚はかなりヘロヘロ状態であったが、『起伏の少ない散歩道』的な案内表記を信じて山道へ。

コレがしかし、冬に引き返した辺りまでが平坦で、そこから先はひたすら階段を登る登る登る…

犬達は留守番直後で大ハッスルだったが、人類的には限界に近い強行軍となってしまった。
ま、
『念のために』
と用意した爺や(の抱っこ)用バックは使わずに済んだし、爺やがまだまだ歩けることも確認出来たから、良しとするか。

Lunch&Dinner

20091121171245
20091121171241
山は雨であった。
登山などやる気になれない空模様。
仕方なく下界で過ごすことに。

下界は晴れ。
母親をLunchに連れ出す。

以前海鮮ちらしなどを食ったことのある店で、和食のプレートをたのんだら、ナンだか温泉宿の晩飯みたいなことになってしまい、ついつい写真撮影。
これに茶碗蒸し、ご飯、アサリ汁付き1300円は安い!

そして今…

ひと月後の持ち込み料理の研究中。
コイツは試作品のダッチオーブン料理、“丸ごとロールキャベツ”。
メンバー全員野菜炒め、っつうワケには行かんからね、頑張ります!

出掛けたがり

連休である。
しかし、珍しく何のプランも無い。
三連休を前に、基本出掛けたがりの僕的にはホントに珍しい。

理由は簡単で、今夜が会議だから。
連休前夜の出鼻をくじくには、充分である。

で、これがまた、宴会のお誘いを振り切って逃げ帰るのが大変気まずい集まりなのだが、しかし、そうしないと明朝の連休渋滞にハマルのは目に見えているのであるから、
『絶対ぇ飲まないで帰るぞ』
と、そう決めているのだぞ、俺は!
(自分自身への宣言ですね、ハイ)

プラン無しとは言っても、多少思うところはあるワケなのだが・・・でも、あるのはまぁ、
『近場の山でも歩いてみるか』
というだけなので、明日になってから考えるかな、どの山を歩くかは。
       200911181428000.jpg
       見るからに歩きたくなさそうな・・・
       しかし、現地でスイッチ入ると急に若返ったりもするんだよな、爺やって。

>犬やかんさま

確かに世代はあるでしょうねぇ。
僕の同業者ですら、10歳下の若手(赤エリ氏ではありません)が連発してるもんなぁ、“の方”。

しかし、“の方”はですね、時に曖昧で、詐欺なんかにも使われたりして、あまりよろしくないのですよ。
詐「消防署の方から来ました」
ってヤツです。
方角を言ってるだけで、署員だとは言ってないというね・・・
                     200910300854001.jpg
次回の板橋LIVEでは、赤羽エリック氏の“野菜炒め”宣言に続き、金ちゃんからも、
『何か考えてみます』
との、ご本人からの回答メールが届きましたので、皆さんお楽しみに!
って言うか、是非お越しを!

そうか・・・連休、雨の日は料理の研究でもするかぁ・・・得意技の“握り寿司”ってのは無理っぽいしなぁ、あの店で出すにはねぇ。
う~む・・・

「うんウンうん」とは何事だ!!!

“♪言葉を全部過去形にして”という、僕が今年書いた曲が、
『サラ金の社員の“今風ヘンテコ過去形言葉”をヒントにしたものだ』
って話は、以前ココにも書いたし、LIVEで唄う度に説明したりなんかもしている。
              CA0Y75LR.jpg
そして昨日。
オレは某大手スーパー系カード会社のお兄さんと、依頼人が払い過ぎた違法金利を返還してもらう交渉をしていた。
念のため申し上げておくが、サラ金だけではなくて、スーパー系やデパート系のカード・キャッシングも、実はつい最近まで違法金利で契約していたのであり、今になってお客さんからその返還を請求されるケースも多いのだ。

ナンだかヤケにスレていた。
そう感じてしまった。

スーパー系とは言っても金貸し部門だ。
毎日毎日、
兄「金返せ」
だの、
客「そっちこそ返せ」
だのやっている内に、どうもこう、オレより年下なんだか年上なんだかワカラナイくらいのスレ具合になってしまうのかも知れない。

兄「うん、ウン、うん、センセイね、こちらの方も大変厳しい状況でしてね」
俺「(出たよ、うん言葉ね、丁寧語だか尊敬語だか謙譲語だかの、“ウン”ね)ハイハイ」
兄「ウン、で、通常はですね、うん、ご請求頂いてる金額の方のですね、▲割ぐらいのご返還でね、皆さんの方にお願いの方してましてね、ウン」
俺「イヤですね。ダメですね。▲割じゃあ裁判ですね。満額に近い金額じゃないと」
兄「うん、センセイの方でそう言われるようでしたら、こちらの方も、もう少しお時間の方、掛かりますけどね、ウン」
俺「時間掛ければ返還額上がるの?良くワカラナイけど、待ちますよ、多少の時間は」
兄「うん、わかりました。そしたらですね、ウン、私の方でですね、うん、上司の方に確認取りまして、ウン、またご連絡の方をですね、差し上げますよ、うん」

失笑をこらえつつ、一旦交渉終了。

“うんウンうんウン”と話が長いお兄さんで、途中、
俺「そのウン言葉をやめんかァ!」
と言いそうになったが、中身としてはまぁ、話せばわかるお相手らしく、待てばナンとかなりそうだ。
                     CA7AMVNI.jpg
ついでに思い出してしまったが、こないだ日曜日の朝の討論番組で、某党の国会議員が、
議「先ほど@@先生が申し上げたお話は~~~」
だの、
議「いや、ですからソレはですね、万が一☆☆先生が申し上げた通りだとしますとね~~~」
だのと、馬鹿丸出しの日本語で熱弁をふるっていて、
『全国ネットで大丈夫なのか!?この某センセイは!?』
と余計な心配(の方)をしてしまった、とだけ仰って(←ウソですよ!“申し上げて”)おこう、ウン。

忘れ物!?物忘れ!?

今月3日の赤羽キャバーンでのこと(って、まだ引っ張るか!?)。
いやね、あの日はこれまで経験したことの無い、“ハーモニカのミス”が多かったんですよ。
“ミス”=“吹き間違い”では無くて、“別のキーのヤツをホルダーにセットしちゃって間奏とかで吹くと丸っきりデタラメな音が出てしまい大変アセル”っていうね。
最初の一曲はそもそもハーモニカ自体を忘れてたけどね、首から掛けるのをね、ええ、ああなるともう、デタラメな音も何も、物理的に吹けないワケだが。
200909130946000.jpg
で、あの日は本番中に“A”のキーのハーモニカが壊れてしまい、急に“音痴”に。
アレも困った。
その(壊れた箇所の)音を避けて吹く、と言うのがね、咄嗟に出来るワザを持ち合わせてればイイんだけどさぁ。
       200909130935001.jpg
そして僕は昨夜、次回へ向け、まだ選曲し切れていない大量の“候補曲”の譜面を持って、しばらく振りに練習スタジオへ向ったのであるが・・・その、“A”がもう音痴であることをすっかり忘れていたのであった。
仕方ないのでそのキーを使う曲は、間奏やら後奏やらのハーモニカが音痴のままやってみたのでした・・・トホホ。
              200909130935004.jpg
んで、更に・・・

昨夜スタジオに到着するなり、カウンターの男性が言ったのでした。
男「あのぉ・・・H田さん・・・もしかして、こないだ(3日のLIVEの前、多分2日の夜だな、ソレは)Gジャン忘れませんでしたか?Aスタに」

う~む・・・ソレは紛れも無くオレのGジャンであった。
着るの忘れてスタジオ内に置いて帰るのも凄いし、帰って全く気付かないのも凄いし、今まで忘れ去ってたのも凄い・・・愕然。
そして戻って来たGジャンは・・・
多数のバンドさん達が日夜タムロする音楽スタジオの受付カウンターの脇の棚の上に置かれて2週間以上保管して頂いていたワケでありますからして・・・恐ろしく染み付いてましたね、ええ、ヘヴィ・スモーカーっすね、Gジャン・・・
                     200909130935002.jpg
>テクノママさま

バレてるとは思いますが、
『赤羽キャバーン以外の場所でやるには・・・』
『料理だけはナンとかそれなりに美味しいものを・・・』
と、悩んで捻り出した苦肉の策でございます。
是非ともご協力を!
              200906131022002.jpg
あ、赤羽エリック氏は既に覚悟を決め、
赤「ソレは・・・やっぱ手料理の方がイイんですよねぇ・・・!?野菜炒めかチャーハンか・・・」
などと言ってましたんで、お楽しみに!
ま、普段自分が家で食ってるメニューを提供するってことなのですが。
       200909051222000.jpg
写真は本日も在庫を一挙に。
一応・・・昨年暮れに機種変更で使い始めたケータイが、あまりにも使い難いもので、心の片隅で再度の機種変更を検討中でして・・・本体保存の画像は今の内に出し切っとくかな、とね。
200909130935003.jpg
昨夜はhanna嬢が先に僕のベッドにいて、僕はなるべく静かにソコに入れて貰い、ほんの僅かな時間一緒に寝たのだったが・・・
しかし、ホントに僅かな時間で逃げられてしまった。

そして、明け方。
僕は夢の中で、玄関から出ようとしているhanna嬢を見つけ、そのドアを開けると・・・
ナント、hanna嬢では無しに“真っ黒いモシャモシャの犬”が飛び出して来るではないですか!!!
俺「ウワァ~~~~~~~!!!」
大声を上げつつ目覚めた僕。
ナンとしても“自分の好きな時に一緒に寝てくれる(第三の)犬”が欲しい、そんな願望から来る夢なのでしょうかねぇ・・・

撮りだめというか・・・

似たような写真を使った残りだったり、やや暗かったり、ピンボケだったり、と、ブログに掲載し損ねた分だけでも結構たまるものなのだな、犬の写真って。
ということで、夏用に頂いた素敵な服、実は今日あたりも着てたりもするので、以下、夏から本日までの未掲載写真を一挙に(まだ一部だけど・・・)掲載させて頂きます。
200911170815005.jpg
これは今朝の爺や。
       200911170814000.jpg
       夏の水着素材の上に毛布・・・何故!?冬服だってあるだろうに・・・
              200911170815002.jpg
              こちらは今朝のhanna嬢。
              やはり薄着の上に毛布・・・何故!?
              食事や調理中の張り込みは、今やhanna嬢の方が頑張ってます。
                     200909022159000.jpg
                     爺「オレ様だって頑張ってんだよ!」
              200909010750000.jpg
              今年の夏は、この柄も頂きましたネェ。
       200909122130002.jpg
       こちらは通称“ゴールデン・ローズ”!
200909021459000.jpg
hanna嬢に比べると、全身で伸びをしても“短め”の爺や。

さて、11月も半分経過。
恐ろしいことに、もう再来週には12月に突入するのです。
3日の赤羽キャバーン以来、まだ少し抜け殻状態なのだけど、もう始めないとなぁ、暮れの準備・・・
       200908261433000.jpg
       爺「気の抜けた練習より、休養も悪くないぜ」

いやぁ、休養しちゃうとさ、見事に下手になるからねぇ、僕の場合。
              200908261434000.jpg
              爺「オレ様は“安静に”だかんね、休養休養zzz」

週末に板橋フォーク酒場『少年時代』に寄って、年末の打ち合わせ。
一度美味しい食べ飲み放題を体験してしまった、という事実をそのまま伝え、ナンとかお互いにイイ感じの条件を探る。
しかし、酒場のおつまみ食べ放題ってのもどうかと思うのであり、ソコはもう、思い切って“持ち込みフリー”にさせて頂いた。
店「ウチとしては、条件云々より、ココを使って頂ければ」
との、有難いお言葉。

そうと決まれば持ち込まないのはつまらない話なのであり、赤羽エリック氏や金ちゃんにも、是非何か料理を持ち込んで頂きたいものであるなぁ。
                     200909022158001.jpg
                     爺「オレ様へのお土産も大歓迎!」

そして、これまでは3,000円で1ドリンク付きだったのを、
俺「暮れだし・・・多少の宴会っぽさも欲しいなぁ」
というこちらの希望も受け入れて頂き、2ドリンク付にして貰い、更にもっと飲んじゃう方は、1,000円プラスで飲み放題に!

12月22日(火・祝前日)
18:30open
19時頃スタート予定

ロック青年・金ちゃん、歌う気満々です。

今回の目玉は・・・LIVE本編終了後の、クリスマス・スペシャル・シークレット(!?)・オマケLIVE!
かなり強引に企画中です!

皆さん、色々ある時期ですが、是非おつまみ持参でお集まり下さい!

アタマばかりデカイ犬

若い頃、そんな風に言われたりもしたっけ。
       200911101122000.jpg
       爺「賢いって意味だろヨ!?」

確かに、hanna嬢はアタマ小さいし、爺やに比べ、賢いとは言い難い・・・

そのアタマのデカさ故か、爺やはやはり、首に若干障害がある模様。
獣医さんによれば、
医「チックも悲鳴もソコからくるのでは?」
ってことらしい。

俺「で?“助手席の怪”はどうなってんの!?」
と聞きたいとこではあるが・・・

まあ、当面は手術とかそんなスゴイ対処はしないで見守ることにして、
医「安静に」
ということで、とりあえず散歩は首輪から胴輪に変更、ってことになったみたいです。
              200911090801000.jpg
              嬢「ワラシのアタマがナンレスッテェ~~~!???」

爺やのチック!?そして悲鳴!?

20091115163835
20091115163831
しばらく前から、クルマの助手席に座るとチックの症状が。

いわゆる“ビートたけし状態”で、一度この状態に入り込むと、もうナンだか止まらないのであり、初めて見た時は大変焦った。
最初の一回目だけは、
『ハエ!?ナンか飛んでるか?車内に?』
みたいに思ったのだが、その後もずっとチックチックチックチックやっているのであり、こちらとしては名前を呼び掛けるぐらいしか手立てが無い。
しかし、コレが実に不思議なことに、後部座席に移動するとピタリと止まる。
コレがなお一層謎を深める。
『助手席に何かカラクリが!?』
と、そんな気分になる。
でもなァ、ホントの原因ってのを、ちゃんと調べてあげるべきなんだろうなァ…

ホンワカした写真のワリに笑えない話題が続いてしまうのだが、爺やをめぐるもう一つの謎、それが“悲鳴”。

ちょっとした瞬間、例えばこちらがフトどこかに触れた瞬間などに、“泣き声”を上げるのだ。
“鳴き声”では無い。
そして“いつも”でも無い。
というより、いつもはいつも通りで、触ろうが抱こうが全く平気。
だからこそ、泣いた時は、
『一体どこがどう痛いのか!?』
全くワカラナイだけに、何もしてあげようが無いのである。

『喋ってくれたらな』
色んな場面でそう思わなくもないが、ソレが犬と暮らすということなのだろうなァ。

こないだ久し振りに更新された黒澤さんのブログのペットロスについての記述を思い出す。

フェリー転覆…

20091114200051
20091114200048
アレは怖い。
多分、
「フェリーなんていつ乗ったっけ?」
「子供の頃、どっかの観光で…!?」
ってな方も多いだろう。

しかし、我が家は違う。
毎年数回、やや狂い気味に佐渡島に通う身であるからして、
『もしあんなことに…』
なんて考えたら、とんでもなく恐ろしいでは無いか!!!

犬、どうする!?
クルマ、どうなる!?

多分…どうにもならんのでしょうなァ…

犬=手荷物扱い。
クルマ=ん~~~、船会社の保険?自分の車輌保険?
どっちにしても、荷物は全て絶望的だよなァ。

いや、いくら赤字の佐渡島汽船とは言え、あんな人数じゃないんで、パニックだよ、絶対、タイタニック状態…
あ"~~~怖っ…

らっきょう(と、かんぴょうと、さくらでんぶと、目玉焼きと…)

20091114000016
20091114000004
いつの間にかしばらく食って無いモノ、ってのがある。

理由は単純。
『ワハ母氏が苦手な食い物だから』

ある日の実家にて、母親が自分で食べる為に漬けたらっきょうがテーブルの上にあり、ふと気付かされた。
『俺、久しくらっきょう食ってなかったなァ…』

別に大好物ってワケじゃないけど、食材その他一切をワハ母氏任せにしている限り、自分ちには絶対に登場しないらっきょう…

オレは今夜、お袋直々に、
袋「来年は自分でやってみたらイイわ」
と、らっきょう作りなど教わってしまったのだった。

すげーな、俺。
やんのか!?らっきょう!?来年!?

『定年ゴジラ』

文学座の芝居を観に行った。
そう、義理の叔父にあたる、
武「よし!わかった!」
の武さんが出ているのです、重鎮ですからね、文学座の。
告知のチラシがTHE BEATLESのアルバム“アビーロード”のジャケットのパロディになっていたし、“定年”ってテーマあたりからしても、
『もしかしたら・・・!?』
と多少の想像はしていたのだが、シーンの切り替え時などに流れるのが見事なまでにホンモノのTHE BEATLESの楽曲であり、ソレがまた、
『コレって、文学座から、払うんだよねぇ、やっぱ、いくら掛かるんだか!?』
ってぐらい色んな曲がちりばめられていて、それだけでも楽しめた。

お芝居の内容も非常に楽しいものであったし、まぁ、文学座に興味が無い方(って表現もどうかと思うが・・・)でも、ビートルズ好きの方にはオススメのお芝居であった。

そして・・・
私はこのような方を(義理の)叔父に持つようになって初めて知ったのだが、終演後は意外と簡単に、そこらのスタッフに、
ワ「あのぉ、加藤武の姪なのですが」
と言うだけで、アッサリと楽屋裏に通してもらえて、お土産など直接お渡し出来ちゃうものなのですね、コレがね、
武「やぁやぁ、どうもありがと」
俺「ハイ!面白かったです!」
武「犬達にもよろしくね」
なんつって。
で、これも大人になって(!?)初めて知ったのだが、文学座の公演ってのは、会場に役者さんが多いのね、有名無名問わず。
で、終演後には知り合いの出演役者に会うために、皆さん当然の如く次々と楽屋裏に入って行くのであり、僕なんかはもう、ただただ、
俺『ん~~~、今の人、名前知らんけど、え~と、あ、コッチは、えと、何かのドラマで、ん~~~』
と、目の前を行き来する(申し訳無いが良くは知らない)役者さん達を眺めつつ、叔父さんが着替えて出て来るのを待っていたりするのでした、さすがにね、役者仲間さん達みたいにズカズカとはね、入れませんからね、中までは。
       200911120754000.jpg
さて、その面白かった『定年ゴジラ』であるが、間に休憩を挟む結構長めのお芝居だったので、終演後の出待ちをして叔父さんとの簡単な挨拶を終えると、もう夜の10時近くになっていた。
本当は終演後は急いで赤羽に戻り、来月で閉店してしまう“まこと”さんに行こうと予約までしていたのだが、コレはしかし、会場に到着し、掲示されていたタイムテーブルを見た時点でキャンセル。
このアレです、
『“まこと”や“居呂利”に行くには遅すぎる、しかし“キャバーン”は定休日』
な水曜日の遅い時間、ってのが、大変悩ましいです、赤羽。
そりゃまぁ、中華や寿司だったら何軒か知ってるけど、いずれもつい最近行ったばっかだし・・・

で、“ち◎う助”に。
以前にも登場したけれど、ココはまぁ、“特別ナニがどう”って店では無いのだが、深夜までやっていて、“そこそこ飲み食い出来る”という意味では、便利なのだ。
焼トン“米▲”とかはね、行く気しないしさ、今は。
そしてこの店のもうひとつの特徴と言うか、お楽しみは・・・ガラの悪さ。
“店が”では無しに、“客が”であるよ、面白いよ、ホント。
ビル自体がそういうエリアにあるせいか、いっつもこう、場末感溢れるお客さんがいるのだ、何人かは。
                     200911120842001.jpg
昨夜の左隣は、見た目50歳代のチンピラそのもの風紳士&その情婦っつうか姐御っつうか奥様っつうか、とにかく守備範囲外っつうか、な女性。
お二人とも全く途切れることなくタバコに着火。
まぁ、ソレは良いとして、だ。
紳士の服装がたまらんのよね、コレが。
上下意味不明な(でもこの界隈ではアチコチで売ってたりもするチンピラ&ヤンキー系の)柄物で、ベルトもナニやら動物柄物風、で、背中の壁に掛かっている上着がまた、見事なまでのソッチ系の柄物。
ん~と、でかい十字架にナニやら纏わりついてるのが見えるのだが、でもニャロメに牙が生えた様な猫の口元みたいなのも見え隠れする、説明不能な柄物であった。
見事な場末感、素晴らしく赤羽らしい光景。

そのカウンターの向かい側正面にはTシャツの、そうだな、別の路線ではあるがやはりチンピラ風。
年上に見えるけど、俺も歳だからなぁ・・・ワカラン。
お勘定を済ませて、どこかへハシゴって感じだが・・・Tシャツの上に黒の革ジャン!
カッコイイね、赤羽の夜は!

で、僕の右側の女性は・・・ドクロ柄だよ、ドクロ!
女性二人連れなのだが、お一人はドクロ柄入り超ミニのワンピース!?
いや、ナンと言うか、肩の辺りのドクロからこう、目を下へ向って下ろして行くとですね、いや、僕には全く必要無いのだけれどもビックリするくらい必要以上のミニなのですよ、コレが。
で、振り向くその、えと、表情っつうか化粧っつうか・・・う~む・・・

うな垂れて、
俺「ホッピー、中ちょうだい!」
と、見なかったことにしてしまう私なのでした。

まぁ、“まこと”さんに行けなかった分は、芝居と場末見物で楽しめましたとさ。

やい!ETC!

昨夜は無料電話相談の当番で某会館に詰めていた。
かつては鳴り止まないというか、ひとつ相談が終わればまた即、次の電話が鳴る感じだったのだが、このところこういう相談システムが日本全国アチコチに拡がっているお陰か、僕らの当番のヤツも少し電話が減り気味。
昨夜の某会館は、“電話応対の一助に”と、ノートPCが用意されているブースだったので、電話がピタリと止まってしまった空き時間に、気になっていたことを検索してみた。

『11月2日(月)に走った高速料金は、何故休日みたいな金額だったのか???』
である。

答えは簡単で、
『その日は休日扱いだから』
ただそれだけのことであった。
随分前からこの日は休日扱いにすることに決まっていて、ETCのHP上には小さな文字で掲載されていた模様。

しかし、知らんだろうよ!?誰か言ってたか!?高速のどっかに書いてあったか!?横断幕とか、渋滞情報なんかの電光掲示板とかさぁ!?
まぁ、安くなったのだから悪くは無いのだが、“休日扱い”とわかっていれば、更に楽でお得な走り方というのがある(コレが本当にある)のであり、俺は当然そういう走行法を採ったハズなのだ。

ETCとの付き合いも、世間の皆さまからすると随分長く、且つ走行距離もかなり多い方に入る私なので、もうとっくにわかっているのです・・・
『料金割引社会実験だとか割引率UPだとか、利用者に得になる情報は、ヒッソリとね』
という基本的姿勢なのだ、とにかく、常に。
いや、ETCに限らず“ヒッソリ主義”なのだ。
       200910071349000.jpg
10月に盛岡方面へキャンプ旅をした際、行きの高速でイキナリ、
『この先事故で◎◎インターから▲▲インター間通行止め』
との表示に遭遇した。
こういう場合、突っ込んで行っても大渋滞に巻き込まれるのがオチなので、少し手前のサービスエリアで時間潰し&情報収集(&犬の散歩)をするのが得策だと判断し、
『出来ればニンゲンがいて最新情報を提供してくれるようなとこないかなぁ』
との淡い期待を込めて、小さなパーキングエリアではなく、大き目のサービスエリアに入った。
案の定、大混雑。
で、画面で情報流すだけのサービスに、凄い人だかり。
「う~む・・・」
諦めて外に出ようとした、そのドアの手前の壁面に、ナニやら電話番号らしきモノが小さく掲示されているのが目に留まった。
『ナニナニ・・・!???』
そこには、超超ヒッソリと、いくつかの電話番号が書かれていた。
あまりにもヒッソリなので、俺以外は誰も気にしてないというか、皆、食い入るようにさっきの情報画面を見つめたままで、コッチに来る者すら殆どいない。
『ムムム!???仙台エリアはこの番号で、その他の東北道はこの番号って・・・???』
そこには4種類ほどの電話番号が並んでいた(くどいけど、超ヒッソリと、だ)。
この場合、考えられるのはまぁ、掛けてみても音声で情報を流してるだけで、今、俺の後方で流れている画面で得られる情報以外のモノは何も知ることが出来ない、ってパターン。
それだけだと、俺は既に何種類かそのテの音声ガイダンスの番号ぐらい携帯に入っているのであり、さっきも聞いたし、何もわからなかった。
しかし、そこに並んだ四つの電話番号は、いずれも俺の知らないものばかりであった。

女「ハイ、高速道路~~~センターの■■です」
俺「(え!?出るの!?ニンゲンと話せるの!?)あの・・・今、◎◎インターの手前の~~~にいるのですが、この先の事故で通行止めって、どんな感じっすか!?」
女「え~と、少々お待ち・・・え、あ、え~と、最新の情報でですね、ん?え?あ、最新の情報ですと、間も無く通行止め解除ですね、ハイ、そうですね、間も無く解除です」

ってことで、俺はクルマに乗り込んだね、颯爽と。
で、思いましたね、そん時もね、
『ナンでこんな便利な情報提供ダイヤルを、あんな誰も気付かないようなとこに“ワザと気付かれないように”掲示すんのかなぁ』
とね。

あ、ETCでしたね、ETC。

昨夜、もう手遅れだけど“11月2日(月)が休日料金だった”と知った俺は、相談の電話が途切れている間に、更なる重大な事実を知ってしまったのだ。

実はETCには、有名な休日1,000円以外にも、走行時間帯によって様々な(というより、意味不明に細かく分類された)割引制度がある。
これがしかし、何時から何時の間にゲートくぐれだの、首都圏を含んだり除外したりだの、100㎞以内の走行のみ半額だの何㎞走っても3割引だのと、
『んなもん全部理解出来っかよ!?』
的に複雑怪奇に仕組まれているので、マスターするのは結構面倒。
だが、何しろ膨大な走行距離を誇る私であるから、正直、
俺「わかんなかったら僕に電話して下さい」
ってぐらいに、マスターしていた(つもりだった)のだよ、俺は。
で、“100㎞以内の走行”ってのはだね、信じられないかも知れないが120㎞走行した場合にその内の100㎞分の料金を半額にしてくれるのでは無しに、同じ割引時間帯に走ってんのに“120㎞分満額取られちゃう”ってので有名な屁理屈的システムで、そういう場合は走行距離が100㎞超える手前のインターで一旦高速を下りてETCゲートをくぐり(するとココまでは半額)、ゲートの先でスルリとUターンして再び高速に乗り直す、ってのが、ETC達人の常識だったのだよ、うんにゃ、今もやってましたよ、何台も同じ行動してるもの、実際。
ええ、危ないですよ、わかってますよ、でも、半額か満額かって、とんでもなく違うからさ、毎回毎回だとさ。
大体さ、こんな馬鹿げたことやらせてないで、とにかく何㎞走っても100㎞分だけ半額に割引いてくれりゃイイだけじゃん、こんなのさぁ。

ところが、だ。
俺は気付いたのだ。
その、暇な時間に覘いて見た、ETC割引の早見表・・・100㎞という表記は相変わらずアチコチに存在するのだが、どうもソレには“100㎞分適用”と“100㎞以内”の二種類があるような・・・
『ムムム!???7月8日からこうなっただとぉ!???』
                     200910071338000.jpg
皆さんには私の記述が細か過ぎて、ナニがナンだかワカランかも知れない。
しかし、俺にはわかるのだ、このお役所的文言変更の意味が!
俺「ナンだよ!教えろよ!また内緒かよ!」
俺は小さいながらも声に出してしまったね、電話相談会場の、鳴らない電話の前で。

つまり、今でも日々何台もの達人のクルマが繰り返している“100㎞の手前で一旦出てUターン”走行の内、いくつかの時間帯割引はもう、さすがにそんな“一旦出て”なんてしなくてもイイ様に、
『120㎞でも150㎞でも走って頂ければ、その内の“100㎞分適用”の割引が使えますよ』
と、変わったことを意味しているのだよ、コレはね、7月8日からね、黙ってさ。

よせばイイのに、俺は普段最も良く利用する、金曜夕方や月曜早朝の通勤割引時間帯に、
『もし、今までやってた“100㎞の手前で一旦出てUターン”をやめて、全区間をそのまま走って“100㎞分適用”されるといくらになるのか』
を、ネット上でシミュレーションしてみた。
結果は・・・惨敗。
どうも7月8日以降の俺は、“一旦出て”を繰り返す度に200円損していたらしい。
たかが、と思うだろう。
しかし、コッチは“割引適用のため”と信じるが故に、危険をおかして“Uターン”までして・・・で、200円の損。
これをしかし、毎週往復、ソイツを数ヶ月であるから、確実に数千円は余計に払っていたのだった。

お願いだ、ETC。
もう少し広報をさ、ナンとかならんかね!?
“ヒッソリ”ってのをさ、もっとこう、ドド~ンとアチコチに告知してくれないかね!?
大体、お宅のHPをさ、お気に入りに登録してるドライバーって、そんなにいると思ってんのかよ!?
って、俺、登録してるけどね、見ないよ、そんなにマメにはさぁ・・・

赤エリ氏 生ガキ9個 たいらげる

20091110165500
あ、写真はアレです、ヒートテック談義(!?)の延長線ってことで、ビートルズのタイツ王子様姿。
画像が不鮮明なのは、
『4人にとってはアイドル時代の不本意なモノだろうなァ…』
という、僕なりの配慮から(←ウソです)。

さて、昨夜は赤羽エリック氏と、先週のLIVEパーティの赤エリ氏ソロ・コーナーの動画を鑑賞。
その後、他のシーンはまたの機会にして、赤エリ氏の大好物“居呂利の生ガキ”を食いに出掛けたのでありました。

しかし食うのね!赤エリ氏!
一皿5個を二回オーダーして、僕は1個だったからね、9個ってさァ…どんだけ好きなんだよ!?

え~と、23時…
美味しいお酒でそこそこ酔ってはいたのだが、お礼がてらキャバーンへと移動。

先週はお店のお二人もかなり楽しかったみたいで、昨夜までナンだかご機嫌でしたね、色々思い出して楽しそうになさってました。

で、やはり次の機会には何かやって頂けるみたいですよ、マスター!
マ「ええ、練習しときます」
と、サラッと仰ってましたから。

ヒートテック 暖かい日は 温かい

>Dログ一家さま

ヒートテック2日目です。
しかし、金曜日も今日も暖かめなので、真価はまだ良くワカランっす。
ま、長生きのためだからね。

あ、あの、
『スーツだと下半身が寒いから』
ってことなんで、土日にジーンズの下とかには穿いてないです、今のところ。
なので、2日目ね。
       200911090802000.jpg
事前の調査によると、どうもこう、見せてしまってもイイぐらいのお洒落感、ってのも考慮しているとかいないとか・・・!?
ネット上で見てても、
『カモフラ(迷彩柄!)を旦那に買ってあげたら、“お洒落じゃん”と喜んでた』
だの、
『彼氏のを拝借したらとても暖かく、室内では上はロングTで下はヒートテックだけで過ごしてます』
だの、
『半ズボンと合わせて街を歩ける』
だのといったコメントが。

ってんで、僕も手に取ったのは“肌着”としてのグレーだのブラックだのではなしに、“見せる”ための(って、マジ!?)緑だのオレンジだの赤だのシマシマだの・・・
しかしなぁ、見たかぁ無いだろ?誰も?
で、いくらナンでも無理っしょ?コレに半ズボンで歩ったら、捕まるよ、センセイ。
大体さ、
『スラックスの下が実はオレンジ色のヒートテック』
ってのもなぁ・・・依頼者には隠すよ、やっぱ。
                     200911090801001.jpg
昨夜、板橋フォーク酒場『少年時代』で金ちゃんに会った。
というか、金ちゃんのデジタル・ドラムを聴きに行ったのだ。

で、やはり店主のPaul井上さんは、家庭の事情により年内一杯で拠点を九州の実家に移すとのこと。
となればやはり、今年は本当にお世話になったし、そもそもあの店で高級ギターに触れてなければ今の愛用ギターを購入したりしてなかったし・・・と色々考えて、
『Paul井上さんがいらっしゃる今年中に、もう一度お店でLIVEをやらせて貰おうよ』
と、そんな方向で話はまとまったのでした。

んで、来てない赤羽エリック氏の都合は全く無視して金ちゃんと二人で話を進めて来た次第。
あとは・・・マスPはどうかなぁ・・・日程決まったら、打診してみようっと。

ほんの何曲かでも、4人編成でやれると楽しいんだけどなぁ。

イイ加減でも大丈夫。

20091108181430
20091108181424
こないだのLIVEパーティの日=3日は寒かった。
そのせいで、畑のヤーコンの葉っぱは霜にやられてチリチリに枯れた状態になってしまったらしい。
しかしヤーコンは強い。
そもそも、去年収穫した後そこらに埋めて置いたタネイモを、超テキトーにちりばめて埋め直しただけ。
それだけでしかし、約半年後には…
そのチリチリを根こそぎ抜いてみると、スッゲェ立派なヤーコンが出来ていたのでありました!

が、親戚が来たりなんかしていて、肝心のヤーコンの写真は無し。
ま、ヤーコンはヤーコンだからね。

数年に一度の菌仕込み。

20091107181615
20091107181613
20091107181609
田舎道などで、キレイに並べられた椎茸のホダ木を見掛けたことは無いだろうか?

僕んとこはあんな感じじゃなくて、日陰にゴロゴロとスッ転がしてあるだけ。
だから多分、ちゃんとやる方々からすると不出来なんだと思うけど、しかしその分スリリング。
春~初冬まで、マメにチェックしてないと、いつ何時1本2本と生えて来ないとも限らない、ってな調子なのだ。

先々週あたりに兆しがあったので、先週・今週とチェックを怠らず、パラパラと肉厚椎茸をゲット。
しかし、こういう趣味も先の先を考えておかねばならんのであり、本日は“菌”の“玉”、略して“菌玉”(!?)を買って来て、原木にドリルで木に穴を開けてそいつを叩き入れるという地道な作業を半日。
結果は半年~一年半ぐらい先のお楽しみ。
スローっちゃスローなモノだけど、遊びだからねェ…仕事だったら気が気じゃ無いだろうけど。

こないだ玉ネギ仕込んだ(=苗を植えた)けど、アレだって結果は来年6月頃のお楽しみだしなァ。

オッ!
昼に寄った地元野菜の店にヤーコンが並んでたから、明日はいよいよ春に仕込んだ(=タネイモを植えた)ヤーコンを掘ってみることにすんべェ!

『♪長生きしようよ』

20091106235441
20091106235436
♪長生きしようよ~
♪まだ見ぬものばかりで~
♪眠れない~

昔、そんな唄を唄っていた。
嫌いな唄では無いので、復活後もたまにLIVEに登場する若い頃の曲である。

こないだのLIVEでは、
『一応パーティなんだし』
ってことで、同じく若い頃の曲で『♪酔死』という、ワリと明るめな感じの曲を復元しようとしてみたのだが…

♪酔っ払って死にたい~

出だしのひと言が、イキナリ現在の自分の気持ちに合わな過ぎて、即刻却下。

さてところで…
いくらか暖かいとは言っても晩秋或いは初冬へと突入しつつある今日この頃。
寒くなって来ると、毎年色んな方々から、
「ズボン下とかさ、はいた方がイイよ」
「自分も40歳過ぎてからはさァ…」
とご心配のお言葉を頂戴する。

これまでは、同い年のDログ氏なんかと、
「でも(んな機会は滅多に無いとしても)いざいざという場面でズボン下って…」
と、ささやかな抵抗を確認し合っていたりした。

が、掛かり付けの某医者が言うのだ。
医「脚は大事だよォ。スネとかふくらはぎとかね。どうもアタマとか内臓とかの数値より、脚が冷えちゃうヒトはね、気を付けてないと」

オレは『♪酔死』より『♪長生きしようよ』を好むオトコだ。
今回のLIVEパーティ、ホントに楽しかったし、これからも続く限り(長生きして)続けていたい気持ちは強い。
オマケにワハ母氏からは、
ワ「ズボン下で気が変わるようなオンナとどうこうなりたいのか?(もっと、話せばわかるイイ女にしときな!)」
との、鋭くも寛大な(!?)ひと言。

そして僕はついに、ユニクロの“ヒートテック”を手に取った…

映画『代行のススメ』

20091105181405

20091105181402
このところベロンベロンになるまで飲む機会が続いていたので、昨夜は“酒を抜く”という意味合いも込めて、渋谷までレイトショーの映画を見に行った。
遅くまで飲まないで過ごすには大変有効な手段なのだ。

勿論、本来的には、
『主演の山田サンの遺作だから』
なんだけどね、見たい理由は。

夜更けの渋谷なんて、もう滅多なことでは近付かない人生を送っているが、一時期は自分らのLIVE=渋谷アピアって時代もあったっけなァ…
思えばやはり、今はシアワセだわなァ、自分の地元でスタジオ練習もLIVEも打上の宴会も全部済んじゃって、そして皆さんにソコまでお運び頂いてしまうなんてさァ。

>メールやコメントを頂戴した皆々様

重ね重ね有り難うございます。
既に、
『今後はもう、キャバーンでイイじゃん』
って合意が(“暗黙の”っつうか“公然と”っつうか…)形成されつつある気配を感じております。

『“食べ物が美味しい”って、やっぱ人をシアワセにするんだな』
という真理に気付くと同時に、
『一度美味しいモノ食べちゃったら、次にわざわざ美味しくないモノ食べに行ったりしないでしょ!?同じような値段でさァ』
という、これまた正しいお話なワケでして…

ま、取り敢えずは午後の電話無料相談当番と、夜の研修会と…ってね、真面目に働いてこそ、遊びがより楽しめるんだろうからさ。

ジャスト満席!感謝感謝でございます!

1st 親指企画

♪アウトローブルーズ(シバ)
♪なじみの女
♪夕暮れ(詞:K介 曲:アグネス松本)
♪言葉を全部過去形にして
♪サービストーク
以下、2曲ソロ
♪冬京(風)
♪朝日楼(高田渡)
♪約束
♪お気に入り
♪ウソ臭い朝に
♪バランス
♪38万キロ(友部正人)
♪美しいひと

一次会
                     200911041135000.jpg
今回はLIVEスペースとパーティスペースをハッキリ分けてみたのですが、いかがでしたでしょうか?

別に僕が何かをどうかしたというワケではないのだけれど、アチコチから、
客「美味しいぃ~~~」
って声が聞こえて来るのは、企画した者としては嬉しい限り。
選んで正解赤羽キャバーン!ってとこでしょうか。
お腹が満たされた頃合を見て、再びLIVEスペースへ。

お客様コーナー

ワハ母さん
Oさん
Hさん

2nd ソロ

♪A DAY IN THE LIFE(THE BEATLES)
♪FOR YOU BLUE(THE BEATLES)
♪16ブルーズ(シバ)
♪AKB(赤羽)キャサリン
(赤羽エリック・ソロ 4曲)
♪モラトリアム
♪ぼくは君を探しに来たんだ(友部正人)
♪海風(風)

オマケ

♪そんな暮らしの中で(風)
♪Bob Lennon(遠藤ケンヂ)

二次会
       200911041141001.jpg
ご来場頂いた皆さま、本当に有難うございました。

前日までのワクワク=高揚感は、当日午後に弦を張り替えてるあたりから物凄い緊張感に変わってしまい、あまりの緊張に自分でも驚きつつ本番を迎え、本日はこれがまた物凄い虚脱感でございます。
三年前の復活初LIVEに非常に似た気持ちの流れなのは、僕にとってはやはりあの『客席と至近距離で唄う』=『若い頃から憧れたフォーク系先人の方々に近い行為』みたいな辺りが、ナンとも気持ちを昂らせていたのだろうと思います。
でもって、フタを開けたらこれがまた見事なまでのジャスト満席状態で、且つ皆さん本当にご満足(←料理に、ですが…)頂けたご様子にこちらもナンだかホッとしてしまっている虚脱状態…と、ナニ書いてんだかわからなくなってますが、良かった良かったってことでございます。

あの店の場合は僕らも普通に会費を払っている関係上、終演後に頑張って飲み過ぎてしまった、ってのもクタビレに拍車をかけてるかもなぁ。
宴会タイムには何も食ってなかったので、カウンターで飲みながらスライス前の生ハム(肉塊)を見つめていたら、オーナーが気付いてスライスしてくれたり、その後もおつまみにと激辛唐辛子醤油漬なんかも出してくれて、ビールをチェイサー代わりにウイスキーを飲み続け…まぁしかし、無事に起きて仕事出来てるんで、これまた良かった良かった、と。

『あんだけ練習して、こんなモンしか弾けないのかぁ…』
って反省はまぁ、いつものこととして、問題点もいくつか。

そう、ナンと言っても料理も店内のムードもあまりに素晴らし過ぎて、ホントに皆さん大満足…ってことで、
『もうLIVEハウスには戻れないかも…(いや、戻るけどね、多分…)』
ってのがね、ホント、困りモンです。
店「隔月ぐらいでどうですか」
なんて冗談言ってくれてたけど、ホントにそうしちゃうとね、アマチュアのLIVEの宿命と申しますか、そうそう毎回毎回満員のパーティ状態ってワケにもいかなくなるでしょうし…
(LIVEやらない単なる貸切の飲み会の日にしちゃう、って説もアリ…!?)

後はゲストかなぁ…小松さんや金ちゃんを呼ぼうとするとね、さすがにノーギャラの上に有料で、ってのは無理だからなぁ…
しかしまぁ、宴会としてだけでも成立する店だし、ゲストのプロがいらっしゃらなくても、その分自分らがイイものをやれば良いワケだから…いずれまた企画してみますので、その際はまたまた宜しくお願いします!

本当に本当に有難うございました。
俺、メッチャメチャ幸せです。

あ、えと、こちらもどうぞ(と、勝手に貼ります)。
http://inunekoyashiki.blog53.fc2.com/
ナンだか少し勇気が湧いて来ます…

泥酔ドロドロ一夜

20091103074624
20091103074620
しかし、明けない夜は無いので、ちゃんと朝が来た。

赤羽エリック氏は無事に帰り、無事に起きたのだろうか!???
そして無事に歌うのであろうか、今宵…!???

ナンだか毎晩バカ飲み続きで、どうにもイカレた毎日のまま、本日はバカ食い付きのパーティなのであります!

いつもよりワクワクしてます。

とても不思議な感じです。
3年前の12月に、超久々にLIVEをやらせて頂いた、あの時の感じに近いかなぁ。

『ナニがどうなるのか見当がつかない』
みたいな。

とにかく、初めての企画というか、LIVEハウスじゃない店に機材持ち込んで唄うなんてことを、この僕がやろうとしていること自体、まだあまり飲み込めてないのかも。
そこら辺りが意味不明にワクワクするのではなかろうか、と、思う次第です。
       200910080727000.jpg
今夜は久し振りに赤羽エリック氏とリハーサル。
いつも一緒にいるとか、日頃から二人で練習してるとか思われがちだけど、実際は普段はバラバラに各自が練習しておいて、直前に二人でおさらいってな感じが多くなってるかな、このところ。
今回はまた、変則チューニングの曲もあるので、赤エリ氏がその辺りをどう弾いて来るか、ってのは楽しみであります。
                     200910070822001.jpg
山形行きでクタビレタのか、本日はofutariとも静か。
しかし、夜は赤エリ氏も寄るだろうし、明日のために泊りがけで上京して下さるご家族連れとの対面もあるので、ま、休んでおく方がヨロシイかと。

山形方面への日帰り旅

20091101074348
法事である。
祖父母の33回忌。

33回って…

と言いつつも、初回の記憶があるってのが、自分も歳取ったなァ、って証。

ばあちゃんが先で、哀しみに沈んでたじいちゃん、ってのを、ハッキリ記憶している。

親父の転勤で岐阜から移り住んだ北海道、そこから山形まで駆け付けた、遠い遠い日の記憶…
|TOP|

プロフィール

とーちゃん              下の方で遠慮がちにRanking参加中

Author:とーちゃん              下の方で遠慮がちにRanking参加中
故・wansuke爺
 「やい!とーちゃん!
  何だよ、コレ!
  こーゆー甘ったるい写真、
  いつまで使う気だよ!」
故・hanna婆
 「ヤット再会デキマシタ…」

[LIVE関連]

5月18日(木)大塚Welcomeback
19時~!エリック氏との2人組です!

5月28日(日)大塚Welcomeback
ビートルズ大会出場!19時40分~!

毎月第4日曜日朝~昼頃
大田原日曜朝市出演中!
行ける月だけですが・・・

『K介のSongs&Dogs
   ~週末はミュージシャン』
3曲分の動画を毎週月曜日UP!
YouTubeにて続々配信中!

[CD・DVD関連]

親指企画17年振りのスタジオ録音アルバム!
『Songs&Dogs』完成!!!
DSC_0273.jpg
若き日の3人組LIVEのDVD付きです。
CD13曲+DVD16曲入り、カンパ1,000円!
DSC_0281.jpg

月別アーカイブ

寝姿を見ちゃった方々

hanna嬢「おがぁさーん、おろーさんがヘンなことやってるわぁー」

wansuke爺「じゃ、またな!」

hanna嬢「おろーさん、頑張って!」

wansuke 「おい、とーちゃん!このランキング、ちゃんと設定出来てんのかよ?」 とーちゃん 「・・・自信ナイ・・・」

FC2ブログランキング

バカ嫁hanna 「1日1回、ポチッと押してみれくらさいねぇ~」

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索