「秋元湖畔は歩けます」

20091231144719
20091231144717
20091231144713
そう聞いて来たのだが、雪は降ってるし、それより何より、ダム湖を眺めて歩くというのが、どうも昨日の五色沼クロカンに比べると、気が乗らない。

爺やなんかは昨日ハッスルし過ぎたのか、クルマから降りる気配すら無し。

ヤル気を見せたhanna嬢も、ナニやらヨダレがツララ化し始め、湖畔散策終了。
スポンサーサイト

世の中知らないことだらけ。

20091230173703
20091230173700
20091230173658
20091230173656
20091230173654
20091230173652
20091230173648
東京で言うと“東京タワー”の様に、
『“近過ぎ”たり“有名過ぎ”たりして、かえって一度も行ったことが無い』
みたいな場所って、あったりしませんか?

ソレがまぁ、裏磐梯で言うと、“五色沼”エリアなんかが該当。

これだけ会津・磐梯方面に通っていて、一度も行ったことが無かったのです、五色沼。

いやぁ、素晴らしかった!
特にコバルト系の毘沙門沼と、バーン!と展望がひらける弁天沼は、感動的な美しさ。
お手軽アウトドア派のニンゲンにとっては、人生的に非常に重大な出来事だった気がします、今日のこの、五色沼スノーシュー体験は。

人工雪は雪では無いのだなァ。

20091229181510
20091229181507
20091229181504
ほぼ毎シーズン来ている裏磐梯へ。

週末に、関東では有名な大規模スキー場『ハンターマウンテン(塩原)』と『マウントジーンズ(那須)』を初体験し、どうにも人工的な遊びな気がして、自分の中で消化し切れて無かった部分があったのだが、謎が解けた。

裏磐梯の自然、この山岳の空気、そしてホンモノの雪原…こういうモノに触れてしまうと、アレ(=関東の人工雪)は全くのインチキ。
全くもって、まやかしでしか無いのだ。

自分の足音しか聞こえない、天然の雪上を歩く…嗚呼、シアワセだなァ。

しかし、剥き出しの自然故に、油断すると大変危険。

先ずは山頂の銅沼(あかぬま)。
いつもは年が明けて、
『このままだと春になっちまうぞ』
ぐらいの時期に来ていたので、あまり沼の上に乗って歩いたりはしていなかったのかも…。

真っ白な雪原と化した沼の上をスノーシューで歩いていたら、左足が、
『ズボッ』
っと氷を割って半分沈みそうになってしまった。
いやぁ、危ない危ない。

で、まだシーズン初めのためか、普段頼りにしている“誰かの足跡”ってのが全く無し。
最初こそ、
『いやぁ、足跡の無い冬山散歩なんて、超贅沢だァ!』
ナンテ優雅な気分だったが、いくら何度も来ていると言っても、途中から不安が襲って来る。
何しろ今回はスタートが午後。
14時を過ぎたあたりでハタと思案。

『大体の道はわかっているつもりだが…それはいつもの年のように、誰かの足跡をたどって歩いてただけではないか!?この先、迷ったら?すぐに15時になり、16時になり…?もしガスったら!?』

申し訳無いが、こういう時は、日頃の様々な山岳事故の報道が、とても有効な抑止力になるもので、一番眺めの良いところまで行って、後は来たルートを引き返すことに。

『大丈夫かも』

コレが一番ヤバいからね。

今?
無事にシュパッとね、いただいてます、良かった良かった。

暮れのホームセンターにて。

20091228181932
20091228181928
同業のセンセイ三人と、立て続けに遭遇。

『お互い、暮れで色々忙しい』
というよりも、本来的にはホームセンターにいるべき立場では無い者同士なワケでして…

気まずく挨拶してみたり、会わなかったことにしてみたりして、僕は革靴の染め直し剤を持ってレジへ。

だいぶ傷んで来た革靴を、しかし、買い替えるとなると暮れの副都心方面に出なければならず、ソレは余りにも面倒なので、
『染め直して復活させちゃえ!』
と企ててみた次第。

結果は…
まぁ、しばらくはもちそうにも見えるけど、根本的は“染め”のモンダイでは無いことが判明。

染め直し作業のため、一足一足手にとって良く見ると、どの革靴もアチコチ劣化していて、ヒビ割れたりしてるのであり、コレは早晩買い替えなんだろうなァ…

ってことで、結局この時間から副都心方面のデカ足専門店へと向かっているのでした。

那須塩原とは言うけれど…

20091227183938
20091227183934
地元出身者からすれば、那須と塩原は丸っきり別モノ。

昨日は塩原方面の有名スキー場を滑り倒した(!?)ので、今日は朝から那須の有名スキー場へ。

ま、別物と言ってはみたものの、共通点も多いし、似たり寄ったりかな、どっちも。

先ずは、わざわざ遊びに来てくれた客から駐車場代1000円取るってのがなァ…

でもって、どっちのリフト代もやや高め。
コレでも値下げしたのかァ…。
普段、無料駐車場にクルマをとめて、雪原を歩き回ったり(=無料)、雪山を登ったり(=無料or払ってもリフト1、2本分)してるニンゲンからすると、ゲレンデ遊びっつうのは、かなりの散財。
二日で1万円以上は消えた。

不思議と違ってるのが、スキー:スノボ比率。
塩原は8割方がボードだったのに比べて、那須はスキーの方が多いぐらいに見えたし、その分ファミリー率も高い気がした。

どっちもゴンドラ完備なんだけど、那須の方はゴンドラと全く無関係な方向にのびる超長~いリフトがあって、試しに行ってみたら写真の通りのガラ空き状態。
よって、私的には那須の勝ちかな、好感度というか、近いしね、塩原より。

いずれにしても、普段行く山でお見掛けする“山系”のヒトは皆無なので、僕のような踵が上がる山用の板をはいて、両脚を普通のスキーとは逆方向に大きく前後させるテレマーク式に滑ってるオッサン、ナンテのは、非常に浮いとりましたね、ゲレンデ内では。

独身の年末に。

20091226193556
20091226193554
20091226193552
20091226193548
ワケらしいワケは無いのだが、独身である。

『独りで雪山に登りに行こうか』
と思ったのだが、そういうのは普段出来るのであり、我が家の場合は、
『こういう時じゃないと普通のゲレンデ・スキーはやれない』
(ワハ母氏に全くヤル気が無い)
という真実に気付き、近所の某有名スキー場へ。

金ばっかかかる、人工的な遊びにやや幻滅。

その後、先週回数券を買った秘湯へ。

秘湯はしかし、先輩諸氏で賑わっていた。
ん!?
ん…!?

見事な絵柄が刻まれた先輩諸氏ではないか…!?
会話も絶好調!

「夏によォ、ホラ!あそこであったんべ?チェンソーで首から脚から切り刻んでよォ、アレ、おらげの若ェ衆でよォ」
「そぅけぇ…(刑は)何年になんだぃ?」
「なァ…?」
「ウチの若ェ衆はよォ、ホラ、その前にあったんべ?▲☆であった、@発撃ったけど当んねかったってアレよォ?」
「あぁ、アレェ!?$*ちゃんけ!?今、どこ入ってんだぃ?」
「北海道のよぉ…」
「あぁ、あそこけェ?可哀想だなァ、アレは寒くてよぉ」

私、終始無言。
被害者より加害者の体調を気遣う方々なんだなァ。
ま、話題豊富な先輩諸氏であった。

ちょっと、絵柄にも言及したい気もするが、深入りするとヤバそうだからやめときます。

で、無事に秘湯からは脱出し、その後は昨夜&今朝に引き続き、独身の時しか許されないジョン・レノンを聴きまくり。

そして…やはり独身じゃないと許されない、
『謎の辛々香辛料大量投入独身カリー』
調理中。

怪しく激しく美味なのだ!

そして“まこと”さんは・・・

昨夜の(自分にとっての)“まこと”ラスト、とにかく何でも美味しいお店なので、
『アレも、コレも』
と、気持ちはそう思うのだけれど、そんなに頼んでも我が身が受け入れ切れないのであり、オーダーは慎重になりがちで・・・刺身は“カツオ”も“アジ”も我慢して、“赤貝”一品に。

などと言いつつも、酔いが回って来ると、“ラスト”ということで逆上気味になり、結局“アレ”も“コレ”も頼まずに、久々にトンカツを食ってしまった。

もう食えまへん・・・
       200912241429000.jpg
       爺「アンキモ・・・」

そう言やぁアンキモ貰ってたっけね、こないだ、お店の前で。
アンキモですよ、それも“まこと”さんの超BIGなヤツ。

昨夜はもうアンキモは品切れ。
僕の最後のオーダーは、
『持ち帰っても美味しいモノ』
ってことで、“おしんこ”をお持ち帰りに。
                     200912241430000.jpg
あ、ウイスキーのボトルを残しておいて下さった某社ご夫妻さま、有難うございました。
お店のママさんは、
マ「まだ結構残ってるけど・・・でも、これくらいは飲んじゃうわね」
と仰ってましたが、モノは焼酎では無くてウイスキーですからねぇ・・・なんて思いつつ、しっかりと全部飲ませて頂きました。

あ~あ、終わっちゃったなぁ。
酒場の開拓ねぇ・・・

昨夜は逆上してトンカツ食っちゃったけど、普段は魚と野菜中心なのだから、もうヘタに開拓しなくても、
『寿司屋で飲んでりゃイイのかもな』
ナンテ思ってみたりもします。
ん~~~ん、大人だ。

そうそう、某社ご夫妻さま、今なら先日おバカな反省会を開催した寿司屋に焼酎のボトルが入ってますので、新年にご一緒しませんか!?
              200912200940000.jpg
唐突ですが・・・危うく貼り忘れそうだった写真。
こういう写真は、明日になると使い難いモノです。

先輩のひと言

20091224201056
20091224201052
元々の3人組(マスP&アグネス)時代から、復活後のこの3年間まで含め、
『もしかすると全LIVEの半分以上はお聴き下さってるかも!?』
という先輩がおられる。
で、一昨日はLIVE終了後、その先輩をお引き留めし、赤羽の寿司屋に移動して、赤エリ氏と3人で飲んだ。

先「でも、今回は良かったよ。赤羽さん、また一歩マスPに近付いたんじゃないのォ?ギター?」
うーむ、有難いひと言だ。

赤「…ククク…(と、誤魔化し笑い)」
俺「ま、照れなくてもさ、一歩ったって、10キロ先に向かっての一歩、ってのもあるワケだしさ」
赤「…ククク…そうっすね、それくらい遠いかも知れないっすねェ」
先「でもさァ、それでも一歩は一歩…」
俺「ですよねェ、百里も千里も、一歩からだもんなァ」

深夜の寿司屋のカウンターで、ひたすらアホな反省会となったのでした。

さて本日、実は今から無料電話相談の当番。
なんでこういう夜に、引き受けるかね?俺?
“相談したい方”ってのも、やっぱいるのかなァ?今夜?

~~~3時間経過~~~

おぉ!しかし!
今夜はこれから、自分らにとっての“まこと”さんFinalなのだ!
まだ数日営業するらしいけど、自分らに時間が無いのと、もう、連夜予約で満席状態で、入れて頂くスキも無くて…

本当に、やめちゃうんだなァ…あの味、あの“空気”…

緊張の親指eats!

いやぁ~~~、緊張したなぁ、着替えの後で。
インチキながらも4人で衣装を揃えてしまうと、アレはナニかこう、特別な気分になるものなのですね。
いわゆる世間のコピーBandの皆さんの気分を、少し味わえた気がします。

1st
[Kソロ]
♪こんばんは お月さん(加川良)
♪出航 SASURAI(寺尾聰)
♪AKB(赤羽)キャサリン
♪モラトリアム
♪それが君の世界なら(新曲)
♪My Life(加奈崎芳太郎)
[金ちゃんソロ]

[パーティ・タイム]

2nd
[親指金画]

♪I’m Sorry(加奈崎芳太郎)
♪お気に入り
♪言葉を全部過去形にして
♪約束
♪バランス
♪ウソ臭い朝に
♪38万キロ
♪愛について
♪長生きしようよ

[Paul井上さんコーナー]

[The 親指eats]

♪A HARD DAY’S NIGHT
♪ALL MY LOVING
♪MATCHBOX
♪MR. MOONLIGHT
♪CAN’T BUY ME LOVE
♪I WANNA BE YOUR MAN
♪THIS BOY
♪EVERYBODY’S TRYING TO BE MY BABY
♪TWIST AND SHOUT
(オマケ)
♪YELLOW SUBMARINE
♪STAND BY ME
♪ROLL OVER BEETHOVEN
♪LONG TALL SALLY
       200912230959001.jpg
今回も、出演者の方が楽しませて頂いたような・・・
ご来場、本当に有難うございました。
お持込頂いた料理もデザートも、どれも大変美味しゅうございました。

個人的には、自分の作った料理が無事にはけて、なんだかホッとしています。
あと・・・リハーサルの段階では上の方の声が全然出なくって、そのまま本番もイマイチ・・・だった気がしておりまして、と言っても“やり直し”みたいなことが出来ないのがLIVEなのでありますからして、次回に向けて精進あるのみでございます。

親指eats、お聴きになった皆さまお一人お一人、“思うところ”はおありかと存じますが、しかし、滅多に無い機会でしたし、
『やって良かったな』
と、そう思っておるところです。

金ちゃん、電子ドラムで頑張ってくれて、有難う。
金ちゃんのゴーヤチャンプル、好評だったなぁ。
Paul井上さん、今年は本当にお世話様でした。
全部オリジナル・キーで歌えてしまうなんて、やっぱすごいですよ、ヴォーカル。
赤羽ハリスンさん、ま、怒ってるお客さんはいなかったみたいよ。
しかし・・・君の肉野菜炒め、量少な過ぎだよ!
                     200912230959000.jpg
皆さま、今年も本当に楽しませて頂きました。
有難うございました。
数えると・・・
1月25日(日)少年時代ソロLIVE ゲスト:ユウキ氏
3月25日(水)少年時代 ゲスト:小松親分
5月10日(日)ウッディ ゲスト:さのきん
6月26日(金)少年時代 ゲスト:小松親分
8月2日(日)少年時代 親指“金”画
9月14日(月)ウッディ 金ちゃんソロ・デビュー
11月3日(火・祝)キャバーン 赤エリ氏ソロ・デビュー!???
で、昨日、と、全部で8回やったみたいです、LIVEの数としては。

来年は・・・とりあえずは2月11日(木・祝)で、赤羽のイタリアン・レストラン・バーを予約だけしております。
また遊んで下さいな。

“その日”がやって来ました。

20091222160211
“その時”が迫っています。

金ちゃんのスケジュールの関係で今日に決まってから、何となく予想はしてましたが…ドタバタしとります、暮れの平日LIVE。

取り敢えずは通し稽古へと急ぐべき時間になってしまったのだが…

次は休日がイイなァ、って感じです。

色々とご連絡頂いた皆さまも、そうでない皆さまも、音楽と料理が待ってますんで、是非宜しくお願いします!

続・高校教師

困った。
困っている。

ふた月程前に講義させて頂いた某高校の生徒諸君(&先生)から、感想文が届いた。
正確には、
『我が業界組織本部内の担当部署に送られて、組織上層部が読んだ後に、当人である私に転送されて来た』
ってことになっているようだ。
       200911261440001.jpg
う~む・・・
そもそも、こんな風に感想文をまとめて送られて来るなんてこと自体、滅多に無いのかもなぁ。
コレはまぁ、組織上層部、舞上がり気味もなるわなぁ。
感想文だけ読んでると、私の講義、メッチャ面白そうだもの。
                     200911261440000.jpg
持ち上げられ過ぎて、むず痒いと言うか、コワイです、ナンだか。
俺、ですよ、オレ・・・そんな大そうなニンゲンじゃないってばさぁ・・・

銀杏とダッチオーブン

20091220172748
20091220172745
やはりこれ程完璧な組合せは無いようで、二週にわたって失敗していた銀杏は、原点に戻って、
『フライパン型のダッチオーブンに入れて、蓋をして、薄らと焦げ目がつくまでストーブの上に放っておく』
コレだけのことであった。

コレだけだと殻は割れないけど、丁度割れ目の無いピスタチオみたいな感じで、口で簡単に割れるのであり、あとはホッコリと美味しい銀杏を食すのみ。
レンジより美味しい!と、まぁしかし、レンジでは上手く出来なかったのでナンとも言えないが。

銀杏モンダイは昨夜解決したので、本日は明後日の料理作りに専念。
あ、いや、“専念”って程のモンでも無いけどね、ダッチオーブン氏、放っておいても料理上手だし。

第一、“専念”すべきはLIVEそのものの方なのだし。

秘湯で膝療養。

20091219221007
20091219221004
20091219221002
20091219221000
20091219220958
20091219220954
昨夜と今朝は、
『この日じゃないと』
という方々にお会いするため都会で過ごし、本日昼から田舎へ。

山は“数年振り”と言ってイイような大雪であった。

実は先週、“ゆずり葉”という映画を観に行って脚を組んだ瞬間に、右の膝に激痛が走り、その痛みが落ち着くのに丸一週間かかっていた…逆に言うと、もう痛みは無いのだが、せっかく周りが温泉だらけの山にいるのだから、更に膝を温めておこう!と、独りで秘湯へと向かった。

この秘湯、駐車場から細道を徒歩で進み、写真右側の母屋で料金を払い、左側の温泉(宿)に入るシステムなのだが、駐車場から先は全く除雪してない気配。

俺「こんばんわぁ~」

母屋から、カラカラと笑い声。
この母屋の土間の向こうでは、ほぼ100%の確率で、主とその老母風の二人が、コタツで横になってTVを見ている。

宿「ハハハハ!この雪ん中、良く来たねェ」
俺「ヘヘヘヘ」
宿「もう誰も来ないだろって、言ってたとこだ」
俺「身体の為なら、来るよ、ヘヘヘ」
宿「身体、悪いのけ!?悪く無かんべ!?」
俺「いや、まぁ、膝がね」
宿「膝けぇ!?」
俺「そう言やぁ、今夜は“泊まり”は?」
宿「“泊まり”ィ?いないよ、今夜は」
俺「どぉりで足跡少ないワケだ」
宿「まぁ、ゆっくり入ってって!」

こっちは膝の為に、しばらくの間、来られる限り通うつもりでいたので回数券を購入。
10枚分の値段で12回分。
しかも、その内1枚は“5人券”なので、計16人分と、超お得。

浴室というか、そもそも今夜は宿自体に泊まり客がいないワケなので、風呂は完全貸切状態。

あ!写真…僕の機種ではコレが精一杯。

なにやら白いのが浴室です。
って、見えませんね?えェ。

高校教師

これまでに何度かやらせて頂いた、高校生向けの私の講義がですね・・・多分、生徒さん達ではなくて、一緒にお聞きになってる先生方にとって好評と言うか、刺激的と言うかですねぇ・・・

何故か、
「次回も是非」
みたいな感じでオファーがあるらしいのですね、ええ、我が業界団体宛にですね、高校の先生方からですね・・・
       200912180823001.jpg
困る。
困っている。
「今回は5クラスでお願いします」
って、あ~た、私は高校教師じゃないのですからして・・・
5回同じ授業って。
いや、同じ授業の方が楽ではあるけれども、一時間目が8:30~って。
で、午前と、午後と、土曜日も!?って・・・!?

私「ここはひとつ、若手に経験してもらうってことで、どうでしょう?」

しかし、肝心の若手諸君がですなぁ、掛ける電話掛ける電話、コッチが沈んで行く感じ・・・
若A「8:30~なんて、無理です。Bさんに頼んでみて下さい」
若B「僕、忙しいです、その頃。Cさんなんかどうですかね?」
若C「はぁ・・・!?」
私「やっぱりね!さすがCセンセイ!」

自分の担当コマ数を減らしたい、その一心で拝み倒す私であった。
Cセンセイ、有難うございます!
って・・・3コマは私が担当なワケですなぁ、それでも。

ちなみに、Cセンセイ=赤羽エリック氏、ではありません、残念ながら。
                     200912180823000.jpg
>Dログ一家さま

講師役、当日は“鎌倉シャツ”で勝負!と行きたいとこだが、共学じゃなかったりもするんだなぁ、今度の学校は。
ん?
共学だったらどうだっつうんだか!?

鎌倉シャツ

私はTシャツとYシャツとジーンズを(あ、まぁ、ネクタイとか靴下とかも・・・)大量に保有している、ってネタは、以前にも書いた。

理由は、
『規格外サイズのオトコ(の子)として、常に品薄状態で育ったトラウマ』
と、自己分析もした気がする。
そう、金遣い云々では無くて、
『自分の着られるサイズが安く買える場面に遭遇すると、つい買ってしまう』
という哀しい習性があるのだ。

で、それらはもう、組み合わせだのナンだのと考えるのが面倒なので、完全ローテーションシステムで回している。
大量のモノを回し続けるので、まぁ、どれも基本的に長持ち。
良くわからないけど、Yシャツなんかは古いのだと10年以上はグルグル回っている気配すらある。
       200912170916001.jpg
しかし、イイ歳である。
『そろそろ古いのやら色褪せたのやら、リニューアルしても良いのではないか!?』
いや、
『生地がクタビレ気味のなんかは、イイ大人として恥ずかしいのではないか!?』
と、そんなことを思い始め、今年はかなり思い切って(15着ぐらい・・・!?)新しいYシャツやらネクタイやら(これもまぁ、10本ぐらい・・・!?)を買い込んで、貧乏臭いのから順に入れ替えたりなんかしていたのであった。
しかし、考えたらその、“貧乏臭い”Yシャツの替わりに購入してるのが、
『1,900円~2,990円とかのヤツが、ヨーカドーの巨人軍優勝セールで2割引だか3割引だかになった日にまとめ買いしたお買い得品』
ってのは、どうも結局あまりカッコ良く無かったりもするワケだが・・・。
(ネクタイにいたっては、1,900円のが690円になってたりしたヤツだな、ダイエーで)。
                     200912170916000.jpg
そんなある日、何の気なしに見てしまったのが、TVでやってた“鎌倉シャツ”。
激安なのに着心地が最高、らしいのだが・・・
社「5,000円で人生が変わる」
社長はそこまで言い切っていた。
社「全ての品が2週間ぐらいで売り切れるので、セールなんてする意味も必要も無い」
みたいなことも。

翌日、ネットで検索。
う~む・・・放送翌日だけあって、オンライン・ショップはアクセスすら出来無かった。
翌、昨日。
相変わらずオンライン・ショップは門前払い状態。
TVが凄いのか、商品=“鎌倉シャツ”が素晴らしいのか・・・

そして、今朝。
たまたま少しだけ早く目覚め、若干時間にゆとりがあったので、
『通勤時間帯なら入れるかもなぁ・・・』
と試したら、ついにアクセス出来たのであるよ、僕は。
が、何しろ丸2日間入れて貰えなかったサイトである。
『売り切れだらけだろうなぁ・・・』
と、予想はしていたが、画面上にズラッと並んだ各商品は、やはりとにかくもう、“品切れ”だらけであった。

しかし、俺は規格外のオトコ。
『普通サイズは売り切れでも、俺のサイズはあるのでは!?』
と、ショップの左上でサイズを指定して検索。
『売れ筋のサイズしか作って無かったりして・・・?』
ってな懸念もあるにはあったのだが、いやぁ~、ありましたよ、僕のサイズは100パターン以上が“在庫アリ”!
こういう時はイイねぇ、規格外のオトコも!

だが、大変危険である。
俺の人生はこういう時、“金より在庫”。
着られるサイズのYシャツが100パターンあったら、100パターンとも買ってしまいそうな“バカ”なのである。
『落ち着け・・・落ち着け、俺』
『とりあえず、1~2着、試せよ、俺。俺のサイズは売り切れないから大丈夫なんだから』
『まず届いたのを着てみて、気に入ったら少しずつね、お金の余裕ある時に少しずつ買えばさ、敵は逃げないんだからさ』
そうなだめつつも、既にカートには10着ぐらい入ってしまっている俺。
ホントに“バカ”なのか!?
自分でもヤバそうな気配に気付き、やむを得ずワハ母氏を呼ぶ。
俺「アノ、オレ、このままだと全部買っちゃいそうで・・・」
ワ「ったく・・・ダメだよ、この柄じゃ、また不二家の店長になっちゃうよ!」
ってな調子で、アレヨアレヨという間に取捨選択終了し、2着に絞られたのであった。

届くのか・・・届くんだなぁ、“鎌倉シャツ”。
俺が・・・俺が着ちゃうんだなぁ、“鎌倉シャツ”。
って、今週覚えたばっかの単語なのだが、“鎌倉シャツ”。
巨人軍優勝セール品の立場はどうなるのかなぁ・・・ローテーション、入れるのかなぁ、セール品。

で、本日・・・この時間もやはり、オンライン・ショップには入れない模様。
どんだけ人気なんだ!?“鎌倉シャツ”。

男女兼用

いやしかし、本犬の承諾無しに、載せて良いモノなのだろうか!?
       200912160823001.jpg
すまぬ、爺や・・・載せてしまった。
              200912160823003.jpg
王子様っつうか、GSワンダーランドっつうかさ、ま、外はやめような、コレはさ、やっぱhanna嬢に譲ろうな。
                     200910281429000.jpg
コッチはですね、しばらく前に、ちょうどこう、hanna嬢のお尻の辺りに虹が映ってまして、ナンとか撮影しようと試みたのだけど・・・携帯カメラの限界、って感じ。
実物見てたからわかるけど、さすがに見えませんか?
お尻に、虹?

カウントダウン

12月も半分来てしまった。

12月22日(火・祝前日)18:30開場
板橋フォーク酒場『少年時代』
親指金画スペシャルLIVE宴会

こちらは丁度一週間前となったのであります。

それにしても・・・
『普通の月と、何がこうも違うのか!?』
ってぐらいに、毎日が何かしらの予定で埋まって行く季節。
それももう、残すところ半月ともなると、
『コレはまぁ・・・来年にしますか!?』
みたいなことも、チラホラ出始めている。

が、
『コレだけは今年じゃないと!』
ってのも、絶対的に存在するワケでして・・・
赤羽銘店“まこと”さん、いよいよカウントダウンとなってしまったかぁ・・・。

“まこと”さんとなると、どうしても、
『料理が絶品』
ってとこを強調してしまうけど、でもホントはね、あの雰囲気、下町の小さな酒場の“空気”、それがまたひとつ消えてしまう、そっちもかなりイタいのだ、僕的には。
       200911270820001.jpg
池袋“ドン・チャイルド”、上池袋“長野屋酒場”、赤羽“大久保酒場”、赤羽“心”・・・“人”が消えたり、“建物”が消えたり、“味”が消えたりして・・・結局その“空気”はもう、戻っては来ないのであった・・・。

また少し、探さねばなるまいなぁ、その“空気”とやらを。
                     200912150822000.jpg
え~と、重ね着だとわかり難いかも知れないが・・・
昨夜思ったのだけれど、若干“メイド”入るのね、フリフリhanna嬢って。

>フリフリを下さった某お母様

僕は気に入ってますよ、フリフリ、どうも有難うございました。
コレって男女兼用のシャツなワケですよね?
ってことは、wansuke爺だって着てみてイイってことだ、赤いフリフリの方も!!

気にせず着るもので・・・

       200912141418000.jpg
爺やが坊やだった頃からのこの15年の間には、我が家の専属デザイナーさんのオリジナル以外にも、
「ウチのコが嫌がって着ないもので・・・」
だとか、
「チョッとサイズが合わなかったのよぉ・・・」
みたいな感じで、随分と色んな方々から、犬の洋服やら雨ガッパやらを頂戴しているのだが、これらもそんな、最新の2着。
              200912141417001.jpg
今回はどうも、某有名ブランドのモノのようです。
有難いことです。
で、基本的にナンでも着ますね、我が家のoftariは。
                     200912141417000.jpg
元々のデザインとしてはポロシャツなんだけど、hanna嬢のなんかは袖を取っちゃって、そこにフリフリを施してあるみたな・・・
う~む・・・外歩くのかね?フリフリhannaさん・・・

あ、お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、赤羽ハリスンさん=赤羽エリック氏、同一人物です。
George役に限らず、THE BEATLESのコピーBandの方の場合、“ジョージ◎■”とかってホントの名字で名乗られる方も多いのですが、我々の場合、そこまで思い切れないのと、本名じゃなくてバッタ名“赤羽”にしてみても、“ジョージ赤羽”も“赤羽ジョージ”もどうも変だしなぁ・・・
そもそもGeorgeと言えるかどうか・・・ま、せめて、
『ハリスン家の誰か!?』
みたいなね、雰囲気だけでもどうかな、と、私がココで勝手に呼んでいる次第です。

するとアレだ、スペシャルBandのBand名も・・・
“The 親指eats”(おやゆびーつ)ってのはどうだ!!!

意外な難敵、銀杏…

20091213175237
田舎の地場物産屋に寄ったら、先週スーパーで買ってダメにしちゃったのと同等の立派な銀杏が、しかしスーパーよりはるかにお買い得状態で並んでいた。

やはりこういうのはスーパーよりも、生産者銘記の物産屋に限るワケね。

で、早速電子レンジ作戦を実行。
茶色い袋の中で、ポップコーンのように豪快に、銀杏の弾ける音がする。

俺『うーん、快調快調』

2分後、レンジから取り出した茶色い袋を開けると…

袋の内側に、弾けてグヂャグヂャになった鮮やかな緑色の銀杏が大量にへばりつき、割れて空っぽになった殻が虚しく散乱していた。

ネット上のレシピでは、
『簡単に出来ます』
そう読んだハズだったのだが…

しかし、今回はかなりお買い得感のあるモノだったので、まだ半分以上残してあるのだ…次こそは…
銀杏の炒り方、意外と奥が深いのかも!?

ポール井上さんに助けられ…

20091212150608
20091212150604
残念ながら金ちゃんは欠席となったが、一応、
『“完全なダメBand”ってとこまでは悪くもないのでは?』
ぐらいのヒジョーにビミョーな出来にて、昨夜の初リハーサルは終了。

いやしかし、1人出来るメンバーが入ると、Bandって違うモノなんだなァ…と、これまたビミョーな事実に気付かされた。

僕が歌詞あやふやなまま歌ってる箇所も、正確なポール・パートが絡んでくれると“グンッ”と底上げされて聴こえるし、赤羽ハリスンの怪しげなジョージ・パートにしても、ポールがしっかり重なることで、
『ナンか、三声になってるじゃん?オレら?』
みたいな気分になれたりもするのだ。

当日はコレに更にもう1人、“出来るメンバー”が加わるワケであるからして…大丈夫かも!?

って、
『そこから我々2名が抜けると完璧』
ってこと!?

ちなみに赤羽ハリスンさんは、丸一日飲まず食わずでギターと格闘して昨夜のリハーサルに臨んだのだとか。

店でしばらく飲んだ後は、我がマンションに移動して、リハーサル音源を聴きながらの反省会。

出された豚汁&ライスを、珍しくお代わりまでたいらげて…かなりホッとした様子でありました。

このリハーサル音源…消す前に焼くかなァ、CD…
門外不出盤として。

映画『ゆずり葉』鑑賞

全日本ろうあ連盟創立60周年記念映画。
そう聞いて、皆さんはどんなイメージを抱くであろうか。

いやしかし、事実そういう“記念事業”で制作されたのかも知れないが、出来上がった映画そのものは、とても楽しめる、実に素晴らしい作品であった。

普段は研修や会議をやっている我が同業者の会館の地下ホールで、昨夜行われた上映会。
残念ながらとても“満員”とは言えない状態での上映であったが、正直、何が不満って、このような作品がロードショー化されないこと、それがナンだか“勿体無い”と、ひたすらそう思ってしまった。
多分このまま、地道な巡業スタイルで全国で上映が続くのだろうけど、機会があったら是非皆さんもどうぞ、って映画です。
       200911120753000.jpg
少し前から、何かの集まりがある度に、この上映会の主催側の同業者から、
「泣ける映画ですから、是非」
「感動出来ますから、ね、ホント」
みたいに、宣伝告知がなされていたのだけれど、少し違う気がした。

実際、映画として良く出来ているし(偉そうで申し訳無い・・・)、脚本も随分しっかり作り込まれているし(またも偉そうで・・・)、そこらの商業映画なんかよりもはるかに完成度の高い“作品”で、別にそんな、事前に“泣ける”だの“感動”だのと、しょーもないTV番組のような宣伝の仕方をしなくても良いのでは無かろうか・・・

ん?
「ロードショーでも充分イケそう」
と言いながら、
「宣伝不要」
ってのも変か・・・!?
                     200911120757000.jpg
>ワハ母さん

“たま”の話題は難し過ぎでは・・・!?

無名時代から自分が知ってた人達って、一方的な親近感みたいなのがあるせいか、
『その後メジャーに行ってどれほど売れてたんだか』
で、メジャーとは言え、
『知らない人にはどれほど知られていないままなのか』
もう、良くワカラナイってのもあるが・・・

さて、本日は板橋フォーク酒場『少年時代』にて、店長Paul井上氏とのスペシャルLIVEのリハーサル。
実は昨日、金ちゃんにも声を掛けてあり、もしかしたら金ちゃんも参加して、4人揃っての通し稽古になるかも!???
いやぁ、手に汗握ります・・・赤羽ハリスンや如何に!???

♪さよなら人類

昨夜は都内の同業者団体の幹部と、あとはまぁ、各地区の“長”の付く立場の人々(私も含まれます・・・)が集まっての忘年会であった。

大勢の宴会だったが、二次会となるとそれぞれ“◎▲派”みたいに人脈ごとにバラけるらしく、我がチームは一気に人数が減って、4名に。
飲んでる内に、その全員が赤羽エリック氏を知っているメンバーだという事実に気付き、急遽呼び出すことに。
俺「あ、今、何やってんの?」
赤「あ、あの、必死で練習を・・・」
俺「大丈夫でしょ?ナンとかなるでしょ?」
赤「ハイ、折角なので合流します」

一時間ほどで、赤エリ氏合流。
       200911270820000.jpg
その後、朦朧としながらも三次会、四次会と飲み続け、四谷からスタートしていつの間にか早稲田界隈に移動していたようで・・・
俺「(赤エリ氏を残し)僕は帰りますね、もう、こんな時間だし」
と宣言し、フラフラとその店を出た。

この界隈から高田馬場駅までの道のりは、過去少なくとも5回は歩いたことがある・・・
今のこの資格の国家試験の会場が早稲田大学だったからだ。

アタマの中で、“たま”の『♪さよなら人類』が鳴っていた。
あの頃・・・僕は売れない親指企画を続けながら、一方で5年間試験を受け続けていた。
当時僕は、吉祥寺あたりでは人気のあった“たま”を追い掛けていたのだが、ある時突如イカ天でブレイクし、我々が自主制作のカセットで聴いていた『♪さよなら人類』が、不自然なほどクリアな音になって、メジャーへと出て行ってしまった・・・

そんな頃のことを思い出しながら、本当にフラフラとJRへと向って歩いたのでした。
                     200911270744000.jpg
いつか、金ちゃんとやったりしてね、『♪さよなら人類』。

仕事上の宴会へと急ぐ

20091209181819
20091209181814
気の合う同業者と、という日は良いが、立場上避けられない集まりというのは、やはり少々気が…。

まぁしかし、年末なのでいくつかのこのテのお付き合いは覚悟せねばなァ。

あ、暮れのLIVE宴会、ナント!こないだ金ちゃんがトラで入ってアルバム『アビーロード』特集をやったBandの方々が、何人か来て下さるのだとか。

お目当ては金ちゃんの歌なんだろうけど、こちらは大変ですよ…赤羽エリック氏なんかはもう、殆ど絶句状態でしたもの、
僕「マスターのBandのメンバーが来るみたいよ」
と伝えた瞬間に。

ジョンの命日

20091208211032
15歳、中3であった。

その日は塾があり、東大出の先生が、英字新聞でその記事を読んでいた…

何か、色んな記憶がゴッチヤになってるのかもなァ…
あの時代に、当日に田舎で“英字新聞”って…でも、東京から通ってた先生だったから、正しい記憶なのかも!?

あの頃、その塾の近くに2軒のレンタル・レコード屋があって、片方は“品揃えがテキトーだけどLP1枚150円の店”、もう1軒は“品揃えは良いけど1枚200円だか250円だかする店”で、当然ながら僕は前者を愛用。

従って、各アーティストのアルバムが全て揃っていたワケでは無くて、当時、僕がビートルズで聴いていたのは、その安いレンタル屋にあった日本盤『Meet The Beatles』(邦題:ビートルズ!)と『アビーロード』、そして赤盤・青盤(当然ながらこれらをカセットテープに入れたモノ)、以上であった。

ナンか、今になってみれば、ビートルズの日本史(!?)の入口と出口ってことだけど、まぁ知らんわなァ、田舎の中学生は…

29年?
経ちますか?そんなに?

今年はしかし、ナンだかシミジミと、
『ジョージの曲って、やっぱ凄ェなァ…』
と、ジョージばっか聴いてる内にこの日が来てしまい、全然予習復習しないまま、某店のジョン追悼イベントへと向かうのであります。

銀杏の炒り方

ダッチオーブン料理ってのを、過信していたのかも知れない。

焼リンゴも焼き芋も、そして最近の試作品各種も、基本的に仕込んで加熱するだけで、殆どのモノが失敗することなく、いや、それどころか、どちらかというと本格派風に仕上がるのもの、って勝手に思っていたのだ。
       200911270904001.jpg
田舎のスーパーで、上品にして巨大な銀杏を入手したので、
『コレもダッチオーブンで何とかなるかも!?』
と、加熱してみた。

結果は惨敗。

ストーブの上だとやや熱が弱く、しかし、本格ダッチオーブン料理風に火中で加熱すると・・・
炭状の銀杏、いや、銀杏風形状の炭が完成してしまった。
              200911300844000.jpg
『やり方次第で加熱とともにキレイ割れたりするモノなのだろうか?』
『“銀杏割り器”が無いと無理なのかな?』
そう思って検索してみると・・・
『茶封筒に適量を入れて、レンジで1~2分で完成』
って・・・そこまで簡単なのか・・・

フライパンで加熱したけど上手く行かない、って人は多いらしく、そういう方々の行き着く答えが“茶封筒&レンジ”みたいです。
結構ショック。

ヤーコン保存法研究

20091206212326
20091206212324
20091206212321
世間一般にはまだまだ無名野菜のヤーコンも、早くから取り組んだ人々だって存在するワケであり、検索したら一発で出ましたね、保存法。

便利な時代になったものです。

ヤーコン、ホントに強い野菜で、種イモをとってさえおけば、年々収穫量は増えるからねェ、作り方より収穫後の保存方法の方がモンダイなワケですよ、実は。

と思ったら、収穫しないのだそうです。
収穫せずにこのように枯葉を大量にかぶせて、ソイツをブルーシートで覆って保存。
後は食べたい時に必要なだけ引っこ抜いて食べれば良いのだとか。
コレで3月ぐらいまでは大丈夫なんだって。

確かに、地中の方が凍ったりはしないだろうし、コレはなかなかの楽チン保存法だ、と、即座に真似てみた次第。

あ、犬達の写真は、農作業を待つ間、先にガムを食い終えた爺やが、なかなかガムを食い終わらないhanna嬢を羨ましそうに見つめてる、の図。

ギャートルズのマンモス肉(=所謂“マンガ肉”)ではないのであるよ!

20091205221339
20091205221335
勿論、巨大海老フライでもない。

コレもLIVE宴会に向けての試作品で、またもオトコのダッチオーブン料理、『チキンの包み焼き』。

レシピは“魚の”だったのだが、時期やら手間やら考えてのオリジナル仕様。

“包み”は強力粉に各種スパイスをまぶしてこねた生地を作り、ソイツで骨付きチキンをくるんでみた次第。

これまた正しいレシピでは、
『バジルとセージをまぶせ』
だの、
『“包み”に絵を書いて楽しい演出』
だの、
『卵を溶いて塗ると仕上がりがキレイ』
だの書かれているのを、テキトーに読み流してのひと勝負。

だってェ…この“包み”、ホントに包んで香りづけするためだけの役割でしかなく、食べないことになってるらしいんだもの…勿体無いけど、美味しく無いのかもね、硬いだけで…!?
って、香りはイイけど、やっぱ硬ぇな、強力粉パン。

肝心のチキンは…魚のレシピには味付け云々は何も書いて無かったけど、予想通りしみじみと香り豊かながらも味はズバリ、“チキン味”のみ(味付けしてないから当たり前か)。

課題としては、チキンに下味をつけること&“包み”を何とか食えるレベルのパン風味に仕込むこと。

じゃなくて、イイ唄を唄うこと!

仕分けて頂きたい!

前々からヒマそうな窓口だなぁと思っているお役所(の、窓口)がある。

関係各位もおられるのでハッキリは言えないが、ここらで言うと十条駅と◎十条駅から同じぐらいの距離にある、某お役所の某証明書発行の窓口。
いつも基本的に、誰かがその証明書を申請しに来るのを半分眠りそうになりながら日がな一日待っているような感のある窓口なのであり、本日も同様に、そのフロアに一般人は私一人のみ。

しかし、その静寂を破ってオレはまとめて申請したね、ドド~ンと、証明書86通!(=紙の枚数にしても86枚分ってだけだが)。
窓「(何故かふんぞり返りながら)直ぐには出ませんよ、多いなぁ、コレは」
私「直ぐには無理でしょうけど、そんなにふんぞり返らなくてもイイのでは!?(と、ホントに言いましたね、僕ぁ)」
窓「いやね、待って頂くと、そういうことで・・・30分でどうでしょ、86通ぐらいなら」
私「では、30分後に」

少し早め、20分後にそのフロアに戻ってみた。
いやぁ、職員総動員。
A「う~ん・・・どうやったら分担出来るかなぁ・・・申請書は一部にまとまってるし・・・」
B「あ!コピーしましょ!申請書コピーして、手分けしましょ!」
俺「(って・・・!?今から手分けなの!?)」
C「じゃあ、みんなで刷り出したのを持ち寄って、で、全部揃ってるか順番に並べて点検しましょう!」
D「アレ!?コレ、ダブってるなぁ・・・あ、コッチは抜けてるなぁ・・・」
俺「(小学校か!?ココは!?)」

それから更に待つこと45分。
総員6名で手分けって・・・一人アタマ14通!?(紙にして14枚のみ・・・)
検索して、プリントアウトして、ってだけの作業なのに、掛かるか!?一時間!???

給与はやはり、税金からなのだろうなぁ・・・
必殺仕分け人、こういうのもねぇ、仕分けて頂けるとなァ・・・
200912020833000.jpg
嬢「ワラシ達、これでお別れなのかしら・・・」
       200912020833002.jpg
       爺「あん!?アニ言ってんだぁ・・・!?」
              200912020833001.jpg
              嬢「やっぱりもうラメなんラワァ・・・」

と、コレはですね、hanna嬢が自分のお気に入りの寝場所に来てみたら、既にwansuke爺がポカポカと休んでいて、心底ガックリ来ているhanna嬢、の図。
本文とは・・・無関係です。

何故か残業…

20091203213730
20091203213726
六本木でパロッツ鑑賞&友人・知人のBirthday!って夜に…

特別忙しいってワケでも無いのだが、まぁしかし、昼にしか出来ないことと、夜の方がはかどる仕事ってのとがあるので、こういう日もあるか。

六本木A店では、1日4回のステージの内、2回目のステージでお客さんのBirthdayを祝って“♪Birthday”を演奏するのだが…見事に終わった頃ですね、今頃は。

しかし、今の私にはパロッツはお手本(ってほど出来ませんがね、我々)。
教科書的な意味で、全曲聴きたかったなァ…

アレは多分…

20091202172937
都内某所、電話無料相談の帰り道に、知った顔に遭遇。

俺『ん~と…この顔は…』

知り合いでは無くて、有名人であった。
☆原兄弟の…確か、『せ@じ』さんですね、そうそう!

まぁね、“似てる人”とか“見間違え”とかはさ、無さそうなタイプだよな、ね。

しかし、そこは…

せ@じさん、駅前のビルから出て来たのだが、その一階には無料法律相談センター、上の階には、そのセンターと直接の関係は無い大手の法律事務所が入っておりまして…

いや、別のフロアに芸能関係のオフィスか何かがね、あるのでしょうね、ええ。

ん?
こういうのを投稿するってTVもあったような…

普段、赤羽の街で見掛けるってぇと、清▲ちゃん、ピンク色の芸人ご夫婦、ビートル・マニアの松※アナ、っつう感じなので、やっぱ都内某所は都会、見掛ける有名人もそれなりにメジャーなんだなァ、と、そんだけのネタでしたとさ。
|TOP|

プロフィール

とーちゃん              下の方で遠慮がちにRanking参加中

Author:とーちゃん              下の方で遠慮がちにRanking参加中
故・wansuke爺
 「やい!とーちゃん!
  何だよ、コレ!
  こーゆー甘ったるい写真、
  いつまで使う気だよ!」
故・hanna婆
 「ヤット再会デキマシタ…」

[LIVE関連]

5月18日(木)大塚Welcomeback
19時~!エリック氏との2人組です!

5月28日(日)大塚Welcomeback
ビートルズ大会出場!19時40分~!

毎月第4日曜日朝~昼頃
大田原日曜朝市出演中!
行ける月だけですが・・・

『K介のSongs&Dogs
   ~週末はミュージシャン』
3曲分の動画を毎週月曜日UP!
YouTubeにて続々配信中!

[CD・DVD関連]

親指企画17年振りのスタジオ録音アルバム!
『Songs&Dogs』完成!!!
DSC_0273.jpg
若き日の3人組LIVEのDVD付きです。
CD13曲+DVD16曲入り、カンパ1,000円!
DSC_0281.jpg

月別アーカイブ

寝姿を見ちゃった方々

hanna嬢「おがぁさーん、おろーさんがヘンなことやってるわぁー」

wansuke爺「じゃ、またな!」

hanna嬢「おろーさん、頑張って!」

wansuke 「おい、とーちゃん!このランキング、ちゃんと設定出来てんのかよ?」 とーちゃん 「・・・自信ナイ・・・」

FC2ブログランキング

バカ嫁hanna 「1日1回、ポチッと押してみれくらさいねぇ~」

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索