爺やはコタツで…

201001310859000.jpg
このまま中に入り、老舗旅館のコタツで朝寝。

しかし、外は昨夜の予報に反して、思いっ切り快晴!
ニンゲンはじっとしてるワケにはいかんのである!

ということで、宿から蔵王は遠いので、蔵王リベンジはまた今度、ってことにして、宿の直ぐ近くの天元台へ。

普通の人々は、リフトを降りたら滑り出すのだが、オレはリフトを降りたら登り出すのだよ。
で、山頂の更なる山頂は…
201001311151000.jpg
絶景であった。

行く人はココからどこまでも行くのだが、そこまでの根性は無いのであり、
俺「いやぁ、素晴らしい!」
とモンスター諸氏に語りかけ、サブいのでさっさと下るのでありました。
スポンサーサイト

冴えない一日…

201001301610000.jpg
201001301613000.jpg
朝から蔵王へ向かう。
『よっしゃ!晴れだ!』
と思いきや、北上するにつれ暗い空に。

ベースとなるスキー場の駐車場にて、しばし絶句。
モンスター(=樹氷)と戯れる登山のつもりで明け方からワクワクしていた気分は、濃い~~~ガスの彼方へ…。

駐車場からはゲレンデはおろか、直ぐそこにあるはずのチケット売り場もレストハウスも何も見えない。
『ここまで何も見えないなんて、さすがに初めてかもなァ…』

諦めて、レストハウスでピザを食って去ることに。
スキー場にしては珍しく、ココは一応ちゃんとした石窯なので、ギリギリ許容範囲のピザが食えるからね。

さて、どうするか!?である。
山形県まで来て、で、どうするか!?

仕方なく、携帯で近隣地方都市の映画情報などを検索し、上映時間を確認。
む~ん…
観たいかどうかを抜きにして調べても、どうにも時間帯がピタッと来ない。

で?どうしたか?

地方都市はどこ行っても大差無いワケでして…
結局“しまむら”でパンツやらアンダーシャツやら購入し、更にユニクロなんぞに立ち寄り…って、何も米沢市街でやることでも無いのだけれども。

途中、hanna嬢の嘔吐騒動もあり、そうこうする内にどうにかチェックインの時間になったので、米沢郊外の温泉宿へ。

急に思い立って予約したのだけれど、そのおかげで“直前特別割引”、つまりは、
『空いてる部屋が急に埋まるなら大歓迎!』
という変なプランに該当するのだとかで、老舗旅館の離れ、それも掛け流しの温泉風呂が付いてる部屋に格安で!ってなことになっているのであります。

写真はその宿のコタツで休むお嬢と、クルマで連れ回されるだけで何もイイことが無かったと、不満げな爺や。

2軒目は…

201001261134000.jpg
こないだから、
「Barみたいな店がイイ」
と言い続けてる女性が一緒だったので、昨夜は王子駅前のBarに向かった。

いや、その前に1軒目だ。
王子と言えば、宝泉の生ホッピー。
メンバーは赤羽エリック氏を含めて男子3名、女子2名。
赤エリ氏と僕は、互いのペースが早くなり過ぎないように牽制し合いながら、ゆっくりゆっくりと飲んでいた。
最初は、ね。

しかし、女子2名が比較的最近知り合った方々という、まぁその、ある種“恵まれた状況”みたいなのも手伝って、とても楽しい場になってしまい、
『三杯目は危険』
という鉄の掟もなし崩し的状態に。

生ホッピーを三杯近い量飲んでしまうと、気分だけは強気になるもので、よせばイイのに残った男子2名女子1名で2軒目探し。
赤「Barがイイんでしょ?この辺のBarのことならH田さんに任せとけば大丈夫だから」
と、あの赤エリ氏がBar好き女子1名に向かって調子こいているではないか…

今日の夕方電話したら…
やはり赤エリ氏、途中から完全記憶喪失状態だったようで、来週の約束事などは全く覚えていないご様子。

赤エリ氏が調子良く(しかし支離滅裂で)喋り出したら、やっぱ危険なのね、アレは。

金ちゃんとの打ち合わせ♪

201001220740001.jpg
201001220738000.jpg
俺「金ちゃんさ、少し日本語の歌をさ、何曲か一緒にやらない?」
金「ええ」
俺「アレとかアレとかアレとかさぁ」
金「ええ」
俺「ま、三人で、とか言うと、またアイツが色々パニくるだろうからさぁ…」
金「ええ」
俺「三人にこだわらずにさ、二人でやろうか」
金「ええ」
俺「その方がさ、金ちゃんにも色々歌ってもらえるしね」
金「ええ」
俺「まぁ、アイツのことはさぁ」
金「ええ」
俺「三人よりさ、二人でさぁ」
金「ええ」
俺「二人だとさぁ、金ちゃんにもさぁ」
金「わかりました。その場で合わせます。自分の歌も色々用意します」

昨日、夜更けの六本木にて。
これからステージに上がるドラマーと、酒場で飲んでから弱酩酊状態で現れたオッサンとの会話でした。

シバとリンゴ。

201001270802000.jpg
シバさんがよく言うのだが、還暦ともなると、昔の仲間が一人欠け二人欠けして行くという現実と、自分らの年代以前にはギター抱えてフォークだのLIVEだのやってた大人なんていなかったという、我が国の音楽事情とが相まって、自然とこう、周囲というか、
『あぁ、アイツ、まだ元気で歌ってんのかァ…オレも、も少し続けるかァ…』
みたいにして、周りを見回しながらやっている感があるのだとか。

確かに、古典芸能と違って先人のいないジャンルってのは、引退というか、“幕の引き方も手探り”みたいなとこはあるのかもなぁ…

まぁ、まだまだ元気ですけどね、シバさん。

で、リンゴの新譜である。
コレまた前人未到の世界だよなァ、もう直ぐ70代になろうかというリンゴがさぁ…。

「リンゴ・ソロは最初の1~2枚で充分」
って人もいるのだろうけど、そういう方に、是非言いたい。
「ソレはソレで結構です…が、最近の2枚だけは聴いて頂きたい」
とね。

ポールのベースが鳴る。
リンゴの歌を、ポールの声が追い掛ける…
15年前のThreetlesともまた違う、Twotlesの世界。

必要以上に美化することもないけれど、でもやはり、この二人にしか到達出来ない境地、みたいなモノは、確かに存在するのだろうなァ…ナンたって、世界に二人きりの、ホントの“ビートル ”なんだもの。

豪華ゲストと言いますか…

20100126190320
20100126190316
2月11日のLIVEパーティ、金ちゃんに続いてキャバーンのマスターも出演決定!

マスターとは、昔っから、
「今度麻雀やりましょうよ」
だの、
「一緒にスタジオ入ってビートルズで遊びましょうよ」
だのと、色々と話はあっても、どれも掛け声ばかりで終わってしまっていたので、ナンだか、
『ついに』
みたいな感じがします。

スタジオで遊ぶ話の頃は、僕はまだ、音楽的には完全なるブランク期間中だったから、顔は笑っていても、内心、
『んなモノ、オレに出来るワケないじゃん』
って感じで、具体化しないようにしないようにしてたしなァ。
なので、結局のところ、彼が、
『どのようなプレイを聴かせ、どんな感じで歌うのか?』
は、実は今でも秘密のベールの向こう側なのであります…あぁ、楽しみィ!

あ、そうそう、昨夜マスターが言ってましたね、
「良く食べるお客さんが多いですよね」
って。
「今、食べ放題にしても、残っちゃうことが多いんですけど、こないだは作っても作ってもどんどん食べて頂けて」
と、まぁ、嬉しそう(!?)でしたんで、皆さん今度もガンガン食って下さいねェ!

金ちゃん出演決定!

2月11日(木・祝)
赤羽イタリアン・レストラン・バー『キャバーン』
5,000円飲み食べ放題LIVEパーティ開催!

ようやく決まりました、金ちゃん。
事情はまぁ、書くのもどうかと思うので…やめときます。
とにかく金ちゃんが一緒となると、コチラも選曲・構成等々の選択の幅はグン!と拡がるワケでして、
『赤エリ氏と二人きりなのかどうか』
では大違い(スマン、赤エリ氏…)。
これから色々構想を練って準備させて頂きますので、皆さま是非、ご予定を空けておいて下さいませ!!
       201001251435000.jpg
さて、昨夜。
目下人生でかなり苦痛な方にカウントされる憂鬱な会合を終え、気分転換に映画館へ向った。
お目当ては“オーシャンズ”。
コレがしかし、全くもって予想通りのウツクシイ映像満載&温暖化絡みのお説教めいた映画、って感じであった。
説教が無きゃオススメするんだけどなぁ、皆さんにも。

映画の後、来月のLIVEパーティの打ち合わせに行こうと赤羽“キャバーン”に電話。
出ない。
日曜日だし、お客さん入って無いと、閉めちゃうのかなぁ、早めに。

映画館にはクルマで出掛けていたので、赤羽に戻るのをやめて、クルマだと近い焼トン“こころ”(ママの携帯)に電話。
しばらく待っていたらママさんが出るには出たけど、
マ「日曜でお客さんいなかったから閉めて帰って来たとこ」
とのこと。
どこも厳しいのぉ、日曜日の深夜なんて。

再び赤羽に戻ることに決め、我がマンションの下の駐車場にクルマを置いて、あてなく歩き出す。
ここは…コッチも…アッチも…
日曜日は静かだなぁ、赤羽も。

結局、これまで気になりつつ一度も寄ったことの無かった炭火焼の店に入った。
最近、すぐ近所に同じ名前の全品270円均一の飲み屋が開店したが、ココとは全く無関係(多分)。
きっとそのあたりの絡みで、敵の店は“金の蔵jr”とかナンとか、ヘンテコな店名にしてるのかなぁ、と、推察。
こっちは下品な均一店と違って、落ち着いた炭火焼き鳥の店なのであり、やたらと焼酎を揃えたこだわりの店なのだ!

と、まぁ、店の雰囲気も良いし、店員さん達の感じも悪く無いのだが…
『コレならテクノママさん達をお連れしても大丈夫かも!?』
と期待していた肝心の串焼きモノが…炭火焼と言われても…残念なお味であった。
ナンと言うか、ショボイというか、カタイというか、やや冷めてる!?というか、縮こまってるというかさ、あ!“勿体無い”でもイイかな!?ネタがね、もっと美味しく出来そう、というね…

キャバーン=×→こころ=×→あきらめて適当に立ち寄った店での若干の敗北感…
新たな銘店探しの旅は、まだまだ続くのであります。
                     201001251434000.jpg
>テクノママさま~~~!

先日久々に西口の“きらく”さんに行って来ました。
あらためて思ったのですが、あの店は基本的に美味しいです。
特に馬刺しはなかなかだと思いますし、他もそんな、ハズレみたいのは無いと思います。
と言うより、寄る度に、
『そうだ…ココがあったじゃないか!わが街には!』
と、そう思える良い雰囲気のお店です。
一度ご一緒しませんか?
まぁ、“ボリューム感”とか、“ゆったり”とか、そういうのはチト無理ですが、お店のスペースの関係もありますし。

※先日22日金曜日の記事が、何らかの事情によりアップしていない模様でしたが、本日回復致しました。
って、まぁ、イイんすけどね、過去は過去で。

ヤーコン保存実験中。

20100124163102
20100124163059
20100124163055
これまでは、
『秋口に掘って、その後いかにして長期間保存して、楽しむか』
がテーマだったヤーコン。

とにかく誰でも大量収穫が可能な品種のため、いくら美味しいと言っても一気に食べ切るのには無理があり、1~2シーズン目にして、
『いかにして食すか』
と、
『どう保存するか』
というモンダイに行き着くのだ。

そして、以前にも書いたけど、今シーズンから試しているのが、
『掘らずに保存出来たら良いのになァ』
という、ヤーコン野郎なら誰でも思い描く理想的な保存方法について研究した方のサイトに載っていた、“枯葉&ブルーシート作戦”。

ついにブルーシートの一部を剥がし、久々に少しだけ掘ってみたけど、今のところはこんな感じで問題無し。
むしろ、大きめの玉が多く、秋には沢山ついて来ちゃうゴミのような細かい(細長い)玉(コレがまた、ちゃんと皮剥けば食えるだけに調理が大変なのだ)が殆ど無い。
そういう小さな玉も成長するからなのか?それとも地中に眠ってしまうのか?はワカラナイけど、調理担当者には取り敢えずは好評のようです、このヤーコン保存法。

今シーズンの新兵器!

20100123190116
20100123190114
20100123190110
真ん中の写真の、赤いフレームが僕のスキーシュー。
ソレはこれまでと同じ。

最近導入したのは、足の黒い部分。
コレが素晴らしいのだ!

普通は登山靴やスノーブーツなどを履いて、足首から上にカバーを着用するのだけれど、僕の新兵器は更に一歩上。
その、今履いてる靴ごとスッポリ履けちゃうカバーなのである。

クロカンやらない方(の方が多いか…)には分かりにくいけど、コレは楽ですよ。
何しろさっきまでクルマ運転してたり、現地駐車場に着いて便所に寄ったりしてた、そのまんまの靴で、スポッと履いて、その上からスノーシューを装着すれば準備OK!

あとは普段歩ってる靴(にカバーとスノーシューを装着)のまま、雪原を思いのままに歩けてしまうのだもの!

3枚目の写真は、クロカン後、くたびれ切って寝ていたが、腹ペコで目覚めてhanna嬢の寝床の上で“何か”を要求する爺やの図。

とにかく夜だけ忙しく…

20100125094305
20100125094300
これから同業者各地区代表者会議なのです。
『飲まずに帰る』
コレが毎回の私のテーマだったりします。

>Dログ一家さん

あの頃あの店って、確かにこう、ちゃんとスーツ着てネクタイしめたようなオトコはイマイチ溶け込めないような空気はあったよね。

そういうヤツほどK島さんの餌食とも言えたけどね、
島「あ~た、ネクタイぐらいゆるめたらぁ」
とか何とかさ。

思えば僕は、“子供”みたいな頃から出入りしてたから、
『気軽に角瓶をボトルキープ出来るような、(立派な!?)オトコになりたいなァ』
とか、
『そうかそうか、コレは“ブルボン”が出してるウイスキーじゃあなくて、“バーボン”なんだな、なるほどなァ』
とかね、そんなもんでしたよ、もうまるっきりのガキね。

僕の旧いアノ曲、“♪回舞台”誕生の地、とも言えるかな(正確には某“劇場”がそうなんだろうけど)。
15歳かァ…30年だよ!?
どうなるのかねェ、人生は…

「よう!H田クン!」

「久し振り!良く来たね!」
読唇術とでも言うのだろうか?
僕にはそう聞こえた気がした。

昨日は夕方から、120%純然たる仕事絡みの新年会に出席。
コレがしかし、本当に本当に知り合いのいない新年会であり、ま、ひたすらビール飲んで寿司などつまんでお土産頂戴して退席、ってな感じのモノ。
今の私の立場上、年末年始は◎▲士さんや■★士さんといった“他士業団体”からの宴会のお誘いが恐ろしく多い。
いや、大袈裟では無く、本当に“恐ろしく”多いんですよ、マジで。
全てに出席していると、12月~1月の平日の夜は一日も空く日が無いかも!?ってぐらいなのです、何しろ“士業”ってだけでも数はあるし、それに近隣の“区”の数を掛け算した分だけあったりしますからね、“忘年会”だったり“新年会”だったり“賀詞交歓会”だったりと。

あ、そういう話題では無かったのだ・・・
その昨夜の某新年会をですね、程よい時間で失礼致しまして、向った先は御茶ノ水方面。
2年半ぐらい経ちますかね?高円寺ペンギンハウスでご一緒したのは?
そう、昨夜はこれまで何度かLIVEをご一緒させて頂いているシバさんの、ソロLIVEだったのですよ、御茶ノ水で。
初めて行く店だったので、プリントアウトした地図を握り締めて・・・Woodstock Cafe、無事到着。
既に地下からシバさんの唄声が。

『えっ!???』
一瞬言葉が無かった。
暗めのカウンターの中から僕を見つめているのは・・・K島さん!???
『ん!?しかし、あの頃のまま!???やけに若くないか!???K島さんにしては!???』

昔、池袋に“ドン・チャイルド”という名のBARがあった。
どれくらい昔かというと、初めて連れて行って貰ったのが、僕が中三の頃(←ダメじゃん!)、ってぐらいの昔。
その頃30歳代だったマスターが、K島さん。
店内には数人分のカウンターだけしかなくて、で、お店の幅もそのカウンター分しかないという超狭スペース。
(ついでに言えば、そのビル自体がその幅しか無かったような・・・)
その狭いお店の中で、当時の20代~40代ぐらいのオトコとオンナの“青春”やら“人生”やらが連夜複雑に絡まり合っていた・・・思えば妙に熱い空間であったのだけれど、今から15~16年ぐらい前かなぁ、立ち退きのようなカタチで閉店してしまったのは・・・

島「よう!H田クン!」
本当に、そう聞こえた。
唇が、そう動いた気がしたのだ。
何しろ、顔、風体、服装、髪型、表情、笑いかける目、その他・・・というか、全てが(あの頃の)K島さん。
ましてやシチュエーションがもう、そのまんまなのだ、K島さん、カウンターの中にいるのだもの。

『あり得るか?かもな?あの頃、“ドン・チャイルド”を閉めてからも、知り合いの店のカウンターに入ったりしてたし』
『って、じゃあコレ、偶然なの?シバさんを聴きに来たらK島さんの店だった、みたいな話なの!?まさかねぇ・・・』
『ん~~~???いやいや、そんな筈は・・・』
『でも・・・K島さんなのか!???』
『うんにゃ、見た目があの頃のままなワケないじゃん、第一オレ、“その後”のK島さんにもたま~に会ってるんだからさぁ』

冷静になろうとしながらも、アタマの中は“K島さん”一色。
グルグルと様々な思い(&思い出)が駆け巡る。

結局、シバさんのステージの間も、僕はそのnew“K島さん”ばかりが気になって仕方なかった。
『ん?営業中なのに、缶ビール飲んじゃってるのか・・・アラ?もう1本飲むのかぁ・・・』
『シバさんの唄に合わせて右腕でリズムを取る仕草・・・酔いしれてる時の表情・・・K島さん、変わんないなぁ・・・っつうか、似てるよ、ホントに』
『ステージのMCにカウンターから突っ込んじゃうのね、黙ってらん無いんだわな、K島さん・・・ったら、ホント、相変わらず・・・』

本人であろう筈も無いのだけれど、僕の中ではもう、どっちでも良くなって来ていた。
       200911260818001.jpg
LIVE終了後、シバさんとしばし話し込む。
その後、ご自宅が遠いシバさんは、お客さん達を残して先にお帰りに。

後は・・・ビールに続いてご自身で作った水割りだかソーダ割りだかを飲み続け、
島「僕は今夜は酔っ払いだからさぁ」
と、上機嫌のK島さんが、カウンターの内側から独演会。

店名から察する通りの音楽好きのK島さん。
どうもご自身の青春時代がドンピシャ70年代だったそうで、カウンター内の壁に並べられた大量のLP&CDから、自分の気分やお客さんのリクエストに合わせた音楽を選んでかけて、お客さん相手に延々と70年代ロックの話題が続く。
『ああ、自分の趣味の為の店なのだなぁ・・・シアワセそうだなぁ・・・ってとこも、本家K島さんに良く似ているなぁ、あの頃の』
とは思うものの、どう見てもその場の最も若い客である僕は、その殆どの話題について行けて無いのであり、
僕「あのぉ・・・(盛り上がってるとこ悪いんですが・・・)お勘定をぉ・・・」
と、恐る恐る申し出た。
島「あ、ハイハイ」
                     200911260818002.jpg
ここからが長かった。
“ハイハイ”は全然“ハイハイ”になっておらず、その後も更に目上の皆さまの70年代談義は続く続く続く・・・
客「なかなか帰して貰えませんねぇ」
僕「はぁ・・・」

カウンターの中ではさっき“ハイハイ”と言った筈の“K島さん”の独演会。
『何もココまで似て無くてもイイのになぁ・・・』
そんなことを考えながら、その後1時間近くお会計を待ち続けたのでありました。

あ、念の為に書いときますが、当然ながらホントのK島さんではありませんし、お名前も(多分)全然違いますよ、new“K島さん”は、本家K島さんと、激似ではあるけれども。

ハリウッドからのお誘い。

ナンでしょうか!?
さっき、ハガキが二枚届いたのですよ、職場に。
ポストから取り出したのが自分だったから良かったようなものの・・・

一応説明しておくと、僕のところは個人名で仕事はしているけれども、事務所名に個人名ではない“屋号”をつけているため、時々あるのですね、
『個人名宛と屋号宛に全く同じ営業のDMが届く』
みたいなことがですね。

で、しかし、ハリウッドだ。

え~と、
『旧いヤクザ映画に出て来るような』
と、そんな風に例えれば良いかと思うのだが、いわゆるひとつの“グランド・キャバレー”ってんですか?そういう店があるのですよ、赤羽には、まだ。
ん?
待てよ?
あて先の住所を見ると、1年前までの事務所所在地宛からの転送になっている。
う~ん・・・この時期に飲みに行って名刺出して来た、なんてことは無かったような・・・
いや、オネーちゃん系に飲みに行っても、職業柄さすがに名刺は置いて来ないな、俺は。
ってことは、コレは少し前の電話帳かナンかからの、ホントのホントのDMってこと?
今頃は周辺のセンセイ方が、みんなしてこのハガキを手にしていたりするってことか!?

やめてくれよ・・・
昭和の香り漂うお顔立ちのお姐さん達の写真が大量に掲載されたハガキに、
『いい娘が揃いました!美女140名!』
『スタートしたばかりの女の子がいっぱい!!』
『“今月の推薦”新人コンパニオン紹介 No.33 (名前)怜』
『お気に入りのコンパニオンを、何度でもご紹介致します』
『ハガキ持参で“ショーチャージ”を無料サービス!!』
って・・・職場宛のハガキってのは反則だろうよ・・・

まぁしかし、景気悪いんだろうなぁ、こんな作戦に出るなんてさぁ。
              201001070857000.jpg
>Dログ一家さま

久し振りの綿シャツに、
『襟や袖口のアイロンがけ用に、スプレーのりを買わなくてはなぁ・・・』
などと思案中です。

いざ!鎌倉!

ベタな感じで失礼。

本日、ついに鎌倉シャツ着用なのです。
理由はナンと言うことも無くて、本日ローテーションが廻って来た色シャツが、朝陽の中で良~く見たらアチコチとマダラに日焼けして色褪せたりしるのに気付いたので、まぁそちらの色シャツさんには、
俺「長い間(=推定10数年!!)ご苦労様でした」
と、感謝の言葉を投げかけつつ、ついに、ということで、1着目の鎌倉シャツの登板と相成ったのでした。

さすがに綿100%は気持ち良いです、洗濯とかアイロンとかを考えなければ。
思えば長いこと“形状記憶”とか“形態安定”とかに慣れてしまい、仕事着で綿100%のYシャツなんて、持ってはいても、洗濯&アイロンが面倒なせいでローテーションから外してしまっていたので、着ていてこう、優しい感じはしますね、ええ。
       201001190826000.jpg
>Dログ一家さん・・・
は、外注派だったかな?Yシャツ洗いに関しては?
僕はこう、クリーニング屋に持って行く&回収っていう、二度のやり取りが面倒で、ついつい自分で洗ってアイロンかけちゃうという自力派(の方が面倒か?普通は?)。
故にいつしか“記憶”や“安定”が占める比率が増して来て、ついには綿100%は滅多に着なくなってしまったという経緯もありまして・・・なので、鎌倉シャツ増量についてはしばらく考え中。
メーカーHPでも、“大切なシャツは自分で”みたいなこと書いてるしね、洗濯方法やアイロンがけの写真解説付で。
              201001190825000.jpg
※気になって調べてみたら、今は“綿100%なのに形態安定!”なんてのも各社開発・販売しておられるそうで・・・それはつまり、やはり“着心地とお手入れの両立”というニーズから来た人類の進化、ってことなのでしょうなぁ。
綿100%系の形態安定、どうも良く読むと、“結局シワにはなるけど、アイロンがけが楽々”ってのが“ウリ”のようでもあって、ソレを“形態安定”と呼ぶのかどうかがイマイチ疑問なんだけれども・・・

ま、得意分野の話題では無いので、これくらいにしときます。
間違い・勘違い等々ございましたら、何卒ご容赦を。
                     201001182318001.jpg
                     さて、コチラの写真は・・・

昨夜は新橋方面でのお食事会に出掛けたのだけれど、駅からお店までズンズンと歩いている内に、そこが実は虎ノ門エリアであることに気付き、食事会やらカラオケ会やらが終わった後、皆さんと別れて一本裏の通りへと向って・・・の一枚。
201001182317000.jpg
この階段は・・・そう、ワカル方にはワカル、かつてのMOONDOGS入口であります。
相変わらず人通りの無い、暗~い通りではあるけれど、こうしてちゃんと次のテナントが入るものなのだなぁ・・・

昨夜の出来事。

20100118185506
20100118185459
我が家ではソレは、“実績”と呼ばれている。

ソレ=主に、“深夜の排泄行為”、を指す。

爺「こんな時間に眠いとこ起きてやってションベンしてやってんだから、(オレ様の“実績”を認めて)ナンか食わしやがれ!」
と、
『そもそもは誰の為の散歩なのか!?』
という根本的なモンダイをいつしか離れ、何故か“排泄”=“実績”に。

で、今やその“実績”の主張のみが独り歩きを始めているからややこしい。

例えば30分前にオシッコを済ませ、そいつはまぁ、真の“実績”として、多少のオヤツなどを与えたとしよう。

しかし、そうなのです。
アノ、爺やです。

30分後には、その“実績”作りの為だけに、
爺「ヤイ!外に出しやがれ!実績だ!実績作って何か食うんだ!オレ様は!」
と、ナニがナニやらワカラン現象が生じてしまっているのであります。

そして昨夜。

夕方の散歩はちゃんと済ませたので、
『まだ深夜の実績作りには早いだろうよ』
って時間に、
爺「実績!実績!実績作り!」
と、しつこく吠える。

根負けして連れ出すと、直ぐに大量のオシッコ。
俺「悪かったな、ホントにしたかったのね、オシッコ」

で、戻って実績に応分の(!?)オヤツを食って直ぐ。
爺「もう1回!外行くぞ!実績!」

俺「さすがにインチキだろうよ、ソレは」

しかし、今度もしつこいしつこい。

やむなく再度連れ出す。
う~む…今度は大の方であった。
俺「悪かったよ…っつうか、さっきしちまえばイイのに、回数稼いだだろ?爺や?」

またも実績分のミルクなどをゲットした爺や。
コレでおとなしく眠れるかな…
と、またも、
爺「出せ!外!実績!」
と大吠え。

勘弁してよ…

しかし、ズンズンと玄関へ向かう爺や。

次の瞬間目にした光景は…

こらえ切れず、玄関手前で踏張る爺や。

間に合わず…

黙々と、出たものを片付ける日曜深夜のお話でしたとさ。

時折陽は差すものの…

20100117125353
『晴れたら(というより、きっと晴れるだろうから)朝から雪山登りを!』
と思っていたのだが、目覚めると思いっ切り雪。

予「午後からは回復」
ラジオからはそんな声も聞こえて来るけれど、登山派はそれじゃあ意味が無いのであります。

こういう時に便利なのは、ベランダに積もった雪を、
『外』
或いは、
『雪原』
と認識してくれるのか、犬達がベランダで用を足してくれたりする事。

雪が無いとそういうことにはならないので、やはり感覚的に何か違うんだろうなァ。

続々々!?高校教師

20100116111123
早い。
いやね、土曜日が休みじゃない学校があるのは知ってますよ。
しかし…1時間目、8時半からって…
(まぁそうだよな、学校だもの…)

ということで、普段より1時間早起きして、何度目かの高校教師役に向かった。

どうも、
『リアルな話が聞ける』
ってことになっているらしく、先生方の眼差しに期待感が漂うような…ナンだか恐縮してしまう。

2クラス連チャンで喋り終え、で、まだ10時過ぎだもの、何と言うか、健全だよな、高校生活?
朝が苦手とか、言ってらんないもんなァ。

昨日は昼間に業界団体の新年会があり、その後、夜から“居呂利”で日本酒宴会。
タダれたオッサンのアタマも、冬の朝の冷たい風で、超スッキリ!って感じです。

“こころ”への道

一昨年の9月で赤羽から消えた焼トン“心”が、川向こうの街、鳩ヶ谷にてやきとん居酒屋“こころ”として復活との案内が。
『鳩ヶ谷かぁ・・・』
と、思わなくも無いが、コレばっかりは僕がどうこう言っても仕方が無い。

昨夜はワハ母氏が不在のため、独りで大人しく、入手したてのDVD『盲目ガンマン』でも鑑賞しよう、って気でいたのだが、
『そうだ!』
と急に思い立ち、ママさんに予告の電話を入れて、鳩ヶ谷へと向った。
鳩ヶ谷駅からの道のりが、恐ろしく寒い。
そして・・・暗い。
&やや遠い。

『上池袋に“長野屋酒場”があった頃は、随分歩ったっけなぁ、板橋駅から10分以上、夏も、冬も、殆ど毎週1~2回とかさぁ。ベロンベロンになっちゃうと、帰りが遠くてなぁ・・・』
フトそんな記憶が甦る。

しかし、気分は悪くない。
ナンと言うか・・・、
『昔のオンナに会いに行く』
みたいな!?
そんな経験殆ど無いから、良くは知らんが。

いや、そうなんだよな!
これまでの人生で、
『一度消えちゃった店が復活した』
なんて経験、そうそう無いからね、やっぱ気分はイイんだよ、そうそう!

にしても、良く、
「川ひとつ(=荒川)超えると(不動産価格が違う)」
と言うけれど、本当に川ひとつ越えると住宅がデカイ。
都内なら“豪邸”と言ってイイような邸宅が並ぶ。
『こんなとこで、焼トンって・・・(下町と違って馴染みが無さそうな)』
と、余計な心配がアタマをよぎる。

少し行き過ぎてしまい、ママさんに電話して表に立って貰って無事到着。
その閑静な邸宅街に入り込んだ不思議な位置に、赤い灯り。
“昔のオンナ”に再会出来た上に、ナニやら“秘密基地”めいたムードは、少しワクワクするような・・・

新装“こころ”、赤羽の店から連想していたよりは、ず~っと立派な酒場であった。
残念なのは、川を越えたが為に都市ガスからプロパンガスになってしまい、お客さんに焼きながら食べて貰う従来の焼肉屋スタイルが難しく、ママさんが串で焼いて提供する一般的焼トン屋スタイルになってしまったこと。

『素人が焼くより店主が焼く方が美味いのでは?』
と思われるかも知れないが、串で頼むとなると、なかなか一品ずつとは行かないワケで、どうしても3本とか5本とかを一度にオーダーすることになってしまい、例えば2~3種類の肉を焼きながらアツアツで頂いていた頃と違って、焼き上がって並べられた数本の串は、どうしたって順に冷めてしまうのであり、コレがナンとも惜しいのだ。
当時と同じネタではあるのだが、やはりアツアツが恋しくなってしまう。

マ「遠慮しないで、1本ずつ頼んでくれてイイよ、1本ずつ焼きたて出すから」
と、ママさん。
こういうところは、某米山なんかと違って、ホント、有難い。

焼トンだけだとバランス悪いので、野菜を頼む。
俺「ポテトサラダ」
ここのママの偉いのは、作り置きしないでオーダー後にその場でササッとポテサラを作って出してくれるとこ。
そもそもがポテサラ大好きオトコであるからして、こういうのはやはり、感動的に美味い。
                     201001070857001.jpg
帰りの夜道は、更に寒かった。
アルコールが入った身としては、“心臓麻痺”とか、“脳卒中”といった言葉が浮かぶくらいの寒さの中、駅までの数分間でアレコレ思う。

暮れで“まこと”さんが終わってしまい、某米山には行く気が失せてしまっている現在、“こころ”復活はとても嬉しい。
嬉しいが、しかし・・・いや、やっぱ通うんだわな、この閑静な邸宅街を、俺は、これから時々・・・鳩ヶ谷かぁ・・・

※DVD『盲目ガンマン』は、最近入手した、昔Ringoが助演したヘンテコなウェスタン映画。
ヘンテコ=異色お色気ウェスタン!?
どうも、家族で鑑賞するとドン引きするくらいに女性の裸体(=50人!!!)のオンパレードなのだとか。
一度はチェック(映倫か!?オレは!?)した上で、大丈夫そうなら皆さまにお声掛けさせて頂きますね、上映会&宴会開催ってことで。

財布直し=プライスレス

茶色の財布が戻って来た。
三つ折状態を維持する為のボタンを交換し、お札入れ部分の内側の破れたとこにあて布(革)を貼って。
       201001131423001.jpg
俺「(またまた)どうもありがとう」
革「ああ(ホント、“またまた”だよ、アンタ、モノを大切にするって気持ちは、嬉しいけどな)」(ナンテ、思ってないか!?)
俺「・・・(んで?どうなのよ?今回は?)・・・」
革「・・・」
俺「いくら?」
革「・・・」
俺「エト・・・(まさかねぇ、タダってワケにもねぇ)・・・お・い・く・ら・で・す・か?」
革「ん~~~・・・100円」

テキトーである。
いつもテキトー。
しかし、100円ですよ、100円。
                     201001131423000.jpg
これまでも、
『もうさすがに直せないかもなぁ・・・』
『っていうか、普通の大人は買い替えだろうな、財布のひとつぐらい』
って場面を何度も潜り抜けて来た愛用財布である。
とにかく、超三角ビルの直し屋の爺さんがいる限りは、この財布との付き合いも続けられそうである。

あ、黒い方のスペアの財布、黒じゃないなんて・・・今、現物を見ていても黒にしか見えないのだけど・・・

またも財布の修理なのです。

既に何度か登場している近所の革製品の直し屋さんへ。
いや、アレは直すのが専門の職業なのかどうかは良くワカランのだけれど・・・。

ここ数日、店の前に行ってみてもオヤジさん不在のことが多くて、なかなか修理に出せなかったのだが、コッチはしかし、そのこと自体よりも、
『このまま開店しなかったらこの先困るなぁ』
と、ソッチを心配していたのであった。
“下町一代限り”、みたいなお店って、結構多いんですよ、ここらは。

とりあえず、オヤジさん元気そうで何より。
にしても、やはり凄い建物だ、オヤジさんとこは。
今の世の中、道路拡張なんかで生じる三角地の三角ビルはいくつもあるけれど、このオヤジさんとこの三角ビル振りはズバ抜けている、と、思う。
       201001081721000.jpg
       “オソロのイロチ”

20年は経ってないと思うけど、でもまぁ10数年前になるのかなぁ・・・まだ、こういうのを色違いで購入していた時代だったのだろうなぁ。
僕が茶色でワハ母氏が黒。
しかし、僕は執念深くこの茶色の三つ折りタイプを直し直し使い続けているのに対し、アチラはもう、何代目かのご自身の気に入るタイプに乗り換えたり、“散歩用”だのナンだのと使い分けたりしておられるようで、この黒財布はとっくにご隠居の身。
出番はそう、僕が自分の茶色を直しに出している時!

コレがしかし、実に便利でして、全く同じタイプの財布が一個余っているってのは、ホント助かるのであります。
使い勝手は全く変わらないままだからね、色違いってだけで。
茶色の中身を全て漏れ無く黒に移して・・・
使い勝手は同じだけれども、ナンと言うのかな、感触はソックリなのに色が違ってるってのは、その意味での違和感はかなりあるかも、
『オレの財布なのに色が違ってる!???』
みたいなね。
              201001130907000.jpg
              こちらもオソロの・・・

俺「こんちわ」
革「・・・(アンタ・・・またこの財布かい・・・)ハハハ」
俺「ここのね、ホラ、ココがさ・・・」
革「ああ、この交換ね・・・コッチはまぁ、ナンかあてとくか」
俺「ええ・・・(で?いつできるの?的眼差しに)」
革「明日・・・この時間ね」

相変わらずのやり取りで、名乗るとか預り証とか引換券とか連絡先とか見積りとか、そういったのは一切無し。
明日の仕上がりを待つのみなのです。

ジュリー祭り!

ず~~~っと購入自体を迷っていたのだけれど、
『(TVやラジオは向いてない)会津の山あいを走るドライブにはピッタリかも!?』
と、思い切ってクリックしたのですよ、’08年の暮れに開催された“ジュリー祭り”のDVDを。

4枚組、熱唱80曲。

歌の上手いのは変わらないなぁ・・・
いや、当時(=人気絶頂期)よりイイなぁ、上手いなぁ、ジュリー・・・

会津路のドライブ中であったから、声だけ聴いてればモンダイ無いのだ。

けどね、時々目が行くじゃないですか、運転中なんだけれども。
いや、丸っこいというね、ソレはもう、わかってますよ、ジュリーちゃん。
昨日今日丸っこくなったワケじゃないしね。

たださ・・・激しく動き回るんだけれども、ソレがさ、見ようによっては、時にコミカルだったりね・・・
病気して痩せちゃうより、こうやって元気で丸っこい方が良いんだけれどもさ・・・
              200912250745000.jpg
オレ、憧れてましたよ、子供の頃ね、ジュリーにね。
そこのところがさ、どうもこう、モヤモヤというかさぁ・・・

自分だってイイ歳だし、これからどう朽ち果てて行くかワカラナイのであり、
『ルックス的にどうもなぁ・・・』
ということだけを申し上げているのでは無いのです。
ただねぇ・・・
『不摂生』
っていう言葉がね、浮かんで来てしまうのだなぁ。
アイドルというか、ロックというか、LIVEというかね、続けてくれてることには大感謝なんだけれども、例えば永ちゃんなんかだとさ、いかにも摂生してそうで、ソコまで含めてカッコイイんでさ、どうしても、
『もう少しカッコ良くいて欲しいです、貴方には』
というね、そういう気分が残りましたね、熱唱80曲鑑賞後に。

ホント、歌は素晴らしいし、節目の年の大イヴェントとか、やってること自体はカッコイイのになぁ・・・。

天気予報のハズレ歓迎

20100111183539
20100111183537
20100111183535
20100111183530
前夜の予報が朝になると変わっている、ナンテのは良くある話で、
『クロカンだ!』
『ゲレンデだ!』
って日に、晴れ方向にハズレてくれるのは大歓迎。

朝から7人でクロカンツアー。
天候は、クロカン初体験の方々にとっては“クロカン”自体のイメージを左右する重大要素ゆえ、この快晴は有り難い。

その後に出掛けたスキーヤー限定のスキー場も、昨日とはまるで別の山に来たような、奇跡的快晴。
遥かに見える名山の数々…って、写メの限界が無念。

再び会津路です。

20100110180144
が、ソレらしい写真は無いのです。

降りしきる雪の中、午後から暗くなるまで滑りまくりだったもので…

今回はクロカン派はおらず、ゲレンデ派ばかりでの会津檜枝岐。

明日晴れてくれて、みんながクロカン派に転向してくれると楽しいのだけれども…

ウサギ、キツネ?、キジ、そして犬…

20100109133955
20100109133953
20100109133951
20100109133947
ワケあって、明日から再び会津檜枝岐行きである。
ならば、今日はおとなしくしとけばイイのだが、
『独りでどこか(雪の中を)歩きに行こうか?近所のスキー場にでも滑りに行こうか?』
と、気分だけは元気。

しかしまぁ、遊びに行く前に、とりあえずは犬の散歩である。
でもって、ソレだけでも軽いクロカンもどき。

雪に沈む動物も沈まない動物も、色んな足跡を残してそこらを縦横無尽に歩き回った模様。

えー、カラフルな一枚は、散歩の折り返し点、近所の犬ペンションにて。
沢山の娘が、
娘「私を抱いて!抱いて!抱いてったら抱いて!」
と迫って来るので、
僕「ハイハイ」
と抱き抱えてパシャリ!の図。

折り返して戻る道のりもまたクロカンもどき。
あとはもう、明日に備えておとなしく過ごす連休初日であります。

(実はしかし、昼メシ兼晩メシとして、冬期恒例のケーキバイキングに行くという、そんな計画になっとるのだそうな、おとなしくは無いね、全然)。

宝くじ

サマー、オータム、年末、と、3回分のジャンボが買ったままになっていたのに気付き、昨日換金に行った。
ネットで当選確認はしていたので、それ以上でもそれ以下でもない当選金を貰った。
3回分で2,900円。
出来れば最後の“0”と“円”の間に“万”と書きたいとこだけど・・・。
オータムで1,000円が2本当たっていたのでした。

過去にも3,000円とか1万円とか、そういうのはたまに当たるのだが、なかなかそこから上には行かないのだなぁ。
たま~に、気まぐれで、
俺「バラ10枚」
コレしか買わないからなぁ。
       201001070855000.jpg
こないだTVで、“ロト6で3億2,000万円だかを当てた男”ってのをやっていて、移動中の車内で見るでもなく見た(いや、“聞いた”に近いな、運転中ですしね・・・)。
『良くまぁご本人が登場したもんだなぁ』
と思いきや、既にスッカラカンであった。
いや、スッカラカンと言うにはまぁ、まだ2,000万円ぐらいは残っていたので、金持ちと言えば金持ちだけど。

ご覧になった方もいらっしゃるかな?
『誰にも言うまい』
と決めてたのに、気になる女性を口説く時の決めゼリフに、
「実は僕・・・ロト6で3億~~~」
を連発し、見事に貢いでしまう、ってのが躓きの始まり。
そんなモンなのかぁ、ナンだか、普通と言えば普通過ぎる転落コースではないか・・・

その被害は数百万だか数千万だかで済んだのに、更にもう、“絵に描いたような”的ダメ野郎振りを発揮して、FXだのナンだのに突っ込んで行って、で、今は2,000万円なんだそうです、その男性の残高は。
                     201001050848001.jpg
で、まぁ、オレだ。
そう、月並みながら、
『当ったらどうしたいのか?』
である。
言い方を換えると、
『何の為に宝くじなんて買っておるのか?』
だ。

まぁ、借金は返しますね、当然ながら。
ソコから先、どうするんだろう。

ま、当らないんで、今年もナンとか食えるように働く、と、そういうことに決まってるんだけどさ、300円以外にも何度か細かい当選経験があるとですね、たま~にこう、見なくてもイイような夢をね、見たりもするのですよ、凡人は。

あ、その“万”のつかない2,900円ですが、昨日の話ですからね、ヒートテックでもヒートファクトでもない、特売BVD990円×3点=2,970円、キレイに散財させて頂きました、話は合ってますね、世の中。

久々のスタジオ練習

昨夜は2月11日に向け、スタジオへ。
何も決めていないので、大量の譜面や歌詞カードを持ち込んで、適当に唄う。
まぁ、独りカラオケと大して変わりのない2時間ではあったけど、その“大量”の中からも、それなりに、
『今度はコレをやってみようかな』
ぐらいのことは、見えて来るものなのです。
       201001070858001.jpg
       時折、驚くほどウツクシイ光景を見せてくれるofutari。

>Dログ一家さま

実は今夜、近所(というか、時々ココに出て来る“居呂利”という酒場)で飲み会がありありまして、同席する某独身女性からですね、
『今夜、鎌倉シャツで来てね』
みたいなリクエストを頂いておりまして・・・
しかし、そういうさ、着て行ってお見せするような、ナニか“凄いシャツ”ってワケでも無いしねぇ・・・

それからですね、ヒートテック、ネットだとまだ買えるみたいだけど、ここらじゃもう、サイズも柄も“あるだけ”状態になってしまいました。
週末用に田舎で着用する分を追加で少し買っておこうかな、と思ったのに・・・。

仕方ないので、
『そう言えば・・・』
と、他のスーパーなどで後発類似モノが売られていたのを思い出し、某ダイエーへ向いましたね、私。
ありましたよ・・・その名も“ヒートファクト”。
やや哀しいね。
『さすがダイエー』
とも言えるけど。

その哀しいヤツを手にとってレジへ。
と、そこでBVDの後発類似モノも並んでいるのに気付き、その哀しみの“ヒートファクト”は元に戻して、まぁ、言ってみれば“せめてもの”ってな感じでBVDの方を買ってみましたね、僕は、スキーその他用に。

>犬やかんさま

イタリアン、日程ナンとかなりましたら、是非!

ヒートテックはですね・・・私、まだまだ肌の一部ってな感覚には程遠いです。
しかし、やはり体調がもう、ストレートに違ってしまっているという事実は事実。
受け止めざるを得ません。

ヒザや腰は、高校の柔道部時代の古傷なので、
『いずれは出るだろうな』
ぐらいのボンヤリした覚悟はしていたのですが、この冬ついに、古傷復活って感じでして、ソレを何とかしてくれてるのがヒートテックなので、まぁ、このタイミングで出会えたのはシアワセなのでしょうねぇ、ヒートテック。

古傷の痛みは別としても、下半身がヒートテック着用ってだけで、手も温かいもんな、去年までとは、手の体温が違ってますもん。
       201001070858000.jpg
       何かこう、神聖なモノのようですらあります。

あ、またも、
>Dログ一家さま

僕は昨年、“湯たんぽ健康法”みたいな女性向けの本を購入しまして、一時期ペットボトルにお湯を入れたりして、ソレを身体のアチコチにあててみたりしてました。
が、ヒートテック着用の方が一発ですね、効果としては。
手の指先の体温なんかはホントに5度ぐらい違ってるかも!?

活動再開

暮れの板橋LIVEの後、世の中全体が年末年始のお休みモードに突入し、ソレと同時に僕も音楽的にもかなり“お休み”してしまっていたので、そろそろ練習再開せねば・・・

2月11日(木・祝)
大好評イタリアン食べ飲み放題LIVE第2弾!
レストランBAR赤羽キャバーンさんにて。

内容というか、出演者が定まっておりませんが、お店は予約済み。
皆さま是非、ご予定をあけておいて頂けたらと思います。
       201001060803000.jpg
さて、昨日。
いや、その前に鎌倉シャツか。
アレはまだ、着るタイミングが無いのですね、何となく。
“特別な日”みたいなのがあれば、と思ったりもして。
Dログ一家氏はどうだったのでしょう?着心地は?

で、昨日ですね、ついにオーダーしたのですよ、19,800円のオーダー靴をですね。
暮れにもデカ足専門店に走り、何足かはバーゲン品のデカ足靴をゲットしたのだけれど、その分ね、少しは大人としてね、ちゃんとしたオーダーの靴ってのも欲しいかな、と。
1ヶ月待ちだそうです、完成までは。
その辺りがアレかなぁ、鎌倉シャツ登場のタイミングとしては・・・!?
って、んじゃ更にひと月も放って置くのか?鎌倉シャツ?
                    201001060855000.jpg
え~と、身に着ける系の話題をもうひとつ。

実は僕は、靴もそうだし靴下もそうだし、とにかく身に着けるモノというか、身体のどこかをピタッと包むようなモノ?そういうのがあまり得意ではないのです。
本当は裸足でセッタでいたい、そういうニンゲンなのです。
しかし、そうはいかないから我慢して着用しているワケです、靴も、靴下も。
そういうニンゲンにとって、ヒートテックなんてのは、イヤなんですよ、本音としては。

しかし、そう、
『長生きのために我慢しよう』
そう決めて、この冬から導入したのですよ、ええ、かなり我慢して着用してますね、実際このフィット感は、内心モノ凄~くイヤだけれども。

しかし本日、ある事実に気付いてしまったのであります。

暮れに発症したヒザの痛み。
アレは実は、仕事の後、ヒートテックを脱ぎ捨てて出掛けた映画鑑賞会での出来事。
その後は秘湯やナンやらで何とか回復・・・と、そう思っていたのだけれど・・・

更に暮れも押し迫った時期に、今度は腰の左側に痛みが。
コレはながらく原因不明のまま、一向に治まらず、でした。

しかし・・・次第に治まって来ていますね、昨日あたりから。
昨日・・・って、ヒートテック初日ですよ、今年の。

クリスマス前のLIVEもそうだけど、年末のスキー滑り倒し独り旅も、その後の裏磐梯五色沼発見クロカン旅も、年始恒例檜枝岐温泉宴会旅も、全てヒートテック無しで行って来たワケです、私。
痛みが出たのが五色沼クロカン旅あたりで、年が明けても全く良くならず・・・で、徐々に痛みが治まり始めたのが、嫌々ながらもヒートテック着用再開、の、昨日から。

う~む・・・

ヒザも腰も、どうもやはり“冷え”からなのかなぁ・・・
スースーして、暖かいのかどうかイマイチ実感無いけど、やっぱ効果あるのかなぁ?
ヒートテック嫌い故、スーツ姿以外の時は極力避けているのがさぁ・・・ダメなのぉ?
やっぱはいてた方がイイのかなぁ、ヒートテック?

やだなぁ・・・

オッサンくさいとか“いざ”という時カッコ悪いとか見た目がエガちゃんとか、そういうこと以前に、やっぱ苦手なんですよ、この肌触りとかさ、密閉感とかさぁ・・・

正月気分

『今日まではイイだろう』
と、本日も思いつつ、しかし、職場のシャッターを開けた。
まだ5日だし、思い切って休んでしまっても支障無さそうではあるが、お陰様で、開けたら開けたなりに作業はあるものなのだなぁ、コレが。
                     201001050848000.jpg
明日だって、
『まだ6日だし、明日まではイイかもな?』
という気もするし、明後日だって、
『7日なのだし、たまにはそういう年もあってもイイのでは?』
と思わなくも無いが、本当にそうしてしまうととっても不安・・・ってな自営業歴、14年目に突入中かな、早いもので。
              201001050818001.jpg
ということは・・・そうです、現在15歳と4ヶ月=爺やの方が歴史は長いのです、僕の自営業歴よりも。
       201001050818002.jpg
コチラは野良出身なので不明のままだけど、仮に定めた年齢で言うと、今年はついに10歳になるの!?
とてもそうは見えないお馬鹿振りなのだがなぁ。
でも、口内の腐り振りからすると、もっとアレなのかなぁ・・・!?
いやね、僕はあまり見ない様にしてるんだけど、マジで腐ってるらしいのです、hanna嬢の口内は。

旅の朝

20100104160914
20100104160912
20100104160910
20100104160906
年末年始の疲れが蓄積しているためか、とにかく良く寝るofutari。

加齢効果も重なり、おとなしくなったなァ、特にワンスケ…

ナンテ感心していると、ガサゴソと物音が。

バッグに頭から突っ込んで、ひたすら“何か”を探し続ける爺や。

hanna嬢の方は…コレは“洗顔”ですね、犬はこうやって顔を洗うのです。
あ、いや、ヨソの皆さんもこうなのかどうかは良く知りませんが…。

雪酔い

20100103165450
そういう言葉があるのか無いのかワカラナイが、会津のスキー場で凍えながら滑りまくってるうちに、ナンだか吐き気にも似た不快感が…

いや、似てると言うか、アレは嘔吐感であった。
白一色の世界に酔ったのか?滑走の揺れが悪いのか?

しかし、ソレでも買ってしまった半日券のモトを取るまで滑り続けてしまう愚かしさ。
嗚呼…

時代は変わり…

20100102163505
20100102163501
60年代とか70年代とか言うのに比べ、やや言いにくいというか、ピンと来ないけど、
『00年代が終わり、10年代が始まった』
と、そういうことなんですよね?今年は?

90年代もあっという間だったけど、00年代なんてもう、全部が昨日のことの様ですらありまして…
と、ひとくくりにしちゃうとそうなっちゃうワケだけど、今色々と遊んで頂いてる皆様との出逢いの多くは00年代の出来事なのだから、やっぱそれなりに10年分楽しませて頂いたってことですね、ええ。

次の10年かァ…

唄ってたら凄いなァ、ナンテね。
|TOP|

プロフィール

とーちゃん              下の方で遠慮がちにRanking参加中

Author:とーちゃん              下の方で遠慮がちにRanking参加中
故・wansuke爺
 「やい!とーちゃん!
  何だよ、コレ!
  こーゆー甘ったるい写真、
  いつまで使う気だよ!」
故・hanna婆
 「ヤット再会デキマシタ…」

[LIVE関連]

5月28日(日)大塚Welcomeback
ビートルズ大会出場!19時40分~!

6月13日(火)大塚Welcomeback
19時~!久々ダッキャン参加の3人組です!

毎月第4日曜日朝~昼頃
大田原日曜朝市出演中!
行ける月だけですが・・・

『K介のSongs&Dogs
   ~週末はミュージシャン』
3曲分の動画を毎週月曜日UP!
YouTubeにて続々配信中!

[CD・DVD関連]

親指企画17年振りのスタジオ録音アルバム!
『Songs&Dogs』完成!!!
DSC_0273.jpg
若き日の3人組LIVEのDVD付きです。
CD13曲+DVD16曲入り、カンパ1,000円!
DSC_0281.jpg

月別アーカイブ

寝姿を見ちゃった方々

hanna嬢「おがぁさーん、おろーさんがヘンなことやってるわぁー」

wansuke爺「じゃ、またな!」

hanna嬢「おろーさん、頑張って!」

wansuke 「おい、とーちゃん!このランキング、ちゃんと設定出来てんのかよ?」 とーちゃん 「・・・自信ナイ・・・」

FC2ブログランキング

バカ嫁hanna 「1日1回、ポチッと押してみれくらさいねぇ~」

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索