焼トン“こころ”にて

独身ではあったが、昨夜は少し残業をしてる内に9時近くなってしまい、一旦帰るともう出掛けないような気がしたので、職場の目の前から乗れる地下鉄に乗って、埼玉県は鳩ヶ谷方面へ。
焼トンを食うだけなら赤羽にも店がウジャウジャ(←コレがホントにウジャウジャ過ぎて呆れるくらい)あるのだけれど、まぁね、“♪なじみの女”ってヤツですね、黙ってても飲める店の方が、気が楽だからね、独りだと。

というワケで、自分でも、
『物好きというか、ナンというか・・・』
と、やや自覚しつつも、赤羽から鳩ヶ谷へと移った“こころ”に向った。

移って開店後の“こころ”は、コレが三回目だ。
カウンターの中のTVでは、やはり雛壇ズラズラ&ケラケラ系のバカ番組が流れていた。
ま、そっち見なけりゃ気にはならないけどね。

と、やがてご婦人というかオバサンというか婆さんというか、とにかく近所の女子三人組が来店。
婆A「最近のTVはつまんないねぇ・・・」
婆B「ホント・・・こんなの見てたらバカになっちゃうよ」

う~~~む・・・俺は見とらんのだがなぁ・・・
しかし、正直なところ、このまま独りにしておいてもらった方がシアワセそうな気配濃厚な軍団だったので、否定も賛同もせず、寡黙なまま飲み続けた。

そして、ハタと思ったのだ。
『俺もつまらないし、オババ達もつまらない』
ってことは・・・!?
残念ながら、僕らはもう、等しく、
『対象外の年代に入ってしまった』
ってことなのだなぁ。
TVからくだらないギャハハハ番組を垂れ流す側の奴等から見ると、俺もオババ達も一緒ってことかぁ・・・と。
              201003290918001.jpg
今朝になって、ワハ母さんから、昨夜ワハ母さんと一緒だった後輩(=僕と同い年)が、
輩「全然見ないから、捨てました、テレビ」
と言っていた、という事実を聞かされた。
カッコイイじゃないか、志▲ちゃん。
っつうか、当ブログで言うと、復活親指企画の初代ギタリスト、コオシ氏ご夫妻(=夫婦の年齢&大学時代の学年的組み合わせがウチと逆なだけの、完全同世代)のお宅のお話であった。

もう、そこまで来てるんだなぁ、俺達・・・若くないもんな、実際・・・
スポンサーサイト

それ必要ですか?Tシャツ

>テクノママさま

当日はお料理、どうも有難うございました。
皆さん、
『乾きモノか湿りモノか・・・』
と、迷われたようですが、お陰さまでとても美味しい宴会となりました。
              201003300826000.jpg
一昨日のLIVEでは、僕はちょっとヘンテコなTシャツを着用していて、どうも金ちゃんも気になっていたらしく、LIVE中に突っ込まれてしまった。

“蓮○Tシャツ”というのが一番わかり易いのだけれど、まぁ、ひと頃話題になった“仕分け作業”のですね、その時に◆舫議員が、凛々しいお姿で、
蓮「それ、必要ですか?」
と仰っている、という柄のTシャツなのであった。

いくらTシャツ好きの僕でも、そのようなデザインのヤツをお金出して買うワケは無いのであって、とある雑誌の年間購読申込をしたら、プレゼントで贈られて来たモノ。
柄の選択肢はいくつかあったのだけど、欲しくなるようなのは特に無かったので、ウケ狙いっつうの?
この先、着用の機会も少なそうなので、ま、衣装ってことでさ。

で、雑誌。
TVブロスという、2週間分のTV番組ガイドである。
コレがナンだか、創刊間もない若い頃から買い始め、正直、今や殆ど中身など読んでもいないのだけれど、何とな~く買い続けているという不思議な存在でして・・・20年ぐらいになるのかなぁ。

夜、公務だ私用だとアチコチ出掛けてしまうことが多いし、週末は全くTVを見ないので、
『一体何のために購読しているのか?』
というと、まぁ、
『不在時にどうしても見たい番組(主に映画)があった場合、ソレが数日先でも見逃さないための情報誌として』
ってことになるのかなぁ。
滅多に中身見無いから、“どうしても見たい番組”なんつうのに気付かないことも多いし、たま~にパラパラやって、で、何かの番組を見つけて録画予約しても、後でその録画されたのを見ることすら、殆ど無くなってるのだけどね、次第に。

んで、昨夜だ。
LIVE翌日の、何の予定も無い夜。
ワハ母氏は随分と早い時間から、犬達と就寝。
俺は・・・見ましたよ、2時間ドラマ。
『こんなことするの、何年振りだろうか?』
というか、
『我が人生で、再放送じゃない2時間ドラマなんて、見たことあったっけ!???』
って感じ。

ブロスで出だしのあらすじだけ読んでね、結構人気ありそうなシリーズに臨んだのですね、寝ちゃうとアレだから、酒も飲まずに真剣にTVの前に座ってね。
推理モノ・・・つまんねぇの、いや、コレは驚いたね、ったく。
やっぱさ、“相棒”なんかはさ、面白いんだワな、一時間モノの方が、中身が濃いというかさ。
『2時間ドラマって、今でもこうなのか』
ってのが、素直な感想。
中山忍嬢なんて起用したら、出て来た瞬間から“善玉風だが実はワケありで、最後はきっと・・・”って、察しがついちゃうしさぁ。
ラスト30分ぐらいは、とにかく善玉悪玉皆して外で立ち話=主たる登場人物が順番に真相を暴いたり白状したりし続ける、の図。
もうイイかな、しばらくは、2時間ドラマはお腹一杯だな、オレは。
                     201003300828000.jpg
そして今夜。
独身であることを思い出し、朝、またもブロスをパラパラやってみた。
いやぁ、バカなのかね?日本人は?
この3月末~4月アタマの改編期っつうの!?
連日連夜スペシャル・バラエティだらけじゃん!
“2時間”なんてのはもはや、全然“スペシャル”じゃないのね!?
3時間だ4時間だ4.5時間だ!と、狂ったようなスペシャル振り!
こんなの見てるんすか!?皆さん!?

オレは思ったね。
こんなさぁ、雛壇芸人がズラズラ並んでケラケラやってるだけの番組をだね、コレをアレですかね!?来年後半からはもう、強制的にお肌のキメまでスッキリクッキリ見えちゃう地上デジタル放送で見なきゃならんのですかね!?納税者諸君は!?
それ、必要ですか?

TV・・・どうすっかなぁ、来年後半から・・・???

感謝と虚脱の朝が来て

昨日の、
『シバと親指企画の日』
会場のご提供&お客様のご来場、本当に有難うございました。

毎回毎回、我が身のシアワセを感じております。
そして・・・祭りの後の虚脱感かな、翌日の午前中ぐらいまでは、余韻というかね。
201003290917000.jpg
今日も寒いけど、昨日も寒い一日でした。
当然ながら、お花見は無し。

でも、“個人宅”だけに“アットホーム”な雰囲気と申しましょうか、家主さんに甘えて、終演後も全員が我が家のような寛ぎっぷりで、不思議な宴が続きました。
和室に木製のテーブルを並べて、持ち寄ったお菓子・お料理・お酒などを並べて・・・殆ど法事状態でしたね、昨日は。

我がビール急冷器も一応活躍・・・したのかな!?寒いし、そもそも。

昼間から始めたので、当然と言えば当然なのだけど、会場を後にしてもまだ、時間的には“夜”というより“夕方”に近い感じで、
「まだこんな時間なのかぁ」
と、我がマンションへと集団移動。

マンション宴会では、リクエストに応えて金ちゃんが“♪外は白い雪の夜”を熱唱(夜のマンションだっつうのに・・・!?)。
赤エリ氏はかつて話題をさらったオリジナル“♪マイペース”&“♪虫唾”を中途半端に披露。
       201003290917001.jpg
我が家の宴会部長は、アッチのバッグ!コッチのカバン!と忙しく過ごし、今朝は完全グロッキーでした。

♪なじみの女
♪言葉を全部過去形にして
♪サービストーク
♪全部泣いてる
♪モラトリアム
♪AKB(赤羽)キャサリン
♪約束
♪それが君の世界なら
♪夕暮れ(作曲:アグネス松本)
♪夕暮れ(金ちゃん)
♪お気に入り
♪美しいひと
♪バランス
♪ウソ臭い朝に
♪二人のChannel

僕らの本編はこのリスト。
全てオリジナル、最後の1曲が新曲という、ナンと言うか、
『シバさんとご一緒するからには』
みたいなリストで、有名カヴァー曲は1曲も無しの、本来の親指企画的構成にしてみた次第です。
お付き合い頂き、誠に有難うございました。
              201003290918000.jpg
「じゃ、始めましょう」
と、休憩の宴会が始まると直ぐに、シバさんのギターが鳴り始め・・・。
このところ、
『ステージとステージの合間=飲み食い放題の時間』
みたいなのが、半ば慣習化していた我々もお客さんも、突然の展開にチト驚きつつ、しかし、このギターが鳴り始めたらもう、聴くっきゃない!
還暦を越えて、どんどんカッコ良くなっているような気さえする、素晴らしいステージでした。

ギター・・・ひたすらジ~~~ッと見ているだけで、とても真似出来ないよなぁ、アレは。

会場の雰囲気、どう伝えたら良いのかなぁ・・・ということで、普段は人物は掲載しないのだけど、お客さんから送って頂いた写真で、その場にいた人にしか“どれが誰だか”特定出来ない様な、絶妙な写り具合のモノがあったので、記念に貼ります。
パソコン上ではちゃんと横と言うか縦と言うか、直してみたりもしましたが、こういう向きの方が余計誰だかワカラナイかな、ということで、この向きで失礼。
                     image010.jpg
ラスト&アンコールに、“♪16ブルーズ”と“♪夜汽車に乗って”を『シバと親指企画』で。
赤羽エリック氏も、自分の知らない曲に“その場で”ってのに、やっと参加出来るようになって来たのかな!?

一瞬の、淡い日差し…


恐らくは、幻なのでしょう。

雪にならないだけ、“良し”(または“吉”)としましょう。

この街の“さくら祭り”、本日決行!です。

しかし、我々は…打ち上げに備えて、何故かマンション室内を、少し片付けてみたりしています。

ヤーコン収穫へ。



明日があるので少々慌ただしいのだけれど、暖かくなって地中で朽ちる(腐る?カビる?)前に、ヤーコン収穫最終回へ。

まだ間に合ったようで、今シーズン最後のヤーコンも、無事収穫。
ネット検索の甲斐あって、これまでの、
『収穫してからの保存』
に比べ、
『収穫しない』
というのは、なかなかに優れた作戦であった。

写真は途中の美味しいパン屋の駐車場にて。
この3時間半ほど後、hanna嬢は、
『食べた昼メシを全て車内に嘔吐する』
という大騒動を起こすことになるのだが、今は何も知らず、おが~さんがパン屋から出て来るのを待っているのであります。

唄うことだけ考えていたい♪


しかし…

『手ぶらの方に、その場で買って飲んで頂く用のビールは、どれくらい用意したら良いのだろうか?』
『つまみっぽいモノは、どの程度持ち寄りがあるのか!?無いのか!?』
『お花見の陽気にならない場合、終演後の飲み会っつうのは、あるのか!?無いのか!?で!?どこで!?』
と、LIVE本編以外のことばかり気になってます。

会場、ホントにホントに素敵なところです。
もう、花見も唄もおいといて、会場だけでも見に来て欲しい~~~!!!?

お花見が出来るなら…



そうおっしゃるお客様も、何人かはいるらしいのだけど…寒いっすね、今週。

明日、ナンとか晴れて、咲いてもらいたいなぁ、土手の桜。

あまりジタバタせずに、練習に専念するのが、正しい姿と知りつつも、やはりアレコレ気をもむものですね、天気って、かなり重要だもの。

あ、チラシやハガキでお願いはしておりますが、ご自身の飲み物&食べ物は是非お持ち下さい。

LIVEはLIVEでしっかりやらせて頂きますが、お店では無いので、ご用意出来るドリンク&フードは超手薄。
皆様、持ち寄りの宴会感覚で、お楽しみ下さい!

赤エリ風アレンジ♪



ここ半年ほど、新しい曲は独り弾き語りコーナーで唄っていたのだが、3曲たまったので、まとめて赤羽エリック氏にアレンジを託した。

正確には金ちゃんにも“託した”のだけれど、ま、金ちゃんは金ちゃんで仕上げて来てくれるだろうから、昨夜は取り敢えず、赤エリ氏と二人で合わせてみた。

コレがしかし、
『性格が出る』
というか、
『一度に3曲は多過ぎた』
というか、言わばどれも“素直な”アレンジで、ん~、やや物足りないと申しましょうか…

俺「ん~、もう少し強く出るっつうか…」
俺「例えばマスPだと、ここらでまるで違うコード弾いたりさ…」
と、ついついその様な会話に。

しかし、スタジオの後、練習音源をチェックしてみて、せっかくのアレンジが、
『素直過ぎて僕のギターに吸収されてしまって聞こえない』
という事実に、自分でも納得したようで、
赤「考えます」
との言葉が。

真面目なオトコなので、当日までにキッチリ勝負して来ることと思います。

是非お楽しみに!

写真は…
お花見宴会LIVEも近いし、
『こういうのは今のうちかな』
ってことで、携帯に残ってる“冬の思い出”シリーズを。

ヒートテックを甘く見ていたのか・・・!?

この連休の白馬では、吹雪だった日曜日は基本的に屋内で大人しく過ごしていたし、それを挟んだ土曜日&月曜日は、どちらも快晴で寒さを感じない陽気だったので、久々にヒートテック抜きで過ごした。
いつまでもお世話になってると、この春、どのタイミングでお別れすれば良いのかわからなくなっちゃうしね。
201003221047000.jpg
数年振りに歩いた、通称“いろり塾コース”。
対岸から白馬の山々を見渡せる、楽チンで大変美しいコースです。
       201003221048000.jpg
       爺「ココだぞ!ココ!」
       驚いたことに、その、数年前の出来事を記憶していた爺や。
       当時、昼メシ休憩を取った位置を正確に憶えていて、
       爺「ココでメシだろ!?わかってんだぞ!!」
       と、深雪をものともせず“その場所”まで前進あるのみ。
              201003221048001.jpg
              こちらはいつも通り、何も考えていないお嬢。
              全体重を掛けて、アチコチ無駄に嗅ぎ回るのみ。
       201003221053000.jpg
       今回も、小諸の皆さまはじめ、色々とお世話様でした。
       白馬行き、佐渡行きと同じぐらいのしんどさだけど・・・
       やめられないモノにはやめられない魅力があるのだよなぁ・・・

いや、白馬は遠い。
単純に、運転時間が長かったのだ、と、信じたい。
そう、それしか考えられない、と。

ま、とにかく、昨夜から腰痛だ。
長時間の運転→その夜から腰痛、うむうむ、なかなか正しい推察。
が、ここでどうしても、別の疑問が・・・。
ヒートテックを丸3日間着用しなかった→その夜から腰痛、というのも、もしかしたら正しい連想なのだろうか・・・!???

3月28日(日)LIVE『シバと親指企画の日』
赤羽岩淵駅近くの個人邸離れにて
入場13:00~13:50(セキュリティの関係上、一旦閉門!?)
14:00スタート/運営カンパ2,000円

金ちゃんとの新ユニット『ザ・ヒートテックス』は、今回はお休みかも。
とにかく三人でやってないと、コワイ気がします、和室LIVE。
ということで、ソロ・コーナーも無し。
三人で、ひたすらオリジナル勝負!を予定しています。

行きは深夜の3時間。



今日は再び快晴の白馬。

午前中に雪歩きを堪能し、午後から走ること…帰りは倍の、6時間。

ニュースで流れる渋滞情報の、その真っ只中にいるってのは、実際、しんどいもんです。

雪歩きの写真は、またの機会に。
とにかく眠いっす。

白馬、一転…


朝までは暴風、その後は黄砂混じりの茶色い雪。
午後はひたすら吹雪。

為す術無く、日帰り温泉へ。

写真はその入り口にある“トナカイ牧場”のお二人。

wansuke爺&hanna嬢ではありませんので、念のため。

あの山を越えると…





日本海が見えるのだ。

二年振りの白馬は、思い切り快晴。

では、
『日本海を見に行くか』
と言うと、そうでもなくて、今回はその手前まで登って、あとは山の中腹の自然園を散策。

登り切るだけではない、別の贅沢というものもあるのです。

LIVE会場打合せ



お宅にお邪魔することはあっても、滅多なことでは“離れ”までは上がったりはしないのであり、このような明るい時間帯に、廊下の窓を全開にしてじっくり見せて頂いたのは、勿論初めて。

いやしかし、素晴らしい庭園。
勿論、母屋も離れも、実に美しい日本の邸宅。

『このようなお屋敷で、あのような演奏…ホントにやってしまって良いのか!?』
あらためて我が身のシアワセを思う次第です。

あ、ビール急冷装置…
奥様の、
奥「裏にある冷蔵庫、空っぽなので、前の日にでもお持ちになって、入れて頂いて」
との有難いひと言で、早くもお役ご免に。

あとは…天気だよなァ…

そうそう!
じっくり下見させて頂いて思ったのだけれど、今回はもう、会場見るだけでもこう、人生的に豊かな気分と申しましょうか、本当に素敵なところですので、是非是非、ご家族お友達お誘い合わせの上、お運び下さい!

LIVE宴会に向けて。


『氷を入れてグルグル回すと、直ぐにビールを冷やせる』
という装置を購入。

以前、職場近くの某T社にお邪魔した際に、その存在を教えて頂いたのだけれど、冷静に考えて、
『果たして本当に活躍する場面などあるのだろうか?』
との思いが勝り、ナンとか購入を踏みとどまっていたのだ。

しかし今度のLIVE、持ち込みOKで告知しているとはいえ、何も持たずに手ぶらでお見えになる方というのも必ずやいらっしゃると予想されるワケで、
『メンバー分以外の飲み物をどれくらい用意すれば良いのか?=ビールはどれくらい冷やしとくのか?』
といった、どうにも予測不可能なモンダイに気付き、その急冷装置の存在を思い出した次第。

ヤフオクを覗いて、
『やはり』
と思う。
やはり…要らないヒト、多数であった。
『一度も使用していません』
も多いが、
『一度(又は数回)使用しただけです』
も多く、各家庭内で、飲まない奥様方から不評というか、
奥「買ってから一度も使わないじゃない!」
的光景が目に浮かぶ、言わば出品過多状態。

しかし、こっちには、
『今俺は、ハッキリと使用を目的として品定めしておるのだぞ』
という大義名分があるのだからして…

結局誰とも競り合いにはならず、100円で落札。
送料580円、支払手数料が…と、やや間抜けな買い物に。

昨夜そいつを受け取り、早速試運転。
予想はしていたが、子供だましというよりも、明らかにジャンルとしては“玩具”。

『必ず保護者と一緒に使用すること』
って…44歳児か!?オレは!?

単3電池2本を動力源に、ジージージージーと、缶ビールを回転させること約1分。
缶は回っても中身は回転しないという理論なのか、プシュッとやっても噴き出すことはなく、でもってビールはキン冷えに!
保護者抜きでも使えたぞ!

しかし…
少ししか氷を投入しなかったせいなのか、ジージージージー回転してる内にかなり氷が解けておりまして…この調子で何本もの飲み頃ビールをご用意するには、相当な量の氷を準備する必要が。
って、そんじゃあその大量の氷をクーラーBOXにでも入れて、ビールなんて普通に冷やせばどうよ!?というね、全くもって正しい主張が予想されるワケですね、誰からともなくね。

ま、こういう事態にも備えてですね、慎重を期して、殆ど“タダ”みたいなのを選んだんだけどさ、最悪は近未来の廃品処分を見越してさ…。

『数回使用しただけですが、中古品ですので、ノークレームノーリターンで』
なんつって。

ついに実物を見た!


今日お会いしたお客様。

客「吸わない人は嫌がるだろうからね」

そう言って上着のポケットから取り出したのは…TVでしか見たこと無かった電子タバコ!

ご存知だろうか!?
いや、むしろ世間ではそこそこ浸透していて、見たこと無いなんて言ってるのは俺だけなのか?

うわぁ!ホントに光るよ!先端!
私「水蒸気!水蒸気は!?出ないんすか!?」

非常に残念なことに、使い古したフィルターだと、煙代わりの水蒸気が出なくなるのだとか。
う~む、見たいぞ!水蒸気!
せっかく実物見たのに、すっげぇ不完全燃焼…

今年は大丈夫かも!?

花粉の量は去年より少ないってハナシだったので、
『もしかしたら今年は平気かも』
と思っていたのだが・・・
201001310348002.jpg
目の痒みが出て直ぐに、医者でクスリは入手したけれど、その後の二週間ぐらいはコレといった症状が出なかったので、飲まずに過ごせていた。
しかし、やはりダメ。
発症は、日曜午前の蔵王。
それも、ガスに囲まれた厳しい登山で、である。
で、トドメは日曜午後、蔵王から一気に移動した、畑での農作業。
“農作業”ったって、冬を耐えて生き抜いた“青物”を少し収穫したのみなのだが、周囲には花粉飛散中の樹木が沢山生えているのであるからして、ひとたまりもなく撃沈。
       201003070008000.jpg
日曜の晩からは、寝る前にクスリを服用しているので、今はナンとも無いのだが、コレが果たして、
『今年は平気だから』
なのか、それとも、
『医者のクスリは良く効くから』
なのかは、服用を停止してみないとワカラナイ。
が、そんなことは、なかなか出来ないッス、停止した翌朝からとんでもないことになりそうだし・・・。
              201001301614000.jpg
3月28日(日)LIVE『シバと親指企画の日』
赤羽岩淵駅近くの個人邸離れにて
入場13:00~13:50(セキュリティの関係上、一旦閉門!?)
14:00スタート/運営カンパ2,000円
                     201003062314004.jpg
この日は近くの荒川土手のさくら祭りなのだとか。
このお祭り、例年4月に入ってからだったのだけど、それだと近年は“葉桜”化してしまうことが多かったので、ついに3月末に変更になった模様。
賢明な判断と言うべきか・・・!?
              201001301612000.jpg
LIVE終演時にはもう、お祭り騒ぎは終わってるかも知れないけれど、お花見の出来る天候だったら、そのまま夜桜の宴へと、移動も可能です。
(但し、このところ何かの行事や旅については、天候的には恵まれてませんね、我が家は・・・他の出演メンバーやお客様の“晴れパワー”に期待)。
       201003062320000.jpg
以前にも書いたかも知れないけど、かつてGW中に桜の見頃を迎えていた地方では、見頃が前倒しになっちゃうと観光収入への影響が大きいので、地ベタにアレコレ仕掛けをして、ナンとかGWを見頃にする為の研究がなされているのだとか。
              201003140715000.jpg
僕にとっては、同じGWまでは、一応スキーシーズンなのでありまして、
『このまま春になっちゃうのかぁ・・・』
という、名残惜しい気分を込めて、写真は冬場の旅の宿特集でした。
                     201003062315000.jpg
どの旅もホントに天気がパッとせず、犬達と一緒にゴロゴロしながら飲んでばかりいた気がします。
少し身体を絞らねばなぁ・・・

いつからこの街は・・・

モツ焼の街になってしまったのだろう。
そして、あとはひたすらチェーン店だらけの街に・・・。

他所から来た人は良く、
「赤羽って面白そうな街だねぇ」
と仰るのだけれど、住んでる者からすると、この変わり様はいささか残念&滑稽ですらある。
       200911041142000.jpg
爺やが現在15歳半であるから、それ(=初赤羽)はもう、15年以上前のことになるのだけれども、この街の第一印象は、
『赤羽って、大きな街なのに、チェーン店少ねぇなぁ』
であった。

牛丼チェーンも無かった。
ラーメンチェーンもファミレスも無し。
居酒屋だって、今ほどチェーン店だらけではなかった。

そう、あの頃はまだ、個人経営の店舗が頑張っていたのだ。

ひとつ消え、ふたつ消えして行く内に、替わって入って来るのはチェーン店ばかり。
やがて赤羽は、パッと見どこにでもある、普通の街に姿を変えてしまった。
これはこれで、他所から来ると便利そうに見えるかも知れないが、どの街で食っても味は知れているのであり、殆ど行く気はしないし、現実問題、行ったこと無いチェーン店は多いな、
『赤羽にいて、何もこんなチェーン店で食わなくても』
って気分が強い方なのでね、私は。

そして、酒場絡みも・・・何故なんだかワカランが、新規出店するのはモツ焼屋ばかり。
『ナンで次から次からモツ焼なのだ!???』
と、街を歩く度に首を傾げるのだが、傾げてるうちにもまた一店舗、二店舗と増え続けている。
『どんだけ食うんだ?この街・・・そんなに食うのか?肉???』
と、呆れて眺めるばかりで、実はこれまた殆ど行ったことないのであります・・・。

今夜はこれから赤羽エリック氏ほか数名で、フグ料理の老舗へ。
それこそ、
『僕の人生よりお店の歴史の方が長いかも!?』
っつうぐらいの老舗、“和也”さん。

実は、ここ1、2年ブランクがあったりもしたのだが、ソレは何かトラブルがあったとかいうことではなくて、いつまでも若手客扱いしてくれて色んな料理を出してくれるのが、加齢に伴い次第に食い切れない身体になってしまったから。

でも今夜は大丈夫。
ギャル曽◎嬢を品の良い大人の女性にしたような、大食漢の素敵な女性が一緒なので、安心安心。

ま、赤エリ氏と僕はもう、食べる方に関しては戦力外かも知れないけど、しかしアレだ、ああいう店も、どう見ても“一代限り”にしか見えないのであるからして、
『在るうちに通う』
これしか無いんだわなぁ、大事にしないとねぇ、赤羽がどんどん赤羽じゃなくなっちゃってる昨今。
                     NEC_1031.jpg
3月28日(日)LIVE『シバと親指企画の日』
赤羽岩淵駅近くの個人邸離れにて
入場13:00~13:50(セキュリティの関係上、一旦閉門!?)
14:00スタート/運営カンパ2,000円

個人宅離れ、そろそろ打合せにお邪魔しないとなぁ・・・。
ギター持って行って、鳴らしてみます、一応。

『シバさんってどんなミュージシャン!?』
という方もいらっしゃるかも知れませんが、是非HPをご覧下さい。
ん?
スケジュールが更新されて、“赤羽エリック”なんつう名前まで載せて頂いてるようです・・・ハハハ。

目標は…3本先のポール。




暖かかったり、雨が降ったりしたのだろう。
今日はそこそこに寒かったが、蔵王のモンスターは、この時期にしてはえらく痩せていた(というより、ここらでは“樹氷”と呼べないかも)。

晴れの予報を信じて登り始めたが、どこまで登っても一面のガス。
3本先の案内ポールがやっとであり、さ~っと濃いガスが流れて来ると、1本先しか見えない瞬間も。

このまま山頂まで頑張っても、有名な“蔵王のお釜”も周囲の山々も全く見えないのは間違いないのであり、単に、
『山頂まで行って来たぞ』
みたいなことを人生の目標にしていない身としては、普通の山好きには考えられないような、超中途半端なところで引き返すことに決める。

下りに冬期封鎖中の観光道路を歩くことで、それなりに“クロカン気分”を楽しめるのだ。

表面硬めの、やや“モナカ雪”&強風故か、クロカン道路上には、どこから転がって来たのかやたらと茶色いコロコロが。

爺やのゴハン、ではなくて、ウサギの糞であります。

極上の牧場うどん。




予想はしていたが、やはり蔵王はドンヨリであった。

今シーズンは余程縁が無いのか、なかなか山頂のモンスター(樹氷)群に会いに行けない。

仕方なく、午後からスキー場の下にひろがる自然園を歩き回ることに決め、その前に腹ごしらえ。

スキー場まで走って来る途中にある、山小屋風の店の存在を思い出し、来た道を下ること数分。
実はコレが、意外や“当たり”であり、こういう店は、同じ山に何度通っていても、天気がイイ時には全く立ち寄らないのであるから、人生はワカラナイものだ。

“店”と書いたが、基本は個人経営風の牧場であり、道路脇の食堂というか売店というか、そこで400円で食べられるのが、この白っぽい“牧場うどん”。
コレがしかし、さっぱりミルキー味スープが麺と牛肉に絡み合い、不思議な旨さ。
チーズを振りかけて、大変美味しく頂いたのでした。

プラス200円でコーヒーお代わり自由ってのも、よろしい。

牧場系デザートも色々あり、僕はピリ辛アイス300円を選択(お会計は50円サービスしてくれた…)。
シソと青唐辛子がきいた大人アイスで、ナンとも喉にクル(これまた)不思議系美味。

牧場の営業犬、牛柄のウシちゃんも実に愛らしく、好感度の高い牧場(と言っても所謂観光牧場では無いので、念のため)でありました。

それにしても…自然園クロカンも悪くないけれど、明日こそは晴れねぇかなァ、蔵王…。

記録しておけば?

思わずそう言ってしまった。

かつて爺やのオシッコ排泄量を、
『夕方の散歩=計◎▲ジョジョ(正確にどう記載してたかは知らんが・・・)』
などと、いわゆるアレです、出す時にこう、
「ジョ、ジョ、ジョ、ジョ、ジョ」
と聞こえる音の数をですね、記録してたのですよ、ワハ母さんは、爺やの健康管理のために。

アレは確か、
『毎日いっぱい出る方が良い』
とかいう、何かの病の回復期だったのでしょう、きっと。
       201002020834001.jpg
       爺「今頃ナンの話だよ!バカ!」

ナニの話か?というと、hanna嬢の嘔吐の頻度記録、である。
ちゃんと記録とって、一度は真剣に検証した方が良い気がするのだ。

というか、もう、日常茶飯事化してしまってイチイチここには書かなくなってるけど、
『週に2~3回なのか?3~4回なのか?』
ってぐらい、ソレくらい吐いちゃってるのでは?とですね、良~く数えるとね。

で、ついでにオモラシ頻度記録。
コレだって、ナンだかしょっちゅう、
ワ「またしちゃってさぁ、とーちゃんのベッドに」
と、そんな報告を受けているのであり、何かこう、考えなきゃいけない“病”だって、疑うべきではなかろうか、と、普段何もしないながらも心配しているのですよ、僕なりに。
              201003110757000.jpg
              嬢「余計なお世話ラワ・・・」

晴れの日はイイけど、ここんとこ、かなりの頻度で大騒ぎして、シーツだカバーだ布団だナンだカンだと、大物洗いが絶えないのであり、ここはやはり、しっかりデータを取って、ナンとかしてやらねば・・・やらねばどうなるか?っつうと、
『上から下からひたすら垂れ流す婆さん犬』
ってことに、なって行くのでしょう・・・あと、
『口の中が腐ってる歯無しの婆さん犬』
だね、そっちもモンダイなのだが・・・。

アリスの功罪

ついに、会えた。

今はまだ3月であるから、コレは少し先の話になるのだけれど、大学祭にひと枠だけ出演することになった。
その打合せで、
「出演枠は20数年前の在学時と同じ30分間である」
と聞かされ、
『そう言えば、あの頃はその30分に、みんなが5曲も6曲もやろうとして、いつも押し気味だったっけなぁ。去年盛岡で見たイヴェントは、“セッティング&撤収込み30分=演奏は4曲”と決められていて、アレはアレで、キッチリしていて悪く無かったなぁ』
というあたりを思い出し、大学祭LIVEの企画自体は俺じゃ無いんだし、
『余計なお世話かもな』
と思いつつ、
俺「30分だと、ホントは“4曲”とかって決めちゃった方がイイんじゃないかなぁ、と、僕はそう思うのだけど」
と、ホント、一出演者という立場を超えて、オッサンから先輩面した提案を。

声「そうだよ!そう!4曲だよ!実際!」
俺「へ!???(と、声の方を振り向く)」

アグネス松本、その人であった。
そう、これまで僕がず~っと会いたがっていて、何度と無くこのブログにも登場し、LIVEの度に(誰も知らないのに)“♪夕暮れ”の作曲者として紹介して来た、親指企画のファンキー・ベーシスト、アグネス松本、“行方不明”としか言い様の無かったその本人が、俺の後方から今、俺を援護射撃してくれたのであった。

俺「ま、松本!?え!?何!?オマエ、何!?ナンだよ!?なんで大学に!?どうして!?連絡もくれないでさぁ・・・(もう、この瞬間に、大学祭LIVEの“30分問題”は吹っ飛び、溢れる涙をこらえ切れなくなってる俺)」
松「まぁ、俺も一番忙しい時期だったからさ、そういうことだから」
俺「いや、そういうことって・・・何?忙しかったって!?何やってたの?俺がこう、探してるのは知ってた?」
松「ん~~~、まぁ、俺いなくても、独りでまた唄い出したって知って、『良かったな』と、さ」
俺「(そうか・・・やめちゃったままじゃないことは、喜んでくれてたのか・・・って!)『良かった』って、そりゃ無いよ、いてくれたらどんだけイイか!」
松「まぁまぁ」
俺「(俺とはやらないという“何か”があるのか!???)いや、もうね、ずっと一緒にやろうとは言わないけどさ、たまにでもさ、一緒にやれたらさ、どうなの?」
松「フムフム」

表情も、態度も、あの頃のままであった。
少し、煮え切らない感じに見えるのだ、ヤツは。

打合せの会場を出て、歩き出す。
俺「これまで、何してたの?忙しかったって?」
松「仏像」
俺「ナニ?ブツゾウって、仏像?」
松「うん。一緒にLIVEやらなくなった、丁度あの頃に知り合ったというか、まぁ、こういうのをね、作って売ってるんだ」
俺「(ヤバく無いか!?松本!?)ナニナニ?(と、パンフレットを手に取る)」
松「こういうのをさ」
俺「コレって・・・例えばこのあたりの仏像(家庭に置けるミニサイズ風)は・・・(職業柄、即座に霊感悪徳系と推定して)30万とか?」
松「70万だね、ソレは」
俺「???(ムムム・・・やはり、コイツで借金作って“行方不明”だったのかなぁ・・・)んじゃ、この(家庭用にしてはやけに)立派なのは!?」
松「200万」
俺「・・・フーッ(溜め息)・・・」

まぁしかし、ナニを生業としているかは、この際ワキに置いて、取り敢えずは再会出来たのだ。
今の、“親指企画”と名乗る3人組のことも話しておきたいし、今後、2人とか3人とか4人とか、色んな組み合わせで色んな可能性が見えて来る、そんな、心から待ち望んだ再会であることだけは、ちゃんと話しておきたい。

が、“行方不明”の数年間、こちら側でアレコレ推察していた“モンダイ”とか“トラブル”とかと、当らずしも遠からずなアグネスの現状に、全く目をつぶって、再び音楽的合流だけが出来れば、ソレで良いのであろうか・・・
       201003110758000.jpg
ご飯の炊ける匂いがする。
また朝が来たことを知り、そしてまた、アグネスとのお別れだ。

前の晩、何年振りかでアリスを歌ったこと、コレが引き金だろうなぁ、やはり。
いつだったか、アリスのベスト盤をかけながら、二人で歌い狂ったことがあった。
多分、ソレがアタマのどっかに甦ってしまって、こうなったのだろうな、前夜のTVのお陰で。

再会は出来たし、今後のことも話が出来たけど、ヤツに届いたワケじゃないんだな、俺。
この先、どんだけアイツの夢を見れば済むんだろ、俺。
                     201003110757002.jpg
3月28日(日)LIVE
『シバと親指企画の日』
入場13:00~13:50(セキュリティの関係上、一旦閉門!?)
14:00スタート
運営カンパ2,000円

『シバと親指企画の日』
第1回は確か、渋谷のアピア。
終わった後、みんなでアグネスのマンションに泊まりに行き、深夜の屋上でシバさんに唄ってもらったあの夜は、僕らの宝物だ。

数年前、もう一人のメンバーであるギタリスト、マスPと再会出来たのは、彼が適当なキーワードで旧友を検索したりしたのがきっかけだった。
ヤツは、そういうことしてくれて無いのだろうか・・・

新曲への道のり。


昨夜は独り(犬は居ますが…)だったので、ギター抱えて、作りかけの新曲をまとめることに…
のハズが、ま、プシュッ!っと一杯。
冷蔵庫をあさり、テキトーにつまむ。

やがて二本目のビールに。
まぁね、つけますわ、TV。
ギターは立て掛けたまま。

アリス、であった。
昔はお世話になったというか、ホントのホントのきっかけは、アリスだったかもなぁ、ギターは。
しかしなぁ…大人になるとねぇ、あんましね、アリスはなぁ…

と、心でブツクサ言いつつも、そのまま三本目のビールと、会津の銘酒花泉辛口を。

TVはスタジオLIVEの時間に突入♪

歌える。
歌えてしまえるのだ、全て。

ギターを手に取る。
アリスにあわせて、弾いて、歌う。
弾けて、歌えてしまえるのだ、やはり。

( ̄~ ̄;)

その夜、新曲が完成に至らなかったことは、書くまでもない。

LIVEの準備をしながら思う。

初めからわかっていたモンダイではあるが、
『個人宅離れ、どうやって案内するのか!?』
である。

ネット用チラシ(個人名・地図無し)と、配布用チラシ(個人名・地図アリ)を用意する、ってとこまで決まった(&出来た)のだが、
『では?ハガキでお知らせする場合は?』
とかね、色々気を遣うのですよ、“個人宅離れ”をどう伝えるのか!?

シバさんのHPには、
『詳細決まり次第』
みたいに載ったままであり、金ちゃんブログに至っては、告知が難しいせいで未だにスケジュールに入ってないのであった。

しかししかし、そこのところはLIVE本体というか本質とはあまり関係が無いのであって、僕が今やるべきなのは、しっかり中身を準備すること。
あ、いや、準備だけしても、ちゃんとお知らせ出来なきゃ、ソレはソレで寂しいワケですが・・・。

練習スタジオに入って、機材無しで唄ってみるとわかるのだけど、やはり凄いことなのですよ、生音勝負は!
何たって、マイク(&マイクスタンド)が無いので、どこに立ってどっち向いて唄うのも、全くの自由。
コレったら、つまりは会場内を練り歩きながら唄ってもイイんだわな、譜面見ないなら。
ん?
金ちゃんを正面ステージ(らしき場所)に置き去りにし、赤羽エリック氏は客席のど真ん中、皆さまの目の前でプレイさせ、俺は場内を練り歩いて唄う、コレもアリね、フムフム・・・。
              201003021459002.jpg
3月28日(日)LIVE
『シバと親指企画の日』
入場13:00~13:50(セキュリティの関係上、もしかしたら一旦閉門か!???)
14:00スタート
運営カンパ2,000円

こちらでも多少用意する予定(出演メンバー分+α)ではおりますが、お好みの飲み物・おつまみは途中のコンビニ・酒屋等で入手願います。

この後モンダイになるのは・・・多分、座布団関係。
奥「人数分は、無いと思います」
と、家主の奥様から言われてまして・・・どうすっかなぁ!???

ゴミ問題とか、酔っ払って床にこぼしちゃったらとか、色々続くのです、初の試みってのは。
       201003021106001.jpg
で、最後に気付くワケだが、このままだと出演者も、僕以外はたどり着けないのね、会場の“個人宅離れ”!???

折角だから写真だけでも

天気がパッとしなかったけど、土曜日は爺やも頑張って歩いたので、写真だけは載せときます。
201003061519000.jpg
たかつえスキー場と、ゴルフ場(スノーランドと名乗る)を結ぶソリバス。
しかし、道のりはもう雪が溶け、アスファルト露出中なので運休(放置)状態です。

一日数組の物好き(クロカン客)を待って(というか見張って)、休館中のクラブハウスからアンちゃん2名が終日監視中。
スノーモービルの向こうに見える立て札の陰から現れて、ココで3,000円の集金が・・・
       201003061356000.jpg
       広大なゴルフ場・・・3,000円取っておきながら、コース案内は一切無し。
       パンフも地図も看板も無し。
       仕方無く、前回(数年前)の記憶と勘を頼りに進むと、川が。
       さて、橋を渡るのが苦手なのは・・・???
              201003061345000.jpg
              答:hanna嬢

一見、リードを引っ張って、向こうに行きたそうに見えるけど、こっから先は踏ん張って進まず、大変厄介です。
                     201003061455000.jpg
                     遠くにたかつえスキー場が。

他所のカントリークラブをそんなに沢山知ってるワケじゃないけど、ここのゴルフ場は起伏が多い方だろうと思います。
歩くのを目的として雪遊びに来てるからイイけど、3時間歩いても全コースは歩き切れなかったッス。
              201003061503000.jpg
              巨大なカマクラ。

その向こうにはスタート地点のクラブハウス。
更にその向こうには、“アゴの長い女の笑い顔”的な山。
髪が波打ってます。
       201003070742000.jpg
       完全グロッキーの爺や。
201003070008002.jpg
翌朝は、時間を掛けてコロコロローラー作戦。
たとえ服を着せていても&シーツなんかはどの道クリーニングに出すとは言っても、ローラーはエチケットであり、旅の必需品なのであります。
(書いてるだけで、私は殆ど役立たずですが・・・)。

夜が明けたら雪だった。





都会では“変”(または“大変”)かも知れないけれど、ココは会津檜枝岐であるから、ナンだか、
『ホッ』
としてしまう。

こんな時期に、気温が下がらず雨が降り、残雪が減る一方なんて、寂し過ぎるのだ。

まだまだ、あとひと月は“冬”を楽しみたいので、誠に勝手ながら、自分らの“遊び場”だけでも白い世界を維持願いたいのであります。

親バカ係数



冴えないながらも、ギリギリ“雨”ではなく“曇り”の中、会津たかつえのゴルフ場を歩いた。

まぁ、その様子は後日、時間のある時に。

取り敢えずは、タイトルだ。

写真の通り、他人から見りゃあ立派な親バカ一家。
その“バカ”につけ込む商売もあるワケでして…

例えばですねぇ…
冬場のカントリークラブを歩くのにも、有料だったりするのです、場所によっては。
たかつえは、200円。
そう聞いていたのだけれど…
係「お一人1500円、合わせて3000円で…」
俺「は!?200円じゃないの?一人」
係「それはアノ、人が歩く場合は入場料200円でイイのですが…ドッグランですと、1500円でして…」

どうもココでいう“ドッグラン”は、単に“犬連れ”という意味。
皆さんが想像されるような、所謂柵の中で犬を解放しておけるような何かを指しているワケでは無い気配。
(山ん中で、そんなモノ、意味無いのだ)

咄嗟に、
俺「んじゃ、犬をクルマにしまって来れば400円なの?」
と言ってみたが、ワハ母さんの、
ワ「可哀想だよ」
のひと言で却下。

雪の上をスノーシューで歩かせて頂くのに、犬連れ故に3000円とは…

ま、親バカ故の出費というよりは、
ワ「あんたと二人で歩いたって、面白くもナンとも無いじゃんよォ!」
ってハナシなんだが。

それにしても無いでしょ?人のみ=200円なのに犬連れだと1500円って!

金曜日の缶ビール。




週に2日は酒を抜く。
肝臓の完全週休二日制、かれこれ7年は続けている。

その内の1日は、殆どが金曜日。
金曜日は移動日が多く、夕食が遅くなるので、ついでに休肝日にしてしまうことが多いのだ。

しかしナンだか…
つまらない“別れ”でも、更に言えば、こちらからも望んでいた“別れ”でも、誰かとの“別れ”ってのは、出会ってしまった意味まで考えさせられ、こんな時間からでも、
『プシュッ』
っとやりたくなるものなのだなァ。

また探すのかぁ…忙しい時だけ来てくれて、まるで自分の分身のように、そう、“あうんの呼吸”で働いてくれて、で、給料なんて安くてイイ、そんな感じが理想なのです。

一応クレーム上げまして…



>ナイルの下女さん

ソフトバンクテレコムからは、長文でお詫びのメールがありましたが、やはり、
『代理店名、担当者名をお知らせ頂ければ個別に指導致します』
みたいな感じで、そこまで記録してなかった側には、ビミョーな敗北感が。

ちなみにワハ母さんは、とにかく全て、
ワ「今、来客中なので」
のひと言で乗り切ってるらしいです。
“敵”からすると、ウチのマンションは、
『常にお客が絶えない』
ってことですね。

ついでに書くけど、昨夜はLIVEの打合せを兼ねて赤羽エリック氏とマンションで一杯。
いや、ギター抱えて打合せしながら、当然一杯が二杯になりして行きまして、まぁ、夜の10時ぐらいまで?は、まともでしたね、比較的。

しかし、その後、11時に向かう時間帯に入ると、酔いが回って饒舌になり、いつも通りっちゃいつも通り、
『出たな!赤エリ氏のハチャメチャ音楽談義!』
と相成りました。

“ハチャメチャ”故、ココに書くことは何も無いけどね。

そんな中、こちらも酔いにまかせて昼間のソフトバンク・ネェちゃんの話を振ってみたところ…
赤「ヨーカドーで買い物した時に~」
俺「フムフム」
赤「袋、要りますか?って聞かれて~」
俺「フムフム、エコね、エコ」
赤「要ります、って答えたら~」
俺「フムフム、で!?」
赤「フゥ~って(袋欲しいですって!?ダメな客ネェ、呆れちゃうわ、的なため息)、フゥ~、ですよ、フゥ~(と、憎々しげに繰り返す)」
俺「ハハハ」
赤「カチ~ンと来ましたよ、僕は」
俺「カチンと来て?」
赤「カチンと来て、えと、名札にね、@☆さんって書いてあって~」
俺「???」
赤「帰ってから電話しました!おたくの@☆さんって、フゥ~って、どういうこと!?って!」
俺&ワハ母さん(ココで登場)、
「えっ!?電話!?その場では言わずに!?」

酔うと強気の赤エリ氏、やっぱ酔わないと気弱なのね、
『カチンと来たから帰って電話』
って…

イチイチうるせぇんだよ!

ネ「ソフトバンクテレコムの~~~」
と、そのネェちゃんは言った。
社名はハッキリ書いちゃうからね、この際。

とは言っても、殆どは“~~~”の部分が、
「代理店の◎▲の□★と申しまして」
だったりして、全然“ソフトバンクのヒト”では無かったりするのだが。

ネ「お仕事中すいません」
何度聞いても、心にも無いセリフ。

仕事中、毎日のように色んなとこから掛かってくるので、先読みして、
K「営業ですか?」
と聞いても、
営「ご案内です」
だの、
営「お知らせです」
だのと返して来るケースもあって、非常に面倒。

さて、このネェちゃんは・・・

ネ「携帯電話の番号の前に、0033はダイヤルして頂いてますでしょうか?」
K「はぁ・・・ん~~~答えないとダメ?」
ネ「携帯電話の番号の前に、0033はダイヤルして頂いてますでしょうか?」
K「ん~~~見ず知らずのあなたに、答える必要がありますか?」

ま、イヤなオッサンですわ、私も。
忙しいなら忙しいと断ればイイものを。
しばし嫌味な禅問答でネェちゃんと戯れる・・・つもりが・・・

ネ「イチイチうるせぇんだよ!バカ!コノヤロ!」

絶句、であった。
怒られチッた、俺。
しかし、言うかね?営業で?
それもそこらの先物だの投資だののインチキ臭いとこじゃなくて、仮にも“ソフトバンクテレコム”を名乗っておいて、だよ!?

ま、僕も僕なんで、こんなの読まされても、どっちにも肩入れ出来ないでしょうけどね、善良なる皆様としては。
       201003031403001.jpg
       爺「勝手にやってろよ、バ~カ」
              201003031421000.jpg
              少し後に見に行ったら、このままズリ落ちてましたね、爺や。
201003031403000.jpg
暑がりのため、日差しが暖かくなって来ると、服を脱がされるお嬢。
寒がりでもあるため冬場は着衣姿が多く、こうして久し振りに脱がされると、犬ながらも“全裸”とか“裸体”といった言葉が浮かんじゃったりします。

違いのわかるオトコ

職場のコーヒーが変わった。
毎日のように飲むので、さすがにひと口でワカル。
                     201003021459000.jpg
インスタントだと、なかなか飲まないままビンの中で固まってしまったりするので、前回は、
『エイヤッ』
と、一杯ずつ注いで淹れるパックものを導入した。
翌日届くオフィス通販の、
『一杯16円台に突入!』
とかいうヤツである。

有名な、
『一杯19円~』
ってシリーズは、良く読むと、
『250袋セットの場合』
なんて書いてあったりするが、僕のところの一杯16.9円は150袋セットの価格。
『これくらいなら飲むかなぁ・・・』
と思って購入したのが去年の今頃。
そう、“前回”=“去年”なのであった。

オフィス用の大量パックの方が安いと言っても、何しろ飲むのが僕一人であるからして、150杯飲み切るのは大変なのです、夏場はあんまり飲まないし。
結果として一年がかり。
1月で賞味期限が切れてしまったのを、今日まで飲み続けて、終了。
最後の頃は、
『捨てるよりは・・・』
と、数杯分を雪山などに持って行き、担いで来た熱湯をその場で注ぎ、
僕「ホラ、淹れたてのコーヒーだよ」
などと同行の女性陣にふるまって、
某「まぁ、本当にこの場で淹れて頂けるなんて!」
と、オヨロコビ頂いたりなんかして・・・。
       201003021458000.jpg
今度は少し贅沢をして・・・一杯19.8円のシリーズに昇格。
コレだと55袋セットで良いので、日替わりで楽しめるよう二種類の味を購入。
・・・って、計110杯かぁ・・・
賞味期限までには、美味しく飲み切りたいものです。
|TOP|

プロフィール

とーちゃん              下の方で遠慮がちにRanking参加中

Author:とーちゃん              下の方で遠慮がちにRanking参加中
故・wansuke爺
 「やい!とーちゃん!
  何だよ、コレ!
  こーゆー甘ったるい写真、
  いつまで使う気だよ!」
故・hanna婆
 「ヤット再会デキマシタ…」

[LIVE関連]

7月29日(土)大田原プチ・ヴィラージュ
久々にMOTELさんとのLIVE決定!

盛岡ツアー2017第3弾決定!
8月4日(金)盛岡ビートルズ
8月6日(日)盛岡クロスロード

8月7日(月)大塚Welcomeback
19時~!ダッキャン参加の3人組!

毎月第4日曜日朝~昼頃
大田原日曜朝市出演中!
行ける月だけですが・・・

『K介のSongs&Dogs
   ~週末はミュージシャン』
3曲分の動画を毎週月曜日UP!
YouTubeにて続々配信中!

[CD・DVD関連]

親指企画17年振りのスタジオ録音アルバム!
『Songs&Dogs』完成!!!
DSC_0273.jpg
若き日の3人組LIVEのDVD付きです。
CD13曲+DVD16曲入り、カンパ1,000円!
DSC_0281.jpg

月別アーカイブ

寝姿を見ちゃった方々

hanna嬢「おがぁさーん、おろーさんがヘンなことやってるわぁー」

wansuke爺「じゃ、またな!」

hanna嬢「おろーさん、頑張って!」

wansuke 「おい、とーちゃん!このランキング、ちゃんと設定出来てんのかよ?」 とーちゃん 「・・・自信ナイ・・・」

FC2ブログランキング

バカ嫁hanna 「1日1回、ポチッと押してみれくらさいねぇ~」

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索