映画『BECK』鑑賞

秋はLIVEが続くようでいて、今週あたりは間のひと休み期間。

たまたま会合や無料相談の当番などのお出掛け予定も少ないもんで、なんだかソレはソレで案外寂しかったりして・・・。
       201009290823000.jpg
       寂しげな眼差し?
       いいえ、爺やが寂しい時は…もっと不満げ。
       というか、明らかに“怒り”顔になるのですよ、こんなんじゃなしに。      

で、そんな寂しい夜に何もしないとつまらないのであり、川向うの街のデカイ映画館のHPを見たら、たまたま今月一杯までは遅い時間の上映=大人1,200円ってのがあるのを発見したので、昨夜は栄ちゃん(佐野栄治氏)演奏指導の映画『BECK』を観に出掛けた。

彼は以前『GSワンダーランド』って映画でも指導(&指先出演?)しており、どういうルートなんだか知らないが、この系統の仕事もなさっているのです。
(そう言えば、最近俳優引退?事務所退社&小説家志望で話題になった彼も、何故か『GSワンダー~』にも『BECK』にも、準主役級で出てますねぇ)。

いやぁ、『BECK』、鑑賞後の気分は青春!
ナンでも、ハリウッドでは“アンダードッグ・プロット”とか言うのだそうですが、あの手のストーリーは気分イイもんなぁ。
初めてギターに触れたとこから野外フェスのステージまでの(ある種あり得ないテンポでの)持ってき方、オッサンは『がんばれベアーズ』を思い出しちゃったなぁ、全くオッサンな例えで悪いが。

欲を言えば…ゲゲゲ氏をね、もっと前面に出しても良いタイミングで公開になったのだろうけど、映画の方がかなり前に撮影しちゃってるからね、連ドラで国民的ゲゲゲ俳優になる直前にね。
              201009290753001.jpg
              ナンかこう…
              爺やに比べると、明らかにね…
              僕との信頼関係の濃淡がハッキリ出るのね。

映画から帰ってしばらくすると、もう、日付は今日に。
地鳴りのようなイビキ。
そして…

夏用の“ザル”をしまう場所も無いので、そのまま秋冬用の丸ベッドを乗っけた爺やの寝床。
                     201009300006001.jpg
                     コリャ苦しいだろよ!?爺や!?
スポンサーサイト

盛岡への旅支度

犬連れの旅の場合、問題は何と言っても“宿”。

キャンプで済む季節&場所なら良いが、来月の盛岡はそうは行かない。
       201009290824000.jpg
いや、去年はキャンプで行ったのだ、盛岡。
でも、アレは鑑賞に行っただけで唄いに行ったワケじゃないからね。
市街地からは結構離れた山の中でキャンプして、クルマで食事や温泉やフォーク大会鑑賞に出掛け、また山に戻ってキャンプ、ってな感じでナンとかなったのだ。
第一、去年は三連休だったからなぁ。

参加させて頂くフォークジャンボリーは、市街地のキレイなホールで、今年は土日の二日間開催なのだけど、その二日目の朝に集合して出番は夕方で打上げは夜遅くから、ってな予定だと、さすがにキャンプをベースに行ったり来たりで行動するのは無理。

市街地に犬OK宿が見つからなければ、今年はホントにホントの“ひとり旅”かも…セッティング&撤収コミコミ30分(4曲予定)のために、自費で盛岡までひとり旅って…と、多少思ったりもしましたね、ええ。
それでも行く気だったけどね、アレ(=中津川べりフォークジャンボリー)は一度は参加してみたいもの。
                     201009290754000.jpg
しかし、ネットは便利だよなぁ、やっぱ。
メジャーな犬宿サイトだと、小岩井辺りのペンションばかりでなかなか引っ掛かって来なくても、検索の仕方をアレコレやってるうちに、不思議な駅前旅館を発見。

まぁ、いわゆる“温泉旅館”とか“観光ホテル”では無しに、寅さんなんかが泊っててもおかしくないような、そういう“宿”なのかもなぁ、盛岡駅徒歩3分で、一泊二食6,000円、素泊まり4,000円…で、犬OKの旅館って。

食事付けた方がお得なようでもあり、打上げ参加するなら食事はいらないようでもあり…

Bandは変化するのだなぁ

昨夜は久し振りに、六本木A店の月曜日担当Bandを聴きに行った。
というか、もうすぐボトル無料サービス期間が終わってしまうので、日程上昨日になったのだ。

レギュラーBandの半分ぐらいの年齢?かな?大変若いBandなので、こないだ(数ヶ月前に)聴いた時は、ぶっちゃけ、
『2年後ぐらいに聴いたら良くなるのかなぁ』
と、そんな感想だったんだけど、とんでもない!

若さ故の吸収力と、そもそもの才能と、努力と、慣れと…要因は色々あるのだろうけれど、想像を遥かに超える速度で良くなっていて、ビックリであった。
       201009271531000.jpg
プロデューサー氏やお店の方々にも、率直な感想をお伝えしたのだが、
平「そうなんっすよ!」
赤「良くなってますよね!」
東「でしょ?」
西「ハハハ」
ってな調子で、さすがに皆さん感じておられるご様子。
                     201009271531001.jpg
>鯖味噌さま

生意気なことを言うようですが、黒鯖sさんたちの変貌ぶりにもホントに驚いております。
特に前回と今回では、ガラッと変わって聞こえました…やっぱ、合宿は大事なのかもなぁ。

“♪My Life”
ありがとうございます。
僕も成長したいっす。
ああいう曲が自作出来たらなぁ、と、唄う度に思います。

ひとり旅LIVEスタート



相変わらず、不思議な温かさのあるお店だよなぁ、鶴見ラバーソウル。

♪不思議な言葉
♪テーマソング
♪AKB(赤羽)キャサリン
♪Aの季節
♪想(SOU)
♪くたびれ損の骨折れ儲け
♪君と俺の間には
(アンコール)
♪My Life(加奈崎芳太郎)

思えば、ひとコマとは言え、完全にソロってのは、それこそ大学時代以来?
いや、卒業してからマスPと組むまでとしても、もう、20数年振りかも。

初めてのお客様に年齢を聞かれ、
客「45歳であんなに声がこう、高い声も出せたら、凄いですね」
みたいなことを言って頂けたのは、嬉しかったなぁ。

自分としても、20数年前よりは、ひとり舞台でも唄えた気はしてます、昨日は。

金ちゃんや赤羽エリック氏と組むのは楽しいし、勿論続けて行けたらと思ってるけど、経験上、何事も“永遠”ってことはあり得ないワケなので、究極的には“ひとり”で成立してないとね、と、ずっと考えてはいるのだけれど…次の“ひとり旅”は、盛岡かぁ。

鶴見では、たまたま同じ対バンになることが多く、そのメンバーに、別のジョージ・ハリスン・トリビュートBandでベースを弾いていて、ずっと気になってたマシューさんという方がおりまして…
前々から挨拶はしてたんだけど、いよいよっつうかボチボチっつうか、いずれ何曲かは一緒に遊んで貰えそうな話になって来ていて、コレはメッチャ楽しみであります。

ちょっと…実力差あり過ぎなんだが…そのためにもやはり、ひとりで成立してないとイカンな、オレは。

検察もアレだが警察もナンだかなぁ




朝イチでマイタケ収穫。

何年か前にひと株(ひと苗?ひと菌?)頂いて地中に埋めておいたのが、その後毎年順調に育っているようで、今年はもうひと塊、ナンだか元々の株からは随分離れたとこから出て来てるのも確認。

ソイツは来週のお楽しみなのだ。

さて、気分良く出発→都会→職場→面談→昼飯→鶴見ラバーソウル入り、と、こうなる(隙間に弦の張り替えとかも含め)予定だったのだが…

イキナリ高速入口のお巡りにより強制停止。
巡「後ろの方、シートベルト」
コレで減点1。

まぁなぁ…命に係わるモンダイではあるが…。

あんな大勢のポリが、入口で検問したってさ、あって免許不携帯!?
いや、後ろのシートベルトのチェックぐらいだろ、ホントにETCゲート入ってすぐなんて。

それでも結構次々と、
ポ「ハイ、アッチに停めて!」
なんつって切符モンになってたから、まぁ、色々あんのかな、ケータイ通話中でめっかっちゃったり、昨夜の酒が残ってたり!?

後から思えば、
俺「後ろ?あ、かーちゃん、下痢とゲロがひどくて、シートベルト出来ないんすよ、ホラね、このカーペット、ゲロっすよ、嗅ぎます?」
とね、それくらい言えたのになぁ…
(実際、昨日hanna嬢がぶちまけたカーペット積んでたっす、臭ぇの、赤羽で洗うために)。

その後のお客様は、お約束の時間に、
客「今、▲▽▼にいまして、これから~~~」
と、40~50分掛かりそうな駅名を伝えるお電話が。
コレはしかし、お客様のご都合でありますからして、待ち時間に速攻でマンションに走り、弦を張り替えて、再び職場へと走って、しっかり面談・打合せ。

『一時間ぐらいはおさらいしてから出られるな、うん』
ってな調子でむかえたマイタケの朝は、あっという間に、
『リハーサル、間に合うかいな!?』
へと変化。

いざ、ひとり旅LIVE(に向かうひとり旅)の始まりなのです。

って、蒲田どまりでやんの、この電車!


ついにストーブ



真夏から晩秋(初冬!?)までの間の季節がすっ飛んでしまった感じ。

先週の土曜日は佐渡島で泳ぎ、サザエだアオリイカだ言ってたことを思うと、ホントに23日が季節の変わり目というか、“折れ目”だったんだなぁ。

台風絡みの予報は当て易いのか、今日は見事に午後から快晴。
その時間を狙って畑に向かい、気持ち良い青空の下、今年初挑戦の“種からの玉葱”を仕込んでみた。

苗でしか作ったことが無いのだが、まぁ、ダメなら苗の時期に買って植え直せば良いので、試しにね、バーっと蒔いてみました。
私、こう見えて種蒔きはかなりアバウト派(めっちゃ雑)なんで、ちょっと自信無いなぁ、種からの玉葱作りは。

他にも色々やってる内に遅くなり、明るい時間に撮影出来なかったので、ま、在庫の冴えない写真にて失礼します。

読んでます


ゆっくりと、だけど、クラプトン自伝。

仕事絡みでお付き合い頂いている方からある日、
仕「嫁さんがさぁ、買ってさぁ。センセイも読みますか?」
と推薦図書に指定されたので、すかさず、
私「ウチのパティ・ボイド自伝と交換なら」
とお答えし、ならばってことでウチにやって来た1冊。

先方の方が大変なんだろうなぁ、パティ読破は。

山のギター工房にて





朝から農作業には全く不向きな天気。

『午後から小降りになるとイイなぁ』
と淡い期待を(ホントに淡いけど)抱きつつ、午前中はヤマハ、ヤイリ、グッダールの3本のギターを積んで、山の工房へ。
メンテナンスすべき箇所があるかどうかを、ちょこっと診て貰うことになっているのだ。

30年の付き合いになるヤマハは、
工「弾けるうちはこのまま弾くか、イイのが買えるお金掛ける(=大手術)か」
というような経年による劣化箇所はあるものの、自分でも出来そうなとこを、持ち帰って自力で補修して、このまま弾くことに。

昔の親指企画末期に購入した97年製のヤイリは、
工「まぁ、ネックが若干アレだけど、全体的にはこのままで大丈夫」
との診断。

以前ヘッドウェイ君を持って来た時から、この工房主は、本当にリペアが必要なケース以外、営業のためだけのやたらなリペアは勧めて来ない方だというのを知っているので、まぁ、想定内の展開。

グッダールはどこも悪くは無いのだけれど、ピックアップの差し込み口の微調整をして貰った。

計ゼロ円。

僕「このまま帰るのもなぁ…何か弾いてこうかな」
工「じゃあ、入りたての…」
ということで、差し出されたのは、“フロッギーボトム(違ったかな!???)”とかナンとかいう、カエルがシンボルマークの小ぶりな1本。

海外オークションで$2000ぐらいだったらしいけど、大変美しく、小ぶりなワリに良く鳴る、キレイでクリアな音…ま、買いませんがね、いくら私でもね。

今、僕の中では“旧友”のようなヤマハの1本がキテるのであり、こういう手持ちの1本1本にしっかり愛情注いで暮らすのです、当面は。

しかしナンだ、寒いね田舎は。
昨日の32~33度の都会からしたら、12~13度だからねぇ、朝からずっと。

ってことで、夏の終了を記念して、写真はこの夏のエアコン直下争奪戦特集=余ってるヤツ並べてみた次第です。

あ、勿論天気は午後も回復せず、雨の中の収穫作業となりました…。
越冬系野菜の仕込みは、また今度だなぁ。

暑さ寒さも



暑過ぎてイヤになり、
『何だか露天風呂に入りてぇなぁ』
と思い立ち、午後は早目に切り上げて、露天風呂のあるような施設の営業時間に間に合うように田舎へ向かった。

夏と違って同行してくれる独身女性も(既婚女性も)いないので、独りでゴルフ場の温泉ホテルへ。

受「申し訳ございません。本日、温泉設備が故障中でして…沸かし湯ですが、柚子湯と、露天は薬湯をご用意致しましたので、そちらでよろしければ…」

しかし、こちらは何となくココの露天をイメージしてやって来た身であるから、
俺「あ、ハイハイ」
と素直に従う。

ホテルの小さな洒落た露天風呂は、平日らしく独占状態。
雨と風と雷と…サウナの後は、雨風もなかなかに心地好いではないか!
っつうか、冷たいね、うん、気温、10度は違うからな、都会とは。

さて、風呂上がり。
山小屋には、佐渡の知り合いに貰って来た、個人自主生産ビールが冷えているのだ!

知「今度来る時、洒落た空き瓶持って来て」
と言われていたので、誕生日頃にAY嬢(つっても同学年だが…)に頂いた洒落たビールの空き瓶など3本をお土産にして、中身の入った4本をお土産に貰ってしまったのでした…ハハハ。

不思議な演技



アロ~ハ~な犬達の写真だけど、私は本日独身。

飛び石連休の田舎⇔都会の行き来が面倒なので、一家は佐渡帰りに立ち寄った山小屋に置き去りです。

勿論オレは都会で仕事っす。
冗談で想像はしてたけど、まさかこの時期に、田舎残留がホントに避暑になるとは…
アチィなしかし、東京!
特に俺んち!

んで、堺さん、嫌いな役者じゃないけど、どうなの!?
ジョーカーの演技!?

敬老の日に想う




全てがwansuke爺のお陰なんだよなぁ。

旅も、遊びも、仕事も、音楽も、何もかも。

爺やを手荷物として預けるのがイヤになって、数年前から、夏の旅先が“飛行機の八丈島”から“カーフェリーの佐渡島”に変わったのだし、ソレも、
『真夏は可哀想だから』
と、9月が恒例になったのだし。

そんなワケで、爺やあっての佐渡行きであるからして、今回も、佐渡島で遭遇した出来事は全て、そもそもが“爺のお陰で”ってお話なのだ。

しかし…爺や、御年16歳。
ホントの“敬老”とは!?
もう遠出は望んで無い!?

テントの夜は涼しくて、昨夜はひと晩中、隣にくっついて寝てくれた爺や。

どこで何に付き合って貰っていても、
『次回ねぇ…』
とか、
『来年ねぇ…』
とか、考えずにはいられなくなって来ちゃってさぁ…。

アリガトな、と、敬老の日に掛けるひと言はもう、これしかありません。

昼間の宴会




曇り空。

泳ぐ陽気ではなく、海風が吹き抜けて行くだけ…何だか人々が集い、12時前から乾杯!

本日の人生的展開には不安を抱くけれども、こういう日もあります。

夜、佐渡島上陸







キャンプ場までの移動中は、上陸の悦びで吠えまくっていたhanna嬢も、テントの設営を終えるや否や、wansuke爺とともに完全グロッキー。

朝、メアドを知ってる地元の方々に上陸を伝えると…

市「今朝釣ったヤツ」
と、下ろしたてのアオリイカ3バイを持って現れたのは、6月で閉店してUターン生活を始めた、かの池袋佐渡料理“いち”の元マスター。

カップのカタ焼そばスープ(という名のベビースター汁)で済ませようとしていた朝食が、一気に豪華に。

う~む、有難い…が、朝じゃあ呑めないのが勿体ない…

市「あっ!今(浜に釣竿持って)来た人もアオリだね、仕掛けが」
と、そんなことを話つつ、
我「甘いっすねぇ」
と美味しく頂いて、しばし話し込み、やがて元マスターはお帰りに。

と、ほどなくさっき眺めていた釣り師がワハ母さんに接近し…

頂いたのが、今釣ったばかりのアオリイカ3バイ。
コレはしかし、“いち”さんみたいに下ろしてあるハズも無く、
『イカを下ろすとカブレる』
と言うワハ母さんに代わって私が下ろしたのでありました。

昼には少し潜って海からサザエを失敬(=プチ密漁)し、刺身(=勿論アオリイカ&サザエ)とサザエの海水茹で、そしてもう今日は潜らないのでビール!

目の前には静かな海…9月の島は何だか最高です。

気の抜けたスタジオ練習

自分の唄にも、自分の中でのマイ・ブームというか、いつでも“気”が入る曲と、練習していてもなかなか乗っかって来ない曲というのがある。

先日の夢の宴のことは、もう過去の出来事であり、来週末には鶴見への“ひとり旅”が待っているので、昨夜は気力を振り絞るようにして練習スタジオへ向かった。
しかし、無意識ではあってもイヴェント直後的気分が残ってしまっていたり、“ひとり旅”の客層が全くイメージ出来なかったりで、選曲からして詰まり気味。

例えばの話、先日のような大宴会では、曲数も多いので、カヴァー曲なんかはやはり、
『こういう曲は楽しいだろうな。あ、コレは盛り上がるだろうな』
ってなことを考えながらチョイスして行くし、オリジナルにしたって、
『ああ、コレはしばらくやってないなぁ。イイかもなぁ、コレも』
とかいう目線というのもあって良いワケだが、“ひとり旅”は30~40分のステージ1本勝負!であるから、そのような“遊び”を挟む余地は無い。

事前に、
『ひとりなんだから…赤羽エリック氏とはやってない、コレとか、アレとか…』
みたいに考えてスタジオに向かうのだが、唄ってみると、その考えてた曲よりも、今、自分の中で“来ている”曲=ここ1~2年内の新しめの曲の方が、どうしたって“気”が入ってしまう。
が、そのまんまだといっつも同じ曲になっちゃうような…。

ま、こんなのは、大昔の三人組の頃から繰り返して来た苦悩なワケで、
「オマエ、いくつだよ!?」
っつうハナシなんだけどさ。

この辺りを考え込んじゃうと、やっぱ、凄いよねぇ、プロは。
毎晩同じ曲でも、キッチリ“気”を入れて唄えるんだもんなぁ。
       201009030905001.jpg
日曜日の二次会は、
『殆ど1ケースかな?』
ってぐらいの缶ビールが飲み干されたようで、今朝(ここらは金曜日なのです)の空き缶・空き瓶出し作業(=担当:俺)は、かなりの酒豪(っつうか、ビールバカ)風でありました。
                     201009091536000.jpg
秋の“ひとり旅”のその先に、また皆さんとの楽しい時間が待っていると信じて。
(って、“ひとり旅”も楽しんで来ますけどね、勿論!)

昨夜学んだこと

昨夜は、我が業界団体の会館最上階のラウンジというシャレた会場で、都会の夜景を見ながらの比較的クローズな勉強会に出席した。

何故僕がお誘い頂けたのかは謎のままなのだが、我々の職業上の懲戒制度について考える少人数(20名程度)のその集まりは、多分僕一人が無名なだけで、他の出席者は、
『どこかでお見掛けしたような…』
という先生方の比率が高い、そう、全くもって、未だに、
『何で僕があそこにいたのか?』
不思議でならないのだが、しかし、実に中身の濃い勉強会であった。

濃いけれどもしかし、内容としてはシミジミと恐ろしいもので、最初に登壇したのは、
『今、我が職能として全く落ち度の無い過去の事件について、当時の関係者から逆恨み的告発をされて、ソレを受けたお上はハナから“クロ”と決めてかかり、コチラは反論・弁明の機会もまともに与えられずに、もしかしたら一定期間の業務停止を言い渡されるかも?って事案で闘争中』
という先生。
通常、このようなお立場の方はなかなかオモテに出たがらないワケだが、しかし、全く落ち度の無いお話なので、それこそ“お話にならない”お上のやり口に、呆れ返っておられる&出席者一同も呆れつつ、コトの恐ろしさに気付かされる。

説明が難しいのだけれど、一方の主張だけ聞いて、コチラはそのシナリオにのっけられて、なんて流れは、かの村木局長事件そのもの。
つまり、僕らは毎日出会っては別れる、どの依頼者から、いつどのようなクレームを頂戴してこのようなことに巻き込まれるのか…?どんなに慎重かつ完璧に仕事をしても、全く救われないのか?みたいな気分になるのだ。

これまでこういう目に会わなかったのは運が良かったとでも言うべきなのか…?
ま、そもそも開業14年経っても、事務所規模が全く成長しないレベルの仕事量だからこそ、何とかセーフなのかもなぁ…なんて。
201009151437003.jpg
       
       201009151437002.jpg

              201009151436000.jpg
昨日は昼間に歩き回り(ええ、大失態も含め、です)、その後このような中身の濃い&重い勉強会を体験したためか、遅くに帰っても缶ビール3本飲んだだけで、後は何も食べる気がせず、別に出掛けたくも無かったけど何となく気分がおさまらず、ポケットに財布を突っ込んで街に出た。

大衆酒場“まこと”も、行けばまだ開いてる時間だが、とても反対口の彼方まで歩く気力は無い。

『この時間なら…雨だし…もしかしたら…』
と、超久々に焼トン“※山”を覘いてみた。

カウンターに4~5人…空いてる。

店「久し振り」
俺「まぁね、人気店で、素通りですよ、日ごろは」
店「何にします?」
俺「え~と…」
やはり“2本っつ”ルールは改定されてなさそうなので、数種類しか頼めないけど…まぁ、クタビレてて食う気力も無いしなぁ…

そもそも、今の方々のように開店前から並んでまで食いたいとか、ココでしか食えない味とか、そういうのは卒業しているのであり、僕にとっては夜更けのひなびた酒場として便利だったのだ、遅い時間の“※山”は。

見渡しても…かつての常連らしき“顔”は皆無。
恐らくは、ここ1~2年の狂気的人気爆発の中から残った、新し目の常連さんたちなのだろうなぁ。
“焼き”担当のお婆ぁに、
新「おかぁさん、良く今年の暑さに耐えたねぇ」
なんて言ってる人も、俺は見たこと無いし、後から入ってきた若い勤め人風も、
若「マスター、いつも何時頃起きてるんすか?遅くまで電気ついてるし」
ってな調子で、ビミョーに常連一歩手前風の会話を投げ掛けてるし。
       201009151449000.jpg

              201009151449001.jpg

                     201009151449002.jpg
お会計をしながら尋ねる。
俺「今も、並ぶの?開ける前は?」
店「並んでるねぇ、早い時間は」

今もひなびた感じは変わらないけど、昔に比べると、全体に値上げしちゃってるので、イメージしてるほどの激安感は無い。

にしても、かつての常連さんたちはどこへ散って行ったのだろうか?
(新たな旨い店の開拓にもつながるので、コレはマジで気になるっす!)
そして…次回ココに寄るのは、一体いつになるのだろうか?

10数年前、ここらじゃ大きめの共同事務所を立ち上げた頃には、連夜ココで同僚の先輩と飲んでいたことを思い出しつつ、
『しかしまぁ、俺はもう、今の規模でどうにか食ってければ、ま、イイのだろうなぁ』
と、そんなことを考えながらトボトボ帰るのであった。

センセイ大失態の巻


本当は郵送でも済むのだが、
『少しでも早い方がイイかな!?』
と気合いを入れて、各種証明書取得のため、電車に乗って都内某お役所へと向かった。

戻り途中にも寄り道すべきアレコレもあって、持ち歩くべき荷物が多くなり、ソレが全てバッチリ入るサイズのカバンに持ちかえて…コレが大失敗。

最初の某お役所窓口の、受付カードを手に持って…しばし呆然。
肝心の、“私が誰であるか”を証明するモノ(職業上の身分証明書・免許証・保険証等々)を、全て置いて来てしまったことに気付いたのだ。

私「あのぉ…僕は僕です!なんつうワケには…」
窓「はぁ!?職業上の証明書をお忘れでしたら、写真付の免許証ですとか、保険証ですとか…」
私「ですから、ソレが全部無いって場合ですね、キャッシュカードぐらいしか…(財布だけじゃ、入ってんのは六本木A店とC店の会員カードと…)」
窓「無理ですねぇ…」

まぁね、粘ってナンとかなるようじゃ、困る場面だけどね、ココは。
ダメで正解ですよ、ええ…
『国民の皆さん!このようにして皆さんのプライバシーは保護されてます!』
って話です。

仕方なく電話して、身分証明書一式を都内某駅まで届けて貰うことに。

お役所内でボンヤリ待ってもいられないので、商店街に出て、あてもなく散策。

外「エクスキューズミ?」

困り切った顔の外人さんに、
外「~~~ホテル?」
と聞かれたのだが、センセイも困り果ててる身分なので、
私「Sorry」
と、我ながら流暢な英会話で逃げる。

しかしアレだ、用の無い街って、全然用が無いのね、ったく。

御礼の顔出しに

昨夜は、前夜のお礼のひと言を、って意味で、仕事帰りにキャバーンに立ち寄った。

まぁ、本当に立ち寄っただけってワケにも行かないのでビールを2杯。
(それだけだと単純に600円×2杯=1,200円で済むようです)。

聞けば本日(火曜日)は、33名の大規模宴会の予約が入っているのだとか。
33名は凄そうだなぁ、LIVEじゃないから機材は無いけど、そんなのは大したスペース取って無いからねぇ。
              201008261447002.jpg
スマンかったねぇ、hannaさん。
おろーさんは、しばらくキミに触れないように生活するよ。
しかし…
基本、犬ソング=爺や唄になっちゃってる状況ってのもあってだね、そろそろお嬢の唄も欲しいよなぁ、う~ん。
触れ合いが無いまま膨らますってのは、ムズカシイのよ、なかなか。

「♪ゲロだウンコだオモラシだ!」
って、なかなか僕のメロディにはのっかって来ないしねぇ…。

ゆっくり関係を築いて、ゆっくり書いて行こうね、って、何年生活してんだ!?一緒に!?
いつまで掛るのよ?関係構築までに!???

日曜日の次は月曜日なんだなぁ。

そういう朝でした。
夢は一夜限り、ってな感じで、強引に現実の生活がスタート。
ホントは夕方から研修があるのですが、行く気力が戻るのかどうか…って、もう、この時間ですが…。

昨日の赤羽キャバーン・ランチLIVE、ご来場有難うございました。

“食べ放題”とか“持ち込み自由”のLIVEを企画すると、
『音楽のみの魅力で勝負すべし』
とのお声を(大学時代の某先輩から)頂いたりもするのですが、僕なんかは特に、元を取る云々を抜きにしても、
『好きなだけ気軽に飲めるのがイイよなぁ』
と、思ってるので、“飲み放題”はイイなぁと…。
ま、実際は僕自身はLIVE終わるまで飲まないのでアレですが、どうですか?

逆に“食べ放題”の方は、普段の夜の美味しい料理を知っているだけに、アレはアレでキャバーンなりに単価を下げた内容なのだろうと思います。
勿論、安くても美味しいことは美味しいのだけど、
『作り手もホントはもっと上の料理を出したかったりするのかなぁ』
なんて。
しかしソレ(=ムール貝がどうしたとか、舌平目がこうしたとかいうお料理ね)をやろうとすると、一人8,000円~1万円とかにしないと成立しないので、お互いが納得&満足行く料理を提供してあの価格ってのは、大変なことであろうと想像致しますです。

ちなみに皆さんがお帰り又は二次会会場(=犬マンション)へ移動された後、残り物を“おみや”にして貰うのを待っている僕に、マスターが言ったひと言は、
マ「皆さん、大丈夫ですかね?“食べ物が足りなかった”とか言われるのが、一番イヤなんで」
でした。

音や機材や立ち位置(勿論お客様の座り位置も)等々の難点はあるものの、やはりお店(&お店の方々)がイイと、僕らも含め、皆がシアワセな気分になれるものだなぁ、という、そんな一日でした。

1st
♪9月の島(伊勢正三)
♪スモークドガラス越しの景色(伊勢正三)
♪ガラス壜の中の船(大瀧詠一)
♪ひまわり(福山雅治)
♪涙憶(伊勢正三)
♪ACROSS THE UNIVERSE(The Beatles)
♪WALK WITH YOU(Ringo&Paul)
♪ニュートラル(金ちゃんオリジナル)
♪愛について(友部正人)

(飛入りコーナー)
ワハ母さん
AKIRAさん
赤羽エリックさん

2nd
♪テーマソング
♪不思議な言葉
♪くたびれ損の骨折れ儲け
♪君と俺の間には
♪ストリッパー(沢田研二)
♪GOLDFINGER’99(Hiromi Go)
♪外は白い雪の夜(吉田拓郎)
♪ウソ臭い朝に
♪言葉を全部過去形にして
♪約束
♪それが君の世界なら
♪二人のChannel
(アンコール)
♪MY BONNIE(Tony Sheridan and The Beat Brothers)
♪おまえにチェックイン(沢田研二)

1回目が終わった後、“音楽勝負”の某先輩より、
某「シャウト系が無さ過ぎて、シャンソンみたいで気持ちが悪い」
とのご指摘が。

今回の曲順は、直前までかなり悩みつつ、
『1回目はシットリ系のカヴァー曲を集めて、盛り上がりは後半に』
みたいなラインナップにしたので、
『ちょっと寄せ過ぎかもな!?』
ってのは自覚していたのですが…
恐らくは、“曲がシットリかシャウトか”よりも、カヴァー曲は私自身の自信の無さがモロに出てしまうという、その辺りがストレートに伝わっちゃったんでしょうね、客席に。

まぁ、先輩からすると、“僕の言葉をひと言も発していない”みたいな感じもあるのかな、カヴァーばっかで。
でもね、全部終わった後で、初めての方なんかに、
「オリジナルの方が良い」
とかって言って頂けるのは、大変うれしいことではあります。
ん?
カヴァーがヘボだって言われてるだけか!???

>るうちゃんへ

金ちゃんからHiromi Goの曲を指定された時(わずか1週間前に!)はかなりアセリましたが、耳でコピーしてみると、実はあまり難しいコードは無かったのと、アノ曲の性質上、多少ヘボくても勢いで乗り切れそうだったので(!?)チャレンジしてしまいました。
あの至近距離でアレやられたら、耳に残っちゃうかもねぇ…
       201009100743001.jpg
       二次会で、るうちゃんへの張り込みを続けた爺や。
       いろいろせしめたはイイけど、本日は完全グロッキー。

さて、2回目。
こちらは“飲み食い一段落後”となるのは分かっていたので、酔った勢い等々に任せて要所要所で皆さまに参加して頂く作戦。
アタマ4曲は、この夏に書いた新曲(正確には詩は随分前のモノもあるんだけど…)。

あ!“♪くたびれ損の骨折れ儲け”、言葉遣いはワザとですので念の為。
実際にどこかの無料相談会でこういう言葉遣いをなさる方に遭遇して、その時は???と思いつつやり過ごし、後で試しにネット検索したら、意外にも堂々とこの言い回しをお使いになっている(ソレも公開されてるネット上で!)方が多く、
『ムムム…ホントは俺が間違ってる?いや、間違ってはいなくても、こっちの言い方もアリなの?方言とか?』
ってな感じで、気になって書きとめておいた言葉を膨らませたってパターンですね、曲としては。

赤「ちょっと…他のBandのレコーディング曲に集中したいので…」
と、今回出演辞退の赤エリ氏は、“♪言葉を全部過去形にして”にコーラスと“口(くち)リードギター”で参加したほか、“♪二人のChannel”は間奏にダンスで、アンコールの“♪MY BONNIE”と“♪おまえにチェックイン”もマラカスとダンスで参加。
今回も無事(!?)お笑い担当となったのでした。
一切打合せも前フリも無しで登場して貰ったワリには、まぁ頑張ってたかな?赤エリさん?

マンションで続いた二次会では、金ちゃんが酩酎泥酔のヒトに。
僕はそうならないよう、ビール主体にして立ったまま家事をこなす振りをしてましたが、皆さんを送り出した後は、爺やと爆睡でした。
              201009100744002.jpg
              二次会で、皆さんの前でちょっと抱き上げて、
              K「僕が抱っこしたストレスで、明日は下痢です」
              なんてふざけてたら…マジでヒドイことになったお嬢。
              っつっても、僕は爆睡中だったので詳細不明。

え~と、繰り返しになりますが、昨日も本当に有難うございました。
いわゆる“企画モノ”の予定はしばらく白紙ですが、また宜しくお願いします!

この後は、26日(日)の鶴見“ラバーソウル”、10月の盛岡“中津川べりフォークジャンボリー”等々、しばらく“ひとり旅”LIVEで修行して来ます。

適度な緊張感



こういうモノに“適度”なんてのがあるんだかどうだかワカラナイけど、お店主導による他Bandさんとのブッキングではない、いわゆる自主企画LIVE、それも赤羽キャバーンでとなると、想像しただけで少し緊張して来ます。

加えて実は…
人前では“お初”な曲が半分ぐらい並んでいるんだもの…ってまぁ、ソレは誰に頼まれたワケでもなく、自分で勝手に並べたんだけどね。

さて、11時からリハーサル、で、後はあっという間に本番になっちゃうんだよなぁ、いつも。

12時開店、飲食スタートです!
お待ちしてます!

5時過ぎに起床





起きようとして起きたワケでは無いのだが、日中だと暑くなりそうだったので、
『エエイッ!』
と気合いで着替え、
「今週は畑に行けない」
というお宅の畑に向かった。

途中寄り道してミョウガを収穫。
畑には、
「モロヘイヤがあるからね」
と言われていたので、畑では先ず、モロヘイヤの所在を確認。

コレは僕の実母の影響なのかな?
我が家では、
『モロヘイヤ=プランターかナンかでチマチマ作り、若い芽をチマチマ収穫して、茹でると少量のチマチマネバネバが完成』
というイメージがあったので、初めはどれがモロヘイヤだか分からなかった。

しかしやがて、
『どう見てもコレだよな?モロヘイヤ』
という、女性の背丈ほどの“木”を発見。
念のため、葉っぱをちぎってかじり、口がネバネバして来るのを確認。

『間違いないな…』
実母のチマチマ式と違って、豪快なモロヘイヤに驚く。

そこはよく猿にやられてしまう畑なのだけど、ヤツらはこの一週間は他所に出張していたようで、立派な茄子や胡瓜等々、皆無事であり、いつも猿被害にやられては悲嘆にくれている畑主に申し訳無いくらい、しっかり収穫させて頂いた。

その後、朝穫りトウモロコシ投げ売りの店に寄る。
『今まさに山積みにしました!』
みたいなタイミングで、
店「好きな本数だけ自分で選びな」
と言われたのだけれど、“いかにも虫食い”ってヤツ以外は剥かずに見抜く技など持ち合わせていないので、適当に5本差し出した。

店「ダメだよぉ、自分でちゃんと選ばなきゃあ」
と言いながら、2本追加してくれたので、
『そうなのか…オレの5本は、内2本がハズレって意味なのかな…!?』
と思いきや、外の皮を剥くと7本とも立派!

写真は今年から導入された“薄皮を残して丸ごと蒸す”方式の図。
“筍の理論”とでも申しましょうか、“剥がして茹でる”標準スタイルより、甘みが逃げなくて美味いのであります!

『犬達にも大人気!?何故!?』
と不思議だったのだが、先月遊びに来た某独身女性が、爺やの眼力に負けて、しきりにトウモロコシをあげていたのを思い出した。

そういうのは忘れないからね…明日はトウモロコシだね、ウンコが。

赤羽キャバーン直前打合せ


昨夜、一応そういうタテマエで、遅い時間に飲みに行った。

赤羽エリック氏に電話したら、ヒマそうにしてたので、
俺「(田舎で収穫した)君の大好物のピーマンとミョウガがあるから、欲しければ来なよ、持ってくから」
と誘っておいたので、やがてヤツも登場。

今回は来賓(?)扱いなので、赤エリ氏とは打合せ事項は別に…なのだが…。

驚いたのは、いきなりの、
赤「ビール下さい」
のひと言。

こう言うとナンだが、普段はオレのボトルをタダ飲みするハズの場面である。

謎の強気。

次は…
赤「あ、もう一杯ビール」

一応書いとくが、“放題”じゃないのであり、オレなんか、わざわざウチで缶ビール3本飲んでから来てるのだ、節約のために。

あまりに強気なので、冗談で、
俺「ついでに自前のボトル入れちまえば!?」
と言ったら、マジで入れてやんの!
で、
赤「あのぉ…ボトルって、いくらなんすかね?」
なんつって…値段聞くなり、
赤「あ、無いな、そんなに…」
って、あーた!

結局、ピーマンとミョウガを貰いに出て来て、2000円ちょっと払って、残り6000円だかは、日曜日までの“ツケ”に。

どんだけ買えんだ?って話だよな、ピーマンとミョウガ、そのツケでさ。

鼻声です…

一昨日は無料電話相談の当番で3時間、昨日は研修で3時間、都内の某会館で過ごした。
アレだな、きっと。
エアコン、寒かったもの、どっちも。

ここへ来て、イキナリの鼻声化はイヤだなぁ…
       201009091539000.jpg
9月12日(日)赤羽キャバーン
K介ソロ&The HeattechsランチLIVE!
12:00open/12:45~飲食付3,500円
赤羽エリック氏来店!

K「原価率としては、ビールっすか?儲からないのは?」
主「ビールですけど…そんなに…飲む人いませんよね?いつも…」
K「まぁ…メンバーぐらいでしょ、っつうか、俺ですね、ソレは」
と、マスターは“放題”に不安を感じ始めた(!?)ようですが、開店から1回目のステージ前の時間帯も“軽い飲食time”ですので、お早めにご来場下さい!
                     201009061502002.jpg
今年は5月6月7月と、有名曲要求系の赤羽W店が続いたけれど、夏~秋はオリジナルだけ唄っていてもOKなLIVEの回数も増えていて…で、アレコレ考えてる内に、何となくこの日はカヴァー多めですね、多分。
ま、“多め”ったって、“め”なだけですが。
しかも…殆どどなたもご存知無さそうな曲が多いしね、僕の場合は。

しかし、今回はかなり頑張って有名曲も増やしましたよ、ええ。
特に金ちゃんの歌う“アノ曲”は、聴き逃せないモノがあると思います。
ちょっと…こないだの日曜日のメールで、かなり突飛な曲を指定されたので、間に合うかどうか不安でしたが、こっちも頑張って耳コピーしました。
日にち迫ってるけど、まだまだ練習中です、大丈夫かな???

有能な(元)事務員さん



久し振り(1年半振りぐらい?)に手伝いに来てくれた。

久し振りだけど、有能なことに変わりは無いワケで、一から十まで指示・指導しなくても、0.5ぐらい呟いておけば、1~2時間後には9.5ぐらいまで出来てたりして、
『あぁ、こういうのがね、誰かに手伝って貰うってことだよなぁ』
と実感。

しかしアレです、有能なニンゲンが一人いると、
『もう一人の方(=センセイ=オレのことですね)は要らないかも!?』
みたいな時間ってのも生じなくもないような…

う~む…
『食後は眠たいなぁ』
なんて時も、寝ちゃうワケにも行かないやぁねぇ、有能な彼女一人働かせてねぇ。

それと…
今日は涼しかったから大丈夫だったけど、仮に汗だくで出先から戻っても、ワイシャツ脱いでエアコン直下で涼んだり、場合によっちゃあ汗がひくまで上半身露出しちゃったり、なんてぇのは、ご法度なんだわなぁ、ま、当たり前っちゃ当たり前だけど、どちらの職場だって。

親指企画LIVE“ひとり旅”



期せずして、というのはこういうことを言うのでしょう。

『たま~に“完全に独りでステージ”ってのも、修行としてアリだろうな』
とか、
『ひと晩丸ごとスタイルも楽しいけど、アレコレ気をもまずにひとコマ出るだけってのも、別モノとしてしばらく続けてみようかなぁ』
とか、漠然と思わなくも無かったのだけれど…

9月26日(日)鶴見ラバーソウル

先月の王様前座の後で、店主のパウロ鈴木。さんにお誘い頂いたのだけど、
『こっちのメンバーも、それに自分ら含めた対バンさん達も、いつも同じってのもなぁ…』
と、やや躊躇。

しかし、普段はジョージ・ハリスンのコピーBandのベース役などをやっておられる憧れのベーシスト=マシュー氏(鶴見の別Bandで来店中)が、
マ「僕もベース・ソロで出ますよ!」
などと気になることを仰るので、ついつい僕も、
K「僕もソロで出ようかな」
パ「じゃあ、(出るか出ないか)後でメールちょうだいね」
ってな感じでお別れし、次の日かなんかにお店のスケジュール見たら、もうマシュー氏と僕の名前が出てたという、まぁ、そんな流れです。

ソロ参加はしかし、曲の選択肢はひろがるけど、ホントに“修行”。
大変そうな予感。

10月17日(日)岩手・盛岡
中津川べりフォークジャンボリー
17:30頃~登場!

こちらは交通費・宿泊費等々の諸事情により、ソロ参加。
去年は客席にいて、
『自分があそこに立ったら何を唄うのかなぁ…アノ曲と、あとアレと…』
なんて想像していたのだが、実際に決まるとしかし、大変なのね、行くのと泊まるのと帰るのと、自力で考えなきゃいけないワケだからね。
でも、楽しみっす!

10月23日(土)JR中央線豊田駅前バンボラ
志保さんのLIVEにゲスト出演

しばらく前に、有難いお誘いがあり、二つ返事ってヤツでございました。

この頃には“ひとり旅”じゃなくて赤羽エリック氏同伴かもなぁ、多分。

で、肝心のひとり旅第一弾!

9月12日(日)赤羽キャバーン・ランチLIVE
ソロ&The Heattechs

こちらは半分は金ちゃんとのユニットなので、完全なソロ=“ひとり旅”とは言えないのだけれど、メロディ楽器ってんですか?
ギター1本しか無いってのは初めてなので、自分の中では“ひとり”感が強いです、よって、“ひとり旅第一弾”ね、今週末は。

暑いの飽きませんか!?

もうイイよな、暑いの。
ナンの為に、いつまで暑いつもりなんだか…
数日だけドカ~ン!と狂ったように暑い、ってんじゃダメなの?
コレ、いつまでやんの?

>Dログ一家ご長男さま

wansuke爺の16歳は、ニンゲンだと80歳~85歳(いや、90歳かな!?)とかの世界。
ホントにもう、若くはないからね、今年の夏のこの暑さを乗り越えようとしてくれてる姿は、何て言うかな、少し泣けるぐらいだよ。
       201009020658002.jpg
       『下からも風が入って涼しいはず』
       と言われている芋干しカゴです。

さて、“泣ける”と言うべきか、いや、“笑う”ために行ったと言うべきか…
実は先日、前川清&藤山直美による、松竹特別公演というヤツに行ってしまった。

昔から藤山直美の芝居が好きで、それこそ平日午後の新橋演舞場とかにまで通っていた時期があったのだが、今回は区内にやって来るというので、早々とチケットを取ってあったのだ。

う~む…
内容は、“前川清ショー+その前に超ベタな(松竹的)お芝居二幕”、ってな感じ。
行ったことないまま無くなっちゃったけど、新宿コマってのも、こんなだったんだろうなぁ、って気分であった。

何しろ、歌謡ショーのMCで、前川氏はこの全国巡業を、
「●▼~■☆までの全国ツアー」
と、こうお呼びであったからして、我が国の歌謡界には多分、古来、こういう形式の巡業ってのがあるワケなのでしょうなぁ。

しかしナンだ、ナニかに似てると思ったら、数年前に荒川区某会館で観賞したジュリーLIVEの時の客層だね。
前川氏、どうもジュリーと同い年みたいだし。
(ついでに書きますが、僕の大好きな伊勢正三氏とはお友達のようです、清さん)。

いやね、僕なんかはもう、120%藤山直美のファンが集まる“芝居の日”だと思い込んで行ったものだから、まさかね、清さんの追っかけの集いだとは知らなかったワケでさぁ。
歌謡ショーの半ばで、清さんがグッズ(=所謂“演歌歌手のオリジナル・グッズ”ですね、ええ)の紹介を終える、で、次の曲に行くまでの“間”、コイツがだね、持参した“お土産”をステージ下まで持って行って、
『直接手渡し&握手&軽い挨拶』
っていうさ、そのチャンスだってのがもう、決まってるんだね、追っかけの女性陣にとってはね。

いやしかし、現れる現れる、客席からゾロゾロとお土産の列。
んで、握手&軽い挨拶。
コレがもう、
清「あ、大阪から?日帰りで?」
ってなモンで、顔見知り状態ね、追っかけ女性陣の方々とは。

基本はまぁ、アイドルもロックBandも、同じっちゃ同じなんだろうね、“行ける限り行く”ってファンは、必ず存在するんだわなぁ。

僕の好きな加川良さんのLIVEだって、そこが下北沢だろうと川口だろうと、いつも追っかけて来るハズのヒトを見掛けないと、
僕「アレ?今日はあの関西のお客さんは来て無いねぇ?」
とかね、思ったりするからね。
っつってるオレも、良さんは郡山だの盛岡だの、平気で追っかけてんのか?な~んだ!
                     201009020659000.jpg
芝居メインのつもりで出掛けたのに、実はお相手(=清さん)の歌謡ショーがメインだったってのはしかし、
『積極的に苦痛』
とまでは行かないけれども、でも、
『若干アレだわなぁ…』
ぐらいの耐え方にはなりますね、ええ。
とにかく出て来る曲はアノ、
「♪デュワワワワァ~~~」
の連続技なワケでね、今後の音楽人生の参考にしようにも、なかなかどうして…

しかし、
「♪デュワワワワァ~~~」
の合間に聴いた、龍馬福山氏が書いた1曲、“♪ひまわり”って言ったかな?
アレは救われました、やっぱ“世代”とか、歌の中での“言葉遣い”とか、何かしらあるんだろうなぁ、ホッとしちゃったモンなぁ。
普段は、
俺「ケッ!カ◆ラ隠してるって!?まぁ、ソレはソレとしても…コイツ、演技なんて、力技しか出来無いのかよ!?」
ってな風にしか思って無かったけど、今、チョッと音を拾いそうだもの、龍馬福山作、“♪ひまわり”。
名曲です。

9月も5日です。



暑いまま、しかし今年も残すところ…なんて気分にはとてもならない陽気だけど、でも営業的には“今年”とか“来年”とかいうことも、考えておかんとなぁ…。

来年かぁ…ナニやって食ってんだろ!???
毎年毎月毎週毎日、行き当たりばったり過ぎて、全く想像出来ないなぁ。

と、いつもながら仕事のことは考えるだけ無駄なのであり、取り敢えず…先週の王様前座の音源をCD-Rに。

前座はともかく、王様はやっぱり凄い。
“笑われる”と“笑わせる”の違い、なんてことまで考えてしまった。

こちらはプロじゃないからなぁ、仕事しないでやたらにLIVEの“場数”増やして、ってワケにも行かないけれど、その分はやっぱり練習あるのみ、なのかなぁ、才能とかはね、考えると凹むだけだし。

来週12日はランチLIVE!
赤羽キャバーンにて、12時開場です。
金ちゃんとは…まだ候補曲思案中…どうなるのかな!???

「爺さんや」「婆さんや」



日中、ちょっと屋外作業を頑張り過ぎてしまい、私はダウン中。

オレの方がよっぽど爺さんか…!???

明日はギターその他、屋内も頑張る予定。

いや、9月だし、本来は畑だって頑張るべきなのだが、玉ねぎだの白菜だの、秋~冬場の野菜の仕込みとか、無理っぽいのよね、“真夏”だもの、まだまだ。

老け行く犬達…

ニンゲンも、アッチが痛い人もいれば、コッチが悪い人もいるように、犬達もどっから先に老化して行くかは、犬それぞれ。

まぁしかし、目や耳の衰えは、共通なのかな。
歯は、爺やはバッチリ現役、hanna嬢はゴッソリ抜歯。
筋肉の方は、爺さんはだいぶお疲れのようで、かつての力強さは無くなって来ているよなぁ…。

変わらないのは頭脳かな。
賢い爺やとおバカなお嬢、コレは変わらないねぇ。
              201009030810000.jpg
口内の腐食度合いが凄過ぎて、獣医さんにもhanna嬢の年齢が推定出来ないらしいけど、まさかねぇ…姉さん女房?なワケは無いか!???

なんだかんだ言っても、爺やが12~13歳の頃はまだ、
『まぁ、“15~16歳まで生きた”って話は、良く聞くからな、それぐらいまではイケるんじゃないの』
と、余裕というか猶予というか、そんな気分があったのだけど、実際にその年代に突入してしまうと、さすがに、
『自分とこの犬だけ奇跡的に25歳まで生きたりするかも』
なんてことも言ってられず…

でもね、25歳まででもイイよ、爺さん、のんびりしてけよ、まだまだ。

少年時代はいずこへ…

今朝、フト気になって板橋フォーク酒場“少年時代”のHPをクリック。
『見つかりません』
ヌヌヌ…

『板橋 フォーク酒場 少年時代』
で検索。

出たね、ズラッとね、去年、僕らがお世話になっていた頃のブログの記事がね、僕・金ちゃん・僕・金ちゃん~~~と、上位を占めており、肝心の本家が並んでいないではないか!???

店主ポール井上氏帰郷により、週末のみ営業ってとこまでは知ってたけど、結局僕らも昨年末のLIVE以来、全然行って無いからなぁ…
HPの閉鎖=休業とは限らないから、その辺りはナンとも言えないけどねぇ。
       201008270846002.jpg
       さて、15歳も間もなく終了。
       16歳って、なんか凄いね、高校生だもの。
       長いこと一緒にいてくれてるんだなぁ、爺やって。

hanna嬢は無事帰宅。
“無事”と言っても、本犬は超グッタリ。
              201009020854001.jpg
              嬢「コノオトコノヒト、ラレカシラァ?」

獣医も驚くほどの、口内腐食振りだったそうで、歯はもう、
『歯石に囲まれてそこにある』
ってだけで、歯ぐきに固定されてない状態だったのだとか。
なので、壊滅的抜歯が行われ、見事“歯抜けお嬢”と化したのでありました。

扇風機の故障

ある日、ある時、扇風機を使っていて、
ワ「“切”が戻らなくなった!壊れた!」
という騒動が。
       201009010903000.jpg
しかし、写真左下部の“切”のスイッチを押すと、戻って(上がって)来ないというだけで、例えばタイマーを上手く使えば稼働するのであり、“切”ボタンにさえ触れなければ大丈夫なのだとか。
そんな状態で一日二日経過。

僕はその出来事については、特に何も考えずに過ごしていたのだが、今朝になって、フト気付いた。
『スイッチが上がって来ないって…もしかして、電気的故障じゃないのでは!?』
そして、解体。

やはり、であった。

しばらく前に、夜中にビールをアレしちゃったのを思い出したのだ。
“アレ”=グラスを倒し…かかっちゃったのよね、扇風機に。
酔っ払いだから、その場は目立つとこ拭いて、何もなかったことに…

やっぱ、アチコチから入ったのだろうなぁ、ビール。
匂うもの、扇風機のくせに、ビール臭いでやんの。
あ、スミマセン、私が犯人です。

ビール酵母、一部カビにまで変化しとりましたです、チョッとね。
キレイに拭き取って、スイッチ部分には、ギターの電気系統クリーニング用に購入した“接点クリーナー”をシュッとやって…
アッサリ復活。
“切”スイッチも、スンナリ上下動。

日帰り入院っつうか、即時手術、即回復でした。
              201008261450001.jpg
さて、僕は仕事で殆どお会いしてませんが、もう退院したかな?hannaさん?
日帰り入院の憂き目からは、立ち直ったかな!?
       201008290959001.jpg
       連れ合い(!?)不在の一日は、どうだった?爺や?

帰ったら…オレでも喜んで貰えるかしら???
|TOP|

プロフィール

とーちゃん              下の方で遠慮がちにRanking参加中

Author:とーちゃん              下の方で遠慮がちにRanking参加中
故・wansuke爺
 「やい!とーちゃん!
  何だよ、コレ!
  こーゆー甘ったるい写真、
  いつまで使う気だよ!」
故・hanna婆
 「ヤット再会デキマシタ…」

[LIVE関連]

10月22日(日)ヤァ!ヤァ!ヤァ!
六本木ABBEYROAD
※イベント中止となりました…。

11月7日(火)大塚Welcomeback
19時~!ダッキャン参加の3人組!

盛岡ツアー2017第5弾決定!
11月17日(金)盛岡ビートルズ
11月19日(日)盛岡クロスロード

11月23日(木・祝)ビートルズ大会
at大塚Welcomeback

毎月第4日曜日朝~昼頃
大田原日曜朝市出演中!
行ける月だけですが・・・

『K介のSongs&Dogs
   ~週末はミュージシャン』
3曲分の動画を毎週月曜日UP!
YouTubeにて続々配信中!

[CD・DVD関連]

親指企画17年振りのスタジオ録音アルバム!
『Songs&Dogs』完成!!!
DSC_0273.jpg
若き日の3人組LIVEのDVD付きです。
CD13曲+DVD16曲入り、カンパ1,000円!
DSC_0281.jpg

月別アーカイブ

寝姿を見ちゃった方々

hanna嬢「おがぁさーん、おろーさんがヘンなことやってるわぁー」

wansuke爺「じゃ、またな!」

hanna嬢「おろーさん、頑張って!」

wansuke 「おい、とーちゃん!このランキング、ちゃんと設定出来てんのかよ?」 とーちゃん 「・・・自信ナイ・・・」

FC2ブログランキング

バカ嫁hanna 「1日1回、ポチッと押してみれくらさいねぇ~」

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索