正直な気持ち

昨夜は、ココで宣言した通り職場から帰って缶ビールを2本飲み、その後に六本木A店へ。
パロッツによるGeorge追悼イヴェントの夜だったのだ。

しかしナンだ、自分があんなに“うわの空状態”ってのは、初めて経験した。
テーブルに同席しておられた大勢の女性陣の皆様、人気のイヴェントをしっかり予約しておいてくれた貴女、にこやかに応対して下さるお店の方々、素晴らしい演奏を聴かせてくれたBandさん…遅れて現れて、演奏中もボ~っと座ったまま、後は挨拶もまともにせずに立ち去ってしまい、大変失礼致しました。
201011300837002.jpg
今朝、“神々しい爺や”の図。

『果たしてwansuke爺はいつものように、復活してくれるのか!?』
僕にはもう、出来ることが無さ過ぎて、爺やを見る度に呆然としてしまう。
その呆然アタマのままビールを飲み、
『呆然と見ていても爺やが良くなるワケでも無いし、せっかくのGeorgeイヴェントだし』
と、六本木に行ってはみたものの、本当に本当に申し訳無いのだが、演奏中も、
『帰ってwansukeに会いたい』
と、ソレばっか考えてました。

勿論、普段の仕事中の方が、はるかに長い時間会わずにいるワケだけど、その分一緒にいられる時間は限られてるってことでもあるし。
出掛ける場所が赤羽か六本木かってのは、全く関係無い。
いや、本来関係無いハズなのだが、やはり近所で飲むのとは気分的に何か、違うんだよなぁ、夜の留守番は不安だし。
ま、僕の場合は、
『酒が入って、身勝手に感傷的になってるだけ』
ってのもね、相当あるのだろうけれども。

こういうこと書くと、
『そこまで悪いのか?』
と、そう思われる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、ワカラナイのです、本当に。

とりあえず、週末に一緒に過ごして実感したこととしては…

散歩、長いです、気力、あります。
メシ、食いません、したがって、メシの時間にも、全く起きません。
“好きなモノ”というより、その時々で、“口に入れたいモノ”しか入れません。
お腹、張ってます、多分、ガスです、食って無いのに張ってんだから。
というより、張り過ぎていて、苦しくて、量は食いたくないのだ、と、僕らはそう見ています。
排泄、ユルイです、メシ食って無いんで、固まりません。
水、やたらに飲みます。
故に、オシッコは出ます、いちいち出掛けるのは面倒なので、部屋に敷き詰めたオシッコ・シートにしちゃいます。
       201011300904000.jpg
       今朝、“水飲み場で寝ちゃう爺や”の図。

あ~ぁ、書いちゃったなぁ、こんなとこに、こんなこと…。

でもね、コレは週末のお話。

どうもこう、
『下痢気味の時に下痢止め飲ませちゃうのは、毒素を体内に留めてしまうだけで、あまり良くないのではないか?』
との発想と、ナニよりお腹がパンパンだったので、昨日から下痢止めを中止して、
『下痢なら下痢でイイから何か出しなよ!』
って方針に転換。

ひたすらプスプスと、時折ガスを放出中でして、いくらかは楽になって来ている気配です。
一日二日で爺やの体調は変わるし、それに伴ってコッチの気分も変わって来るワケでございまして、昨日よりは今日、昨夜よりは今夜、僕らもいくらか気持ちが明るめになってるかもなぁ。
『出ろ!ガス!』
そう念じながら、お腹に手をあてたりしています。

獣医師に言わせると、
医「無理に検査なんかして原因突きとめる方が負担になるし、わかるかどうかも何とも言えないし、わかったところで今と同じような対処しか出来無いかも知れない」
ってことのようで、僕らも困っているが、再三再四アレコレ訊きに来られても、アチラも困っておられる模様。

16年間、西洋医学的には、
『ナンだかワカラナイけど、とにかく不調』
ってのと、
『元気なハズ無い数値なのに、やたらと元気』
みたいなのを何度も繰り返して来た爺やのこと。
僕らはまた、奇跡の方を信じてそっと手をあてていることしか出来ないのです。
『出ろ!ガス!』
              201011300836000.jpg
              嬢「コナイレ!オロ~サン!」

12月23日(木・祝)赤羽キャバーン
クリスマス・イブ・イブ・ランチLIVE
ちょっと、日程が無謀です。
食べ飲み放題の準備の関係もございまして、最少開催人数=10名です。
9名だったらどうなるのか!?は、考えないようにしてますので、是非とも宜しくお願いします!
                     201011300903000.jpg
ちなみに六本木(にあった)キャヴァンの方は、一応、
『銀座方面に店舗を確保していて、再開(再起)の方向』
ってのが、経営サイドの言い分なのだとか。

出演なさってた各ミュージシャンは、そのあたりは、信じてたり信じてなかったり、ってとこかなぁ、それぞれに。
スポンサーサイト

赤羽エリック氏に遭遇!

本日、東京家庭裁判所で赤エリ氏に遭遇。

聞けば、僕のとこだともう、郵送で済ませるような手続きのために、
赤「あ、チト、初めて出す書類なんで(窓口に持参しました)」
とのこと。

僕だって、何事も、最初はそうであった気もするのであり、ヨロシイ心掛け。
ん?
いや、ソレを依頼者に転嫁してしまうかどうかは、センセイ次第だけどね、郵送料で済むのか、センセイの出張料(日当)なのかってのはね。
       201010020712001.jpg
そうそう、僕も他人のことばっか言ってられないのであった。

先々週~先週&本日までは、かなりタイトな感じで、今も相当グッタリなのだが…これがしかし、明日からの予定は殆ど白紙状態。
コレだから恐ろしいッス、自営業は…。

そして、良く考えたらもっとコワイ気がするのは…
朝から裁判所方面へと飛び回ってたのはイイけれど、冷静に振り返って本日、こっちから同業者に質問の電話を1本掛けた以外、全く電話は鳴っておりませぬ!!!
電話自体がゼロでありますからして、本日は依頼=ゼロ、相談=ゼロ、交渉=ゼロ、営業=ゼロ、とにかくゼロであります!!!

朝から全く電話が鳴らない日は、結構気になって過ごすのだけど、大抵午後なり夕方なりに“救い”の1本が鳴って安堵するのでありまして…営業の電話すら鳴らずにホントにゼロってのは、記憶に無いくらいの“記録”ですね、ええ、新記録達成ぇぃ!!!

あ、えと、オマケのように書きますが、先月行われた税務調査による追徴税額が本日確定致しまして、速攻で納付致しましたです。
この後は、延滞税だの住民税だのってことに、なるのでしょうなぁ、きっと…

さ、帰ってビール飲んで忘れっか!!!

と、とにかく“!!!”で景気づけしてみたけれど、現実はオトロシイよぉ~~~。
                     201011281239000.jpg
12月23日(木・祝)赤羽キャバーン
無謀なクリスマス・ランチLIVE

お店の希望っつうか指示っつうか…
最少開催人数=メンバー&身内含めて10名でございます。

詳細未定ですが、赤エリ氏が何曲か歌うつもりで気合入ってる様子。
皆さんで、クリスマスに赤エリSONGを聴こうではありませんか!!!

海を見に行く



明日月曜日の朝が早く、今日一日だけ田舎に行って帰って来る(それも家族的合意は得られないので独りで)なんて気力は無いので、今日は散歩→ビール→昼寝で夜になっちゃったような、パッとしない休日に。
(いや、普通ってことか!?休日なんだから!?)

本当は、
『独りで流行りの0泊2食温泉旅行でもして、どっかの海でも見に行こうかな』
と、一週間チラチラと考えてはいたのだが、ソレを調べたり予約したりといった時間が全く無いまま過ぎてしまったので、実現出来ず。

♪夕暮れ
♪言葉を全部過去形にして
♪風
♪ウソ臭い朝に
♪約束
♪美しいひと

1曲目と5曲目が“犬系”だったため、王様のステージでは、
王「サム・プラン(=親指企画)!犬好き!」
とのご指摘が。

肝心のその犬の方(爺や)は、
爺「食いたいモンしか食わない!」
という、超ワガママ偏食モード突入中。
食べさせないで弱って行ってしまうのは困るので、基本的に本犬の意のまま、肉食獣化が進行してしまって、エンゲル係数は急上昇。

あ、いや、昨夜のハナシだね、LIVE及びその後のね。

リハーサルは何故か、赤羽エリック氏がボロボロ。
しかし、LIVE本番ではバッチリ!
我ながらまずまずの出来であったと思います。

終了後は、店主パウロ鈴木さんから、
パ「大晦日(=カウントダウンLIVE)はどう?僕で良ければベース弾くけど?」
と、夢のようなお話が。

悩ましいけど、大晦日はなぁ…

しかししかし、別バンドで毎回の様にご一緒するマシューさんというベーシストの方とも、
僕「(前々から冗談っぽく話してたけど)どうですか?」
マ「音源送って頂ければ(一緒にやってみましょう)」
との交渉成立!

いやぁ!素晴らしい!
って、海だの温泉だのビールだの言ってる場合じゃないのか!?貴重な休日に!?

久し振りの新宿



朝から仕事で新宿方面へ。

土曜日なので、なかなか気合いが入り難いなぁ…ってことで、ちゃんとネクタイ締めて、普通に出勤し、普通に新宿へと向かう。

仕事の後、
『せっかく新宿に来たのだし』
と、大久保方面へと歩く。

僕が今の資格試験を目指してた頃、その受験のための学校が大久保だったこともあり、ちょっと記憶に残っているのだが…

おぉ!あった!マーティン総代理店!

だが、今はマーティンにはあまり興味が無いので素通りし、別の中古楽器屋の3階=アコースティック・ギター・コーナーへ。

『ナニしに寄ったのか!?』
が、自分でも良くわかって無いのであるが、昔よりは少しは知識も経験もあるっちゃあるワケで…
“色々わかってる顔”で店内をじっくり見て回った。

中古ギターには、単なる中古と、いわゆるヴィンテージ的なモノがあるワケだが、全体的な印象はやっぱ、
『都会は高いなぁ』
であった。

そうそう、
『バカみたいに安いギブソンか、笑えるような偽ブソン(=模倣和製品)あったらなぁ(=弾く、又は買う!?)』
という、ちょっとした期待はあったのだが、そういう気配はあんまし無いので、ふた回りほど眺めて、中古楽器屋からは退散。

『ついでに』
と、マーティン総代理店も覗いてみた。
マーティンのコーナーは奥にあるようで、手前にHEADWAYがあったので、しみじみ見て回る。
おぉ!我がHEADWAY君と同じヤツが!
『やぁ、キミも都会でちゃんと買おうと思うと、ちゃんとした値段なのだねぇ』

で、しかし、この段階でもやはり、
『オレはナンの用で楽器屋に寄ってんだっけ!?』
ってのは明確では無く…

しょうがないので、マーティンの3パック弦を買って帰ることにした。

教訓:(高いので)都会の楽器屋にはもう、用事は無いかも!?

さて、これから王様前座のリハーサルです。
可哀想に、オレのモノになったが為に、あっという間にキズだらけになっちゃった、元:高級HEADWAY君との鶴見旅であります!

中津川べりフォークジャンボリー

10月の、盛岡“ひとり旅”の記録です。

http://www.dagomba.com/index.html
http://www.dagomba.com/past/11th/11th_p_17a.html
       201011260813002.jpg
まぁ、“中津川べりフォークジャンボリー”で検索して見て下さい。
過去10年間の記録は以前見ていたので、
『僕もいずれはUPされるんだろうなぁ』
と、思ってはおりましたが…。

日頃LIVEで着用している様な“サングラス風着色メガネ”って、写真だと時々、全くの素顔丸出しになるモノなのね…初めて知りました。
自分の中では、7~8年前までの、もっと丸っこかった(+20kgの)自分のイメージってのがこびりついているようで…こうして見ると、案外と太っては見え無いのね、今の自分って(と、未だに見慣れて無いワケです、自画像)。
ま、音楽好きのオッサンってことです、そのまんまの写真でしたとさ。

ちなみに私の次の“ガロート川村”さんって方は、フォークジャンボリーらしからぬ、殆ど歌わないギターの名手でして、楽屋でおさらいしておられる音が、丸っきりCD聴いてる気分でした、“癒し”とかね、そういう系のヤツ。
                     201011260813001.jpg
さてさて、明日は鶴見です。
11月27日(土)鶴見ラバーソウル『王様前座』
18:00open/親指企画は19:00~

昨日の深夜に赤羽エリック氏とリハーサルしたのですが、ちょっと…夜遅過ぎまして…
このところの仕事上の細かいバタバタの積み重ねがこたえたのか、私はボロボロでした…。
それこそ、盛岡でもやったような、言わば今のマイ・ベスト的曲をやってみたつもりだったのにぃ…
ついでに言えば、今週は我が有能な事務員さんに連日出勤して貰ってるから、実際の細かいバタバタ=僕よりその事務員さんの方、なハズなのだがなぁ。

ソレはつまり、“閉店”なのか!?

六本木キャヴァン・クラブについては、お店及び殆どのミュージシャンが“休業”的表現に止めているようだけど、メインのJohnパフォーマーが“閉店”を公言しておられるようなので、やはりそういうことなのでしょう(っつうか、みんな知ってっかな、ソレは)。
本来であれば栄ちゃんは、今夜がキャヴァンのGeorge追悼イヴェントだったんだよなぁ…。
あまりに急な出来事だったので、一説には今夜は一部スタッフが、閉店を知らずにイヴェント目当てにやって来るであろうお客さんに詫びる為に、店の前で頭を下げるのだとか。
大変だわなぁ、そんなことする分のお手当だって、出るんだか出ないんだか…。
       201011060842000.jpg
さて、昨夜職場の前の交差点を渡ったところで、鳩ケ谷の焼トン“こころ”のママさんに遭遇…って、営業日じゃない!???
マ「センセェ~電話しなきゃって思ってたんだけど…」
お店は一旦閉店し、自宅の庭先での販売のみに戻ったとのこと。
赤羽の店を閉めて、しばらくは今のその“自宅の庭先”ってとこで小売だけやっていて、更にしばらくして鳩ケ谷で開店したことを知っても、まぁね、鳩ケ谷まではなかなか通えないしね、数回しか行けなかったなぁ…。

情け無いことに、瞬時に、
俺『アレ!?オレ、ボトル入れてたっけ?飲み干してたっけ?』
ってなセコイ考えがアタマに浮かんだりもしたが、さすがにそんなことは言わないのであり、
俺「赤羽!赤羽で再開してよ!ね!」
と、前向きに応じる。

マ「節分までは年回りが良く無いので」
とのことで、しばらくはソレも無さそうな様子であったが、
『やっぱお店は場所も大事だ』
ってことも、
『“こころ”の良さは美味い肉を“自分で焼いて食える”とこ』
ってことも身に沁みたことでしょうし、是非、その路線で再起を!
                     201011020832001.jpg
さぁ、今週末(27日土曜日)は鶴見ラバーソウルの『王様前座』!
今夜は超久し振りに赤羽エリック氏とのスタジオ練習です。

そして、(音楽的な意味で)バラバラに過ごしたこの秋の、その成果を詰め込んだイヴェントは、12月23日(木・祝)赤羽キャバーンにて!

俺「あのさぁ、来月ってどうなの?歌うの?」
赤「あ、ハイ、歌おうかな、と」
俺「ナニ?方向性変わったの?」
赤「ハイ、やっぱ、歌も、やってこうかな、と」
だそうです。
ナニ強気なんだか。

僕は…
実は、一昨日のランチLIVEの、特に1部について、厳しいお叱りを受けまして…
ワ「何アレ!?ナンで最後に1曲、コピーなの!?ナンで正やん!?」
俺「え!???イイ曲だし…(話題変えねば)…あ、加川さんのさ、“♪コスモス”は?前にやった時よりは良くなってると、自分では思ってるんだけど?」
ワ「え゛~~~、加川さんの中で、一番好きな曲なのに、アンタなんかに唄って欲しくは…」
俺「んなぁ…そんなに厳しい世界だったとは…」

う~む…
クリスマス・イヴ・イヴ・ランチLIVE、どの引き出しから選曲したら良いのやら。

昔々の“過去恥部的オリジナル”、って引き出しも、あるのかなぁ…

それよりも…
昨夜、カナダ在住のブルース・ハープ奏者のLIVEに行ったのだけど、ベースの男性が時折チョッパーなぞを繰り出すものだから、僕はまたも、“アグネスともう一度”病が再発。
あ、その、昔一緒だったアグネス松本っていうベーシストはですね、僕が書くような曲に、チョッパーで攻めて来るというですね…あぁ…アグネスかぁ…

コレまで以上に、
『何としても捜し出したい』
と、そんな思いが強くなってしまい、そうは言っても、
『ハテ、どうしたものか!???』
と、途方に暮れています。

あ、バタバタと、コメント返し遅れましたが…

>コアなファンさま

金ちゃん、なかなかに…クソ真面目っつうのかな…
“本当にやりたいこと”みたいなのは、みんな悩んだり迷ったりするワケで、その“悩み”や“迷い”を認めちゃえば楽な時もあるんだろうに…と、何言ってんだかわからない金ちゃん風にまとめてみました。

栄ちゃん!ソレ、サンダルだよ!

昨日の朝、栄ちゃんからメールが入った。

『キャバーンが…』

地名が無いけど、大阪でも赤羽でも無く、六本木のキャヴァン・クラブを指していることがわかる内容。
公式には“電気系統の大規模なトラブル(による一時の休業)”ってことになっているけれど、栄ちゃんから実情を聞いている立場としては…“閉店”なのか“休業”なのかは僕からは何とも言えないが、とにかく、22日の月曜日に栄ちゃん達が出演中に、急遽ニュースが駆け巡り、6ステージ終演後(=23日未明)には一斉に片付けが始まってしまったとのこと。

11月のGeorgeイヴェントも12月のJohnイヴェントも何もかも全部無くなってしまったワケだから、ミュージシャン達も大変だろうなぁ…ってのが、その日にLIVEのある僕らには、恰好のネタになってしまい、MCはどうしてもソッチ方面に。

あ、リストよりも、お礼ですね、本当に大勢のお運び、心より感謝申し上げます。
僕らは終わるまで飲まず食わずで、取り置きしておいて貰って終演後の食事になったんだけど、それでも美味しかったから、作りたてでランチタイムにお召し上がりの皆様は、結構美味しく食べて頂けたのでは?と、後から知りましたね、夕方になってからね。
       201011060841001.jpg
1st
K介ソロ(親指企画“ひとり旅”)

♪Bob Lennon(ケンヂ、浦沢直樹)
♪コスモス(加川良)
♪君と俺の間には
♪AKB(赤羽)キャサリン
♪それが君の世界なら
♪ウソ臭い朝に
♪3号線を左に折れ(風、伊勢正三)
♪テーマソング
♪不思議な言葉
♪くたびれ損の骨折れ儲け
♪二人のChannel
~強制オマケ~
♪そんな暮らしの中で(風、伊勢正三)

2nd
佐野栄治氏とのGeorge特集

♪YOU
♪GIVE ME LOVE(GIVE ME PEACE ON EARTH)
♪LOVE COMES TO EVERYONE
♪SOMETHING
♪WHIL MY GUITAR GENTLY WEEPS
♪ROCK AND ROLL MUSIC
♪CAN’T BUY ME LOVE
♪SLOW DOWN
♪DARK SWEET LADY
♪HERE COMES THE MOON
♪FOR YOU BLUE
♪ALL THINGS MUST PASS
♪MY SWEET LOAD
~オマケ~
♪みんないい娘
♪ROLL OVER BEETHOVEN
♪ISN'T IT A PITY

2部の途中の、George以外のThe Beatlesの3曲は、当日楽屋で栄ちゃんが急に、
栄「コレなんか、どうですか?」
と言い出し、僕は全くやったこと無い曲も、その場でキーだけ教えて貰って合わせたという強引な選曲。
当日未明までは六本木でJohnの曲も歌っていたヒトなので、ナンとなく歌いたかったのかな?良くわかりませんが、そうなったのです。

『あんだけ練習して、こんな出来かよ!』
と、我ながらガックリ来たのは…“♪MY SWEET LOAD”だよなぁ、やっぱ…。
転調する箇所を間違ってしまうとは…トホホ…。

あと、1部の中だと“♪それが君の世界なら”もね、“感極まって”じゃなくて、純粋にミスっつうか、いつも間違える箇所で、見事にコードが頭ん中からスッポリ抜けてしまって一瞬演奏停止。
感情移入してる気配で(んで詰まった、的に)逃げ切るワタシでした…。
                     201011100802001.jpg
移動距離を考慮して、打上げはCAFEの斜め前の居酒屋“はっちゃん”にて。
前夜の騒動もあってか、お疲れ気味の栄治氏は、途中で舟漕ぎ状態に。

“打上げ”とは言っても、昼間のLIVEの後なので、かなり早い夕方からの飲み会ってことになるワケで、いつまで経っても、
栄「アレ!?まだ7時ですか!?」
みたいにして、結構飲んだからねぇ…

お会計を済ませ、“はっちゃん”から出る時には…ナント!
栄治クン!トイレに行く時に履く用の、お店のサンダル履きじゃないっすか!!!
ビートル・ブーツ、“はっちゃん”に置いて帰ってどうすんのよ!???

実際ナンなのか



昨夜、仕事から帰ると、普段以上にギンギンのwansuke爺がいた。

僕の晩メシに張り込み秋刀魚を狙う姿が、ナンだか嬉しかった。

深夜の練習スタジオに向かう時間まで、ワガママ甘ちゃん吠えが続き、迷惑ながらもやはり、コレも回復の兆しの様で(『ホントは違うだろうな』とわかっていても)、やっぱり嬉しかった。

が、夜中にスタジオから戻ると、まるで別世界。
玄関開ける前から、ワハ母氏の叫び声が聞こえる。

LIVEの朝でもあるし、詳細は書かずにおくが、実際のところ、根本的には全く治ってない爺やがいた。
ニンゲンも犬も、身体(体調)って何故か、夜中に悪化するのだなぁ…。

何かのきっかけで、身の回りの“流れ”のようなモノがガラッと変わることがある…とするならば、とっても勝手だけど(&爺やに関係無さ過ぎだけど)、今日のこのLIVEを境に、思いっ切り回復してくれたりしないだろうか…。

何も出来ず、且つ、日頃何もしない名ばかり“チチ”は、馬鹿だとわかっていても、そう願うのです。

飛び石連休

まだ強烈に憶えているのだが、先週の火曜日は、
『やったぁ~!土曜日の朝だ!休みだ!…ん!?違う!?ん!?ナン曜日!?』
と、こんな感じで目覚めたのだった。

アレはショックだったなぁ、まだ、火曜日だったし。
                     201011201427000.jpg
                     嬢「ナンラカアヅイワネェ」

明日はしかし、ホントに休みだ、飛び石連休。
いや、その、“飛び石連休”とかって、死語っぽいけれど、今朝の高速は休日1,000円計算で乗れたから、やはり連休なのだよ、今日もその谷間って扱いなだけで。
              201011201429000.jpg
              嬢「ストーブガアヅイノカシラァ~~~」

しかしナンだ、一日だけ仕事ってのは、なかなかに慌ただしい。
朝から、電話出て喋って書類作って電話出て…ってだけで、何も出来て無い気がする。

あ、ココで言う“何も”はね、“明日の準備”の意味ですね、仕事しながら日中にそういうことやろうってのが、そもそも間違いなのだが…。
       201011201429001.jpg
       嬢「ワラシノオウチノホウガイクラカスズシイカモ…」

明日は朝から現地入り。
開場前にイチから(ん!?ゼロからってのかな!?)セッティングなので、機材の無い会場でのランチLIVEって、実は結構忙しいのです、始まるまでが。
201011201427001.jpg
爺「zzzzzz……(hannaのハウスってのもなかなかの寝心地だぜ)」

コレ、そもそもは爺やの寝床を先にhanna嬢が奪ってしまい、やむなく爺やがhannaの寝床にもぐり込んでたのだけれど…。
       201011201427002.jpg
       嬢「ワンスケチャンナンテアッチイッテ」
       爺「わわわッ!なに!?なにごと!?」
       嬢「ココハワラシノハウス!」
       爺「っつうか、お前がオレ様の寝床にいたからだってば!!!」

この後は…結局、爺やが居座り、hanna嬢は退散。

爺や…あと一歩なんだよなぁ、復調まで…。

明日は栄ちゃんの後ろのスケジュールが空いてることまで確認してるんだけど…打上げは我が家じゃ無理かもなぁ、どうかなぁ…。

あ、その、打上げの前にね、本編ですね、ええ、今夜が“ヤマ”ですね、準備のね。
で、明日も開場後、開演までの楽屋が“ヤマ”かも!???
いやマジで、開場から開演まで、全くお会い出来ないかも知れませんが、ソレは2階の楽屋でテンパってるってことで、宜しくお願い致しますッス!!!

お寺の空気



金曜日は都会の、今日は田舎のお寺に寄る用事があった。

お寺って、自分の日頃の暮らし振りとは無関係に、気分がこう、あらわれるというかスッキリするというか、独特の空気感があるなぁ、都会でも田舎でも。

本当は、
『wansuke爺が早く元気になりますように』
とね、こういきたかったのだけれど、どちらもちょっと、お寺さんにお願いする用事が全く別だったので…

ナンだか僕は毎日、顔を近付けたり抱きしめたりしながら、
俺「ワンスケ、愛してるよ」
と、ソレばっか話し掛けてます。

他人に見られたら気持ち悪い光景だろうけど、伝えたいことは繰り返し伝えたって良いのだと、まぁ、そういうことです。

来年の手帳



我が職能集団にも“協同組合”というのがあって(赤羽エリック氏もその組合のナンかの役職らしいッス!)、毎年この時期になると、そこから翌年の手帳が送られて来る。
(あ、ついでに言えば、何故かディズニーランド&シーの割引券も毎回…)

去年はまぁ大体、
『来年(=今年)はこのくらい仕事が減って、その分収入も減るから経費も控え目にこうなって…』
みたいな予測が出来て、んで、さしたる営業努力もしてないので、現在もそこそこ予想通りの事業展開中だったりもするのだが、来年ってのはもう、全くワカランのです。

業界手帳の、コレはず~っと変わらないのだけれど、表紙をめくると、来年のカレンダーをメインに3年分=今年・来年・再来年のカレンダーが。

来年のことは全く予想がつかないので、あまり考え無いようにしてスルー。
すると再来年に目が…
連休、少なっ!

いやだなぁ…再来年…
って、先ずは来年でしょ、オレ!
で、連休の多い少ないでも無いでしょ、オレ!

大丈夫なのか?法務大臣…

大丈夫では無いわなぁ…。

去年、あんだけ民主党に期待しておいて、ちょっと冴えないからと言って手のひらを返すような(マスコミに乗せられてるだけみたいな)批判の仕方や、堪え性の無い移り気な民意(と称されるモノ)ってのが、どうにも小っ恥ずかしくって、
俺『あんなに“民主党大好き国民”だったのだから、もう少し黙ってやらせて見たらどうよ!?』
と、僕は一応、
『自分は冷静だかんね』
みたいな態度でいたつもりであった。

海の向こうの“オバマさん”のことも、同じ気分(=国民、移り気過ぎじゃね!?みたいな)で眺めてるし。

なんかやっぱり…“熱狂振り”と、その後の“冷めっ振り”って、どっか恥ずかしい気がすんのよね、どうにも。
       201011060841000.jpg
しかし、コトは我が職能の上にお立ちになるお大臣様のお言葉である。

柳「法務大臣ってのはイイですね。二つ覚えておけばイイんですから」
と、大臣が笑いながら仰ってた(が、会場は凍ってた)有名なフレーズは、
『個別の事案についてはお答えを差し控えます』
『法と証拠に基づいて適切にやっております』
の二つ。

しかし、実はコレ、推定するに、法務大臣就任に際し、誰かからレクチャーを受けた文句であろうと、僕はそうニラんでいる。

つまり、例えば、
柳「『この二つさえ使いこなせばナンとかなります。自民党時代の歴代大臣にも同様にお伝えして来ました』と、法務省の役人からはこうレクチャーを受けました。どうです皆さん?自民党さんの頃は、こんな答弁がまかり通ったんですよ!?」
みたいなひねり方さえしておいたら、話は全く別方向に向かっていたのではないか?と、そんな風にも思うワケです。
しかし、残念ながらそうはならず、まるでご自分の武勇伝でも語るかの如き口調及び表情で、得意げにブチ上げてしまったのだから、困ったモンである。

コレ、そもそもはやはり人選ミス。
そして、上の“問題発言”なんかより、僕が最も気になったのが、
「この20年近い間、法務関係は1回も触れたことは無いんです」
と、これまた得意げに語ったひと言の方。

『だからどうしたよ!?』
ってハナシだ。

『だから、(就任自体を)お断りした』
『だから、(大臣になった後からとは言え)頑張って勉強している』
とかでは無くて、
『だから、(便利な響きの)この二つで乗り切る』
だとしたら、あまりにも情けないでは無いか…
                     201011190719000.jpg
親指企画LIVE“ひとり旅”続編
11月23日(火・祝)赤羽『TOMI O CAFE』
12:00open&ランチTIME
1st 13:00~/2nd 14:30~
1stは“ひとり旅”、2ndはゲストの佐野栄治さんとのGeorgeメモリアル特集!!!

“ひとり旅”ステージも含め、情けないモノにならないように、今週末も勝負です。

飲むねぇ、栄ちゃん!

昨夜はついに、次回ゲストの佐野栄治氏とスタジオ・リハーサル。
俺はこの日の為に(じゃ無ぇってば!本番のためじゃん!)、相当頑張ったのだ…。

土曜日:酒を抜いて真面目に歌詞カード&コード譜作成
日曜日:同じく酒を抜いて夜更かしして歌詞カード&コード譜作成
月曜日:独りで練習スタジオへ
火曜日:同じく独りで練習スタジオへ
水曜日:朝と夕方の僅かな時間にコーラスのチェック(超下手っぴだぁ…)

う~む…仕事しろよ!って、してますよ、ええ、日中~夕方はね、ちゃんとやってます。
       201011050916000.jpg
俺の中では、
『果たして栄ちゃんは、予習復習した上で現れるのか?はたまたぶっつけ的にやって来て、適当におさらいしてナンとかしてしまうのか?』
という疑問があった。
そう、栄治氏、かなり器用なのであり、二年半ほど前に初めてご一緒させて頂いた際も、あらかじめ渡してあった昔の親指企画の音源CD&歌詞カードなどはあまり予習せずに赤羽WOODYに現れ、
栄「あんまりやって来てないんですよねぇ…」
なんて言いながら、当日のリハのみで合わせてしまえたりしてたのだ。

栄「(候補曲リストを送信した僕からの携帯メールを眺めながら)え~と…どれからやりましょうか…」
久しくやってない(=他のBandでもここ数年のGeorge特集LIVEで取り上げなかった、の意)という曲から、お互い(!?)“オッカナビックリ”状態でスタート。

栄治氏、予習復習は全くしていない模様。

が、冒頭記述の通り、自分なりに“頑張った”つもりだった私は、この“超久々&ぶっつけ”状態の栄ちゃんと、どうにかこうにか五分のお付き合いって感じ。
俺『予習しといて良かったぁ…』
と、マジで思いましたね、あんだけやって、“やっと”だもの。

“思い出しながら”の栄ちゃんと、“覚えたばかり”の私であるからして、
俺「明日が本番じゃ無くて良かったねぇ」
栄「ハハハ、それはマズイですね、ハハハ」
ってなもんである。
大丈夫なのか!?俺達…!???

俺「あ、コーラスはね、今はアレだけど、この土日にね、しっかりかーちゃんの指導を受けますからね、許してね」
と、終始こんな具合で、かなりラフなリハーサルではあったが、一応決めるべきところは決めておかねばならない。
俺「えと、この曲のアタマのフレーズは?どっちが弾く(っつうか、ナニ訊いちゃってんだよ、オレ…当然栄ちゃんだよね)?」
栄「あ、じゃ、お願いします」
俺「ん!?オレ!???あ、あと、こっちのさ、この辺のフレーズは(コレは当然栄ちゃんでしょ)?」
栄「あ、じゃ、お願いします」
って、ナンだかいつの間にか何曲か、“キメ”のフレーズを振られてしまったではないか!!!マズイよぉ…。

親指企画LIVE“ひとり旅”続編
11月23日(火・祝)赤羽『TOMI O CAFE』
12:00open&ランチTIME
1st 13:00~/2nd 14:30~
1stは“ひとり旅”、2ndはゲストの佐野栄治さんとのGeorgeメモリアル特集!!!

リハ後、水曜定休日のCAFEを、ガラス越しに視察。
お店はやってなくても、通りに面したガラス張りの店なので、結構有意義(でもチト怪しい二人)。
外から覗いただけではあったが、ステージの位置や、アンプの要否などを確認出来た。

その後、駅へ送りがてら、最近開店したばかりの立ち飲み屋の前で、栄ちゃんにカマをかけてみる。
俺「帰りますか?」
栄「飲みますか?」
おお!良いではないか!
二年半前の初WOODYの頃は、ビール一杯でも結構酔った顔していたので、栄ちゃんってあんまり飲めない印象なのだが、立ち飲み屋を前にしての即答となると、このごろはいくらか飲むのかな?栄ちゃんも?

立ち飲み屋“まっく”の暖簾をくぐるなり、居酒屋“はっちゃん”のママさんに遭遇。
今週の“はっちゃん”が火・水と連休(普段は水のみ)なのは知っていたが、こんなところで飲んでるとは。
聞けば、お連れの方々は“はっちゃん”のお客さん達だそうで、ママさんも結構気持ち良くお飲みになったらしく、かなりご機嫌であった。

綾瀬はるか嬢をコロコロクリクリにしたかのような可愛らしいお姐さんが、オーダーから何からひとりで客席を仕切っている様子。
綾「当店は初めてですか?」
俺「ええ、ナンか、チケットとかナンとか書いてあったけど!?」

はるかちゃん(仮名)からその“チケット”を購入。
1枚1000円で、300円券3枚と100円券2枚=1100円分が回数券みたいになっていて、更にドリンク1杯目は無料なのだとか。
見渡すと、アルコール類はどれでも300円みたいなので、結果的に1000円で1400円分ってことになるらしい。

100円券は?と言うと、豆腐、枝豆、塩辛などのお通し的なメニューと、カワキモノ類がみんな100円。
つまり、僕なんかは、
『チケットを買う=1000円で生ビール×4杯+枝豆+塩辛』
みたいなことが出来ちゃうので、まぁ、単純な話、メッチャ安い!
生ビールもインチキ発泡酒ではなかったので、コレはかなりお得。

あ、俺の話じゃないね、栄ちゃんと入ったんだもんね、立ち飲み屋。
コレがだね、意外にも1枚1000円の回数券を、僕と全く同じペースで飲み切ったのよね、栄ちゃんったら。
途中、“はっちゃん”御一行がお帰りになる際に、手をつけなかった100円系のおつまみを何皿かコッチに残して行ってくれたので、そういうのをつまんでる内に、ついついお酒もすすんじゃったのかな!?

で、
俺「もう少し飲むなら、オレ、出すよ、もう1000円」
栄「そうですね、えと、レモンサワー」
なんつって、今、冷静になって思い出してみると、最初の1000円ずつのチケットで3杯+サービスで1杯=各自4杯、その後に買い足したもう1枚で飲める計4杯を互いに2杯ずつ分け合って飲んだから、栄治さんも飲んだんだなぁ、計6杯!
まぁ、僕は生ビール6杯勝負だったのに比べると、1杯目だけ生ビールで後はハイボール1杯+レモンサワー4杯の栄ちゃんの方が、若干アルコール薄めの可能性はあるけれど、それにしたって凄い変化。

俺「やっぱアレ?芝居やったり、あとアレか?N沼さんと一緒にやる日なんかは、鍛えられるのかな?」
栄「そうですね…飲みますね、ええ」
                     201011181442000.jpg
飲めるようになるとしかし、たとえそれが栄ちゃんであっても、コレはもう間違い無く途中からは“酔っ払いとしての会話”が出来るようになって来るワケで、まぁ、こっちも色々お話も出来たし、栄ちゃんからもアレコレ聞かせて頂きましたね、六本木界隈のThe Beatles系ミュージシャンのことやら、お互いの人生の現在・過去・未来等々ですね。
金ちゃんなんかは途中で明らかに“壊れて”しまったりするけど、栄治さんはそんな感じともまた違って、(お互いに憶えているかどうかは怪しいにせよ)結構ちゃんと話してましたね、最後まで。

俺「まぁ、Georgeはさ、今回(11月=追悼月)ダメなのもさ、『この曲は2月(=誕生月)にやります』ってのもね、アリだからさ」
栄「あ!2月!イイですね!2月!やりましょう!」
って、やっぱ酔ってはいたんだろうな、栄ちゃんも。
憶えてんのかね?2月!って!?

調べても調べても



爺やの不調要因の“本当のところ”がわからない(らしい…僕が獣医さんに行ったワケじゃないからね…)。

血液検査や検便に続いて、今日はレントゲンまで撮って貰ったが、“コレ”といった“悪いところ”が特定出来無いのだとか。

こうなるともう、お気軽に考えれば漠然と、
『ちょっとした疲労が重なった、その蓄積(=休ませればその内回復)』
みたいなことになるし、重たく考えれば、
『老化から来る、避けようの無い“衰え”の一種(=ステロイドでもイイから、痛みや苦しみの無い余生を送らせてあげたい)』
ってなことも、考えずにいられない。

先週末の“目力(めぢから)”復活も、今思えば単純に“ステロイド効果”、つまりは“シャブによる覚醒”ってだけだったのだろうし…。

これまでも、何度も“奇跡の復活劇”を僕らに体験させてくれた爺や。

『僕はいつまでコイツに甘えていられるのだろうか…』
ある種我が家の“神的存在”である彼を前に、今朝はナンだか、神妙な気分に。

夕方再会してみると…
“軽めのステロイド”なるものを摂取したとかで、見た目は“回復した(かのような)爺や”となっており、食い物求めて“目力”勝負。

そんなんでもしかし、こっちの気分も少し明るくなるのもまた事実であって…
犬に甘え、クスリに甘え、飼い主もまた、生きているのですなぁ…。

日本人はこんなだったのか…!?

昼に帰ったら、マンション室内にはユーミンが流れていた。
僕がこないだ福祉祭りのバザーで買った、1枚100円の中古CDだ。

音がね…当時っぽくて懐かしいやら恥ずかしいやら…。
中身は…とにかく何だかオメデタイ。
80年代、日本人はこんなに能天気で、若者はバカばっかりだったのだろうか…!???
って、まぁ、ズバリ自分らなワケだ、当時のユーミンのリスナー層ってのはね。
確かにスキーやってたよ、みんなね、スキー場行ってましたよ、夜行バスとかでね、ええ。
ナンか…イイ時代だったのだなぁ、こういうのが流行ったなんてさぁ。

そうそう、仕事で栃木県方面のことでチョッと検索していたら、自分らの行動圏内に来月、稲垣潤一さんが来るのを発見。
“アコースティック”と銘打たれた上、“ドラムの叩き語り”みたいな宣伝文句が。
いや、そもそも彼は“叩き語り”ではあるのだけれど、ソレを“アコースティック”にっつうと、どんな感じだろうか!?
親指“金”画だと、金ちゃんはドラムじゃなくてカホンなので、ちょっと違うのだろうなぁ、う~ん…
一緒にやる人たちがアコギ&アコースティック・ベースとか、そういうことを言ってるんだろうな、多分。

当時のヒット数曲を知ってるのみで、特段“ファン”ってことでは無いけれど、田舎でこういうのがあるのを知っちゃうと、
『まぁ、行ってみっか』
と、そんな気もして来ます。
       201011060917000.jpg
11月23日(火・祝)赤羽『TOMI O CAFE』
12:00open&ランチTIME
1st 13:00~/2nd 14:30~
2ndはゲストの佐野栄治さんとのGeorgeメモリアル特集!!!
                     201011020847001.jpg
本日も職場の近くでペイティさんに遭遇。
ナンだかとても苦しげな表情で、とってもゆっくり(というかノッソリノッソリと)歩いておられました。
“赤羽マンガ”では、歌姫ってこともあってワリと少女的に描かれたりもしますが、実際のところは腰も辛そうな、初老の路上生活婦人的印象で、これからの季節を思うと、チョッと心配になってしまいます…。
(ペイティさんについては、そのまんまのキーワードで検索して頂ければ、マンガ作者のブログに辿り着けます)。

眠ぃス



あんまり書くと、妙に期待されてしまいそうで、ソレはソレでコワイのだけれど、昨夜はちょいと無理して、若干睡眠時間を削ってジョージの音拾いを頑張ったので、午後はチト眠かったっす。

そこへ持って来て、夕方からは研修会。
それも、“無料相談員の心得”だもの…。

かなり寝たぁ~。

11月23日(火・祝)ランチLIVE
ランチ&2ドリンク付\3000
北区赤羽2-22-9
『TOMI O CAFE』
03-3902-1187

ゲスト:佐野栄治

取り敢えず、リハーサルの日程が決りました。
今夜も早寝は出来ませんなぁ…。

あ、ご心配お掛けしております(かな!?)wansuke爺の体調ですが、コレがナンとも…

食に対する執念、“眼力”?いや、“目力(めぢから)”みたいなのはかなり戻って来た感じなのですが、食事・排泄・睡眠のバランスというかタイミングというか時間帯というか、コレがメチャクチャ。

ソレと…しばらく体調不良で食も運動量も少なかったせいか、脚が痩せてしまったようでもあり、フラつき感があります。
まぁ、脚の方は加齢も要因ではあるだろうけど。

もう少しかな、“あの”爺や復活までは。

ジョージ漬け



前々から、
『この土日はジョージ・ハリスン(ランチLIVE候補曲の研究)漬け』
と決めていたので、昨日・今日とアルコールを抜いて、僕なりに真面目に取り組んでいる。

アホみたいだが、ビールの1杯でも飲んでしまうと、僕の場合はそれでアウト。
特にジョージの様な難曲の解析は、根気・気力・気迫・執念その他、とにかく素面じゃないと、
『1曲も最後まで分析出来ずじまい』
ということになるのが見えているのだ。

これまで、
『自分にとっては“聴くだけ”の作品』
と思っていた曲の、うわべだけでもなぞれる様になって行くのは、俺的には苦しくも大変楽しい作業ではあるが…果たして栄ちゃんはこんなレベルで許してくれるのか否か…!?

11月23日(火・祝)ランチLIVE
ランチ&2ドリンク付\3000
北区赤羽2-22-9
『TOMI O CAFE』
03-3902-1187

ゲストの佐野栄治さんとのジョージ・ハリスン追悼特集を予定。
と言っても、私はシャカシャカなぞってついてくのがやっとですが…

休日出動




職場ではなくて、都内某区の福祉イベントの相談コーナー担当として出向くのであるからして、“出勤”ではなしに“出動”が正しいのだ。

お手当ては、昼メシ代+3000円。

ん?
どっかで似たような数字をみたような…!?

ランチ&2ドリンク付\3000

ちょっと違うか…

11月23日(火・祝)ランチLIVE
北区赤羽2-22-9
『TOMI O CAFE』
03-3902-1187

ゲストの佐野栄治さんとのジョージ・ハリスン追悼特集を予定。

今日の福祉イベントは、主催が福祉系というだけで、基本は“お祭り”。
相談員のセンセイ方も交代で休憩を取って、出店やバザーを見て回ることに決め、僕も40~50分くらい休んでお祭り会場をブラブラと。

中古CDは100円であったが、洋楽の面白そうなヤツは、先に休ませてあげた赤羽エリック先生が買い占めてしまったので、僕はユーミンを2枚。

そして…
Tシャツには弱いんだよなぁ…

XLは白しか無いとのことで、やむを得ずピンクのLサイズを購入。
800円であった。

デザインは、その某区内の福祉系のマスコット“ひらりちゃん”。
お祭り会場にもコレの着ぐるみかぶったスタッフがいて、ワシらが深刻な相談に応じてる後ろで、子供らに手ぇ振ってましたね、結構人気者みたいでした。

路上の人々


昨夜・今朝と、連続してペイティさんに遭遇。
俗に言う“赤羽マンガ”に登場する(というか実在の)、謎の歌姫である。

マンガでは“ホームレス”として描かれていた気がするが、真偽は不明。

これまでも、何度かお見かけしてはいたのだが、昨夜はナニやら歌いながら歩いておられるところをスレ違ったので、高音の歌声を初めて聴くことが出来た。

今朝はペイティさんの外にも、マンションを出て直ぐ一本隣の路地で、座り込んで眠ってしまっているヒトにも遭遇。
あ、朝、目覚めた時間帯に外で(推定=酔っ払い的な)大声出してたのがあのヒトだったのかな!?と、今になって気付いたぞ。

今朝はナンだかこの系統の遭遇率が高く、トドメは我が職場前。
確かに我が職場は、シャッター付きの1階店舗部分であり、ビルの外壁からシャッターまでは、ちょうどヒト一人分ぐらいの幅で引っ込んでるので、たまに雨宿りしてる方や、ケータイ掛けてる方なんかはいたりもするのだが…
今朝は思いっ切り横になって、おやすみなさってましたね、身なりはそこそこだし、異臭も漂って無かったから、単なる酔っ払いなんだろうけど。

私「あ、あのぉ…」
男「…んっ!?………あっ!?…」
私「あのぉ、起きて下さいよ、ね!?」
男「…お、起きます…」
私「ね!?」
男「…えと!?な、何時すか?今?」
私「9時」

まぁな、泥酔してそこらで寝ちゃった経験、僕も無いワケじゃないからなぁ…

11月23日(火・祝)ランチLIVE
北区赤羽2-22-9
『TOMI O CAFE』
03-3902-1187
ランチ&2ドリンク付\3000
後半は佐野栄治さんと、ジョージ・ハリスン追悼特集を予定

12時オープンと同時にお食事TIMEです。
(赤羽キャバーンの食べ放題のイメージとは異なりますのでご注意下さい)。

ランチ以外の軽いおつまみ・オヤツ・お土産等は持ち込み自由とのこと。

終演後も普通にオーダー(有料)して頂ければ、閉店まで飲むのもOKだそうですが、ま、ソレは無いか、夜中までなんて。

昨夜は栄ちゃんが音楽担当してるお芝居を観に行き、直接話してようやく候補曲決定。
今朝から、あらためて聴き取りを始めたけど…大変だわ、ジョージ特集は…。

栄「事前に1回ぐらいやりますよね?」
プロだねぇ、栄治さんは。
コワイよぉ、栄ちゃんと2人きりのリハーサル…

六本木酩酊旅

何となく、わかって来てはいるのだ。

多分、
『成年後見絡みで動いた日は、グロッキー傾向にある』
と、どうもそういう気がしているのだ。
       201011060840001.jpg
仕事とは言え、
『他人様の財産を適正に管理する』
その行為自体大変なことなのだけど、それ以前の、
『単に管理(例:年金受給確認&関係各方面への支払い)のみで済む状態』
ってなるまでの、各種準備段階で動いてる期間ってのが、相当クタビレる。

何しろ、高齢者や障害者を支援する様々な制度って、多少聞いたことあるようでいて、実は知らないことだらけ。
しかし、職業としてやってる以上、
『知りませんでした』
ってな理由でご本人のために(得に)なる制度を利用せずに見落としたり、現実に損害を与えたりってのは許されない。

加えて、本来業務では無いはずの“事実行為”ってのも、全部回避することは難しかったりするのであり、現場現場では事前にテキストで学んだこと以外の出来事にも次々直面する。
              201011020832000.jpg
え~と、例えばですね、
『介護や支援が必要だと判断したら、自分で手を貸すのでは無く、ケアマネと相談して~~~』
と、僕らは介護や福祉の資格者では無いから、当然ながらお勉強上はそうなっているのだけれど、例えばご本人と二人きりの場面で、
『ちょっと手を貸して支えてあげなきゃ危ないなぁ』
って時に、ケアマネに相談も、ヘルパーを呼ぶも何も、無いワケでね、そこは“後見人(財産管理人)”である前に“ニンゲン”だからねぇ…。

そして、最もモンダイなのは…
“仕事”とか“職業”とか言ってはみても、一年間キッチリ財産管理その他のお仕事をさせて頂いた後、家庭裁判所に“報酬付与”ってのを申し立てて初めて一年分の報酬が認められるというですね…
しかも、家裁の審判がでるまで報酬額は完全に未定…
あ、いや、ソレ自体は良いですよ、ええ、一年間は無報酬状態でもね、わかっててお引き受けしているワケですし。

それよりも、自分の性格ですね、ナンと言うか、これまでの“登記”や“裁判”と全く同等か、またはより以上に細やかな神経で、且つ、(自分で言うのもアレだが)どの業務も等しく全力投球でスピーディーにやろうとしてしまうのですね、職業病みたいなね。
で、フラフラになって、後で思うのです、
『今日の俺って、ナニ!???』
みたいに。
何せ、とりあえずその日は完全無報酬ですからねぇ…わかってはいても。
                     201011100802000.jpg
本「売る気は無いけど、この記念切手の束、いくらぐらいになるのかならないのか、調べてくんねぇかい!?センセイ」
とご本人に頼まれれば、速攻で金券ショップ行って見積って貰ったり、
施「こんなにたくさんの家族写真は、ウチの施設には置くスペースも無いので…亡くなった方のモノは、どこかのお寺に納めるとか、そういうとこ無いですかね!?センセイ」
と施設の担当者に言われれば、
『家族だってこんなスピードで調べたりしないだろうなぁ…』
ってな速さで調べて差し上げたり…

アレ?テーマなんだっけ!?
あ、酩酊ね、六本木のね。
えと、昨夜は六本木A店で色んな方とご一緒させて頂くお約束があったのだけど、僕はね、昨日はその成年後見関連でアチコチ行ってるうちにやや出遅れてしまい、遅れたついでに六本木のお気に入りの安酒場に寄ってちょいと引っ掛けて…のつもりが、ついつい…
A店に着いた時にはかなりフラフラで、お約束の皆様との会話もろくに出来ず、3ステージ目だけを(やや眠りつつ)聴いて、限界ってことで退散してしまったというですね…

先輩には、
先「成年後見はね、あまり気負わずにやんないと、もたないよ」
と、言われてしまいました。

11月23日(火・祝)赤羽『TOMI O CAFE』
12:00open/13:00~のランチLIVE
ギタリスト佐野栄治さんとのGeorge特集を予定

よせばイイのに





クリックした時の発送予定日が今月末になっていたので、
『まぁ、間に合わなければ諦めよう』
と思っていたのだが、本日、早めに届きましたなぁ、ジョージの“ダークホース時代全曲集”。

コレで、理屈の上では『23日はダークホース時代全曲OK』になってしまったのだが、現実には全く無理。

パラパラ眺めただけでも“A13”とかさ、
『ソレって実在するコードなワケ!?』
みたいな曲ばかり。

凄いね、ジョージは…。

同時に、これまで色んな“ジョージ特集LIVE”を聴かせてくれた色んなBandさん達が、
『いかに凄いか』
もシミジミわかりました。

写真は昨日・今日と爺や特集。
どうしても爺やの方がビシッとキマるので、気付くと携帯に保存されてる画像は、
『wansuke爺5割:ofutari3割:hanna嬢2割』
みたいな比率だったりして、ちょっとまとめて爺や写真を並べた次第。

爺や、不調です

『こういうことまでリアルタイムで書くべきかどうか』
という迷いはあるのですが、“あの”wansuke爺がこのところ食欲不振。
飼い主的にはかなり心配しています。

ここ数日は、長年慣れ親しんだ“wansuke名物”とでも言いましょうか、
『朝メシの時間に起きてメシをせがむ』
という光景が無くなり、hanna嬢だけ起きて先に食い、爺やは後からノッソリやって来て、出されたメシをボソボソ食ってみたり全く食わなかったりしています。

そう、本犬をご存知の方には想像し難い状況が続いておりまして…
『果たして“あの”爺やに“単なる食欲不振”などというのがあり得るのか?』
ソレにしては便も軟化していて、もっと深い疾病ということを考えてしまいます。
口臭が変化して来ているので、ワハ母氏は胃も疑っているようです。
       201010310935000.jpg
こういう時のワハ母氏の対処法は、ヒトも犬も同じで、
『お腹の不調は絶食(または超減食)で治す』
という主義なので、通常のメシに比べるとかなり寂しい量しか摂取していないのだろうに、
爺「やい!足りん!もっと出せ!」
みたいに吠える、普段の爺やの姿は久しく見ていない気がします。

吠えるのはむしろ、排泄の気配の方で、あらぬ時間に玄関方面に向かい、
爺「出るぞ!行くぞ!連れてけ!散歩!知らねぇぞ!しちゃうぞ!」
みたいな声を出すので、それなりに連れ出したりはしているのだけれど、必ず排泄するかというとそんなことも無くて、ノロノロとそこらを歩いて帰るだけだったり…。

でも、昨夜遅くの僕との散歩は、出だしこそノロノロだったけど、途中から足取りも軽くなり、気が乗らなかったりクタビレてたりすると一段一段ノソノソ上がる、帰りのエントランスの階段も、久々に、
『トントントン!』
と弾むように直登し(コレが見られた日はコッチが嬉しくなります、最近は)、部屋の玄関入ってからも、首輪を外すのももどかしいくらいの勢いで、
爺「散歩帰りだ!さぁ!なんかご褒美出しやがれ!」
と、台所方面へ駆けて行ったので、
『おお!ようやく復調か!』
と、にわかに喜んだのですが…。

今朝からはまた、ノッソリ・ボソボソ・ノロノロに。
              201010290853000.jpg
11月23日(火・祝)赤羽『TOMI O CAFE』
12:00open/13:00~のランチLIVE
ギタリスト佐野栄治さんとのGeorge特集を予定
                     201010270834000.jpg
アチコチの犬仲間の、悲しい知らせがポツリポツリと入るにつけ…“♪夕暮れ”のようなハッピー系であれ、“♪それが君の世界なら”のようなシットリ系であれ、どっちにしたって“彼らがいてくれてこそ”という、ある意味ノー天気な自作の“犬モノ”の唄は、次第に唄えなくなりつつあります。
昨夜も練習スタジオでおさらいしていたら、途中で詰まってしまった…。
独りでスタジオで唄うって行為もそこそこお恥ずかしいモノだけれど、自分で声を詰まらせちゃうオッサンってのも、絶対誰にも見られたくないね、アレは。

寝てしまった…

あ、いや、昨日の講義中のことではありません。
その後、一旦帰って軽く飲んで、遅い時間からCAFEに打合せに行くつもりが…完全にダウン。
いつの間にか、酩酊爆睡状態に。
なので、イマイチ詳細が決まりませんが、日時は大丈夫なのです、間違い無いです。

11月23日(火・祝)赤羽『TOMI O CAFE』
12:00open/13:00~のランチLIVE
ギタリスト佐野栄治さんとのGeorge特集を予定(だが曲が全く未定。ヤバっ)
       201011070750000.jpg
昨日の研修の午後のディスカッションは、そこそこに刺激的であった。

同業者同士の討論と言っても、10人超えるとやっぱり“人それぞれ”的展開も結構あって、
『あぁ、そういう風に考えるのかぁ』
みたいな発言が出たりすると、日頃の不勉強もあって、個人的にとても新鮮。

加えて、コレは先月も同じようなことを書いた気もするけれど、僕のような、
『都会と言いつつやってることは超田舎侍的』
ってな生き方とは全く別の、もっと大きな事務所で大きな仕事をバンバンやっておられるような、
『都心でビッグなビジネスを展開する若手(もしかしたらふた回りぐらい年下!?)』
みたいな方の発言に触れる機会ってのは、やはり貴重かつ刺激的なんだよなぁ。
と言うか…大きくなるセンセイって、やっぱこう、若くても“芯”みたいなのがね、ブレ無い何かがあるんだよなぁ、言葉や態度の端々に出てるの、そういうのがね。
で、ディスカッションと言われてもね、僕なんかはさ、振られてもタジタジなワケですよ、日々迷いながらヨタヨタフラフラ生きてる身としてはね。
色んなテーマで討論していても、
私「僕はこう考えますね、ええ、そこは当然ですね」
みたいな、断言出来るような何かってのが、何も無いというね、我ながらちょっと寂しい気分でもあったなぁ、
『俺、この仕事、何年やってんだろ…』
みたいなね…。
                     201011080732000.jpg
ってことでして、本日はここ数ヶ月悩んで来た事件に、新たな悩みが重なってしまい、
『うううぅ~~~』
と唸りつつ、夕方からは近くで事務所を構えている若手のOセンセイ(≠赤羽エリック氏)を訪ね、ご意見を伺って来たりなんかして…やっぱ哀しいね、自分だけじゃ判断つかないってのはね、この歳でさ…。

長い地下道を抜けると




そこは池袋佐渡料理酒場“いち”の前であった。

『そうかそうか、“いち”って立教大学前の通りだったのかぁ』
と、そのビル内を覗くと、まだそのままの看板があったので、思わずカシャッと1枚。

そう言えば元店主に9月、佐渡島で会った時に、
店「大家さんの意向もあって、そのままにして出ちゃったからね」
みたいなことを仰ってたっけ。
まだ後がまは入って無いってことかな。

思えば5月のお祭りで同じ獅子の中に入った縁で知り合った、その時点でもう、
店「来月いっぱいで閉めてUターン」
みたいなハナシだったから、お店自体とのお付き合いはとても短いものだったけれど、前年暮れに閉店した“まこと”さんの“穴”を(短期間とは言え)埋めてくれた貴重な存在で、お陰様で僕は未だにさすらってんだよなぁ、ポスト“まこと”、ポスト“いち”を探して。

ってことで、朝から立教大学内にて(場所を借りてるってことね)、職業倫理についてのお勉強中です。

昨日になって慌ててこの研修会の案内状を読み、
『お弁当を用意します』
の一文に気付いた私。
『多分コレに気付かずに、自作やコンビニ弁当を持参するヒト多数だな、きっと』
な~んて思ってたのだけど、皆さん僕なんかと違って、案内状をちゃんと読んでおられたらしく、昼時には、
『大きな講堂一杯の同業者が等しく同じ弁当を一斉に食う』
という光景が展開されたのでありました。

午後からは12人ぐらいのグループに分かれて、指定された各教室に散ってのディスカッションを3時間(!!)。
でもってその後にもまだ講義があるのです。

ホントは23日のLIVEに向けて練習もしたいし、それ以前に、栄ちゃんとご一緒させて頂く候補曲を絞って音を拾ったりって作業もしなきゃいかんのだが、今日はさすがにそういう気力は残らない予感が…。

しかしナンだ、我が中大と違って立教は垢抜けてんのね、一歩足を踏み入れた瞬間からね、“キャンパスライフ”みたいな言葉が似合う空気っつうかさ。
『どっかと似てんなぁ…』
と思ったのだが、アレです、福島県の羽鳥湖方面にある“ブリティッシュ・ヒルズ”だな、つまりは外国っぽいっていうか、洒落てるっていうか。

倫理の研修に参加しててナンだが、受験生時代には、
噂「立教行った先輩は毎週末遊びまくっていて、一年間で@十人とアレしたらしい」
なんつう噂がまことしやかに囁かれてたりしたのを思い出してしまった。
んなのはまぁ、青さ丸出しのおバカなお話ではあるけれど、しかしなぁ、目の前が洒落た結婚式場だったりもして、
『毎日がハイキング』
みたいな我が母校と、このキャンパスで4年間過ごすのとでは、その後の生き方やら人生観やらは、やっぱ違って来る気もするねぇ、うん。

都会の週末

明日の日曜日は、朝から夕方まで強制参加の研修会があるため、今週末は都会暮らし。
5年に一回まわって来る強制研修ってのが、あるのですよ、マジで朝から晩までなの…。

今朝は、昨日あまりにもクタビレてしまい、
『エエイ!明日だ!明日!』
と放り投げて帰ってしまった残務を片付けに出勤し、
『休日なんだし、まあな』
と、面倒だからシャッターを開けていないでいるため、ナンだか夜みたいな暗さの中で仕事中である。

週末にドップリ仕事(絡み)ってのは、来週がつらそうだなぁ…。
       201011050917001.jpg

                     201011050917000.jpg
あ、仕事で思い出したが、そう言えばこないだ…
男「あのぉ…やっぱやめた方がイイですかぁ…?」
と、実にキモイ電話相談が。

実はその男性、一時間ほど前にも一度電話を掛けて来ていて、この“やっぱ”はさっきの電話の念押しの意味。
相談業界(!?)で言うところの“リピーター”である。

一時間前の会話…

男「あのぉ…」
俺「(くっ…暗い…)えと?少し聞き取り難いのですが?」
男「あのぉ…昔の彼女の娘がですねぇ、幼稚園に入るんでぇ、僕が“父親ですけど”ってねぇ、その幼稚園に電話したんですぅ、こないだぁ」
俺「(んと?あんま聞こえないんだけど…自分の子供ってことか?)そのお子さんは、あなたの娘さん?」
男「いいえ、違いますぅ。ですからぁ、僕が“父親です”って電話入れたのがバレてぇ、旦那さんが怒ってぇ」
俺「(??????もしや…クレイジー???)えと?ちょっと意味がですね、お話のですね、わかりかねるのですが、旦那さんってのは?その…昔の彼女の今の?」
男「ですからぁ、今度やったら警察沙汰にするって言われてぇ」
俺「(???ってことは???)あの、あなたは何故そのような、え~と、自分が父親だとか、その、幼稚園ですか?そういうことを仰っているんですかね?ちょっと、どういう意味ですかね?」
男「ストーカーです」
俺「って?誰が?誰に?されてる?してる?」
男「僕がぁ、彼女にぃ」
俺「(ガッテン!)彼女っていうのは昔のですね?その娘さんじゃなくて?」
男「そうですぅ、ずっと追いかけてるんですぅ」
俺「(って、俺はどうよ!?どうすんだよ、センセイ!???)え~う~あ~、ストーカーをなさってるってお話?しかし、その、お嬢さんの、これから入る幼稚園に電話って、意味が…???と言うか、ご相談は?どのような?」
男「でぇですねぇ、仕方ないんでぇ、今度は誰かを雇ってぇ、また“父親です”って幼稚園に行って言って貰おうと思ってるんですがぁ、捕まりますかぁ?やめた方がイイですかぁ?僕だってバレますかぁ?」
俺「(ナニナニ?ナンの相談?)あの、いや、えと、やめなさいとしか言えませんよ、私の立場としてはですね、ええ」
男「やっぱマズイですかぁ?バレますかぁ?やめた方がイイですかぁ?捕まりますかぁ?」
俺「(ってか、法律相談なの?コレ!???)やめましょう!ね!やめた方がいいです!」
男「そうですかぁ…わかりましたぁ…」

彼、おそらくは今日もまた、どこか別の無料の相談ダイヤルを探しては、電話をしておられることでしょう。
実は、この方お一人じゃないのですよ、似たような、病んだ“リピーター”さん。
何年かに何人か、現れますね、ええ、長いこと無料相談なんかやってますとね、遭遇率高いです。
                     201011060810000.jpg

       201010070704000.jpg
11月23日(火・祝)赤羽『TOMI O CAFE』
12:00open/13:00~のランチLIVE
ギタリスト佐野栄治さんと…って、練習せねば!

ちょと小さなカフェでして…会場の都合上、お越し頂ける方は、事前にお知らせ頂けると有り難いです…生意気言ってスミマセン。

約束の時間





うわぁ、間に合わない!

どっかで誰かが線路に侵入したとかで、乗るべき方面の電車は、アッチもコッチも運転見合せ中。
こういう時って、運転再開を待つべきかどうかが悩ましいんだよなぁ…

しかし、
『待って遅刻よりは動いて遅刻かな』
と判断し、迂回方向の電車を乗り継ぎ、約束の場所へと向かう。

今の電車って、迂回中にも電車内の画面でリアルタイムで“そもそも乗りたかった路線の運転再開状況”などを伝えてくれて…って、くれなくてイイのにぃ!!!

さてさて、親指企画LIVE“ひとり旅”続編です。

スペシャルゲスト:佐野栄治!!!
『TOMI O CAFE』
東京都北区赤羽2-22-9
03-3902-1187
11月23日(火・祝)ランチLIVE

栄ちゃんのブログにはもう、12時オープン13時スタートって書いてありましたなぁ…
『大体こんな感じ』
ってつもりで伝えたんだけど、同時に、
『宣伝頑張ろうね』
とも言った気がするので、イイです、12時オープン13時スタート!!!ってことで。

あ、栄ちゃんとこには、
『定員10~12名』
みたいなことも書かれてたけど、15~16人はナンとか入れますんで、皆さんお誘い合わせの上、是非!
超間近で栄ちゃんのギタープレイを堪能出来ますよ!

似て非なるモノ





ここ数日の間に、
『即興のボーカルに、ベースとドラムも即興で合わせて行く』
というLIVEと、
『即興のギターに、ベースとドラムも即興で合わせて行く』
というLIVEを聴く機会があった。

今の自分は、純然たる“リスナー”とも言えないだけに、人様のLIVEについてなかなかストレートな感想をアレコレとは書き難いのだけれど、しかしまぁ、単純なハナシ、ボーカルの即興って、わかっていても聴く側はそれなりの“言葉”や“単語”を拾おうとしてしまうし、即興ながらも、
『“意味”があって欲しい』
という気持ちが捨て切れない部分もあったりして、アレは(色んな意味で)難しい面がある気がする。

それに比べ、ギターの即興Bandの方は、ギタリストもベーシストもドラマーも、そのセンス・実力・緊張感・バトル感といったモノがストレートに伝わるワケで、ある意味わかり易い、あ、いや、楽しみ易いというのかな?そんなLIVEであった。

さて、今朝の我が家。

一見するとどちらも似たり寄ったり的格好に見えるかも知れませんが…

全体像はご覧の通り。
いつもながらあらゆるポーズがビシッと決まる爺や。

そして…
僕の(居ない僕の)ベッドで寛ごうとして、掴み所の無い羽毛布団にしがみついてる、無意味な緊張感漂うお嬢。

山のギター工房で遊ばせて頂く









本当は我慢しといた方が無難なのはわかっているのだが、気になる在庫があったので、
僕「弾いてみたくなるようなのが何本か入ったみたいですねぇ…ちょっと寄ってイイっすか?」
と事前連絡の上で遊びに行った。

1本目の派手なヤマハは1975年製L-54。
ギター匠のテリー中本氏のサイン入りで、滅多に現物を目にすることの無いレアな1本。
当時はそんなつもりじゃなかったかも知れないけど、今じゃクルマ買えちゃうお値段が…。
勿論、音は文句無し!素晴らしい!が、どうなるもんでも無いけどね、アタシゃあ。

次のHEADWAY(ロゴのアップ写真1枚のみ)も、おそらく同じような年代モノの、百瀬氏在籍中の1本。
『ヤマハの中本かHEADWAYの百瀬か』
というですね、巨匠対決…
難しいけど、身体に馴染みのある響きはHEADWAY。
いくらでも出せるなら一生の記念にヤマハかなぁ…
いや、買えたとしても実際は怖くて持ち歩け無いけどね、ヤマハの1本は。

そして最後はギブソン。
詳細書くと誰かに買われちゃいそうなので、やめときます。
あ、いや、ここにある内ならさ、行けばいつでも弾けるからね、内緒内緒。

ラストに多少“工房らしい”一枚を。

コレはギターのネック材。
実はネックって、高いギターほど1本の木を削って出来ていて、安いギターだと合わせ技で作られてるものなのです。
手間もさることながら、こういう曲がった形状を1本の木で作るにはさ、木の使い方が贅沢というか、使わずに捨てちゃう部分が多くなるでしょ?
だから、高いのです、1本ネックは。

と、まあしかし、弾くだけ弾いて帰るワケでして、あまり深入りしないようにしないとね、危ない危ない…。

山の居酒屋



私の田舎、栃木県には海が無い。

しかし、
『酒の肴は魚がイイなぁ』
というニンゲンには、どこにでもあるチェーン店の“マグロ・イカ・エビ・ホタテ”盛り合わせなんてのはつまらな過ぎるので、我が田舎の外飲みは都会以上に難しいものがある。

そんな中、前々から気になってた店が、この夏試しに入ってみたら結構な“アタリ”であること(それも2軒!)を知り、今は随分と助かっている。

いや、実際に立ち寄る頻度は大したこと無いのだが、
『いざという時はあの店がある』
という“保険”みたいなのがあると、人生的にかなり心の支えになるのだ。

ということで、本日は少し早めに田舎に向かい、山の居酒屋へ。

山なのに、魚介類も美味しいので、焼酎のボトルを入れて、気分良く飲んだのであります。

トントン拍子にハナシはついて



しばらく“ひとり旅”やら“ゲスト遠征”やらが続きましたが、ここらでまたしても、一風変わったLIVEを企画させて頂きます!

『親指企画LIVE“ひとり旅”』

でもホントの“独り”じゃなくて…
スペシャルゲスト:佐野栄治さん!!!
『TOMI O CAFE』
東京都北区赤羽2-22-9
03-3902-1187
にて。
11月23日(火・祝)ランチLIVE

開店半年ほどの新しいお店で、僕も勿論ですがお店的にも初企画初LIVE、どんな感じになりますやら…

トントン拍子と申しましても、ソレは、
『LIVEやってみましょう!』
ってとこまででして、そっから先は全てが手探り状態…なので時間その他の詳細はお店サイドとつめた上で、また後日お知らせしますんで、是非宜しくお願いします!

あ、でも“ランチLIVE”なので、12時オープン、12時45スタートみたいな感じにはなりますね、多分。

で、“ひとり旅”シリーズの続編なので、9月の赤羽キャバーン同様、赤羽エリック氏は“来店予定”扱いだな、またも。
|TOP|

プロフィール

とーちゃん              下の方で遠慮がちにRanking参加中

Author:とーちゃん              下の方で遠慮がちにRanking参加中
故・wansuke爺
 「やい!とーちゃん!
  何だよ、コレ!
  こーゆー甘ったるい写真、
  いつまで使う気だよ!」
故・hanna婆
 「ヤット再会デキマシタ…」

[LIVE関連]

7月1日(土)大田原プチ・ヴィラージュ
三権分立LIVE決定!
立法・行政・司法ミュージシャンが集結!

7月9日(日)那須ロングライド
走らず唄って応援予定!?

7月10日(月)大塚Welcomeback
19時~!ダッキャン参加の3人組!

7月29日(土)大田原プチ・ヴィラージュ
久々にMOTELさんとのLIVE決定!

盛岡ツアー2017第3弾決定!
8月4日(金)盛岡ビートルズ
8月6日(日)盛岡クロスロード

毎月第4日曜日朝~昼頃
大田原日曜朝市出演中!
行ける月だけですが・・・

『K介のSongs&Dogs
   ~週末はミュージシャン』
3曲分の動画を毎週月曜日UP!
YouTubeにて続々配信中!

[CD・DVD関連]

親指企画17年振りのスタジオ録音アルバム!
『Songs&Dogs』完成!!!
DSC_0273.jpg
若き日の3人組LIVEのDVD付きです。
CD13曲+DVD16曲入り、カンパ1,000円!
DSC_0281.jpg

月別アーカイブ

寝姿を見ちゃった方々

hanna嬢「おがぁさーん、おろーさんがヘンなことやってるわぁー」

wansuke爺「じゃ、またな!」

hanna嬢「おろーさん、頑張って!」

wansuke 「おい、とーちゃん!このランキング、ちゃんと設定出来てんのかよ?」 とーちゃん 「・・・自信ナイ・・・」

FC2ブログランキング

バカ嫁hanna 「1日1回、ポチッと押してみれくらさいねぇ~」

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索