お試しかっ!

       201101311100000.jpg
この一枚で“何か”に気付く方は、相当なワハ家マニアと言えます。

例の宇都宮の収容犬=仮名:Gさんの事件後、
『やはり…センター直では無しに、ワンクッション置いた“保護→預かり→里親”方面かなぁ』
と、ある晩に若干気合の入った検索&検討会が行われたのですね、我がワハ家では。

そして、数ある保護団体の中に、かなり気になるHPが…
それが先日チラッと書いた“ミグノン”“Mignon”でございまして、中でも我が家的にズバッと来たのが…保護犬名=ノリックス。

その後、そのミグノンさんの譲渡会に出掛けたり、その日の内にマンションに来て貰ってハンナと面通しをさせたり、先週から“トライアル(=お試し期間)”がスタートしたり…と、見事なまでの怒涛の日々があったのでございますが、現在そのノリックス、トライアル中なのに“ノリスケ”に改名されつつありまして…
              201101290843000.jpg
不思議でしょう…!???
我々ですら驚くもの、この姿は。

実はノリ本犬は、ここまでは似て無いのですよ、ワンスケとは。
なのに、ワンスケの“何か”が、
『フワッ』
っと入って来る瞬間があるのか…見間違えるほど“ワンスケ”なことがあるのです。
                     NEC_1143.jpg
                     爺「誰だよ!?ノリって!?」

おお、爺や降臨!???
晩年の写真なので、色で見分けがつきますかね!?

       201101281236000.jpg
       ノ「ねぇ!?お爺さんこそ誰!?ココんちのヒト!?」

              NEC_1612.jpg
              爺「バカヤロ!ココは俺様んちだってば!」

こういう並べ方すると、
『コリャまた似た犬を探して来たもんだなぁ』
とかね、思われるかも知れませんが、そういうのとも、少し違うのです。

こんなことするためだけに、一度掲載したヤツも含め、ワンスケの写真をアレコレ探してて…やっぱ違うのね、別格なの、ワンスケは。
ノリは若くて、やんちゃで、きっとこれからしばらくはお互い大変な毎日で、でもその分、直ぐに僕らにとって大きな存在になって行くんだろうけど…う~ん、ソレでもね、ワンスケの写真なんて何枚も見ちゃうと、イイんだものなぁ、ワンスケって、
『会いたいなぁ…触りたいなぁ…』
と、どうしてもそう思っちゃうのです。

                     NEC_0778.jpg
ワンスケの不在から、一時期はマンションの周辺しか出歩かなくなってしまったハンナさんは、ノリスケ効果でかなり歩くようになりました。

“トライアル”の後は、まぁ、言ってしまえば、
『“決める”か、“返す”か』
しか無いワケですが、当然ながら一番重視すべきは先住犬=ハンナとの相性。
当初はあまりに落ち着きの無いノリの行動に戸惑い気味で、お腹がユルくなってしまったのですが、ソチラも今は回復。

本日、かーちゃんはミグノンさんに、
『決める』
って方の連絡を済ませたのであります。

ちゃんとした団体なので、“正式譲渡”には多少の作業が残ってるのだけど、でもね、本日ついに、当ブログにもノリスケ登場!でございます!
       201101270849001.jpg
       実は成人男子大好き!なノリ。
       譲渡会での初対面で、僕の顔をベロ舐め。
       何より、一緒に寝てくれるのがね、ワシはタマランのですよ。
スポンサーサイト

月命日






思えばそういうことになるのだなぁ、30日だもの。
なんか…この冬はずっと似たような気候が続いていて、ひと月経った感じがしないなぁ、どうも。

♪君と俺の間には
♪夕暮れ
♪サービストーク
♪言葉を全部過去形にして
♪ウソ臭い朝に
♪約束
♪骨折れ損のくたびれ儲け
♪二人のChannel

ベースにマシューさんを迎えての鶴見『王様前座』LIVE、お付き合い下さった皆様有難うございました。
とても楽しくやらせて頂きました。

というか…
鶴見に向かう前に、赤羽で一時間だけ赤羽エリック氏と二人でリハーサルやってみたのだけれど、コレが寂しいのなんの。
二週続けて三人組でリハーサルやった“音”がインプットされちゃった状態だと、もう、全然物足りないの、赤エリ氏と二人じゃ。

ってことで、春頃にはナンとか調整して、ベース入り親指企画を赤羽でお届けしたいなぁ…と、誰にも頼まれてはいないのだけど、そういうことになっております。

その前に、2月20日(日)に、昨年11月にご好評頂いた『TOMI O CAFE』さんでの栄ちゃん(=佐野栄治氏)とのランチLIVEが決まりました!

2月なので、今回もジョージ・ハリスン特集の方向で選曲を始めてます、追悼じゃなくてね、ジョージの誕生月ってことで。
皆さま是非お越し下さい!!!

薬膳火鍋の夜



火鍋の前に、“せんべい汁”である。

マンションの直ぐ近くに、もうずぅ~っと前から、
『気にはなっていたのだが気軽に入れる気配では無い』
“せんべい汁”の店がある。
“せんべい汁”はそうそう無いだろうけど、どこの街にもあるでしょ?
この“気軽に入れる気配では無い”系の店ってのは。

金曜日の赤羽を飲み歩く機会なんて、滅多に無い我が家であるから、犬の散歩の後で思い切って入ってみることにした。

結論としては、
『“次”は無いな』
ってとこか。

一回り上のママさん世代の集まる店らしく、我々は浮き気味。
ママさん自身からも、“初顔”に対する警戒オーラが感じられる。

あからさまな常連偏重や、無意味にバカデカ音量で流されるテレビなどは、
『どこもそうだ』
ってことで我慢したけど、食べ物がなぁ…
“ホウレン草の煮浸し”と“生ウドの酢味噌がけ”は悪くなかったけど肝心の“せんべい汁”は、我が家には味が濃過ぎて耐え難い塩っぱさ。

色んなことに耐えながら過ごし、中途半端に飲み食いして、店を出た。

隣には最近オープンしたばかりのラーメン屋があるのだが、オープン来お客さんがいるのを殆ど見たことが無い(僕は一度だけ、二人入ってるのを見たかなぁ)ので、取り敢えず昨夜はパス。

散歩の時にチェックした“薬膳火鍋”の店に向かう。

『まぁ、中華料理だからな、大きくハズレってことは無いだろう』
ぐらいの気分だったのだが…旨い!感動した!後悔した!(←開店から一年以上経つと聞いて、これまで来なかったことを)

“火鍋”は鍋中央の円錐形の筒の内側に炭を入れて常時アッチアチ状態が維持される仕組みで、円錐の周りにドーナツ状にスープの入った鍋があり、んで、基本的な食い方はしゃぶしゃぶ。

先ず嬉しいのが、しゃぶしゃぶの主役がラム肉!
私、成長期を札幌で過ごした関係上、ラムもマトンも好きなんっすよねぇ、牛とか要らないくらいにね。
(あ、羊肉苦手な方も安心ですよ、牛も豚も海鮮も野菜もキノコもあります)。

いや、この際肉のハナシはどっちでも良いのですよ、こんだけ書いといてね。
スープっすよ、スープ!

白湯とマーラー(小辛~超激辛選択可)の二種類から選べるんだけど、ドーナツ鍋の半分白湯・半分マーラーもアリ。
我が家にはコレが何より素晴らしいのですよ、私=死に辛派、かーちゃん=白湯派なので。

そして…
そう、まだ“薬膳”に触れてませんが、その死に辛スープに(勿論白湯にも)ですね、プカプカ何か浮いてるワケです、ナツメグぐらいは見てわかるけど、後は良くわからないくらいにアレコレと。

取り敢えず、しゃぶしゃぶ開始の前に真っ赤なスープを味見…
俺「!???う…旨~い…」
静かに、深く、激しく感動。
いやぁ、アレは旨いよ、薬膳火鍋!
赤羽で飲み食いして、あそこまで感動したのって…
10年以上前か!???初めての“米山”とか“まこと”さんとか!???
わかる方にしかわからない例えだけど、そんくらい旨かったワケ、その薬膳火鍋のスープは。

飲み食いしながら、色んな方をお連れするシーンが浮かぶもんなぁ、ナンだか。

あ、そうそう、100点満点っつうとこまでは、実はあと一歩。
椎茸がなぁ…他のキノコ類は良かっただけに…
俺「この椎茸、中国?」
店「イヤ、ニホン、キンジョ、スーパー」
俺「ふ~ん…コレ、ちょっとクタビレてるよ、傷みかけ」
店「ドモ、スマセン」

まぁ、ワシらは赤羽明るいっすから、激安だけどモノによってヤバい時がある“キンジョ、スーパー”ってぇと、
『アソコの仕入れかな!?』
とね、想像ついちゃったのよね。

でもしかし、椎茸で減点してみても、それでも選択式スープの味は変わらないワケでね、通うことになるだろうなぁ、薬膳火鍋!

にしても…“せんべい汁”の時間とお金と…何よりお腹の容量がなぁ…悔やまれるのであったよ、はじめから薬膳火鍋に来てれば、もっと食えたのにぃ!!!

その後の動き



宇都宮の動物愛護センターの収容犬騒動から二週間。

我が家にも色んな変化が起きているんだけど、それはまたの機会に。

ソレはソレとして、センターのホームページを“お気に入り”に入れてしまったがために、あの騒動以来毎日のようにチェックする習慣が(って前にも書いたか!?)。

当時はワンスケを見送って二週間しか経って無かったから、収容されてる犬を見てはイチイチ“ジワァ~”としてたけど、今は淡々と眺められている。
が、今日は少し違った。

今日もまた一気に収容犬の数が増えたのだけど…
垂れ耳系が多いのよ、今日の新入りは。
イヤ、単に“垂れ耳”というよりも…ハンナ柄の垂れ耳雑種やら、ビーグルやらね、やっぱ落ち着かないものなんだなぁ、あのサイトは。

“淡々と”なんて言っても、垂れ耳の中型犬はなぁ…

既成事実


『確定するまでは』
と思っていたのだけれど、現実的には日々の散歩もお客様の出入りもあるワケでして…

『ナンのこっちゃ!?』
ですね、皆さまにとっては。

ちょっとまだ、フルオープンには出来ないしなぁ。

ってことで、
『ミグノン』
とか、
『Mignon』
とかで検索頂ければ…
うっすらと“何か”がお分かり頂けるかも!?

関連サイトがいずれも充実してますんで、オーナーさんのブログも是非ご覧下さい。
特に…
昨日(一昨日?)の記事(の写真)はさすがに驚きます。
悪い冗談かとすら思ってしまった…。

体質改善



『今年の冬は寒い』
ってのが、国民的認識のようになってる感があるけれど、僕は少し違うんだなぁ。

春に佐渡島のある奥様が下さった“ハバネロのオリーブオイル漬け”、そして夏~秋口に自作した“青唐辛子のオリーブオイル漬け”、いずれも先ずはそのオイルの方を色んな料理にパラパラ振り掛けて、
『何でも死に辛激ウマ料理』
にして摂取。

オイルが減って来たら今度はハバネロや青唐辛子自体を噛って、
『この後で何食ってもヒィハァ状態』
で食す。

コレを数ヶ月続けて迎えたこの冬。
もう、全っ然違いますね、完璧に体質改善。
特に手足がね、この冬はもう、
『オレって別に、冷え性じゃないかも!?』
って感じ。

昨年お世話になったヒートテックも、ちょっとチクチクばかりが気になり始め、はいたりはかなかったり…
『身体のために何かはくにしても(&ヒートテックに比べて多少涼しくなるだろうけど)、綿100に近いモノにかえようかなぁ』
なんて思ったりして。

そして困るのが…
ハバネロオリーブオイルや青唐辛子オリーブオイルに慣れちゃったがために、もうそこらの店に置いてある各種辛味調味料では、辛さも味も全く物足りないヒトと化してしまったのですね、私。
何食ってても、
『あ"~~~ココに我が家の死に辛オリーブオイルがあったらなぁ』
と、もう、サラダだろうが刺身だろうが、ソレばっか考えてるもの。

特に“味”がね、オイル一滴で何でも激ウマなもので…

『持ち歩く』
…ちょっとマジに思案中です。

ハンナも白くなりました



バカだバカだってのが先ずあるから、つい“下”っぽく思っちゃうし、何より晩年のワンスケ(=爺)との比較上ね、ずぅ~っとオネェチャン扱いだったワケでね。

しかし、改めて見つめると、かなりオバチャンです、ハンナさんも。

バカは変わらないけれど、若いワケじゃあないんだなぁ…

ナンとか父娘関係改善しとかないとなぁ、気の早いハナシだけど、将来“もしも”の時は、大泣きだな、オレは。
ワンスケとは随分濃厚な時間を過ごせたし、
『やれるだけのことはやった』
とまでは言わないけれど、
『濃い毎日を有難う』
ぐらいはね、言える気がする。
でもハンナとはなぁ…
まだ“何も出来て無い感”、大アリだよ、ホント。

とは言え、無理矢理濃い毎日にするったって、抱き締めたり抱き上げたりはおろか、まともに散歩も付き合ってくれないのだもの…(っつうか、かつて抱き上げたりしたせいでなおのことオローサンが苦手に)。

今更ながら、どっかの“飼い主教室”みたいなのに行くべきだろうか!?どうかね!?ハンナさん!?

宴会ラッシュ終了

今週はさすがにもう、新年の来賓系のお誘いも少なく、夜は予定があっても殆どがお勉強か会議か相談会か、ってな調子。

そして、本格的に“現実”が身にしみますなぁ…この仕事の孤独感、不安感、焦燥感、その他…。
       201101190909001.jpg
冗談っぽく思われるけど、ホントにコワイです、
『今年は食えないのではないか!???』
毎年毎年そう思うけど、今年は数年振りに深刻ですね、どうも。
7~8年前にも一度、それまでのメインの業務が激減した2年間ってのを経験したのだけれど、あの頃よりも怖さは上です、歳とってる分ね、
『まだまだコレから!』
みたいな、新人とか若手とかが抱くような“将来への淡い期待感”みたいなのはね、持ち様が無いのですよ、気分が“攻め”より“守り”だものなぁ、開業15年目に突入したオッサンとしては。

『10数年振りに飛び込みの営業活動かぁ…』
とね、思ったりもしてますが、アレはとても辛いんだよなぁ、経験として。
『webで集客かぁ…』
ってのも、当然ながらもう何年も考えなくは無いのだけれど、色々思うところあって、なかなか踏み切れないでいます、ネット営業は。
                     201101181416000.jpg
でね、毎年結論は一緒なのね、
『普通に真面目にひとつひとつ…結果、一年終わって食えてりゃイイさ』
とね。
コレで14年間生きて来たんだしなぁ、そうそう変われないよ、自分のスタイル…。

長いことこのブログにお付き合い下さってる方だと、私が時々この、
『食えるの食えないのの不安モード』
に入る癖があることに、お気付きかも知れませんねぇ、ええ、今がね、その周期ですね、年頭は特にね。

チョコベアビアビター




こないだスーパーの売れ残り品投げ売りコーナーにあったので買ってみた“チョコビール”。

どこかでどなたかが、
「コレが意外にうめぇんだよ」
とおっしゃっていたような記憶もあるし…

冬の山小屋の醍醐味、雪の中に埋めといて…いやぁ、適温適温。

見た目は普通に真っ黒ビール。
そして…
イヤ、コレが意外にうめぇ!

う~む、チョコはビターな香りと苦味のためにブレンドされてるだけみたいで、いわゆる“99%”とか言って売ってる全く甘くない板チョコ、アレを連想させる超大人の味。
いやぁ、コレ、美味い!
でも…定価だと高い!

しかし、高いだけあって、ラベル貼って無い、ビンにアレコレ書いてあるタイプ。
こういうビンは良いのですよ、キレイに洗浄してね、次に佐渡島に行く時にお届けするとね。
“自”ビール作りの知り合いから、
「どうせ作るなら変わったビンに詰めた方が(地ビールっぽくて)面白いから」
と言われてるので、ちょっとしたお土産代わりってことで。
っつうか、定価でもイイからお土産買ってけよ!ってハナシなんだが、中身入ってるヤツを!

ホントはデジカメの取説読んだり、来週末のLIVEの宣伝したり、やるべきことは色々あるのだが…このチョコビール、6%とやや高め。
気分良くなって来ちゃったなぁ、ナンだか。
デジカメとか、一応何枚か撮ってはみたけど…使い方知るための無目的な撮影って、面白く無いのよね、実際。

オレはデジカメで何をしたいのか!?
そしていずれはiPadで何かすんのか!?
全ては酔いの彼方へ…

来賓系宴席の成果




皆さまご存知であろうか?

大きな宴席って、来賓の方々に“お土産”を用意するってのが、我が国の習慣らしいのですよ、ええ。
勿論、我々が主催する場合のこのテの宴席でも用意してますね、“文明堂のカステラ”とかね、決まって甘いお菓子なのですね、何かの決まりごとみたいにね。

で、連日連夜の来賓役ですわ、私。
もう…三日連続で“どら焼”っすね、お土産。
持って帰る家は一ヶ所でありますからして、我が家の場合、二人だけでどら焼(+煎餅やらモナカやらのセット等々)三連チャン!
各主催団体の地区ごとに、お店は某菓子舗、某御菓子司と色々だから、これぞまさしく“どら焼三昧”!いや、“三味”と書いても良い状況でございます。

ん!?
そういうことばかりでもなくて…

大きなパーティーって、ビンゴなんかあったりするでしょ!?
ちょっと変わってたのが、昨夜の宴席。

「ビンゴぉ!」
と叫んでから、
『早い者勝ちで高額景品をゲット!』
では無しに、叫んだ後に何故かくじ引きが待っていて、で、それで景品確定なの。
だから、一番手が“飴”とか“タオル”とかね、アリなのですよ、早い者勝ちじゃ無いから。

こういうアトラクションって、主催団体の財力がモロに出るものでして…昨夜の最高額景品は、32型アクオス!!!って、デケェよ!景品!

ま、そういうのは私には当たらないワケですが…が、しかし!
センセイ、引き当てましたね、何とデジカメ!CYBERショット!!!

えー、自慢じゃないッスが、私ゃあ自分じゃ使ったこと無いのね、ケータイカメラ以外で、所謂“デジカメ”って、全く興味無くってさぁ。

場の空気からして、私は大喜びしたりなんかするワケだが、気分は“iPod”事件や“iPad”事件に近いものが。
(事件詳細略:いずれもタダでゲットするも不使用又は未使用)。

年末のワンスケお見舞い・お見送りの時期には、随分と多くの方々が我が家の玄関を出入りなさったワケですが、実は玄関入ってすぐんとこにね、まだあるですよ、未開封の“iPad”がね、皆さんお気付きにならなかったかも知れませんが。

んで、CYBERショットっすね、今度はさ。

まぁ、さすがにね、“iPod”や“iPad”ん時と違ってさ、かーちゃんは使うからね、デジカメは、大丈夫かなぁ、開封してたしな、早速。
32型アクオスよりは好評ってことで。
にしても、アレを引き当ててた来賓の某区議会議員さんは大変だったろうなぁ、持って帰るの…
って、オレにとってはデジカメも難敵なんだけどね、多分何か、パソコンからナニしたりアレしたり、するんでしょ!?絶対ぇ!?

さて、今週も土曜の朝から三人組リハーサル。
先週よりも少し曲を追加したのです、多めに準備して本番で削るっつう方針で。

それにしてもイイです、三人組。
今日初めてやる曲なのに、一回目から見事に馴染んでいて…犬系の“♪夕暮れ”、そして“♪約束”…
“♪約束”の途中で私、不覚にも涙が出そうになりましたね、ナンとか誤魔化し切ったけど。

29日(土)鶴見ラバーソウル
『王様前座』LIVE

前座とはいえ、今回はイイです!本当に!

本日の収支

いやぁ、やっぱイイなぁ、ワンスケの寝姿は…。
       201012051451001.jpg
さて、たまには仕事の話でも。

本日は朝から、同業の先輩方と、近隣の地域包括支援センター巡り。
我が区内の成年後見制度活用率が他の地区に比べて著しく低いため、制度そのものの広報と、
『色々な場面で我々がお役に立ちますよ』
ってことを、高齢者福祉の現場をくまなく回ってアピールするという、非常に地味で地道な活動なのだ。
去年の秋頃から、役所や社会福祉協議会、議員さんたちなどにお時間を頂戴し、一日に数ヶ所を回るこの広報活動を始めたのだが、私が今、この地区の同業者の“長”みたいなことを仰せつかっているため、正直僕なんかは大した話も出来ないけれども、とにかく毎回必ず同行しないワケには行かないのですね、ええ。

昔の同業のセンセイ方は、どちらかと言うと、
『自分が稼ぐため』
にアチコチ営業して回る方が多かったので、その頃から見たら、今我々がやってる活動は、想像もつかない世界だろうなぁ。
何しろ、
『私に仕事を下さい』
では無しに、
『(赤羽エリック氏含め)有能な若手も大勢いますので、我々の職能をどうぞご活用下さい』
だもの、言って回ってることは。
凄いね、私、ナンだか崇高だもの、ホント…って、俺だって仕事も欲しいよぉ…!!!(←かなり真剣かつ深刻です、内心は)

で、地域の“長”として会計担当の赤エリ氏にお願いしてあるのが、この崇高な活動の助成っつうことで、せめて一日の日当っつうか、交通費実費っつうか、3000円ぐらいはね、支給しませんか?と、ま、そういうことで、本日の私の収入は3000円である。

アチコチ回って、ジョナサンで先輩方と食ったランチが1000円!
う~む、残りは2000円ではないか…トホホ…。
                     201012301058001.jpg
と、ドリンクバーのカフェラテをすする私の携帯がブルブルと。
車「あのぉ、ご依頼頂いてたカーナビの修理なんですが…ハードディスクが壊れてまして…保証もきかないんで…」
クルマ屋からの電話であった。
俺「で!?ぶっちゃけいくらなんすか!?」
車「…4万…消費税ついて、4万2000円です…」

全然合ってないのであるよ、収支がね、あーた!
今夜もこれからまた来賓系の宴会にも行くしね、来賓ったって、取り敢えずは包むワケよね、ご祝儀っつうかさ…

寒いねぇ、今年の冬は…。

自信喪失犬




ハンナはオシッコしたくなると自分の寝床にしちゃうクセがあって、ワンスケがいた頃から、
『ハンナは深夜と朝イチで必ず連れ出してオシッコさせる』
というルールが適用されることになり、しかも、
『父娘関係改善のため、ハンナのオシッコ当番はとーちゃん』
という取り決めになっていたのだが…

基本的に犬らしからぬ、超がつく程寝坊助なハンナ。

担当が(大好きな)オガーサンじゃなくて(苦手な)オローサンだとか、オシッコしたいとかもらすとか以前に、起きないのですね、全くね、深夜も朝イチも。

その上、頼みのワンスケは長期不在。
もう、マジでダメなの、オシッコ連れ出しルールは全然機能しないのですよ、コレが。

それでも、
「ハーちゃん!ハーちゃん!」
と場を盛り上げて起こしたり、オヤツで釣って連れ出したりって努力はしてみたのだけれど…。

今朝はもう、強引に連れてかれたオシッコの直後に、胃液吐いてしまいましたね…それも、昨夜食べたオヤツがそのまんまのカタチで何本も一緒に…って、どんだけ未消化なのよ!???

強制オシッコ制度の改革と、ハンナの頼れる“親ビン的コビン(親分的な子分)”探しが、目下の我が家の急務なのであります。

もう一度キミに触れたい



かーちゃんも、同じみたい。

ワンスケって、僕らにとってはホントに丁度イイというか、コンパクトなのに存在感があって、触るにも、かた過ぎずやわらか過ぎず、触られて喜ぶでもなく嫌がるでもなく…

僕らの日々の風景のそこここに、スッ転がって寝てる姿があるのが普通だったからねぇ。

とまぁ、書いてるほどにはヘコんで暮らしてるばっかでは無いのだけれども…。

さて、私、日・月・火と三日間アルコールを抜きました!
ってまぁ、自慢するようなアレでも無いけど、年始はどーしてもアルコール漬けになるし、今日からはまた、来賓系宴席への出席が見事に続く日々なので、
『ま、抜いとくか』
と、肝臓三連休。

しかし実は、酒抜いた後って、反動で深酒になりがち…
だけどまぁ、来賓系宴席は基本的に他業種の集まりで、知り合いが殆どいらっしゃらないことが多いので、大丈夫でしょう、そういう席で深酒はね、無いですよ、いくら私でも。

4日振りだし、飲むなら旨い酒がイイなぁ…
せめて、宴席乾杯ビールがドライじゃありませんように。
(嗚呼、何たる小市民ぶり…)。

一丁目一番地




色んな街の“一丁目一番地”を某俳優が訪ね歩く、そんなTV番組があったような…

いや、そういう話題じゃなくてですね、ハンナさんの散歩問題なのですよ、ええ。

都会だと、大体こう、公道で数十メートル四方をぐるりと囲まれたワンブロック、コレが住所でいうところの“@丁目☆番▼号”の“番”ですね、☆の方ね、▼は各戸に付番される“号”だからね。
つまりは、マンション出て直ぐそこの角曲がってっていうだけのね、グルリとそういう範囲。

どうも、その範囲しか出掛けようとしないのです。

ハ「ワンスケちゃんもいないのに、遠くなんてイギタグナイもん!」
ってな感じ。

田舎道歩く時とのギャップも凄いけど…いやしかし、実際歩かんのよ、都会じゃ、全く。

なので、彼女なりに強引に排泄も済ませ、速攻帰宅モード。
やっぱダメかぁ、心をゆるせる連れがいないと…。

ハンナが我が街の“@丁目☆番”から出て、本来の散歩コースに向かうことが出来るのは…いつの日か…???

腑抜けた音楽

そう、
『せめて唄だけはちゃんとやって行こうではないか!』
そう思って日々ギターを抱えてみるのだけれど、なかなかねぇ…

勿論、スタジオ入っちゃえばそれなりに気合も入るし、時間一杯弾きまくりの唄いまくりで練習にはなるのだけれど、家ではイマイチ気の抜けたギターの音しか出せず、どうも今の自分はチョッコシ腑抜け混じり。
ま、毎日LIVEのある身分じゃないので、本番に向けて徐々にアップして行けるとは思うのだが…
って、次回29日の鶴見『王様前座』は13年振りの元祖親指企画スタイル(ギター2本+ベース)なのだし!!!
       201012250825000.jpg
       どうよ、ワンスケ…?
       とーちゃん、今年も唄ってけるのかね!?

いや、かーちゃんだって、ちゃんと気合入ったドラムの練習なんて、出来ていない様子。
11月後半あたりからはそれどころじゃなかったし…。
まぁね、僕以上にね、ドラムはさ、沈んだ気分で叩いて良くなる感じはしないもんなぁ。
                     201012290757000.jpg
え~と、先週の収容犬話では、大変お騒がせ致しました。
騒動当日にはアップしていなかったにもかかわらず、アチコチから、
「犬は?どうした?」
みたいな質問が…
ってことは!?
今回の騒動に関する皆様の情報源はかーちゃんなのか!???

それはともかく、僕がイケナイHPにアクセスしてしまったばっかりに、ホント…。

しかしアレです、“イケナイ”はずなのに、次第に日課のように開いてますなぁ、収容犬情報を。
だんだん見慣れてる自分ってのが、何だかコワイっす。
『あぁ…このコは今日までかぁ、収容期限…』
なんつって。

先週の関東某県の愛護センターだけでも、あっという間に25番ぐらいまで増えてますね、今年の収容犬No.が。
ったく、どんだけ!?ってハナシですわ、実際。

ハンナだって頑張っとるのだ




リハーサルを終えて、昨日の午後から、一家で北上。
この週末、田舎はひたすら雪です。

ホントは今頃は収容犬“仮名:Gさん”と…ってのは、考えないようにしてるけど、ワンスケの方はねぇ…。
何をしていても…例えば雪の中を歩いていても、
僕「ワンスケ、ここ数年は(大雪は)面倒くさそうだったっけなぁ」
か「こう(足を踏張って)、もう行かねぇぞ!って」
みたいな会話が自然と出る。

しかし、我々の目の前には今日もちゃんとハンナさんがおり、都会でのヤル気の無い散歩振りから一転、
ハ「イギマショイギマショモットイギマショ~」
と、雪の山道をご機嫌でズンズン先を歩く。

こういう時にやはり、シミジミ思うのだなぁ、
『ハンナさんが居てくれて良かった』
と。
例えおバカでも、弱虫でも、ゲロっ吐きでも…取り敢えずね、我々の気を引く存在ってのは、大切なのですねぇ、二人っきりじゃあなぁ、どーしょーも無いもんなぁ、ったく。

第一、ハンナがいなきゃ、二人だけでなんて外に出掛けないよ、普通はさ、この雪じゃあ。

会いてぇなぁ





ワンスケの写真はアチコチに飾られてるし、携帯にも沢山入ってるけれど、見つめれば見つめるほどにいとおしく…そして思います。

『もう、会えないのだなぁ…あの身体・肉体・存在…』

勿論、一日中考えてるワケじゃあ無いけど、この、
『会いてぇなぁ』
『会えないんだよなぁ』
モードに入ると、どうしてもジワァっとね、視界が悪くなります。

さて、本日は朝からリハーサル。
ついにベーシスト:マシューさん参加!
イイ!
イイです!ベース入った“元祖親指企画”スタイル!

皆さま…
鶴見は遠いけど、29日の鶴見ラバーソウル王様前座LIVE、是非是非お越し下さい!と、今回は強く叫びたい気分であります!

あ、写真はですね、昨年赤羽エリック氏に買い取ってもらった“偽ブソン”君、リハーサルでヤツが持って来るそのギターを見てるウチに、
『やっぱ欲しいなぁ、ギブソン…せめて…本物は高いし、これ以上本数増やせないから…偽物(模倣品)でも…』
との思いが強まり…
って、模倣品の“偽ブソン”君を譲っておきながら、ですよ。
結局、当時誰にも譲らずに手元に残したパールのギターを、今になって自分で改造した自家製模倣品、“新・偽ブソン”君誕生!
改造前と改造後の写真を並べてみた次第です。

系統としては、本家ギブソンの“DOVE(ダヴ)”というモデル(70年代仕様)の和製模倣品に属するかと…
(ワカル方にしかワカラナイことは、わかっております…)。

バカだよなぁ…
くだらないよなぁ…

でもね、自力で弦高調整もして弾き易くしたし、ちゃんと練習するのでね、今年も宜しくお願いします!
三人組LIVEは29日、鶴見ラバーソウルです!

キミの命は

か「見ちゃいけないんだよ、ソレはさぁ」
一昨日、かーちゃんに叱られた。

アレからまだ二週間…
皆様がどうお感じになられるか…
ただ…
変わり身の早さだとか、ワンスケへの情の薄さだとかでは、決して無いのです、わかって頂けるとは思いますが…って、誰もそんなこと言わないか、そんな…。
と、多少の逡巡はあるものの、隠しておけるモノでも無いので、本日ココに書いてしまいます。
(と、書いてる途中で事態が激変してしまい…隠しとけば良かったような気分もあります…)。

実は我が家では、年が明けてしばらくしてハンナがワンスケの不在を理解し始め、次第に元気が無くなって来るにつれて、
僕「このままじゃ…」
か「ハンナの子分(我が家では“コビン”と呼ぶ)を探さなきゃダメか、コレは…」
みたいな会話がなされるようになっていたのです。
あ、ワンスケ=親分(オヤビン)だったのでね、ソレで“コビン”ですね(え!?親バカっぽいっすか!???)。
       201012301056002.jpg
ニンゲンの遺産相続なんか(を話し合い始める時期)もそうなんだけど、周囲の例だと何となく、
『ソレ(=例:コビン探し)はまぁ、四十九日が過ぎてからね…』
みたいな暗黙の“ナニか”みたいなのもあるような無いような…なのだけど、どうもハンナさんがもたない気配だったのだ、そんな長いこと独りでリーダーなんて任されても。
              201012301056003.jpg
僕「どうかねぇ、四十九日とかねぇ…」
か「でもねぇ、ペットショップに買いに行くワケじゃないから、四十九日です、ハイ!って次の日に決まるモンじゃ無し、ましてやハンナさんとの相性優先で探すんだから、ネットぐらいはチラチラ見といて、保護犬(成犬)譲渡会に行ってみるとかね、そういうのは始めてもイイかもねぇ」
                     201012301056001.jpg
年明けの職場は至って静か。
カチャカチャと、所長(=私ですな)のPCの音ばかりが聞こえる(っつうか、オレだよ、だから)。

しかし何だ、ハンナさんを引き取った6~7年前に比べると、随分と増えた気がするなぁ、“保護犬 里親”なんつって検索するとね。
誤解を恐れず表現するならば、あの頃以上に、
『選び放題』
だ、ネット上では。
安っぽい正論だけど、
『当分(=殺処分が存在する限り、の意)要らない』
ってのが直ぐ実感出来るね、人気犬種の過剰な繁殖とか、商品としての仔犬販売とかさぁ、ここらで言えば“ビバペッツ”(←敢えて名指し)だとかね。

ただねぇ、里親探し系って、チラチラ見てる分にはイイけど、実際に動こう(=申し込もう)とすると、思いの外“里親適格審査”が厳しかったりするからねぇ。
我が家だって若い頃はダメ出しされて、やむなく“買った”んだものなぁ、ワンスケは。
“里親探し”と“里親審査”、この辺りはウチのかーちゃんや犬やかんさんなんかにお話し頂くと…あ、いや、コメントなんかじゃ収まんないでしょうねぇ、きっと。

あ、ハナシ戻します。

ネット上だと、無数の保護犬(成犬・仔犬とも)が、取り敢えずの“預かりさん”の元で暮らし、それなりに“飼い犬”的な穏やかな表情を見せていることが多く、えと、こんなこと書くのはホントに申し訳ないというか、
『お前、ナニ様!?』
的ではあるのだけれども…
例えばですよ、ビーグル犬が載ってたとしてもですね、
『ああ、こんな可愛いビーグルは、直ぐに誰か現れるだろうなぁ、里親さんが』
なんてね、そんな気がしてしまったりするくらい、なんか、ちゃんとしてますよ、預かり系里親探しのサイトさんは。
(皆さん本当に一生懸命になさっている、その行為自体を茶化す意図ではございません&ハンナの時にもとてもお世話になってるのに、ホンっとに偉そうでゴメンナサイ)。
でもね、少なくとももう、“殺処分の順番待ち”からは逃れられてるし、今の“預かりさん”を主(あるじ)と信じて過ごせている安堵感ってのは、コレは間違い無いワケです、表情でわかるもの。

んで、PCカチャカチャ所長はですね、カチャカチャやってる内にぃ、開いてしまったのですねぇ、関東某県の、動物愛護センター(いわゆる保健所→数日後に殺処分)系のですね、“収容犬”の情報をですね…

先ほど述べたような里親探しボランティアサイトの、
『このコはこうこうこういうコ!で、こんなであんなで元気です!』
みたいなアピールとか、う~んと、ある種の“サービス精神”(!?)みたいなのってのは全く無いワケでして、実にこう、
『コレが今“収容”されてる犬です』
というね、淡泊っつうか、寒々しいというかね、空気がもう、違うのね、サイトの持ってるさ。

4頭載っていた。
番号からすると、今年の6番、7番、8番、10番。
『9番のコは、飼い主が現れたのかもなぁ…1~5番はどうだったのかなぁ…』
なんつうことを考えるより先に、4頭の内1頭がビーグル犬であることに、直ぐに目が行く。

『収容日1/7、収容期限1/13』
見たのは、一昨日(1/12)だ。
どうもココは、原則収容後4日間(収容日+3日)ってのが期間なんだけど、土日祝は除くからその分延長、従って7日に“収容”だと、三連休分の延命期間ってことらしい。

情報は、大きさが“中”ってこと以外、何歳ぐらいとか何キロだとかは一切無しなのだが、何しろ写ってるのはビーグル犬、♂、で、“期限1/13”だ。
もう、この時点で涙が出て来てしまったPCカチャカチャ所長。
昼飯時に、かーちゃんに告げる。

僕「あのさぁ…期限、13日」
か「えぇ~~~!!!(と、既に涙目)」

そして、冒頭の、僕を叱る言葉へとつながるのだった。
そう…見てはいけないサイトだったのだ…。

“収容期限”の意味するところなんて、良くわかってるハズの我が家。
でも、それでも電話を掛けて、そして、聞いてしまった…
僕「あのぉ…期限後はぁ(どこか一旦引き出してくれるボランティアさんとかと、連携してたりとかぁ)???」
愛「ハイ、期限後は、翌朝ですから、そのビーグルは14日に殺処分ですね」
僕「(やっぱりなぁ…)えと、例えばですね、取り敢えず会いに行って、と言っても、13日中じゃないとダメ!?(取り敢えず、どっかにハネておいて頂いて、えと、取り敢えずウチが引き出して、んで、取り敢えず…取り敢えず飼わないかも知んないけど誰か見つかるまで預かるとか)えと…」

言ってることは無茶苦茶、というか、考えてることそのものが“取り敢えず”の嵐。

『4頭いるのに、ビーグルのみにこういう態度…』
ってのも、自分でもわかってるんだけど…いや、
『そうは言っても、1頭でも殺処分を回避出来れば』
ってのも、一応は間違って無いのかな!?ってのも、アタマでは理解しているつもり。

愛護センターの女性は続けた。

愛「え~と、お電話頂いてるのは宇都宮のセンターでして、実際に犬がいるのは日光のですね、“処分場”を兼ねた場所なので、かなりの山奥でして、一応5時まではやってますけれど…13日中と言ってもですね、4時過ぎて暗くなっちゃうと、もう、探せないぐらいの真っ暗な山の中なんですよね、会いに行かれてもですね」

何だか、どうして良いのかわからなくなり、途中からはかーちゃんに代わって貰った。

今のところ本来の飼い主も、新たな引き取り手の申し出も無く、13日中(の明るい内)に“会いに”(電話での問い合わせだけではダメ)行かないと、14日にはガス室行きであること。
(もし引き取りを前提とするならば)今は本来の担当者がいないので何とも言えないが、宇都宮のセンターに置ける空きスペースがあれば、13日の夕方に山奥から引き出して来てそのスペースに入れ、14日の処分場行きは見送り、15日に会う機会はセット出来る(かも知れない)こと。
山奥にも電話番号はあるので、そっちに掛けて貰えれば大体の様子などは聞けなくも無いが、処分場に体重計は無いから重さは計れないし、白髪まじりなので若い犬とは思えないこと。

と、パラパラと情報が入り、アラララ的に面会方向へと展開して行く。

山奥の処分場にも電話、また情報が入る。

片手で持てるくらいの、10キロ欠けるぐらいの軽いコであること。
動きがゆっくりしていて、他の犬とももめることは無い、穏やかなコであること。
でも、『お爺さんですから(先方談)』ってぐらいの“ゆっくり”なので、引き取ってもそんなに長くは一緒に暮らせないであろうこと(『13歳ぐらい(先方談)』)。

か「だから見ちゃダメなんだってば…(今回はたまたま10キロ以下だけど)例え大きかろうが重かろうが、何歳ぐらいだろうが、我が家に(勿論ハンナにも)合わないコだろうが、処分されるの放っておけなくなっちゃうんだから…だから、保健所系は見ちゃダメなんだってば…」
僕「ゴメンナサイ…」
か「でもねぇ、ガス室じゃなく、ウチで最期まで暮らすか!?って話だよねぇ」
僕「そうねぇ、殺処分じゃなくて、数年一緒に暮らして、僕らが見送ってあげるよ、って話なのかぁ」

そういうことか…見てはいけなかったのだなぁ…。
あ、いや、高齢犬だからダメってハナシじゃなくてね、見過ごせなくなっちゃうのがわかってるんだから、見ちゃいけないというね。

一昨日の夕方のセンターからの連絡で、僕らが15日(土)、“運命の”宇都宮へと向かうことが決まった。
面会後、こちらに引き取りの意思があり、彼に病気などの問題が無いことが確認されれば、
『16日(日)には引き取ること』
『譲渡前にチップを入れるので、引き取る前に名前を決めること』
『2月に入ったら“講習会”を受講すること』
などが条件らしい。

僕はその連絡を貰う前に、“気持ちを強く持とう”と思い、近所の“ビバペッツ”に寄り、ショーケースでじゃれたり眠ったりしている10万円~20万円前後の沢山の商品(=仔犬のことです)を眺めていた。
商品を眺めていても、そしてそれをニコニコしながら見つめている多くのお客さんを眺めていても、涙が出て来る。

『ワンスケ…とーちゃん、間違って無いよな!?ワンスケ…』

~~~以上が、書ければ昨日書いてたところまで、であります。

見てはいけなかったサイトかぁ…でも、ついね…
って、昨日は更に13番~18番の、6頭増えてるし、“収容”犬。

で、本日1/14…“期限1/13”だった6番、7番、8番は、サイトから消えました。
内、1頭は宇都宮に移されたビーグル、残りの2頭は…僕にはワカリマセン。
10番クンは“収容日1/11”なので、“収容期限1/14”です。

今朝になって、かーちゃんが彼の仮名:Gさん、を発表。
処「お爺さんですから」
処分場のヒトにそう言われて、だと思います、この仮称は。
明日の午後には仮名:Gさんと…。
ホント、凄い展開だよなぁ…と思いながら出勤。

が…先ほど、かーちゃんから電話。

宇都宮からの連絡で、昨日センターに移された彼が…血尿…。
このようなケースでは、原因を調べるとか、そういう手間やコストは掛けられず…今回の面会の話は無しに。
“話は無し”=殺処分、と、直ぐに理解する。

勿論、かーちゃんは、
か「引き取ってから調べるというのではダメですか?」
と食い下がったらしいけど、病気のコを譲渡することも治療することもしていないし、もしかしたら伝染病だったりする可能性もあり、ハンナや僕らに対する責任が持てないので、とにかく病気が出たら譲渡中止、一律“処分”なのだとか。

外側から俯瞰してコミカルに表現すれば、ある意味我が家らしい、怒涛に怒涛を重ねる展開、ではあります。
でも、真面目に考えると、登場人物達は全員真剣なのに、でも、全く救えないのであります、アチラも真剣、こちらも本気、なのに。

それと…ビーグルだから僕らもこんな動きになったけど、
『では他の多くの“収容”犬はどうすんの!?オタクが反応すんのはビーグルだけかい!?』
というね…何もウチがそんなことまで抱え込まなくてもいいワケなんだけどもね…。

そしてまた、僕は問い掛けます。
       201012180921000.jpg
『ワンスケ…とーちゃん、間違って無いよな!?ワンスケ…』

昨日の出来事



え~、スミマセン。

昨日はちょっと、バタバタと、今後の人生にも影響して来るかも知れないような出来事があったのですが…。

今朝から出張だったり、夕方から研修だったり、夜は飲み会だったりして、とても書き切れません。

ワハ母さんの日記もアップされたようですし、我が家にまつわる読み物としましては、今日のところはそちらをご覧頂くってことで…。

いやぁ、それにしても…
コレから何がどうなって行くのやら…

昨日の出来事の詳細はまたいずれ。

美しい犬



ワンスケの写真はしばらくはどうのこうの…と書いたばかりですが、見てるとやっぱ美しくてねぇ…
と、1枚載せます。

いやね、29日のマシューさんとの3人組LIVEに向けて(の3人組リハーサルに向けて)、独りでSTUDIOに入ったのですよ、今夜。

イブ・イブ以来だから、三週間振りかなぁ、ちゃんとギター弾いてちゃんと唄ったのは。

アレ(=12月23日)からね、色々あったからねぇ。

もう、ちょっとした曲のちょっとしたとこで、独りで泣きながら唄ったりしてね、練習して来ました。

自分では、
『全ては“作品”(=作り事)なのだ』
と、そう思っていたし、公言もしていたつもり…だったけど、何となくわかった気がしました…
自分の作品が万人には受けなかったり、生々しいと感じる方がおられたり、故に苦手と仰る方も…ってあたりの理由がですね。

“作り事”のハズなのに、自分で泣いてりゃ世話無いね、ったく。

“♪美しいひと”という曲があります。
僕は全く美しくは無いのだけれど、ワンスケはホント、美しいものなぁ、どの写真もさぁ…。

あ、ハンナさんもね、ウヅグジイかな!?うん…

ワンスケの写真

ワンスケの生前且未掲載の写真、ホントは沢山あるのです。
              201101060843002.jpg
              こういうんじゃなくてもね…

しかし、なかなか使おうという気持ちにね…そこは、ちょっとずつかなぁ…
年末には随分沢山撮影もしたけど、ソレ(=闘病中の写真)って彼にとってはねぇ、不本意なのだろうなぁ、とか、思うワケでして。

僕『いつまで撮れるかわからないし、撮りだめしとこうかなぁ』
なんて、そういう気持ちが全く無かったとは言えない、そんな自分がなんだかちょっと…ってのもあるし。

あ、この写真はですね、仕事上の名刺とか名入り封筒とかを頼んでいる近所の文具屋さんご夫婦がですね、なんだかワンスケ(&ハンナ!?)のファンってことでして、いつだったか二匹分のワッペンを作って下さったというですね…
大事に取っておいたまま、本犬は旅立ってしまったもので、今はお骨の近くに飾ってあります。

>Chrosawaさま

どうも有難うございます。
もう一緒にアチラで走り回っていることと思います。
が、ワンスケにはですね…
先に逝ったセントバーナードの恋人(完全に両想いでしたね、見事に、コレが)がいるもので…真っ先に探し出して、今頃はそのコともベッタリくっついてると思われるワケでございまして…
果たしてChrosawa家のご両犬が、バーナード連れのワンスケと仲良くして下さるかどうかってのが…???
       201101070858000.jpg
ハンナがどんなにワンスケを想っていても…
やっぱワンスケは一緒にいるのだろうなぁ、バーナードの彼女とね、アッチでさ。

ハンナへのリーダー宣告




本日はワケあってニンゲンは体調不良。

天候も良くないし、何もする気がしないので、
僕「ハンナさん、ワンスケが居なくなって、キミも不安だろうけど…今日は僕らはイマイチだからさ…キミが一家のリーダーね!今日は!」
と、半ば強制的にニューリーダー宣告!

ええ、自らの“宣言”じゃなくてね、コッチからの“宣告”ですね…って、読んで下さってる皆様からしたら、
『いいオッサンが、ナニをママごとみたいなことを』
ってハナシなんでしょうが…

しかし、コレがまた不思議なことに、ニンゲン二人がダウンしてる中、ハンナだけがピンピンしていて、食事や排泄も自分から要求する気配を見せてくれたりすると、それなりにリーダーっぽく感じなくもなかったりするものなのですねぇ、ホント不思議。

ま、頑張ってくれたまえよ、ハンナさん!

猫もハンナも



昨日は裏磐梯から山形方面へ移動。

ワンスケがいた昨シーズンまでにも随分多くの“犬OK宿”を探し、アチコチ行ってみたワケだが、我が家の実感としては…。
15000円以上の比較的豪華系の宿と、1万円以下のリーズナブル系宿とで比べると、犬連れ一家としては圧倒的に後者の方が居心地が良いことが多く、また、
『仮に犬連れじゃなかったとして』
と考えても、料理の質と適度なボリューム、そして宿の方々の気配り目配りその他の総合評価で、やはり後者に軍配。

ってことで、昨日は前日にネットで探しあてた一泊7000円の温泉宿に、晩飯時だけ隣町に住む親戚一家に来てもらってプチ宴会。
いやぁ、今思い出しても素晴らしい、全て自家製の精進料理!
あるのだなぁ、探せばまだまだ、ああいう宿が。

で、本日は無念にも悪天候。

雪山歩きは諦めて、親父の実家=本家に寄ってご挨拶。
猫は実家のコタツにへばりついて寝てるとこをパチリ、の一枚。

午後も特にやることが無いので、米沢の町に出て、(雪歩き派の行動的には全く意味不明ながらも)映画『相棒』を鑑賞。

今は今夜のお宿、小野川温泉に。

ここは昨シーズンも、ワンスケも一緒に“専用温泉付き離れ”という贅沢な部屋に、
『直前予約割で1万円』
という、何だか申し訳ないような宿代で泊まったのだけど、今回は犬OKの離れは17畳の高額部屋を除いて満室。

宿「他にワンちゃんとお泊まり頂けるのは…トイレも洗面もついてない“旧館”でして…そこでよろしければ一泊7500円で結構ですが…」
と言われていたのだが、実際に通されたのは…信じられないくらいにキレイで広々13.5畳の、
『どうすりゃイイんだか!?』
っつうくらいに気分の良い一室。

トイレついてないっつったって、部屋出てすぐに新館の扉があって、その先にキレイなトイレがあるし、部屋付の専用温泉は無くても新館の大浴場は入り放題だし…

うーむ…
宿側の値付けの基準って、客側が感じる寛ぎや満足感・納得度とかとは、必ずしも合致しないのかも…!?

で、その広々和室のコタツにですね、さっきの実家の猫同様にへばりついてるハンナさんの図、ですね、二枚目は。

今の僕らの生活にコタツは無いので、冬の格安旅行で身についたのか…
はたまた、前の飼い主さんちがこういう暮らしだったのか!???

って書いてるうちに、ハンナったらコタツに入って寛ぎ始めましたねぇ…犬かよ!???

ハンナ歩く






朝から裏磐梯に向かい、昼飯は某ホテルのランチに寄って、磐梯山あんかけメシ。

ホテル値段だけど、早い話、山型の焼き飯にキノコあんかけを自分でかけて…

えと、気を取り直して五色沼クロスカントリー!

都会では全く冴えなかったハンナ…イイ感じ!
やっぱ田舎娘なんだなぁ…
しっぽも立ち気味だし、ニンゲンより前を歩くし!

この調子で元気出して行こうぜぃ!

ってことで、間もなく田舎の親戚と晩飯の宴なので、本日は以上です。

いてくれるだけで良かった



僕のケータイで撮った“二匹で写ってる写真”は、(まだ数枚あるけど時系列的には)コレが最後の一枚みたいです、2ショットと言ってイイんだかどうだかはワカラナイけど…。

コレでも今より穏やかな顔してんのね、ハンナ。

今、誰が可哀想って、もう何だか見てるコッチが辛いくらい、ハンナが日に日に凹んでってます。

表情は基本的に暗く沈んだまま、年明け後の嘔吐は既に3回を数え、都会では散歩に連れ出してもろくに歩きたがらずに直ぐ帰ろうとするし…

そうそう、一家で散歩や山歩きをするのに、ハンナ&とーちゃん組とワンスケ&かーちゃん組に分かれて歩いていた頃は、
ハ『ドンドン行ギマショウ!』
とズンズン歩いて行きつつも、時折振り向いては、
ハ『アラ!?気付イタラオガーサンガイナイワ!来テル!?後ロカラチャントツイテ来テル!?』
ってな顔して後続隊を見つめていたけれど…

今思えば、アレは、
ハ『ワンスケちゃん!ワンスケちゃんはついて来てる!???』
だったんだなぁ、オガーサンよりも。

今やオガーサンと二人きりの散歩も、全く歩かないって言うからね…ワンスケがいないから…

この時間も…とても暗い表情で眠ってますね、ハンナは。
ホント、見てるコッチも哀しくなるよ…。

ウォシュレットからシャワートイレに

夢を見ました。

こないだワンスケが青い光になって、
ワ「じゃあな!」
と言いに来てくれたお陰でしょうか?

まだ一週間なんだし、
『何もそんな直ぐに』
とは思うワケですが…。
                     201101060843000.jpg
か「ワー!このコにしよう!このコ!」
俺「…(えっっ!???この小さいの?ナンで?)…」

夢の中で、関東某所に新たな保護犬を引き取りに行くのだけれど、かーちゃんは何故かチワワだかシーズーだか(今思うと多分シーズー)を引き取ると言い出し、
『今度も中型犬だろ、当然、我が家は』
と思っていた僕は、呆気にとられてしまい…でも、ナンだか有無を言わさぬ勢いでそのコを抱いて帰ろうとするかーちゃん、ってな光景が…

何だったんだろ?あの夢?
       201101060843001.jpg
え~と、当然と言えば当然ながら、年末年始は犬の話題が多かったですが、一応ちゃんと日常生活も送っておるのでありまして…
今日は、年明けから調子が悪かったトイレ(便座)を、思い切って交換することにしました。

実は、もうかれこれ3~4年にはなるんじゃないかなぁ、不具合は(って、長いッスね、3~4年って!)。

ノズルがですね、
『カタカタカタカタカタカタ~~~』
という音だけして、出て来なくて洗えないって現象が出てたのですね、数年前から。
でも、5回に1回ぐらいの比率で復活したり、しばらく正常な状態が続いたり、で、そうすると不具合のことは忘れて半年ぐらい過ごせたり、でも数カ月に何度かはノズルが出て来なかったり~~~の繰り返し、コレで数年経過。

ま、洗えなくても“普通のトイレ”というか、温かい便座としては支障が無いってのもあって、なかなかね、きっかけが無かったと申しましょうか…。

しかし、年明け(=昨日ですね、正しくは)からは完全に故障状態と言いますか、10回押そうが何しようが、一向にノズルが伸びて来ないままに。

『カタカタカタカタカタカタ~~~(ノズルが出ようとするけど出ない音)』
『シュワァ~~~(引っ込めるボタン押すと、引っ込む時の水音だけは聞こえる)』
これを執拗に繰り返してみたのですが、全くダメ。

メーカーにも電話したけど、そもそも7年モノぐらいの中古マンションに越して来て、その後更に10年以上経過してるから、
メ「状態を見に行かせて頂いて、で、部品があれば交換も可能ですが、何ぶん旧い商品ですので~~~云々」
ってな調子で、言外に、
メ『どうよ?新しいの買えば?』
的だったりしますね、さすがにね、メーカーさんとしてはね。

ってことで、昼休みに近所のホームセンターに寄り、勢いおススメのお買い得品を購入し、そのまま一気に自分で交換作業!…のつもりだったけど、コレはある程度想像していた通り、結構な作業ではありました。
まぁ、
『出来無くもないけど、やらない(買った店に工賃払って取り付けも頼む)ヒトも多いだろうな』
っていう、ビミョーなレベルですね、作業内容としては。
特に“水”に絡むからねぇ、アレはちょっと厄介。

しかし、
私「一時間…いや、30分もすれば戻るから」
と、有能な事務員さんに告げたまま…結局2時間ぐらいかなぁ、何とか粘って作業完了。
“お買い得品”とは言え、“ウォシュレット”のライバル会社のちゃんとした“シャワートイレ”に交換出来ました。

私の様な“センセイ”の平日の昼間の2時間をどう評価するのか?ってモンダイはあるが、財布から出て行くキャッシュとしては2万円程度で済んだので、まぁ良しとしましょう。

こないだ実家でも便座取り替えたらしいけど、電器屋の言いなりで頼んだから、一ケタ違ったみたいだもんなぁ、出費が。
まぁ、アチラはトイレ入ればフタは勝手に開くし、立てば勝手に流れるし、壁にリモコンのパネルはあるし、の、かなりの上位機種なんだろうけど。

でもねぇ、フタが自動で開閉しなくても、勝手に流してくれなくても、壁にリモコン無くても、ナニも問題無いのであるからして、アレはちょっと、近所の電器屋にイイ様にやられてる気がするな、年寄りの二人暮らしだし。
と言いつつも、色々やってくれる街の電器屋ってのも、田舎じゃ大切な存在なんだけどね、直ぐ来て、ホントに色々見てくれるらしいし。

現実の始まりです



昼間は赤羽エリック氏を含む、地区同業者の新年役員会議。

ヤツは、
赤「高熱と下痢と咳です…ゲホッゲホッ」
と、マスクもせず、医者にも行かずに出席。
う~む、風邪なんだかインフルなんだかノロなんだかワカンナイままって…
迷惑っつうか、マナーだろうよなぁ、大人のさぁ…一応全員自営業だしねぇ、集まってんのは。

ってことで、なるべく離れた席で、ヤツにはあまり発言させないように(ってのはウソだが)気を付けて過ごす。

さて、新年の“現実の生活”のスタートです。

立場上で声が掛かった“他業種の新年会”ってのに、今年は真面目に出席させて頂くことにしたのだが(去年は周囲の方々に代理出席とかで分担願った)、改めてスケジュールを見て愕然としてしまった…

何か、数えてみると軽く5~6本はある気がするなぁ、新年会。

あ、いや、“新年会”って言ってもですね、“他業種の”っすからね、コレはなかなか大変そうだわ…

『赤エリ氏から変な“菌”をもらってませんように…』
そう祈りつつ、本年の宴会第一弾の会場へと向かうのであります。

正しくはハンナんちなのか



昨日の明け方、半分眠り、半分醒めた状態で、青い光を見た。

『ワンスケかな!?』
寝ぼけた意識の中、ヤツが
ワ「とーちゃん、じゃあな!」
そんなことを言いに来たように感じて、一生懸命に青い光を眼で追ったのだけど、しばらく近付いたり遠退いたりを繰り返して、やがて消えてしまった…。

うーん、アレがワンスケじゃないとすると、俺が眼か脳の病気ってことになっちまうから、やっぱワンスケだろ!?あの光は!?

ということで、昨日は“ワンスケんち”なんてタイトルにしちゃったけど、我が家はホントは“ハンナんち”になってくんだわなぁ、これからは…

って、いやぁ、なかなかそうは呼んでもらえそうも無いなぁ…自分らもね、イマイチ自覚無いね、“ハンナ一家”って!???

はてさて、職場は今日までは休みってことにして、電話だけ転送かけて、結局都会には戻らずに過ごすことに。

本当は区の賀詞交歓会に出席予定だったのだけど、まぁね、暮れがのんびり出来なかった分、今日は勘弁して頂くことにしたのでした。

が、一応何本か電話は鳴るワケでして、その内一本は税務署からの、そう、昨年の税務調査の結果絡みの電話だったりして…一気に正月気分はフッ飛ぶのでした。

明日からは、ワンスケのいない状態での社会復帰。

ワ「じゃあな!」
はわかったけどさ、頼むぜ、ワンスケ!
どっかで見守っていてくれよな、とーちゃんをさ!

ん!???
なんでハンナに頼まないんだ!?俺は!?

ワンスケんちの三が日



『寂しい』
とか、
『哀しい』
とか、そういうのは、長く続く“その後”の人生の極初期の症状であって、中長期的には大丈夫な気がしてます、重ための“ペットロス”とかね。

しかし、二人というか三人というか、一家全員がハッキリ認識し始めてるのが、
『つまらない』
とか、
『面白く無い』
という、日々の現実。

“三が日”という、公然と“グウタララ”の口実が立つのを良いことに、みんなして実に無気力な数日を過ごしてるけれど、根底にはこの、何やってても、
『つまらない』
ってのが大きな要因としてあるのみたいです、間違い無く。

果たして、明日からの我が家が、この“軽度(←ホント!?)ペットロス”から立ち直り、ワンスケの(多分)望む普通に楽しい日々を取り戻せるのか…

そうそう、今年は正月恒例の会津檜枝岐行きは見送りましたが、ワンスケ自身の希望としても、あった気がしてます、
『オレ、今シーズンはもうイイや、雪山歩きはよぉ、寒ビィだけだし』
みたいなね。

嗚呼、このテの“ノーサンキュー”的な態度がね、目の前から消えちゃったのも含め、
『面白く無ぇなぁ』
ホント。

暮らしの中の犬度数



>ナイルの下女さま

ありがとうございます。
また、この4年ほどでしょうか、そちらのご家庭でニンジンジュースを搾った後に出る有機人参エキスを、我が家の手作りワンメシの素材としてご提供し続けて下さり、本当に有難うございました。
アレでどれだけワンスケの健康を維持出来たことか…
今後とも、ハンナがハンメシの素としてお世話になることと思いますので、引き続き宜しくお願いします。

さて、時間の経過とともに、飼い主としての反省会めいた会話がなされる様になって来ました。

かーちゃんの犬日記を振り返ると、自分たちが認識してる時期(11月初旬~)よりももう少し早い段階で、最期の大病の予兆が出ていたことが分かり、
『あぁ、この時に焦って西洋(=対症療法、投薬、ステロイド等)に走るべきじゃあ無かったのだろうなぁ…ワンスケが東洋(=鍼治療、気功、温灸)向きなことは分かってたんだし』
と、そんなことに気付かされたり…。

でもねぇ、そん時はそん時で、
『もう高齢だし、鍼とかでジンワリと“自然の治癒力引き出して”とかじゃ無くて、例えステロイドでもイイから即効性のある方法でワンスケの負担を早く軽くしてあげたい』
って判断だったからなぁ。

こういうのが、経験された皆さんがおっしゃる、
『ああすれば良かったかな?こうしてあげてたらどうだったかなぁ?』
みたいなね、そういうことなんでしょうねぇ、きっと。

あ、アレです、
『東洋だったらもっと長生きさせられたかなぁ』
ってのとは、ちょっと違うのですよ。

えーと、例えば天寿としては同じこの12月30日という運命だったとしても、
『投薬に走らず、始めから新たな鍼医者を検索するべきだったのだろうなぁ…薬に向かないアイツに、苦しい思いや辛い思いをさせずに、途中途中、もっと穏やかに過ごさせてやれたよなぁ』
というですね、どちらかと言えば確信ですね、“たら・れば”というよりも。

そのことだけは、本当に申し訳無く思います、ワンスケに。

特に、11月下旬から12月上旬あたりかなぁ、辛い思いをさせたのは。
12月入って鍼医者を見つけ、投薬をやめてからの穏やかな姿を想うと、西洋獣医さんが云々では無しに(というよりそちらにはそちらで感謝しつつ)、自分たちの選択自体をね、
『過去に(東洋向きなのは)経験済みなのに…』
と。

でもなぁ…

終盤だけでも気付いて“あげられた”と、そう思って顔上げて、ハンナと歩き出さなくちゃ、な、ハンナ!

って、ハンナさん…
3日経ってようやく事態を飲み込みつつあるようで、徐々に元気が無くなって来てる気がします。
コレってイイことなんだか、どうなんだか…!???

それと…

暮らしの中の“犬度数”みたいなのがですね、大切なのかもな?と、思いますですなぁ、こういう時、
『このコは私の命!』
みたいな、犬100%の暮らしだったりしてたら、コレは耐えられないだろうと。

仕事だったり家事だったり親のことだったり音楽だったり、あれやこれや“やるべきこと”があって、どんなに想いが深いと言っても、
『生活全体で見たら30%』
とかね、適度な比率を保たないと、コレはキツいと思います、実際、
『考えてばかりいられないから考え無いようにする』
みたいな時間、あるもの、直ぐ泣けちゃうし。
|TOP|

プロフィール

とーちゃん              下の方で遠慮がちにRanking参加中

Author:とーちゃん              下の方で遠慮がちにRanking参加中
故・wansuke爺
 「やい!とーちゃん!
  何だよ、コレ!
  こーゆー甘ったるい写真、
  いつまで使う気だよ!」
故・hanna婆
 「ヤット再会デキマシタ…」

[LIVE関連]

10月2日(月)大塚Welcomeback
19時~!ダッキャン参加の3人組!

盛岡ツアー2017第4弾決定!
10月13日(金)盛岡クロスロード
10月14日(土)盛岡ビートルズ
10月15日(日)おでって盛岡
中津川べりフォークジャンボリー出場!

番外編!?日本語ビートルズ連発!
10月22日(日)ヤァ!ヤァ!ヤァ!'17
六本木ABBEYROADに登場!

11月23日(木・祝)ビートルズ大会
at大塚Welcomeback

毎月第4日曜日朝~昼頃
大田原日曜朝市出演中!
行ける月だけですが・・・

『K介のSongs&Dogs
   ~週末はミュージシャン』
3曲分の動画を毎週月曜日UP!
YouTubeにて続々配信中!

[CD・DVD関連]

親指企画17年振りのスタジオ録音アルバム!
『Songs&Dogs』完成!!!
DSC_0273.jpg
若き日の3人組LIVEのDVD付きです。
CD13曲+DVD16曲入り、カンパ1,000円!
DSC_0281.jpg

月別アーカイブ

寝姿を見ちゃった方々

hanna嬢「おがぁさーん、おろーさんがヘンなことやってるわぁー」

wansuke爺「じゃ、またな!」

hanna嬢「おろーさん、頑張って!」

wansuke 「おい、とーちゃん!このランキング、ちゃんと設定出来てんのかよ?」 とーちゃん 「・・・自信ナイ・・・」

FC2ブログランキング

バカ嫁hanna 「1日1回、ポチッと押してみれくらさいねぇ~」

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索