男達の旅




入院しているがために弱る、みたいな感じは犬も同じらしく、帰宅したハンナさんは、夜にはもう、気持ちだけは元通りに。

病院だと金属製の個室なので、立てないのが脚力不足のためなのか床がツルツルなせいなのか分からなかったのだが、帰ってみたら実は、本犬的には完全に元通りの暮らしがしたいという、強い気持ちがあることが判明。

かーちゃんが台所に立つと、
ハ「ワ、ワ、ワラシもゴハ~ン、ゴハンらわぁ~」
と、信じられないことに段ボールから立ち上がろうとして、生まれたての子馬状態に。

ハの字ハの字になりそうながらも、何とか四つ足で立つハンナ。
と「おぉ、やはり床がちゃんとしてれば立てるのか!!」
なんつってると今度は、
ハ「ゴハンらわぁ~ゴハンらわぁ~」
と、ナントよたよたと歩くではないですか!!!!!!

ということで、ありったけのマット類を床じゅうに敷き詰めて、ハンナロードに。

嬉しいけれども困ったのがトイレ。
アタマが覚醒して来ると、やはり寝床に敷かれたオシッコシートなんかにはしたくないワケで、従来通りの外シッコを要求し、室内じゃしたくないと頑なな態度。

えぇ、行きましたよ、ハンナさん抱えてエレベーター乗って、どしゃ降りの中オシッコ場所まで運んで。
ちょっとまだ、いつも通りの低い姿勢は出来て無かったけど、それでもね、外でしたがるその気持ちがね、嬉しいじゃあないですか!!

実は昨日はまだ獣医からは、
獣「もし無理そうなら、夜にでも連れて来て下さい。念のため、点滴の針は着けたままにしときますから」
なんて言われていたのだが、一夜明け、どうやらホントに大丈夫そうなので、僕はノリスケと日帰りドライブに。
畑の様子も気になるし、ノリスケとハンナの両方見るのは大変だから、今日なんかは男女別行動ぐらいがちょうど良いのであるよ。

ということで、朝どりのナスとマメとオクラとひき肉で、ミルクベースの特製スープカリーなのだ!!
中央の赤いのは…唐辛子ではなくて…ハバネロです!!
良い子は真似しないように。

いやしかし、これはホントにカラウマっす!!


スポンサーサイト

二匹の具合



二頭飼いで二頭ともアレだなんて、滅多にあることでは無いのだろうなぁ。

なぁんつって、ナニゲにツーショット!!
そう、本日ハンナさん、退院(仮)でございます。

実は午前中都会で仕事があって、そのまま地下鉄で病院に向かい、かーちゃんとは現地集合ってことにして、昼の休憩直前ギリギリに様子を見に行ったら、
獣「立とうとしたがりますが、まだ自力ではちょっと…ですけど、うーん、もうしばらくお預かりしてもイイですし、もしアレなら、まぁ、一時退院というか、大丈夫ならそのまま退院というか、どうなさいますか!?立てないまま排泄だとか…受け入れの準備とかもあるでしょうし…」
と、話は急展開。

と「そりゃまぁ」
か「ネェぇ」
と一旦帰り、段ボールやら何やらで受け入れ態勢を整えて、車でお迎えに。

イイなぁ、ツーショット…。
頑張ったね、ハンナさん。
ありがとう、ホント、ありがとうね、ハンナ。

だがしかし、ツーショットは見事にダブルラッパ。

実はノリスケは、昨日あたりから次第に“泣き”の頻度が減り、しかしまだパワー全開とまでは行かず、“ちょっと大人しめの犬”みたいな感じに。
なので、我が家にやって来て以来、最も飼い易い状態とも言えるかも!?
寝ながら喋るのもかなりおさまってるし。

と思ってたら、痛みが和らぐに従って“痒み”のことを思い出してしまったらしく…あちこち掻き出したので、ラッパ復活。

元気が戻るに連れて、油断が出来なくなりつつもあって、昨夜は酔っ払ってチーズ食ってたら、
ノ「とーちゃん、スキあり!!」
とね、持ってかれましたね、んで、ノリスケよりも“スキ”だらけの私がこっぴどく叱られました…。

ノリの回復具合を見てると、まぁ、レントゲンには問題無いワケだし、これはニンゲンで言うところの所謂首のスジを違えたとかぎっくり腰だとか、そういう類いなんだろうなぁ、こう、決定的な治療法とかは無くて、でも時間の経過とともに、
『あの激しい痛みは一体何だったのか!?』
みたいに、何事も無かったかの様に治まってしまうというさ…。

ま、今日はノリのことはイイか!?主役はハンナさんだもの!!

毎日しつこいけれども“胃捻転”、助かったのはタイミング・偶然・奇跡…ハンナさん、ホントに頑張ってくれました。
ご心配頂いた皆さまにお礼を申し上げるべき場面ではありますが、そして親バカ丸出しではありますが、あのオロオロと頼り無いハンナのことです。
ハンナ自身に“ありがとう”と、もう一度書かせて頂きます。

にしても…退院~~~~~~~~~ん!!

ナンつう一週間なのだ…

先週は、楽しいLIVEの後に連休があり、かーちゃんと犬達はそのまま夏季休暇に突入という、思えば実にのどかな日々であった(まぁ、一応台風ってのはあったが…)。

ところが…どうよ!?
今週火曜日からのこの展開は!?
hannaが胃捻転って!???

いやぁしかし、知れば知るほど怖いのね、犬の胃捻転って、マジで時間との闘い。
発見や搬送、近所の獣医(←最新機器が無いのよ…)の定休日や、更に言えば年末に故・wansukeが通ってた麻布十番の鍼の担当医が退職しちゃってたりとか(←症状が理解出来ず、鍼でナンとかしてもらおうと電話してみたのです…)、そういう全てのタイミングや偶然が、逆にhannaを救ってくれたというね、奇跡ですわ、コレはね。
ホント、何があるのか、そしてどっちへ向かってくのか、ワカランものだよなぁ…。

まぁしかし、コレが犬というか動物と暮らすということでもあり、ま、ニンゲン含め“生きる”ってことなんだろうけど…。
                     静かなノリスケ
hannaの胃捻転は本当に危なかった、ホントにホントの我が家的一大事なのだけれど、すっかり静かになってしまったノリスケってのも、コレはコレで困りモノ。
困りモノではあるけれど、そしてノリには本当に本当に申し訳無いのだけれども…静かなビーグルと暮らすこの数日って、wansuke爺との生活を思い出させてくれたりも、実はしてますね、悪ぃな、ノリ。

しかしなぁ、首がダメだと全身のどこにでも痛みが出る可能性があるらしく、とにかく静かにしてるか痛みで“泣”いてるか、ってな状態。
それでいてメシや散歩や排泄は普通に出来ていたりして、どうもやはり、単に身体のどこかを痛めただけじゃなくて、火曜日の突発的長時間独り留守番がこう、精神的にキテるんだろうなぁ、悪魔クンなりに。

その火曜日まではアチコチ痒がっていたので、身体を掻いたり齧ったりしないようにラッパを装着していたのだけれど、今はもう、痒みは半分忘れてんのね、首(及び首から来る全身)の痛みと、憂鬱な気分が勝ってるんでしょうなぁ、痒みにね。
なのでこのように、ラッパはお休みなのですね、ノリは。

で、入院中のhannaはね、今日もラッパでした、ま、当たり前だけど。
今日も写真の掲載は見送りますが、日に日に眼にね、ハッキリとした“チカラ”がね、よみがえって来てます、hannaさん。
中高齢犬の超大手術後なので、若いコと違ってまだ脚が立たないのだけれど、表情が僕らにとってのhanna顔に戻ってくれていて、
ハ「アラ!?おか~さん!?マラ一緒に帰れないの!?」
みたいなね、そういう眼を見るとね、後は時間の経過待ちかな、と、そう思います。

ということで、hannaさんを応援するって意味も込めて、彼女が大々“ライスキ”な“牛”の柄のテンプレートにしてみました。
このところ、しっくり来るのが無かったり、読み難かったりしたかと思いますが、ここまでシンプルだと文字だけは読み易いかな、と…!?

問題児のモンダイ

いや、そんなことよりハンナのことを書いてくれ、と言われてしまいそうですが…チト、野郎のことを。

一昨日は、仕事を5時に切り上げて、ノリスケはそのまま留守番させてハンナを緊急搬送。
しかし、ノリスケにとってみれば、常に誰かがいる状態の保護団体から1月末に我が家にやって来て以来、
『とーちゃんとかーちゃんとハンナおばちゃんが一緒に出掛けちゃって自分だけ留守番』
なんてのは、思えばコレが初めてだったのであります。
さぞや驚いただろうし、寂しかっただろうし、不満でもあっただろうよ…オマケに、ラッパ装着状態だし。

緊急のガス抜きが終わり、ハンナの開腹手術は夕方の診察時間終了後、7時半ごろからと告げられたので、我々はノリスケの晩メシと散歩のために一旦帰宅。

僕が連れ出し、家に戻って足を拭いて…
ノ「ひゃん」
僕「???」
“鳴く”では無くて“泣く”のです、ノリが。
か「どうした?ん?痛いの?」
と色々触ると、触る箇所や触り方によってやはり、
ノ「ひゃん」
と泣く。

『どこか痛めたのかも?』
と、普通はそう思うワケだけど、しかし、留守番してるだけで何かが起きたとは考え難くもあり…。
いや、だって、普通に晩メシ食うし、立って歩くし、片足上げてションベンしてたし、ソファにものれるし…!???
結論は、
『ノリスケのことだから(←別名:悪魔クン)、寂しくて、気を引きたいとか、甘えてるとかじゃないの!?(=仮病説)』
ということに。
ま、やりかねないのだよ、悪魔クンならば。

おっと、手術の時間だな、ま、スタートには間に合わなくてもね、途中に着くようにそろそろ出ますか…と、再びノリの独り留守番開始。
ニンゲンだけなので、今度は電車で行ってみるかな、帰りにメシも食えるだろうし…。
しかし、これがだね、長かったのですよ。
夕方の診察が長引いていたらしく、僕らが着いた8時半からハンナの手術はスタート。
で、そこから手術2時間、麻酔からの覚醒待ちが1時間。
腹ペコだったので日付変わる頃に駅前の富士そば食って、んでから帰宅。

いやぁ、深夜に帰ったらさ、ノリスケ、もう、ちょっとした動きで泣くようになっちゃってまして…それでもまだしかし、ワシらの判断は“仮病説”。
信用が無いってのは、こういう時損するねぇ…
え!?
どうなのか!?
ええ、昨日になってようやく、
『もしかしたら本当にどこか痛いのかも!?』
ってなことになりまして…だって、一晩中、例えば寝てる姿勢変えるだけでも、
ノ「ひゃん」
とね、泣くのだもの。
一夜明けて、やっとですよ、散歩して、
か「ちょっとびっこかも!?」
と、昨日は定休日じゃないからね、こちらは近所の掛かりつけへ。

どうやらノリスケ、首を痛めた模様。
以下も推定ながら…
ラッパしたままの独り留守番→ラッパしたままキッチンへ突入→と思ったがラッパが突っ掛かったり引っ掛かったり→バカだからラッパしたまま暴れる→首に食い込むラッパ→食い込むラッパで痛む首筋…どうだノリ!?図星じゃないかね!?
       首痛て
       ナンでバレてんだ!?
       っつうか、信じろよ!オレを!
       早いとこ気付けっての!

それにしても一昨日の出来事は、物凄い偶然というかタイミングというか、そして今も半分夢のようでもあり、ってな感じです。

一昨日は僕が午後から出張で、かーちゃんはドラムスクール。
普通こんな日は、僕は12時ジャストにササッと昼を済ませてから出張→事務所へ、となって、マンションには夜まで戻らず、ってパターンが多いのです。
で、ドラムスクールの日のかーちゃんは、スクール帰りに家に寄らずに事務所に出勤し(一応従業員なのでね、給料払ってるし)、日によっては僕より遅くまで残業、ってなことも。
そう、たまたま僕が早メシにせず、出張の用件が済んでから家に帰って遅い昼メシに、と、普段と違う行動を取ったから、(15時前に)ハンナの異常に気付いたけれど、普段通り12時頃~夜の7時ぐらいまで誰も帰って無かったら…
“犬の胃捻転”、調べて頂くとわかるのですが、数時間放置されてたら、ハンナは…だったと、そう思われます、僕らのいない自宅で、です…。
運命ってのは、やっぱあるのだよなぁ、あぁ、助かったよ、ホント。

今日も午後からハンナに会って来ました。
昨日はまだボーっとしていて、かーちゃんのことも僕のことも、上手く認識出来ていなかった様子だったけれど、今日はちゃんと分かってくれてましたね、ハンナさん。
かーちゃんに撫でて貰って、ホッとしてる感じだったなぁ。
勿論僕のことも認識してくれて、僕が触ると(ある意味いつも通り)困った顔してかーちゃんの方を見つめてるあたりは、もうすっかり普段のハンナさんに戻ってました。
ちょっとまだ掲載する気にはなれないけど、写真も撮影。
僕にカメラを向けられると目線を逸らす、コレもちゃんと出来て(!?)ましたし。

一昨日の出来事がどこか夢の様なのは、やっぱ深夜に長時間待機してたからだと思います。
で、待機してるとこから覘く手術室がね、ガーゼ状のブラインドが掛かったガラス越しとは言え、ほぼ丸見えに近い状況だったのでね、仰向けで思い切り開腹状態のハンナの姿を、いや、全体と言うよりもスポットが当たった開腹部分をね、空腹に耐えながら見つめていた、あの深夜の動物病院での光景というのがですね、頭にポワ~ンと残像が残ってて、ソレが夢っぽいんだろうなぁ。
作業としては、腹を開いて捻じれた胃を正常な位置関係に戻して、再び捻じれ無い様に固定してから腹を閉じる、ってことらしいんだけど…開腹って、実際見ちゃうと凄いです、オレは医者にはなれないってことが良くわかります。

その動物病院は、区内といえば区内なんだけど、ここらに比べるとかなり豊島区寄りだからか、集まるお客(患畜&飼い主)もちょっと都会っぽい気配もあって、昨日なんか、ネコ入りのヴィトンのバッグ持ってタクシーで乗り付けたかと思うと(&タクシーは待たせたまま)、
婦「これから2~3時間用があって池袋に行って来るから、その間お預けして、勿論お支払いはしますから、で、その間に爪切りと、シャンプーと、やっておいて欲しいのよぉ、アタシには絶対やらせないから、このコ」
なんてご婦人が現れたりして、僕なんかは普段あまり獣医さんとこに寄ったりもしないから、ナンとも新鮮というか驚きというか…あんなモンなの!?ネコの飼い主さんって!?
ってか、ネコはシャンプーはいいんじゃね!?

と、本日はこの辺で。
コメント頂戴したみっちゃん(とお呼びしてヨロシイですか?)、僕やかーちゃんにメールを頂いた方々、そして昨日は珍しく写真も無く、その後の更新も遅めの当ブログにご心配頂いてるかも知れない皆さま、有難うございます、我が家の現況はこのような感じでございます。
                     大人しく
昨日ハンナに会いに行く時には、ついでにノリスケも連れて行って、セカンドオピニオン的にその、都会よりの獣医さんにも診てもらったのだけど、レントゲンには問題無く、やはり“首”の疑い。
獣「安静に」
と言われるまでも無く、実に静かなノリスケと化していますな、本日は。
どうやら、
『暴れると痛いだけだから暴れない』
みたいな、そういう知恵がある気配です。

昨夜の“ヤマ”を超えて

昨夜は二時間近く掛っての大々手術。

更に通常15分程度で醒める麻酔から、ハンナさんは一時間待っても醒めず、と、ホントに長時間の大掛かりな開腹手術&付き添いとなりました。

獣医師からは、
獣「大袈裟なようですが、今夜が“ヤマ”でしょうね」
と言われ、深夜の病院を後にしました。
にしても、仕事とは言えその日急に運ばれて来た、ある意味見ず知らずの犬の為に、これだけの時間を割いて頑張って頂けるなんて、その事実そのものと、そして獣医師やスタッフの方々に、驚きと感謝の念を抱かずにはおれません。

昨夜中途半端にブログに載せてしまったため、ご心配頂いている方がいらっしゃると申し訳無いので、取り敢えずのご報告です。

今朝の電話では、その“ヤマ”は超え、(当然ながら)麻酔からも醒めて、しっかりして来ているとのこと。
午後に顔を見て来ますが、ハンナさん、胃捻転から“コチラ”の世界へ、戻って来てくれそうです。

そして…我が家にはもう一名、問題児がいるワケでして…それはまた後ほど。

実はハンナさん…



その前に…

隣駅の駅前にとても気になる酒場を発見。
ま、“発見”といってもネット上のことなので何とも言えないが、これまで全く知らなかった、東京湾の魚介類で勝負しているという漁師(店側は“猟師”と表記)酒場を近場で見つけてしまったのであり、これはやはり近日中にチャレンジしたいところだ。

ネット上には様々なグルメ系サイトがあるワケだが、酒場探しのポイントは、
『~~~~~赤羽店』
なる支店表記があるのはさっさとスルーすること。
これだけでもチェックすべき店は1~2割程度にまで絞られてしまうのであり、世の中がいかにチェーン店だらけになってしまったかがわかる。

で、その絞られた中から更に、知ってる店を排除した結果、
『うーん…(オレでも)知らなかったぞ、こんな店…』
と、一店だけ残ったのが、その猟師酒場なのだ。

行きたい…。
しかし、夏場はなぁ…
『極力外食を控えて家で夏野菜を消費する』
これはまぁ毎年こんな感じなのであり、気になる酒場も後回しになってしまう運命に…。

しかしアレです、放射線さえ気にしなければ、毎日贅沢させてもらってます、毎食毎食自力収穫した野菜中心の食事なんて、畑やってても、ここまで野菜だらけなのは、やっぱこの時期ならではだもんなぁ。

さて、本日のお仕事は…午後から家裁へ向かい、成年後見関係の申立て。
この制度、“財産管理“ってことで、資産家のためにあるイメージもあるらしいけど、実際は全くそういうことでは無くて、ある程度判断能力が低下した方で、周囲に親族もいなければ、財産の有無とは無関係に後見人を選任しなければならない、そういうことが起きて来るものなのだ。

で、本件はどちらかというと資産的には厳しいケース。
裁判所の申立受付面接担当者には、
裁「センセ(=私)、大変ですね、(高額な管理報酬は望めなそうで)。やはりアレですか!?(こういうケースは)行政から強く頼まれたんですか?」
などと、こちらとしてはお答えのしようの無い問い掛けもあったが、基本的に私が管理者となっても悪さを働く余地もあまり無さそうと判断されたのか、通常の半分以下の所要時間で受付面接は終了。

思いの外早く終わったので、赤羽まで戻って家で昼を食うことにする。

かーちゃんはドラムレッスンのため夕方まで不在。
用意してあるピザを温めて…と思ったら、ハンナさんがベッドの上で喘いでいるのに気付いた。
『暑いのかな!?』
と、エアコン直下のソファまで抱えて移動。

ピザをかじっていると、
「ウォン」
と小さな声が。
『ノリスケがラッパへの不満をこぼしてんのかな!?』
とも思ったが、ちょっと声が違うような…。
『しかし、こういう状況でハンナが声を上げてどうこうなんてことはあり得ないしなぁ…』
と、またピザを…
「ウォン」
???

ハンナであった。
何やら、脚でも痛いのか、座れ無いらしく、四つ足は立てたまま、頭を下につけて身体を支えて休もうとしている。

結局仕事は有能な事務員さんに任せ、僕はハンナをさすりながらかーちゃんの帰りを待つことにする。
しかし、つらそうだ…。
何もわからないだけに、何もしてやれないのだが、とてもこのままにして職場へと立ち去れる感じじゃない。

夕方、かーちゃんと入れ代わるようにして、ちょっとだけ職場に戻ったが、かーちゃんから、
か「お腹がパンパンになって来てる」
とのSOSが入り、残念ながら近所の掛かり付けの獣医さんは定休日ということで、犬仲間に聞いた別の病院へと緊急搬送。

故・ワンスケ爺同様腹水の疑いもあったが、調べてみるとハンナは“ガス”。
胃捻転またはその一歩手前とのこと。
胃捻転って…午後からのほんの数時間でこんにガスがたまるものなのかぁ…。
いや、胃捻転って…たまたまギリギリのタイミングで僕やかーちゃんが戻ったからこうなってるけど、タイミング違ってたらマジでダメだったかも!?ってことだよなぁ!?

とりあえず、ガス抜きが始まった。
獣医さんはあのハンナの、
獣「まずは鼻から管を入れて抜いてみます」
などと言うのだが、我々からするとそんなことをさせてくれるとは思えない。
ガラス越しの手術室で、“鼻から管”に抵抗中のハンナが見える。
それでも何とか管は入ったようなのだが、
獣「ちょっと…ガスが抜け切れないみたいで」
と、結局針を刺して抜くことに。

獣「今度は一緒に見ますか?」
と促され、ガス抜き見学に。

本当に脇腹に針を刺して、細いパイプでプス~っとガスを抜かれるハンナ。

ガス抜きにより、パソコンのモニターに映し出された体内の画像が、雲が晴れたかの如く鮮明に見えて来る。

獣「これは…捻転…ちょっと…捻転気味というか…このまま連れて帰っても、夜中にまたガスがたまるってことも…。お預かりして、捻転の手術するこをお勧めします」

そう、サラリと(!?)書いてるけど、これは生死にかかる一大事なのであった。

かーちゃんの話では、昼メシまでは普通に食ってたらしいけど、ハンナさん、実はホントに救急車モノの大騒動。
(写真は今朝の穏やかな彼女です)。

病院から一旦帰ってノリスケの散歩と晩メシを済ませ、また病院に向かってハンナの緊急手術に立ち合うことに。
といっても、結構リスクのある開腹手術なので、ガス抜きみたいに見学は無し。
待合室でひたすら待つこと一時間以上。

あぁ、こういうのを“祈る想い”っていうんだろうなぁ…。


取り敢えずの地デ鹿

週末に地デジ対応チューナー付レコーダー(ブルーレイ対応なのだ)を買い、さっき昼休みに帰宅して、適当にセッティングしてみた。

貴重な休日に家電量販店に長居するような趣味はないので、事前に、
『どのメーカーのが分かり易く、どこのは安いけど分かり難いのか』
などはアレコレ調査済み。
なので、お店では目当ての商品の値引き交渉のみで購入。
ネット上の最安値より安く買えたので、良しとしよう。
       ハート
       こんな、言っても無いこと書かれて…
       さぞや不本意でしょうなぁ、ハンナさん…。

先ほどのセッティングも殆ど説明書も見ずに、従来のVHSのデッキと新レコーダーを交換するだけに近い配線差し換え作業だけで、見事地デ鹿成功。

と言っても、14型ブラウン管テレビはそのまま使用してる状態なので、逆に折角のレコーダー側の機能が無駄になってるであろうことは、何となく想像出来る。
何しろ、“画像鮮明”ったって14型ブラウン管だものね。

しかしナンだ、量販店の方は決まって、
販「こちら、おっしゃる通り使い易いですが、シングルチューナーなので一度に一番組しか録画出来ません」
と、そこを強調して来るのだが、だからナンなの!???

ワシらは経験則上、大人になればなるほど、
『留守録した番組は、結局見ない率高し』
という法則に気付いてしまっているワケだが、そんなに3つも4つも同時に録画してもさぁ、そうそう見ないと思うのよね、オジサンは。
と言うより、そもそもそんなにしてまで記録しておきたい番組なんて、なかなか無いと思うなぁ…。
ま、“家族でチャンネル争い”とかね、しないで済むのと、携帯で持ち出して通勤時間に鑑賞出来るとかさ、そういう意味なのだろうけどさ。
              ラッパの憂鬱
              ズコズコとそこらに引っ掛かるラッパ…
              ニュータイプを購入するそうです、近日公開(予定)。

ところで我が家のレコーダー、高級機種では無いけどBS・CSにも対応してるヤツなので、今日から一気にチャンネル数が激増したワケだけど…見ることあんのかなぁ…皆さんどうしておられるの!?

乙女の滝好きと水嫌い


朝目覚めると、ラッパの犬に見つめられていた。

痒みに耐えて、やがて治まるには、掻かないでいるのがイチバンなので、犬はこうやって治すのであるぞ、ノリスケよ。

さてしかし、せっかくの穏やかな日曜日。
地デジモンダイはおいといて、どっか出掛けることにする。
ポストのワキに身を潜めてるつもりらしい虫などをパシャリ♪

「何処にしよ!?」
と一瞬考えたが、ハンナさんへのサービスってことで、彼女が大好きな“乙女の滝”に決定。

モンダイは…ノリの水嫌い。
雨も水溜まりも暑い日の水遊びも大の苦手。

滝へ下りてく山道は威勢が良かったのだが、滝壺や水辺はからっきしダメであった。

ハンナは足と尻尾を水に浸けたまま、じっと動かずクールダウン。
ノリは水への恐怖心と、観光地故に避けられない“他所の犬との遭遇”への警戒心&興奮で息も荒くなり、帰りの坂も一気に上がって体温上昇。

クールダウンして痒みを抑えようという目論見だったのだがなぁ…。

夏野菜




朝メシ前に知人の畑に向かう。
「今週は山に来られないから」
と、2週間放置にならぬよう、こういう時は僕に収穫権が委ねられたりするのです。

しかし、週末ごとの1週間単位でも夏野菜にとっては長期放置なのであり、ニンゲンを殴り倒せそうな巨大キュウリが大量に地を這っていて…まぁしかし、猿にかじられなかったってことで、ナスやピーマンとともにドドン!!と収穫させて頂く。

その後、実家の畑へ向かう。
「野菜が(1週間分)たまってるわ…」
と、母親から電話。
こちらはさっきと違って母親がマメに収穫してくれているので、キュウリなんかも適正サイズ。
と、それは良いのだが、夏野菜だからね、一部は完全重複するワケでね、現在の我が家はキュウリ屋さんみたいなピーマン屋さんみたいなナス屋さんみたいな、更には実家の畑でピークとなっているレタス屋さんみたいな空芯菜屋さんみたいな状況であります。

避暑地のような都会暮らし


いやぁ、尋常じゃない暑さの後だけに、楽ですねぇ、ここ数日は。

多分山はもっと涼しいのでしょう。
走るノリスケの姿が送られて来たので、チョイ加工してみたりして…。

昨夜は赤羽エリック氏と、今年書いた3曲のコード確認作業。
最近の僕の曲は、感覚で鳴らしてみて気に入った音をそのまま伴奏にしちゃう傾向にあるため、コードなんていっても名付け様が無いことが多く、お互いに、
僕「うーんと、ここはこんな感じで…」
赤「えーと、コード名わかんないっすねぇ、えーと…」
と、歌詞カードの余白に6本線(=弦の数)を引いて押さえたままに印をつける作業が続く。

赤「なんか、スマホだと、こうやって押さえたとこ入れるとコード名が出るってアプリがあるらしいですね」
などと言われても、
僕「へぇ…」
としか言い様が無いのであり、何とも情けない。

しかも赤エリ氏は赤エリ氏で、無償で出来る(普通の携帯の)機種変更をしたばかりだとかで、
赤「いつもならわからない押さえ方は写メに撮っておくんすけど…写メ、やり方わかんないんす、まだ」
と、ワシ以上のオッサン化が進行しちゃってて、なおいっそう情けないのであった。

3曲打ち合わせ、ウチにいても誰もおらず何も出ては来ないので、キャバーンに飲みに行くことに。

ヤツはトマトサラダ、僕はポテトサラダを(互いに分け合うことなく)一皿ずつ食いつつ、白ワインを1本空ける。

お互いに好物を分かり合ってるので、気を遣わなくて済み楽なのであった。

スマホがどんな感じなのかが気になる様子なので、3Dカメラにしてワイングラスなどを立体的にご覧頂いたのだが、
赤「なんか、ベロンベロンに酔っ払った時、みたいな…」
との虚しい反応しかありませんでしたなぁ。

地デ鹿

正しくは地デジカだそうな。
今さら、なんだけどね、寝室のTVだけは見られなくなるので、考え中です。

当初は、
『ダメならダメで、リビングではPCで見られるし、イイや、別に』
だったのが、やがて(と言ってもココ数週間だが)、
『チューナー買うか、その内に』
に変わった。
しかし、“チューナーだけ”ってのが、最も安そうでいて実は損すると言うか、ムダな出費って感じも。
              アロハ寝
              ノリスケなんかも、野良出身なんで…
              安いっちゃ安いワケだが…

『んじゃま、19型ぐらいのテレビに替えるのかなぁ』
とも思い直したのだが、
『どこのどれが良いのか』
だとか、
『今の14型が収まってるスペースに入るのかどうか』
だとか選び出すと、基本興味無しなだけに、まるで進まなくなってしまうのであった。
       山歩き
       毎日こんな感じで楽しくやってるんだろうなぁ…

さてそこに、
某「ウチはテレビはそのままで、地デジチューナー付きのレコーダーですよ」
って同業者からの魅惑のお言葉が。
う~む、低い方の数万円で対応するなら、コレが一番良い気もして来たぞ…。

しかし、これまたちょっと調べ始めると、VHS→DVDってな作業も簡単に出来る一体型があったり、しかし今時DVD止まり(ブルーレイ非対応)なのは時代遅れとか書かれてたり、メーカーによって操作性が大きく違っていたりで、基本興味無しニンゲンとしては、またも行き詰まってしまうのであった。

ということで、恐らくは移行記念の砂嵐画面(なの!?)を堪能した後で、ゆっくり決めることになるでしょうなぁ、このままだとさ。

あ、え~と、独身ウィークの食事の方は、今朝も冷凍パスタ。
昼もカップ麵、しかも残り汁で冷や飯という王道。
実際、早死にコースって感じです、喉カラカラっす。
つい食材買って料理作りたくなる自分がおりますが、滅多に無いジャンク週間なので、もう少し頑張ります(って、ナニを!?)。

ジャンクフードで一日半

私を除く一家は避暑生活中であり、私はこの平日は独身生活である。
なので、未掲載の過去画及び人から送られて来た画像を掲載してみましょう。
       K介ノリスケ_crop
       う~む…悪魔クン、でかいね&オヤジ顔だね、どうも。
       僕もノリスケも、お互いに、寛げてんだかどうだか…!?

さて、昨日の昼は慌ただしくパンを立ち食い。
夜も酔っ払って夜中にパンをかじってたなぁ。
那須ペニーレインのパンも、ああいう食い方じゃ可哀想な気も…。
CAVQMUJY_crop.jpg
ううっ…(涙)…。
俺の顔がウザいのでカット加工してるだけでも、泣けましたね、コレ、去年の夏の爺や(故・wansuke)です。
上のノリスケと比べると、僕の手の負荷が全然違うもんなぁ…何だか仔犬のようですらあります。
ヒョイっとハンディでさぁ、いやぁ、ダメ、見てると泣けちゃう。

あ、話の続きですね、今朝は冷凍パスタ、昼は職場でカップ麺 。
『普段やらないことをする』
という意味では独身生活満喫中!?とも言えますな。

カップ麺なんて、キャンプ生活中でも滅多に食わないもんなぁ。
しかしアレです、喉渇くのね、ジャンクな食事って。

若い頃は、独りでもカレーとか野菜炒めとか作ってたし、思えば学生時代は、
『カップ麺は食わない』
とかね、かなり頑張ってたんだけどなぁ…今もし本当に独身だったら、普段何食ってんだろ!?
       CADXI95V_crop.jpg
       上のwansuke爺の目線の先は、こんなでした。
       去年の夏休み、“乙女の滝”観光ですな、コレは。
       バカなので滝壺めがけて全体重掛けてるhanna嬢。

あ、と、また話戻します。
僕は昔っから野菜だけはしっかり食わないと気持ち悪くなるヒトで、それは今も変わってないから、こんなジャンク生活は2日で耐えられなくなりそうであり、しかし仕事もしてるととてもじゃないが、
『毎食しっかり野菜を』
なんて無理だし…
ということで、毎回用意しとくのが“冷凍枝豆”。

こいつを毎食の様に適量を水で解かしてかじるワケであります。

今回の独身週間も冷凍枝豆は二袋用意してあるのであり、明日明後日あたりのおかず野菜は三食枝豆かも!?
                     栄治ノリスケ__
え~と、締めは今朝Mさんから送られて来た、先日の打上げの写真を一枚。
ギタリスト佐野栄治氏の腕をベロ舐めする悪魔クン。
位置関係的には“運転中の僕と助手席のノリ”ってのと同じでして、しょっちゅう舐められてます、私も。
運転中だと、野郎はギア及びギアを握る僕の指先&指の股から入念に舐め上げてったりしますね、手の甲経由で腕までさ。
栄治氏も、かなりやられていた様子ですなぁ、コレは。

あ、そうそう、この打上げでも人気あったねぇ、解凍枝豆は。

去年の今頃は

世間でよくありがちなですね、
『去年の今頃ってナニしてたっけ!?』
なんてのとは少し違って、ワハ母さんの場合、連年の日記を眺めながら、
ワ「あ!去年の7月って、この日だけ何にも書いて無いや、日記!去年のこの日って、ナンだっけ!?」
と、“頃”なんてんじゃなしにズバリ特定の“日”だったりするので、コレはそう簡単にはお答え出来ないのね、僕だってさ。

でね、職場のデスクに眠っている自分の仕事&私生活兼用手帳を見られればね、一応のヒントは出せるワケです。
去年の今日はですね、年365日だと一日ズレて、連休最終日。
友人女性母娘の観光ガイドでした。

ん!?
昨日もDログご夫妻のガイドみたいなことしてたけど、去年の手帳と殆ど同じなのね、回るとこって…。
              連休③
連休明けて、一人と二匹は山小屋残留です。
例年だと8月にやる犬のための避暑生活、今年はひどく暑いので回数&日数増量の予定。
…と思ったら、今朝から猛暑酷暑じゃなくて豪雨に変わっちゃったじゃん!

>michikoさま

こちらこそ、遅くまでお付き合い頂き有難うございました。
と言いましても、私は最後までお付き合い出来て無いワケですが…。

私はこのところジジイ化が進行してまして、特に夏場は4時過ぎに目覚めることが増えつつあり、その後ウトウト出来る日は良いのですが、結局寝るのを諦めることもありまして…。
あのLIVEの日もその開き直りの4時起きのまま、リハーサル→本番→打上げと続き、リビングにお客様を残したまま勝手に寝室に消えるという失態となってしまいまして…お恥ずかしいです。

♪マジックアワー、受け入れて下さる方が多く、実はホッとしております。
自分としてはちょっと、
『作品としてどうよ!?』
とか、
『詞も曲も不出来だなぁ』
とかいった“未完成感”を残しつつも、
「えいやっ」
と唄ってしまった曲でして、皆さんにワリと好意的なコメントを頂くことで、自分もだんだん気に入って来ていたりもしております。

長くなりましたが、また是非お付き合い下さい。

吊り橋にチャレンジ


涼しいとこで散歩させようと、高原の吊り橋とその周辺の遊歩道散策へ。

実は吊り橋はアチコチにあるのだけれど、場所によって昔はハンナがダメだったり、ハンナが渡れる橋を故・ワンスケが突如拒むようになってしまったりと、ちょっと実際に連れてってみないと反応が分からなかったりする。

さてさて、吊り橋に向かうまでの木道は調子良く歩くノリスケ。
僕「これで吊り橋に入った途端にダメだったら笑えるなぁ」
なんてからかわれつつ、しかしそのままの調子で吊り橋が揺れようが何だろうが、ノリは全く気にせずズンズンと進む。

僕「わ、う、うわ、こ、こわ…」
何のことは無い、今回最もビビってたのは…私でございました。

無事吊り橋往復を終え、記念の一枚であります。

幸せな一日




昨日は暑い中、大勢お集まり頂き、本当に有難うございました。

セッティングした座席数にほぼピッタリという、奇跡の様な神のはからい(!?)には、見事過ぎて毎回感謝感激でございます。

♪夕暮れ
1回目のステージは、私が詞を書き、当時のベーシスト:アグネス松本が曲をつけたこの唄からスタート。
いやしかし、全く意味不明にズタボロでございまして…お恥ずかしい…。
♪ウソ臭い朝に
この曲で挽回するのだ!!と気合いの2曲目…始まって間もなく、学生時代から使ってるマイクスタンドがバカになり、楽曲中断。
マイク無しで再開しましたが、いやはや…。
♪言葉を全部過去形にして
♪約束
♪くたびれ損の骨折れ儲け
♪君と俺の間には

ふぅー、
『やっと調子が』
ってとこで選手交代。
ワハ母さんの2曲で会場が和み、栄治さんのステージへ。
皆さんビートルズがお好きなのだなぁ、というのと、栄ちゃんも普段はやらない曲を何曲も取り入れてくれてたのとで、とても良い感じで第1ステージ終了。

一時間ほど食事をお楽しみ頂き、恒例のお客様タイム。
Oさんが高校時代に書いたという曲を、Fさんが昔一緒に遊んで下さってた頃の宴会の席での定番♪コシヒカリ音頭を歌って下さり、会場が和やかな空気になったところで、第2ステージのスタート。

♪マジックアワー
♪お気に入り
♪′11初夏 仰ぎ見る空に
♪′11 春の宵に
♪バランス
♪それが君の世界なら

続けてワハ母さんが3曲歌って栄ちゃんにつなぎ、栄ちゃんのステージの終盤に僕も再登場。

♪ロックン・ロール・ミュージック(尾藤イサオ)(K介)
♪ロックン・ロール・ミュージック(ビートルズ)(栄治)
と、同じ曲の日本語バージョンと英語バージョンを。

そしてラストは、
♪二人のChannel
リハーサルもまともにやる時間が無かったのだけれど、
『何度か聴いてはいた曲だろうし』
と、一度軽く打ち合わせしただけのブルース系、栄ちゃんが見事について来てくれました。

アンコールはまたさっきのパターンで、
♪ロールオーバーベートーベン(内田裕也)(K介)
♪ロールオーバーベートーベン(ビートルズ)(栄治)
の連続技!!

実はお店は夕方からの予約と、深夜スタートのパーティーが詰まっていて…という中、
「マスターも拍手してるしね」
と駆け足でのアンコール突入だったのだけど、盛り上がって良かった良かった。

ライヴの度に同じ事ばっか言う様ですが、毎回毎回本当に素敵な方々の集まりになり、本当にしあわせな時間を過ごさせて頂き、お礼の申し上げ様が無いくらいです。

「また誘ってね」
「また呼んで下さいね」
大人になって、ようやくその様なお言葉を頂ける場面がパラパラとある様な…シアワセです、ホント。

有難うございました。
また精進します。
よろしくお願いします。

暑気払い宴会LIVE!!!

またしても、LIVE当日まではコレをトップ記事に設定します。
通常の日記的ブログはこの次の記事が最新ですのでヨロシク!

7月16日(土)赤羽イタリアン・レストラン『キャバーン』
ランチタイム食べ飲み放題暑気払い宴会LIVE
LIVE&ご飲食代込々4,000円
出演:佐野栄治、H田K介、ワハ母
12:30open/13:00~LIVEスタート

開場と同時に軽食とドリンクはスタート。
間の休憩時間が本格的ご飲食タイムです。

※栄ちゃんには「是非オリジナルを」とお願いしておりますが、「検討中」とのことです。
※赤羽エリック氏は出演致しません。来場も致しません。ハハハ…。

そして朝は来るのだ



昨夜は大きな会議の後、私が幹事となっての宴会へ。

いやぁしかし、ツラいねぇ、大きな宴会の幹事って。
何人集まるかも不明のまま会場に向かうことになるのがわかってるから、予約は上下10人ぐらいの幅を持たせる必要があり、逆に言うとそういう幅のある予約を受け入れてくれる店じゃないとダメってことでね…日頃のチェーン店嫌いとか、そういうのを貫こうとすると、コレは難しいですよ、実にさ。

思えばしかし、本日の様な(というかいつものことだが)飲食店貸し切りライヴってのも、
「何人集まるかわからないけど、食べ放題よろしく」
なんつってお願いしちゃうワケで、やっぱホームタウンはエエのぉー、と、コレは本当に有り難く思いますね、実際。

さぁ皆さん、楽しいひとときを、素敵なお店で一緒に過ごしましょう!!


ダーニの今

昨日PaulとRingo、そしてジュリアン&ダーニのことを書いていたら、フト気になってしまい、ダーニ・ハリスンの今を調査。
いや、有名な出来事だったのかそうでもなかったのかがワカランのだけれど、ジュリアン・レノンやショーン・レノンに比べると、よほどアンテナ張って無いと、日頃の周囲の方々との話題としては情報皆無だったので、全然知らなかったのだ、ダーニも二人組や三人組でCD出してたなんて!

ジュリアン・レノンの時も、
『Johnが今風になって蘇った!?』
みたいな不思議な感じがしたけれど、ダーニもまた、その呪縛的なモノはね、覚悟の上なんだろうなぁ。

とね、もう今日には届いてしまう便利な現代。
『週末のお楽しみ』
と思ってたけど我慢出来ず、職場に持ち込んで早速…。

2009年の二人組の方は、宅録っぽい気配も。
打ち込み!?使ってるのかもなぁ。
テクノポップってのとも少し違うような、えと、んと…
『ふ~ん…』
と、聴き終えて、去年出たらしい三人組のアルバムへ。
              喘ぎ
うわぁ~~~!
コーラス凄いね、キレイな音楽ってのかな、コレはイイ!
っつうか、一気に40年ぐらい時代逆流して、70年代になってないか!?
カッコイイぞ!!!
さっきと全然違って、アコースティックBandなのだ!

Georgeも、ソロになってからも、
『もしビートルズに入って無かったとしても、素晴らしいミュージシャンになっていたのでは』
って曲を沢山残したけれど、ダーニもまた、
『もしGeorgeの息子じゃ無かったとしても、ミュージシャンになってるなぁ』
と、そう思えるね、このアルバムは。

ということで、バンド名というか、それぞれのユニット名は、敢えて書きません(と言うか、覚えられんよ、名前)。
       モグリ
え~と、若干補足しますと、この丸太みたいなのは、僕のベッドの脚。
そのベッドの脚と脚の間に転がってるのは、ノリスケであります。
誰が教えるでもなく、故・wansuke爺と同じ行動に出てしまうところが、悪魔クンの強みだよ、ったく。

さて、明日です。
色んなことに動じずに、イイ音楽を、イイ唄を、とも思うけど…素直に、お客様は多い方がうれしいワケで、迷っておられる方は是非是非、お越し下さい!

毎度お馴染みの…!?

2012年って、来年か、もう。
知ってますか!?
ロンドン五輪の式典でPaulとRingoが組むってウワサ!?
まぁ、解散から40年以上。
この間、何かある度にウワサされ続けてるワケだが…。
              朝ハンナ
こういうのって、必ず、
『二人でビートルズ・ナンバーを演奏するとのこと』
とか書かれるけどさ、近年だって二人でレコーディングもしてるんだし、そういう“今”の曲を聴きたいなぁ、僕は。
それと…
『でも、今回はホントかも!?』
って折角の期待の持てる話題に、次第に尾ヒレがついて、信憑性が無くなるいつもの“アレ”ね、
『JohnとGeorgeの息子たちも参加か?』
ってヤツ、今回も書かれてたけど、コレが出ちゃうとにわかに“全てが単なるウワサ”って感じしちゃうよねぇ。
『見たくないか!?』
と問われると、ジュリアン&ダーニなんてのは、是非見たい気もするけどさ。
       朝ノリ
さて、赤羽キャバーン宴会LIVEが近づいて来ました。
この頃は何だか、スタジオ入ってもマイクつないだり譜面台立てたりが面倒になって来て、スタジオ入るなりギターを抱え、生音で何も見ずに唄い続けたりしています。
何も見ずに唄う=つまり、コピー曲ゼロ状態。
3月の募金LIVEで自分の守備範囲のコピー曲は唄い尽した、っていう反動もあるのかな…!?
この5年間で書いた曲だけでも、2時間ぶっ通しで唄える量があることに、自分で驚いてしまった…。
とてもシアワセなことです。

ラッパを継ぐ者、そして・・・

       夜�
スマホになって、前の携帯より便利かも、ってのが、夜の写真。
暗くても、普通のデジカメっぽく撮れるのだ(前の携帯は全くダメであった)。

と、ハンナの眼差しの先には…
              夜�
ハンナおばさんの夏服“ゴールデンローズ”を拝借中のノリスケ、の図。
ムッチリだなぁ…。
しかし、ノリはビーグル的三毛の内の黒毛部分は身体だけなので、茶色い頭部と“ゴールデンローズ”だけ見てると、僕らでも一瞬ハンナかノリか見間違いそうになるのであった。

ところでノリスケ、目下カユイカユイ症に悩まされている。
ハンナは昔からあまり無かった気がするのだが、故・wansuke爺はカユカユ持ち。
何でも無い時は何でも無いのだが、掻き始まると止まらなくなり、それこそ、
『気でも狂ったか!?』
と思えるほど、もう無我夢中で掻いたり齧ったりが続いてしまう。
                     ラッパ
昨夜、深夜のスタジオ練習から帰ると、僕のベッドにはこのような光景が。
wansuke爺のラッパ姿をご存じの方には、結構懐かしいのでは!?
勿論、当時wansukeが使ってたラッパです、コレは。
で、こういうことされても全っ然気にしないってとこがね、ノリスケのwansukeっぽいとこだったりもします。

ちなみに当然僕もこのベッドで寝たいワケであるからして、ラッパとノリスケの身体を避けるように、ベッドの隅に脚をスルーッと伸ばしてね、同じベッドを使わせて頂かざるを得ないのですよ、熱帯夜の添い寝ですわ、コヤツと。
       オロオロ�
このところ後ろ足が弱り気味で、このソファに乗るにもズッコケ気味のハンナさん。
足腰鍛えようにも、暑くてあまり歩きたくないらしく、ツメなんか思いっ切りのびちゃってます。
ついでに…
この体勢で、またもコロリと脱糞してたそうです、ハンナ…。
冷静に考えると、色んな症状が爺やの最晩年に似て来ていて、心配になります。
              もぐり
コチラはやはり別の意味でね、こういう何でも無い時にね、wansukeっぽいんだなぁ、ノリスケは。
寝姿で得しちゃうのね、悪魔クンは。
       まなざし
       ハンナ、やっぱツメ、長っ!

と、ようやくスマホ写真を貼るのに少し慣れたかな、ってことで、犬特集でした。

職場のパソコン問題

有能な事務員さん専用のパソコンが、死んだ。
いや、死んでるかどうかわからんが、真っ青だ、画面が。
3年ぐらい前だろうか?
中古で買ったヤツなので、まぁ、短命でも仕方ないのだけれども…。

仕事専用のソフト屋さんの営業マンにSOSの電話を掛ける。
その専用ソフトとは全く無関係な用事なのだが、いつも良くして貰ってるので、こういう時は助かる。

私「あのぉ…お仕事とは直接関係無いんだけど、そちらの専用ソフトを入れて無い、普通のパソコンね、事務員さん用のさ、ソイツがね、青い画面のまま、アイコンも何も出ないのよ…」
営「あぁ、ブルーバックですね、ソレが出ちゃうと…」
私「オオっ!ブルーバックなんつう名前があるのね、この現象には」
営「ハイ…あの…まぁ、こう言ってはアレですが、もう、ハードがですね…」

う~む…
しかしだなぁ、我が事務所、本職1名(=私)と事務員2名、しかしパソコンは4台。
1台ダメになっても、まだナンとかなるような気もするしなぁ…
少し配置を変えて、しばらく試してみるかなぁ、慌てて買わんでも。
              スマホより①
私「もし買うなら?D社よりHP社?中古は…おススメするワケないか」
営「そうですね、HP社がイイです、ははは、中古より、ははは、新品の。オーエスサンジュウニビット、シーピーユーコアツーデュオかコアアイ3か5、メモリ4ギガは欲しいですね」
私「ふむふむ、シーピーユーコアね、ツーね、アイ3か5ね、ふむふむ」
       スマホより②
彼の偉いとこは、ここで彼の指示に従って買っておけば、自社のソフトを入れないパソコンでも、わざわざ寄ってくれて普通に使えるようにセットしてってくれちゃうのであり(←いわば無償のジャパネット)、なのでコッチも必死で彼の指示をメモってそれに沿った商品を探すワケであるよ。

う~むしかし…買うべきか買わないで半分余ってるパソコンを活用すべきか…!?
後者の方がまともなような気もしてるなぁ、今回は。

機種変更の度に



携帯って、これで何台目だろうか!?

かなり重たいのも使ってたし、ストレートも何台かあったし、リボルバーとかいって回して開けるのも、勿論普通の折り畳み式もあった…。

思えば機種変更の度に便利になるとは限らない、っていうね、これは不変の法則とも言えるのかもなぁ。

こないだまで使ってたFOMAに、movaから移行した時ね、あれが我が携帯史上最も不便を感じた機種変更であった。
しかし、慣れるのだ、見事に。
そして今、スマホになったがために、出来なくなってしまったことってのが徐々に見つかり始めており、しかしながらこれを不便に感じるのはごく初期だけで、きっとやがてこの巨大ストレート携帯にすっかり慣れるんだろうなぁ、とね、午前中に40分近くドコモのフリーダイヤルであーでもないこーでもないと電話してだね、不変の法則を思い出している、ま、そんな午後であります。

昼飯を早めに済ませ、最も暑い午後の3時間は、都内某所で電話相談当番。

匿名性の高い無料相談って、面談の相談に比べ、やはり“クセ”があってくたびれるなぁ。

しかし、ヒマな時間も結構あるのです、パソコンで昔のブログを眺めたりして…やっぱイイね、ワンスケはね。

えーと、毎日毎日スマホの話題じゃバカみたいなので、そろそろやめますね、携帯ネタは。

それよりライヴですよ、ライヴ!!
暑いし、連休初日だし、色々あるかとは思いますが、楽しい集まりにしたいので、是非是非お立ち寄り下さい!!
よろしくお願いいたします!!


取り敢えずは携帯として


メールとカメラとブログと電話と、と、最低限使える様になったかな、と思っていたのだが、案外電話の切り方が分からなかったりして、いきなり自分のオジサン化の進行具合を思い知らされてしまう。

アプリアプリアプリアプリと勝手にダウンロードされても、今のところゲームも何も触らずにいるので、スマホとして云々というよりも、タッチパネル式のストレート携帯になっただけの様でもある。

写真のサイズを小さくしたら、何とかブログにくっ付けられるようになったみたいだけど、画像の保存のされ方や表示のされ方、分類のされ方は全くの謎。
犬を犬として認識した時は“ペット”に分類することもあるみたいだけど、そうならない時も多く、しかしトリセツじゃあそんなことまでは教えてくれないので、結局わからないまま使うしか無いのだ、このストレート携帯を。

にしても俺の指が太いのか!?
タッチパネルの誤操作の多いこと…。
携帯式じゃ無しにワープロ式でも打てるらしいけど、両手で上手く使えるとも思えないしなぁ。

とにかく、土日に取り組む!!なんつうのは金曜日までのエクスキューズ。
使いこなすまで頑張るぞ!!なんつうヤル気の無いオッサンは、久々のストレート携帯ってことで終わりにしてしまいそうな予感も…。

予想通りなのだ



紙で出してみた取説は、実際のところ、大した意味は無かった。
いや、一応僕だって、“トリセツ”を携帯にダウンロード出来ることは知っていたのだが、そのトリセツ無しで先ずトリセツを取り込もうとした時点で、
「同期しますかしませんか!?」
と意味不明に鋭く追及されてしまい、トリセツ欲しいよ状態から一歩も進まない状況になってしまった。

なので、土日に取り組むべくトリセツをプリントアウトしておいたのだけど、見事期待外れ。
結局のところ、触って触って探って探って自力で何とかしろよ、と、そういうことらしい。

困るのは、裏に隠されているであろう各種便利機能の存在を、下手すりゃずっと使わず終いだろうな、ってのと、それやっちゃうとスンゲェ不便になっちゃうよってな設定を、知らず知らずやっちゃってる可能性が否定出来ないこと。

特に後者は、場面場面で投げ掛けられる問い掛けに、善し悪し不明のまま「えいやっ!」と決断しないと先に進まないことばかりなので、既にもう、わかっているヒトからしたら信じられないような超ヘンテコ不便カスタマイズ携帯になっちゃってる、そんな恐れも…

しかし、トリセツなんて直ぐに飽きちゃうねぇ、面白く無いもんね、当たり前だけどね。

取扱説明書

そもそも今はもう、昔のような分厚い取説は“本”としてはついて来ないらしいのだ、スマホ。
一説には、取説作ってた会社なんかは、かなりキビシイのだとか…

いや、ワシらもキビシイぞよ、取説全く無しは。

写真撮影は出来たが、
『それをつけてブログに投稿しても写真がくっついてない状態になってしまうこと』
がわかった。
多分ナンか、大き過ぎるとか、ファイルの種類がどうとか、そういうことなのかなぁ…!???

仕方無しに、前の携帯のSDカードをスマホに差し込み、前の携帯で撮った写真を添えてみた。
それも、手探りしながら、どれを選ぶとかも良くワカラナイまま、触っちゃった写真を添付しただけ、である。
明日からは、どうなってしまうのだ!???

↑ホントに触っちゃった写真を添付しただけ。
なので、故・wansuke爺が寝てます、コレはコレで、イイけどね、僕は。

他社だと本当に取説が無いままだったりするらしいが、ドコモはまだ、HPから機種別の取説のPDFを見ることが出来る。
しかし、取説があれば何でも出来るってことにはならんだろう、きっと。
というか、もうこんな取説読むヒトがいるのを前提にしてないだろう、きっと。
でも、文句言われてもアレだから、HP上では見られますよ、印刷物はお渡ししませんが、ってことだろ、きっと。
オジサンは粘るよ、印刷しちゃうよ、取説180ページ分!!!
週末に読破してやる、取説!
待ってろよ!

でも…しばらくは写真があったり無かったりしそうです、当ブログ。
頑張ります。

さすがはプロ

ネットオークションに、自家製の生ハバネロを出品しておられる方を発見。
ついに、というか何というか、これまではシーズン的になかなか見つからなかったのだけれど、暖かい地方ではもう収穫が始まったってことか。
僕が見つけたのは、南国のハウス農園(別の野菜主体)の隅っこで、殆ど放置状態なのに大量に収穫出来てしまい、かと言って本業の商品として出荷するってモンでも無いらしく、
『ワンコインで250g』
なる超破格での出品!!!

速攻落札。
何せこの“ワンコイン=500円”って、送料込みなのだもの!!!
送られて来たのは…
       ハバネロ①
『想像以上に辛く、想像以上に多収穫で…』
と、実は若干持て余し気味だったという農園主さん。
まぁね、遊びで作ってみただけとは言え、やっぱ土からして違うんだろうなぁ、プロの農園って。

落札した黄ハバネロの他に赤ハバネロも何個かオマケしてくれて、300gを超える量をお送り下さったのだが、定型外の封筒に貼られた切手の総額が…390円。
も、も、申し訳無いではありませんか…

110円で300gもの生ハバネロを頂いてしまった私。
昼休みにオイル漬け作業。
              ハバネロ②
むははははは!!!
こんだけあったら当分は楽しめますなぁ。
オイル舐めてみたい方、ハバネロ齧ってみたい方は、いつでもお申し付け下さい。

はてさて、この作業に入る前に、携帯を床に落下させてしまい、背面のバッテリーのフタが外れ、はめ直そうとしてフタのツメを破損。
携帯のフタがうまく閉まらなくなってしまった…
                     ワイハ①
たまたま午前中にパソコンで、
『ドコモの中でどのスマホが好評か!?』
ってなことを眺めていたので、壊れたフタの交換か、はたまた勢いスマホへ向かうのか、と、ボンヤリとそんなことを考えつつ、ドコモショップへ。

ここで、完全アッパラパー的オネーチャンにあたると、僕なんかはモロにやる気を無くし、
『とにかくフタだけ送ってよ』
ってな感じで早々に引き揚げてしまうのだが、今日は実にクレバー&クール&キュート&えと、ま、可愛いワケなのね、僕にあたった女性スタッフがですね。

でね、アレコレ話してる内にだね、
女「こういうのは、勢いです!」
とね、イイ感じで押したり引いたりなさるのですよ、彼女がね。
オジサン、あっさり落ちました。
買いました、スマホ。
ま、偶然っちゃ偶然、下調べ的なことした直後だったからね、
『もしもの時は、コレにしよ』
ぐらいの絞り方はしてたからね、コッチも落ちる気ではいたっちゃいたんだが。
              ワイハ②
2万円近くたまってたポイントを使い、オプション色々割引で5,000円引いてもらい、それでも3万円はかかると言われたが、この歳になるともう、そこらのガチャガチャした携帯ショップに寄って比較する気力も無いので、その素敵な彼女の言葉に従って、ドコモショップにて、スマホ人生スタート。
明日からしばらくは、ブログも上手く更新出来なかったりして…!???

さらなるクールビズへ

自慢じゃないが、冬も夏も、私のスーツはオーダー物だ。

若い頃に出会った先輩同業者に、
先「ワリと服装ちゃんとしてる(←業界内比)し、体格特殊そうだし、イイ人紹介するよ」
と、“元・山▼屋”という個人営業の仕立屋さんを紹介され、
仕「ウチは青◇の“吊し”より安いですから!」
と、一着4万ほどでオーダー。

コレがしかし、実に良いのですよ、何せ自分体型そのままのスーツが出来上がって来るワケだからね、当たり前だけど。
で、当時も今と同じように、
『来月は食えるだろうか…来年も続けられるだろうか…』
ってのも抱えつつ、しかし若かったからね、ソレよりも、心の根底のどっかに、
『まぁ、食えるの食えないの言ってても、廃業しちゃう若手とか、あんま聞かないし、何とかやってけるのかなぁ』
って気分があったのだろう、ちょっと小金が入るとその一着4万円前後のスーツを、頼むは頼むは頼むは…
30代半ばから終わりぐらいまでの数年間で、夏・冬合わせると20~25着ぐらいはオーダーしたかなぁ…。

もちろん今も現役です、生地から選んで作ってるからね、丈夫で長持ち。
考えたら初めに作ったのなんかはもう10年以上着てるワケだから、結果超お買い得ではあるのだけれど、そのままオーダーし続けるとクローゼットに収まんなくなっちゃう状況になって来ちゃって、40歳少し前ぐらいだったかでオーダーストップに。
       クール①
えーと、前フリ長くなりましたが、その頃にね、よく言われたのね、
仕「ツーパンツ・スーツなんてダメですよ!上下ちゃんと同じように陽に当たらないと、変な焼け方しちゃって、合わなくなりますから!夏もちゃんと上着もしまっとかないで(着て)下さい!」
とね。

で、コッチも必死で稼いだ金で作ってるから、言い付けは守り続けてたワケよ、どんなに暑くても、上着は(少なくとも)持って出るようにしてさぁ。

しかしどうよ!?
暑くね!?
んで、上着なんか持って歩ってんヤツ、殆どいなくね!?

いやぁ、減りましたよ、今年はマジ減りました、上着固執派。

ということで、私、本日から上着固執派を離脱致しました。

先週あたりから、考えてたのよね、
『もう上着は…イイかなぁ…!?』
とね。
『7~8月はもう、夏のスーツは上下ともお休みにして、仕事上“変”じゃない程度のパンツ買ってさ、ソレで良いのではなかろうか!?』
と。

そして昨日、超久々にヨーカドーに足を踏み入れた私。

知らずに入ったのだが、夏のクリアランスだとかで、パンツはナント2000円!
『もしもの(上着が必要な)時用に』
と眺めたオンワードのジャケットも半額セール中!
結局そのオンワード一着に色違いのツーパンツで、総額1万2000円也。
これにより、4万円台の夏のスーツ約10着は、涼しくなるまで休養期間に。
う~む…。
                     クール②
さて、オンワードのジャケットは職場に吊しといて、2000円パンツでの初仕事は某地裁。
いやぁ、楽!
上着持ってないってだけで、こんなに楽だとは!
(あ、“オンワード”強調してるワケじゃないっす。ただね、学生時代にオンワードの財団から(返済無しの)奨学金を頂いてた関係上、ちょっとね、半額セールとは言え、買えるようになりました、と、報告ね、一応)。

上着を持たないクールビズ、僕なんか、あんまり楽だから地裁の帰りについつい有楽町まで歩いちゃって、ビックカメラで地デジ対応テレビを…
買おうかとも思ったが、あまりにもみんなして地デジ地デジ騒いでるの眺めてたらアホらしくなってしまい、やめました。

>Dログ一家さま

僕も“B型”発言は引っ掛かったなぁ、
『だからナニよ!?』
ってハナシだものねぇ。

どっかのコメンテーターが、
「同じ態度で、同じ言葉を、東京都知事や大阪府知事に対しても言えるのか!?相手を見て見下してないか!?」
的なことを言ってたけど、ホントにね、そう思うね、あの見下し方はさ。

旧くは偽メール騒動から始まり、ふんぞり返った一兵卒、ママからの巨額小遣い首相、(ついでに言うと“ぶって姫”ってのも…)と、政治そのものとはあんまり関係無いとこで、キャストは様々いるのね、民主党も。

あのお方について


ペテン師宇宙人前総理ごときに云々言われたくは無いけれど、今回はさすがに現総理の大失態、ってことか…

古来、舌禍辞任大臣は尽きないワケだが、今回はその最高峰。

自民党政権時代の幻か!?と思うほど、結局、偉くなると横柄になる、単純っちゃ単純な、人間の“イヤらしさ”を見せつけられた思いだ。

ついに買ってしまったのだ

                     アロハ①
                     ハ「アロォ~ハァ~」

以前コメント頂いたshowken-funさんからの情報を元に、あちこちチェックしていたら先行の先行の先行ぐらいの抽選予約があるのを見つけ、入れといたら目出度く無事抽選通過。
味気無いコンビニ発券ではあるが、ついにショーケンのLIVEチケットを買ってしまった。
いよいよ9月には、生のショーケンが聴けるのだなぁ…
              アロハ②
              故・wansukeを思い出させる、ノリスケの新アロハ。

今回は、誰も誘わなかった。
過去、例えば11年前のかぐや姫再々結成ツアーも、地方公演は誰も誘わず独りで追い掛けたりもしたが、ショーケンはまた違った意味でね、誰も誘わず、東京・横浜各1枚のみ申込み。
       アロハ③
       一応クール効果があるシャツだそうで…
       早速西陽が厳しい専用ハウスで寛ぐ(!?)ハンナ。
       しばらくして、喘いで出て来ましたが…。

普段なら、取り敢えずチケット2枚買っておいて、
『かーちゃんがダメでも誰か誘えばナンとかなるだろ』
ってなモンだが、ショーケンはねぇ、誰も誘えないモンがあるなぁ、やっぱ。
でね、泣くしね、俺が、きっとさ。
だから、独りで良いのです。
アロハ④
ガキンチョなので、どんな時でも鳥系ぬいぐるみ(=“ガーコ”)を離さないノリ。
奪おうとすると…ちょっと想像出来ないぐらいの恐ろしい唸り声が聴けます。

連続外食勝負




短編映画祭はなかなかに忙しく、犬の散歩やら実家の畑作業やらを交えると、食事を作って云々という時間ぐらいしか端折る場面が無いので、自然と外食が多くなる。

一昨日の晩は、山の一軒酒場。
これはハズレ様も無く、いたって美味。

昨日の昼は、上映会場となっている牧場内のジンギスカン食堂で、牧場らしく牛乳ラーメン…その名も“乳華麺”。
うーむ…観光地やら名物やらにありがちな、
『ここまで来て一度も食わぬ馬鹿、二度食う馬鹿』
ってところか。

夜は、前々から、
『結構遅くまでやってるみたいだな』
と目をつけていた焼肉屋へ。
奮発して並以外に“上”も食ってみたが、我が家的には食い慣れていないせいか、途端に脂身がしつこく感じられてしまい、
「次からは並だけでイイや」
ってのが結論。
まぁしかし、“定食”で出て来る小鉢類がことごとく野菜だらけでなかなか好感持てるし、スープも良かったし、
『“次”にまた寄っても良い』
という気にはなれたので、ムダでは無かった。

そして本日。
まだ観ていなかったプログラム1本のみ鑑賞。
3時前の遅めの昼飯なので、移動時間短縮のため牧場の向い側にあるレストラン“バジルの葉”へ。
ここへ来て具体的な店名を出してしまったのは…
『今どきまだ那須高原エリアでこんな商売成り立ってんのか!?』
っつうような、驚きの味と観光地価格だから、であります。

かーちゃんはキノコパスタ、オレはハンバーグカレーを(観光地価格で)食ったワケだが、食い始めると同時に会話停止。
『厨房借りてオレが作りたい』
映画祭も、昨日までの外食の流れも、けっして悪く無かっただけに、チェーンのファミレス以下の味と、高級店価格に憤りすら感じてしまった。

店「良くないっすよ、震災?福島?風評?アレ以来ねぇ、昨日も今日も、良くないなぁ」
嘘っつうか見栄っつうか、その前に、根本的に間違ってるから、おたくの味。
|TOP|

プロフィール

とーちゃん              下の方で遠慮がちにRanking参加中

Author:とーちゃん              下の方で遠慮がちにRanking参加中
故・wansuke爺
 「やい!とーちゃん!
  何だよ、コレ!
  こーゆー甘ったるい写真、
  いつまで使う気だよ!」
故・hanna婆
 「ヤット再会デキマシタ…」

[LIVE関連]

9月4日(月)大塚Welcomeback
19時~!ダッキャン参加の3人組!

10月2日(月)大塚Welcomeback
19時~!

盛岡ツアー2017第4弾決定!
10月13日(金)盛岡クロスロード
10月14日(土)盛岡ビートルズ
10月15日(日)おでって盛岡
中津川べりフォークジャンボリー出場!

番外編!?日本語ビートルズ連発!
10月22日(日)ヤァ!ヤァ!ヤァ!'17
六本木ABBEYROADに登場!

11月23日(木・祝)ビートルズ大会
at大塚Welcomeback

毎月第4日曜日朝~昼頃
大田原日曜朝市出演中!
行ける月だけですが・・・

『K介のSongs&Dogs
   ~週末はミュージシャン』
3曲分の動画を毎週月曜日UP!
YouTubeにて続々配信中!

[CD・DVD関連]

親指企画17年振りのスタジオ録音アルバム!
『Songs&Dogs』完成!!!
DSC_0273.jpg
若き日の3人組LIVEのDVD付きです。
CD13曲+DVD16曲入り、カンパ1,000円!
DSC_0281.jpg

月別アーカイブ

寝姿を見ちゃった方々

hanna嬢「おがぁさーん、おろーさんがヘンなことやってるわぁー」

wansuke爺「じゃ、またな!」

hanna嬢「おろーさん、頑張って!」

wansuke 「おい、とーちゃん!このランキング、ちゃんと設定出来てんのかよ?」 とーちゃん 「・・・自信ナイ・・・」

FC2ブログランキング

バカ嫁hanna 「1日1回、ポチッと押してみれくらさいねぇ~」

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索