さて、紅白…♪



大晦日だし、
『今年のlive一覧など書こうかな』
と思っていたのだけれど、まぁ、
『読みたいヒトなどいないやぁな』
という冷静な判断つうものが出来る大人だかんね、やめときましょ。

しかしね、皆様に支えて頂いて、ホントにたくさんのliveの機会に恵まれた一年でした。

規模というか、盛り上がりというか、そういう方向で今年以上にどうこうという一年を迎えられるかどうかはアレだけど、シミジミとね、オジサンならではの唄を、また続けて行きたいな、とは、思っています。

“幸いに”というか何というか、アレコレグジグジと考え込んだりするの、嫌いじゃ無いんで、また何か、言葉が浮かんで来るでしょ、きっと。

って、聴くでも無くラジオから紅白が流れてるんだけど、見事に知らんのぉ、曲っつうか、誰!?っつうか…今年に始まったことじゃ無いけれどね。
スポンサーサイト

12時55分、黙祷




これまで結構な数の“犬宿”に泊まって来たけれど、基本的に冬場の山奥が多いのと、まぁ長らく景気が低迷しているってのもあるのかな!?
他にお客さんが居なかったり、犬連れがウチだけだったりで、実はノリスケはよその犬連れさん達とご一緒したことが無い。

しかし!!
ついに、ですね、今回はそうもいかず、宿にゴールデンが一頭、お客さんにもゴールデンが二頭、ミニチュアダックス一頭、そしてビーグルの仔犬が一頭と、非常に緊張感のあるディナー&モーニングが続いている。

なので、ノリスケは精神的には完全グロッキー状態。
深雪のクロカン的散歩の後は、グッタリまったりの一日。

むしろハンナさんの方が元気かも。
散歩も楽しそうだし、ベッドのヘリのガホガホダンスもしつこく続くし。

あ、そうです、本日はワンスケ一周忌。
クロカンから連泊の宿に戻り、時刻を確認しつつ、“献杯”を口実に昼メシ前から飲み始め、黙祷…ということで、写真は故・ワンスケ特集。

イイんだよなぁ、ワンスケって…。

最後の一日



12月29日です。

去年、30日の昼間にワンスケ爺を見送ったので、29日=爺やと最後に丸一日過ごせた暮れの休みを、シミジミ思い出しています。

僕が休めるのが29日からなのをわかっていて、丸一日一緒にいさせてくれて、30日の昼まで頑張ってくれた、思えばホントにホント、立派な犬でした…って、今、私、泣いてしまってます。

この写真(ノリスケは世界平和の為につながれ、ハンナさんはベッドのヘリを擦って歩き、超ご機嫌)の後、僕以外は夕寝に突入してるので、泣いてるのは内緒ですが。

思えば3年ほど前から、
『来年から(仕事的に)食えなくなる気がする』
と、それまでにも増してかなり強く意識する様になって、その分、
『なので(何とか乗り切れた年の)暮れの三日間にちょっと贅沢しとこう!!』
と始まった29~31日にかけての冬の旅。
去年のブランクを経て、実にエラソーにノリスケ(&ハンナさん)ペアが受け継いて、今年もこうしてプチ贅沢させて頂いております。

先週に続き、
『えっ!?また!?』
と思われるかも知れませんが、春~秋はキャンプ旅なので、我が家にとっては“冬ならでは”なのですよ、宿に泊まるなんて。

何故かこの“暮れの旅”だけは毎回、初めての宿を試す企画モノの様になっていて、今年は山形蔵王の山小屋風ホテル風ペンション!?ロッジ!?
分類としては良くワカラナイけれど、とにかく初めての宿の、洋風の広い部屋で、私はひとり泣きながら、持ち込んだ盛岡地ビールを味わっています。

泣いてても、旨いです、盛岡地ビール!!

仕事としては大晦日!?



ま、御用納めってことです。

残りの数日は、あれこれ振り返って過ごしたりしてる内に、きっと気付いたら新年なのでしょうなぁ、いつもながら。

こんな一年なんて、そうそう無いだろうし、あってはならないワケだけど、僕が忘れられないのは…
仕事がヒマで、日中に街中をブラブラしながら眺めてた、そう、“買い占め”騒動だなぁ、うん。

マ「パパぁ~!!あっちの店に、お米あったよぉ~!!」
と商店街で叫び、狂喜するママさん。
普段トイレットペーパー積んでる場所に、キッチンペーパー積んで売っちまうドラッグストア。
そのキッチンペーパーを両手に買い込み、嬉しそうに帰りを急ぐ下町のオッチャン。

醜いようでいて、ニンゲンって、肝心のとこで滑稽でもあるよね、何だか。

あ、今日電話があって、僕は来年の3.11は、どうやら岩手県某所で仮設住宅を巡回したりして、無料相談当番になる予定です。

地ビールと自ビール

昨日は佐渡島から自ビール(キャンプ場集落の方の自作品)が、今朝は盛岡から(予約注文しといた)地ビール(と三陸海岸魚介類詰め合わせ)が、それぞれ色んな味の組み合わせで届いた。

こういう美味しいビールは、一杯目から自宅でじっくり味わって飲みたいワケだけど、暮れはなかなかそういう飲み方にならないのが悩ましい。

外で飲んで帰ると、家飲みは寝る前の一杯になってしまうことが多く、しかし、
『飲み残して寝ちゃうかも!?』
みたいな飲み方をするにはマジで勿体無いビールばかりなので、本年6月の那須地ビール発掘(長年気付かずにいたのです…)以降というもの、日々この贅沢な(だけど他人から見たら実にクダラナイ)悩みと闘っていたりするのであるよ。

え~と、一応そういう時に飲む用の市販の缶ビールも買ってはあるのだけれど、最近は外で飲み始める時にはもう、普通の生ビール(=薄味に感じてしまう)を省略してイキナリ清酒や焼酎などを飲みつつ、
『帰ったら盛岡地ビール飲んでから寝たいモノだなぁ…』
なんて考えてたりするので、そうなると帰宅後も寝酒用缶ビールには手が伸びず、どうも今年はこう、ビールに関しては完全に佐渡・那須・盛岡の我が三大“地・自”ビールに脳内支配された感がある。

いつだったか、
某「この歳になってもまだ、知らない美味しいものに出会えるなんて、シアワセだよねぇ」
と仰った方がいたのを思い出すのだけれど、本当にね、ビール方面では充実した一年だったなぁ…
って、音楽方面もLIVEだCDだDVDだビートルズ祭りだとスンゲェ充実してたし、仕事もなぁ、アッチの施設だコッチの病院だって意味では忙しかったなぁ、今年は飛び回り具合と実入りが全然連動して無くってなぁ…。

ま、頑張んないと、旨いビール買えないからね、来年も走り続けますわ!
              DSC_0474.jpg
あ!
忘れてましたが、ノリスケ(左上)と出会ったのも今年なんで、犬系も充実の一年としておきましょう…んだ、ハンナさん(右下)の胃捻転騒動も、ついこないだだったしね。

腹減ったなぁ…
旨旨系ビール飲みてぇなぁ…

と思いつつも、今夜は残業確定日でありまして、地ビールも自ビールも、まだまだ遠いのであります。
しっかり働けよ!オレ!

泣いても笑っても

昨日田舎のクルマ屋に寄って診て貰ったら、愛車は見た目以上のダメージだそうで、
車「年明けに二週間ぐらい預かりたい」
と言われてしまい、
僕「う~む…」
と唸ってしまったのであった。
              DSC_0473.jpg
ウチの場合、この方々を載せて走りまくってるワケですわ、年中ね。
車「レンタカー代も相手方の保険で賄われる」
と言われても、
僕「なら良かった」
じゃ済まないのよ、高速走るし、雪道走るし、犬載せるし。

なので、田舎と都会、どちらのクルマ屋に出すか、そしてそれはいつにするのか、大変悩ましいところです。
泣いても笑っても、とは言うけれど、ホントにもう、時間に余裕の無い状況下、クルマをどうするだの工場はどっちにするだの、実に時間をくうモンっすなぁ、コレばっかりは。
保険屋やらディーラーやら、ちゃんと連絡入れてくれるのは有難いけど…。

にしても、この写真、俺のベッドです。
コレが犬飼いの生活であります。

朝は快晴!!


あまりに素晴らしい快晴振りだったので、朝食が済むと素早く荷物をまとめ、連泊の宿を後にして、お手軽山岳クロカンを楽しもうと裏磐梯スキー場へ。

今年は福島県のスキー場はどこも苦戦が予想されていて、来月からは平日休業も予定しているのは知っていたが、にしてもクルマが少ない。
というか、駐車場ガラっガラ。

『(風評被害)ここまでヒドイとは…』
と思ったら、雪が少なくてリフト1台しか動かして無いのだとか。

う~む、下調べしなかったワシらも悪いのだが、リフト1台だけとなると、殆ど下から頂上まで自力で登山ってことになるワケで、さすがにちょっと、シーズン一発目でそこまでの覚悟は出来ておらず…
なぁんてボヤきながら歩き出したら、今度はみるみる内に天候悪化。
さっきまで見えてた山頂は雲に消え失せ、振り向く下界も吹雪始めてしまったではないですか。
ということで、適当に登って適当に下り、本日のクロカン終了。

まぁ、またチャンスはあるでしょ、雪がちゃんとあって、それでいて自分らが歩く時間は晴れてる、そんな時にね。

ヤル気無しからの大逆転



裏磐梯は静かです。

いかに“数値”が平穏でも、“福島県”というだけで、今年は静かだったそうです…。
しばらく宿としては休業し、“受け入れる側”として部屋を提供していたそうなので、満室ではあったのかも知れませんが。

一昨年、ワンスケとも来たこの宿は、他にお客さんがいないと一番広いロフト付和洋室に案内されるらしく、今回も同じ部屋。

春~秋、どんな家族がどんな想いで過ごしていたのか…少し考えてみたけれど、上手く想像出来ないまま、クタクタでやっと迎えた連休を、ただダラダラと過ごしています、今回は連泊だし…って、雪山歩きしないんかいっ!!

ハンナさんは完全に“(どこにも)行かない宣言”状態。

ノリスケもワンスケ爺さんそっくりの“ストーブ前独占宣言”。
我が家では(のぼせて頭がパーになりそうなことから)“バカボン”と言われるダラけ振り。

まぁ、こういう休みの過ごし方も、ノリスケ以外は“歳相応”かな。
いやしかし、ノリスケはダメだぜ、若いんだから運動しなきゃ。
隣にある犬連れ専門宿(キャン吠えがもれ聞こえる)のドッグランにでも放って来るか!?

なんつってる内に昼前になり、少し陽も差して来たので試しに五色沼を歩いてみることに。

10年ほど前には本格的山スキーの裏面に滑り止めシールを貼って登山していた我々は、今やショートスキーを担いでスノーシューで登ったり、平地だとスキーは担がずスノーシューとストックで歩いたり、そして今日みたいなまだ積雪が少ない時期は単なるスノーシューズを履くだけだったり…って、ストックも持たないので、見た目はそれらしい格好しただけの単なる散歩の人々だな、これじゃ。

ワンスケも好きだったこの五色沼コース。
曇ったり陽が差したりの中、ノリスケはこれが裏磐梯デビューかな!?

ラッキーなことに、昼食後の戻り道は快晴になり、四方の山々は全面的パノラマビュー!!
そして何より嬉しいことに、もう赤羽辺りじゃろくに歩きたがらないハンナさんが、スタスタピョンピョンと、往路も復路も元気に歩いていて、なかなかよろしいイブの一日となったのでした。

あのままドョ~ンと過ごさなくて良かったぁ~!!
ま、今はその分、朝以上にドョ~ンとしてるけどね。

いわゆるひとつの


“カマを掘られた”ってヤツなんだよなぁ…。

あ、えーと、連休です。
我が家の好きな、冬山歩きの季節です。
今年は老病犬はいないのだし、これまでなら朝から気合いで起きて山小屋から更なる山へと向かうところ。

しかし…そもそもクタクタの年末。
その上、昨夜は研修会の後、深夜に山小屋着の強行軍。
老病犬はいなくても、自分らがもうエエ歳なワケよ、起きられないし出られないのよ、朝から登山とかね。

まぁ、まだシーズン始まったばかりだし、
『午前中はゆっくり休んで、夕方宿に着けばイイかな、今日は』
と…そいつが完全に裏目に。

宿を目前にした凍ったゆるい上り坂で、前のクルマが止まったので、ブレーキを踏み込む。
ガガガッ!!っと、今のクルマは怖いです、滑らない代わりに怖い音がします。
が、この恐怖的サウンドに怯まず、しっかりブレーキを踏み込むのがポイント。
このポイントを知らないと、ブレーキ踏めずにそのまま行っちゃいます。

で、ワシらは止まったけど、来ちゃいました、後ろのクルマがね、ドスン!!とね。

こちらはチョイ凹み、あちらはボンネット波打ってしまいました…。
まぁ、100:0ってヤツでしょうね。

えーと、電話、警察と、保険会社と…しっかし寒いッス、立ち話。
場所!?
裏磐梯某所です、過去何度か他人の事故を眺めて通った事故多発の迷所。
いやぁ、
『朝なり昼なりに着いて遊んでれば』ってのは、後から見ればの結果論。

(お互いに)身体は無事で何より、と。

にしても、相手が保険に全く入って無いバカ兄ちゃんとかじゃ無くって良かったぁ…。

同じバトルの虚しさよ


先週、認知症高齢者の年金受給に関する、
『頭文字に“さ”のつく会社名事件』
について書いた。

あの時は、年金事務所の相談窓口に座り、面前の職員が口を開いた瞬間に、その態度や口調から、
『ヤベ、ハズレかも!?』
という予感があり、そして見事に予感的中。
その結果、後日施設入所したばかりの認知症高齢者の耳元で大声出して、
「昭和19年に勤めてた、“さ”のつく会社名を思い出してよ、@※さん!!」
というね、珍問答を演じる事態に陥ってしまったのであった。

しかし、俺は考えたね、例えば車のディーラーの担当者がハズレの時には、本社の“お客様相談室”に電話すると、急に態度を変えてこちらの要望が通ったりするのと同じで、
『“ねんきんダイヤル”でどうよ!?』
とね、鋭くひらめいたのであります。

かけてみましたよ、“ねんきんダイヤル”に。
惨敗…。

そもそも、
『ご本人が認知症かどうかで年金記録の確認方法を変える』
という発想が無いのです。

私「じゃ、やっぱり受け取れ無いんですね!?頭文字のヒントからご本人が思い出せない限りね、昭和19年当時の勤め先をね、“さ”でわからないと、ブランク期間は払い損ってことで」
ダ「いや、そうは申し上げてはおりませんで、当時(←昭和19年!!)の給与明細をお探し頂くとか、ご一緒にお勤めだったお仲間(←今何歳!?てか、誰!?)にお話を聞くとか、何とかご親族の方に~(中略)~で、確認取れればお受け取りになれますので」
私「いや、だから、ご本人天涯孤独ってさっき説明しましたよね!?そんな夢の様な話を繰り返してても時間の無駄でしょうが!!年金事務所の窓口よりは丁寧にお話しになってるけど、言ってる中身は丸っきりおんなじじゃないですか!!貴方、認知症高齢者の方に会ったこと無いんですか!?」
ダ「いえ、ございます、わかります、ええ、ですから、その窓口の者がクイズの様にして“ヒント”ですとか、申し上げたのであれば不適切であったと思いますが、こちらの“ねんきんダイヤル”ではですね、個人情報保護法の問題もございますし…」
私「(自分の年金記録を“個人情報”って言われたらなぁ…)もう結構なんですが、最後にひとつだけ…もう手立ては無いと思っててイイんすかね!?財産管理者である後見人としては!?どの年金事務所に行くかとか、誰にあたるかで、態度は違っても結果が同じなら、僕はもう、記録つながるとかつながらないとか、諦めても良いワケで」
ダ「いや、それはあのぉ…基本的には同じ様な回答にはなるかと思われますが、ただ、先日行かれたのとは別の年金事務所に行かれてですね、何かほかに確認方法が無いかですね、“ある”とは言え無いんですが、もしかしたら…」
私「何なの!?あるの!?無いの!?んで、窓口次第で差があることは認めちゃうの!?何なのコレは!?またクイズかよぉ!?」

以上、お読み頂き、お疲れ様でした。

やめときゃ良かった!?

今夜は勉強会です。
しかも私、聴く側じゃなくて語る側だったりします。

先月ちょっと、やり慣れない分野の仕事をなんとかやり終えた時期に、
私「今ならこのジャンル、多少語れるよ、やったばっかだし、少人数の勉強会なら」
と自分で言い出してしまい、その企画がそのまま通ってしまい…
ま、当時は実際多少語れそうな気がしてたのだもの。
              DSC_0464.jpg
しかし、あれから一ヶ月。
さすがにまだ、やった内容自体は憶えてるけど、
『人前で語れるほどのことでも無かったかも!?』
と…。

いや、というかね、もう少し法的やら論理的やら、“ウラ”を取ってだね、人前で話が出来る(&多少の質疑には応じられる)状態に持ってけるつもりだったのですよ、一応はね。
しかし、無理でした、もう、単純に時系列で体験談語るのみ。

質疑は、禁止とします。

では、行って参ります。

時間足りず…

正直に書きます。
泣きそうです。

基本的にアレコレ予定を詰め込むのが好きな性分なのは自覚してるけど、夜がね、夜が決まっちゃってると、もう何だか間に合わんのですわ、昼間はアッチの病院だぁコッチの施設だと、自分が行く以外無い用事に追われてしまって…。

こうなると、収入確保に一番直結する登記関係の仕事は夜に集中して取り組まざるを得ないワケだけど、その夜はねぇ、もう全く空いとらんのよ、私。

なので、そもそもあまりテキパキ仕事こなすタイプでは無くて、
『じっくり正確にすることで余計なミスを避ける』
ってタイプのところを、
『テキパキと正確に』
を目指さねばならず、多分そういうのが“泣き”にね、つながってんだろうなぁ…。

勝手に6年目に入ります



昨日の勝手に5周年記念live、大勢ご来場頂きありがとうございました。

昨日は31年前の同窓生が集まったので、話が盛り上がった分、
『僕のliveなんて聴いてくれてんのかなぁ!?』
と思っていたらば、コレが喋りつつもちゃんと聴いてくれてた様で、打ち上げやメールで鋭い指摘やアドバイスを色々貰い、何だか嬉しくなってしまいました。
みんな、どうもありがとう。

勿論、年に何度も足をお運び下さってる皆さんにも、心より御礼申し上げます。
本当にいつもありがとうございます。

前座
~赤羽エリック~

第一部
♪君は天然色(大瀧詠一)
♪トランジスタラジオ(RCサクセション)
♪言葉(吉田拓郎)
♪言葉を全部過去形にして
♪くたびれ損の骨折れ儲け
♪お気に入り
♪サイクリング
♪夕暮れ(曲:アグネス松本)
♪約束
♪ウソ臭い朝に
♪二人のChannel
♪最後のニュース(井上陽水)
♪クリスマス・イブ(山下達郎)

~お食事休憩~

前座
~K介ソロ~
♪あんたのバラード(世良公則とツイスト)
~お客様コーナー~

第二部
♪夜空ノムコウ(スガシカオ外)
♪ひまわり(福山雅治)
♪美しいひと
♪君と俺の間には
♪それが君の世界なら
♪カタオモイ
♪きれいごと
♪マジックアワー
♪’11初夏 仰ぎ見る空に
~アンコール~
♪ストリッパー(沢田研二)
♪おまえにチェックイン(沢田研二)

いつものことながら、今日も朝から本業です。
ミュージシャン的余韻無し。

午後イチで(相談者の来ない)相談会場に詰め、このまま職場へは戻らず夕方から仕事絡みの忘年会へと移動予定。

何だか短くも長い一日です。

明けない夜は無いのです



貴重なお休み、日曜日の一日。

今日は、二週間前の同窓会の流れから、何人か私の中学時代の同窓生が来てくれるようでして、遠方の友人なんかは殆ど一日仕事。
この時間、既に向かってらっしゃる方もいたりするのかな!?

有り難いことです、本当に。

世の中、特に仕事に関しては“年末進行”に突入してる時期だけど、今日だけはね、今日のことだけ考えて、って、誰に言ってんだか…!?

散歩と仕事と練習と


土曜日だけど、来週の勉強会の準備が全く終わってなかったので、朝の散歩の後は何だか、ワープロをカチャカチャやってる内に夜になってしまいました。

明日は勝手に五周年。

いつも思うのは…五年前はひどかったんじゃないかなぁ、と。
ま、今も上手いとかスゴいとかそういうレベルじゃ無いのは自覚してるけど、活動再開までのブランクが長かったし、そのクセイキナリ曲数はメチャクチャやりたがってたし…。

ま、記念は口実っつうことで、美味しく楽しい一日になりますように…
先ずは仕事済ませたら、だね。

退院転院入所…



僕が成年後見人などやらせて頂いてる高齢者の中には、ホントにホントに身寄りのいらっしゃらない方も何人かいて、そうした方が退院だとか転院だとか施設入所だとかとなると、本来的な事務手続きだけでは済まない気配になることもあるのです。

たとえば…
転院の際に介護タクシーの手配は今いる病院がやってくれたとして、その介護タクシーには誰が同乗するのか!?

あるいは…
救急車で寝間着のまま入院したため、退院時に着る服を持って無い場合、誰が買い揃えるのか!?

何だか毎日の様に、
僕「それを“する”のでは無しに、してくれる人を手配するのが私の役割でして…」
なんていう虚しい説明を繰返す場面がこのところ続いていて、正直、言われた通り“する”方が話は早いだけに、悩ましいっつうか何つうか、
『不思議な仕事に手を出したものだなぁ…』
みたいな…。

とにかくくたびれましたわ、今週は。

金ちゃん転職!?


今朝乗ったJRの運転士さん、後ろ姿が金ちゃん(去年まで時々カホンで参加してくれてたドラマー。現在live本数絞り中)そっくりで、まぁ、有り得ないけどちょっとビックリ。

一旦そう感じちゃうと、仕草や態度まで似てる気がして来るし、しばらく見てたら横顔までは本当に金ちゃんそのもので、正面から見たいような、でも見ちゃうと似てない可能性があるワケだし、と、アレはしかし、イイ歳して結構楽しめるのね、
『誰かにそっくり!!』
みたいな出会いって。

でも運転士だかんね、振り向くワケ無いから確かめ様も無く、ま、記念に一枚。

今夜は久々に赤羽エリック氏とのリハーサル。
どうなることやら…ってぐらい久し振りだなぁ…二ヶ月振りかも!?

マハラジャ!?


か「とーちゃん!!♪マツケン・マハラジャ♪は何だかスゴいよ!!」
とかーちゃんが言うので、仕事で飛び回る前に、職場にて朝イチで動画鑑賞。

うーむ…
“狙い”みたいなモノが見え隠れ…してるようなしてないような…。
取りあえず、
『18日までにコピーしてお披露目』
は、無いです。
ん!?
いや、赤羽エリック氏に踊って貰うか!?

さて、連日飛び回っている内に、長年愛用の財布がまたも(←過去何度も壊れて修理を繰返しているのです)壊れていることに気付き、昨日の昼に、職場のすぐそばの革モノ直し屋へ。

直し屋さんもこのblogには過去何度も登場しているのだけれど、一応書いとくと、
『信じ難い程鋭角的な三角ビル』
ってのが、ウチのすぐそばにありまして、耳のとおいじいさんが、その鋭角的三角(多分大通り拡幅で現在に至る)の中でやってるのですよ、直し屋さんを。

爺「あ、コレね…(またあんたか&またこの財布か)」
僕「(出来るのは)明日になります!?」
爺「明日の今ごろどう!?」
僕「あぁ、明日は無理かなぁ、来られないかも…」
爺「んじゃ、待つ!?」
僕「(待って出来るなら)待ちます」

壊れたと言っても今回は小銭入れのフタとめるボタンだけで皮革部分の取り換えとかは無さそうなので、作業見学がてら待つことにした。

じいさんである分のゆっくり感はあるけれど、数分でボタン交換完了。

爺「ハイ、コレ」
僕「いつもありがとう。で!?(今回は)いくら!?」
爺「ん!?ん~、100円!!」

驚かれる方もいるかも知れないが、僕が過去やって貰ったどんな大掛かりな財布直し(皮革部分の張り替えや縫い直し)も、決まって数百円単位で済んでいたので、この100円は予想通り。
しかし、小銭が無い。

僕「ゴメン、千円でお釣ある!?」
爺「あん!?」(耳悪いからね)
僕「お・つ・り!!ある!?無い!?」
爺「あん!?イイや、イイ!!」
僕「イイって!?んなワケに行かないよぉ!!」
爺「じゃ、イイから、いつでも」
僕「いつでもったって、そうも行かないからさぁ!!すぐ取って来るから!!」

ナンか、イイでしょ!?赤羽っつうか、岩淵町なんだよなぁ、この感じ。

そうそう、話はガラリとアレだけど、イイ感じじゃ無いのがね、年金事務所ですよ、ええ、今日はね、午前中から年金事務所ッス。

俺「私が成年後見人に就任したコチラの方なんですが、“モレ”とかね、何か申請すると受給額増やせるとか、そういうの有るか無いか、データ照会して貰いたいのですが」
年「あー、じゃ、取りあえずこの用紙書いて下さい。(PCカチャカチャ)今、奥の職員にも、別なの調べさせてますから…(何やら判明)…あーこの方ねぇ、昭和19年の※月から昭和20年の@月まで~~~」
俺「あの、えと、その紙、見せるんじゃなくて、私はメモ取る場面なんすか!?」
年「あー、ハイ、メモしてね、見せるワケ行かないんで。でね、その時期に、頭文字が“さ”で始まる会社にお勤めだったかどうか、それをね、ご本人が会社名思い出してくれれば、本人確認出来たってことで、年金額加算されますが」
俺「いや、だからね、私は成年後見人、つまり、ご本人は後見人が必要な状態なワケでね、昭和19年当時の勤め先、何!?頭文字が“さ”でしたっけ!?んなこと、分かると思いますか!?」
年「まぁ、後見ですから、状態は想像出来ますが、これ以上のヒントはねぇ…」
俺「要するに、後見だろうが何だろうが、思い出せなきゃ貰えない、と」
年「そうは言ってません!!思い出してくれれば、加算出来ると、そう言ってるんです!!」
俺「思い出してったって、だからさぁ、認知症高齢者のですよ~~~」

今思い出しても、感じの悪い、虚しい問答だったなぁ…。

格闘技的満員電車

昨日は夜まで外出が続き、その分若干たまり気味の、
『入力だけでもやっといた方がイイかな!?』
って感じの事務仕事を、職場に戻って深夜まで。

今朝は早起きして埼京線に乗ったのだけど、“僕の早起き&埼京線”=“モロ世間の通勤時間帯”って程度の“チョイ早起き”だった様で、久々に、
『マイ鞄がどっか引っ張られたまま片脚立ちで次の駅まで』
みたいな格闘技状態を体験する羽目に。

昔は毎日コレに耐えて通勤していたのだいたのだ!!と気合いを入れてみたものの、んなのはもう15年以上前の若い頃のおハナシ。

午前中の用件を無事に済ませたこのお昼時…空腹がどうこうよりも、眠いです、チョイ早起きしたので。

ノリに優しいハンナさん

故・ワンスケと暮らしていた頃には、こうして二匹で後部座席の窓を使うのを許さなかったハンナ。

左がハンナさん、右がノリスケです、念の為。

基本的には、
『ワンスケちゃん大好き』
ではあったのだけど、
『ワンスケ=先住犬』
でもあったから、後から来た自分が開拓した“陣地”みたいなモノにはとてもこだわっていて、“侵略”は絶対に許さなかったものだ。

後部座席の窓も、ワンスケが、
ワ「なぁハンナ、俺様にもちょっとイイだろ!?窓から顔出させてくれたってよぉ」
なんてぇ素振りを見せようものなら、ホントはウトウト寝てる様な時でもすかさず起きて、
ハ「ラメェ!!今、ワラシ、窓つかってるんだから!!ラメェ~!!」
と吠えかかってたもんなぁ。

今は逆の立場になったからかなぁ、クルマの窓以外にも、ハウスもソファもノリスケの“侵略”についてはいたって寛容なので、ワンスケ時代には考えられなかった場所でのツーショットが撮れたりもするのであります。

単身赴任中


ステージには漫談などの“お笑い”系と僕みたいな“弾き語り”系が交互に登場。

投げ銭ライブに来るといつも思うけど、“お笑い”ってのは難しいのだなぁ…。

♪君は天然色(大瀧詠一)
♪トランジスタラジオ(RCサクセション)
♪言葉(吉田拓郎)
♪最後のニュース(井上陽水)

今日は風邪による欠場者も何組かいらっしゃるらしく、結果的に僕がトップバッター。
この“おおたわら蔵屋敷投げ銭ライブ”では、
『僕のことを全く知らない方々の前で唄う修行』
ってことで、これまではオリジナルだけしかやって来なかったんだけど、まぁね、たまにはこう、
『有名人の有名曲ばかりやるとどうなんだろ!?』
と、かためてみた次第。

野外イベントなので、12月だしね、寒いし時間長いしで、一家は留守番。
つまりは私、単身赴任中です。

実は“蔵屋敷”は駄菓子屋さんだったりもするので、出番の後は超インチキなハムカツみたいな駄菓子などをかじりながら、皆さんのライブを鑑賞。

イイ曲書く若い出演者が今、ホントにイイ曲を歌ってるとこです。
実は結構ファンだなぁ、俺。

しかし…マジ、インチキだよなぁ、駄菓子ハムカツって…。

先生方と焼酎の一升瓶を空けたっけ


目覚めと同時に叫んだ。
僕「何曜日!?え!?土曜日!?土曜日!?土曜日なの!?」

昨夜の飲み過ぎと、平日の用事詰め込み過ぎで、錯乱状態であった。

僕「やったぁ!!土曜日だ!!休みだ!!」
普段は(用事はあっても)仕事が無くて困っているのに、完全に仕事から解放される土曜日を、内心待ち望んでたのかなぁ、私は。

と言っても、本当に“完全に”なんてことは有り得ないのでありまして…再来週、自分が講師というか事例報告者を担当する勉強会の準備は始めておかないとなぁ。

平日にやろうとか思ってても、ちょっと何か用事が入ると、もう何も準備出来なくなりそうだし…。

さて、話は急に変わるけど…
明日は第二日曜日。
恒例となりつつある『おおたわら蔵屋敷“投げ銭ライブ”』、ちょっと迷ったけど、参加させて頂くことにしました。

18日の5周年記念liveに向けた、修行みたいな意味でね、普段は全くやらない様な曲で参加します。
もし何かの都合で栃木県は大田原にご用のある方は、明日の午後1時から、野外で唄ってますんで、寄ってみて下さいね!!

後見人としての一日



先月~今月に掛けて、お二方の成年後見人に就任。

今日は朝から関係各方面への届け出や引き継ぎや打ち合わせなどで、とにかく丸一日“後見の日”に。

しかし、赤羽エリック先生なんかは僕の倍以上の人数の高齢者の財産管理をやっておられるらしいから、丸一日後見の日なんてのは、しょっちゅうあるんじゃないのかなぁ…。
あ、ヤツの話はイイか。

今回の方は、結構な資産があったのに、困っているヒト(特に異性)に頼られるとついつい助けてしまう人の良さが災いし、ここ数年で周囲の人々からイイ様にお金をアレされてしまったというですね…やや問題案件。
就任直後のセンセイ(←私のことね)としては…
過去にとらわれず、この先のご本人の幸せということを追求したいところなんだけど、ここ数年のその流出額がねぇ、問題にせざるを得ない相手も、出て来るだろうなぁ、う~ん…。

さ、忘年会、行かなくちゃ!!

>犬やかんさま

貴重なアドバイス、ありがとうございます。
しかし…我が家が5年前の私の復活liveをラジカセで記録していた、あの光景をお忘れでは!?

こうしてblogを続けてるだけでも、かなりハイテクでありますよ、ええ。

年の瀬ムード

毎年それなりに12月になってしまい、毎月それなりに日付だけは重ねて、本当にホントに今年も“暮れ”になって来ましたねぇ。

ま、普段は平日には休み難い僕ら超小規模事業主も、12月の最後の3日間は毎年休みだし、クリスマスの連休もあるしで、仕事すべき“黒い日”が少なめだから、余計詰まった感じがするんだろうけど。

そして…
僕のこのblogも、かーちゃんの“犬まみれ”も、いつまでも繰返し引きずる様でアレだけれども、12月はやはり、彼の誕生月だった9月以上に、
『ワンスケの月』
なのであります。

我が家にやって来たのが17年前の12月、そして16年間一緒に暮らして、見送ったのが去年の12月30日だからねぇ。
(いやぁ、こうしてスマホで年数や日付を書いてるだけでもウルウル…)。

あ、もしかすると最近になって読み始めて下さってる方もいらっしゃるかも知れないのでたまに説明を書いた方が良いのかな!?

えーと、タイトルでもあり、プロフィールの写真に出てるビーグル犬が、先代の故・ワンスケさん。

白と茶色の女子は、7年前に公園の繁みで仔犬6匹産んだところを保護されて我が家にやって来たハンナ。
ちょっとアタマが弱め、運動神経鈍め、下は緩め…です。

なので、エピソード満載で主役っぽく振る舞ってるバカ=ノリスケは、ワンスケが亡くなって落ち込みが激しかったハンナのために、今年になって保護団体から譲り受けた新参者。

そもそもは犬が苦手だった僕は、ワンスケのお陰で“犬が大丈夫なヒト”になり、これまたワンスケのお陰で街中に犬仲間が増え、そこにハンナが加わって我が家は“二頭飼いOKの家”になり、と、下地がバッチリ整った状況で登場したハチャメチャ犬ノリスケ。

そのやりたい放題振りからいつも、
「ノリスケが一番“イイ”なぁ、悪いこと何やっても“イイ”し、まともなこと何にもやらなくても“イイ”んだもの。絶対ナンかやって捨てられたんだろうけど、何やったって今からウチがノリを“棄てる”とか、我々以上に(周囲の)誰も思って無いもんなぁ」
と、こう書くと言葉による虐待みたいだけど、まぁしかし、マジ好き放題なので、こんなことを言われております。

はてさて、私、いつもliveの告知は載せますが、
『どんなliveなのか』
を事前には殆ど書かないので、今回初めてお越し下さるかも!?って方は不安というか、心配とか警戒とか!?どうなんでしょ!?

ネットで聴ける私の楽曲としては、かーちゃんの“犬まみれ”か、お仲間の“犬猫屋敷”さんを検索して頂いて、前月の終わりの方の駒沢公園の記事をご覧頂きますと、これがまた素晴らしいプロモーションビデオ(!?)状態のモノがお楽しみ頂けますので、是非。

んーと、“おおたわら蔵屋敷投げ銭ライブ”だと、私の参加した野外live動画もあるのか。

あー、あと、時々言われるのが、
「H田クンが歌ってるの、ネットの動画で見たよ!!」
ってヤツ。
これがしかし、私自身はどこにどんな動画が流れてんだか、全く知らないので返答に困るのよ、毎回。

今回は、“年の瀬”だったり“冬”っぽかったり、な曲も交えつつ、勿論、ワンスケへの想いも捧げつつ、ですね、選曲としては。

とにもかくにも練習中ッス!!

資金繰り

“資金”なんつうレベルでは無いが、一応は12月であるから、受け取ったり支払ったり右から左に口座を振替たり、多少なりともそういう作業があったりもする。

今年一年で“増えた”んだか“減った”んだか、そもそも昨年末の状況を把握して無いセンセイとしては、
『今年はやったぜぃ!!』
みたいな実感も感慨も、感じ難いのぉ。

いやね、昨日電話で、
僕「あなたのアンプ、ずっと壊れたまんまで、僕の1台しか無いまんまで来ちゃってるけど、ここらでどう!?直すとか!?新しく買うとか!?」
と、次回のliveに向けて、サウンド向上を提案したらですね、赤羽エリック先生がだね、
赤「直すなんて大変だし…新しいの買います!!(今年は暮らしが)楽になりましたし!!」
とね、明言なさってたもんだからね…。

“楽になる”って、何だかイイ表現だよなぁ、何だかなぁ。

屋内排泄生活

この写真、
『ハンナさんのハウスの上にノリスケが』
の図。

しかし、“ハウス”ったって本来は旅行に使う様な折り畳み式の布製のモノなので、ノリの重みで骨組は破損→補修→破損→補修を繰返し、現在は(二度の骨組補強で頑丈にはなったんだけど、本来の折り畳み機能までは復元出来ず)折り畳み不可製品に。

にしてもノリは、
『バカは高いとこが好き』
ってことなのかなぁ、とにかく“二階”がお気に入りのようで…。

しかしなぁ、所謂“屋根”というか“天井”に該当する上部の面は、通気性重視のメッシュ生地。
『(全壊は)時間の問題』
って言葉が浮かぶなぁ。

ノリ以外にも、僕らもついつい便利にちょっとしたものを載せちゃうしねぇ。
ってか、そもそもがノリの寝床じゃないワケだけど。

今見えるのは、ノリ愛用のぬいぐるみの“ガーコ”。
生きた動物の友達が極端に少ないノリスケの、“心の友”とも呼ばれております。

そして…
一階(!?)のハンナさんを取り囲む白いのは…!?
寝起きその他、ハウス出て直ぐに“しちゃう”のに備えて敷き詰めてあるシート。
それでもまぁ、“よりによって”って場所まで行って“しちゃう”ことが多いので、床じゅうに敷いてある割には、
『役立ったり役立たなかっり』
なんだよなぁ。

夜から埋まった一年

今年はどうも、昼間のビジネスよりも、相談会・研修会・会議・飲み会といった夜の予定から埋まるみたいな傾向があった気がする。

いや、これまでだってそうだったのかも知れないけれど、ナンかねぇ、特に今年は忙しさと稼ぎとの関係性が、非常に薄い感じがするのだもの。

ま、夜の予定を埋めちゃうと、後が詰まってるが為に、
『本来的な昼間のビジネスが余計に忙しく感じられる』
ってだけなのに、それを“多忙”と勘違いしちゃうんだろなぁ、ホントに忙しいワケじゃないのに。

と言ってる間に12月も5日まで進みましたなぁ、ナンか、既に年内の夜の予定が詰め込み難くなりつつあるもんなぁ、昼間は空いてんのに…。

何をブツブツ言ってるかというと、夜はスタジオ行って練習したいのに、フト気付くと毎晩何やら予定が入っているという事実を知り、するとまぁ、飲まずに戻って深夜に練習することになるワケだけど、その電車がだね、我が駅の二つ手前の駅までしか行かなかったりするのにあたってしまい、んで急に、
『今年は特に』
とかね、話大きくしちゃったりしてるだけッス。

ま、予定の“詰め込み好き”野郎にはたまらんワケだが、ちょっと“歳”は感じつつあるかも!?

31年振り


凄いことですよ、31年って。
見ただけじゃ誰だかワカラナイ者同士、って感じだったなぁ、中学時代の同窓会の出だしは。

16年前にも集まってはいるのだけれど、全員同じメンバーってワケでは無いし、30歳当時は今から思えば“青年期”だかんね、かなり違ってるからさぁ。

発見としては、
『話すとようやく声でわかる』
ってことかな。
アレは不思議。

口調とか、話の持ってき方の“癖”みたいなものは、基本的に変わらないんだな、ってことを知ったし、またそのお陰で、ちょっと話すだけで直ぐに31年ぐらい飛んで戻れるモノなのね、記憶って。

しかし、日々暮らしというか業務というか、追われるようにして暮らしてる内に、人生は間違いなく“後半戦”なのだよなぁ、
『子供が大学生』
とかね、普通なんだもの。

18日は、色んなこと考えながら、五年の節目、唄わせて頂きます。
皆さま是非お越し下さいませ!!

三連会



本日は会合というか宴会というか、飲食を伴う集まりが、昼・夕・夜と続く予定になっている。

企画自体に僕が関与したものはひとつも無いので、見事なまでの偶然の重なりで、同じ日に、あたかも僕が頼んで時間をずらして貰ったかの様にして、会合三連発となったのであった。

集まりとしては、親戚→仕事絡み→同窓会ってな順なんだけど、このね、真ん中の夕方からのヤツがだね、“仕事”だっていうのがナンとも言えないよなぁ。
このために普通に朝からネクタイして出なきゃなんないし、一応大勢の先生方の前で挨拶することになってるから、昼の会食では飲まない方が良さそうだし…。

で、夜の同窓会はですね、卒業からナント31年(!!)というね、中学時代のものでして、会場はこれまたナント!!帝国ホテル!!
やはり昼&夕方は飲まずに行かないと、酩酊泥酔オジサン化しちゃうと入れて貰えないかも!?
というか、私の手持ちの衣服は大丈夫なのかね!?ドレスコードってんですか!?

浅草地下街秘密トイレ

昨日は夕方から浅草に向かい、18時スタートの落語鑑賞会へ。
と言っても、プロの落語家さんでは無くて、TVでもお馴染みの有名な方々が、エイズ撲滅イヴェントとの一環として落語を聴かせるという企画モノ。

雷門のワキの小さな劇場で、全席自由。
かなり前の席だったので、表情までクッキリ見えて楽しいっちゃ楽しいのであるが、意外と辛かったのは、お座敷にあぐらをかく客席スタイル。
正座とあぐらを繰り返してどうにかしのいだのだけど、この身体で座布団一枚に三時間半は、ホントにキツイのであった。
       DSC_0421.jpg
       オヤツを食べた後、食欲がおさまらずにおがぁさんにおねだりに行くハンナさん。
       “胃捻転”騒動以来、すっかりこのキャラに。
       同じ病気で、TVで有名な大型犬が亡くなったそうですが…
       本当に、アレは“運”とか“運命”とか、そうとしか言い様がありません。

さてしかし、昨夜のお楽しみは落語だけでは無いのだよ。
もうかれこれ一年近くなるだろうか。
昨年池袋の佐渡酒場“いち”さんが閉店した後に、ネットで探した数少ない都内の佐渡酒場“だっちゃ”。
ず~っと気にはなっていたワケだが、なかなか行けずにいたその酒場が、
『たしか浅草だったっけなぁ』
ってことを昼間に思い出し、詳しい場所を調べておいたのだ。

“場所”ったって、地下鉄駅出ただけの浅草地下街の中の一軒なので、お店はもう、落語会に行く際に見つけてしまった。
狭い空間に“北雪”のでっかい暖簾が目立つので、直ぐにわかるのだ。

酒は佐渡6蔵全てから仕入れているとのことで、勿論僕は迷わず加藤酒造さんの“金鶴”“風和”系を注文。
“お任せ”で頼んだ刺身は、佐渡の冬の味覚“真鱈”が登場。
う~む、柔らかくて美味。

にしても、浅草地下街は“昭和”である。
説明無用、“昭和”としか言い様が無いのであるよ。

何店舗で構成されている“地下街”なのかはよくワカラナイけれども、“だっちゃ”の住所は、
『浅草地下街 第六号』
なのだとか。
なかなか味わい深い住所表記法ではないか。

さてその“だっちゃ”、広さは4坪だそうで、明らかに“店内”なのはカウンターだけであり、地下街通路にはみだしてドラム缶のテーブルが並べられている。
その広さであるからして、勿論店内にトイレは無く、地下街共用のトイレまで歩くか、駅に向かうかってことらしい。

で、その共用トイレである。
多分場所柄、トイレ開放しちゃうと住みついちゃうヒトがいたりする為かなぁ…入口ドアは常時施錠。
“したい”場合には自分の居るお店で鍵を借りて、地下街の隅っこにある秘密のアルミ扉の前まで歩き(どの店からかにもよるが、お店の位置次第では結構遠い)、その鍵を開けて入ることになっているのだとか。
従って、トイレに行く度に“昭和”な地下街を眺めて歩くことになるのがまた、まぁ、初心者には楽しいワケですなぁ。
フムフム、ここが浅草松屋の地下なのかな!?
で、ほぉ~、トイレの手前には地下街の管理事務所みたいのまであるのかぁ…。

って、トイレ!?だよな!?広いよ!?何だか!?
いやね、その秘密の扉の向こう側にね、トイレ空間がこう、拡がってるんすよね、なんつうか、必要以上っていうのか、ムダっつうかゆとりっつうか、単に旧いんだろうけどね、空間の使いっぷりも、トイレ(便器)そのものも。
にしても、秘密めいてるなぁ、トイレ。
扉の気配からして“秘密”っぽいんだけど、中に入ると別に必ずしも独りで使う造りじゃない“公衆”スタイルになっていて、男女はちゃんと別々になってる。
考えたらまぁ、当然ながらよその店で飲み食いしてるお客さんだって、鍵開けて入って来ることもあるワケだろうけど…ちょいコワイかも!?誰かに会うのは。
              DSC_0420.jpg
              足上げションにも対応可能な立体便所(とノリ)。

え~と、“だっちゃ”の話だか“トイレ”の話だかわかんなくなっちゃったけど、とにかく通える範囲内に佐渡の酒場があるってのは、これはひとつのシアワセ。
お店は浅草駅そのものにあるようなもんだから、ウチから“だっちゃ”までは乗り継ぎ次第じゃ30分ぐらいしかかからないのだし、若い頃ならマメに通うんだろうなぁ、電車乗ってでも…。
|TOP|

プロフィール

とーちゃん              下の方で遠慮がちにRanking参加中

Author:とーちゃん              下の方で遠慮がちにRanking参加中
故・wansuke爺
 「やい!とーちゃん!
  何だよ、コレ!
  こーゆー甘ったるい写真、
  いつまで使う気だよ!」
故・hanna婆
 「ヤット再会デキマシタ…」

[LIVE関連]

7月1日(土)大田原プチ・ヴィラージュ
三権分立LIVE決定!
立法・行政・司法ミュージシャンが集結!

7月9日(日)那須ロングライド
走らず唄って応援予定!?

7月10日(月)大塚Welcomeback
19時~!ダッキャン参加の3人組!

7月29日(土)大田原プチ・ヴィラージュ
久々にMOTELさんとのLIVE決定!

盛岡ツアー2017第3弾決定!
8月4日(金)盛岡ビートルズ
8月6日(日)盛岡クロスロード

毎月第4日曜日朝~昼頃
大田原日曜朝市出演中!
行ける月だけですが・・・

『K介のSongs&Dogs
   ~週末はミュージシャン』
3曲分の動画を毎週月曜日UP!
YouTubeにて続々配信中!

[CD・DVD関連]

親指企画17年振りのスタジオ録音アルバム!
『Songs&Dogs』完成!!!
DSC_0273.jpg
若き日の3人組LIVEのDVD付きです。
CD13曲+DVD16曲入り、カンパ1,000円!
DSC_0281.jpg

月別アーカイブ

寝姿を見ちゃった方々

hanna嬢「おがぁさーん、おろーさんがヘンなことやってるわぁー」

wansuke爺「じゃ、またな!」

hanna嬢「おろーさん、頑張って!」

wansuke 「おい、とーちゃん!このランキング、ちゃんと設定出来てんのかよ?」 とーちゃん 「・・・自信ナイ・・・」

FC2ブログランキング

バカ嫁hanna 「1日1回、ポチッと押してみれくらさいねぇ~」

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索