冬とのお別れ…

赤羽あたりは都内じゃ遅い方なので、
『(都内の)開花宣言から数日後に開花』
と決まってるのだけど、しかしまぁ、春になって来ました、明日は4月だし。

しかし、我が家はまだ(というか“また”)“冬”を求めて北上。
ヒドイ雨は、猪苗代エリアに入るにつれ横殴りの吹雪に。
でも若い頃と違って、
『吹雪=雨ではない=雪遊び=山歩き』
な~んてことには全くならないのであり、かといってどこかでお金遣って遊ぶワケでも無く…。
多分今シーズンの“シメ”となるであろう本日の冬の旅は、ただひたすら新たな犬宿を目指すのみ。

ナンだかこの3月後半の3週連続クロカン旅は、実際には殆どクロカンらしいクロカンが出来ない日が多く、特に土曜日は毎週毎週行く先々で雨か吹雪。
明るい内から宿にこもり、缶ビールなどグビグビやってるだけってのが続いている。

ま、まだまだ読み終えてない原発関連本でも読みながら、ノンビリさせて頂きます。
スポンサーサイト

他所の犬種は同じ顔

自慢じゃないが、私はミニチュアダックスの顔の区別がつかない。
山小屋の近くにある犬宿とは(一度も泊ったこと無いけど)長い付き合いで、そこで暮らしているもの凄い数のミニダックスも、もう十年単位で見て来ているのだが…正直、名札見ないと未だに誰だかワカラン。

街で見かけるゴールデンは?
コーギーは?
じゃ、柴犬ではどうだろうか?
見分けられる気もするが、飼い主と犬を入れかえられたら、自信は無い。

しかし、ビーグルはわかる。
って、自分ちの犬種だと、見分けられるってことでしょ、きっと。
              DSC_10217.jpg
ブログを始めた頃、犬にあまり興味の無い方から、
女「で!?あの写真、どっちがワンスケ(故犬)でどっちが女のコ!?えと、ハンナだっけ!?」
みたいなことを言われたことがあり、こっちは結構驚いたのだけど、ワカラナイ方にはワカラナイのだな、手前がのノリスケで奥がハンナさんだ!と明記しないと。

なので、かーちゃんが昨日の記事にコメントで貼ってくれたミグノンさんのブログの写真なんかはもう、全員ノリスケにしか見えない方も多いのでは!?と思う次第です。

月末一段落

『ナンだか今月っちゅうか今年度っちゅうか、昨日で一段落だなぁ。今日は夕方までは予定が無いから、事務所の片付けでもするかぁ。山積みの書類各種はきっと、大半は不要なモノだったりするし、また来年度もアチコチから色々来るからその山積み場所確保のためにもなぁ…』
と迎えた朝であったが、出勤してみるとどうもこう、電話の応対やら細かい用件での外出やらを繰り返してるうちに、あっという間に時間切れに。

去年の後半あたりからだろうか、自分史上(!?)でもナニやら未経験の忙しさというか、慌ただしい日々が続いているのは。

何度か書いたかも知れないけれど、モンダイはその過去に無かった様な“忙しさ”や“慌ただしさ”では無くて、
『ここまで頑張ってるワリに、実入りが…』
ってことだ。

でもしかし、実感としてっつうか、帰る時間からしても明らかに以前に比べて“働いて(は)いる”気分なので、夜になると、
『(頑張ったんだし)多少は金を遣って遊びたい』
みたいなプチ・バブル感覚は抜け切れて無いし、休みの日は、
『遠出もしたいぞ!!』
って欲求がわいてくるワケで…。

と、頑張りつつも時間切れで向かった無料電話相談当番。
前半は電話が鳴らず…ついつい検索なんかしたりして…
『ミグノン(←ノリスケの出身団体)』
ナンつってね。

ノ「オレ、ミグノン出身」

って、アラァ~~~!!

ちょっと前に、被災地から故・ワンスケ爺やにチョイ似の♀ビーグルがやって来たことは書いたけど、今度はナント!!
ノリ似!!
いや、ビーグル素人(っての!?)さんなら、
『アレ!?去年あたりの卒業犬…たしか…ノリックス(←仮名)だっけ!?出戻っちゃったの!?』
って勘違いしちゃうのでは!?ってぐらい、ソックリな写真も!!

声出して笑える環境じゃなかったけど、鳴らない電話を前に、PC見ながら独りほくそ笑むオッサンでありました。

にしても、あの眼!!ってか目ばり!!

居酒屋すいしんLIVEに向けて

何度も飲みには行っているのだけれど、
『あらためて下見に行きたいなぁ』
と思っておりまして…。
しかし、自分が夜が空いてる日と、酒を抜く日と、練習する日と、ってなこと言ってる内に、三週間ぐらいご無沙汰してしまっているのだなぁ。
       DSC_10209.jpg
一番の用事というか、下見し直したいのは何と言っても譜面台の可否。
いや、ダメっぽいのはわかってんだけどね、ただね、
『譜面台無し=無しで唄える曲限定』
と申しますか、これまでは譜面台に甘えてた曲も、練習の仕方から違っちゃうワケだからさぁ。

だってぇ…
店「お客さんで、エルビスとかビートルズとか、聴きたいって方が~~~」
ってなオーダーが入ってるワケっす、私にですね。
ま、エルビスは諦めて頂くとして(←いや、赤羽エリック氏に任せるか!?)、ビートルズがですね、何も見ないで唄える曲ってぇと、かなり限られるものでしてねぇ、日本語曲含めても。
              DSC_10208.jpg
ま、しかし、
『初めての場所では、普段通り(=自作オンリー)がイチバン!』
って真理もあるからなぁ、ムズカシイとこです。

さて、もうひとつ考え中なのは、当日のギター。
例えば、
『TOMI O CAFEで生音で』
ってな時はジャンボサイズのグッダール君を持参し、
『赤羽キャバーンでアンプ通して』
だとヘッドウェイ君だったり、
『今回は古いオリジナル中心』
とか決めてる時は、当時かーちゃんから拝借してたオールドのヘッドウェイ氏だったりするのですよ、これでもね、考えてるのよ、一応は。

先ず、
『生音かアンプか』
で言うと、ま、生音でしょ、すいしんではね、アンプ置くとこ無いっしょ。
で、更に、可能なら小ぶりなギターの方がイイ気がすんのよねぇ、動き易いっつうかさぁ。
しかし、
『昔愛用してた小ぶりなギターは、赤エリ氏に売っ払ったからなぁ…』
なんて思ったらば、実は私の現行“枕元ギター”(←寝しなにつま弾いたりする用)がですね、そこそこのレベルの小ぶりな中古ヘッドウェイちゃんでは無いですか!

そもそもが“枕元”を想定して、
『新品だと十数万円』
のところから、“十”の字を取っ払った価格で入手した、でも状態はとても良いコなのですよ、コレがね。
ただ、
『自分の好む楽曲とは合わないかもなぁ…』
ってのがあったので、持ち出すことを全く考えたことが無かったのですね、ええ。

え~と、マニアックに言いますと、クラプトンが愛用してるサイズのマーチンの小さめのがあるんだけど、それをね、国内メーカー各社ビミョーに似せて作ってたりするのですよ、それもかなり真剣にね。
ま、そういった類のモノですわ、私の枕元ギターも。
とは言えそこは、ヘッドウェイ製の“中の上”クラス品。
一昨日、コレを試しに練習スタジオに持ち込んで、電気通さずに弾きまくってみたのです。
何せ、枕元ギターなので、そういう弾かれ方をしたこと無いからね…って、鳴ります、良いです、小ぶりでも鳴るモノは鳴る!

腐った(←張りっ放しの)弦であそこまで好感触だと、ちゃんと新しい弦を張れば、モンダイ無くイケますね、LIVE初登場!
純正ソフトハードケース、捨てないでおいて良かったぁ!
                     DSC_10212.jpg
というか、モンダイはやっぱ、選曲だよなぁ、モロ酒場で唄うってのは、初めてっちゃ初めてだし。

朝も晩も

羨ましいというか、ナンとも…。

ノリスケはハンナが好きだし、ハンナはノリに寛容だし、結構アレだよね、仲良く見えるよなぁ。

思えばハンナは故・ワンスケのことが大好きで、ワンスケはハンナに寛容だった気もするな、って、えーと…
逆に言って、ハンナはワンスケには寛容では無かったね。
自分の“陣地”というか“立ち位置”というか“寝床”というか、そこにワンスケが割り込むのは、
ハ「ヴゥ~~~!!」
なんて言って、許さなかったもんねぇ。
NEC_0068.jpg
コレは故・ワンスケとの写真。
やっぱ様になってるわなぁ、爺やとの方が。

ところで…
ノリスケはウチへ来てからのこの一年、友だちづくりをゼロからというかマイナスからというか、とにかく日々ビビりながら頑張ってるところ。

なんか、少しずつは改善しているっぽいんすよ、友だちづくり。
ナンつって、堂々と“変わった”ってとこまでは、まだまだなんだけど、でも、ちょっとずつ増えてるってなウワサも…って、ウワサってより、かーちゃんが言ってるワケだが。

読書とうたた寝

副都心某高層ビル庁舎無料相談ブース内で、持って来た原発関連の本(←私、今、勉強中なのです、原発…)を読んだり、時折目を閉じてウツラウツラしたり…ってな、まぁ、のどかというかナンというか、長~い午後を過ごしている。

平日の午後を丸々潰してしまうのもツラいが、こうして職場放棄して出て来て高層ビル庁舎内で待機してても、全く誰も来ない(とほぼ決まっている)相談窓口担当というのも、何度やってもツラい。

~~~しばし読書に集中~~~

何冊かまとめ買いした内の、宝島系の薄手の本から読み始めたので、一日一冊ペースで進み、さっき三冊目を読み終えた…つまり、ウツラウツラしか無いのね、この後は…。

歩き疲れ…

昨日書き忘れたけれど、裏磐梯に向かう途中で喜多方に寄り、下調べ無しで適当に“老麺会”の看板を掲げた店に入った。

あ、良くは知りませんが、そういう“会”があるんだと思います、喜多方のアチコチのラーメン屋に書かれてるので。

で、道々こう、駐車場が満車気味の繁盛店は面倒なのでスルーしてだね、お店選びの決め手がね、店名=わんわん!!
“わんわん”っすよ!?ラーメン屋で!?

店内は…バスツアーも入れる広さに…土曜日の昼12:45、お客ゼロ…。
いや、一瞬、
『ふくしま故の風評被害的人出の減少』
ということも頭をよぎったが、さっきまで繁盛店をスルーして来たワケだしねぇ、わんわんまでは。
しかし、不味そうな気配ってことも無いんだよなぁ、根拠は無いけど直感的にさ。

で、注文は…近くの温泉水から抽出した塩を使ったという塩ラーメン600円と、わざわざ“大”の字をアタマにつけた大ギョーザ5個550円。

いやぁ、コレがあ~た!!良い!!
上品な塩って、サッパリして美味いッス!!
大ギョーザ、今ね、赤羽あたりじゃギョーザで550円なんて値段の店は少ないからさ、一見高そうに見えるけど、やっぱちゃんとしたギョーザだそうと思ったらちゃんとした値段になるのだなぁ…!!と、理解出来る“良いギョーザ”!!
ん~!?何故に客ゼロ!?

塩ラーメン、器が昔ながらの小さめなラーメンドンブリなのが若者には受けないとか!?
サッパリ過ぎとか!?
で、良いギョーザだけどラーメン並の価格設定がモンダイとか!?

まぁ、“サッパリ”がいかんのかなぁ、我が家好み=世間じゃ薄味扱い、ってことでね。

あ、昨日のラーメン話はまぁ、こんなところで。

今日はクロカン。
山登り系はやめにして、犬達と一緒に楽しめる五色沼コースをフルで往復!!
普段赤羽では“全く”と言ってイイほど歩きたがらないハンナさん。
しかし、クロカンは別!!
雪の森の中を、三時間近く歩いたかな、途中駆け足になったりしてね。

ワンスケを見送った経験があるのでね、色んなこと思います。
今はハンナが幸せに感じてくれる旅、嬉しそうに歩いてくれるクロカン、そういうのが優先かなぁ、
『クルマに留守番させてニンゲンだけ山歩き』
よりも。

悪天候ドライブ

色んな用事・都合・作業等々をかなぐり捨ててというか後回しにしてというか、とにかく冬的お出掛けの機会は最終コーナーに差し掛かっているので、またも雪国を目指すことに。

昨日の仕事上がりの時間になってからアレコレと馴染みの宿にあたるも、満室や臨時休業等で全て撃沈。

思い切って新たな宿探しに切り替える。
まぁ、冬場の馴染みの宿はみんなこうやって一度は泊まってみて、自分らの好みに合うとこにリピートして来たワケであるから、また新たなとこに泊まってみるのも悪くは無いのだ。

これは犬OK宿かどうかに関わらず、誰でもそうだろうけれど、調査段階でどんなに良さそうでも…ってことも一定比率で“ある”もんだし、逆もまたしかり、ってのも結構あるからね。

しかしまぁ、行って泊まってはじめてわかるって、常に“万単位”の高額な“賭け”だよなぁ…。

っていう“宿モンダイ”も大事は大事なんだけど、今シーズンはどうも天候がイマイチでね、雪国の宿の良し悪し以上に、天気悪くて“飲んで食って寝て”しかやって無い旅が多い気がします。

雨のドライブ

山へ向かう夜のドライブ中に、ノリスケがいかにも“大”をしたそうにしてたので、夜でも明るくて且つクルマを停められる場所=コンビニを探して緊急停車。
かーちゃんがノリを連れ出す。

写真一枚目はその間、僕と車内に残されちゃったハンナさん。

大・小とも用を済ませて戻ったノリと入れ替わりに、念のためハンナも下ろして、
『したいならどうぞ』
ってことに。

雨の日は距離は歩きたがらないけれど、排泄しないワケでは無いので、こまめにその機会は用意してあげないとね。

ということで、写真ニ枚目はそのハンナさんとかーちゃんが戻るのを待つノリスケの図。

ついにそう来ましたか…

実は私、小4~中2の途中まで、北海道は札幌市、ワリと有名な観光地でもある羊ケ丘というところで育ちました。

昭和で申し上げて、50年~54年頃のことです。
ギターを始めた頃でもあり、今と違ってラジオからですね、流れる音楽をテープに録ったりしてね、真剣に聴いてたなぁ、少年Hは。

そんな中、出ましたね、北海道産の新星!スーパースター!
“ちーさま”でありますよ!
キーは高いんだけど、初心者でも何とかなる単純なコード進行で何曲でも、というかアルバム丸ごと弾けちゃうってのがまたね、イイわけですよ、“ちーさま”!
                     DSC_10198.jpg
親父の仕事の関係で札幌からつくばに越した後、高校時代には北海道ひとり旅…俺は実家まで見に行ってしまったのだなぁ、足寄まで。

大学の頃だったか、当時の彼女と野外のイベントにも行きました、たしか…デビュー10周年だった様な…!?
今年だか去年だかは、35周年なんだってね。

何というか、その後コッチが大人になるにつれて、沢山の魅力的なシンガー&楽曲を知ってしまい、もう全く聴かなくなってしまっていた“ちーさま”…。
正直…どうでも良い存在という気もしていた“ちーさま”…。

解散総選挙となったら、出るのだそうです…北海道から衆議院選立候補を表明、だそうで。
ず~~~っとそういう噂はあった方なので、ま、来たな、と。

さよなら、“ちーさま”、ありがとう。

やばくなって来ました…

>みっちゃんへ

お若い方はご存知無いかも知れませんが、GS(←グループ・サウンズのことね)最高峰=ザ・タイガースの、“♪シーサイド・バウンド”という曲には、独特の振り付けと言いますか、フロントのメンバーが並んでピョンピョンやるダンスみたいのが決まってるのですね、
『右っ!左っ!後ろ!後ろ!前!前!』
みたいなのをね、みんなして跳ねるというね。
え~と、見たこと無ければ動画サイトで探して頂くと、ちゃんと出て来ますのでね、ご覧下さい。

でね、そいつをマスターしたのですよ、私。
かなりアホでしたよ、練習スタジオ入る度に独りでピョンピョンやってましたからね。

んで、当日のリハーサルで赤羽エリック氏にも仕込んでですね、僕なんかギターとハモニカ弾きながら跳びましたね、
『右っ!左っ!後ろ!後ろ!前!前!』
とね、息が切れました…。

これがしかし、4拍子ならどんな曲にも応用がきくのでね、
『赤エリさんは僕の横でとにかく跳んでなさい!』
みたいな感じで頑張ってましたよ。
              DSC_10195.jpg
さて、話は唐突に変わりますが…

実は私、絶対に今月中にまとめないとまずい仕事を抱えてるのですが、他の日時指定だったり緊急だったり来客面談だったり出張だったりを優先させてる内に、今日ったら早くも21日なのですなぁ、下旬っすね、3月も。
“今月中”って、ヤバいじゃないっすか、もう!
       DSC_10197.jpg
しかし、自分の性格的なとこからも予想は出来てたのよね、
『きっとギリギリになるだろうな』
ぐらいはね。
だから、
『21・22・23日の夜は絶対予定を入れないでおこう!』
と決めてましたね、かなり早い段階でね。

っつうことで、とにかく残業です、まずいです、やらんと!

酔っ払いましたぁ…!!



昨夜の赤羽エリック生誕祭、お忙しい中お集まり頂きありがとうございました。

ナンだか凄い宴会となりました。
20年振りぐらいで飲みながらliveをやってしまい、正直なところ用意した曲のどれを唄ってどの曲をカットしたのやら…記憶もアヤシイです。

♪マイペース(赤羽エリック作)

以下、私のソロ&赤エリ・ダンス付
♪シーサイド・バウンド(ザ・タイガース)
♪ロックンロール・ミュージック(尾藤イサオ)
♪キャント・バイ・ミー・ラブ(東京ビートルズ)
♪ブラックバード(ザ・ビートルズ)
♪地平線の見える街(風)
♪テーマソング
♪西武電車は恋電車
♪ベランダの月
♪二人のSpiral
♪ツイスト・アンド・シャウト(東京ビートルズ)

宴会なので一時間のお食事タイム。

後半はお客様コーナー、赤羽エリック・ソロlive、そして親指企画liveと続きます。

♪虫唾(赤羽エリック作)
♪アウトロー・ブルーズ(シバ)
♪長生きしようよ
♪スタンド・バイ・ミー(ジョン・レノン外)

~強引にアンコール~

♪クリスマスイブ(山下達郎)
♪SAY YES(CHAGE&ASKA)
♪シーサイド・バウンド(ザ・タイガース)

せっかくステップをマスターしたので、シーサイド・バウンドはリプライズ。

滅茶苦茶なliveだったけど…唄って踊って、ナンだか異様な集まりになりました。
皆さん本当にありがとうございました。

結局ゆとりは無いのです


赤羽エリック氏は既に店にいるのかな!?

私も早く行きたいとは考えてましたが、間に合ってません…。

ヤツが歌う曲、私のパートは全然“モノ”になって無いので、早いとこ行かねば!!

皆さん、仕事帰りに是非お立ち寄り下さい。
赤羽エリック生誕祭、いよいよ今夜でございます!!

顔舐め合戦

ノリスケは悪魔だ。

昨日も宿の部屋で空のタッパーなどをくわえて、
ノ「ブヴ~~~(渡さないかんね)」
と狂犬化。

そうかと思うと夜の宴会では…

悪魔であるから、狂犬化してない時の人たらし振りもかなりのもの。
そんなノリの“人たらし”作戦行動のひとつに、“顔舐め”ってのがある。
特に“成人男子”が大好きなノリ。
もちろん、私の顔を舐めて機嫌をとるのも得意技だ。

コレがあなた、昨夜の宴会ではナント!
成人男子な上に、
『ノリの顔を舐め返す』
という強者現る!!であった。

舐めるノリ!!舐め返す某成人男子!!

犬飼いの方ならおわかりかと思うが、こういう時って、犬は更に更に興奮するっスよね!?
舐める某成人男子!!舐め返すノリ!!
舐めるノリ!!舐め返す某成人男子!!

某成人男子の奥様が見守る中、あろうことかノリスケと某成人男子はニンゲンでいうところのディープキス状態に!!

眺めてる犬好きの皆さんからは、
A「絶対やだぁ」
B「ウチの犬なんてそこらの電柱の臭い嗅いで、舐めたりしてるのにぃ」
との声も。

ノリスケにとってはハッピーな宴会だったけど、某成人男子はお腹こわしたりしてないとイイなぁ、今頃…。
              DSC_10187.jpg
さて、本日もゲレンデは悪天候。
すっかりやる気を無くした我が家は、朝食後都会へとUターン。
マジ、何しに白馬まで行ったんだか…ノリの顔舐め合戦のためか!?

大した渋滞も無く、午後には赤羽着。

金曜日にやり残した仕事を…不在通知を手に、郵便局へ。
先日中途半端に報告した、
『某高齢者高額“布団カバー”訪問販売被害事件』
ついに決着なのであります!

コチラから、契約は解除する旨や、(当たり前だけど)今後の分割払い金を支払いをするつもりは無いこと、既に払った分は返金するように!と闘いを宣言し、(本人はチト気に入って使ってた)インチキ“布団カバー”の返品と一緒に“コッチの主張を述べた書面”も送って、で、何故か、
悪「現金書留で返金します」
ってことでね、不在中に届いたみたいなので、さっき受け取って来た次第。

多分、
『僕らみたいなのが業者を名指しして、本気出して大騒ぎにしちゃうのを避ける』
ってことだと思うんだけど、意外とアッサリ手を引くのですなぁ、まぁね、この一件はダメでもね、別の高齢者狙えばイイだけだからねぇ、彼らにしたらば。

当時のケアマネさんも、今の入所施設の方々も、皆さん心配なさっていたので、ま、コレで安心ってことですかね。

白馬に降る雨


この25年くらいの内、来る年・来ない年がアレコレありつつも、のべ17~18年くらいは来ているだろうか、春の白馬八方尾根。
その昔池袋にあった酒場に集ってた古い付き合いの仲間が、年に一度白馬八方尾根に集まる不思議な恒例行事なのだ。

去年は震災直後で中止。
ガソリン・パニック勃発で現実問題として動けなかったしね。

なので今年は強引に来てみた。
と言っても近年は皆さんとは別の犬OK宿を取り、ゲレンデ下方でのアウトドア昼食に便乗したり、晩飯後の部屋飲みに合流しに行ったりと、“我が家流”の参加スタイルで通しており、今回も全体の日程は土日連泊のところ、ウチは別の宿に金土連泊。

昨夜遅くに宿にたどり着いて、フロントに置かれた鍵を手に、ヨロヨロとチェックイン。
便利な(そして低料金の)宿で、深夜着でも大浴場も入れるし、朝はちゃんとした食事(←サラダが美味い)も付くし、犬にも寛容なので気に入ってるのだ。

さてしかし、悪天候の予報的中。
起きたら雨。

昔、八甲田山に通ってた頃には、
『雨の日に滑る為に』
と、スキーウェアの上から羽織れるポンチョまで用意して頑張ってたものだけど、今やすっかり根性無し。

むしろ時折、雨がみぞれに変わったりするのを部屋の窓から眺めつつ、
僕「(雨ならクロカンやらずにウダウダしてれば済むけど)みぞれだねぇ…(雪なら遊べちゃうなぁ…)」
か「(みぞれなんて気温上がればまた雨なんだから)ビショビショだよ…(朝寝昼寝夕寝希望)」
と、完全に休養方面に傾き切っている。

夜までは一行と合流するワケでも無いので、あんなに無理矢理仕事切り上げて、半分寝ながら真夜中のドライブ頑張って白馬までやって来たことの、その意味がイマイチわからない状態ではあるなぁ、これで明日には帰るワケだしね。

で?何人?

唄って来ました、ネットラジオだかテレビだかで。

♪約束

今、私の中で流行ってるというか、キテル曲だったので、この1曲にしました。

>Dログ一家さま

私「で?何人ぐらいなのですか?リアルタイムで見てるヒトは?」
と、放送開始前に関係者に聞いた“推定生視聴者数”は、
関「皆さん後からいくらでも見たり出来るから、生だとぉ…2~3人!?」
とのことでしたが、貴君の見たところでは生視聴者カウントは4名だったとか。
って、ウチとあんたの数だけ加算かよ!?
              DSC_10180.jpg
あんな風に自発的に発言したり話題振ったりするゲストは珍しいそうで、思いの外関係者に喜ばれてしまいました、私。

昨日コメント頂いた被災地相談のことですが、まぁ、我々ってね、一応は受験勉強して開業に至ってるせいもあるのでしょうね。
相談者の言葉をまるで“試験問題”の様にとらえて、
『正解を出さないと気が済まない』
みたいな。
『大丈夫かどうか?』
だけが心配なのに、試験や日頃の業務に準えて細かい手続きを漏れなく説明したがるってのは。

ネット出演日

昨夜、同業者の会議後の飲み会で、
僕「実は…」
と、今日のネット出演を告げてみたら、
A「じゃあ、8月3日が司★書士の日ってことでさ!」
B「今年は制度140周年だから!」
C「周年記念事業の告知を!」
なんて、まぁちょっとは予想していたけれど、話題はそっち方面へ展開…。

僕「あ、いや、そういうことじゃなくてですね、“ミュージシャンとして”っつうか、アマチュアっつうか、そもそも地方発のネットの放送なので、何人見てるのかも良く知りませんし…」
と逃げたのであった。

我が士業って、皆さん真面目でイイ人が多いのだけど、真面目過ぎたりもするんですよね、“職業病”っていうと失礼だけど…。
                     DSC_10178.jpg
こないだの被災地相談でも、僕が“☆法●士会”と大書きされたマラソンのゼッケンみたいなのを身に着けたまま屋外に立ってたら、
某「土地の権利証も印鑑も流されてしまって…」
と、相談というか困りごとみたいにして話し掛けて下さった方がいらして、僕は、
僕「大丈夫ですよ、土地は今もあなたのものですし、印鑑はまた登録すれば良いことですから」
と答えたのだけど、その話を同業者にすると、皆さんすぐさま、
皆「そういう場合は権利証の紛失なのだから、不動産の売却にあたっては~~~という制度や~~~という方法があるワケで」
みたいなことを仰るのです。

でもね、あの時僕に声を掛けて下さった方は、違うと思うのですよ、何もかも流されたことをね、誰かに話したかっただけかも知れないし、権利証が無いことをとても不安に思っておられるだけかも知れないのであって、売る時の心配をしてるワケじゃないのでは!?とね。
              DSC_10177.jpg
あ、話それましたね、今日は夕方から出張です、間に合うように行かないとね、ギター持って。
気になる方は、
『那須塩原インターネットラジオアクアス』
か何かで検索して下さい。
20時から21時まで、って、
『一時間もナニするのか!?』
が、私にもわかっておりません。
でも、司★書士制度140周年の話は、出ないでしょ、きっと。

盛り上げたい!!

昨日は赤羽エリック生誕祭に向けてのリハーサル。
リハーサル中は、本人から自発的には、
『何人ぐらいのパーティになりそうか』
という話題が出ないまま。
つまりは気分がこう、コッチとしては入り難いワケよ、そこのところが。

仕方ないので、リハーサル終わったあたりで訊いてみた。
僕「友達は?どうなの?」
赤「えーと、AさんとBさんと、あとCさんと、Dさんと…」
全員同業、しかも地区同業者の役員中心…。
僕「それって…役員会!?」

その後、そのまま打合せがてらキャバーンに寄ろうとするのを抑え、
僕「こういう時はね、あえてトミオカフェさんなんかに寄ってだね、『是非来て下さい!!』ぐらいはさ、念押ししとかないと!!」
と、トミオカフェ方向へ。

店内混んでたので、外から営業。
アマチュアは、大事ですよ、営業は。

さて、キャバーンに戻って打合せ…とは名ばかりと言いますか、私ぁ黙々とメールです、私が営業メール送ったところで、お願い出来る方は限られてはおりますが…。

赤エリ氏は打合せです。
赤「当日はぁ…何時くらいに(仕込みに店に)入りますか?」
店「まぁ、5時前には」
赤「じゃ、来ます!!5時前に!!」
私「(お願いメールを配信しつつ)来てどうすんの!?そんなに早くにさぁ」
赤「いや、その、心の準備が…」

3月19日(月・祝前)19時~赤羽キャバーンでの赤エリ生誕祭、私もちゃんとliveやります!!
親指企画もliveやります!!
赤羽エリック氏のソロもあります。

あ、その前に明日ですね、夜8時~ネットラジオだかTVだかに出演ですね、私!!

大音量のバカ男

昨日は久し振りに夜の用事が入っておらず、“布団カバー”事件その他手配・作成すべき業務もナンとかなりそうな感じだったので、あえて遅い時間のスタジオ予約を入れて、
『それまで犬達とマッタリ過ごそう』
と、かーちゃんを職場に残して先に帰った。

どうよ、この期待されて無さ加減…!?

ハ「オロ~サンニワヨウワナイワ…」
ノ「フワァ~~~(ナンだ、とーちゃんかよ…)」

さて、今朝だ。
裁判所へ向かう電車の中。
『ここまでヤカマシいバカ男は近年珍しいのでは!?』
って音量の、音漏れ無表情野郎の横に立ってしまった。
大音量で聴くヒトは、今やそれなりのイヤホンだかヘッドホンだかを買えば済む話なので、この野郎は、
『ビンボーか、バカか』
のいずれかに決まっている(多分)。

そして、淡い期待としてこーゆー“音漏れ無表情野郎”には、せめてロックを、大人の、いや、男のロックを聴いていて貰いたいのだが、聞こえて来るのは…
曲は知らんが“大勢のオネーチャンが一斉にユニゾンで歌う系”。
無表情野郎はやっぱバカなのであった。

バカで思い出したけど、ニュースで流れる、
『宮城・岩手二県のガレキを自分らの自治体が受け入れることに反対する人たち』
ってのは、アレは一体何!?
僕が思うには、
『東北と言えば全部東北だから』
という様な、
『福島原発から石巻まではウチの地図だとたった15センチしか離れて無いんだわ!!』
みたいなさ、あえて具体的に例えれば、
『鹿児島と北九州は同じ九州』
とかね、そういう話!?

じゃなければ、
『アタシはこの先どんな災害が起きようと、どんな目にあおうと、国内外どこのどなたにも助けは求めません!!』
みたいにして誓約書でも取っとけば!?とも思ってしまうが…どうなんでしょ!?

もっとも、我が国は“結果としての孤独死”は頻繁にモンダイになるけれど、“選択的自発的孤立無援死”みたいなことは、そうそう選ばせては貰えず、“福祉のヒト”や我々みたいなのが現れて、本人の意向とはある意味関係ないとこで生活保護申請して来て年金受給者より高額な生活費を確保したりなんかして、
『誰の世話にもなりません!!』
とガレキ受け入れ反対時代に誓約した通りには行かない様な気がするけどね。

関係ないけど、昔、八丈島で水中メガネで魚群を追い掛けて泳いでいたら、浜の前のホテルから海水浴の格好して出て来たマダム風のご婦人が、
マ「あら!?魚がいるの!?」
と訊いて来たので、
僕「ええ、もう、直ぐココらでキレイなのが群れでいますよ!!」
と、一応は親切というかサービスで答えたつもりだったのに、マダムは、
マ「あらやだ!!気持ち悪い!!」
と顔をしかめたという、20年ぐらい前の出来事を思い出してしまった。

「んじゃ、ホテルであんたらが『地魚ですって!!美味しそうねぇ!!』なんつって食ってる魚はどの海から来てんだよ!?」
と言いたくなったが、
『美味しい魚は遠くにいるもので、自分が入る海は魚も貝も海藻もクラゲもナンにもいないキレイな(!?)水であるべき』
っていうさぁ、どうなのよ!?そういう発想というか、想像力の無さって…。

ちょっとね、ガレキ拒絶派も無表情野郎も海水マダムも、想像力のモンダイだよね、これは。

布団カバー事件

昨日は酒を抜く予定だったのだが、レンタカーや列車で大槌や釜石から離れて行く内に、何となく飲みたくなってしまい、新幹線で缶チューハイなどを買ってしまった。

いやね、何だか予感がしたのよ、
『赤羽の街に降り立ったらきっとクラクラするだろうなぁ、シラフじゃ』
とね。

現地では、
『“傷んだ基礎”が連なる光景が広がっている』
みたいに表現したけれど、定点撮影で“被災前と被災後”や、“被災当時と現状”を並べた報道写真などで見比べると、滅茶苦茶な被災直後と違って今の現地の元の家並み跡は(言葉として適切かどうかわからないけど)“遺跡”のようにも見えた。
その…“基礎”の連なりが造る幾何学模様みたいなものがね、何となくね。
で、夕方近くまでその景色の中にいて、夜には赤羽である。

『何故にココまでギラギラ光ってなきゃいけないのか!?』
とね、酒酔いとは違う意味でやっぱクラクラしたし、気分は疲労感とはまた別の意味で“グッタリ・ゲンナリ”であった。
       DSC_10176.jpg
       昨日までの撮りだめ写真と違い、本日のハンナさん。
       この後は恒例の朝ションへと僕に抱かれて運ばれて行く運命…。

このところのハンナさんの言動からというか、犬だから“言”は無いのかも知れないけど、かーちゃんはどうも、
『ハンナはボケ始まってるのかも!?』
との疑惑を持っているらしいが、果たして真実は…!?

さてさて、ニンゲンの方の高齢者である。
先月の今頃モンダイ発覚した、高級布団“カバー”事件。
実はしばらく放置して、訪問販売業者の出方を見てたのだけど、ついにというか何というか、分割払い代金を払えという督促文書が届いた。
ま、来るとは思っていたけどね。
『更に放っておくか…まともに裁判とか起こして来るとは思えないし』
と、僕なんかは冷静に、
『それ(=更に放置)も“作戦”の内だ』
と理解出来るのだけれども、周囲でお世話して下さってる方々がね、当初は、
私「しばらく放っときましょ!大丈夫ですよ!」
某「そうですね!」
なんて私の作戦に賛同してくれてはいたけどね、実際に業者から督促文書なんかが届くとね、やっぱコワイというか、イイ気分はしないからね、もう、手を打つことにしたのです、センセイ登場であります。
              DSC_10175.jpg
              ノ「オっ!どうなるんだ!?とーちゃん!?」

さて、在宅高齢者に高級布団“カバー”を売った訪問販売業者と私とのタタカイの顛末やいかに!?
…つづく…かも知れない。

イビキと日本酒の朝なのだ

『寒いホテルだなぁ…』
と思ったら、全体管理では無いらしく、
『暖房は各部屋担当だったのね』
と気付き、暖房入れて寝たら今度は暑くて醒めてしまい…夜更けっつうか、夜明けっつうか、隣の部屋の地鳴り的イビキを聞きながら、酒と生TVである。

昨日は昼飯を駅前の海鮮食堂(早メシ食ってる内に大行列!!の人気店)で旨い丼モノを食い、夜は夜で奇跡的に復活してる地魚酒場で飲み食い出来たので、何となくかつての暮らしが戻ってるかの様に錯覚してしまうのだが…

東京組4人チームの他のメンバーは、
3「眠い」
ってことで21時前に散会。
前夜盛岡入りしたお陰で朝が楽だったから、まだ眠くも無く、酔っても無かった僕は、独りで夜の街を歩くことにした。

ホテルの窓から見える景色で、わかってはいたのだ、日が暮れてからは…街が真っ暗だって。

釜石。
街は傷んだ基礎だけが残った土地か、1階は滅茶苦茶だけど2階から上は何となく普通っぽいから明るい内は建物“風”に見えるビルが交互に並んでいるけれど、夜になると真っ暗。
殆ど無人。

ホテルの人に尋ねたら、立派に立ち直ったこのホテルも、
ホ「2階の踊り場まで浸水しました」
って話なので、全国展開のホテルやコンビニが先ず復活し、後は真っ暗ってことの様。

雪の舞う夜の街をトボトボと、ひたすら歩いてみたのだが、時折思い出した様に酒場やスナックがポツンと復活しているだけで、全体的に真っ暗。
結局コンビニに戻って酒とサラダなどを買い込み、ホテルへと引っ込んだ。

明け方、隣の部屋からの地響き的イビキで目が覚めた。
『ハンナもイビキが凄くなって来たんだよなぁ…』
などと、犬のことを思い出しつつ、眠れないので、夜買っておいた酒を飲み干し、どうにかまた一寝入り。

寝坊せず、キッチリ起床。
今朝はある意味“正しい”バイキング。
食い過ぎた…。

ホテルのサービスの朝刊を手に部屋へ戻り、紙面を見ながら独りで大泣きする。
昼間は泣けないから、自分を解放して泣くがままにした…イイよね!?

さぁ、今日も始まるのだ!!

傘がない

昨夜は新幹線の立ち席で盛岡入りして、ホテルに荷物を放り投げ、まずは地ビール直営店へと走った。
駅前からは結構遠いのわかってるからね。
と言っても実際は徒歩15分とか!?
ホテルの人なんかは、
ホ「25分は掛かりますよ(歩くなんて!!)」
みたいな言い方してたけど、まぁね、地方のヒトは歩かないからね、わかって無いのであるよ。

盛岡は小雨。
しかし、これまた北国独特の文化というか習性というか、冬場は誰一人傘をさしてる人がいない。
若い女性のグループが、キラキラと笑い声を上げながら、ヒタヒタと雨に打たれていたりする。

地ビール“ベアレン”直営店では大量のカキをツマミにアルコール9%のストロングなビールを一杯。
前に来た時にも思ったのだけど、ベアレン直営店は安くて旨いが、ココというか社風というか、店員さんの応対が相変わらずツンっつうかシレっつうか、とにかくそうした感じで、北国独特なんだかそういう店なんだか…(地元民に聞いても皆さん同意見なので北国説は誤り)。
オーダーやお勘定の際のちょっとしたやり取りでも、
『ベアレンは遠くにありて想うもの』
の感をあらたにしてしまう。

『ま、ワシは通販で楽しむからね、じゃあね』
と店を出て、フォークジャンボリー実行委員長の店“ひねもすほっと茶屋”へと急いだ。
22時前スタートの二軒ハシゴは慌ただしいのだ。

ほっと茶屋では、前回は一家でお邪魔して、カウンター席の足下に二匹とも入れて貰ったので、
店「何故に独り!?奥さんとワンちゃんは!?」
と、やたらと責められる。

冷酒と、“店主に一杯200円”という半分ジョークみたいなのを二杯。
奥さんも飲むのでね。

朝が早いので、
『冷酒飲み干したら出よう』
と思っていたのだが、
僕「んじゃ、お勘定」
と言ったらギターが登場。
店主と僕で2曲ずつの歌合戦。
付き合ってくれる他のお客様がエラいね、どうも。

駅前のホテルまでは、僕の感覚では歩ける距離なんだけど、店主もお客さんも、
全「歩くなんて!!」
と言うので、タクシーを呼んで貰う。
ジャンボリー実行委員会にはね、タクシーの運転手さんもいるのでね、つまりは音楽仲間、ナンだか見慣れた顔同士であります。
僕「んじゃ、東京ね!!」
運「んじゃ、15万!!」
などと相互にジャブ。

『ベアレン直営店は何故にツンシレしてるのか!?』
互いに深く議論しつつ、(オレ的には歩ける距離だけに)ほどなくホテル前に到着。
脇のコンビニでビールなど買ってみたけど、予想通り飲み切らずに寝てしまった…。

さて朝だ。
ネットではたしか“朝食付”だったのに、チェックインしてみたら“パンやコーヒーをご用意”みたいな表現に変わってたのが気にはなっていたのだが…って、パンだけかよ!!
コーヒーとインスタントスープとパンだけってさぁ、考え様では“放題”だし“バイキング”とも言えなくも無いけど…パンのみだもの。

手のひらに二つずつのる様なミニサイズのパンを5個食って朝食終了。
海岸で同業チームに合流しちゃうと、後がどうなるかわからないので、朝の駅でお土産屋に寄り、冷麺とじゃじゃ麺を購入。
鞄に押し込んで電車で海岸地区某所へと向かった。

今週末は丁度一年ということもあって、法律相談そのものをして回ることはせず、仮設住宅を回って“困った時の連絡先”みたいなチラシにホカロンやタオルを添えてポスティングに専念(普段は更に声掛けしてるらしいが今週末だけは静かに過ごして頂くってことの様です)。

仮設住宅の建設地=津波の被害が無かった地域が中心なので、周囲には無事だったお宅が並んでいることが多く、何とも言えない光景が続く。

特に高台の仮設住宅からは、瓦礫の撤去は大体済んで、今は“傷んだ基礎”だけがひたすら続く“元の家並み”とその向こうの海が見渡せる所が多く、
『この景色を毎日見る暮らし』
というものを、つい考えてしまう。

市街地も復旧度合いはまちまちで、僕らが泊まるホテルは立派になっていて外観も客室も有料エロチャンネルも(多分)被災前に戻れてるみたいだけど、窓から見える景色は写真の通り。

途中、仮設住宅で故・ワンスケの仔犬時代に良く似たビーグル犬に遭遇し、半分泣きそうになりながら顔ペロして頂いたのだが、お母さんに“写真撮影の了解”は貰ったけど、ネット公開までは確認しなかったので、掲載は見送ります。

お母さんとの会話と相まって、思い出しただけで今でも泣けるなぁ、チビクロワンスケ顔…。

俺は何処に向かっているのか…

毎日悩みながら生きている。

自営ゆえ、“完成型”とか“着地点”とかが無く、10数年間バタバタ落ち着かないままで、
『俺は一体、どうなりたくて走り回ってるのか!?』
と思ったりもするが、考えたら結構イイ歳なのであり、実はもう、
『こんなんなりました…』
という、ある種の“結果”だったりもするのかも!?とも思う。

さてしかし、今は明らかに“向かっている”ね、俺は、盛岡に。
立ってるね、明らかに(!?)。

バタバタしてる内に“理想”としていた早い時間には出られず、次に“目標”としていた夕方の電車も諦め、しかしそれでも、
『せっかくだから盛岡地ビールの店で樽から注いだの飲んで、旨い料理(実際旨いのです、その店の料理)食いてぇな』
ってのと、
『秋のフォークジャンボリーの実行委員長がやってる店にも寄りてぇな』
というね、二軒ハシゴぎりぎりの時間には盛岡入りしたかったので、強引に職場を出て、ナンとか切符を買いに急いだのだが…トホホ…。

緑「立ち席でしたらご用意出来ますが」
あ、今は“みどりの窓口”っていうのか言わないのか知らないけど、彼女はそう言ったのだ。
どうも今の新幹線って、自由席という制度が無くなった列車もあるそうで、指定席が埋まると後はもう“立ち席”なんだって!!
って、立ち席ってさ、要はどっかの車輌の連結部に人が集中しない様に、
『あんたは10号車で立ってなさい!!』
というね、立ち位置指定分散作戦ってハナシなのね、
『目的地までは運んであげっから!!』
みたいなさ。

仙台までノンストップの新幹線、指定された“立ち席”は確かにすいてはいるけどね、“席”では無いだろ!?腰掛け的な手すりも無い、純然たる“立ち”だもの。
ま、こういうのも“若い頃以来”って感じで、コッチが楽しめばイイんだわな、旅は旅だし!!

東京の同業団体からは、毎週の様に岩手県内に人員を派遣している中、3.11に現地にいるという巡り合わせみたいなことは、ちょっと考えます、私。
考えつつ、立ち呑みしてるワケだが。

調整失敗!?

今日は、一年前から決まっていた無料相談の当番で、午後が丸々埋まっていたのだが、そのことを思い出したのが先週に入ってからで、かなり、
『ギャ~ッ』
という気分であった。

気付いた時には既に朝から裁判の期日(=法廷に行く日のこと)を入れてしまっていて、更に夕方からは震災関連の相談員研修があり、コイツを、
『後日のビデオ研修に振り替えて貰おうかな』
とも思ったのだが、僕は今週末=3月10日~11日にかけて岩手の海岸地区某所の仮設住宅などを巡回する相談員に手をあげた身でもあり、
『やはり派遣前に聞いておく方が良いのかな』
と考え直す。

こうなるともう、細かい作業は留守を守るスタッフに委ねざるを得ないワケだが、ナニやらここまで“職場に居られない日”は珍しい気も。

んで、明日は明日で朝から某宅の荷物撤去業者の見積りのための下見に立ち会い、午後イチで新たな高齢者(って表現もどうかな!?)の成年後見関係の手続きで家裁に向かうことになっていて、この手続きがまぁ平均二時間は掛かる予定。
夕方には荷物まとめて岩手県内を目指し、翌朝の現地入りが楽な様に前泊するつもりなので、明日も多分飛び回るばっかの一日になりそう。

かつてはこれぐらい“飛び回る”=“銀行や法務局を行ったり来たり”を意味していたし、(言葉はワルいが)時間的に“拘束される”=“不動産売買代金の送着金が済むのを銀行の応接室でジッと待つ”ことを意味していて、あらゆる場面で“預り金・立替金・報酬”といった現金が目の前を(というか我が鞄&財布経由で)飛び交っていたものだが…。

どうも身体だけは慌ただしく移動してるけど、我が財布はヒマになったもんだよなぁ、自動改札で“ピッ”とタッチする以外、あんま活躍してない気がして来たもの。

この眠さはどこから!?

昨シーズンの飲み残しも、今シーズンの分も、結構な量の花粉症の薬の在庫はあるのだけれど、今年は寒かったし、
『症状出ない内から飲まなくてもなぁ…』
ってことで、まだ飲まずに済んでいる(皆さんそうかな!?)。

でもね、薬を飲まずに済んではいるけど、
『そろそろかな』
という“覚悟”もあるにはあるのだ、昨日からは眼の洗浄だけはスタートしたしね、ややカユいのだもの。

にしても、この眠い感じは何!?
まるで花粉症の薬を飲んだ様な眠さ。
身体(というかアタマ!?)が勝手に反応するのかなぁ、花粉を感じ出す→(薬飲んで無くても)飲んだみたいな眠さ、とか…!?
そんな…錯覚による睡魔って、あるのかな!?

今日は普段通りの遅めの昼メシの後、夕方4時からの無料法律相談の会場へ。
昨日事務局の女性から、
事「センセイ!!明日は連続で予約入ってますから!!宜しくお願いしますね!!」
と、力の入った予告があったので、気合い入れつつ向かう。

一件目、キャンセル…。
今日のは地元開催の相談会と違って、一組キャンセル=一時間丸空きというシステム。
『参ったなぁ…』
と思いつつ、しかし眠くもあったので、相談用の個室に籠り、うつっ伏して休むことにした。

さてふたコマ目。
え…!?まさかの連続キャンセル…!?
って、3コマ目は予約入って無いの!?

職場に戻ってやりたい仕事があるっちゃあるんだけど、ルール上帰っちゃダメなことになっているので、備え付けの書籍などパラパラやって、長い午後をやり過ごすしか無いのでありました。

カタチの勉強

先日受講した某勉強会の講師の弁●士さんは、やたらと“カタチ”“カタチ”を連発する先生で、僕なんかはもう、講義始まって1~2分でその無意識的口癖が気になって気になって、あとの二時間ほどの講義は全くアタマに入って来なかったぐらいであった。

講「先生方の方にですね、こういったカタチでですね、相談というカタチでですね、依頼者の方がお見えになるといったカタチの場合にですね、どの様なカタチの対応といったカタチがよろしいかといったカタチでですね~~~」
と、作り話や誇張抜きにして、マジで二時間もうずう~~~っとずう~~~っと続くのよ、コレが。

『何にもアタマに入んないし、いっそこのまま何回“カタチ”を連発するか数えてっかな』
とも思ったが、そう思い付いた講義開始5分経過時点で、既に軽く100発ぐらい、数え漏らした“カタチ”が発せられた後であったから、もう正確な“カタチ”数はカウント出来ないカタチなのでやめにした。
              DSC_01541.jpg
はてさて、次回の私のLIVEは3月19日の『赤羽エリック生誕祭』。
基本的にはパーティ=単なる飲み会ですが、そうは言ってもね、唄いますよ、私も、今夜から練習します、しっかりとね。
あ、いや、赤羽エリック氏のステージってのも用意はしてるみたいです。
二人のコーナーもある筈です。
って、殆ど内容未定というか、私でさえ当日の流れ(進行)すら不明…どんな“カタチ”になりますやら…!???
                     DSC_01561.jpg
しかし、本当に強調しときたいのは、
『久々に夜の“キャバーン”だ』
ってこと。
昼の部とは料理が違って来ると思うので、それだけでも(!?)お楽しみ頂けるかと。
しかも月曜とはいえ休前日。
そしてチンケなチェーン店と決定的に違うのが、二時間だの延長料金だの言わないひと晩貸切エンドレス飲み(食い)会!
ま、お集まり下さいな、損はさせませんから!

正やん還暦祭

告井さんというマルチプレイヤーの存在をハッキリ認識したのは数年前、大変申し訳無いけれども“センチメンタル・シティ・ロマンス”そのものというよりも、伊勢正三氏のステージのサポート的に“センチ”が登場した時、であった。

さてその正やん、還暦である。
昨日はその還暦記念コンサート、会場はNHKホール。

2000~2001年のかぐや姫再結成ツアー最終日、国際フォーラムホールAの、あの大会場の最前列のど真ん中の席をDログさんが引き当ててくれて、そん時も目の前に生身の人間として“かぐや姫”は存在してたけど…
あの時以来、というか、人生にこんなこと、そうそうあることじゃ無いんだろうけど、先行の先行みたいなネット予約から数ヶ月、届いたチケット片手にネットで座席表を…P1列…P1…
ナント、Pは多分、ピットのP=オケピに床でフタした位置=最前列ブロックの一列目、んで左右どのあたり…って、真ん中チーム!!!!!!

ゲストのこうせつと、何曲かはかぐや姫時代の曲も登場。
11年振りの最前列ど真ん中でのかぐや姫…ってのは正確性に欠けるのね、ベースの山田パンダさんが来てないからね、昨日は。

しかし実は…
前夜は告井さんとの打ち上げの後、酔い潰れて一旦21頃には寝てしまい、3時過ぎに、
『う゛~っ』
っと目覚め、ひとっ風呂浴びてビールを飲み直し…
日曜日の明け方4時台、そのヒトは久々に私の目の前に現れたのです。
山田パンダさん、TV寺子屋みたいな番組で、何だか小さなセミナー会場みたいなとこで、幼児期の記憶みたいなことを話されておりました…
視聴率、どうなんでしょ!?
というか、アレは何だったんだろ、明け方のパンダさんの講話!?

同じ日の夜、目の前の“二人かぐや姫”を見つめつつ、11年前の夢の様な日々を思い出しておりました。
『静岡とか仙台とかまで追っ掛けたっけなぁ』
とか、
『静岡では帰りの駅で三人に遭遇して、サインと握手、して貰ったっけなぁ』
とか。

思えばあの頃の正やんって、49歳だったんだよねぇ…俺、もうリーチだぜ、49歳なんてさぁ。

還暦だって、リアルにヒタヒタと、近付いてんだわなぁ…。

イイ唄書いて、唄って、そうやって迎えられる様に…って、大袈裟かな!?

ぼんやりと休日出勤

一夜明け、身体だけは休日出勤中です。
『やんなきゃなぁ…』
ってことだけは、机に積まれているのですが…。

さて、昨日の『TOMI O CAFE』LIVE。
大入りに“ジャスト”ってのがあるのかどうだか分かりませんが、“ジャスト大入り”、有難うございました!

♪夕暮れ
♪なじみの女
♪’11初夏 仰ぎ見る空に
♪言葉を全部過去形にして
♪マジックアワー
♪AKB(赤羽)キャサリン
♪Aの季節
♪想(SOU)
♪カタオモイ
♪きれいごと
♪ウソ臭い朝に
♪バランス
♪二人のChannel
              DSC_01531.jpg
私達親指企画の後、ちょっとだけ休憩をはさんで告井さんのLIVEがスタート。
残念ながら3枚目の“アコギ1本ビートルズ”シリーズ発売が間に合わなかった告井さん。
しかし、その分3枚目収録の初期曲満載のLIVEとなりました。
いつもの様に、
『間に休憩入れて40分ぐらいのステージを2本かな』
と思いきや、3時過ぎにスタート後、1時間経過しても休む気配無し。
終わってみれば夕方5時までたっぷり二時間のステージでありました。
サービス精神旺盛な方で、お客様も驚かれてた様ですが、僕も驚きました、アコギ1本ビートルズの二時間コースって!

さて次は…赤羽エリック氏の生誕祭!?
ま、アレは企画・集客とも本人に委ねることにして…!?

実は私、3月15日(木)の夜8時~9時に田舎の地元ネットラジオに呼ばれてまして、スルっと夜間単身赴任予定なのです。
                     DSC_01551.jpg
那須塩原インターネットTV&レディオアクアス『もくはち』

地元のLIVEイベントで何度かご一緒している男女ユニット“ココブルー”さんがナビゲーターをなさっており、私はゲスト出演ってことでして、何故かギター持参することになっております。
私も検索して見ましたが、TVとレディオの境界線が良く分かりませんでした。
『オレも動画で流れちゃうのかな!?』
って感じです。

ついに購入

アコースティック・ギターの音を会場に合わせて大きくしたりなんかするのには、ギター用のマイクを立てて音を拾う方法と、ギター内部又はホールに小さな装置を仕込んでおく(又はボディに貼る)方法がある。

音質その他、前者の方が良い面も色々あるんだろうけど、基本的には前後左右にすら動き回らない方が良いことになっちゃうワケなので、近年はギター側に装置装着派が主流。
僕もかつてはボディにガム状の接着物質で貼るタイプを使い、今は内部装着タイプやホールに挟むタイプを使っている。

さてしかし、これまた昔からあるにはあったのが、そのギター側からのびるシールドをアンプやPAに差し込む前に間にかませるかどうか悩ましい“プリアンプ”なる存在。
昔のガム式ピックアップなんかはいかにもチープなものだったので、確かにプリアンプはあった方が良い気配濃厚だったし、実際僕もプリアンプを使っていた(そのプリアンプもチープなとこが情けないが…)。

しかし、数年前に活動再開するにあたって現行のボディ内部装着型ピックアップを“大人買い”してみると、これはもはやかつてのガム式ピックアップとは比較にならない性能・品質向上を感じちゃうのであり、当時のチープなプリアンプなんかはもう、
『あっても無くても』
状態。
実際、スタジオ練習でその10年以上前のチープなプリアンプを使ってみたりはしてたのだが、そう大きな違いは感じられないし、liveとなるとここ数年はレストランやカフェで半生音状態でやる機会が多くて、プリアンプなんてぇのはそれこそ、
『あっても無くても』
だったのだ、昨日まではね。

が、それでも気にはなっていたのです、なんか、今はスゴ~く良いプリアンプがあるらしい、と。
で、ず~っとネットでチェックはしてたのね、
『試してみたいけど、意味あんのかなぁ、今の俺に…』
とね、どんなに安く買っても2万円をちょっと欠けるぐらいはするモノだし、お金よりナニより、ホントに効果アリなのかどうかがね、書き込みの大半が称賛・絶賛系だけにね、年単位で迷ってましたね、実はね。

そして先週の大田原日曜朝市でのlive会場で、ついに現物を使ってる出演者に出会ったのであります、それも、使用ギターは僕と同系列のヘッドウェイ!!

ムムムっ…

昨日、ついに来ました、憧れのプリアンプ。
買うと決めたら、早いです。

夜、赤羽エリック氏とのリハで初使用。

旧来のチープ版に比べると、やたらツマミが多くて、色々試しながら、
『俺(或はこのギター)はこの音!!』
って位置を固めて使う様に出来てるみたいなので、実際のところ全く使いこなせてはいない状態ではあったけど、それでもしかし、狭いスタジオ内のスピーカーから出る自分のアコギ(グッダール君)の音は実に粒立ちの良いモノに変わっていて、二人して1曲終わるごとに、
僕「う~む…」
赤「ふ~む…」
とバカみたいに唸り合っていたのでありました。

本日…どうかな、試してはみたいけど…。

いよいよです!

明日のLIVEに向け、今夜は練習&早寝かな、朝から色々準備あるし。
仕事は…今日は中断です。
日曜日、出勤決定だな…。
              DSC_01501.jpg
いつもスタジオに間に合うギリギリに帰ることが多いのだけど、さっきかーちゃんから、
か「天気が悪くて、夕方の散歩では二匹とも満足な排泄が出来て無い」
との電話が。

かーちゃんは近所の集まりに出掛けてしまうので、僕がギリギリにマンションに戻る→排泄物散乱→片付けでスタジオ遅刻or無視して出掛ける、みたいなことが想定されるため、
か「ギリギリじゃなく早めに帰った方がイイと思うよ、後始末考えると」
ってことだそうです。
                     DSC_01491.jpg
大小散乱は避けたいけど、してないモノは、しちゃうもんなぁ、室内で…。

何の話だ!?

明日だ明日!
告井さん、今回はビートルズ初期のロックンロール炸裂の予感ですよ!
|TOP|

プロフィール

とーちゃん              下の方で遠慮がちにRanking参加中

Author:とーちゃん              下の方で遠慮がちにRanking参加中
故・wansuke爺
 「やい!とーちゃん!
  何だよ、コレ!
  こーゆー甘ったるい写真、
  いつまで使う気だよ!」
故・hanna婆
 「ヤット再会デキマシタ…」

[LIVE関連]

5月18日(木)大塚Welcomeback
19時~!エリック氏との2人組です!

5月28日(日)大塚Welcomeback
ビートルズ大会出場!19時40分~!

毎月第4日曜日朝~昼頃
大田原日曜朝市出演中!
行ける月だけですが・・・

『K介のSongs&Dogs
   ~週末はミュージシャン』
3曲分の動画を毎週月曜日UP!
YouTubeにて続々配信中!

[CD・DVD関連]

親指企画17年振りのスタジオ録音アルバム!
『Songs&Dogs』完成!!!
DSC_0273.jpg
若き日の3人組LIVEのDVD付きです。
CD13曲+DVD16曲入り、カンパ1,000円!
DSC_0281.jpg

月別アーカイブ

寝姿を見ちゃった方々

hanna嬢「おがぁさーん、おろーさんがヘンなことやってるわぁー」

wansuke爺「じゃ、またな!」

hanna嬢「おろーさん、頑張って!」

wansuke 「おい、とーちゃん!このランキング、ちゃんと設定出来てんのかよ?」 とーちゃん 「・・・自信ナイ・・・」

FC2ブログランキング

バカ嫁hanna 「1日1回、ポチッと押してみれくらさいねぇ~」

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索