ひとまわり

       moblog_1e0aafab.jpg
昨日は外食中の車内留守番、よそのお宅での夕食宴会(参加してオコボレ)。

今日はスーパーでの買い物(車内留守番)、実家での畑作業(繋がれて見物)、両親との昼食(玄関内での待て)、アジアン・ショップのデッキでのカフェ・タイム。

スーにとってはとにかく全てが“初めて”だらけの週末。
              moblog_414187a6.jpg
              それに付き合わされるノリスケともども、お疲れであります。

写真に撮ってみて驚きました…素人さんには見分けがつかないね、コレは。
moblog_0b6940b8.jpg
スポンサーサイト

ノリスケなりのストレス!?

肝心の先週末には僕は不在だったけど、今日でスーは一週間。

ノリはノリなりに、スーのことを受け入れてくれて…どころか、結構“好き”気味で、
ノ「スー、仲良くしようよ!!」
的に接近するのだけれど、スーの方は救い出されるまでの経験が経験だけに、オス犬に接近されると警戒モードに入り、
ス「イ~ッ!!」
と拒絶反応。
散歩なんかはすっかり“ノリ頼み”なのに、こういうのは本能的な条件反射だろうから、まぁ、慣れてもらうしかないなぁ。

スーはともかく、先住犬として新顔を受け入れて、犬なで声で近付いたノリ的には立つ瀬無く、
ノ「ワォ~ン!!」
と虚しく吠える…みたいな毎日。

写真はノリの耳薬。
       moblog_02e46fa4.jpg
あ、ニンゲンの目薬みたいなのに入っていて、
『耳内に垂らして揉んで行き渡らせる』
って使い方です。
で、本日破壊。
別に何でも良かったんだろうけど、
『たまたま耳薬に届いちゃった』
ってだけでね。
ノリなりの、ストレスなんだよなぁ。
気を付けてても、どうしても、
「スー、スー、スー、スー」
って、そうなりがちだからさ、ニンゲンは。

さて、初めてのスー連れドライブは…!?

救い出され、譲渡会にかり出され、保護活動主催者宅や預りさん宅を行き来して、やっと落ち着きかけたところで、我が家に連れて来られて一週間。

ってとこでのクルマ移動の予感!?
ス「行きません!!乗りません!!」
みたいに抵抗。

考えたら、
ス『またどこかに連れてかれるの!?誰かに引き渡されるの!?このおかーさんと、ず~っと暮らせるんじゃないの!?』
と、そういうことなんだろうね。

って、おとーさん、自分で書いてて泣けて来たよ…。

大丈夫だよ、大丈夫だよ、となだめつつ、先ずは実家へ。
ス『今度はここんちなの!?おかーさんは居なくなっちゃうの!?』

晩飯食うのに店に入るのだって、
ス『はま寿司!?はま寿司のコになるの!?おかーさんは居なくなっちゃうの!?』

この繰り返しで山小屋着。

ス『この山小屋なの!?山小屋で誰かに引き渡し!?おかーさんは居なくなっちゃうの!?』

で、
『どうやらメンバーチェインジ無しで、一家で山小屋で過ごすらしい』
と理解してからのスーの表情ったら!!

少しずつ、少しずつ、優しい顔つきになってる気がします。
特に目つきがね。

僕がたまに、冗談半分でノリなんかを“野良出身”とか書いてるけど、実はスーは、
『野良出身ですら無い』
そのことは、日々考えさせられます。

ニンゲンの都合による“監禁出身”ってとこかね!?

今は“野良犬”なんて言わずに“保護犬”って言うけど、スーは正真正銘の“保護犬”、“救出犬”。

『散歩を知らない犬』
つまりは、
『外の世界の全てが初めて』
ってこと。

ニンゲンって…なんでこうなっちゃうかねぇ…。

ん!?
ノリのストレスね、ハイハイ。
みんなでノリ!!ノリ!!言ってご機嫌とりましょう!!

今週は写真多めで!

朝、文字通りの“川の字”。
DSC_11500.jpg
こうしてポーズや角度によって、スー(右)は大きくなったり小さくなったりします。
       DSC_11499.jpg
       この時、それぞれの表情は・・・!?
              DSC_11498.jpg
              皆さまお馴染み、目バリのノリスケ。
       DSC_11497.jpg
       ん~、スー、ちょっと中国系の犬種に似てないかい!?シャー・ペイ!?

と、今週はとにかくスー登場ウィークなのでね、写真ばっかでした。

週末は、久し振りにLIVE無し・・・今月初ですね、人前で唄わない週末は。
そんなことより、一家でドライブです、スーは初めて乗せます。
2匹の乗車位置、上手くバランス取れるとイイけどなぁ。
              DSC_11501.jpg
関係性というか、力関係!?
パワー・バランス!?
なんだかビミョーです。
いつの日か、ノリスケが下っ端になってる様な予感すらして来ています。
頑張れよ!兄貴っ!

終わっちゃいますなぁ・・・

“収入”だけは、考えると怖くなるので考えないとして、とにかく6月が、そして今年も半年が、終わろうとしておりますなぁ・・・。
特にこの6月はね、王様LIVEから始まって、ハンナを見送って、新潟のイヴェント参加、その頃僕がネットでスー(仮名:ハマ2)を見掛けて、顔合わせに御殿場に向かい、先週末は陸前高田への出張と盛岡LIVE、そしてスーとの生活がスタートして・・・全部が今月なんだよなぁ。

何たって、ひと月前にはハンナさんがいたってのがね、ん~、今だって、そこらじゅうに“いる”っちゃ“いる”気配がするのは、wansukeん時と同じだけどね。
       DSC_11434_20130627204113.jpg
       ノリにとっても、素直に“いい時代”だったねぇ。
DSC_11495.jpg
こう、ノリスケって扱い難い感じもあったのに、僕らとノリは今やお互いに“勝手知ったる”的な気配すらあって、どうも、
『新入りが来ると、先住犬は急に大人びて見える』
みたいな効果がある様な・・・。
              DSC_11496.jpg
              仏頂面の女の子・・・多分、かなり若いんだろうな、暫定2~3歳。

全然一緒に寝てくれないので、主な触れ合いは“耳掃除”。
これは僕が担当なのです、ノリもスーもね。
でもって、ノリもスーも掃除し甲斐がある汚れっ振り。
ヘビ年生まれの執念深い連日の耳掃除で、今はかなりキレイになりつつあります。

あ、わからない方にはわからないでしょうが、垂れ耳系なのでね、思いの外汚れてるし、カビ菌なども繁殖し易いし、その上結構難しいのですよ、犬の耳掃除。

せめてもう少し・・・

あ、いや、忙しくないと生活出来ないので、そこはわかってますがね・・・新顔と過ごす時間が極端に少ない日々が続いてまして、なかなか“不審者扱い”から抜け出せずにおります。
DSC_11489.jpg
朝の風景も、すっかり変わりました。
もちろん2匹ともかーちゃんのベッド。
あ~あ・・・。
       DSC_11490.jpg
       ノ「諦め悪いな、とーちゃん」
       ス「おかぁ~さん、やっぱりあの男の人、ここんちの人!?」
              DSC_11491.jpg
              この構図、過去何組分撮ったかなぁ。
              って、ワン・ハン、ハン・ノリ、ノリ・スーの3組か。

20代の終わりに故・wansukeと暮らし始め、30代の終わりに故・hannaがやって来て、で、40代も終盤の年男でスーが登場し・・・ニンゲンはこのペアとともに、やがては還暦突入なのかもなぁ・・・と、そんなことも思います。
犬を飼うとは、そういう覚悟ってことなのでありますからして。

ん!?
あ、ノリね。
ノリを見つけたのは45歳ん時じゃないかな、ハイ、そういうことで。

オットリなんだかどうなんだか・・・!?

昨日は朝盛岡から戻って、バタバタと着替えたり洗濯したりして出勤。
夜も帰りが遅くなってしまい、あまり一緒にいた気がしないけど、それでも次第に見えて来た様な・・・。
スーは静かだけど積極性もあり、図々しくもあり頑固でもあり・・・慣れて元気になると、ヒョイヒョイあちこち跳べてしまうことが予想され、ネットや御殿場での初回面談時の、
『小さくて大人しいコ』
的な印象とは、ちょっと違ったのかも!?

近所の獣医師によれば、この静かな感じ、心音の小ささ、心拍数の少なさ、体温の低さ、等々から、甲状腺の機能低下によるホルモンバランス・・・ってあたりに若干の疑いがあるのだとか。
まぁねぇ、あの劣悪な環境下、どういう組み合わせの父母犬から生まれたのやら・・・とかを考えると、完璧な健康体ってことも、ちょっとねぇ・・・。
って部分も認識しつつ、しかし、ニンゲンとの暮らしを知らず、散歩もしたことが無く、食事もまともに食べたことが無く、排泄時は襲撃と食糞狙いの恐怖の瞬間・・・ってなとこからの救出犬なのでね、これから楽しい思いを沢山経験して、それで活発になるのかも知れないし、そこんとこはこれから、様子見ながらホルモンバランスの検査するんだかしないんだか、ゆっくり考えることに決定。
DSC_11484.jpg
ん~、結局キミもかーちゃんベッドなワケね・・・サビシイのぉ・・・。
というか、同居初日の僕はまだ、“ここんちの人”かどうかの見定め中みたいです。
お父さんだってばさ!
       DSC_11483.jpg
       ノ「ボクの話題は!???」

2013.6.23(日)盛岡クロスロードにて

1st
♪言葉を全部過去形にして
♪約束
♪想(SOU)
♪悪女(中島みゆき)
♪愚か者よ(萩原健一)
♪ウソ臭い朝に
♪マジックアワー

2nd
♪ロックンロール・ミュージック(尾藤イサオ)
♪ロール・オーバー・ベートーベン(内田裕也)
♪ヒッピー・ヒッピー・シェイク(赤木良輔)
♪ヘルプ!(尾藤イサオ&内田裕也)
♪シー・ラブズ・ユー(ザ・キューピッツ)
♪オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ(ザ・カーナビーツ)
♪カム・トゥゲザー(小山ルミ)
♪キャント・バイ・ミー・ラブ(東京ビートルズ)
♪ツイスト・アンド・シャウト(東京ビートルズ)

~終演後のオマケ~
♪美しいひと
♪二人のChannel

競演の佐藤さん、マスター、お客さま・・・盛岡の皆さん、盛り上げて頂き有難うございました!
              DSC_11487.jpg
このビミョーな関係。
ノリスケは、ただただかーちゃんが食後に分け前をくれるであろうスイカを待っているだけ、というか、待ち切れずにヨダレ垂らしてるだけ。
スーはスーで、スイカには興味は無いけどおかーさんにくっついていたいので、食事中のかーちゃんの席にヒョイとのっていたいだけ(ノリはのれない席)。

しかし、スーにしたらば寛いでるところに“後方から近付く犬”は身内と言えども“敵”として生きて来た身。
ス「イ~~~ッ!」
と唸るスー、ただスイカが食べたいだけで“そんなつもり”(=スー襲撃)は全く無いのにやむなく、
ノ「ワォ~!」
と吠え返すノリスケ。

一家の平穏というか、ノリとすれば何も悪さをしていないので繋がれちゃういわれは全く無いワケなので、次からは、スーの方に、
『ニンゲンの食事中の添い寝禁止』
の決定が。
ま、妥当なセンでしょうな。

見分け、つきますか!???

昨夜は盛岡クロスロードさんでのLIVE。
お客さんとしてお越し下さった、僕よりひと回りぐらい若い、近所のスナックの雇われママさんとそのお友達から、
マ「カッコイイ!」
などとおだてられ、打上げだけでは終わらず、二次会のカラオケまでお誘い頂いて・・・。

唄うだけ唄って、
僕「朝の新幹線に乗るので」
と、1時ごろに逃げる様にして去ってしまった・・・皆さまスミマセンでした。

っつうか、そんな話より、
某「スーを出せ!」
って!?
DSC_11473.jpg
ス「みなさまこんにちわ」
       DSC_11474.jpg
       ノ「ナンだよ!?えっ!?似てる!?」
       僕「というか、白いよ、ノリ、おっさんだね!」
DSC_11475.jpg
スー(右)の頭のポツポツ・・・寝ぐせやクセ毛ではありません。
“10畳に50数頭”の過酷な暮らしを窺わせる、無数のキズの痕なのです・・・。
       DSC_11476.jpg
       しばらくは、『色が濃いのがスー』で・・・
       DSC_11477.jpg
       『白くなって来てんのがノリ』、と、そこで見分けて下さいね!?
DSC_11481.jpg
黙ってるので大人しそうに見えて、実はノリなんかより“大物”かも!?
あ、いや、ず~っとニンゲンと暮らせていなかったワケだから、
ス『ニンゲンって、み~んな優しいのね・・・知らなかった・・・』
ってね、毎日噛み締めてんのかな!?
で、
ス『ニンゲンとの暮らしって、平和そのものなのね』
ってことを知って、安心してんだよね、きっと。
なんかしかし・・・結構大胆だよね、キミも!?
       DSC_11480.jpg
       ス「ねぇ、今朝来た男の人・・・あなた、こないだ御殿場で会ったでしょ・・・お父さん?」
       僕「あ、はい、ええ、私が父上であるよ」
              DSC_11479.jpg
              どんだけ寛いでんだい!?スーさん!?
hanna3_20130624211918.jpg
ハ「スー!ノリチャンヲ頼ンダワヨ!」

ん~・・・スーは故・ハンナさんとは明らかに“系統”が違うよなぁ・・・というか、歴代の中でハンナだけはやっぱ、“ビーグル系”じゃなかったんだよね、きっと。
       201306240913000.jpg
       実はココ、ノリスケは乗れない場所。

そう、ノリよりはるかに身軽で、アチコチ行けちゃうのですよ、スーったら。
動きはとってもゆっくりなんだけど、どこでもヒョイと越えちゃいます、今んとこ、要注意人(犬)物扱いです。

ということで、腹減ったので、昨日のLIVEのリストはまた明日。
って、リストなんてあまり期待されてないでしょうが、“記録”ってことで。

好(このみ)と書かずに…

moblog_4923b9cb.jpg
かーちゃん曰く、
『好(このみ)と書いて“すぅ”と読む』
なんつー甘ちゃん一家では無いのだそうで、(僕は“好”も悪く無いと思うのだが…)ずばり“スー”と呼ぶのだとか。
       moblog_0c86a168.jpg
       ふて寝中のノリスケ。

保護・預り中の仮名は浜松出身の“ハマ2”ちゃんだったのだけど、昨日の“お届け”以降のかーちゃんメールではもう、呼び捨てで“スー”に変身!!であります。
              moblog_a4282b1c.jpg
              おお、これは故・hannaの往年のガホガホではないか!?
              スーも好きなのか!?ガホガホ!?

勿論、僕は不在なので写真は全てかーちゃんからの“仕入れ”ばかり…。
moblog_1d73a925.jpg
でもね、先住犬ノリスケと見分けがつかない方にはアレですが、1枚目の、
『保護活動主催者が帰ってしまった玄関方向を見つめる元“ハマ2”ちゃん(&全く納得の行かないノリ)』
から、最後の1枚の、
『我が家の歴代の犬スペース=ソファで寛ぐ“スー”(&ついに諦めて受け入れるノリ)』
までの、わずか数時間での変化が(少なくとも僕には)伝わって来ました。
       moblog_6f30a2e1.jpg
アップの写真が無いので伝わり難いけど、女の子なのに表情がやや“ノリ似”なんだよなぁ…ってまぁ、そのあたりはまた、これからゆっくりと。

先ずはホントにホント、ようこそ!!
ノリスケを宜しく頼むね、スー!!

どんな朝だろう…!?

ノリスケは、どんな朝を迎えたのかな!?
       moblog_fd07ce58.jpg
あ、私、既に岩手県入りしてるのでね、
『ノリの天下はホントに短かったなぁ…』
とね、独りで感慨に…ってワケです。

にしてもアレだ、悪童悪童言ってても、老けたことは老けたんだなぁ、ノリ。
昨日のかーちゃんのコメントからミグノン飛ぶと、顔の茶色がクッキリだもんねぇ、2年で2年分キッチリ色落ちしたのがひと目でわかるもの。

ところで御殿場娘は、何歳スタートで行くのかなぁ。
嗚呼、御殿場には御殿場の朝が来てるんだよなぁ…。

皆さんには要らないっちゃ要らない情報だろうけど、10畳に50数頭、死骸、共喰い、糞尿、悪臭、食糞…みんな便がユルく、痩せ切って…ってとこからの、犬生の仕切り直しです。

あ、でも、
『ギラついた目で獲物を狙う』
みたいな気配は、救出後のコ達には皆無です、み~んな普通のビーグル&ビーグルmix。

オッパイの感じから、御殿場娘は故・ハンナ同様出産経験者と思われますが、仔犬達は多分…。
そんな現場から、ようこそ我が家へ(まだだけどね)!!

む~ん、父上殿は本日、遠く岩手県沿岸地域の空の下、なのよ、む~ん…。

9年前の6月のこと、そして・・・

9年前の6月に、ハンナはやって来た。
アレは平日の昼間で、僕は仕事中。

当然ハンナの到着時には、かーちゃんとwansukeだけで僕は不在だったから、
『wansukeがどんな反応をしたのか』
『当のハンナはどうだったのか』
全てかーちゃんからの伝聞でしか知らない。

一昨年のノリスケの時は、当時の保護団体ミグノンの譲渡会での初対面の後、その晩には預りさんがノリ連れでマンションに寄ってくれて、ノリックス(=当時の仮名)がソファでいきなり寛ぎ出したのをハッキリ記憶している。
当時はハンナが“先住犬”だったワケだけど、彼女は大人しいコだったし、ちゃんとマンションの下で挨拶&合流して部屋に迎え入れたので、犬同士は特に問題は無かった。
でまぁ、成人男子好きのノリにとっては僕を“落とす”なんてのは、カンタンなことだったのだろうなぁ。

直ぐに正式譲渡が決まり、その譲渡当日は確か平日の夜で、今度は僕も立会えた。
不躾そのものだったっけなぁ・・・そのまま“我が物顔”での暮らしが始まっちゃったねぇ、ノリは。

ま、初対面の日の寛ぎ振りそのままに、今も寛ぎっ放しってワケだね。
       DSC_11461.jpg
       ノ「いや、むしろ常に緊張感あるよ、ボクは」

そして明日。
母子家庭に御殿場女子が加わる、その場にいられないどころか、翌日も不在なので僕が彼女と暮らし始めるのは月曜日から・・・ん~~~、決まっていた日程に、後から急展開で入って来た予定とは言え、キビシイのぉ・・・。

夏祭り!?

昨夜遅く帰宅すると、ノリスケが喜んで出迎えてくれた(気がした)。

ノ「とーちゃん!とーちゃん!お帰り!」
とまぁ、はしゃぎついでに何か咥えてたりってのは、良くあることなのだ、ノリの場合は。

で、PC机の下の隠れ家にこもってみたりして。
DSC_11458.jpg
『ん!?ナニ咥えてんの!?ノリ!?』
       DSC_11459.jpg
       『ん!?キューピー柄!?』
              DSC_11460.jpg
              『って、団扇かよ!?盆踊りか!?夏祭りにでも行くのか!?』

御殿場からの譲り受けの日程が決まったらしい・・・って、私、不在。
この週末の岩手沿岸仮設巡回中に、赤羽に新しい家族が来るのです。
直ぐに会いたいけど、成人男子大好きのノリとは逆に、彼女は成人男子が苦手っぽかったから、少し我が家に馴染んだとこで父上様ご帰還、ってのも、悪くないかもね。
       DSC_11456.jpg
       ノリが“先住犬”になる時代が来ようとはなぁ・・・。
       頼むよ、ノリさん!君が守ってあげるのだよ!

驚異のマッケンジー体操!

3月末の告井さんのLIVEの日には、ギックリ腰の一歩手前ぐらいの痛みに襲われ、その後しばらくはカイロ通いをした。
人気のカイロなので、待ち時間が長くて大変だった。
お金も掛かった。

さて、こないだの日曜日。
御殿場行きの前の時点で、
『畑作業と長時間ドライブで、ちょっと腰がくたびれてるなぁ・・・』
と感じつつ一家で御殿場に向かい、浜松mixとの待ち合わせ場所で、完全にギックリの二歩手前状態に。

痛いが、ギックリではないし、春先の時よりは軽度、って感じ。
いや、でも、けっこうヤバイのは自覚出来る痛みであり、
『うわぁ・・・この後、痛いまま金曜日からはまた岩手出張だぞぉ・・・うわぁ・・・日曜日には盛岡でLIVE入れちゃったしなぁ・・・大丈夫かなぁ、俺・・・』
と、かなりイヤな気分であったのだ、日曜日の夜は。
       DSC_11457.jpg
       ノ「オレだって・・・グッタリだったぜ、日曜日の夜は」

しかし、私にはこないだ図書カードで買った腰痛対策の本があるのだ。
そして、前回のギックリ一歩手前の時に平◎君からメールで教わった体操もあるのだ。
って・・・シミジミ本を見ると、書かれているのはそのまんま平◎君が告げた体操法ではないか!
              DSC_11455.jpg
              もっと反るのだ!マッケンジー体操!

可能な限り、反ってみた。
もむより反れ!叩くよりストレッチ!
肩凝りも腰痛も、基本はそっちだったんだなぁ・・・。

月曜日には、少し楽になったのが実感出来た。
まぁ、大事をとって、仕事中のみコルセット着用。
で、時間のある限りマッケンジー体操!反れ!だ。

昨日の火曜日には・・・アレッ!???ってぐらいの変化が。
以前のカイロ&安静第一主義の時代だと、一週間経過した頃の感覚だろうか。
む~ん、凄ぇな、マッケンジー!

で、本日。
まだわずかに“名残り”みたいな感覚はあるけれど、生活自体は全く普通に出来る様に。
ナンなんだ!?マッケンジー体操!???効果あり過ぎでは!???

嬉しい変化!?

日曜日、御殿場に小さなビーグルmix犬に会いに行った。
去年の暮れあたりから救出が始まった、“浜松ビーグルmix50数頭飼育崩壊現場”からの、未だに残る数頭の内の一匹。

と言っても、今は“預りさん”や保護活動主催者のお宅で社会復帰に向けた医療や躾などを受けているので、“今”だけ見ればいたって可愛らしい普通のコ(に見える)。
       moblog_c324b3ba.jpg
       未だに“あの日”の疲れが抜けないノリスケ。
       “ビビリ”同士らしく、互いに遠巻きに匂いを嗅ぎ合ってたっけ。

御殿場犬についての詳しくは、もう少し状況が変わってからにするけれど、会いに行くにあたり、心のどこかの“引っ掛かり”みたいにして、
『このコを譲り受ける=栃木県のセンターのコとは関わらない』
ってことだよなぁ・・・ってのがあった。

そして栃木ビーグル♀は、収容期限日である本日朝・・・オオ!!消えた!!
『ビーグルだけ救われればイイのか!?』
とか、そういうことは言いっこなし。

『引き取り手が現れた・・・いや、飼い主が見つけてくれた、かな!?』

安堵とともに、御殿場犬の預りさんblogもチェック。
あのコは今は活動主催者宅にいて、“お届け”(←今はコレが主流=“引き取り”だと飼育環境がわからず横流しや転売を見抜けない)の日程調整中に入ったので、預りさん宅には・・・入れ替わりで早くも“次”の保護犬が。

う~ん、こうなると日程調整つくまでは、あのコの“毎日”を見る機会が無いのかぁ・・・なんてね、ま、そんな状況です、我が家は。
              moblog_daa66acd.jpg
              ノ「んなことよりバナナッ!バナナくれよ!」

うわぁ、悪ィ悪ィ!!

ノリスケ、すまん!!

なんだか、
『いっつも仏頂面しか撮れない』
ってのもあるんだけれど、今日は何にも撮って無いや!!ノリの写真、撮り忘れ!!

昨日の長時間ドライブで腰がヤバそうで、頭ん中、
『ギックリ再発しませんように』
と、そっちばっか気になってっからね。

写真は基本的に使い切りというか、余分には保存してないので、スマホにはblog未掲載写真ゼロ。
ん~、明日貼るか!?テキトーな写真!!
       DSC_11450.jpg
       で、6/18朝のノリスケであります。
       なかなか可愛く撮れません・・・。
DSC_11452.jpg
もうちょい目を見開いていたのに、シャッター押す瞬間に仏頂面に。

打ち上げはノンアルコール

昨日の講演会、打ち上げは寿司居酒屋。
折角の寿司…む~ん、ノンアルコールで失礼して、ササッと山小屋へ単身赴任。
平日なかなかやれない“練習”を夜&今日の早朝にやって、午前中には実家の畑。

今年は芽吹きが遅いのか?はたまた渇き切って芽吹かないのか?って感じでウンともスンとも的な作物が多くて、追加で種蒔きしたり、場所を変えたりと、色々試している。
まぁ、雨が降り、気温が高めなら、何とか間に合うのかなぁ…。

午後からは那須野芸人祭り会場へ。
       moblog_d5795334.jpg
       どうでしょう!?このプログラム…私の出番の唐突なこと。

♪ウソ臭い朝に
♪愚か者よ(萩原健一)
♪二人のChannel

以前、“♪愚か者(よ)”を宿題(=リクエスト)に出して下さった女性から、まとめて3曲の追試(!?)的課題曲が。
有り難いお話です。
が、チューリップが2曲、長渕が1曲…期限は無いそうなので、“我がモノ”になるまでじっくり取り組ませて頂きます。

普段は流れ解散っぽい芸人祭りも、今夜は打ち上げがあるらしいのだけど、私は急いで戻る用事があるので、出番後しばらくして、ひっそりと会場を後にする。

赤羽で収穫野菜などを下ろし、今度は家族を乗せて、次に向かうはナンと静岡県は御殿場方面。
さて、その御殿場で我が家を待っていた出来事とは…(数日後へと続く)!?

泣いてから、講演会です。

夜は色々あるので、今朝、思い切ってシネコンへ。
朝から映画なのだ。
              moblog_473cbf4e.jpg
奇跡のリンゴ、泣いたぁ~~~。

朝泣き派は案外多くて、平日の夜はガラガラの隣街のシネコンは、これまで見たこと無い客の入り具合。

要所要所でハナをすする音が聞こえ、しっとりしたモーニング・ショーとなったのでした。

これから私…社会☆祉士さんの集まりで、講演会なのです…って、私の、であります。
安請合いの極み…殆ど準備出来て無い…開始前にお詫びしときますか…脈絡無い講演で、失礼…。

行って参ります。

救えない命・・・

かーちゃんには悪趣味だと非難されるのだが、ノリスケと出会った頃に見ていたサイトはず~っと“お気に入り”になっているワケなので、その後もたま~に“栃木県動物愛護指導センター”の収容動物情報をクリックしていた。

ノリスケの出身団体であるミグノンや、その他の保護犬譲渡活動の皆さんのサイトというのは、基本的には既に“死の順番待ち”からは救い出されていて、それなりに治療や予防を施されて里親さんを探している状態なので、預かりさんのブログなどもどことなく明るく優しいイメージ。
しかし、センターの収容犬コーナーは、どことなく見てるコッチの気分まで沈む気配で、それは当時も今も全く変わっていない。

ハンナが旅立って、久し振りにクリック。
期限6/13の仔犬が4匹・・・昨日までは、いた。
で、今朝、消えた。

わかってはいるのだ、
『世の保護犬全員を救うことなど出来ないのだよな』
ぐらいは。
しかし、仔犬4匹・・・明らかな棄て犬・・・そりゃないよ、って話だろ。
       DSC_11446.jpg
       ノリもまぁ、幸運の持ち主、ってことさ。

昨日、その収容犬に1匹の雌犬が加わった。
期限6/18の、若そうなビーグル。
どうか期限より前に、消えてくれますように・・・つまりは、飼い主が探し当てるか、新たな里親が名乗りを上げるか・・・。

自分じゃどうしようもないのに、その結末をクリックしてしまう、それがかーちゃんの言う“悪趣味”。
              DSC_11447.jpg
どんなニンゲンがどんな顔して棄ててくんだか・・・でも、確実にそういうニンゲンがいて、そこらへんで同じ空気吸って生きてんだよなぁ・・・。

一方で、保護&譲渡団体は確実に増えている様で、ハンナの時よりも、そしてノリの時よりも、探し易いというか膨大な情報というか・・・。

そんな中、
『里親募集(犬・猫など)の中古あげます・譲ります』
なるサイトに遭遇。
ん~~~、善意っちゃ善意なのかなぁ・・・どうも軽いです、“ノリ”が違います、いわゆる保護団体のHPではなくて、現在の飼い主が直接里親募集してたりするのだもの、
『急な引越しが決まり、引越し先がペット禁止なので』
とかさ・・・そりゃまぁ、僕らだってこの先の人生、色々予期せぬ事情変更とかは、あるだろうけれど・・・どうなのよ!?と、申し訳ないが私には違和感あります、このサイトのノリは。
『海外勤務が決まったので』
とかさ、アリなのか!?そういうのも!?と、どうしてもしっくり来ないんだよなぁ・・・ま、友人知人親類縁者を個別にあたるより、早いっちゃ早いのかも知れないけどさぁ、それ以前に、
『どういう覚悟で飼い始めたのか』
ってモンダイの様な気もするしねぇ。

愚か者よ♪

10年ぐらい前に出たショーケンのベスト盤2種・・・廃盤らしく、初期~中期(!?)盤はオークションなどで何とか手に入れられたものの、中期以降盤の方はとても買えない価格で取引されていて(というか、出品されてるけど買い手がつくかどうかは・・・!?)、半ば諦めかけていた。
まぁ、ソロ活動前半盤に比べると、後半盤は当時のアルバムにしてわずか2枚分に相当する期間だけの、つまりはその2枚から選曲されてるだけみたいなものなので、オリジナル・アルバムを持ってる身としては、(いくら音が良くなってるとは言え)無理してまで買う必要はなかったのでね。

しかし、待ってみるもんだ。
最近になって普通の値段で売りに出した人がいて、運良く落札!
ん~~~、“♪愚か者よ”、やっぱマ▼チじゃないよ、ショーケンだよな、この曲は!
       DSC_11445.jpg
       我が家の愚か者よ・・・。
       やっぱ凹んで見えるでしょ!?
       実際元気ないです、今週は。

持ってるオリジナル・アルバム2枚分の曲名を完全に憶えてるワケじゃないので、こうして聴いてみるまで気付かなかったけど、後期ベスト盤にはオリジナル盤に入ってない曲が2曲あったみたいで、ま、買って良かったです、事務員さんもかーちゃんも帰った職場に流れるショーケンの歌声・・・♪
かなり変わった事務所、と言えるでしょうなぁ。
       080317-120247.jpg
       故・ワ「愚か者はとーちゃんだろ!」
              080317-120424.jpg
              故・ハ「ソーヨソーヨ!」

さ!このまま延々とショーケン漬けってものモンダイありそうなので、本日は珍しく定時閉店としますか!

お困りごとはありませんか?

隣町に支店があるのは知っているが、全くお付き合いの無い信金がある。
昨日だったかな、そこの営業マンが飛び込みでやって来た。

営「お困りごとはありませんか?」

ハッ!?
あ、いや、思わず声に出してしまった。
私「ハッ!?」
営「(少し大きめの声で)お困りごとはありませんか?」
私「って!?金を借りたいか?って意味ですか?」
営「ええ」
私「既に借りてます」
営「そうですか、失礼しました」

いまだに、
『アレはナンだったのか!?』
と思う。
我が職場は大通りに面した1階にあり、私の名前で“司法▼士”と書いた看板がバッチリ出ているのであり、それをシミジミ見た上での営業であるワケだが、にしてもだ、私に掛ける営業トークの第一声が、
「お困りごとは?」
って、ナニ!?
相談のってくれる、ってこと!?

鉄板焼きの店でお店の人が鉄板熱くなってるって言ってくれなかったから火傷したんだけどいくら請求出来ますか?って相談受けてて困ってます、とか!?(・・・相談は受けたことあるです、マジで)。

娘がアパートの家賃払ってなくて大家さんに出てけって言われてるけど何とか家賃払わずにこのままでいられませんか?って相談も受けてて困ってます、とか!?(・・・コレもマジ)。
              DSC_11443.jpg
              ノリスケが落ち込んでて困ってます、もアリか!?

いやぁ、コッチの“お困りごと”はかなり“ホンモノ”っぽいです。
留守番開始時に無意味に吠える、とかもなくなっちゃったし。
アレ、実は“ハンナおばちゃんがいてくれたからこそ”、だったんだねぇ、弱虫吠え。
20060607164054.jpg
ハ「ノリスケチャン!早ク若イコデモ見ツケナサイヨ!」
爺「我が孫ながら・・・情けない」(あ、孫じゃないッスよ)

いやしかし、僕が書くのもナンだけど、この二人の写真って、“空気感”みたいなのからして違ってたんだねぇ、現代=ノリ時代とは。
20061231165058.jpg
ご存知、故・wansukeさん。
ウツクシイ犬でした。
       070920-164847.jpg
       こちらもご存知、故・ハンナさん。
       君の居ない朝も昼も夜も、サビシイよ、僕らはさ・・・。
              DSC_11444.jpg
              んで、ノリスケだものなぁ・・・そりゃ不利だわ。

今届いたメールで、かーちゃんは出掛けちゃったみたいなので、とりあえず帰りますか、ノリの待つ部屋へ・・・。

買い物なのだ!

某「センセイ・・・◎△さんの居室のTVの調子が悪くって・・・」
私「彼女・・・TV好きでしたっけ?」
某「ハイ・・・昨夜から、その訴えが夜勤のスタッフに、続いてまして・・・」
私「ということは・・・!?親族のいらっしゃらない方ですし・・・やはり、アレですか!?」
某「・・・スミマセン・・・」
私「ワカリマシタ」

これから家電量販店経由施設行き、であります。

『ソレって仕事なの?』
と、普通はそう思われるでしょうなぁ・・・。

本来はネットなりで業者に購入・配送(設置)・回収を手配して、数日後にはモンダイ解決&私はご本人のお金から支払いすれば無事完了、って話なんだけど、そこはまぁ、◎△さんの性格(TV好き・短気・怒りっぽい・・・)や、
『施設がどういう施設か』
とかにもよりまして・・・本件はまぁ、私が動くのが半日延びれば、彼女の機嫌がおさまるのも半日延びる、ましてや、
『業者手配して数日後に完了』
じゃ、連日連夜スタッフに・・・と、そういう意味のお電話ですしねぇ・・・さ、出掛けるか!
ってか、業者頼まない=故障したTVの引取りと処分も・・・だよなぁ、きっと・・・。
       DSC_11441.jpg
       昨夜・・・寂しげなノリスケ。

あ、そうそう、昨日はノリに失礼なこと書いたね。
ノリ、寂びしそうになって来ました、一週間経って。
ナンか・・・正直、嬉しいです、
『寂しさのわかるオトコだった』
ってことで。
              DSC_11442.jpg
              今朝・・・やはり寂しげなノリ。

本格的に“ハンナおばちゃんがいない”という現実に気付いた、ってことみたいです。
いやぁ~、やっぱ妙に嬉しいなぁ、まともな面を見られた気がしてさ。
20061227174830.jpg
ハ「ノリチャン!マダコッチニハ早イワヨ!10年グライ来コナクテイイワヨ!」

それぞれの日々

今の日々の寂しさというのはつまり、
『ああ、可愛かったなぁ・・・』
という、ハンナの場合は純粋にそういうことなのでしょうなぁ。

wansukeはそこまで単純な犬じゃなかったので、もっと大きな、
『“何か”が消えてしまった』
だとかね、僕らが勝手に何がしかの“意味”を感じようとしてるとこもあったけど、ハンナはそういうコじゃないからね、
『ああ、可愛かったなぁ・・・』
と、ひたすらそこが、寂しいです。
       080219-165159.jpg
       ハ「ナニヲイマサラ!」

わぁ、立派なタプタプだったねぇ、実に。
最後はみんな無くなって、やたら首が長くなってたっけなぁ。

寂しさの埋め草ではなくて、やはり“ノリスケしかいない日々”に“難アリ”の飼い主2名。
各種保護犬サイトでそれぞれが勝手に“お気に入り”モードに入らないように、“5箇条の覚書”を策定。
①車酔いしない
②犬好き(ノリスケが吠え掛かっても、一緒になって吠えない穏やかな性格)
③これから10年ぐらいは何事も無く過ごしたいので若いコ(でも仔犬からは大変だし、体重や犬格形成度も読めないので1~2歳)
④寒さに弱くない
⑤10㎏未満(扱いやすさ・自転車のカゴに入る)

僕はコレに、⑥フィラリア陽性などのリスクはこの際回避、を主張。
絶対条件ではないけれど、前回(=wansuke他界後、ノリに出会う直前)は栃木のセンターのHPでwansuke似の老ビーグルを見つけてしまい、
『2~3年だけでも世話して見送る覚悟』
で接触したものの、会いに行く前に病気があることがわかり、そのまま処分・・・という哀しい体験もしているし、色々考えるととりあえずは、
『健康体を選択する』
ぐらいは、赦されるのでは・・・とね。

で、こんなに条件絞っても、写真見ちゃうとねぇ・・・1~2箇条ビミョーでも、み~んな愛おしいのよ、当たり前だが。
それだけに我が家の場合は、
『会いに行ったら終わり(=家族決定!)』
って決まってるからね、事前協議が大切だったりはしますね。

って、早くもノリスケの“天下”は危ぶまれる状況でありますなぁ・・・。
              DSC_11440.jpg
ナンか・・・全然寂しがらないってのも、どうかと思うぜ、ノリよ。

玉ネギ収穫

一家(二人と一匹…)で実家に寄ると、玉ネギの殆どが倒れていた=収穫期のサイン。
『う~む…』
と唸りつつおおたわら蔵屋敷投げ銭ライヴの主催者に電話。

私「玉ネギの収穫があるので、(今日のライヴには)ちょっと遅れます…出番には間に合う様に向かいますが…」

ま、田舎のミュージシャンですな、私。
       moblog_ad85b868.jpg
汗だくで収穫と縛り&吊しの分担作業をこなし、超久々に一家で投げ銭ライヴへ。

♪サイクリング
♪夕暮れ
♪カタオモイ
♪きれいごと
♪約束
♪マジックアワー
              moblog_8bbd7da1.jpg
              こう見えて、僕の唄の“いいところ”で大吠えします・・・。
              会場全体にはウケるけど・・・台無し。

青空に向かって、思い切り犬特集。
今日もカホンのシンイチさんと。
       moblog_2aad2209.jpg
三枚目の写真、私とノリスケがわかりますか…!?

フーテナニーinにいがた

駒込すいしん投げ銭ライヴのゲストなどでお世話になっている藤しんいちろうさんのお誘いで、なかなかの規模のイベントに参加すべく新潟へと単身赴任中♪
              moblog_d94e4f3a.jpg
あ、かーちゃんとノリスケは山小屋です。
       moblog_51414820.jpg
昨夜の内に山小屋入りし、朝の散歩まで一緒に過ごしてから僕だけ新潟へ、であります。

♪ウソ臭い朝に
♪二人のChannel

昨夜は早くもそれぞれがネットで見つけた保護犬の報告会。
趣味や意見が合わない、ってのがわかっただけ!?みたいな平行線ではあったけど、“ノリスケしかいない”=“天下”は短い可能性はあるかもねぇ。

そうそう、山小屋から新潟への道のりは、ワンスケ&ハンナと何度も通った佐渡への道でもあるワケで、田舎道好きのハンナが窓全開で走った日々を、シミジミ思い出しました。

今は出番を終えて、会場近くの湧き水をゴクンと飲み…今夜の内に山小屋へと戻る強行軍なのでした…。

シミケン逮捕・・・

シャバにいて輸入家具を売りつつ歌ったりもしているらしい・・・とは、ネットで見て知っていたが、また逮捕とは・・・。
ちょっと前の任侠DVDなんかでは、ギラついてイイ感じだったんだけど、あの“ギラつき”が“ホンモノ”で、全く抜け切れてないままだったってのは、シャレになってないよなぁ。

あ、どーでもイイ話題でしたね。
20061031163838.jpg
今週はまぁ、こうしてwansuke&hanna特集でも良いのかな、と思います。
誰も指示してなくても、こんな写真がいつでも撮れたんだよなぁ、あの頃は。
       20070410183248.jpg
ハンナは“真似っこ”だったから、ってのもあるのかな、ツーショットが多かったのは。
『冬でも日なたは暖かい』
とかも、wansukeに教わって真似たのだろうし。
              20070414132412.jpg
昔の写真を引っ張り出して貼り始まると、キリが無いなぁ、親バカは。
       20070516173250.jpg
       ハ「ヘッ!?」

ハンナの最期の日がそう遠くないであろうことは覚悟していたけれど、“ノリスケしかいない日々”ってのは、
『ちょっと違くねぇか!?』
って感じが否めません。

我が家にとっての名犬wansuke、そして愛すべき迷い犬ハンナ、と来ての悪童“ノリスケ”なので、初めから“不利”とも言えるけど、にしてもねぇ、“ノリスケしかいない我が家”って・・・トホホであります。
              DSC_11436.jpg
早くもこんなことを書くのはアレですが、ほぼ終日ノリにストーキングされてるかーちゃんからは、冗談半分に、
か「ノリスケちゃん!ノリスケちゃん!って、一日中ノリを追い掛け回すような若いコがいいじゃん!」
みたいな発言が聞かれます。

今はまだ本気じゃなしに、ただボンヤリとネットで眺めたりもしてますが、相も変わらず仔犬・成犬・♂・♀選び放題なのが哀しいねぇ、保護犬だらけで。
『産まれたばかりで棄てられた5匹の内の1匹です』
とか、
『センターの最終日のコーナー(←意味はワカリマスネ!?)から引き出しました』
とかね。

でもね、ネットは大きいよなぁ、処分される“数”だけは減ってるらしいのでね、ネットの無い時代にはなかなかそうはならなかったのだろうし。

と、んなことは、僕がここで偉そうに語ることでもないか。

さてさて、思えば初めての“ノリスケしかいない週末”を迎える我が家であります。

2000年の七夕生まれ

ハンナさんは野良出身なので、誕生日は不明=逆に好きに設定可能、ってことになります(勿論、ノリスケも)。

設定しない自由もあるけれど、病院に連れてく時なんかはまぁ、適当に決めちゃった方が話早いし、犬ってこう、連れて歩いてると必ずと言っていいくらいに、
某「アラ!?このコは何歳!?」
みたいに話しかけられるので、年齢なり誕生日なり何かしら設定してしまった方がアチコチがスッキリしがち。

ということで、2004年6月にやって来たハンナは、
『2000年7月7日生まれ、我が家に来た時は3歳で、その後すぐに4歳になった』
ってことでスタートとなりました。
       20060703135342.jpg
       ふ~む、wansukeって小さかったんだなぁ、やっぱり。

しかし、昨日の朝ハンナが入った骨壷には・・・享年16・・・!?
確かに、途中から老化の進行に合わせて一年で2歳加算したりして調整はしてたけど・・・!?

K「まぁ、16歳っぽいっちゃ、16歳っぽいけど・・・でも、7月7日生まれってのはどこ行っちゃったの!?16歳と・・・11ヶ月とか!?」
か「イイの!大体16歳!」
このあたり、かーちゃんは算数苦手というか、計算が合うとか合わないとかは、気にしないのですね。
              DSC_11434.jpg
              6月3日朝8時、ノリスケとのツーショット。

これまであまり詳しく書く時間がなかったので、今日は少々書きますか。

6月1日(土)は、
『まだ何日かは大丈夫なのかもな!?』
ぐらいの気持ちでいました。

6月2日(日)は、王様LIVEの日。
状況次第では欠席を覚悟していたかーちゃんが、普段通りに会場入り口で受付をやってくれて、まぁ僕らのLIVEの時間に一旦帰宅はしたものの、その後の王様LIVEは全て鑑賞。
つまりは、
『まだ大丈夫そう』
と、そう思えたからこその行動なので、ハンナの様子が落ち着いていたことを物語っているワケです。
僕も荷物やらナンやらで時々帰ったりもしたけど、ホントにこの日は穏やかだった気がします。
勿論、夕方からの打上げも二人揃って参加。

が、その夜からですね、何だか弱って来ちゃったのは。
『ああ、LIVEだけは無事にやらせてくれて・・・(最期は)今夜なのかなぁ・・・明日なのかなぁ・・・明後日なのかなぁ・・・』
と、二人ともそう感じたのを憶えています。

6月3日(月)は、これまでとは違う朝になりました。
寝起きから急にハンナが吠えるようになったのです。
ハ「ハゥッ・・・(イタイワァ)・・・」
ハ「ホウッ・・・(クルシイワァ)・・・」
と、そう聞こえました、僕らには。
その声を聞いて、ノリスケもとても不安そうにしていました。
で、さっきの8時のツーショットってワケ。
       DSC_11435.jpg
       心配そうにやって来て、ハンナおばちゃんに添い寝するノリスケ。

これが僕の撮影した最後のツーショットであり、最後のハンナの写真でもあります、この後は撮影していないので。

もう寝室に置いておけないので、キッチンにいてもいつでも視界に入る様にとリビングに移動。
『ついに来たかぁ・・・』
という、覚悟の一日の始まりでした。
平日なので当然僕は不在がち=もう会えないかも、という“覚悟”でもありました。
でも、仕事中にはかーちゃんからは急なメールも電話も入らなかったので、無事を想像して勝手に安堵している様なとこもあったなぁ、この一日は。

この日は“前”からも“後ろ”からも“体外排出”が断続的にあって、
「いよいよ身体の中の悪いモノを出し切って逝く、そういうことなのかなぁ」
と、そんなことを話していました。
そして、半日、一日と、どんどん顔まで痩せて行くのが目に見えてわかる、そんな一日でもあったなぁ。
この2枚の朝のツーショットとは、半日で全然違う顔になってたもんなぁ。

そうそう、4月あたり、いや、5月の記事の写真でさえ、まだまだ顔に肉があって、可愛いらしく見えるのだということに、今になって気付きました。
4月だって5月だって、その日その日は、
『ああ、痩せちゃったなぁ』
って思って見てたけど、6月3日とは比較にならないのだもの。

6月3日の夜はもう、
『どちらかが見ていないと、独りで逝かせちゃ可哀相だから』
みたいな感じで、どちらかが別室で何かやってる時は、もう一人がハンナを見守っている、って過ごし方をしてました。
僕も、かーちゃんの手があいた隙に、ちょっと別室でギター練習したりして。
勿論、いつ何があるかわからないので、アルコールは禁物。

やがて夜は更けて、僕はソファでうたた寝、かーちゃんは床で添い寝。
そして6月4日の午前02時を迎えたのでした。

痩せ切った顔の肉が足りないのか、目を閉じるだけの皮が残っていなかった・・・と、今日も二人で話したところです。
何せ最盛期14㎏が、5㎏ちょっとだったからねぇ。

H田ハンナ号(と、骨壷にあります)、(2000年7月7日生まれなのに)享年16。
H田wansuke号(同じく享年16)は、そっちでどうしてるかね!?
20060927182451.jpg
       061205.jpg
              061204.jpg
                     061225.jpg
どれがwansukeでどれがノリスケだかわからん!って方には申し訳ないです。
6月3日朝のツーショット2枚以外は、全て若い頃(!?)のハンナと故・wansuke爺であります。

朝、焼き場へ

徘徊出来なくなってからしばらくは寝たきりだったので、どうもこう、
『アレ!?ハンナ、こっちの部屋じゃないの!?』
みたいに、どこで寝てるのか探してしまいそうになります。

しかし、今朝骨壷に入ったのは事実でありますなぁ。
       20060623171029.jpg
       間違いなく、wansukeを見つけ出して、今頃こんな感じ。

昨日も今日も殆ど職場におらずに仕事で飛び回っていて、しかも昨日は残業になってしまい、大勢お越し下さったお客様の内、僕がお会い出来たのはお一人だけ・・・。

『お会い出来ず残念』
ってのもあるけど、あの、
『古くからの犬仲間との昔話』
って時間に立会えていないので、余計に実感出来てないってのもあるかもなぁ。
              20060727161804.jpg
              コレは昨日の別バージョン・・・やっぱ美人。

元ナイルの下女さん、かーちゃんに電話やメールなど下さった皆様、お忙しい中ハンナにお別れを言いにお立ち寄り下さった皆様、どうもありがとうございました。

色々ご報告すべきこともある気がするのだけれど、これから仕事絡みの宴会なので、今日もこうして昔の写真を貼って、失礼します。
       20061017133225.jpg
       ハ「オロォ~サン!写真ハイイカラ早クドライブシマショォ~!」

サヨナラのご報告

今朝と申しますか昨夜遅くと申しますか、6月4日午前02時10分(頃)に、ハンナは実にハンナらしく、フゥッと故・wansukeの待つ空へと逝きました。

最期は本当にハンナらしくて、02時頃からかーちゃんが、
か「とーちゃん!これで逝っちゃうのかも!?」
と僕を呼び、そのまま何だかしばらくは身体の一部が動くような動かないような、息をしているようなしていないような、目が生きているような生きていないような、口元が動くような動かないような、でも心音だけはある・・・
ハ「良くワガラナイワァ」
的な時間が10分近く続き、結局のところ正確に“何時”なのかは僕らにもわからないまま、やがて全てが停止・・・。

無理矢理ノリスケを連れて来ても、ノリも何だかわからないまま。

そのまま04時過ぎまで段ボール棺桶製作などして過ごし、少し寝て、先ほど明朝の火葬を予約。
ハンナは今、とてもスヤスヤと、安らかな表情で眠っています。
              20060611082405.jpg
              これまで僕が撮影した中では、最も美しい一枚かと。

地方の保護団体からやって来た2004年の6月から9年間、実に色々と楽しませてもらいました・・・ハンナさん、本当にアリガトウ(で!?結局何歳だったの!?)。
そしてご心配頂いた皆様、本当に本当にお世話になりました、有難うございました。

年金事務所のダメ男

タイトルはいかにも、僕が遭遇した理不尽極まりない応対をするバカ男@年金事務所の話を書きなぐりそうではあるけれども、今はそれどころではない(ナンじゃそりゃ!?)。

やはり先ずはハンナだよねぇ・・・
       DSC_11431.jpg
昨日の王様前座~打上げまでは、穏やかな日々の延長線・・・だったのだけど、夜からだいぶキツそうに。
そして今朝からは・・・痛いのか苦しいのか、あのハンナが吠えて何かを訴えるようになりました。
故・wansuke爺の最後の日々も、辛そうに吠えてたっけなぁ・・・。

ハンナはもう、苦しそうに鼻から息をしている・・・それだけ、って感じ。
朝~昼の半日だけでも、顔がいっそう険しく、骨ばって来てました。
僕らからはもう、ありがとうとしか言い様がない感じです・・・って、早く帰んなきゃ!
DSC_11429.jpg
ノ「昨日のリストだろ!?」

あ、はい、そこは元気良く!
満員満席大感謝!ご来場有難うございました!

~K介ソロ~
♪悪女(中島みゆき)
♪愚か者よ(萩原健一)
~親指企画~
♪家族が三人だった頃
♪君と俺の間には
♪約束
♪カタオモイ
♪きれいごと
♪マジックアワー
♪二人のSpiral
       DSC_11432.jpg
       今朝、“吠えるハンナおばちゃん”を心配そうに見つめるノリスケ。
              DSC_11433.jpg
              実はこういう位置関係で寝てるだけ!?

あ、年金事務所のバカの話ね。

ま、A年金事務所のバカだとね、
A「昭和20年頃の勤務先をご本人から聞いて来てくれないと、年金記録つながらないのでダメです」
みたいにね、ご本人は認知症だって言っても全然相手にされなかったのがね、B年金事務所に行ったらだね、つながったのですよ、古い年金記録がね。

早い話、
『ご本人から預った年金なのだから、極力記録をつないでお支払いしよう』
というB的気持ちで執務する方と、
『本人が昔の勤務先思い出せないなら、払えないよ、んなもの!』
というA的態度で給料泥棒的に時間だけ過ごしてりゃいいバカとの差。

しかしコレ、ご本人にとっては(&成年後見人にとっても!)人生的にエライ違いの生じる国家賠償モノの一大事では!?とも思うワケ。

ちょっと・・・Aのバカ男については、本気でタタカウべきだろうな(=勿論“法律家として”ですよ)、という気持ちにもなりかけているのだけれど、今はとにかくハンナとの残り時間、そっちが大事なのだね、私は!

ハンナ、5㎏台へ

実は今年は自主企画でパーティ的ライヴをやる、なんてのは、一度も無いのですなぁ、そこまでの気分にはなれないしねぇ。
       moblog_252db2f6.jpg
そして…ハンナさん、新たなステージへ。
              moblog_9b19ae94.jpg
にしても、ノリスケはさっぱり役に立ちませんなぁ…今朝もベッドから飛び降りる時に、ハンナを踏みそうだったし…って、俺も全く同じことを警戒されてます、かーちゃんからは。

もう“骨と皮”というより、“THE骨”みたいでね、神々しいです、ホント、あの頃のワンスケに近付いてってます。
下血とかが無い分、穏やかではあるけれども。

さぁ、王様前座に向けた朝練の時間です。

早起きしてみた

朝7時前、ミツバとミョウガタケをつむ。
8時、実家の畑で、倒れた(←収穫期の目安)赤玉ネギなどを収穫。

朝9時からのイベント、道の駅与一の郷での“とうがらし音楽祭”に寄って、深夜のピックアップ微調整作業の成果を試すのだ。
       moblog_cb0aa54d.jpg
ん~、自力装着だと思えば、上出来上出来!!

♪酒と泪と男と女(河島英五)
♪約束
♪愚か者よ(萩原健一)
♪"11 春の宵に
♪悪女(中島みゆき)
              moblog_8a4a472f.jpg
午後には都会に戻るため、昼休み前に再びステージへ。

♪二人のSpiral
♪一本道(友部正人)

唄い逃げ的にクルマをとばして、一気に赤羽に戻った。
何たって眠い…が、これから仕事絡みの宴会に迎い、挨拶(予定)。
moblog_576e88db.jpg
同じ集まりに赤羽エリック先生は先に行ってるのだから、挨拶は赤エリ先生でも良い気もするがなぁ。
|TOP|

プロフィール

とーちゃん              下の方で遠慮がちにRanking参加中

Author:とーちゃん              下の方で遠慮がちにRanking参加中
故・wansuke爺
 「やい!とーちゃん!
  何だよ、コレ!
  こーゆー甘ったるい写真、
  いつまで使う気だよ!」
故・hanna婆
 「ヤット再会デキマシタ…」

[LIVE関連]

5月18日(木)大塚Welcomeback
19時~!エリック氏との2人組です!

5月28日(日)大塚Welcomeback
ビートルズ大会出場!19時40分~!

毎月第4日曜日朝~昼頃
大田原日曜朝市出演中!
行ける月だけですが・・・

『K介のSongs&Dogs
   ~週末はミュージシャン』
3曲分の動画を毎週月曜日UP!
YouTubeにて続々配信中!

[CD・DVD関連]

親指企画17年振りのスタジオ録音アルバム!
『Songs&Dogs』完成!!!
DSC_0273.jpg
若き日の3人組LIVEのDVD付きです。
CD13曲+DVD16曲入り、カンパ1,000円!
DSC_0281.jpg

月別アーカイブ

寝姿を見ちゃった方々

hanna嬢「おがぁさーん、おろーさんがヘンなことやってるわぁー」

wansuke爺「じゃ、またな!」

hanna嬢「おろーさん、頑張って!」

wansuke 「おい、とーちゃん!このランキング、ちゃんと設定出来てんのかよ?」 とーちゃん 「・・・自信ナイ・・・」

FC2ブログランキング

バカ嫁hanna 「1日1回、ポチッと押してみれくらさいねぇ~」

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索